« ソウルの市民社会運動に学ぶ、平日昼間に80人 | トップページ | 安倍改造内閣、早々と2人目の辞任 次は萩生田文科大臣の首を取り、安倍政権打倒へ!  »

2019年10月31日 (木)

いよいよ始まる老朽原発うごかすなリレーデモ 11月2日(土) 10時 JR姫路駅前

原発マネーに溺れる関電に原発稼働の資格はない

許せない“原発マネー汚職”疑惑

  「嘘とごまかし、でたらめ」の政治トップのもとで腐った社会が広がっている。関西電力で発覚した“原発マネー汚職疑惑”もそのひとつだろう。内部では分かっていながら1年半以上も経過した今年9月27日、関電幹部に3億2千万円にも及ぶ法外な金品の授受があったという不正が公表された。会長や社長らが10月2日以降3回の記者会見を行ったが、「真実は語らず」。2日の記者会見では、逆に“贈賄”側の「高浜町元助役の恫喝だった」など、亡くなった者を悪者に仕立てる始末。さすがにこのような「関電被害者」論は通じず、9日には会長以下5人の幹部の辞任発表に至った。
 これら関電の多額の裏金還流は、予想通り政治家にも広がってきた。今こそ、彼ら原子力マフィアを追い詰め、原発政策を止めさせる絶好機である。

福島原発事故は人災でしかない

  福島原発事故は起こるべくして起こった人災だ。地震と津波は自然災害だが、それを最小限に食い止める手立てはあった。9月19日、原発事故責任を問う「東電幹部刑事裁判」で、東京地裁はなんと「無罪判決」を出した。この裁判での大きな争点の1つは、「津波被害は防げたのでは」だった。政府(地震本部)は2002年7月に、「30年以内にM7クラスの地震予想」を出した。2008年には、東電の子会社が「福島第1原発で15・7mの津波が来る」と算出。「堤防の高さを上げるべき」との提言も出ていた。それを東電幹部は「予算が無い」などの理由で無視し、手立てを怠った。福島第1原発のメルトダウンは、まさに東電幹部の放漫・傲慢から起きた人災でしかない。

「原発やめて毎週金曜行動」が350回

  私が関わる「脱原発はりまアクション」は、3・11原発事故直後の5月に結成した。福島の事故をきっかけに原発反対の声が全国に広がり、国会周辺を取り巻く「毎週金曜行動」が2012年の春から始まった。私たちも、関電姫路支社前で同年7月から「原発やめて毎週金曜行動」を始めた。支社前で40分間、「原発止めろ」の抗議アピールを行い、その後、JR姫路駅まで歩き、駅前宣伝行動(『脱原通信』の配布やスピーチ・歌など)を40分間行う計90分の行動だ。この「毎週金曜行動」は、今年7月26日で350回となった。
 この姫路行動以外にも、2011年10月から「福島原発事故を忘れない毎月11日行動」をJR加古川駅前で始めた。こちらは、来年の3・11で99回目になる。
私たちの行動は、いつも福島の皆さんと繋がり、思いを共有したいと考えて取り組んできた。集会・学習会にはほとんど毎回、「福島からの避難者の声」を入れている。 他にも「子ども脱被ばく裁判」を支援している。福島の子どもと親が中心となって国と東電を相手に、被ばくを認め、賠償を求める裁判だ。また、福島の子どもの健康支援カンパ活動にも大きな力を入れてきた。2014年春から始めたカンパは165万3086円となり(9月2日現在)、全額を保養キャンプ支援活動(松本子ども留学、新潟へっついの家など)や民主的医療機関へ送り続けている。
 昨年12月には私自身、福島原発事故後2度目となる福島へメンバー6人と行き、先述の「子ども脱被ばく裁判」の傍聴終了後、現地活動家の案内で県内各地を案内してもらった。帰路、第1原発から20㌔地点まで行ったが、20㌔地点では、車内のガイガーは2・0μ?/時を超えて(1年換算約10・3 m?/年)鳴りっぱなしだった。

原発問題は「遠い地」の事でない

 福井県の若狭湾にある原発は、日本最大の「原発銀座」(14基中4基が稼働中)で、高浜原発(高浜町役場)から播磨地方へは直線距離で110㌔の“超近距離”である。「若狭湾で原発事故が起これば、放射性プルームは最短2時間ほどで神戸市に到達する」と、井戸県知事が県議会で報告している。

Img013 「老朽原発動かすなリレーデモ」に参加を

 このほど、「若狭湾の原発を考える会」から、10月から12月までを「老朽原発動かすな集中行動期間」として集会・デモの呼びかけがあった、それに応え、私たちは11月2日、JR姫路駅北を出発し、大阪市の関電本店まで(12月8日着)の「リレーデモ」に取り組む。ぜひ参加して一緒に歩いてほしい。子どもたちの未来のために「原発のない社会」を訴えよう。

菅野逸雄(脱原発はりまアクション事務局長)

老朽原発うごかすな!姫路から関電本店までリレーデモ(行程予定)

■11月2日(土)JR姫路駅(出発集会)10時30分発→JR曽根駅13時着(10.0㌔) ◎リレーデモ呼びかけ集会=18時~/神戸市勤労会館403、404号
■3日(日)JR曽根駅10時20分発→JR加古川駅13時着(9.0㌔)
■4日(月)JR加古川駅10時20分発→JR明石駅16時着(19.9㌔)
■6日(水)JR明石駅発10時20分発→JR須磨駅14時着(12.4㌔)
■13日(水)JR須磨駅発10時20分発→JR神戸駅13時(8.2㌔)
■20日(水)JR神戸駅10時20分発→JR住吉駅13:00着(9.3㌔)
■27日(水)JR住吉駅10時20分発→JR西宮駅13時着(8.5キロ)
■12月4日(水)JR西宮駅10時20分発→阪神尼崎駅13時着(7.0㌔)
■8日(日)阪神尼崎駅10時20分発→関電本店13時着(8.9㌔) ◎関電包囲大集会(14時)に合流(ゴール) (※いずれも集合は10時)

 

« ソウルの市民社会運動に学ぶ、平日昼間に80人 | トップページ | 安倍改造内閣、早々と2人目の辞任 次は萩生田文科大臣の首を取り、安倍政権打倒へ!  »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ソウルの市民社会運動に学ぶ、平日昼間に80人 | トップページ | 安倍改造内閣、早々と2人目の辞任 次は萩生田文科大臣の首を取り、安倍政権打倒へ!  »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村