« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2019年11月

2019年11月30日 (土)

少し遅い報告だが、今後の市民運動を考える出発点=10・30白石孝さん集会

日本の政治を変えるために市民は何が出来るか
  ソウルの市民社会運動に学ぶ講演と討論の会

憲法を生かす会・西神戸連絡会と「市民のつどい」が共催~「新社会兵庫」より
「日本の政治を変えるために市民は何ができるか」を、韓国ソウルの市民社会運動に学ぼうという講演と討論の会が10月30日、神戸市勤労会館で開かれ、平日の午後にもかかわらず80人が参加した。
 会は、「安保関連法廃止!市民のつどい」と「憲法を生かす会・西神戸連絡会」が共催したもので、講師は「日韓市民交流を進める希望連帯」代表の白石孝さん。白石さんは、これまで市民たちによる運動と朴元淳市長のもとで進められているソ.ウル市の普遍主義的な福祉施策や非正規公務員の正職員化など先進的な取り組みを紹介する出版活動をはじめ、悪化する日韓関係の中でも市民を中心とした交流・連帯活動の強化の必要性をよびかけてきた。
 この日の講演では、ソウル市が近郊で有機農業を奨励・展開するだけでなく、それを日本よりははるかに進んだ無償の学校給食や食品ロスをなくす運動、さらには福祉に結びつけようとしていることが、1987年の民主化大抗争から2016年のろうそく市民革命(朴槿恵大統領の弾劾、文在寅大統領の誕生)を通じた市民運動と一体になって進められていることなどが紹介された。
 会場からは「参与連帯」など韓国の市民運動と日本の運動の現状の違いをどう考えるのかなど活発な意見が相次いだ。

(門永)

写真:白石孝さん(「日韓市民交流を進める希望連帯」代表)の講演に学んだ=10月30日、神戸市

いよいよ明日は、いたみホールで第8回さようなら原発1000人集会

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

 

Img009_20191106034301 ◇伊丹市病院統廃合説明会

 11月30日(土) 14時 中央公民館(阪急「伊丹」北西15分)

1130日(土) 高橋あこ市政報告会 10時 高橋あこ事務所(伊丹市美鈴交差点南西すぐ)

1130日(土) 連続市民講座④ 幼児虐待を考える 14時 アステ川西ルーム4(阪急「川西能勢口」南1分) 講師:毎立敏郎(尼崎総合医療センター小児科部長)

1130日(土) 大内裕和講演会 14時 西宮勤労会館(JR「西宮」南西5分)

11月30日(土)  2019年小学校教科書採択 道徳と社会科の実態 全国集会 13時半 大阪中央会館ホール(地下鉄「心斎橋」東15分)

121日(日) 第23回伊丹マダン 10時 伊丹小学校(阪急「伊丹」北3分)

121日(日) さようなら原発 1000人集会 14時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分、JR「伊丹」北西8分) 講演:樋口英明(元福井地裁裁判長)、武藤類子(福島刑事裁判原告)

 

124日(水) 老朽原発うごかすな!リレーデモ 10時 JR西宮駅 →阪神尼崎 

124日(水) 阪神社会運動センター定例会 18時半 阪神センター(阪急「塚口」南8分)

12月4日(水)  軍隊を捨てたコスタリカの暮らしと教育 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」南東4分)

125日(木)  関生弾圧公判 9時半 傍聴券抽選 10時 公判 大阪地裁大法廷(地下鉄「淀屋橋」北東7分)

12月6日(金)  みなせんと野党協議 18時 新長田勤労市民センター(JR「新長田」南西3分)

127日(土) 市民デモHYOGO例会 10時 新長田総合庁舎(JR「新長田」南8分)

127日(土) 樋口英明さん講演会 13時半 高槻現代劇場(阪急「高槻市」西南7分)

128日(日) 老朽原発うごかすな!リレーデモ 10時 阪神尼崎駅前 →関電本店前

128日(日) 関電本店包囲全国集会 14時 リレーデモ東西から到着

12月8日(日)  ここまで来ているメディアの危機 14時 新長田勤労市民センター(JR「新長田」南西3分) 講演:南彰新聞労連委員長

12月8日(日)  中南米・キューバは今 13時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

2019年11月29日 (金)

「桜を見る会」うやむやにさせない!~徹底追及もとめ官邸前に400人


     

「桜を見る会」うやむやにさせない!~徹底追及もとめ官邸前に400人
「権力私物化を許さない!官邸前緊急行動」が11月28日(木)18:30から首相官邸前で開かれた。菱山南帆子さんの「安倍退陣コ―ル」から始まり、主催者を代表して小田川義和共同代表が挨拶、続いて「桜を見る会追及本部」の黒岩字洋委員長(立憲)、田村智子(共産)、柚木道義(無所属)、福島みずほ(社民)議員から、「安倍は予算委員会に出て説明しろ」「逃げきりは許さない」「マスコミは正しく報道せよ」「反社会的勢力(ジャパンライフ会長を招待した)」「公職選挙法、政治資金規制法違反は明確だ」「年内中に安倍を退陣させよう」などが訴えられた。労働者、市民からも発言は続いた。最後は高田健共同代表から「緊急要請にも関わらず400人が集まった。12月4日にも集会を予定している。安倍退陣まで頑張ろう」と行動提起があった。最後は官邸に向かって、退陣コ―ルをした。(宮川敏一) 報告

2019年11月28日 (木)

末期症状示す安倍政権

「官邸の守護神」どこへ…菅長官“七転八転”答弁のグダグダ

公開日: 更新日:


 

安倍首相の代わりに袋叩きに(C)共同通信社
安倍首相の代わりに袋叩きに(C)共同通信社
拡大する

 本人も頭の中がグルグルしてワケが分からなくなっているのだろう。安倍首相主催の「桜を見る会」で連日、野党議員から厳しい追及を受けている菅官房長官。26日の会見では、招待客の中に反社会的勢力が出席していたことについて、「結果として入っていたのだろう」と事実関係を認めた。

 すべての疑惑は安倍首相に通じる。本人が予算委などで答弁すれば一発で分かるのだが、逃げ回っているのだからどうしようもない。安倍首相の代わりに袋叩きにされている最近の菅氏は、かつて「官邸の守護神」などといわれた面影はすっかり消えうせ、うんざりした表情を浮かべる場面が増えた。

 とりわけ、記者たちの間で「どうしちゃったの? 令和おじさん」とささやかれているのが「推薦枠」をめぐる答弁の変遷だ。

 菅氏は18日の会見で、自身が「桜を見る会」に推薦した人数を問われた際、「数十人だと思う」と言っていたのに、2日後の20日には、同じ質問に対して「数百人はいたんじゃないか」と発言。そして「最終的には内閣官房、内閣府で取りまとめをして決める」と言い切っていたにもかかわらず、25日の参院行政監視委では「最終的」な意思決定について「私が責任者だ」などと言いだす始末。発言内容が二転三転しているどころじゃない。七転も八転もしているのだ。官房長官がこんな意味不明なグダグダ答弁を続けているようでは、議論が深まらないのは当たり前だろう。ジャーナリストの横田一氏がこう言う。
続きは日刊ゲンダイ

2019年11月27日 (水)

高知県知事選、坂本茂雄県議からのレポート

11月26日「野党共同の闘いの前進へ多様な意見を踏まえて」

 12年ぶりとなった今回の県知事選挙では、野党統一候補の松本けんじ氏は、尾崎知事こそが候補者かと見紛うような闘いを展開した元総務官僚の浜田省司氏に残念ながら敗北しました。
 自公の推す浜田省司氏は、「尾﨑県政の継承・発展」を訴え、その政策は尾崎県政のカーボンコピーのようにすら感じさせられるもので、浜田カラーを垣間見ることはできず、唯一、大阪府副知事時代の人脈やパイプを強調した、大阪の活力や賑わいを誘致するというものでした。
 しかし、それも具体的なものではなく、当選後の会見などでも、これから専門家の意見を聞きながら進めていくというもので、25日付け高知新聞社説では、「どんな活力を、どうやって引っ張ってくるのか。」と指摘されています。
 また、私たちも支援をした野党共同の統一候補であった松本けんじ氏の闘い方で、25日付け高知新聞県知事選解説で、「知事選を政権打倒の契機と位置付けた“国政目線”が、県民にどれだけ響いたかにも疑問が残る。」と指摘されました。
 その意味では、県政課題の多くが、国政課題とつながり、安倍政権によって進められた課題で県民生活に影響が出ている農業、種子法廃止をはじめとした一次産業部門や水道法改悪、消費税引き上げ、さらには大学入試の英語民間試験導入などのさまざまな課題についても分かりやすく説明する必要があったと思います。
 そして、それらを盛り込んだ「ここでいっしょに生きよう。だれ一人取り残さない高知県政へ-松本けんじの決意」をもっと拡げていくことで、多様な有権者への支持拡大を訴えていけたらとも思いましたが、あまりに時間が足りませんでした。
 高知新聞の世論調査では、新知事に望む資質は「県民の声をよく聞く人」が37.9%でトップで、「国に言うべきことを言える人」が27.2%で続いていたが、この資質こそは松本けんじ氏に備わったものだと思ったが、それも充分に伝えきれなかったことに無念さが残ります。
 今後、多様な有権者の御意見も頂きながら、次の闘いへと進んでいきたいと思います。
 新知事には、松本けんじ氏にも寄せられた「ここでいっしょに生きよう。だれ一人取り残さない高知県政へ」との県民の思いを踏まえた県民から「共感」の得られるような県政を進めて頂きたいと思います。

11月25日「『だれひとり取り残さない県政』は、今後も追求されるべき」

 松本けんじさんには、立候補を決意して頂いて、極めて短期間の中で、よく頑張って頂いたと感謝しています。

 そして、多くの県民が「共感」してくれたのは、尾崎知事のカーボンコピーとも言える浜田氏の訴えよりも「ここでいっしょに生きよう-だれひとり取り残さない県政」の訴えだったと思っています。

 最終盤、夕刻真っ暗な中で、政策宣伝カーから流すマツケンの7分ほどの録音テープの訴えにマンションのベランダに出てきて耳を傾けてくれるご高齢の方、幼子を抱いたお母さんらしき人影。

 そんな光景に、もっとマツケンの訴えを聞いて欲しいと、参院選に続いて時間のなさが悔しくてなりませんでした。...

 残念な結果とはなりましたが、必ず次に続く闘いとなったことを県民の皆さんと確認しあいたいものです。

 松本けんじさんを先頭に11万1397人の有権者の「だれひとり取り残さない県政」を実現して欲しいとの声を新知事には、しっかり受け止めて、県政に臨んで欲しいものです。

2019年11月26日 (火)

老朽原発うごかすなリレーデモ、明日から阪神入り

Img013_201911241046011127日(水) 老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ 10時 JR住吉駅北→JR西ノ宮

1127日(水)  兵庫憲法集会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:水
島朝穂早稲田大教授
 

11月27日(水)  市民のつどい学習会 14時 神戸市勤労会館4階407号室 報告者=井上力さん テーマ「敬老優待パス改悪を巡って」

11月29日(金)  グローバル気候マーチ 16時半 中之島水上ステージ 他 

◇11月29日(金) ゆたかな教育の創造をめざす西宮市民会議 総会・記念講演会 17時 若竹生活文化会館(JR「西ノ宮」北東7分) 記念講演:黄光男(ハンセン病家族訴訟原告団副団長)

1129日(金) 菱山南帆子と創る会 18時半 小田北生涯学習プラザ

1130日(土) 高橋あこ市政報告会 10時 高橋あこ事務所(伊丹市美鈴交差点南西すぐ)

1130日(土) 連続市民講座④ 幼児虐待を考える 14時 アステ川西ルーム4(阪急「川西
能勢口」南1分) 講師:毎立敏郎(尼崎総合医療センター小児科部長)

1130日(土) 大内裕和講演会 14時 西宮勤労会館(JR「西ノ宮」南西5分)

11月30日(土)  2019年小学校教科書採択 道徳と社会科の実態 全国集会 13時半 大阪中央会館ホール(地下鉄「心斎橋」東15分)

121日(日) 第23回伊丹マダン 10時 伊丹小学校(阪急「伊丹」北3分)

Img009_20191106034301121日(日) さようなら原発 1000人集会 14時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分、JR
「伊丹」北西8分) 講演:樋口英明(元福井地裁裁判長)、武藤類子(福島刑事裁判原告)

10月30日神戸で講演・討論の白石孝さんら、12月5~7日に韓国で「平和フォーラム」開催


     

未来志向の平和共存を市民の手で!〜300人規模の「平和フォーラム」韓国で開催へ
11月25日午後5時から、日韓市民交流を進める「希望連帯」が参院議員会館で院内公開記者会見を開催した。そこで12月5日〜7日に韓国・江原道で開かれる300人規模の「北東アジアの平和共存に向けた日韓平和フォーラム」を発表した。希望連帯代表の白石孝さん(写真)は、フォーラムの目的を「両国市民の力で未来志向の平和共存をつくっていきたい」と語った。日本からは120人が参加するが、基調講演を担当する元広島市長の秋葉忠利さんはじめ、高田健さん、菱山南帆子さん、福島の避難者なども参加する。質疑応答で記者は「夏ごろは日韓関係は最悪だったが、その後は変わってきたのか?」と質問した。白石さんはこう答えた。「7、8月の時よりは大分変わってきている。しかし日本製品不買運動や訪日観光客の激減は長く続くと思う。安倍政権が韓国の市民の心を深く傷つけたからだ。韓国の人々はキャンドルで新政権を打ちたてた誇りを持っていたが、安倍はそこに土足で踏みこんだ。『日本は好きだが行く気にならなくなった』との声を聞く。事態の長期化で日本の観光地は大打撃を受けるだろう。そうした状況を変えるためにも、私たちは粘り強く市民連帯の運動をやっていきたい」と。(M) 報告

2019年11月25日 (月)

香港選挙、民主派圧勝

香港区議選、民主派が圧勝 返還後初の過半数、親中派惨敗

 

民主派候補の当選を確信し、歓声を上げる支持者ら=25日、香港(共同)© KYODONEWS 民主派候補の当選を確信し、歓声を上げる支持者ら=25日、香港(共同)

 【香港共同】香港区議会選挙は25日未明も開票作業が続いた。香港メディアによると民主派が圧勝し、1997年の中国への香港返還後で初めて過半数を獲得した。親中派は惨敗し、抗議デモに強硬姿勢で臨む香港政府と中国の習近平指導部に、民意が明確に「ノー」を突きつけた。

 香港メディアによると、中間集計で民主派が253議席獲得したのに対し親中派は27議席にとどまった。選挙前の議席数は親中派が約7割で民主派が約3割だった。6月に抗議活動が本格化して以降、初の香港全域での選挙。投票率は前回を20ポイント以上上回り、返還後最高の71.2%となった。

高知県知事選届かず

2019年11月25日(月)

高知知事選 松本氏大健闘

野党統一 大きな財産  『赤旗』より

写真

(写真)支援者と握手し、感謝の言葉を伝える松本けんじさん=24日、高知市

当選は浜田氏

 高知県知事選が24日投開票され、市民と野党、保守の人たちの幅広い支援を受けた野党統一の松本けんじ氏(35)=無所属新=は猛追しましたが及びませんでした。当選は自民・公明両党が推薦する元中央官僚の浜田省司氏(56)=無所属新=。

 午後8時半ごろ事務所に現れた松本氏が、「共同の力が一歩一歩前に進んでいると毎日のように痛感するワクワクする選挙だった。私たちの共同はさらに強く大きく発展すると確信しています」と語ると集まった支持者から「ありがとう」の声と拍手が湧きました。

 選対本部長を務めた広田一衆院議員は「党派を超え、オール野党で市民のみなさんと一緒にたたかえたことを誇りに思う。この財産を自分たちの政治を実現する第一歩にしたい」と述べました。

 知事選は初めて市民と野党の共闘でたたかわれ、選対本部長に広田氏、副本部長に5野党の県連代表が就任。県内全五つのブロックで共闘体制がつくられ市町村にも広がりました。野党各党の党首ら50人を超える国会議員が続々と応援に駆け付けました。

 松本候補は「ここでいっしょに生きよう。だれ一人取り残さない県政を」のスローガンを掲げ、「安倍政権言いなりではなく、高知のことは高知で決める県政へ」と訴え、共感が広がりました。

 浜田氏は「中央とのパイプ」を強調し、菅義偉官房長官らの応援演説を受けるなど、安倍政権丸抱えの選挙戦を展開しました。

2019年11月24日 (日)

まだまだ終わらぬ年内の闘い

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

 

1125日(月)  神戸市議会で沖縄意見書採択めざす連絡会第2回実行委 18時半 神戸市勤労

会館(JR「三ノ宮」東南4分)

Img013_20191124104601 ◇伊丹市病院統廃合説明会

 11月23日(土・休) 10時 きららホール(伊丹市北野4町目)

 1125日(月)   18時 ラスタホール(阪急「稲野」北西8分)

 1130日(土)   14時 中央公民館(阪急「伊丹」北西15分)

1127日(水) 老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ 10時 JR住吉駅北→JR西ノ宮

1127日(水)  兵庫憲法集会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:水
島朝穂早稲田大教授

1127日(水) 1116反弾圧全国集会総括会議 18時半 エルおおさか 

11月27日(水)  市民のつどい学習会 14時 神戸市勤労会館4階407号室にて。報告者=井上力さん(予定)、テーマ「敬老優待パス改悪を巡って」(仮)

11月29日(金)  グローバル気候マーチ 16時半 中之島水上ステージ 他 

◇11月29日(金) ゆたかな教育の創造をめざす西宮市民会議 総会・記念講演会 17時 若竹生活文化会館(JR「西ノ宮」北東7分) 記念講演:黄光男(ハンセン病家族訴訟原告団副団長)

1129日(金) 菱山南帆子と創る会 18時半 小田北生涯学習プラザ

1130日(土) 高橋あこ市政報告会 10時 高橋あこ事務所(伊丹市美鈴交差点南西すぐ)

1130日(土) 連続市民講座④ 幼児虐待を考える 14時 アステ川西ルーム4(阪急「川西
能勢口」南1分) 講師:毎立敏郎(尼崎総合医療センター小児科部長)

1130日(土) 大内裕和講演会 14時 西宮勤労会館(JR「西ノ宮」南西5分)

11月30日(土)  2019年小学校教科書採択 道徳と社会科の実態 全国集会 13時半 大阪中央会館ホール(地下鉄「心斎橋」東15分)

121日(日) 第23回伊丹マダン 10時 伊丹小学校(阪急「伊丹」北3分)

Img009_20191106034301121日(日) さようなら原発 1000人集会 14時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分、JR
「伊丹」北西8分) 講演:樋口英明(元福井地裁裁判長)、武藤類子(福島刑事裁判原告)

 

124日(水) 老朽原発うごかすな!リレーデモ 10時 JR西ノ宮駅 →阪神尼崎 

124日(水) 阪神社会運動センター定例会 18時半 阪神センター(阪急「塚口」南8分)

12月4日(水)  軍隊を捨てたコスタリカの暮らしと教育 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」南東4分)

12月5日(木)  関生弾圧公判 9時半 傍聴券抽選 10時 公判 大阪地裁大法廷

126日(金)  沖縄意見広告スタッフ会議 14時 全港湾大阪支部(地下鉄「大阪港」南2分)

12月6日(金)  みなせんと野党協議 18時 新長田勤労市民センター(JR「新長田」南西3分)

127日(土)  市民デモHYOGO例会 10時 新長田総合庁舎(JR「新長田」南8分)

127日(土) 樋口英明さん講演会 13時半 高槻現代劇場(阪急「高槻市」西南7分)

128日(日) 老朽原発うごかすな!リレーデモ 10時 阪神尼崎駅前 →関電本店前

128日(日) 関電本店包囲全国集会 14時 リレーデモ東西から到着

12月8日(日)  ここまで来ているメディアの危機 14時 新長田勤労市民センター(JR「新長
田」南西3分) 講演:南彰新聞労連委員長

12月8日(日)  中南米・キューバは今 13時半 小田北生涯学習プラザ

 

129日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」東南5分)Img016

1212日(木) 市民の手例会 18時半 元町・水岡事務所(JR「元町」北5分)

12月14日(土) 「SAYAMA 見えない手錠をはずすまで」番町上映会 13時 長田公民館別館2階(「高速長田」南東4分)

1214日(土) 宝塚の平和と人権を考える会 14時 ぷらざこむ(阪急「売布神社「東南」6分」、「中山寺「西南」8分」

1214日(土) 望月衣塑子講演会 14時 サンシビック尼崎(阪神「尼崎」西南5分)

Img018_20191124104201 1215日(日) 反貧困映画と講演の集い 13時半 神戸市教育会館(JR「元町」北8分)講演:
湯浅誠(法政大学教授) 

12月15日(日) チュエルノブイリと福島を結んで「救援関西」発足28周年の集い   13時半 大阪市生涯学習センター 

1215日(日) 弘川よしえ後援会大望年会 18時 政宗屋(JR立花駅北2分)

1219日(木) さんもく会  14時 阪神センター(阪急「塚口」南8分)

1219日(木) 阪神地域望年会  第一パート:16時~  第二パート:18時~  阪神社会運動情報センター(阪急「塚口」南8分) 
会費1000円 持ち込み歓迎 それぞれ最大15人まで

1221日(土) 市民政策研究会・いたみ 15時 高橋あこ事務所

1227日(金) 第8回さようなら原発1000人集会総括会議 19時 アステ川西

 

田南生涯学習プラザ(旧小田地区会館JR「尼崎」南8分)

桜疑惑は終らない 現代の田沼政治を撃つ遠山桜を咲かすのは民衆決起

支持固め、政治ショーの様相=識者「脱法的」指摘も―本来の趣旨逸脱・桜を見る会

 

 税金が投じられた首相主催の「桜を見る会」が、安倍晋三首相の支持固めに利用されたとの見方が広がっている。支援者らが多数招待され、各界の功労者をねぎらう本来の目的が変質したとの指摘が識者から出ている。

 ◇尋常でない推薦枠

 政治資金問題に詳しい日本大法学部の岩井奉信教授は「尋常じゃない人数だ」と驚きを隠さない。招待者約1万5000人のうち約7000人は安倍首相と自民党の推薦枠。「本来の目的を外れ、政権と自民党の巨大な選挙区サービスの道具に変わった」と話す。

 元東京地検特捜部副部長で、衆院議員も務めた若狭勝弁護士は「4回招かれたが、首相を中心に盛り上がる一種の政治的セレモニーだった」と明かす。「1回でも呼ばれると印象深く刻まれ、支持は揺るがなくなる。与党の支持者拡大が狙いで、そこに功労者をねぎらう意識はない。(会場の)桜の花も散っていて名目だけだ」と断じる。

 会では飲食などが提供され、公選法が禁じる寄付行為に当たるとして、市民団体が告発を検討している。ただ、若狭氏は「首相自ら資金を出して飲み食いさせているわけではなく、違法性を問うのは難しい」と指摘。岩井氏の見立ても同様だ。

 ◇巧妙な仕組み

 会の前日に首相の地元支援者の観光ツアーが組まれ、高級ホテルで開催された後援会主催の夕食会にも疑惑の目が向けられている。

 政治資金パーティーなら後援会の収支報告書に記載義務も生じることなどが理由だが、岩井氏は「脱法的。巧妙でうまいやり方だ」と話す。

 岩井氏が指摘するのは、2014年に関連政治団体の観劇ツアーに端を発した不正経理で経済産業相を辞任し、元秘書が政治資金規正法違反罪に問われた小渕優子氏のケースとの違いだ。「小渕氏の場合は事務所がツアー代金を取りまとめるなどしたため費用補填(ほてん)の問題が出たのに対し、首相の事務所は関わらない仕組みになっており、(同法上の)報告事項がない」とする。

 岩井氏は「事実関係はまだやぶの中。ホテル側の明細が出てこない限り収束しないだろう」と話す。 

2019年11月23日 (土)

高知県知事選、最終日~坂本茂雄ブログより

11月22日「最後まで訴え続ける、松本けんじは『ここでいっしょに生きよう-だれひとり取り残さない』県政の実現に向けて」


 『ここでいっしょに生きよう-だれひとり取り残さない』県政の実現に向けて、最後まで訴え続けます。

 この高知がそんな県政になれば、県民は頑張れる。

 子育てするなら高知がいいね。

 知事にするなら「けんじ」がいいね。

 最後まで、「松本けんじ」で頑張り抜きましょう。

安倍首相が百田尚樹、櫻井よしこら極右仲間とフレンチ会食の開き直り!

安倍首相が百田尚樹、櫻井よしこら極右仲間とフレンチ会食の開き直り!「桜を見る会」お友だち招待が批判を浴びているなかで

安倍首相が百田尚樹、櫻井よしこら極右仲間とフレンチ会食の開き直り!「桜を見る会」お友だち招待が批判を浴びているなかでの画像1
「桜を見る会」の様子をツイートした有本香氏Twitter

「昭恵枠」に、反社会的勢力の招待、名簿廃棄問題と、次々に問題が噴出している「桜を見る会」問題。なかでも注目を集めているのは「安倍晋三後援会」が主催した「前夜祭」の会費5000円問題だが、公職選挙法や政治資金規正法違反が指摘されているというのに、肝心の安倍首相は20日の参院本会議で「ホテル側から明細書の発行はなかった」と答弁したきりで、追及から逃げつづけている。

 だが、一連の安倍首相による主張がことごとく嘘であることは、すでにあきらかだ。

 安倍首相は「安倍事務所の職員が受付で1人5000円を集金し、ホテル名義の領収書をその場で手交し、受け付け終了後に集金したすべての現金をホテル側に渡すというかたちで支払いがなされた」と述べているが、2013、14、16年に「前夜祭」が開かれたANAインターコンチネンタルホテル東京は「領収書はお支払いしたものに対して発行するものですので、パーティー代金を受け取る前にホテル名義の領収書を主催者に渡すことはありません」と毎日新聞の取材に回答している(21日付)。

 さらに、ANAインターコンチネンタルは、ホテル側が主催者に見積書を提示し、それを受けて主催者が見積金額を支払い、パーティの後にホテルが明細書を提示、主催者が見積金額との差額を精算した上でホテル側が領収書を発行するものだと一般的な流れを説明。「政治家だからという理由でこれらの原則を変えることはありません」と明言しているのである。

 しかも同ホテルはNHKの取材に、明細書について「ご要望があれば過去にさかのぼって発行することが可能」と答えている。「法的に問題は一切ない」と主張するのであれば、安倍首相は早急に記者会見や国会の集中審議に応じ、国民に明細書をしっかりと示し、身の潔白を証明するべきだ。

 しかし、安倍首相にそんな素振りはまるでない。いや、それどころか、これだけ大きな疑惑が持ち上がっているというのに、昨晩、信じられないような行動に出たのだ。昨日21日の首相動静には、こうある。

〈午後7時24分、東京都新宿区のフランス料理店「オテル・ドゥ・ミクニ」着。作家の百田尚樹氏、評論家の金美齢氏、ジャーナリストの桜井よしこ氏、有本香氏、作曲家すぎやまこういち氏と会食。〉

 国民に何ひとつ説得力のある説明ができないでいるのに、極右のお友だちたちの輪に逃げ込んで、高級フレンチ店で仲良く会食して慰撫してもらう……。あまりにグロテスクな絵面が思い浮かぶが、しかし、信じられないのは、その面子だ。

 百田尚樹氏と有本香氏という世紀の欠陥本『日本国紀』(幻冬舎)のコンビといえば、今年4月13日に開催された「桜を見る会」に、フェイクデマ拡散ネトウヨ番組『真相深入り!虎ノ門ニュース』(DHCテレビ)御一行で出席。ケント・ギルバート氏や竹田恒泰氏、上念司氏、石平太郎氏、須田慎一郎氏、大高未貴氏、藤井厳喜氏、武田邦彦氏らとともに、安倍首相と昭恵氏はにこやかに写真撮影をおこなっていた。

 一体、このメンバーを税金でもてなすに値するどんな功績があるというのか甚だ疑問だが、本サイトではこの「桜を見る会」が開かれたその日に、極右の応援団を安倍首相が大量に招待したという露骨な身びいきを批判。3日後の16日には東京新聞も「ネトウヨのアイドル?いっぱい」と報じ、同時に与党の推薦者が多いことや開催費用が増加していることを指摘。そして、共産党の宮本徹議員が5月13日の衆院決算行政監視委員会ではじめて追及をおこなったのだ。ちなみに、宮本議員はこの追及の質問作成のために、同月9日、内閣府に資料要求をおこなったのだが、この日に招待者名簿が廃棄されていたことが判明。「会終了後、遅滞なく廃棄する」と説明していたのになぜ5月9日に廃棄したのかと問われると、内閣府の大塚幸寛官房長は“シュレッダーの空きがなかったから”などと噴飯ものの答弁をおこない、こちらも大きな問題になっている。~続きはリテラで

2019年11月22日 (金)

高知県知事選、全野党が共闘 既に52人の国会議員が高知入り

最後までの奮闘で松本勝利を

高知知事選 志位委員長・枝野代表訴え

 最終盤に入った高知県知事選(24日投票)で、野党統一の松本けんじ候補の勝利を必ず勝ち取ろうと、日本共産党の志位和夫委員長、立憲民主党の枝野幸男代表は21日、高知市の中央公園前でそろって訴えました。志位氏は「残る3日間、共闘の力をフルに発揮し、頑張り抜いて、必ず逆転勝利を勝ち取りましょう」と力を込め、枝野氏は「くらしを守るのは松本けんじさん。だから、これだけ幅広い方々が、党派を超えて応援している。みなさんの力で、高知に新しい風を吹かせ、一人ひとりに寄り添う新しい政治をつくろう」と訴え。松本候補、志位氏、枝野氏が手を携えてアピールすると、盛大な拍手に包まれました。


写真

(写真)声援にこたえる(左から)広田、志位、松本、枝野、武内の各氏=21日、高知市

 松本候補は、「県知事選の勝敗が、国の政治を大きく変える巨大な一歩を踏み出すことになります。人口減少という高知の課題の根には国の政治がある。私を知事に押し上げていただくことが、国にモノ申すことになる」と強調。「農林漁業、再生可能エネルギーを育て、医療、介護、保育の雇用を守り、高知の隅々でくらし続けられる、『だれ一人取り残さない』県政をつくっていく」と表明しました。

 枝野氏は「松本けんじさんを、あとひと押し、ふた押し、背を押して、(相手候補に)追いつき、追い越したい。そのために高知にきた」と表明。「くらしに寄り添う、高知に住む『だれ一人取り残さない』政治をすすめるリーダーを選ぼう」とよびかけました。選対本部長の広田一衆院議員も訴えました。

 志位氏は、野党党首をはじめ、52人の国会議員が応援に入るなど、共闘がかつてない広がりになっていることや、応援に駆け付けた国会議員から異口同音に「いい候補者ですね」と声をかけられていることを紹介。高知新聞の世論調査で、新知事に望む資質の37%が「県民の声をよく聞く人」でトップだったと紹介し、「松本けんじさんこそ、県民が求めている知事の姿を体現している候補者ではないでしょうか」と訴えました。

 その上で志位氏は、選挙戦を通じて、三つの争点が浮き彫りになったと語りました。

 第一が教育問題です。松本候補が、教員を増やし、県版学力テストをなくして、先生が子どもに向き合えるようにすることを掲げていることを紹介し、「テスト漬け教育は、子どもから学ぶ喜びを奪い、先生から教える喜びを奪っています。みんなの力で変えましょう。松本けんじ知事で、“子育てするなら高知がいいね”と言われる県政をつくりましょう」と語りました。

 第二が、福祉の問題です。相手候補は「行政経験」を売り物にしているが、大阪府副知事のときにすすめたことは国保料の大幅引き上げだったと批判。「こんな『行政経験』などお断りです。松本知事の誕生で、子どもの均等割の廃止、国保料の大幅引き下げを実現しましょう」と力を込めました。

 第三が、「桜を見る会」です。今年の招待者1万5千人のうち、安倍首相枠が1千人、官邸枠が1千人、自民党枠が6千人にのぼるなど、「税金を使った公的行事の私物化は明らかです」と批判。さらに安倍後援会主催の「前夜祭」の参加費が5千円と、あまりに安すぎるうえ、「明細書もない」としていることを告発し、「もはや逃げることはできません。野党共闘で徹底的に追及していきます」と力を込めました。

 志位氏は、「消費税増税、農業破壊の政治を押しつけながら、血税で買収とは許せない。こんな政権には、もうお引き取り願おうではありませんか。全国の国民は『退場の審判を下したい』と願っていますが、それを今、選挙で示せるのは高知県のみなさんだけです。松本けんじさんの勝利で、安倍政権に引導を渡しましょう。自由民権運動の発祥の地・高知から『日本の世直し』ののろしをあげようではありませんか」と訴えると、大きな拍手に包まれました。

当面の行動 12月8日まで

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

 

1118日(月)~30日(土) 121さようなら原発1000人集会へ宣伝カー回し 

1122日(金)  憲法懇談会 18時半 神戸婦人会館・すみれ(「高速神戸」北3分)

1123日(土・休) 原発・核燃にどめを!関西集会 1340分 守口文化センター・エナジーホール(京阪「守口市」北東3分)

1123日(土) 市民政策研究会・いたみ 15時 高橋あこ事務所(伊丹市美鈴交差点南西すぐ)

1123日(土)  老朽原発うごかすな!リレーデモ出発式 高浜現地展望所

128日(日) メインコース:高浜原発→若狭町→高島市→大津市→京都市→関電本店前

1124日(日)  高知県知事選投開票日

1124日(日) 第三師団申し入れ行動 10時半 第三師団西門前(阪急「伊丹」北西20分)

1124日(日) おおつる求伊丹市議 議会報告会&意見交換会 10時 稲野センター(阪急「稲野」南西5分)  15時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分)

1124日(日) 放射能について考える 14時  園田東生涯学習プラザ(旧園田地区会館 阪急「園田」西北8分) 講演:小橋かおる

11月24日(日) 次の日本にむけた政治・経済を構想する 共和主義宣言×反緊縮宣言 14時 こうべまちづくり会館(阪急「花隈」南3分) 講演:首藤信彦(元衆議院議員) 松尾匡(立命館大教授)

1125日(月)  神戸市議会で沖縄意見書採択めざす連絡会第2回実行委 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

◇伊丹市病院統廃合説明会

 11月23日(土・休) 10時 きららホール(伊丹市北野4町目)

 1125日(月)   18時 ラスタホール(阪急「稲野」北西8分)

 1130日(土)   14時 中央公民館(阪急「伊丹」北西15分)

 

1127日(水) 老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ 10時 JR住吉駅北→JR西ノ宮

1127日(水)  兵庫憲法集会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:水島朝穂早稲田大教授

1127日(水) 1116反弾圧全国集会総括会議 18時半 エルおおさか 

11月27日(水)  市民のつどい学習会 14時 神戸市勤労会館4階407号室にて。報告者=井上力さん テーマ「敬老優待パス改悪を巡って」

11月29日(金)  グローバル気候マーチ 16時半 中之島水上ステージ 他 

◇11月29日(金) ゆたかな教育の創造をめざす西宮市民会議 総会・記念講演会 17時 若竹生活文化会館(JR「西ノ宮」北東7分)
          記念講演:黄光男(ハンセン病家族訴訟原告団副団長)

1129日(金) 菱山南帆子と創る会 18時半 小田北生涯学習プラザ

1130日(土) 高橋あこ市政報告会 10時 高橋あこ事務所(伊丹市美鈴交差点南西すぐ)

1130日(土) 連続市民講座④ 幼児虐待を考える 14時 アステ川西ルーム4(阪急「川西
能勢口」南1分) 講師:毎立敏郎(尼崎総合医療センター小児科部長)

1130日(土) 大内裕和講演会 14時 西宮勤労会館(JR「西ノ宮」南西5分)

11月30日(土)  2019年小学校教科書採択 道徳と社会科の実態 全国集会 13時半 大阪中央会館ホール(地下鉄「心斎橋」東15分)

 

121日(日) 第23回伊丹マダン 10時 伊丹小学校(阪急「伊丹」北3分)

121日(日) さようなら原発 1000人集会 14時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分、JR「伊丹」北西8分) 講演:樋口英明(元福井地裁裁判長)、武藤類子(福島刑事裁判原告)

124日(水) 老朽原発うごかすな!リレーデモ 10時 JR西ノ宮駅→阪神尼崎 

12月4日(水)  軍隊を捨てたコスタリカの暮らしと教育 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」南東4分)

12月5日(木)  関生弾圧公判 9時半 傍聴券抽選 10時 公判 大阪地裁大法

 

127日(土)  市民デモHYOGO例会 10時 新長田総合庁舎(JR「新長田」南8分)

127日(土) 樋口英明さん講演会 13時半 高槻現代劇場(阪急「高槻市」西南7分)

128日(日) 老朽原発うごかすな!リレーデモ 10時 阪神尼崎駅前 →関電本店前

128日(日) 関電本店包囲全国集会 14時 リレーデモ東西から到着

12月8日(日)  ここまで来ているメディアの危機 14時 新長田勤労市民センター(JR「新長田」南西3分) 講演:南彰新聞労連委員長

◇12月8日(日) キューバ・中南米は今 13時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

マルイ前行動、安倍政権への批判急増

 11月21日(木)15時~16時半、三宮マルイ前で定例行動に取り組みました。風も強くなく、暖かい日でした。最も終わる頃には寒くなりましたが。参加者は13名(先週も13名)。リレースピーチは5名が交互に、桜を見る会、史上最長政権、辺野古の現状、原発、憲法などについて訴えました。改憲反対署名は12筆(先週10筆)。チラシは用意した320枚をほぼ撒き切りました。シール投票は、「桜を見る会関連の疑惑に対する安倍首相の発言に、あなたは納得できますか?」を問い、「納得できます」が3票、「納得できません」が64票、「わかりません」が4票の計71票。3週間ぶりの70票超えでした。
 二人連れの女性が、「公職選挙法違反なのでしょうけど、もう済んだことだし・・・」と「納得できます」に2票貼られました。Kさんが話しかけた結果、「納得できます」をやめて「わかりません」に貼り替えられました。自由意見欄には、「桜を見る会は吉田元首相の時からだそうですが、当時は戦後復興のため各国大使などを参加させてそうです。だから、もう止めてはどうですか?」、「安倍首相は『桜を散る会』を主催して、一日も早く散り、国会を去りなさい」、「アッキーこと昭恵夫人は、ファーストレディならぬワーストレディだ!」と3名(先週も3名)の方が書き込まれました。
 明後日23日(土・祝)13時~14時、マルイ前で「辺野古の海に基地をつくらせない神戸行動」が定例アピール活動に取り組みます。今日より暖かく雨の心配もなさそうです。是非!/西




画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、屋外、室内
写真の説明はありません。

「だまされた感」保護者ため息 幼保無償化で値上げ続々

「だまされた感」保護者ため息 幼保無償化で値上げ続々

朝日新聞社



大阪府内の幼稚園では園児たちが帰った後、教諭らが誕生日会のイベントで使う「作り物」の制作に励んでいた© 朝日新聞社 大阪府内の幼稚園では園児たちが帰った後、教諭らが誕生日会のイベントで使う「作り物」の制作に励んでいた

 「子どもの通っている幼稚園が、10月の幼保無償化のタイミングで保育料を引き上げてきました」。読者の疑問や困り事を取材する朝日新聞「#ニュース4U」取材班にそんな声が寄せられた。取材を始めると、無償化に合わせて値上げした施設は全国各地にあった。値上げした園を直撃すると、園長たちが本音を語った。

 「うまいことだまされた印象が消えません」。近畿地方の私立幼稚園に子どもを通わせる30代の女性はため息をついた。幼児教育・保育の無償化は消費増税分を財源に10月から始まり、この幼稚園は保育料を月約2千円値上げした。

 自治体が保育料を決め、その保育料が無料となる公立幼稚園や認可保育所と違い、一部の私立幼稚園は各施設が保育料を決められる。このため、無償化の額には上限(月2万5700円)があり、超えた分は保護者の自己負担となるが、この幼稚園の場合は以前より負担額は少なくなった。

 保護者説明会で園の職員は開口一番、「みなさんいいですね、こんな支援(無償化)があって。私の時はなかったからうらやましい」と話したという。

 女性は「値上げの理由を聞くと、せこいみたいで何も言えなくなった」と悔しがる。「便乗値上げ」感はぬぐえず、モヤモヤ感は残ったままだという。

■園長「現場は疲弊し切っている」

 名古屋市内の私立幼稚園は10月から保育料を月6500円引き上げた。「使い道を理事長に聞いてもはっきり説明しない。理事長たちの私腹を肥やすのではと疑ってしまう」と、子どもを通わせる女性は憤る。

 文部科学省は無償化を機に保育料を値上げする幼稚園の有無や値上げの理由を調査。不適切な値上げがあれば指導するよう都道府県などに連絡している。全国の私立幼稚園約7500園が加盟する全日本私立幼稚園連合会も昨夏から4回にわたって、質の向上を伴わない値上げはしないよう加盟園に求めてきた。

 だが、大阪府のある私立幼稚園の園長は「幼稚園の現場は疲弊しきっている。保護者の懐を痛めないこの機会に値上げしなければ、もう限界」と打ち明ける。

 私立幼稚園は保護者からの保育料のほか、都道府県からの私学助成などで運営費を工面している。だが、働く親の増加で保育所に通う子どもが増えていることに加え、少子化で幼稚園の保育料収入は減り続けている。

 この幼稚園は園の積立金を取り崩して運営してきたが、10月から保育料を月2550円値上げした。説明会で園の経営事情も伝え、苦情はまだないという。

 福岡県内のある幼稚園も来年4月から保育料を1050円上げる。園長は「老朽化した建物の整備や、職員の残業代など処遇改善の費用にあてたい」と言う。

 「便乗値上げは良くないが、無償化は保育の質を上げるチャンスだ」。同県内のある幼稚園連盟会長は管内の園長らにそう言ってきた。「保護者に負担をかけることなく保育の質を上げられる。ご理解頂けるなら応援してほしい」

 値上げは認可外保育施設でも確認されており、所管する厚生労働省は9月、理由なく値上げしている施設があれば国への報告と施設への指導を求める文書を都道府県などに出した。

■誰のための無償化?識者は

 一体、誰のための無償化か――。そんな疑問を取材した保護者は感じていた。識者はどう考えるのか。

 大阪府立大の吉田直哉准教授(教育学)は「無償化は保護者の負担軽減が目的。不透明な値上げで保護者の理解は得られない」と指摘する。

 一方、経済協力開発機構によると、日本は2016年時点で幼児教育に関する支出の約半分を保護者の私費負担でまかなっていた。

 加盟国の中で2番目に高く、吉田准教授は「就学前教育への公金投入は世界の潮流。無償化は『子育ては親がするもの』という日本人の意識に変化を促し、国全体で子どもを育てる当事者意識を持つきっかけになるのでは」と期待する。

 「その財源は国民の税金。私学運営は本来行政の介入を受けないが、施設側は値上げにふさわしい保育・幼児教育を提供しているか、これからは全納税者からチェックされることを理解するべきだ」(山根久美子、城真弓)

     ◇

 〈幼児教育・保育の無償化〉 すべての3~5歳児と、低所得世帯(住民税非課税世帯)の0~2歳児が対象。2015年4月に始まった「子ども・子育て支援新制度」に移行した幼稚園や認可保育所は保育料が無料となり、給食費やバス代などは別に徴収される。

 新制度に移行していない幼稚園は月2万5700円まで、認可外保育施設の3~5歳児は月3万7千円まで、低所得世帯の0~2歳児は月4万2千円までが無償化される。財源には消費増税分の一部が充てられる。

2019年11月21日 (木)

高知県知事選 坂本県議ブログより転載

11月20日「『ここでいっしょに生きよう』と声かけられるように頑張りたい」

 先日、下知でさまざまな地域活動をともにしてきた方が、高知新聞で取材されたと言ってたが、今朝の高知新聞で記事になっていました。
 取材されたときのことを彼は、FBで次のように語っています。
「高知との繋がり」
 高知県知事選に対しての思いを聞かせてほしいと、高知の新聞記者に電話取材を1時間くらい受けてました。
 高知県の人口減、山間部の活性化の対策等、高知を離れてからの色んな思いがあり、少し目頭が熱くなりながらお話ししました。
 知り合いの記者を通じての今回の取材でしたが、高知を離れても取材を通じて高知と繋がれることは、嬉しいですね。
 そして、今朝の記事では、「2019高知県知事選 「実感」県知事選投票を前に(3)高知を離れた人」の見出しだが、引用させて頂きたい。

-引用開始
 古里の町から県外へ、中央へと、出て行く人がいる。仕事を求めて、あるいは都会に憧れ…。人口が減り続ける高知から、電話で問い掛けてみた。どうして高知を離れたんですか?
 熊本市で暮らす中岡寛典さん(52)は「できれば高知で働き続けたかったんですけど…。家族を養う現実を考えると、出て行かざるを得なかったんです」。休日の昼前。話の内容はシビアだが、声のトーンは暗くない。
 半導体大手、ルネサスエレクトロニクス子会社の高知工場(香南市)に勤めていた。2018年5月に工場閉鎖となり、従業員はグループ会社の県外拠点への異動か転職か迫られた。
 「いの町中追の出身で、今も山には両親がいる。高齢になるので面倒をみるため、高知を離れたくなかったんですよ。でも、長女が県外の大学に通っていたこともあって、現実的にはやっぱりお金のことも考えないと」
 家族や両親と何度も話し合い、熊本への異動を決意した。
 前身の三菱電機時代から30年以上働いた高知工場の閉鎖は、ショックが大きかったという。だが、それ以上に「高知を離れる無念さや不安、申し訳ない気持ちが強い」。
 そんな思いは1年半たった今も薄れない。「こうやって電話で話していると、高知を離れる時のことを思い出して…。なんかねえ、目頭が熱くなってくる」。落ち着いた声色だが、思いがこみ上げてきていることは伝わってきた。
 「僕が生まれ育ったような山間部は、活性化や暮らしやすさに力を入れないと人がいなくなってしまいますよ。県全体でも人口流出が進みゆうし。企業誘致とか、元からある資源を生かして、夢を持って働ける場所がもっと要りますよね」-引用終了

 昨年9月ルネサスエレクトロニクス子会社の高知工場が、コットン製品製造・販売の丸三産業(愛媛県)に売却が決定したが、県などがこれまでもこだわってきた従業員の雇用と一体的な工場承継の実現とはなりませんでした。
 知事は、当時「多くの元従業員が就職され、高知に帰ってこられるように取り組みたい」などと強調していたが、帰ってこられず、疲弊するふるさとの中山間地を心配している者が帰ってこられるような施策を力になれなかった私は、松本けんじ候補とともに、作り上げていきたいと思うばかりです。(写真は、中岡さんの了解をえて、FBからお借りしました)

高知県知事選終盤 四国山脈のど真ん中で岡田克也元外相らが応援

「政治の流れ変えよう」

岡田元副総理が応援演説

写真

(写真)声援に応える(左から)鈴木、岡田、松本、屋良、広田の各氏=19日、高知県本山町

 24日投票の高知県知事選で、猛追している野党統一の松本けんじ候補の勝利を勝ち取ろうと、元副総理の岡田克也衆院議員らが19日夜、本山町で開かれた個人演説会で支援を訴えました。満席となった会場は、参加者の熱気に包まれました。

 国民民主党の屋良朝博衆院議員、選対本部長の広田一衆院議員も訴え。教育研究者で土佐町議(無所属)の鈴木大裕氏が司会を務めました。

 岡田氏は、高知で生活し、県民の生活をよく知る松本候補と、三十数年ぶりに高知に戻ってきた相手候補とのたたかいだと指摘。地方の生活の厳しさに触れ、「地方の生活の現実がわかった人がリーダーにならなければ変えられない。それは松本さんしかいない」と強調し、「いい結果を出し、日本の政治の流れも変えていこう」と呼びかけました。

 屋良氏は、沖縄・辺野古への米軍新基地建設について「『安全保障』の議論がない。資料を求めても出てこない。これは民主主義の根幹だ」と指摘。「一つひとつの選挙で勝ち、日本の民主主義を定着させていくことが大事だ」と訴えました。

 地元代表の応援演説で、嶺北高校3年の佐藤碧衣さんは「県版学力テストをなくし、生徒と触れ合える時間をつくってほしい」と語り、本山保育所保護者会の田岡優会長(44)は、米軍機の低空飛行や騒音、墜落の不安に子どもたちがおびえているとして「低空飛行は即刻中止を。松本さんに頑張ってほしい」と話しました。

 松本候補は「政治を変えるのは一人ひとりの県民です。地域の課題を解決する力も、そこに生きる人の中にこそある。『国言いなりでなく、高知のことは高知で決める』県政、『だれ一人取り残さない』県政をつくろう」と訴えました。

しんぶん赤旗より

秋田・山口から住民が上京~イージス・アショア配備反対院内集会 レイバーネット日本より

秋田・山口から住民が上京~イージス・アショア配備反対院内集会
11月19日、参議院議員会館で「イージス・アショアの配備は何のため?」院内集会が開催された。この集会には、イージス・アショア配備計画が強行されようとしている現地の秋田県から櫻田憂子さん(「STOPイージス!秋田フォーラム」代表)と山口県から森上雅昭さん(「イージス・アショア」配備計画の撤回を求める住民の会)が上京した。これに先立って、防衛省交渉がもたれたが、「参加した防衛省の役人は、9人中1人しか現地に行ったことのない人間でした。秋田現地に行ったことのある人間はいませんでした」(前田哲男さん)という有様だった。秋田、山口とも闘いは、最初はかなり厳しかった。それほど、政府は強権的にやってきた。しかし、現地の闘いはその足跡を残しつつある。秋田では、イージス・アショアの秋田現地配備に反対する寺田静さんが野党統一候補として先の参議院選挙で勝利した。山口では、町長が配備反対を明言している。闘いは「第2ステージに入りました」というような広がりを見せ始めている。(湯本雅典) 報告動画(9分半)

2019年11月20日 (水)

桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

桜を見る会前夜 安倍事務所とニューオータニに裏取引疑惑

公開日: 更新日:


 

10月23日の安倍首相夫妻主催の夕食会は1億7000万円(予算)/(C)ロイター
10月23日の安倍首相夫妻主催の夕食会は1億7000万円(予算)/(C)ロイター
拡大する

 安倍首相は18日、首相主催の「桜を見る会」の前夜祭をめぐる3回目のぶら下がり取材に応じた。前夜祭の会費や参加者の旅費、宿泊費については「安倍事務所にも後援会にも入金はないので、領収書を発行してもいない」と説明。明細書についても「そうしたものはない」と話した。

  ◇  ◇  ◇

 ぶら下がり取材を何度やっても疑惑は晴れない。むしろ、拡大するばかりで、18日も新証拠が見つかった。無所属の柚木道義衆院議員が「桜を見る会ツアー」を開催した山口県内の旅行会社に送付した、前夜祭の質問書に対する回答だ。

 注目は〈前夜祭の料理や値段の交渉について あべ晋三事務所(安倍晋三後援会)が交渉されたのでしょうか、旅行株式会社様が交渉されたのでしょうか〉というくだりで、旅行会社側が〈当社では関与しておりません〉と明言していた点だ。

続きは日刊ゲンダイで

豊中で安倍政権退陣を求める緊急行動 何と籠池夫妻も登場

今夜、豊中駅前は、怒りの炎に包まれました(~~)
あまりにもひどい政権に対して、
市民と野党の共同街宣「政権の不正に怒る市民アクション」を開催。
寒いなか、急きょ70名が集まりました。

立憲民主党、社民党、共産党のアピールに続き、
「花見」「首相ヤジ発言」「民間英語試験」「日米FTA」「森友問題」について市民がアピール。

そして、なんと籠池夫妻も登場。
籠池さんのアピールでは、森友問題はもちろん、日米FTAや日米安保条約、消費増税、福祉問題にも話題は及び、
「わたしらと同じこと言うてはる」
「しっかり勉強してはるね」などと共産党の方たちも絶賛、大いに盛り上げてくれました。

マスコミ報道もほとんどない中で、本日、日米FTAが衆議院本会議を通過、十分な審議もなく、国民の大多数が知らない間に、アメリカの言いなり、重大な協定が結ばれようとしているのです。
どうか、参議院で野党は徹底抗戦を!!  (豊中Tさんのメッセージをコピペ)

画像に含まれている可能性があるもの:4人、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:4人、、スマイル、立ってる(複数の人)
画像に含まれている可能性があるもの:3人、、スマイル
画像に含まれている可能性があるもの:2人、立ってる(複数の人)、夜
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる、夜、屋外
+29

2019年11月19日 (火)

内閣支持率、世論調査(読売、朝日、FNS)各社軒並み下落

安倍内閣支持率45.1% 6ポイント下落 FNN世論調査

©株式会社フジテレビジョン

FNNがこの週末に行った世論調査で、安倍内閣の支持率は45.1%と、10月より6ポイント下がった。

調査は、11月16日と17日、全国18歳以上の有権者1,039人に、電話調査(RDD 固定+携帯)で行った。

安倍内閣の支持率は、10月より6ポイント下がり、45.1%。

不支持率は4.7ポイント上がり、37.7%だった。

23日に失効する日韓のGSOMIA(日韓軍事情報包括保護協定)について、日本が対応を変えてでも「延長されるべきだ」は14.4%、「破棄はやむを得ない」は68.3%だった。

関係改善に向けて、日韓首脳会談の開催を「急ぐべきだ」は34.1%、「急ぐ必要はない」は58.2%だった。

首相主催の「桜を見る会」を2020年度は中止するとした政府の判断について、「評価する」は58.3%、「評価しない」は32.2%だった。

政府が表明した招待の基準やプロセスの明確化がなされた場合に再開してもよいと思うかを尋ねたところ、「再開してもよい」が59.4%、このまま「廃止するべきだ」が33.8%だった。

20日に歴代で最も長い在任日数となる安倍首相の2,800日余りの政権運営について尋ねたところ、「大いに評価する」は9.1%、「ある程度評価する」は53.9%、「あまり評価しない」は24.5%、「全く評価しない」は10.4%。

憲法改正を争点に、衆議院を解散して国民の信を問うことの是非を尋ねたところ、「問題だと思う」は27.8%、「問題ないと思う」は57.3%だった。

各政党の支持率は、自民党36.2%、立憲民主党7.8%、国民民主党0.8%、公明党3.0%、共産党3.2%、日本維新の会3.0%、社民党0.6%、NHKから国民を守る党1.2%、れいわ新選組2.5%、支持政党なし38.7%だった。

内閣支持率が大幅6ポイント低下

「桜を見る会」問題が影響 内閣支持率が大幅6ポイント低下

公開日: 更新日:


 

安倍首相(左)が信頼できない。次期首相は小泉環境相(右下)よりも石破元幹事長(右上)/(C)日刊ゲンダイ
安倍首相(左)が信頼できない。次期首相は小泉環境相(右下)よりも石破元幹事長(右上)/(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 読売新聞社が11月15~17日に実施した世論調査で、安倍内閣の支持率が49%となり、前回10月調査の55%から6ポイント低下し、50%の大台を割り込んだ。不支持率は前回より2ポイント増の36%だった。

 支持率の大幅ダウンは安倍首相主催の「桜を見る会」問題が影響したとみられ、不支持の理由のトップは「首相が信頼できない」で45%。前回から10ポイント上昇した。

 今年9月の内閣改造から約1カ月半の間に菅原経産相と河井法相が相次いで辞任したことについては、2人を任命した安倍の「責任は大きい」が52%で、「そうは思わない」の42%を大きく上回った。

 自民党の政党支持率も37%と、前回より5ポイント減となった。

 また、「次の首相には誰がふさわしいと思いますか」の問いには、トップは石破茂元幹事長の21%で、次いで小泉環境相の18%。9月の調査では、小泉氏21%、石破氏18%だったが、今回は逆転した。

高知県知事選、いよいよ終盤へ その前に、長門(山口県)市長選では、野党共闘派が現職=安倍直系を倒した

11月18日「『現職知事が、ここまでやるか』と怒りの声」

 今朝の高知新聞で、報じられていた高知県知事選(24日投開票)の電話世論調査では、「浜田氏が先行、松本氏が追う」とのことただが、私たちは「猛追している」と思っています。
 しかも、10月17日に正式に出馬表明してから、まさに一ヶ月で、現職知事の後継候補と担ぎ出された自公丸抱えの相手陣営の出馬表明から遅れること2ヶ月のハンデを抱えながらです。
 そして、調査回答者の29%が投票する人をまだ決めていないことから、残された一週間で追いつき、逆転することの展望を見出したいと思っています。
 安倍内閣の支持率は39.3%で、不支持(48.8%)を下回ったているが、内閣を支持する人のうち、浜田氏支持が80%で、内閣を支持しない人でありながら自民党直結の浜田氏支持が33%と一定の割合を占めています。
 また、新しい知事に望む資質を聞いたところ、「県民の声をよく聞く人」が37.9%で最も多く、「国に言うべきことを言える人」(27.2%)で、「強いリーダーシップがある人」(14.6%)、「安定感がある人」(9.4%)、「国との太いパイプがある人」(7.2%)となっているが、「県民の声をよく聞く人」にしても、「国に言うべきことを言える人」にしても松本候補の資質が評価されると思うのだが、そうなっていないことの理解に苦しむ面があります。
 本当の意味で、「県民の声をよく聞き」「国に言うべきことを言える」候補者こそが松本けんじ候補であることを、さらにしっかりと訴えていかなければなりません。
 そして、県民が求める力を入れてほしい政策の「医療・福祉」「経済振興・雇用」「教育・子育て」「地震・台風対策」「人口減少対策」などに力を入れた「だれ一人取り残さない」県政の実現を一緒に図っていきたいものです。
 それにしても、ここまでやるかということを相手陣営が展開しています。
 それは、高知新聞の記事にもあるように、「陣営は、尾﨑知事が録音メッセージで「浜田さんこそ高知県をさらに発展させることができる候補だ」と呼び掛ける電話作戦を展開。」しているということです。
 私の自宅にもかかってきましたし、松本候補を支援する多くの議員の方々にもかかってきています。
 そして、昨夜の土佐市の個人演説会で明らかになったのは、土佐市役所にもかかってきたとのことですし、さらには県職員の家庭にもかかっています。
 これは、地位利用との違反行為まがいのことをしているのではないかと有権者から疑問や怒りの声が届けられています。
 なりふり構わぬ相手陣営の取り組みを上回る我々の闘いで、猛追から肩を並べて抜き去る状況をつくり出していこうではありませんか。(阪本茂雄ブログより)

長門市長選、新人の江原氏が現職を破り初当選 - グノシー

https://gunosy.com/articles/auG1K

※写真はイメージです 任期満了に伴う長門市長選(山口県)は17日投開票され、無所属新人で元市議の江原達也氏(56)が9149票(得票率50.6%)を獲得し、3選を目指した無所属現職の大西倉雄氏(69)を破って初当選しました。

2019年11月18日 (月)

「桜を見る会」政治の私物化を許さない!〜官邸前緊急行動に600人

「桜を見る会」政治の私物化を許さない!〜官邸前緊急行動に600人
「安倍首相による政治の私物化を許さない!安倍政権の退陣を要求する官邸前緊急行動」が11/18(月)18:30~ 首相官邸前で開かれた。「息を吐くように嘘を吐く」安部首相の特徴! 嘘がばれても責任をとらず的外れの回答で逃げる。安倍首相退陣コールが響く中、緊急にもかかわらず600人が結集した。菱山南帆子さんの「安倍退陣コール」から始まった。杉尾秀哉(立憲)、柚木道義(無所属)、田村智子(共産)議員が駆けつけ、「桜を見る会」での安倍首相の回答にならい嘘を繰り返すことを批判した。柚木議員は安倍首相のお膝元の山口県まで出向き、帰路の東京駅から駆けつけた。現地調査で「旅行会社は5000円の宴会にはノータッチ」が明らかになった。ただちに安倍首相の退陣を求めて参加者全員でコールした。(宮川敏一) 報告動画(8分)

高知知事選 国民・玉木代表や各党女性議員が応援に

2019年11月17日(日)

高知知事選

希望の政治 松本候補と

国民・玉木代表や各党女性議員

写真

(写真)松本けんじ知事候補(右)の応援演説をする国民民主党の玉木雄一郎代表=16日、高知県土佐市

 市民と野党の共闘の松本けんじ候補(無所属)が、自民・公明推薦の官僚候補を猛追している高知県知事選(24日投票)で16日、国民民主党の玉木雄一郎代表や野党各党の女性国会議員らが応援に駆け付け、松本氏とともに県民に支援を呼びかけました。

 玉木氏は土佐市での応援演説で、「地域で暮らす人に安心と幸せと希望を与える政治をぜひ松本さんと一緒につくっていきたい」と表明。農産物の関税で譲りに譲った日米交渉を批判し、「第1次産業を本当に大切にする政治に変えよう」「松本さんが勝てば高知から日本の政治が必ず変わっていく」と訴えました。

 松本候補は▽高知の隅々で1次産業で暮らしていける環境づくり▽地元に根差した再生可能エネルギー▽高知県最大の雇用の場である医療・介護・保育での雇用改善などを熱弁。国に対しても政治を変える展望をもって県民の立場でものを言うと表明し、「この選挙での勝利こそ国の政治を変えていく巨大な一歩になる」と話しました。

写真

(写真)野党女性議員らとともに訴える松本けんじ知事候補(中央)=16日、高知市

 続いて高知市の街頭で野党各党の女性国会議員らと共同で演説。立憲民主党の池田真紀衆院議員が「国でつくられた枠を押し付ける候補ではなく、県民の生活を知る首長を」、国民民主党の森ゆうこ参院議員が「草の根の力で高知に若きリーダーを」、社民党の福島瑞穂副党首が「安倍政権のイエスマンに高知は守れない」、新社会党の岡崎宏美委員長も「国にも大きな声をあげていく力を高知でつくろう」と松本候補への支援を呼びかけました。

 日本共産党の吉良よし子参院議員は「県民の声をないがしろにするような“行政経験”は要らない。県民の命を守れと言える知事が必要です」と訴えました。

 松本候補の「あなたと野党の共同の力で『だれ一人取り残さない県政』をつくろう」との呼びかけに聴衆は盛んな拍手で応えました。

12・8関電包囲行動まで行動紹介

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

 

1118日(月)~30日(土) 121さようなら原発1000人集会へ宣伝カー回し 

1118日(月) 世直し研 18時半 福島区民センター(阪神・地下鉄「野田」西南7分)講演:森松明希子

11月19日(火)  神戸の大逆事件研究会 18時半 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

1120日(水) 老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ 10時 JR神戸駅北→JR住吉北 13時半頃か)~グッズ取りに

1120日(水) 阪神社会運動センター定例会 18時半 阪神センター(阪急「塚口」南8分)

1120日(水)  連帯兵庫みなせん世話人会 18時 稲葉公園センター(JR「須磨海浜公園」北東5分)

1121日(木) 原発賠償関西訴訟 14時 大阪地裁(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南12分)

1122日(金)  憲法懇談会 18時半 神戸婦人会館・すみれ(「高速神戸」北3分)

1123日(土・休) 原発・核燃にどめを!関西集会 1340分 守口文化センター・エナジーホール(京阪「守口市」北東3分)

1123日(土) 市民政策研究会・いたみ 15時 高橋あこ事務所(伊丹市美鈴交差点南西すぐ)

1123日(土)  老朽原発うごかすな!リレーデモ出発式 高浜現地展望所 128日(日) メインコース:高浜原発→若狭町→高島市→大津市→京都市→関電本店

1124日(日)  高知県知事選投開票日

1124日(日) 第三師団申し入れ行動 10時半 第三師団西門前(阪急「伊丹」北西20分)

1124日(日) おおつる求伊丹市議 議会報告会&意見交換会 10時 稲野センター(阪急「稲野」南西5分)  15時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分)

1124日(日) 放射能について考える 14時  園田東生涯学習プラザ(旧園田地区会館 阪急「園田」西北8分) 講演:小橋かおる

11月24日(日) 次の日本にむけた政治・経済を構想する 共和主義宣言×反緊縮宣言 14時 こうべまちづくり会館(阪急「花隈」南3分) 講演:首藤信彦(元衆議院議員) 松尾匡(立命館大教授)

1125日(月)  神戸市議会で沖縄意見書採択めざす連絡会第2回実行委 18時半 神戸市勤労館(JR「三ノ宮」東南4分)

◇伊丹市病院統廃合説明会

 11月23日(土・休) 10時 きららホール(伊丹市北野4町目)

 1125日(月)   18時 ラスタホール(阪急「稲野」北西8分)

 1130日(土)   14時 中央公民館(阪急「伊丹」北西15分)

 

1127日(水) 老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ 10時 JR住吉駅北

1127日(水)  兵庫憲法集会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:水島朝穂早稲田大教授

11月27日(水)  市民のつどい学習会 14時 神戸市勤労会館4階407号室にて。報告者=井上力さん(予定)、テーマ「敬老優待パス改悪を巡って」

11月29日(金)  グローバル気候マーチ 16時半 中之島水上ステージ 他 

1129日(金) 菱山南帆子と創る会 18時半 小田北生涯学習プラザ

1130日(土) 高橋あこ市政報告会 10時 高橋あこ事務所(伊丹市美鈴交差点南西すぐ)◆

Img009_201911060343011130日(土) 連続市民講座④ 幼児虐待を考える 14時 アステ川西ルーム4(阪急「川西
能勢口」南1分) 講師:毎立敏郎(尼崎総合医療センター小児科部長)

1130日(土) 大内裕和講演会 14時 西宮勤労会館(JR「西ノ宮」南西5分)

11月30日(土)  2019年小学校教科書採択 道徳と社会科の実態 全国集会 13時半 大阪中央会館ホール(地下鉄「心斎橋」東15分)

 

121日(日) 第23回伊丹マダン 10時 伊丹小学校(阪急「伊丹」北3分)

121日(日) さようなら原発 1000人集会 14時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分、JR
「伊丹」北西8分) 講演:樋口英明(元福井地裁裁判長)、武藤類子(福島刑事裁判原告)

124日(水) 老朽原発うごかすな!リレーデモ 10時 JR西ノ宮駅 →阪神尼崎  

124日(水) 阪神社会運動センター定例会 18時半 阪神センター(阪急「塚口」南8分)

12月4日(水)  軍隊を捨てたコスタリカの暮らしと教育 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」南東4分)

12月5日(木)  関生弾圧公判 9時半 傍聴券抽選 10時 公判 大阪地裁

127日(土)  市民デモHYOGO例会 10時 新長田総合庁舎(JR「新長田」南8分)

127日(土) 樋口英明さん講演会 13時半 高槻現代劇場(阪急「高槻市」西南7分)

128日(日) 老朽原発うごかすな!リレーデモ 10時 阪神尼崎駅前 →関電本店前

128日(日) 関電本店包囲全国集会 14時 リレーデモ東西から到着

12月8日(日)  ここまで来ているメディアの危機 14時 新長田勤労市民センター(JR「新長
田」南西3分) 講演:南彰新聞労連委員長

 

2019年11月17日 (日)

11・20安倍退陣説 桂太郎の在職日を超え「日本一の長期政権」=これで花道に


安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

公開日: 更新日:

 

 

 



 




今回は逃げられない(C)日刊ゲンダイ
今回は逃げられない(C)日刊ゲンダイ
拡大する

「桜を見る会」の疑惑発覚から1週間。“安倍1強”だった政界の空気は一変している。安倍首相が直接関与した疑惑だけに、野党は「クビを取る絶好のチャンス」と押せ押せムードだ。安倍首相も危機感を強めているのだろう。珍しく記者のぶら下がりに21分間も応じている。とうとう政界では「11・20 安倍退陣説」まで取り沙汰される状況だ。

「桜を見る会」の疑惑は底ナシだ。次々に新たな材料が見つかっている。疑惑の焦点は「安倍晋三後援会 桜を見る会前夜祭」の会費だ。

 前夜祭の会費は5000円だった。しかし、会場となったホテルのホームページには<パーティープラン><立食プラン1人1万1000円~>と記載されている。もし、安倍首相サイドが差額の6000円を負担していれば、選挙区内の有権者に対する寄付行為を禁じた公選法に触れる可能性が高い。

さらに「桜を見る会」の飲食物提供業務を、安倍夫妻の“お友達”が受注していたという疑いも上がっている。

「野党は千載一遇のチャンスと見て、安倍首相をトコトン攻めるつもりです。この臨時国会は12月上旬まで会期がある。まだまだ時間はあります。15日も追及チームが安倍事務所を訪ね、公開質問状を届けています。モリカケ疑惑と違って、桜を見る会の疑惑は明確な証拠がいくつもあるだけに、安倍首相は国会で立ち往生してもおかしくありません」(政界関係者)

 安倍首相が追い込まれているのは間違いない。大慌てで来年の「桜を見る会」を中止したのもヤバイと焦ったからだろう。そこで取り沙汰されているのが「11・20退陣説」だ。

■残せるレガシーは在任記録更新だけ

 安倍首相は来週20日に、桂太郎の首相在任記録を抜き、通算在職日数が憲政史上最長を記録する。その晴れの日に退任を表明するのではないか、という説が流れているのだ。

「12年前、ボロボロになって総理の職を放り出した安倍さんは、二度と傷を負って辞めたくないはずです。その点、在任最長記録を契機に退陣すれば、皆から称えられて辞めることができる。それに退陣表明をするとき、『アベノミクスの成功によって10年続いたデフレを克服できた』『令和の新しい時代を迎えられた』『一連の皇室行事も無事に終えた』と実績を誇ることもできます。疑惑を追及されてボロボロになるくらいなら、その前に辞めようと考えても不思議ではありません」(自民党関係者)

 さらに、これ以上、総理を続けてもいいことは何もない、ということもある。政治評論家の有馬晴海氏が言う。

「7年も総理を続けていますが、安倍首相には歴史に残るような実績がないのが実情です。しかもこの先、総理を続けても実績を残せそうにない。改憲、北方領土返還、拉致問題……と最重要課題に掲げた課題はひとつも解決しそうにありませんからね。景気が悪化する可能性だってある。もはや安倍首相が残せるレガシーは桂太郎の在任記録を更新することだけでしょう。いま安倍首相は、11・20を無事に迎えることだけを考えているはずです」

 野党は絶対に疑惑追及の手を緩めてはダメだ。

関西生コン弾圧に反撃 1200人が西梅田公園に

 11173 秋晴れのさ中、「声を上げよう!弾圧許すな!11・16全国集会」は大阪・西梅田公園に全国から1200人が集まり、既に1年を超える関生支部という1労組に対しては空前の大弾圧に反撃する大集会となった。
 集会は「月桃の花」歌舞団のオープニング行事のあと、木村真さんと荒木淳子さんの司会で11172 始まった。主催者挨拶はフォーラム平和・人権・環境共同代表の藤本泰成さんの「関生弾圧を全国の力ではね返そう」という力強い挨拶で始まった。つづいて7人の呼びかけ人が紹介された。熊沢誠甲南大名誉教授は9日に来尼のあと続けて三重・四日市から来阪。竹信三恵子さんや山城博治さんの姿も。
 続いて3人の挨拶は関生弾圧にたいする全日建連帯労組中央の発言、あいちトリエンナーレをめぐっての表現の自由守れと「愛知の会」から、そして沖縄平和運動センターの山城博治さんは、関生にかけられた弾圧と沖縄にかけられた攻撃は一体だと激しく檄を飛ばした。
 途中、川口真由美さんの力強い歌を挟んで、弁護団や自治体議員が発言。特に自治体議員は100人以上が声明を出し、この日も15人の議員・元議員が参加。おおつる求伊丹市会議員がアピール のあと、11162宝塚の梶川・大島市議、北上兵庫県議、川西の谷市議、高橋神戸市議、木村豊中市議、中西箕面市議、けしば・新城東京杉並区議 ら全員がひとことアピール。
 最後は集会決議を上げ、大阪市内を国道2号線、アメリカ領事館、大阪市役所をへて、大阪地方裁判所までデモ行進。「仲間を返せ」のコールを浴びせた。(最下段写真は、高橋秀典神戸市議を先頭に、第一梯団第2グループの兵庫のデモ隊、この日兵庫からも、尼崎地区労や市民江もHYOGOなど80人余りが参加した)
11164

高知県知事選デッドヒート 野党共闘候補過疎地を回る

 高知県知事選がラストサンデーに入った。その前の13日、14日、野党共闘=松本けんじ候補は、全国最貧県のさらに貧困地帯・人口減少地帯=県西南端の宿毛・三原・大月・土佐清水に入った。その模様を『赤旗』が詳しく伝えている。
 高知県西南地域は幡多(はた)と呼ばれ、県都・高知市からは車で3時間かかり、高校生がスポーツで県大会に行くには1泊しなくてはならない。人口は減少の一方で、昭和の合併時に人口3万を超えて市になった土佐清水市は現在人口1万2千人という。私の故郷・大月町は1人当たり年収平均は100万円をはるかに切る。その中でも海岸線地帯はさらに厳しい地域だ。10年前に高知市で開かれた高校同窓会で「幡多は高知じゃないきに」(言葉も高知市とはかなり違う)と言われ、改めて高知県のなかでも幡多郡はへき地であることを思い知らされた。
 その大月町の小さな集落・集落を松本候補は回り、『赤旗』記者も同行している。10年ほど前、友人をわが故郷に連れて行ったとき、「満天の星がきれい」(そう同じ姓の隣家まで20m、その隣はさらに20m、そのまた隣は100m、夜道は真っ暗だ)と言ってくれたことと、「もう二度と来ることはないだろう」が、今でも記憶に残っている。
 かつて橋本大二郎が知事選に出た時、兄の橋本龍太郎は幡多郡の中心地・中村までは来たが、そこから奥には入らなかった。客寄せパンダ・小泉進次郎は全国どこにも行くが、2017年衆議院選で宿毛までは来たが大月には来なかった。高知県には大月・土佐清水と並ぶへき地が、村議会すら廃止しようという大川村(この地方は四国山脈のど真ん中で、嶺北と言われる)をはじめ、龍馬脱藩の地=梼原(ゆすはら)など、限界集落が多数で、「ポツンと一軒家」が数限りなくある。その一つ一つの生業(なりわい)を大切にし、そのままで「ここで一緒に生きよう」「誰も取り残さない」というのが、野党共闘候補の主張だ。
 前知事は、県下一の進学校から東大法学部に行き大蔵省に勤め、地域社会の輿望を担って「県民党」を名乗り40歳を前に県知事になった。それから12年。それでも全国最貧県の現実はまったく変わらなかった。
 格差・貧困、もはや経済成長がありえない時代にあって、高知の人々は、中央官庁と結びついて成長の道を求めるのか、困難でも地域の助け合いの中に未来を拓くのか、ひとつの歴史的選択が下す秋がきている。しっかりとこの現実・選択を追いたい(管理人ブロガー・M)

高知知事選 同行ルポ 『赤旗』11・16日付

“ここで一緒に生きよう”

野党統一・松本候補 県西南端走る

幅広い応援弁士が伴走

 24日投票の高知県知事選で、野党統一の松本けんじ候補(35)は13、14の両日、県西南端を駆けました。主に海沿いの小さな集落を相次いで訪れ、「ここでいっしょに生きよう。だれ一人取り残さない県政へ」と語りかける松本候補に同行しました。(伊藤幸)


写真

(写真)住民に政策を訴える松本候補=14日、高知県大月町

 「市民と野党の共同候補」の看板を掲げる候補者カー。幅広い応援弁士が乗り込み、伴走し、応援演説しています。

先々で駆けつけ

 13日は三原村、宿毛(すくも)市を遊説し、松本候補と“一心同体”で駆ける選対本部長の広田一衆院議員が同乗。「国の言いなりでなく、高知のことは高知で決める。みなさんの思いを松本けんじに託してください」と訴える広田氏の声が山に、街に響きます。演説場所に到着すると、2人で住民のもとに駆け寄りました。

 宿毛市役所のそばでは、国民民主党県連顧問の平野貞夫元参院議員が「私は保守本流だが、革新の本流は幡多(はた)郡から始まった。野党統一の松本さんで、だれ一人取り残さない県政をつくり国政へと広げて」と力説。夜の演説会でも弁士を務めたほか、社民党の松浦英夫、日本共産党の今城隆両市議も訴えました。

写真

 翌14日午前7時半、同市のホテル前には松本候補を見送るため、十数人が集まりました。その一人、広田一後援会宿毛支部の山本博司会長(82)は、「反権力の姿勢で、信念を持ち、住民に密着した明確な政策を持つ候補者。若い新進の知事になってほしい」と期待を寄せました。

 この日は終日、地元選出の県議会会派「県民の会」の橋本敏男県議が同乗。大月町、土佐清水市を走り、土佐清水市では社民党の弘田条、共産党の前田晃両市議も同行しました。

 四国最南端の足摺(あしずり)岬まで駆け、沿道や車の中から多くの激励が寄せられました。水産会社の前では仕事帰りの女性の一団から声援。ふとんをとりこみながらベランダから手を振る女性、差し入れを手渡す農作業中の麦わら帽子の女性、漁網の手入れ中に手を振る男性たち、沿道からの各地で「がんばれよー!」と両手をあげて激励する人の姿が見られました。

100メートル進むたびに

写真

(写真)住民に駆け寄り握手する松本候補=14日、高知県大月町

 100メートル進むたびに声援がかかる地域もあり、松本候補はそのたびに車を降りて全力で住民に駆け寄りました。橋本県議も一緒に走り、「頼んます!」とあいさつ。車が前に進めないほどの激励に、松本候補は「力が出るなぁ」と話しました。

 同市のJA前では県民の会の石井孝県議も応援演説。夜の演説会には立憲民主党幹事長代理の大串博志衆院議員が駆け付け、「子どもを思い、私たちの農業、漁業を思う。そういう人を安倍政権にもの言える候補として押し上げよう」と呼びかけ、満席の会場からは熱い拍手が何度も起こりました。

住民の思い切々

 西南端の漁村や農村などを駆け、「住みたい場所で生き続けられる高知にしたい」「1次産業で安心して生きていける環境をつくりたい」と熱く語る松本候補。地域の住民からは切実な思いと期待が寄せられました。

 14日、大月町の龍ケ迫(たつがさこ)では、半農半漁の30世帯ほどの集落で暮らす住民たちが、強い風に波音が響くなか松本候補の到着を待っていました。男性(80)は「近所に一人で外出できないおばあちゃんがいる。取り残されているんです。県政を庶民のためのものにしてほしい」。松本候補の手を固く握りました。

写真

(写真)車から降りて住民のもとに向かう松本候補と「県民の会」の橋本県議=14日、高知県土佐清水市

 橘浦(たちばなうら)漁港の前では、漁業をしていたという女性(64)が「今は養殖も大手企業だけで、地区で働ける場所がないき(ないから)、息子も帰ってこん。けんじ君は県民に寄り添って行動したいと言っている。ここで働けるようにしてほしい」。柏島では住民が「ここまで来てくれたことがうれしい」「信頼できる候補」と期待を寄せました。

 土佐清水市の商店前で演説を聞いた女性(43)は「消費税も増税され、格差も広がっている。今の自民党のやり方はおかしい。松本さんはトップダウンじゃなく、小さな声も聞いてくれそう。野党共闘も面白い」と話しました。

 「県民のみなさんの知恵や力こそが、高知県をより良くしていく一番の原動力です」と呼びかける松本候補。残る期間、高知の隅々まで駆け抜けます。

 

2019年11月16日 (土)

2018年」自民党総裁選での支持固めに使われた「桜を見る会」


安倍首相また疑惑 18年「桜を見る会」で総裁3選“支持固め”

公開日: 更新日:

 

 

 



 




18年の「花見会」でも支持者と大ハシャギ(C)日刊ゲンダイ
18年の「花見会」でも支持者と大ハシャギ(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 安倍首相の独断で突然、中止が決まった来春の「桜を見る会」。狙いは、公金を利用した支援者“買収”疑惑にフタをするために違いないが、逆に疑いは濃くなっている。一体、誰を“買収”したのか謎は深まるばかりだが、内閣府は「招待者名簿は廃棄した」と強弁。実は、安倍首相が税金で賄う桜を見る会を昨秋の自民党総裁選の勝利に向けた“支持固め”のため、私物化していた疑いまで浮上した。

  ◇  ◇  ◇

 14日の野党追及チームの会合で、招待者名簿の保存期間を「1年未満」にした時期を問われ、内閣府の担当者は「2018年の4月1日」と明言した。

 各省庁がまとめた桜を見る会参加の「推薦者名簿」について、総務省と文科省の保存期間は「10年」。さらに、天皇・皇后主催の園遊会の招待者名簿については「30年」と定めている。内閣府がとりまとめた招待者名簿だけ「1年未満」なんて、かなり不自然である。

「県連幹事長ら幹部に加えて、今年は一般の県議まで首相から招待状が届いた」「これは党総裁選を意識した地方の『党員票』対策の一環なんだな」

 同年4月21日付の朝日新聞は、20日に米国から政府専用機で帰国した安倍首相が、慌てて党地方議員が集まる研修会に直行した様子を描写。翌日の桜を見る会に招待された東海地方の県議による「明らかな総裁選対策。よほど安倍さんは厳しい情勢なのか」とのコメントを掲載した。

 “支持固め”のための桜を見る会の名簿を内閣府が「即廃棄」できるようにした背景には、安倍首相への忖度のニオイがプンプンする。

「昨年4月といえば、直前に公文書改ざん問題で佐川宣寿元国税庁長官の証人喚問があり、マスコミや野党の追及が激しかった時期です。桜を見る会の私物化という新たな追及材料を与えないようにするため、名簿の保存期間を『1年未満』にしたと疑われても仕方ありません。首相の地元・山口を取材したところ、『反アベ』の政界関係者には招待状が届かなかったことが分かりました。総裁選で支持してくれそうな関係者を見極め、招待状を送ったのでしょう」(ジャーナリスト・横田一氏)

総裁選では地方議員や党員の支持がイマイチともっぱらだった安倍首相。総裁3選のために内閣の公式・公的行事を我が物にしたのなら、自分第一主義の「私利私欲」とのそしりは免れない。

【写真特集】安倍首相、走る走る…桜を見る会
【写真特集】
2018年新宿御苑で「桜を見る会」が開催

2019年11月15日 (金)

皇居そばで「大嘗祭反対」の声上げる~人間が神になる儀式はいらない

皇居そばで「大嘗祭反対」の声上げる~人間が神になる儀式はいらない
11月14日夜、東京駅丸の内広場で「大嘗祭反対!@トーキョーステーション」が開催された。150人以上の市民が集まったが、その3倍以上の警察官が取り囲む異常な状態だった。そこから約900メートル先の皇居では、天皇が「皇祖神アマテラス」と共食するという最重要の宗教儀式「大嘗祭」が夜を徹して行なわれていた。一晩の儀式のために27億円もの税金をつかうという。約1時間の集会で、老若男女がマイクを握り天皇制のおかしさを訴えた。冒頭の主催者発言が印象的だった。「いま日本には天皇制に反対する人がいないことになっている。NHKの女系天皇に関する世論調査では、以前あった“天皇制を廃止すべき”という設問がなくなった。天皇制反対はあってはならないものにされた。しかし反対する私たちはここにいるんだ!」と声を張り上げた。ある女性は「以前は天皇制賛成だったが、学校教員への君が代処分を知っておかしいと思うようになった。集会をするだけで機動隊に囲まれることもおかしい。歴史を知ればだれでも天皇制が間違っていることはわかる」と。(M) 続き動画(10分48秒)ムキンポ氏の写真朝日デジタル

明日は関生弾圧反対デモ、そして12・1までの行動日程

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

 

Img011_201910141217011116日(土) 遡り日本近現代史講座 女性差別の最大の元凶こそ天皇家だ! 11時 売布ぷらざこむ(阪急「売布神社」東南5分、阪急「中山寺」南西7分)      

1116日(土) 関生弾圧粉砕全国集会 14時 西梅田公園(JR「大阪」西南8分、JR「福島」東南7分)

1117(日)  憲法&平和deまちづくり 14時 芦屋市民化センター(JR「芦屋」西5分)お話し:山中健前芦屋市長ほか  無料

11月17日(日)  熟年者ユニオン結成20周年集会 14時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:藤田孝典(「下流老人」などの著者)

11月17日(日)  改憲反対市民フォーラム街頭宣伝 12時 JR大阪駅前◎

1117日(日) 伊丹市議・高橋あこ市政報告会 10時~  15時~ 高橋あこ事務所(伊丹市美鈴交差点南西すぐ)

1117日(日) さようなら原発1000人集会第5回実行委員会 18時半 いたみホール(阪急「伊丹」北3分)

1117日(日) 阪神マルクス主義原典を読む会 14時 宝塚・大林寺(阪急「清荒神」北15分)

11月17日(日)  尼崎自然と文化の森協会 ミニ収穫祭 10時 田能3丁目里芋畑内

11月17日(日)  「つなぐ」神戸市議会議員団 第2回市政報告会 14時 垂水勤労センター・多目的ホール(JR/山陽「垂水」東3分)

1118日(月)~30日(土) 121集会へ宣伝カー回し 

1118日(月) 世直し研 18時半 福島区民センター(阪神・地下鉄「野田」西南7分)講演:森松明希子

11月19日(火)  神戸の大逆事件研究会 18時半 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

1120日(水) 老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ 10時 JR神戸駅北→JR住吉北 13時半頃か)~グッズ取りに

1120日(水) 阪神社会運動センター定例会 18時半 阪神センター(阪急「塚口」南8分)

1120日(水)  連帯兵庫みなせん世話人会 18時 稲葉公園センター(JR「須磨海浜公園」北東5分)

1121日(木) 原発賠償関西訴訟 14時 大阪地裁(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南12分)

1122日(金)  憲法懇談会 18時半 神戸婦人会館・すみれ(「高速神戸」北3分)

1123日(土・休) 原発・核燃にどめを!関西集会 1340分 守口文化センター・エナジーホール(京阪「守口市」北東3分)

1123日(土) 市民政策研究会・いたみ 15時 高橋あこ事務所(伊丹市美鈴交差点南西すぐ)

1123日(土)  老朽原発うごかすな!リレーデモ出発式 高浜現地展望所 128日(日) メインコース:高浜原発→若狭町→高島市→大津市→京都市→関電本店

1124日(日)  高知県知事選投開票日

1124日(日) 第三師団申し入れ行動 10時半 第三師団西門前(阪急「伊丹」北西20分)

1124日(日) おおつる求伊丹市議 議会報告会&意見交換会 10時 稲野センター(阪急「稲野」南西5分)  15時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分)

1124日(日) 放射能について考える 14時  園田東生涯学習プラザ(旧園田地区会館 阪急「園田」西北8分) 講演:小橋かおる

11月24日(日) 次の日本にむけた政治・経済を構想する 共和主義宣言×反緊縮宣言 14時 こうべまちづくり会館(阪急「花隈」南3分) 講演:首藤信彦(元衆議院議員) 松尾匡(立命館大教授)

1125日(月)  神戸市議会で沖縄意見書採択めざす連絡会第2回実行委 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

◇伊丹市病院統廃合説明会

 11月23日(土・休) 10時 きららホール(伊丹市北野4町目)

 1125日(月)   18時 ラスタホール(阪急「稲野」北西8分)

 1130日(土)   14時 中央公民館(阪急「伊丹」北西15分)

 

1127日(水) 老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ 10時 JR住吉駅北

1127日(水)  兵庫憲法集会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:水島朝穂早稲田大教授

1127日(水) 1116反弾圧全国集会総括会議 18時半 エルおおさか 

11月27日(水)  市民のつどい学習会 14時 神戸市勤労会館4階407号室にて。報告者=井上力さん、テーマ「敬老優待パス改悪を巡って」

11月29日(金)  グローバル気候マーチ 16時半 中之島水上ステージ 他 

Img009_201911060343011130日(土) 高橋あこ市政報告会 10時 高橋あこ事務所(伊丹市美鈴交差点南西すぐ)

1130日(土) 連続市民講座④ 幼児虐待を考える 14時 アステ川西ルーム4(阪急「川西能勢口」南1分) 講師:毎立敏郎(尼崎総合医療センター小児科部長)

1130日(土) 大内裕和講演会 14時 西宮勤労会館(JR「西ノ宮」南西5分)

11月30日(土)  2019年小学校教科書採択 道徳と社会科の実態 全国集会 13時半 大阪中央会館ホール(地下鉄「心斎橋」東15分)

 

121日(日) 第23回伊丹マダン 10時 伊丹小学校(阪急「伊丹」北3分)

121日(日) さようなら原発 1000人集会 14時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分、JR
「伊丹」北西8分) 講演:樋口英明(元福井地裁裁判長)、武藤類子(福島刑事裁判原告)

生コン支部今度は和歌山県警が執拗な弾圧

 ほとんどストーカーと言って良い弾圧がまたやってきた。1年以上の投獄の末保釈されていた西山さんを今度は和歌山県警が昨日逮捕した。拘留中のY副委員長も再々再々再々再々逮捕された。これは誤植ではない。一人の人間をそんな回数、逮捕を重ねているのだから呆れる。
 戦前に特高警察と言うのがあって苛烈な弾圧を繰り返したが多分それをも上回る異常で悪質な違法捜査だ。もちろんデッチアゲである事が十分予想できる。犯罪事実を裁くと言うより、組織潰しを狙う弾圧だからだ。しかし、それで「すみませんでした、もう活動しませんから許してください。」などと言うはずがない。阿呆としか言えない。
 無実の人、戦争に反対しただけの人を多数、拷問で殺した特高警察は、残念ながら1945年8月15日以降誰一人裁かれず、職も失わずのうのうと天寿を全うした。実に許しがたい。現代の特高たちはどうなるだろうか。必ず歴史の裁きを受ける(と信じたい)。明日は反弾圧全国集会とパレード。妨害弾圧はねのけ、多数の参加で成功させよう。11月16日土曜日午後2時・西梅田公園。

2019年11月14日 (木)

老朽原発を廃炉へ!神戸・長田の鉄人28号も声を上げ、12・8関電本店前を目指す


「鉄人28号よ!正義の闘いを開始せよ!」金田正太郎少年は、老朽原発を直ちに廃炉にせよの闘いを鉄人28号に命じた....11月11日JR須磨駅に集まった50名近い、老若(?)男女達は姫路から開始された老朽原発を廃炉に!のリレーデモを引き継ぎ、4時間半かけてやり抜いた。途中須磨公園駅ちかくで、通行人男女が、高速神戸駅ちかくで、台湾の若者とモンゴルの若者が合流、鉄人近くで、ナースシューズ製造のワーカーズコープの女性労働者ら5名が沿道で拍手でデモを迎えてくれた。多くの沿道の市民が手を振ってくれ、「原発デモですね。頑張ってください。」の声援。また、番町で老夫婦が、デモに合流した。神戸駅で記念撮影をして、来週の神戸駅から住吉駅への仲間にバトンタッチ。終了後の生ビールは最高でした。セイコウさん、竹田さん、デモ実行委、参加されたみなさん。大変ご苦労さまでした。12月8日関電包囲大集会を大成功させましょう。




画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル、立ってる、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人、立ってる、屋外

民怒り、桜散る中、安倍も去る~間もなく退陣表明か


“悪党”がゾロゾロ…桜を見る会の怪しい招待客選定プロセス

公開日: 更新日:



 

 




全然「適正」じゃない招待客選定プロセスの「安倍首相主催の桜を見る会」/(C)日刊ゲンダイ
全然「適正」じゃない招待客選定プロセスの「安倍首相主催の桜を見る会」/(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 安倍首相の後援会関係者850人を招き、タダで飲み食いをさせていたことが判明し、大問題となっている「桜を見る会」。税金を使った公式行事に有権者を招き、接待していたのだから、ほとんど“買収”みたいなものだ。なのに、安倍政権は招待客選定について「適正だった」と強弁しているのだから、度しがたい。「桜を見る会」には、「適正」どころか、怪しい人物が大挙していた。

 12日の衆院地方創生特別委員会。内閣府官房長は招待客の選定基準について、内閣府と内閣官房が各省庁の意見を踏まえて決定しているとし、「選定プロセスは適正だ」と言い張った。招待客の基準は、〈各界において功績・功労のあった方々〉と規定されているが、今年、招かれた安倍首相の後援会関係者850人全員に、いったいどんな「功績・功労」があるのか、説明はされないままだ。

 そもそも「桜を見る会」には、「功績ある人」どころか、“悪党”がゾロゾロと呼ばれているのが実態だ。「適正」とは思えない招待客について別表にまとめた。

■「ジャパンライフ」元会長の元に招待状

 日刊ゲンダイは昨年末、磁気治療器の預託商法を展開し、2017年末に倒産した「ジャパンライフ」の山口隆祥元会長が桜を見る会に招待されていたことを報じた。同社の宣伝チラシには、〈安倍晋三内閣総理大臣から山口会長に「桜を見る会」のご招待状が届きました〉と記されており、招待状には〈平成二十七年三月〉と印字してある。

 ジャパンライフを巡っては、多額の預託金が返還されず多くの被害者を出し、社会問題化。警視庁などが特定商取引法違反で捜査中だ。80年代には、同社による「マルチ商法」被害が拡大し、国会で「ジャパンライフ問題」の集中審議が行われたほど。山口氏は“札付き”というわけだ。

招待客の基準など、あってないようなもの

 さらに、独自開発の仮想通貨を商材に連鎖販売取引を展開し、17年10月に消費者庁から3カ月間の業務停止命令を受けた「48(よつば)ホールディングス(HD)」の幹部が、桜を見る会で安倍首相や菅官房長官と一緒に写る写真がネットに出回っている。また、共産党女性議員の不倫デマを拡散した「政治知新」なるニュースサイトの運営者も、日刊ゲンダイの取材に、過去、桜を見る会に招待されていたことを認めていた。

 12日開催された野党追及チームでは驚くべき指摘が飛び出した。「キャバクラ嬢と自称する女性も出席」「反社会的勢力の関係者が参加したとの情報もある」というのだ。

「桜を見る会で手渡される記念品などがネットオークションで出回っているほどですから、自民党議員の事務所から招待状を受け取った後援会関係者は、軽い気持ちで飲み屋の女性などに手渡してしまっているのではないか。招待客の基準など、あってないようなものです」(永田町関係者)

桜を見る会の18年度の開催費用は、予算の3倍の5200万円にも上る。菅義偉官房長官は13日の記者会見で、来年度の「桜を見る会」を中止すると発表したが、“有象無象”が集まる「花見会」など中止で当然だ。

【写真特集】安倍首相、走る走る…桜を見る会
【写真特集】
2018年「桜を見る会」を振り返る

高知県知事選、いよいよ中盤、デッドヒートへ

2019年11月14日(木)

野党党首ら続々高知へ

知事選 松本けんじ候補応援

写真

(写真)支持を訴える松本けんじ知事候補=10日、高知市

 市民と野党の共闘の松本けんじ候補(無所属)が、自民・公明丸抱え候補を猛追し大激戦となっている高知県知事選で、野党各党会派の代表、幹部らが続々と現地入りし、松本氏の応援に立ちます。

 16日には国民民主党の玉木雄一郎代表が現地入り。ラストサンデーとなる17日には日本共産党の志位和夫委員長、田村智子副委員長が高知入りし各地で応援を行います。

 18日には社会保障を立て直す国民会議の野田佳彦代表、19日には無所属の会の岡田克也代表、20日には国民民主党の小沢一郎衆院議員が、21日には立憲民主党の枝野幸男代表が応援に入ります。

 自公連合を打ち破るオール野党の総力体制が強まっています。

いよいよ16日は、声を上げよう!弾圧ゆるすな!全国集会

声をあげよう!弾圧ゆるすな!
11・16全国集会
―あたり前の市民運動・労働運動を守ろう!―
_0001_20191107191601
【日時】11月16日(土)14時~ 16時~デモ(雨天決行)
【場所】大阪市・西梅田公園
JR大阪駅・地下鉄梅田駅から国道2号線神戸方面西へ徒歩8分。
※最寄駅 JR福島駅、阪神福島駅、地下鉄西梅田駅など。

・全日建関生支部つぶしを許さない!憲法28条、労働3権守れ!
・沖縄の民意をつぶすな。新基地許すな!
・民主主義をこわすな!表現の自由守れ!
◆プログラム◆
・沖縄からの訴え
・関生支部からの報告
・連帯のあいさつ
・ミニコンサート 川口真由美さん
※シンガーソングライター。戦争反対・護憲・反原発・沖縄基地建設反対などの運動に参加しながら「歌」や「踊り」で連帯を続けている。
<全国集会呼びかけ人(敬称略)>
・藤本 泰成(フォーラム平和・人権・環境共働代表)
・山城 博治(沖縄平和運動センター議長)
・森 博行(大阪労働者弁護団代表幹事)
・竹信 三恵子(ジャーナリスト)
・熊沢 誠(甲南大学名誉教授)
・服部良一(元衆議院議員)
・柿山 郎(元全日本海員組合全国委員)
・大野 和興(農業ジャーナリスト)

プラカードで排除!ストライキだけでタイホ!
◆いま、全日建関生支部の正当な組合活動への不当弾圧が行われています。一年の間に、のべ87人が逮捕されました。憲法や労働組合法も無視して、正当な労働組合活動を刑事犯罪に仕立て上げるなど異常事態です。これを許せば、労働者の権利を守る一切の活動ができなくなってしまいます。
◆労働組合だけの問題ではありません。
沖縄の辺野古新基地建設は民意を踏みにじり、暴力と弾圧のもとで工事が強行されています。安倍首相の演説に抗議した市民が拘束され、愛知や神戸でも「表現の自由」が侵されています。
◆ニッポンのあちこちで民主主義が壊されています。
あたり前の市民運動・労働運動を守るため、集会にご参加ください。
みんなの<声と姿>をしめしましょう!

11・16全国集会実行委員会
(連絡先)全港湾関西地方大阪支部 電話:06-6575-3131
    平和と民主主義をめざす全国交歓会(ZENKO)
    電話:090-8536-3170

2019年11月13日 (水)

須磨水族園が売却の危機

須磨海浜水族園が、10年間立派に黒字経営で年間10万人も集客しているのに、完全民営化のリニューアルで、小中学生の現在の入園料500円がなんと1800円になるという何という商業主義経営になるというのです。子どもたちが親子いっしょになって、「僕たちから須磨水族館を奪わないで!」とパレードを行いました。高橋ひでのり議員が先頭に立ちました。

画像に含まれている可能性があるもの:6人、立ってる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人以上、立ってる(複数の人)、屋外
画像に含まれている可能性があるもの:1人、スマイル

須磨海浜水族館がピンチ!小中学生の入園料500円が1800円と3倍以上になる計画が進められています。海遊館1200円よりも高くなると。これでは、神戸の子どもが水族館に行けなくなります。署名活動も進められています。明日10日日曜11時神戸市役所1号館から、須磨水族館再整備の見直しを求めるパレードが出発します。

写真の説明はありません。

高知県知事選、坂本県議も故郷=中土佐・須崎の隅々にまで同行

11月12日「知事選で、自民党は違法まがいの応援支持」

 知事選挙告示日、浜田陣営の応援演説に訪れた自民党下村選対委員長は、マスコミの取材に次のように答えています。
 「一地方の知事選ではなくて、国政に直結する大切な知事選挙になってきていたと思います。次の衆議院選挙にも知事選挙の結果は影響すると考えて、高知県の問題だけれども今の国政や今後の選挙にもつながるという思いで党本部としても全力で対応していきたいと思います」「やっぱり高知の知事選挙の今後の政局に、これまでの知事選以上に大きく影響すると考えて、しっかりと勝利に向けて党本部として対応していきたいと思います」と、自民党をあげた選挙態勢をとるということは、下手をすれば、今後の高知県政が自民党安倍政権と直結した県政になるということです。
 こんなことは、許されるはずがありません。
 8月21 日までの11 年9か月間の尾﨑知事は、まがりなりにも「県民党の尾﨑」だったかもしれません。しかし、それ以降の彼は、「自民党の尾﨑」「自民党・二階派の尾﨑」に変貌しました。
 その後継と言われる相手陣営を「高知県知事を霞ヶ関の支店長、二階派の支店長にしてはならない」(黒岩衆院議員(新潟))と指摘していました。
 自民党は、危機感からか遂に、吉川貴盛・前農林水産相は8日、同党の水産部会などの合同会議で、水産庁職員に応援を求める趣旨の発言をしています。
 「水産庁の皆さん、分からないように応援してください」などとの発言は、政治的行為を禁じる国家公務員法に反する行為を促しかねない発言であり、前大臣という立場を悪用して、水産庁の職員に違法な行為を「わからないように」やれと促したものとしか受け取れません。
 こんな応援を受けながらの相手陣営のなりふり構わぬ闘いは、県民が臨んでいるものではありません。
 昨日、私は中土佐町、須崎市と一日かけて松本候補と遊説を行いましたが、支援の輪がどんどん広がっているように感じます。
 さらに、さらに、闘い抜きましょう。
 闘えば闘うほど相手陣営の背中に近づき、追い抜くことが可能になると思います。

高知県知事選、野党共闘本格化

松本候補で政治変えよう

野党、ワンチーム応援

高知知事選 4衆院議員訴え

写真

(写真)野党国会議員とともに訴える松本けんじ知事候補=10日、高知市

 24日投票の高知県知事選で、県民の立場で国にもの言う野党統一の松本けんじ候補の勝利をめざし、いずれも衆院議員で立憲民主党の手塚仁雄と黒岩宇洋、国民民主党の奥野総一郎、日本共産党の笠井亮政策委員長の4氏が10日、高知市のスーパー前でそろって応援演説しました。

 「安倍政権と対峙(たいじ)する同志、ワンチームです」。手塚氏が隣に並んだ議員らをそう紹介し、「共闘で政治を動かしてきた。共闘の深化を示す絶好の機会になる」と呼びかけると、「そうだ」との声援が飛びました。

 奥野氏は「みなさんの目線に立って、地域のことを本当に考えてくれる人をリーダーに選ぶべきだ。中央から送り込み、安倍政権の方ばかり見たって、うまくいくわけがない」と指摘。黒岩氏も「全国の知事の6割以上が官僚出身。『もの言う知事』と言われた人たちはみな、民間出身です。霞が関言いなりの官僚が全国各地に霞が関の支店長のごとく送り込まれている」と述べ、相手の官僚候補を追い上げている松本氏への支持を呼びかけました。

 笠井氏は「『自由は土佐の山間より』。文字通り、この日本をリードしてきた高知のみなさんが日本の刷新、政治を変えよう」と力説。「安倍政治に直結する県政でなく、県民の立場で国にもの言う、一緒に力を出し合う県民直結の県政こそ必要だ」と訴えました。

 松本候補は「この知事選で勝てるかどうかが、国の政治を変える展望を示す大きな一歩になる。高知から国の政治を変えよう。県民の暮らしをよくしよう」と呼びかけました。

 選対本部長の広田一、副本部長の武内則男両衆院議員も訴え。その後、全員で繁華街に移り、ビラを手渡し、握手して歩きました。

2019年11月12日 (火)

本日も国会で、税金を使っての買収・供応=桜を見る会の追及


安倍首相「桜を見る会」で“買収”疑惑 公金私物化の元凶は

公開日: 更新日:

 

 




「党員拡大」に利用したのか(2019年度の安倍首相主催の「桜を見る会」)/(C)日刊ゲンダイ
「党員拡大」に利用したのか(2019年度の安倍首相主催の「桜を見る会」)/(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 安倍政権による新たな“公金私物化”問題だ。毎年春に安倍首相が主催する「桜を見る会」が、安倍首相や自民党議員の支援者の“買収”に利用されていた疑いが浮上したのだ。公金を使った脱法行為を許してはダメだ。

 ◇  ◇  ◇

 火を噴くきっかけとなったのは8日の参院予算委だ。

 共産党の田村智子議員が、予算額が約1700万円にもかかわらず、実際の支出額が2014年度の3000万円から、18年度は3倍の5200万円に膨らんだ「桜を見る会」の招待客について質問した。 内閣府によると、招待客は〈国会議員、都道府県知事、議長をはじめ、各界において功績功労のあった方々〉と規定されているにもかかわらず、出席者は安倍首相や稲田党幹事長代行、萩生田文科相の後援会関係者が目立つ点を指摘したのだ。

「今回の一件は公金の使途目的から明確に逸脱しています。地方自治体であれば、公金の不適切使途について、市民は『住民監査請求』『住民訴訟』制度を利用し、公金の返還を求めることができる。しかし、国に対しては返還請求するための法整備がなされていません。非常に時代遅れな状況で、法改正が必要だと考えます」(政治資金に詳しい神戸学院大教授の上脇博之氏)

 90年代に500万人いた自民党員は野党転落で70万人台に減った。桜を見る会は党員を増やすための「エサ」にされたとの見方もある。いずれにしても、血税で支援者買収なんて冗談じゃない。

国費で1万7千人飲み食い接待「問題ない」と菅が強弁

 おい、菅官房長官。また口癖を出したな、「問題ない」って?! 国会で質問した田村智子議員は事実にもとづき、追及してるんやで。安倍とその取り巻き議員の支持者は新宿御苑へ乗り込む前日にニューオータニで5千円パーティー(!?)に参加してる。それが前夜祭。翌朝は貸し切り大型観光バスに乗り、桜を見る会の30分前に着いて、金属探知も受けずに定刻より30分早く入場して、待っていた安倍夫妻と記念写真。到着前のバス内で秘書がみんなに入場票を配り、紙を回収する代わりに入門章を配って、それが検査。えーーっ? ノーチェックやないの? それで入場させるなど「セキュリティチェック」も何もない。よく警視総監が許したものだ。とにかく共産党がここまで頑張って来てくれて、昨日は野党そろって追及する事になってよかった。前夜祭と桜を見る会に至る一連の流れは、「後援会行事」である事をはっきり示している。Photo_20191112004401 74897646_2561887113887525_91443677627122 今度こそ安倍よ、「詰んだ」!!!

2019年11月11日 (月)

山本太郎もやってきた!~「子どもを被ばくから守ろう」新宿デモ

山本太郎もやってきた!~「子どもを被ばくから守ろう」新宿デモ

 

 11月9日、青空の広がる新宿アルタ前で、脱被ばく実現ネットによるアピールとデモが行われた。「子どもを被ばくから守ろう!家族も自分も!」をスローガンに掲げた行動は、今回で13回目になる。

 「第一回は山本太郎が来たんだよ」「へ~え」なんて話をしていたら、なんと山本氏が登場。「皆さん、今の状況をちゃんと理解していますか? 避難区域は縮小しているというが、今までの20倍の空間線量で『帰って大丈夫だ』と言われる。2011年3月11日に原子力 緊急事態宣言が出され、今も解除されてないのにオリンピックがやってきて、勝手に終わったことにさせられようとしている」
 基本的な話だったが、3・11で自分と向き合って生き方を変えた山本太郎の言葉に、集まった人たちは奮い立った。

 元原発労働者の今野寿美雄さんは「今回の台風でたくさんのフレコンが流された。すべて回収するから大丈夫だと、環境大臣はできもしないことをいう」と怒りをぶつけた。

 福島だけが当事者なのではない。横須賀市に暮らす「神奈川子どもを守る会」の中井美和子さんは、現在中学三年生の母親だ。「横浜市では、学校や保育園の敷地に汚染土が埋められたままです。同じ保育園で二人の子どもが白血病になりました。そのお母さんたちと一緒に『汚染土を移動してほしい』と頼んでいるが、先生たちが安全だと説き伏せている状態です」「因果関係がわからないからいいんだというのは許されない」と訴えた。

 その後、一時間かけて新宿一周デモ。復興五輪なんて嘘っぱち。マラソンや競歩の開催地変更など、矛盾と混乱が表面化している。今こそ声をあげるときだ。(堀切さとみ)

公費=政府招待で安倍支持者が飲み食い放題の「桜見る会」

  74166088_2561884483887788_72270589626574  75226550_2561885630554340_77766004748572 以前から不愉快に思っていた桜を見る会だが、やはり、とんでもない巨大買収接待だった。5千7百万円以上の国費を使い、安倍(後援会員など800人)を筆頭にそのお仲間の支持者を全国から招待し、貸し切りバスで会場に送り込み、1万7千人の大宴会を行っていたのだ。共産党・田村智子議員の追及に安倍はしどろもどろ、結局は「答弁を差し控える」などと言い放った。やっていることは公選法違反の買収だが、内閣府に主催させているから逃れられると、安倍と菅は浅知恵で考えたのだろうが、とんでもない。招待客は「功労・功績のある人」なのに、「どんな功績で選ばれた人なのか」という初歩的質問に安倍は答えられず、政府役人は「資料廃棄しているから」などと言い逃れている。こんな事が許されるはずがない。徹底追及を期待したい。共産党えらい!!

ほかの野党もがんばりなさいよ。

2019年11月10日 (日)

安倍首相の「共産党か」ヤジはネトウヨの常套句! 今年だけでヤジは27回、こんな下劣な総理大臣見たことない

安倍首相の「共産党か」ヤジはネトウヨの常套句! 今年だけでヤジは27回、こんな下劣な総理大臣見たことない


安倍首相の「共産党か」ヤジはネトウヨの常套句! 今年だけでヤジは27回、こんな下劣な総理大臣見たことないの画像1
11月8日参院予算委で答弁する安倍首相(参議院インターネット審議中継より)


 つくづく懲りない男だ。昨日8日の参院予算委員会で、安倍首相がまたもや“悪質ヤジ”を飛ばしたことが波紋を広げている。立憲民主党の杉尾秀哉議員が、2016年の高市早苗総務相による「電波停止」発言について質問したときのこと。安倍首相は座ったまま杉尾議員を指差し、「共産党か!」なるヤジを飛ばしたのだ。

 杉尾氏は立憲民主党の議員なのに「共産党か!」って……コレ、所属政党を間違えたわけではなくて、ネトウヨがリベラル派や政権批判にレッテル貼りをするときに使うお決まりの文句なのだ。あらためてその品性に愕然とするが、重要なのはヤジがどのような文脈で出てきたかということ。質疑の流れを検証してみると、明らかに、突きつけられた不都合な真実に対する“逆ギレ”であることがわかる。

 そのためにも、安倍首相の「共産党か!」ヤジが飛び出すまでの杉尾議員との国会質疑を、振り返っておこう。まず杉尾議員は、公選法違反疑惑で大臣を辞任した河井克行・前法務相の妻で、先の参院選では自民党公認で初当選した河井案里議員が、今春の広島県議選の期間中、複数の自民党県議に現金を持ってきたという中国新聞の報道をあげ、「公選法が禁じる買収や寄付行為にあたるのではないか」「これは極めて重大な問題。安倍首相は事実関係を確認してもらえないでしょうか」と追及した。

 すると安倍首相は、「これは内閣の中にいようが外にいようが、与党の議員であろうが野党の議員であろうが、当然、説明責任を果たしていくことが求められているわけであります」と答弁し、議場は騒然。当然だろう。安倍首相が法務大臣に任命した河井克行氏と、その妻で自民党の河井案里氏という「与党議員」に揃って公選法違反という疑惑が浮上しているのに、安倍首相は全く関係のない「野党」まで持ち出して、「与党であろうと野党であろうとこれは同じ」などと繰り出したのだ。杉尾議員も「野党は関係ありません」と突っ込んでいたが、明らかに疑惑を矮小化するためのスリカエ・印象操作ではないか。

 次に、杉尾議員は萩生田光一文科相の“資質”とメディアの萎縮について言及。本サイトでも取り上げてきた、大学入学共通テストの英語民間試験の導入をめぐる「身の丈にあってがんばれ」発言を批判し、萩生田大臣を守るために官邸主導で英語民間試験の見送りを決めたのではないかと追及した上で、「今日はどうしても聞きたいテーマがある」と言って、萩生田氏によるあの“報道圧力”文書問題に切り込んだ。

 念のため振り返っておくが、これは2014年の総選挙直前に、当時、自民党が在京テレビ局に選挙報道をめぐる圧力をかけた問題だ。『NEWS23』がアベノミクスについて否定的な街頭インタビューを報じたことに対し、安倍首相は「厳しい意見を意図的に選んでいる」と陰謀論まがいの主張をまくしたててブチ切れたのだが、放送から2日後、在京キー局に向けて萩生田光一・自民党筆副頭幹事長(当時)の名前で〈選挙時期における報道の公平中立ならびに公正の確保についてのお願い〉なる恫喝文書を送りつけたのだ。

安倍首相が切れたのは立憲民主党・杉尾議員に「報道圧力」を追及されたから

 

 長らくTBSで報道記者を務めていた杉尾議員は、当事、局内にいた“当事者”の一人としての実感からこう質問した。

「私も当時メディアにいて、この文書を見ました。最後のパネルの下のほうですけども、出演者の発言回数、ゲストやテーマの選定、街頭インタビューや資料映像にいたるまで、事細かに注文をつけています。この文書が出る前日に、TBSの『NEWS23』に総理が出られて、街頭インタビューに対して『編集してますね』と噛みついた。それを受けての文書だと私は理解してます。文面は非常に丁寧なんですけども、内容は、言葉は悪いんですけど恫喝に等しいんですよ。私は長くテレビ報道で仕事をしてましたけど、こんな文書見たことありません。萩生田大臣、なんでこんな露骨な圧力をかけたんでしょうか」

 しかし、萩生田文科相は、まったく悪びれることなく「過去にも選挙前にこういう形でメディアのみなさんに、ぜひよろしくということで発出した経緯もございます」などと答弁し、報道圧力を正当化しようとした。これに対し、杉尾議員は「いや、これ以前にこんな文書はありませんよ。ここまで細かく書いているものはございません」と反論。さらに安倍政権による報道圧力の問題を掘り下げるため、2016年2月、当時も総務大臣だった高市早苗総務相が、国会で「国は放送局に対して電波停止できる」という趣旨の発言を繰り出した「電波停止」発言について述べようとした。

 ところが、その杉尾議員が高市総務相に、放送法における「政治的公平性」の解釈について問おうとしている最中、安倍首相が大臣席から突如、「共産党か!」なるヤジを飛ばしたのだ。

 当然、杉尾氏は「野次らないでください、なに野次ってるんですか、何が共産党なんだ」と反発。速記が止まるなど、国会進行に支障をきたすなか、金子原二郎参院予算委員長が不規則発言を慎むよう注意したが、議場はなおも紛糾し、金子委員長は「もう謝ったんだからいいじゃないですか」などと適当に流そうとした。安倍首相はその間も、腕を組んだまま椅子にふんぞり返り、またもや野党側に指をさして何か口を動かしていた。

 この一連の流れをたどれば、安倍首相がどういった文脈でヤジを繰り出したかは歴然だろう。ようするに、自民党議員の重大疑惑に続き、閣僚による圧力問題を追及されるなかで、安倍首相はいきなり「共産党か!」なるヤジを飛ばしたのだ。つまり、ネトウヨ的な不規則発言をかますことで、追及に対してきちんと説明することを放棄し、議場を混乱させているのである。まったく救い難いではないか。

 この日の夜の『NEWS23』では、アンカーの星浩氏が安倍首相のヤジについて、「これもまた非常に悪質。こんなに自分の席からヤジを飛ばす総理大臣って私も見たことありません」と述べていたが、その通りとしか言いようがない。

今年に入って27回、注意されても執拗にヤジを繰り返す安倍、もはやサイコパス 

 

 周知の通り、安倍首相はこのつい2日前、6日の衆院予算委員会でも、同じような悪質なヤジを飛ばしている。無所属の今井雅人議員が、加計学園問題をめぐる「萩生田副長官ご発言概要」について、萩生田文科相に「文科省でこのメモは見つかったわけですよね。であれば、これは文科省の人が書いたと思われますが」「文科省で見つかったと松野(博一・元文科)大臣がおっしゃっていますから、内容からして誰かがつくっているわけです」と質問を行ったのだが、そこで安倍首相は自席に座りながら、今井議員に指さして「あなたがつくったんじゃないの」なる陰謀論むき出しのヤジを放った。

 それだけはない。毎日新聞デジタル版7日付記事(「やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超『民主主義の危機』」)によれば、今年、安倍首相は11月6日までの国会で質問者の質問中に発したヤジは、少なくとも26回に及ぶという。たとえば、2月4日の衆院予算委では、厚労省の統計不正問題に関する統計作成などの政治的中立性への疑問に対して「ないよ、そんなもん」。2月18日の同委では、実質賃金の伸び悩みを指摘する野党議員に「(自民党は)選挙で5回勝っている」と驕りまくったヤジを飛ばした。8日の「共産党か!」ヤジも含めれば、今年だけで27回だ。

 もっとも、安倍首相は今年に限らず、これまでも散々国会で追い詰められるたびに信じられないようなヤジを飛ばしてきた。

 代表的なのは、2015年2月の衆院予算委員会。当時の西川公也農水相への献金問題を追及していた民主党議員に対し、安倍首相はニヤニヤしながら「日教組!」「日教組どうするの日教組!」というヤジだろう。安倍首相は“民主党は日教組から金をもらってるだろ?”とレッテル貼りをしたわけだが、これは完全なデマ。安倍首相も後に事実誤認であることを認め、発言を訂正するにいたった。

 同じ年の5月の衆院特別委に、安保法制をめぐる自衛隊の機雷掃海のリスクについて指摘する辻元清美議員に「早く質問しろよ!」とイライラした調子で声を張り上げた。このヤジの前日、安倍首相は「与党側はこんなに静かに礼儀正しく聞いてるじゃないですか。みなさんも少しは見習ったらどうですか」「議論の妨害はやめていただきたい。学校で習いませんでしたか」などとヤジを批判していたにもかかわらずだ。しかも、安倍首相は「早く質問しろよ!」ヤジの3カ月後にも「まあいいじゃん、それで」というヤジをかましている。まったく反省の色がないのだ。

 安倍首相は曖昧な答弁が批判を受けると、すぐに「ヤジはやめませんか、いま私が話してるんですから」「国民のみなさん、私が答弁しようとするとこうやってヤジで妨害するんです」などと被害者ヅラするが、他ならぬ本人が野党の質問をヤジりまくっているのである。

 前述の毎日記事では、ベテラン政治評論家の森田実氏が「品格がなさ過ぎる。戦後、こんな首相がいたでしょうか」と苦言を呈しているが、もはや“品格のなさ”というより“サイコパス”ではないのか。実際、安倍首相は2016年5月、松本人志の『ワイドナショー』(フジテレビ)に出演した際、国会でヤジを飛ばすことについてこう話していた。

「(国会でのヤジは)独り言だったんですが、独り言(の声)が大きくなった。修行が足りないですね」

 国会で追及される政権の問題や政策の不備について、本来、しっかり国民へ説明せねばならないのに、それを放棄して「日教組!」「共産党か!」などと“独り言”でヤジってしまうのだとすれば、はっきり言ってヤバすぎる。6日の「あなたがつくったんじゃないの」ヤジもそうだったが、安倍首相は完全にネトウヨ的陰謀論に支配されて、おかしくなっているのだろう。もはや常人には理解不能の領域だ。このまま、本当に総理の椅子に座らせておいていいのか。有権者はもっと真剣に考えるべきだ。

 

2019年11月 9日 (土)

高知知事選 野党統一共産候補“金星”なら安倍政権大ピンチ


高知知事選 野党統一共産候補“金星”なら安倍政権大ピンチ

公開日: 更新日:


 

松本候補(左)と浜田候補(C)共同通信社
松本候補(左)と浜田候補(C)共同通信社
拡大する

 7日、与野党一騎打ちとなる高知県知事選が告示された。24日に投開票される。自公は8月以降、埼玉、岩手両県知事選で連敗し、10月の参院埼玉補選では擁立を見送る「不戦敗」。高知まで落とすなんてことになれば、安倍政権はグラグラだ。

 ◇  ◇  ◇ 

 自公推薦候補は、現職の尾崎正直知事(52)から後継指名を受けた浜田省司氏(56)。東大法卒、総務官僚、大阪府副知事というピカピカの経歴で、副知事時代には大阪万博誘致に成功している。

 対する野党統一候補は共産党常任委員の松本顕治氏(35=共産、社民、立民県連、国民県連推薦)。演説の声がいいと評判だ。今年夏の参院選で、徳島・高知選挙区の野党統一候補として出馬し落選している。

 知事選も、現職の後継の自公候補で決まりかといえば、そうではない。

高知は歴史的に共産が強い。初の小選挙区制(1996年衆院選)で共産が獲得した2議席は京都と高知だった。

 夏の参院選も、松本氏は徳島では自公候補に3万超の差をつけられたが、高知は1万9000票差だ。届かない差ではない。

「3期務めた尾崎知事は人気がありました。TPPや消費増税に反対していたのですが、国政進出のため自民党にすり寄り立場を豹変させた。これまで支持していた県民はカンカンです。一方、野党は、参院選より保守票の掘り起こしが期待できそうです。中村喜四郎衆院議員の演説が効いています」(現地で取材するジャーナリストの横田一氏)

■中村喜四郎氏が保守票掘り起こし

 中村氏は「将来の首相候補」と目された自民党のホープだったが、ゼネコン汚職で逮捕され塀の中に。逮捕直前に自民党を離党し、以後無所属のまま14回当選を重ねてきた。2日の松本氏の総決起集会に中村氏が駆け付けた。「保守政治家の私がなぜここに来たのか」と切り出すとこう言った。

「『共産党だからダメだ』とか『応援できない』とそう考えていたから、自民党の強い時代が今まで続いてしまったわけです。どうか知事選で奇跡を起こしてください」

 出席者によると、とりわけ大きな拍手が湧き起こったという。

 政治ジャーナリストの鈴木哲夫氏が言う。

「厳しい戦いですが、野党候補にもチャンスはあります。実は、他にもっと勝てる可能性が高い候補もいたのですが、高知はあえて共産党の候補でまとまりました。埼玉、岩手に続いて、高知県知事選で共産党の野党統一候補で勝ったとなると、ものすごく画期的。次期衆院選の野党共闘に向けて大きな前進になります」

 閣僚の辞任続きで逆風の自民は危機感をつのらせる。鈴木俊一総務会長は5日、高知県知事選について「状況は厳しい。2人の閣僚が1週間のうちに辞任したのは、ボディーブローのように政権へのマイナスイメージがある」と語った。

 選挙戦で、自公は松本氏の行政経験不足を攻撃しているが、かえって県民の反発を招いているという。

 高知で野党統一候補が勝てば、山は動く。

1週間ほどの間に20以上の行動~安倍政権退陣に行動の秋

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎〇市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

 

Img006_20191014110701119日(土) 市民デモHYOGO例会 10時 神戸長田総合庁舎・1Fブース(JR「新長田」南8分)

119日(土) 連続市民講座③ 労働運動の課題と飛躍のための提言 14時 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南3分) 講演:熊沢誠(甲南大学名誉教授)

119日(土) 女性帰還兵が語るベトナム戦争、イラク戦争、そしてアメリカ社会 18時 六甲道勤労市民センター(JR「六甲道」南すぐ)

11月9日(土) コミュニズムの可能性 ルネサンス研究所・関西11月公開研究会 14時 高槻市生涯学習センター

11月9日(土) 市東さんの農地取り上げに反対する会 シンポジウム  13時半 東京・文京区民センター

1110日(日) 連帯兵庫みなせん参議院選総括・次期衆議院選へ再出発討論集会 13時半 神戸市・立花職員研修センター(「高速神戸」北4分「あすてっぷKOBE」西隣)

11月10日(日) 映画『道草』上映会 尼崎女性センタートレピエ・ホール(阪急「武庫之荘」南4分)  午前の部 10時  午後の部 14

11月10日(日) 太田昌国講演会 13時 大正会館ホール(大正コミュニティセンター2階)

 

1111日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」東南5分)

11月12日(火) 関生弾圧公判 9時半 傍聴券抽選会  10時 公判 大阪地裁201大法廷(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南10分)

▽11月13日(水 ) 老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ 神戸市内 10時 JR須磨駅➡JR神戸駅

11月14日(木) 憲法違反の宗教儀式1114大嘗祭抗議デモ 18時 中ノ島水上ステージ

1114日(木) 菱山南帆子と市民運動をつくる会相談会 18時半 小田北生涯学習センター(JR「尼崎」北東4分)

Img011_20191014121701 11月15日(金) 望月衣塑子講演会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 兵庫労連など主催

1116日(土) 遡り日本近現代史講座 女性差別の最大の元凶こそ天皇家だ! 11時 売布ぷらざこむ(阪急「売布神社」東南5分、阪急「中山寺」南西7分)

1116日(土)  関生弾圧粉砕全国集会 14時 西梅田公園(JR「大阪」西南8分、JR「福島」東南7分)

1117(日)  憲法&平和deまちづくり 14時 芦屋市民化センター(JR「芦屋」西5分)お話し:山中健前芦屋市長ほか  無料

11月17日(日)  熟年者ユニオン結成20周年集会 14時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:藤田孝典(「下流老人」などの著者)

11月17日(日)  改憲反対市民フォーラム街頭宣伝 12時 JR大阪駅前

1117日(日) 伊丹市議・高橋あこ市政報告会 10時~  15時~ 高橋あこ事務所(伊丹市美鈴交差点南西すぐ)

1117日(日) さようなら原発1000人集会第5実行委員会 18時半 いたみホール(阪急「伊丹」北3分)

1117日(日) 阪神マルクス主義原典を読む会 14時 宝塚・大林寺(阪急「清荒神」北15分)

◇11月17日(日)  尼崎自然と文化の森協会 ミニ収穫祭 10時 田能3丁目里芋畑内

 

全日建連帯労組への弾圧に反対する自治体議員の記者会見。全体で120余名(含む元・前)。~山下けいきブログより

 昼は全日建連帯労組に対する異常な弾圧に反対しての自治体議員の記者会見。全体で120余名(含む元・前)の府県議、市町村議が賛同。国政政党、国会議員の奮起を促したいものです。





 警察のやり方は何年も経っている件について、一度に全員ではなく、何回にも分けて、しかも少人数にして逮捕していること、しかも労組離脱呼びかけ、事件と関係ないものまで押収しているとのこと。

 また会社が毎年普通に出していた保育所への入所手続きに必要な勤務証明もすら拒んだことに対しての抗議を強要恐喝として逮捕していること。また正職員化を求めたことも同様の対応です。

 労働組合については正当な活動については刑事民事免責が認められているのに、全くの法無視です。



2019年11月 8日 (金)

いよいよ始まった高知県知事選 自公陣営の応援にはかの下村博文前文科大臣

11月7日「『だれ一人取り残さない県政』実現を県下に訴え」

 いよいよ県知事選挙が告示となり、24日の投票日に向けて、市民と野党の統一候補松本けんじさんが、全力で闘いをスタートさせました。
 出発式では、選対本部長の広田一衆院議員、副本部長の武内則男衆院議員ら県内5野党の代表が駆けつけるとともに、市民代表などからも激励の挨拶を頂きました。
 松本候補は、「人口減少や過疎化という課題は、そこに暮らす人たちの責任ではない。そして、高知県だけの努力で解決できる問題でもない。尾﨑県政は人口減少に歯止めをかけられなかったが、その根っこには国の政治がある。国は、農産物の輸入自由化や消費税増税で県民の努力を破壊してきた。尾崎県政のいい部分は引き継ぎながら、国に対しておかしいことはおかしいと県民の立場でものを言い、国の政治を変える展望を持つことこそが、高知県が、目の前に立ち向かっている人口減少という課題を突破する最大のカギだと思う。誰ひとり取り残さない県政をみんなで一緒につくっていきたい」と訴えました。
 武内議員も激励の挨拶の中で、相手陣営の応援に下村博文党選対委員長が来られていることに触れられましたが、下村選対委員長こそが、当時文科相として英語民間試験導入の旗振り役で、安倍首相が設置した私的諮問機関「教育再生実行会議」で浮上したこの問題を、14年12月には文科相の諮問機関「中央教育審議会」が大学入試で英語の4技能(読む・書く・聞く・話す)を評価することを提言、20年度の実施が持ち上がった経緯があります。
 そして、下村氏は自らが支部長を務める自民党東京都第11選挙区支部で、05~11年の7年間に教育関係の企業や団体から総額1289万円にも上る政治献金を受け取っており、14~17年の4年間も、総額1160万円の献金を受けていることも明らかになっています。
 そのような安倍政治につながる県政ではなく、真に子どものための高知の教育施策の拡充などを訴える松本候補の政策こそ、県民の皆さんに支持してもらいたいものです。

ベネッセと文科省の“深すぎる関係”


民間試験問題をめぐり…ベネッセと文科省の“深すぎる関係”

公開日: 更新日:

 



 




衆院文科委で話すベネッセの山崎昌樹学校カンパニー長(C)共同通信社
衆院文科委で話すベネッセの山崎昌樹学校カンパニー長(C)共同通信社
拡大する

「しんけ~んゼミ!」――。若いころ聞いた「進研ゼミ」のCMを覚えている人もいるだろう。この通信講座を運営するベネッセコーポレーションが、延期に追い込まれた英語民間試験をめぐる問題でヤリ玉に挙がっている。

  ◇  ◇  ◇

■下村元文科相の後援会名簿に元社長の名前

 発売中の週刊文春と週刊新潮によると、同社は下村博文元文科大臣と密接な関係にあるという。ベネッセ教育総合研究所の所長と理事だった人物が下村氏を支援する「博友会」のパーティーなどにたびたび出席。ベネッセの元社長・福島保氏も後援会名簿に名を連ね、「蜜月関係」にあるというのだ。文科省関係者が言う。

「ベネッセは2014年に、3500万件の個人情報漏れが発生。同社は受注していた高校の英語力調査をいったん停止されながら、すぐに再開が許された。下村氏の後ろ盾のおかげだともいわれました」

教育行政とのパイプも注目されている。民間試験は当初7種類が実施される方針で、ベネッセの「GTEC」も含まれている。ベネッセとGTECを共催している「進学基準研究機構」(CEES)の理事長・佐藤禎一氏は元文部次官で、評議員の安西祐一郎氏は元中央教育審議会会長。理事の武田美保氏は教育再生実行会議の有識者メンバーだった。ベネッセグループの福武財団理事・鈴木寛氏は下村文科相時代に文科相の補佐官。そうそうたる顔ぶれである。

 問題は大学入試の国語の記述試験にも及んでいる。5日の衆院文部科学委員会にはこの試験の採点を61億6000万円で落札した「学力評価研究機構」の親会社であるベネッセの山崎昌樹学校カンパニー長が参考人として出席した。

 それにしてもビックリなのがベネッセの急成長だ。もともとは1955年に岡山県で創業した「福武書店」。地元が対象の模擬試験を開始して進研ゼミが始まり、通信講座や模擬試験の代名詞となった。文芸誌「海燕」や福武文庫を発刊し、95年にベネッセに社名変更している。

つづきは『日刊ゲンダイ』へ

2019年11月 7日 (木)

お粗末安倍ノミのシンゾー~自己のヤジで審議中断

安倍首相やじで審議中断=「つぶやいた」と釈明―衆院予算委

 

衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相(左手前)。奥は手前から麻生太郎副総理兼財務相、萩生田光一文部科学相=6日午後、国会内© 時事通信 提供 衆院予算委員会で答弁する安倍晋三首相(左手前)。奥は手前から麻生太郎副総理兼財務相、萩生田光一文部科学相=6日午後、国会内

 6日の衆院予算委員会で、安倍晋三首相が自席から飛ばしたやじに野党が反発して、審議が一時中断した。首相は発言を「つぶやき」などと釈明した。

 立憲民主党などの共同会派に所属する今井雅人氏は、学校法人「加計学園」による獣医学部新設をめぐる問題を追及。今井氏が文部科学省内で作成されたメモを取り上げ、「誰かが作った」と指摘。内容の真偽をただしていたところ、首相が自席から「あなたが」などと声を上げた。

 今井氏は「なぜ私が作れるのか。失礼だ」と抗議。これに対し、首相は「誰か分からない中では、誰だって可能性があり、今井氏だって、私だってとなる。そういう趣旨をつぶやいた。申し訳なかった」などと釈明した。 

老朽原発うごかすな!リレーデモ、いよいよ神戸市内に

 1161 11月6日(水)10時にJR明石駅前に34名が集合し(最初の写真)、老朽原発うごかすな!リレーデモ4日目に取り組みました。デモには約30名が参加し、ノボリ・横断幕・旗を持ち、ゼッケンを着け、拡声器でコールし、ジャンベを叩き、一路JR須磨駅を目指して、にぎやかに歩道を歩きました。途中、関電明石支店前でシュプレヒコールをしました。
 トイレ休憩・昼食休憩などを挟み、12.4キロを踏破し、15時半過ぎにJR須磨駅に到着しました。最後に20名余りの人が一緒に集合写真に納まりました(次の写真)。神戸の初日は平日昼間にもかかわらず予想を上回る参加人数で、事故や体調不良もなく無事乗り切りました。
 次は11月13日(水)JR須磨駅に10時に集合し、JR神戸駅までの8.2キロです。関電本1169 店(大阪中之島)まで、頑張りましょう!

2019年11月 6日 (水)

首相、文科相更迭を拒否~共同通信社

首相、文科相更迭を拒否 英語試験見送り問題、衆院予算委

 

衆院予算委で答弁する安倍首相。奥は萩生田文科相=6日午後© KYODONEWS 衆院予算委で答弁する安倍首相。奥は萩生田文科相=6日午後

 安倍晋三首相は6日、衆院予算委員会の集中審議で、大学入学共通テストでの英語民間検定試験の導入見送りを巡り、野党が求めている萩生田光一文部科学相の更迭を拒否した。「今後もしっかりと職責を果たしてほしい」と述べた。英語試験に関しては「指摘された課題を克服できるよう、しっかりと検討させたいと考えている」と表明。萩生田氏は共通テストでの国語、数学の記述式問題を予定通り導入する考えを示した。

 萩生田氏は「私の果たすべき責任は、延期した試験制度を磨き上げることだ」と拒否した。民間試験の活用を決めた経緯を検証するため非公開で行われた会議の議事録を公表する意向を示した

全矛盾が噴出し、危機にのたうつ安倍政権を、人民反乱の拡大で打倒しよう

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

▽老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ

116日(水)10時 JR明石駅   1113日(水) 10時 JR須磨駅   1120日(水) 10時 JR神戸駅  

1127日(水) 10時 JR住吉駅→128日 大阪福島関電本店前

11月6日(水)  戦争あかん!ロックアクシ7目)ョン 18時半 新町北公園(地下鉄「本町」西南7分、オリックス劇場南)

117日(木)  高知県知事選告示 24日投開票 自・公(東大出身・総務省官僚)VS 全野党共闘(立憲、国民、社民、共産、新社会、連合、市民団体)

  ◎119日(土) 市民デモHYOGO例会 10時 神戸長田総合庁舎・1Fブース(JR「新長田」南8
分)

Img006_20191014110701119日(土) 連続市民講座③ 労働運動の課題と飛躍のための提言 14時 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南3分) 講演:熊沢誠(甲南大学名誉教授)

119日(土) 女性帰還兵が語るベトナム戦争、イラク戦争、そしてアメリカ社会 18時 六甲道勤労市民センター(JR「六甲道」南すぐ)

11月9日(土) コミュニズムの可能性 ルネサンス研究所・関西11月公開研究会 14時 高槻市生涯学習センター

11月9日(土) 市東さんの農地取り上げに反対する会 シンポジウム  13時半 東京・文京区民センター

11月10日(日) 連帯兵庫みなせん参議院選総括・次期衆議院選へ再出発討論集会 13時半 神戸市・立花職員研修センター(「高速神戸」北4分「あすてっぷKOBE」西隣)

11月10日(日) 映画『道草』上映会 尼崎女性センタートレピエ・ホール(阪急「武庫之荘」南4分)  午前の部 10時  午後の部 14

11月10日(日) 太田昌国講演会 13時 大正会館ホール(大正コミュニティセンター2階)

1111日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」東南5分)

11月12日(火) 関生弾圧公判 9時半 傍聴券抽選会  10時 公判 大阪地裁201大法廷(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南10分)

11月14日(木) 憲法違反の宗教儀式1114大嘗祭抗議デモ 18時 中ノ島水上ステージ

1114日(木) 菱山南帆子と市民運動をつくる会相談会 18時半 小田北生涯学習センター(JR「尼崎」北東4分)

11月15日(金) 望Img011_20191014121701月衣塑子講演会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 兵庫労連など主催

1116日(土) 遡り日本近現代史講座 女性差別の最大の元凶こそ天皇家だ! 11時 売布ぷらざこむ(阪急「売布神社」東南5分、阪急「中山寺」南西7分)

 ※1116日(土)  関生弾圧粉砕全国集会 14時 西梅田公園(JR「大阪」西南8分、JR「福島」東南7分)

1117(日)  憲法&平和deまちづくり 14時 芦屋市民化センター(JR「芦屋」西5分)お話し:山中健前芦屋市長ほか

1117日(日)  熟年者ユニオン結成20周年集会 14時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:藤田孝典(「下流老人」などの著者)

11月17日(日)  改憲反対市民フォーラム 12時 JR大阪駅前

1117日(日) 第8回さようなら原発1000人集会第5回実行委員会 18時半 いたみホール・5階会議室(阪急「伊丹」北3分 JR「伊丹」北西7分)

1117日(日) 伊丹市議・高橋あこ市政報告会 10時~  15時~ 高橋あこ事務所(美鈴交差点南西)

1118日(月) 世直し研 18時半 福島区民センター(阪神・地下鉄「野田」西南7分) 講演:森松明希子(福島原発事故避難者)

11月19日(火)  神戸の大逆事件研究会 18時半 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

1121日(木) 原発賠償関西訴訟 14時 大阪地裁(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南12分)

11月22日(金)  憲法懇談会 18時半 神戸婦人会館・すみれ(「高速神」北3分)

1123日(土・休) 原発・核燃にどめを!関西集会 1340分 守口文化センター・エナジーホール(京阪「守口市」北東3分)

1123日(土) 老朽原発 高浜12号機、美浜3号機の再稼働を許さないリレーデモ出発集会 12時 高浜現地・高浜原発先の展望所 
  ~128日(日) メインコース:高浜原発→若狭町→高島市→大津市→京都市→関電本店前

1124日(日)  高知県知事選投開票日

1124日(日)  第Img013三師団申し入れ行動 10時半 第三師団西門

1125日(月)  神戸市議会で沖縄意見書採択めざす連絡会第2回実行委 18時半 神戸市勤会館(JR「三ノ宮」東南4分)

1127日(水)  兵庫憲法集会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:水島朝穂早稲田大教授

  老朽原発うごかすな!リレーデモ(いよいよ最終コース・阪神間へ)

1127日(水) 10時 JR住吉→JR西ノ宮

121日(日) いたみホールさようなら原発1000人集会 

122日(月) 10時 JR西ノ宮駅 →阪神尼崎 

128日(日) 10時 阪神尼崎駅前 →関電本店前

 

1130日(土) 連続市民講座④ 幼児虐待を考える 14時 アステ川西ルーム4(阪急「川西能勢口」南1分) 講師:毎立敏郎(尼崎総合医療センター小児科部長)

1130日(土) 大内裕和講演会 14時 西宮勤労会館(JR「西ノ宮」南西5分)

11月30日(土)  2019年小学校教科書採択 道徳と社会科の実態 全国集会 13時半 大阪中央会館ホール(地下鉄「心斎橋」東15分)

121日(日) 第23回伊丹マダン 10時 伊丹小学校(阪急「伊丹」北3分)

Img009_20191106034301121日(日) さようなら原発 1000人集会 14時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分、JR
「伊丹」北西8分) 講演:樋口英明(元福井地裁裁判長)、武藤類子(福島刑事裁判原告)

12月5日(木)  関生弾圧公判 9時半 傍聴券抽選 10時 公判 大阪地裁大法廷

127日(土) 樋口英明さん講演会 13時半 高槻現代劇場(阪急「高槻市」西南7分)

128日(日) 関電本店包囲全国集会 14時 リレーデモ東西から到着

12月8日(日)  ここまで来ているメディアの危機 14時 新長田勤労市民センター(JR「新長田」南西3分) 講演:南彰新聞労連委員長

12月14日(土) 「SAYAMA 見えない手錠をはずすまで」番町上映会 13時 長田公民館別館2階(「高速長田」南東4分)

1214日(土) 望月衣塑子講演会 14時 サンシビック尼崎(阪神「尼崎」西南5分)

 

 

 

 

 

Img018 1215日(日) 反貧困映画と講演の集い 13時半 神戸市教育会館(JR「元町」北8分)講演:湯浅誠(法政大学教授) 

 

破たんする東京五輪政治~札幌移転に関係競技団体から抗議の声

あってはならない」「理解不能」瀬古リーダーら陸連強化担当がマラソン札幌移転に怒り

会見に出席した瀬古利彦リーダー© スポーツ報知/報知新聞社 会見に出席した瀬古利彦リーダー

 20年東京五輪のマラソン&競歩の札幌開催が1日に決定したことを受けて、日本陸連は5日、都内で会見を行った。瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(63)ら各強化担当が出席。今後の強化プランについてはコースや日程、時間などが決まっていないことから未定とした。

 無念の思いが口をついた。瀬古リーダーは「知らないところで全て決められた。決まったことを急に変えるのはアスリートファーストじゃない」と訴えた。約2年かけて東京五輪代表選考会のMGC(マラソングランドチャンピオンシップ)を実施し、9月には服部勇馬(25)=トヨタ自動車=ら男女4人が代表に内定。「勇馬君には『瀬古さんの(モスクワ五輪の)ようにボイコットするわけじゃない。札幌でできるだけ幸せです』と言われて涙が出た」。選手たちは前を向いていた。

 選手の生命を尊重したというIOCの決定。「IOCの言うことは絶対、という意識はあった。なので、これ以上『東京でやりたい』と言ったら『じゃあマラソンはやらなくていい』と言われるかもしれないと思った」と大きなプレッシャーも感じていた。1980年モスクワ五輪では“政治の壁”に、そして今回は“IOCの壁”に阻まれる形となった。「今日から切り替えて、札幌!札幌!札幌!と言い続ける。札幌ラーメンを食べて帰りますよ」と瀬古節で締めくくった。

 調整委員会に届けるために現場の監督・関係者の意見を募ったが、陸連の認識の相違でできなかった。河野匡・長距離マラソン・ディレクターは「今回の決定は自分が死ぬまで心から消えない。集約した意見が届かなかったのは無念」と話した。

 以下、出席者の主なコメント。

【麻場一徳・強化委員長】

 「あってはならない決定と思っている。気温や湿度といった環境条件が札幌の方が良いということが『アスリートファースト』ということになっている。しかし、強化の視点からすれば選手の努力や周りのサポートといったものを無駄にしないことこそ『アスリートファースト』ではないか。ただ、愚痴やぼやきを言っているだけでは生産性がない。これを機に、前を向いてやっていかないといけない」

【瀬古利彦・マラソン強化戦略プロジェクトリーダー】

 「私の頭の中では3年前から東京でやるとすり込まれている。55年前の東京五輪(男子マラソン)では満員の国立で円谷(幸吉)さんが銅メダルを獲った。そして、もう1回その景色を見たいという思いでやってきた。できれば東京でやりたいが、なすすべはない。強化メンバー一丸となって、メダルや優勝へ、ワンチームでやっていきたい」

【河野匡・長距離マラソン・ディレクター】

 「誰も望んでいない、理解不能な移転と受け止めている。正直、言葉が見つからない。『守ってあげる』という論調で移転が決まったようだが、守られる立場で競技しているわけではない。決められた中で戦うのが使命のはずだ。内定選手には、パフォーマンスを少しでも上げる努力をしてもらい、それを100%出せるようサポートしていきたい」

【女子マラソン・山下佐知子・五輪強化コーチ】

 「前向きなコメントは難しい。無念な思いがあふれて出る。私自身、バルセロナ五輪ではラスト4キロの急坂があったが、課題に向けて準備するのがアスリートだと思う。健康のために、という経緯はあるが、それについては何のための五輪なのか、という疑問が残る」

【競歩・今村文男・五輪強化コーチ】

 「かけられたはしごが外されて、選手も目標が定まっていない状態。ただ、コースはマラソンほど影響は受けない。これまで積み重ねた暑さ対策やデータが無駄にならないような取り組みをしていきたい」

2019年11月 5日 (火)

11・3国会前に1万人

 

渡部通信 : 国会前「11・3憲法集会」に1万人
Home 検索
 




User Guest
ログイン
情報提供
News Item 1103watabe
Status: published
View

Share

 


 *写真=ムキンポさん

 ・「都教委包囲首都圏ネットワーク」、・「新芽ML」、
 ・「ひのきみ全国ネット」、・「戦争をさせない杉並1000人委員会」
の渡部です。
================================
本日(11月3日)は「文化の日」、日本国憲法が公布されてから73年目になる。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


 本日、国会正門前で「11・3憲法集会」が開かれ、1万人が参加した。
スローガンは、
・安倍改憲発動阻止!・辺野古新基地建設やめろ!・東北アジアに平和と友好!

 

主催者挨拶に立った<憲法共同センター・小田川義和さん>
は次のようなことを述べた。
 臨時国会で改憲4項目を憲法審査会に出させないことが重要だ。
 国会の役割は内閣を監視することだ。
 10月29日夜、沖縄で米軍がパラシュート訓練をした。
 内閣はこれに抗議し、「日米地位協定」見直しをすべきだ。
 あいちトリエンナーレ問題、川崎の映画「主戦場」上映など
 行政による事前検閲をやめさせなければならない。
 改憲には世論は否定的だ。
 民間英語試験は延期になったが、機会均等や公平性がない。
 延期ではなく中止、撤回を求めたい。
 今回は当事者の高校生たちが声をあげた。
 性暴力の問題でも当事者たちが声を上げ始めた。
 そしていま世論が政治を動かしている。
 萩生田発言は失言ではない。「身の丈」と考えているのだ。
 格差拡大を容認しているのだ。だから、
 消費税で収入のないひとからも取る一方、
 大企業や富裕層の税率を引き下げている。
 アベ政治からの転換をしなければんらない。
 二人の大臣が辞めたが、公選法違反では済まない。
 アベ政権による疑惑隠し、隠蔽、捏造による民主主義の劣化だ。
 権力の暴走を許すな!「民主主義って何だ!」を再確認しよう。
 声を上げ続けていこう!

 

その後、立憲野党から以下の方々が発言しました。
<社民党・福島みずほ議員>
<共産党・穀田恵ニ議員>
<立憲民主党・逢坂 誠二議員>
いずれもこの間の安倍政権の政権運営に対する批判を
怒りを込めて糾弾し、「安倍政権打倒!」を訴えていました。

 

その後、韓国から来られた二人の方が発言しました。
一人は「安倍糾弾市民行動?」(600の団体で構成されているそうです)の方で、
この方は昨年の「大法院判決」の正統性について訴えられ、
日韓関係がよくなるには、「真の反省と賠償」と「平和の連帯」が必要だ、
そのために日本の市民と一緒にGISOMIAをなくし、
日韓市民の連帯でアベ改憲をやめさせ、
東北アジアの平和体制を作ろう、と述べていました。

 

もう一人の方は「平和会議?」から来た方で、まず、
日本の「平和憲法は世界でもっとも立派な憲法だ」
「韓国でもノーベル賞に推薦することに多くの人が賛同した」
と述べました。
次に、半島では戦争の脅威が続いていること、
安倍政権が改憲したら東アジアでの戦争の危機は
火を観るより明らかだ、日韓市民の連帯を強化し、
軍拡・戦争を阻止することが大事だと述べました。

 

その後休憩に入り、韓国で歌われている歌の日本語替え歌、
「光は闇に負けない」「ノーアベソング」をみんなで歌いました。

 

その後、連帯挨拶として、
<北原みのりさん:作家>
<矢野秀喜さん:3・1朝鮮独立運動100周年キャンペーン>
<山本隆司さん:オール沖縄会議事務局長>
<杉浦ひとみさん:弁護士・安保法制違憲訴訟>
<千葉 真さん:国際基督教大学特任教授、
        安全保障関連法に反対する学者の会>
<今泉さん:日本労働弁護団>
の方々の挨拶がありましたが、割愛します。

 

この集会では、とくに、韓国から連帯に駆けつけてくれた
お二人の力強い発言が印象的でした。

 

久しぶりに多くの人が集まった憲法集会でした。
若者もいつもより多かったように思います。

 

全野党共闘Vs自公候補の高知県知事選、いよいよ7日告示 埼玉・岩手に続く勝利を

優しい高知県政へ好機

松本知事予定候補勝利へ総決起集会

市民と野党結束

写真

(写真)「われらの代表、マツケンの必勝へ団結して頑張ろう」と武内衆院議員の音頭で唱和する参加者=2日、高知市

 7日告示(24日投票)の高知県知事選で、野党統一の松本けんじ予定候補の勝利をめざす総決起集会が2日夜、高知市で開かれました。共闘の深化を示し、市民と各野党の代表、保守の国会議員らが登壇。各弁士から「だれ一人取り残さない高知県政」を掲げる松本予定候補の県政への期待が相次いで語られ、会場は熱い拍手に包まれました。(各氏の発言

 「みんなにやさしいまちになることは私の夢です」。市内の病院に勤める女性(23)はこう演説し、7月の参院選の野党統一候補としても善戦した松本氏に期待を寄せました。「参院選で人々の実態をしっかりつかみ、決して人ごとにせず、心を寄せていた松本さん。知事選に出ると知り、私の夢がかなうチャンスが来たとワクワクしています」

 「保守政治家」を自称する元建設大臣の中村喜四郎衆院議員(無所属)、平野貞夫元参院議員・国民民主党顧問が遠方から駆け付け、力説。「奇跡を起こしてください」(中村氏)、「この人をどうしても知事に当選させなければいけない」(平野氏)と呼びかけました。

 松本予定候補は「だれ一人取り残さない県政は、あなたの参加によってつくれる」と述べ、「みんなでこの選挙戦を勝ち、だれもが安心して暮らせる高知県をつくるため、力を貸してください」と訴えました。

 選対本部長で、社会保障を立て直す国民会議の広田一衆院議員は「マツケンがもう一回、挑戦してくれた。津々浦々、広げてほしい」と呼びかけ。副本部長で立憲民主党の武内則男衆院議員が「われらの代表、マツケンの必勝を」と訴えました。

 参加した市内の男性(65)は「保守の方たちの力強い訴えに、奇跡が起こるかもしれないと思いました」と語りました。

香港の運動は反共の帝国主義運動では? ~編集委員投稿

香港の巨万のデモ・運動について、ストレートに支持できる材料がないと思っていたら、読者から投稿があったので紹介する。
1 右から左まで
 香港で「自由・民主」を求めて、直接には逃亡犯条例改正問題をめぐって「100万人以上」のデモが起こった事に感動する人は多い。日本でもそうであり、大紀元みたいな蒋介石残党メディアから反中右翼、法輪功グループなど中国共産党政府打倒グループから、リベラル・左翼を自称する人まで広範にデモ支持が広がった。日本共産党ですら機関紙で香港デモ無条件支持の記事を連載している。新左翼も多くが同じ風潮と言える。そこにこの「考察」を発表することは少々勇気がいるが、書いておかねばならないと考え、問題提起したい。

 

2 香港の歴史
 香港に人が住み始めたのは紀元前だが1800年以上、中国人のものであった事は間違いない。いつ中国人のものでなくなったかというと1842年のアヘン戦争以後だ。イギリスがインド近辺から持ち込んだアヘンを中国で大量に売りさばき、代わりに銀を大量に持ち帰る「麻薬強盗帝国主義」を続けるための侵略戦争に近代兵器を駆使するイギリス帝国軍が勝った。莫大な賠償金とともに植民地にしたのが香港だった。決して現地市民の意向や平和交渉でできた「民主香港」ではない。敗戦前4年間の日本軍中将による香港総督も含めて、150年間、帝国主義の一方的支配に置かれたのが香港の運命だと言って良い。1949年中華人民共和国が成立後すぐに返還を求めても正当性はあったが、50年間我慢してきた。その末に最後の香港総督パッテンと中国・趙紫陽首相の間で返還協定が結ばれ1997年に香港は中華人民共和国特別行政区になった。我慢の末に強盗帝国主義者の手から中国人民の元に150年ぶりに帰ってきて、以後の行政権は中華人民共和国にある。

 

3 主権者は中国人民
 中英両国の中間点にある地域の帰属をめぐる交渉で今の香港があるのではない。もともと中国人のものであった中国の一地域が22年前特別行政区になったあと、将来どうするかは、14億中国人民が法にもとずき決めるものだ。大英帝国主義者も、そのディーラーも、中国政府転覆を狙い続ける蒋介石残党も、中国に底知れない犠牲と苦しみを与えた日本も、もちろん極右やネット右翼も、また「反スタ唱えれば正義」と信じ込んで全世界をそのものさしで割り切ろうとする自称左翼・リベラルも、発言権はゼロである。
どうしても発言して影響を及ぼしたければ、中華人民共和国に住み、税金を払い、14億の民の生活と運命をになう中で、高説を具現する努力をするべきである。

 

4 本当に「自由・民主」のたたかいか
 私たちも遠い昔、日本でベトナム反戦の街頭闘争に参加した。直接の経緯は戦争協力をやめさせる事だが、どんなグループに所属して活動するかを選択するにあたっては殆どの人が共産主義・社会主義を掲げる組織を是として入った(だろう)。単なる火炎瓶投てき青年同盟なら入らなかった。ましてや英帝・米帝・蒋帝・体制護持宗教・ネトウヨ極右が加盟する「自由・民主」に入るわけには、今でもいかない。香港で議事堂や国際空港を不法占拠した人々はユニオンジャック・星条旗を振りまわし、それを蒋介石残党新聞の大紀元や法輪功が日本で大宣伝し、ネトウヨ極右も騒ぎ立て続けている。反中大宣伝を我慢して読んでいるのだが、香港資本主義社会の民主化は一項目も出て来ない。香港は全世界で一番多く超富裕層(資産33億円以上)が住んでいる。あの小さな地域に1万人! その10位以内にはアメリカの諸都市と東京ばかりだ。
 中国の都市は大きいのに富裕層ランキング10位以内に一つもない。なのに新左翼も含めて「中国では貧富の格差が・・・」などと無根拠に言う。英帝支配下の歴史の中でごく一部の金転がし勢力がぬくぬく暮らし、大部分の人が貧困にあえぐ状態は資本主義のどこの国、地域でも容易に予想できるが、香港も例外でないはずだ。それを改革するスローガンが「民主化勢力」の主張に皆無なのだ。「自由・民主」は日本の自由民主党と同義語ではないかと考察するのだが、違うよという例証があればぜひ伺いたい。

 

5 これから
 中国は1989年の天安門事件を政治的にも国家経営的にも乗り切った。以後の経済発展は目覚ましい。北京空港に全世界から航空機が集まる。巨大な空港には驚くが、まだ拡張するらしい。連休などには滑走路渋滞が起きて、何時間も待たされる事が多く、それを解消する対策なのだ。事実上アメリカを抜きつつある(GDPでは2位、貿易額では1位)「世界の中心」その中国を何とか転覆したい欧米帝国主義に我々日本の人民が加担してよいものだろうか? また、中国を「評定」する人の多くは最近の中国に行ってもいない。
 中国には自由がないって!? 全世界で自由がない国は多分過半数だ。自由を侵すことがしょっちゅう起きているアメリカ、香港をはじめ全世界の自由と無数の命を何世紀も奪い続け、今も戦争と言う究極の人権侵害に協力し続ける英帝、表現や労働運動の自由がどんどん侵されつつある自国日本の事をほっておいて、あるいは何ともし得ないのに、アジアの隣国に次々因縁を付ける安倍政府と同じ立場に立っても良いものか。香港デモのリーダーが記者会見で「香港を取り戻したい」と叫んでいた。
 英帝は独立を求めるアイルランドの人々を銃乱射でぶち殺し、同じ事を中国でもインドでもした。そんな時代に「取り戻」されてはたまらないのが中国人民だろう。
 中国に問題がないかと言えば、きっとある。しかし昨年亡くなった「民主活動家リーダー」劉暁波氏が言葉を残している。当局が私を侮辱しなくなった、と。
 この二十数年中国へ行って色々見聞するたびに、「改善」を何事も必死にやっているのがうかがえる、それも国家規模で。帝国主義の転覆策動を防ぎつつ、改革解放する姿勢が顕著なのだ。そしてその主体も主権も中国人民とその代表政府にある事ははっきりしている。当然、香港市民にも決定権・発言権は中華人民共和国の法=香港基本法にもとずいて、あるが。香港議会・政庁、中国14億の民が決定する事だ。

ともかくファクトに基づいて香港(ホンコンは英語名、中国語ではシャンガン)の事を考えたい。
Photo_20191105000801写真はアヘン戦争で中国(清)軍を打ち破ったイギリス帝国主義軍艦。帝国主義が唱える自由民主をだれが信用できるのか。

 

2019年11月 4日 (月)

コミュニティユニオン全国交流集会の報告~武庫川ユニオンのニュースより

 Img007_20191104013901 最近、阪神社会運動情報センターに届いた2つの組合機関紙、武庫川ユニオンのニュースとImg012 関西合同労組の『拓(ひらく)』の紹介。武庫川ユニオンのニュース(月刊)は10月5~6日姫路で開かれた全国交流会が大成功した模様を9ページにわたり紹介している。全体のページ数も20ページという充実ぶり。このブログでは紹介しきれないので、入手したい方は武庫川ユニオンまで連絡を(TEL 06-4950-0071)。
 関西合同労組のニュース(不定期、ほぼ季刊 TEL 078-652-8847)も今回16ページと充実。職場の闘いや関生弾圧にページを割いている。そしてこちらも表紙は、委員長はじめ5人が初めて参加した姫路の全国交流会。大きなインパクトがあったのだろうと想像される。
 労働組合の闘いはなかなか市民の目に届かない。ぜひとも地域コミュニティユニオンの闘いに繋がっていきたい。

老朽原発うごかすな!姫路→関電本店前リレーデモ始まる

11月2日午前10時、JR姫路駅前からのリレーデモが始まった。

 2日(土)は、デモには抜群の快晴のもと「姫路~関電本店ルート」初日始まりました。10時きっかりに集会を始め、司会・主催のあいさImg008 つ後、姫路市会議員の姫路市議会共産党議員団谷川まゆみさんから激励あいさつを受けた。その後、若狭の原発考える会木原壯林さんから、わずか8分ほどでしたが、「40年を過ぎるような原発は、内部は、放射線などで、削られ脆弱して危険極まりない、絶対に老朽原発をうごかしてはならない。私たちが運動を続ければ若狭湾の原発は必ず廃炉まで行ける」旨の提起を受けました。その後、全体で出発前集合写真を撮った後、11㎞先のゴール「JR曽根駅」目指し、歩き始めた。

以下は参加者からの更新中の感じたことなどを集めました。

・信号待ちで止まっている車に手を振ると向こうの方から手を振ってくれた車が23台あった。

・生コンミキサー運転手が手を振ってくれた。

・若いスポーツカーの男性2人が信号待ちの時手を振ってくれたのは元気が出た。

・バスの乗客も昼間で少しでしたが、じっと様子を見ていた。

・道路近くの住民が道路に出てきて「何があるのか?」と見に来る高齢者と出会い、手を振ったがただ「見守っているように感じました」

など、大半が「それなりに理解してくれている」感じと言っていました。

今日の参加者は、46名でした。※配布資料数から算出。

明日も続きます、完結目指して頑張りましょう。

2019年11月 3日 (日)

1969年狭山差別裁判糾弾浦和地裁選挙闘争戦士、元高知県東洋町町長・澤山保太郎氏の訴え

身の丈

荻生田文化相の身の丈発言が顰蹙を買っている。
身の丈とは身分ということである。

身分(差別)をわきまえろという発言が日本の政府閣僚から出てくるとは。
かつてはそうだった。差別をわきまえろが大義名分論の中核だった。

だが、戦後部落解放運動などの発展で、差別だ という声に震え上がる時代が出てきた。
差別を受けてきた人々がほう被りをして往還の隅を歩いていた時代から堂々と出身身分を名乗り権利を主張する時代がやってきていた。やりすぎもあったが激しい糾弾闘争も歴史的には重要な役割を果たし社会の迷妄を切り開いてきた。戦前戦後の解放運動がなければ部落大衆は今のような扱いは受けられなかったであろう。

だが、近年解放運動の沈潜などで、ヘイトスピーチなどが横行し、差別だといってもその差別を開き直る連中が出てきた。ネトウヨだけでなく荻生田のような身分差別を当然視する政治家も出てくるだろう。

人ながら 如是畜生ぞ 馬牛の 河原の者の 月見てもなぞ
これは16世紀初めの「七十一番職人歌合」の中の一首である。

ある学者はこの歌は穢多・河原者の立場になり代わっての歌だ、として
(人間でありながら、このように馬牛なみの扱いを受けている者なれば、美しい月を見ても心が晴れぬ)という解釈を示した。(「部落史を読む」阿吽社発行)

私の解釈では、この歌は差別を受けた当人が詠んだ歌であろう。如是などというお経の言葉を使っているから僧体のものかもしれない。

初めの、人ながら如是(にょぜ)畜生ぞ という句には、同じ人間でありながら畜生同然の扱いぞ という激しい叫びともとれる断定的義憤がある。

後の句には、馬牛とさげずまれる河原者であっても、月を見ても人並みに美しと感ずる、
それなのになぜこのような仕打ちを受けるのだ、という胸を打つ強い抗議の声が悲しげに響いている。

現代の解放運動は、抗議の怒りの思いを持つ多くの部落民がいるのにこの学者らの解釈のようにその声を感傷的詠嘆でしか理解しない、そのような低調な運動に似ている。

部落民だけではない。多くの受験生には経済的格差が厳しい。有名高校や大学に入学する大半は裕福な家庭の子供たちだ。部落を底辺としながら、大多数の国民が身分的格差ともいうべき差別の中で苦しんでいる。

中世の賤民たちの心の怒りは数百年たってもまだ晴れない。

2019年11月 2日 (土)

今日から老朽原発うごかすなリレーデモ、10時姫路から92キロの先の関電本店へ12月8日まで9日間の行程

Img013  今日11月2日午前10時にJR姫路駅前に集まり、出発式を行い、12月8日に大阪中の島の関電本店を目指す。とびとびの9日間の行程だが、全行程を箱根駅伝のようにリレーでつなぐ。
 また18時からは県下全域から神戸市勤労会館に集まって、キックオフ集会を開く。ここでは11月23日から福井県高浜原発前を出発する本流コース、関西・東海・北陸の責任者の一人・木原壯林さんの講演・提起のあと、討論や決意表明がなされる。
 兵庫県下全域から原発ナシの世界をのぞむ人々が集まり、老朽原発をやめさせ、関西全域から原発をなくそうの運動がきく広がっていく。
 本日から、新たな歩みを始めよう。

 

地方の高校生・受験生の意識を反映して、素早い高知県議の対応~坂本茂雄ブログより

11月1日「『身の丈』差別教育の英語民間検定試験導入見送りへ」

 先日も、萩生田文科相の「身の丈」発言について、「教育を受ける機会の平等」を規定する教育基本法にも反する教育格差容認の許せない発言であることを指摘し、批判してきました。

 その後、発言を陳謝し、撤回はしたものの、30日の衆院文科委員会で野党に追及されると、「(発言があった)番組内での『身の丈』発言以降のくだりもできたら紹介して欲しいんですけど」などと野党議員をバカにしたような笑みを浮かべながら答弁しており、反省の色はゼロであると報じられています。

 2016年には、萩生田氏の政治団体が支出した「慶弔見舞金」の公選法違反疑惑が指摘されたときにも、取材に対して「(香典配布問題を指摘されていた)高木毅復興相の報道を受け、急きょ訂正した」と答え、「多くの議員が同じようなことをやっている。問題があるのはむしろ公選法の方ではないか」と強弁するなど、萩生田氏には「順法精神」を求めること自体、無理な話なのだろうと思われるとさえ言われています。

 そんな氏の発言と責任追及の中から、本質と問題点が顕在化する中、文部科学省は本日、大学入学共通テストへの英語民間検定試験の2020年4月からの導入を見送る方針を固めましたが、その発表の文科相の記者会見での「等しく安心して受けられるような配慮など、文科大臣として自信をもって受験生に勧められるシステムとなっていないから延期する。」などという言葉など、どの口が言っているのかと腹立たしい限りです。

 この決定に対して、自民党の世耕参院幹事長「受験生の立場に立った思いやりにあふれた決断だと思っており、高く評価したい」と述べるなど、ふざけるなと言いたいぐらいです。
 
 菅官房長官側近の閣僚が2人も連続して辞任し、安倍首相は「任命責任はある」と口では謝罪しながら、説明もしない上に責任をとる気もない首相の徹底追及が求められます。

2019年11月 1日 (金)

香港並みの学生反乱へ! 民間ボロもうけ英語試験の延期と、萩生田文科大臣の退陣を!


延期論浮上も…学生混乱の英語民間試験で業者は“ボロ儲け”

公開日: 更新日:

 



 




受験生は怒り心頭(導入反対の集会を開いた京都工芸繊維大の羽藤教授=左端=ら)/(C)共同通信社
受験生は怒り心頭(導入反対の集会を開いた京都工芸繊維大の羽藤教授=左端=ら)/(C)共同通信社
拡大する

 来年4月から実施予定の英語民間試験が揺れに揺れている。

「不透明」「不公正」「欠陥制度」などの批判を受け、延期の可能性が浮上。実施でも延期でも、この大混乱は現役高校生や保護者にとって迷惑千万な話だが、民間試験導入の背景には受験生をないがしろにした“儲け主義”がある。

「身の丈」発言で炎上中の萩生田文科相は30日、衆院文科委員会で野党議員から民間試験の延期を迫られると、「円滑な実施に向けて全力で取り組みたい」と強調。一方で、「仮に今の状況より混乱が進むようなら、(延期を)考えなくてはならないという気持ちがある」とも逃げを打った。

 実施延期を求める野党に対し、与党の幹事長と国対委員長は30日、受験生の不安を払拭するよう文科省に申し入れることを確認。問題がこれ以上、大きくならないよう必死だ。

« 2019年10月 | トップページ | 2019年12月 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村