« あいちトリエンナーレ・不自由展6日にも再開~しんぶん赤旗 | トップページ | 11月16日、反弾圧全国集会にむけ、兵庫で3つの集会 »

2019年10月 1日 (火)

日本のテレビは果たして報道するか?~韓国市民100万人集会「チョグク守護!検察改革」

日本のテレビは果たして報道するか?~韓国市民100万人集会「チョグク守護!検察改革」
連日チョグク法務長官の疑惑を報道し「文政権は韓国市民から見放されている」と言いたげな報道をしてきた日本のマスコミですが、9/28土曜日「検察改革!チョグク守護」を掲げて朴槿恵弾劾以来最大の韓国市民がロウソク集会に集まりました。これまでの日本のマスコミの報道のウソがバレる「チョグク守護・検察改革」ソウル100万人(主催者発表は200万人)集会。果たして日本のテレビは報道するでしょうか? <検察改革について> 韓国の社会矛盾ー積弊の本丸の一つが検察。自らはチェックされることなく、他国に見られない強大な権力を使って保守勢力と結びつき、政治力を行使してきました。ちなみに韓国の検察権限がなぜそれほど強いか? 日本の植民地支配の弾圧政治に由来します。戦後も南北分断ゆえの独裁政権でそれが温存されてきて、1987年の民主化ー市民革命以降も解体されなかった最後の独裁政権の遺物が検察と国家情報院(かつてKCIA)です。(韓国ニュース日本語字幕プロジェクト) 記事ハンギョレ新聞

« あいちトリエンナーレ・不自由展6日にも再開~しんぶん赤旗 | トップページ | 11月16日、反弾圧全国集会にむけ、兵庫で3つの集会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« あいちトリエンナーレ・不自由展6日にも再開~しんぶん赤旗 | トップページ | 11月16日、反弾圧全国集会にむけ、兵庫で3つの集会 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村