« 12・1さようなら原発1000人集会 報告 | トップページ | 山本太郎、関西をめぐる »

2019年12月 3日 (火)

深まる桜疑惑 ジャパンライフの闇構造

ジャパンライフへの検査 消費者庁が急きょ取りやめていた

公開日: 更新日:


 

「知らなかった」では済まない(2015年の安倍首相主催「桜を見る会」)/(C)日刊ゲンダイ
「知らなかった」では済まない(2015年の安倍首相主催「桜を見る会」)/(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 悪徳マルチ商法のジャパンライフ元会長が2015年の「桜を見る会」に招待されていた問題で、驚きの事実が明らかになった。招待の約半年前、消費者庁が立ち入り検査を急に取りやめていたというのだ。当時の内部文書には「本件の特異性」「政治的背景による余波」などの文字が――。モリカケ問題とまるで同じ構図だ。

 内部文書の存在は、先月29日の参院消費者問題特別委で、共産党の大門実紀史議員が暴露した。

 消費者庁は13年ごろからジャパンライフの悪質性を把握し、調査を進めていたという。14年5月には、当時の取引対策課長が「いま見逃すと大変なことになる」と、法令班に対処を指示。被害が広がる前に、急いで立ち入り検査に入る方針を示していた。ところがその直後、7月の人事異動で山田正人取引対策課長に交代した途端、立ち入り検査の方針は取りやめになる。

つづきは日刊ゲンダイで

« 12・1さようなら原発1000人集会 報告 | トップページ | 山本太郎、関西をめぐる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 12・1さようなら原発1000人集会 報告 | トップページ | 山本太郎、関西をめぐる »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村