« 「いのちとくらしの映画祭with湯浅誠講演会Ⅱ」220人の参加で大成功 | トップページ | 「森友裁判」(情報開示請求訴訟のちに国家賠償訴訟に切り替え)の控訴審「判決」、勝利したぞ »

2019年12月17日 (火)

森友文書、不開示は「違法」 大阪高裁

森友文書、不開示は「違法」 大阪高裁が一審を破棄

 

控訴審判決後の会見で笑顔を浮かべる木村真・大阪府豊中市議(左)=2019年12月17日午後、大阪市北区、遠藤隆史撮影© 朝日新聞社 控訴審判決後の会見で笑顔を浮かべる木村真・大阪府豊中市議(左)=2019年12月17日午後、大阪市北区、遠藤隆史撮影

 学校法人森友学園(大阪市)への国有地売却額を一時不開示とされて精神的苦痛を受けたとして、木村真・大阪府豊中市議が国に11万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決が17日、大阪高裁であった。中本敏嗣裁判長は、不開示は違法として国に3万3千円の賠償を命じた5月30日の一審・大阪地裁判決を破棄し、請求通り国に11万円の支払いを命じた。

 一審判決は地中ごみの存在などが記された特約条項の不開示を適法としたが、高裁判決は「売却額と同等に重要な情報というべきだ」などとして違法と認定した。控訴した市議側は「大幅値引きの根拠となるほどの大量のごみは存在せず、不当な値引きを隠すために不開示にした」と主張していた。

 高裁判決によると、財務省近畿財務局は2016年6月、学園に対し、鑑定価格9億5600万円からごみ撤去費約8億円などを差し引いた1億3400万円で国有地を売却。木村市議は同9月に売却額の開示を求めて情報公開請求したが、近畿財務局は「学園の権利、競争上の地位や正当な利益を害するおそれがある」として不開示にした。

« 「いのちとくらしの映画祭with湯浅誠講演会Ⅱ」220人の参加で大成功 | トップページ | 「森友裁判」(情報開示請求訴訟のちに国家賠償訴訟に切り替え)の控訴審「判決」、勝利したぞ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「いのちとくらしの映画祭with湯浅誠講演会Ⅱ」220人の参加で大成功 | トップページ | 「森友裁判」(情報開示請求訴訟のちに国家賠償訴訟に切り替え)の控訴審「判決」、勝利したぞ »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村