« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2019年10月

2019年10月31日 (木)

大臣2人の辞任に、小池東京都知事の反乱=五輪内紛 長期安倍政権はボロボロだ

五輪マラソン札幌移転は当然、カジノ誘致にも自然をナメたツケがくる

ドーハの世界陸上では選手や観客に熱中症が続出し、暑さの危険性を浮き彫りにした。しかも東京都の「暑さ対策」はどれも効果が疑わしいとなれば、IOCの決断は合理的である Photo:EPA/JIJI© Diamond, Inc 提供 ドーハの世界陸上では選手や観客に熱中症が続出し、暑さの危険性を浮き彫りにした。しかも東京都の「暑さ対策」はどれも効果が疑わしいとなれば、IOCの決断は合理的である Photo:EPA/JIJI

IOCが東京五輪のマラソンと競歩会場を札幌に移転すると決めた。IOCを身勝手だとする議論もあるが、東京都の暑さ対策のいい加減さには専門家からも疑問の声が出ていたほどで、組織委員会と東京都が自然をナメていただけである。そしてもう1つ、IRも巨大地震のリスクを無視して、有力政治家のパワーによる無責任な誘致が進んでいる。(ノンフィクションライター 窪田順生)

東京都の暑さ対策は

驚くほど甘かった

 いまだ多くの地域に爪痕を残す台風被害や水害に続いて、またしても我々は「自然の猛威」をナメたことで、手痛いしっぺ返しを食らってしまったようだ。

 IOC(国際オリンピック委員会)が、東京2020の目玉だったマラソンと競歩について「暑さ対策に課題が残る」と札幌開催に変更すると言い出したのである。

 2013年に招致決定してから、国内外から「史上最も過酷な大会になるのでは」「あんな炎天下で運動や長時間観戦をしたら大惨事だ」など暑さへの不安が指摘されていたが、組織委員会や東京都は「ぜんぜんヘーキっすよ」と言わんばかりに、余裕をかましてきた。

 大会までに路面温度が上昇しないという「遮熱性舗装」を136キロも整備するのでランナーは超快適。会場近くには日陰やミストシャワーも整備するので、観客やボランティアも安全。なんて感じで国内外に「暑さ対策は万全」をアピールしてきた。その結果がこれだ。

 ただ、冷静に振り返れば、IOCがそのような判断を下すのも致し方ないほど、東京都は「夏の暑さ」をナメていた節がある。

 例えば、「遮熱性舗装」についてはかなり前から、その効果が疑わしいというツッコミが一部の専門家や医療関係者から寄せられている。路面の温度が少しくらい下がっても、その上を走っている人間の頭部や身体には、凄まじい直射日光が浴びせられるのだから、文字通り焼け石に水ではないのかというのだ。

 それを裏付けるようなデータもある。8月30日の日本スポーツ健康科学学会で、東京農業大の樫村修生教授が「遮熱性舗装」の上を走っている人間が体感する温度が、普通のアスファルト道路よりも高くなったという研究を発表したのだ。

 ミストシャワーも同様である。今年7月下旬、お台場のビーチバレーボール大会の会場でミストシャワーのテストが行われたが、そこで計測された暑さ指数は、環境省が「全ての生活活動で熱中症になる危険」とする28度を大きく超えた31.1度だった。

打ち水にアサガオ…

東京都の迷走にIOCが「ノー」

 2013年の五輪招致プレゼンで日本は「この時期は温暖でアスリートに理想的な気候」なんてドヤ顏で胸を張っていたが、それが盛りに盛った話だったということを示す証拠が続々と出てきているのだ。実際、今年の夏には、東京都の「見通しの甘さ」を象徴するような事態が立て続けに起きている。

 7月26日、潮風公園で開催されたビーチバレーの大会では、女子日本代表の選手が熱中症になって試合を一時中断した。8月15日には五輪の女子トライアスロンのテスト大会も開かれたが、そこではフランス代表選手が脱水症になって救急車で緊急搬送されている。

 もちろん、「自然の猛威」の犠牲になるのはアスリートだけではない。東京都福祉保健局の「平成30年夏の熱中症死亡者の状況」を見ると熱中症死亡者数は164人。「7月・8月の最高気温と熱中症死亡者数の推移(平成29年・平成30年)」を見ると、死亡者は五輪が開催中の7月24日、25日あたりが気温と死亡者のピークになっていることがわかる。

 東京都はマラソンのテスト大会も兼ねていたマラソングランドチャンピオンシップでは誰も熱中症にならなかったと胸を張るが、これは本番にあたる8月6日から1ヵ月以上も経過した9月15日に開催されている。厳密にはなんの「テスト」にもなっていない。

 もちろん、こういう“トリック”を使うくらいなので、東京都もかなり苦しい立場に追い込まれている自覚はあったはずだ。それをうかがわせるのが、打ち水キャンペーン、しまいには「効果はないが視覚的には涼しい」アサガオだ。先の大戦の日本軍大本営がわかりやすいが、日本人は敗色濃厚になればなるほど、「精神論」へ傾倒していくものなのだ。

 いずれにせよ、今回の急な変更についてIOCが身勝手だとか、欧米のテレビ放映に合わせた五輪の商業主義だなんだというのはお門違いである。そのような制約があることは、招致に名乗りを上げた時点から分かりきっていたからだ。IOCの立場としては、ドーハの世界陸上のように、マラソンや競歩で選手や観客がバタバタと倒れる映像だけは絶対に世界に流したくない。しかし、東京都がこれまでやってきた「暑さ対策」はどれも効果が疑わしく、科学的とは言い難い民間信仰のようなものまで飛び出してきている。だから、合理的な判断をして「札幌」でリスクヘッジしただけに過ぎないのだ。

 むしろ、IOCからすれば、「暑さ対策?そんなもん余裕ですよ」と大風呂敷を広げてきた東京都にダマされたくらいに思っているかもしれない。

IRの誘致場所にも

自然災害リスクが

 今回のことから我々が学ぶべきは、「自然の猛威」をナメてはいけないということだ。これだけ治水技術が向上しても水害を完璧に防ぐことができないように、科学や技術で「自然」をコントロールすることはできないのだ。そのあたりの意識は、国際社会の方が高い。特に世界中から人々が集まるようなイベントなどでは、「俺たち日本人が大丈夫だと言ってんだから、ドーンと大船に乗ったつもりでいろ」なんてロジックは通用しないということである。

 それを踏まえると、実は五輪のマラソンと匹敵するほど、大きなリスクがもう一つある。それはIR(カジノを含む統合リゾート)の誘致場所だ。

安倍改造内閣、早々と2人目の辞任 次は萩生田文科大臣の首を取り、安倍政権打倒へ! 

河井法相が辞任、内閣改造後2人目-週刊誌報道受け引責










Katsuyuki Kawai on Sept. 11.© Bloomberg Katsuyuki Kawai on Sept. 11.

(ブルームバーグ): 河井克行法相が31日、妻の選挙運動を巡る週刊誌報道を受け、辞任した。同日発売の週刊文春が7月の参院選で当選した妻の案里氏の陣営で公職選挙法の運動員買収の可能性があると報じていた。

  河井氏は週刊誌が報じた疑惑について「私も妻も全く、あずかり知らないところだ」と述べ、「しっかりと調査して説明責任を果たしたい」と述べた。辞任を決断した理由について「政治家として責任を取るのではなく、法相として法に対する国民の信頼を損ないかねない疑義が生じたことに責任を取る」と語った。

  後任には森雅子元少子化担当相が就任する。森氏は首相官邸で記者団に、安倍晋三首相から「法務大臣をするようにというご指示があり、はいと答えた」と語った。

  閣僚辞任は9月の内閣改造後、地元有権者に秘書が香典を配った問題などで25日辞任した菅原一秀前経済産業相に次いで2人目で、安倍政権にとってさらなる打撃となる。

  菅原氏辞任後、菅義偉官房長官は「改めて襟を正し、国民の信頼回復に努めていかなければならない」と語っていた。

(河井氏の発言を追加して更新しました)

記事についての記者への問い合わせ先:東京 延広絵美 enobuhiro@bloomberg.net

記事についてのエディターへの問い合わせ先:大久保義人 yokubo1@bloomberg.net, 広川高史

いよいよ始まる老朽原発うごかすなリレーデモ 11月2日(土) 10時 JR姫路駅前

原発マネーに溺れる関電に原発稼働の資格はない

許せない“原発マネー汚職”疑惑

  「嘘とごまかし、でたらめ」の政治トップのもとで腐った社会が広がっている。関西電力で発覚した“原発マネー汚職疑惑”もそのひとつだろう。内部では分かっていながら1年半以上も経過した今年9月27日、関電幹部に3億2千万円にも及ぶ法外な金品の授受があったという不正が公表された。会長や社長らが10月2日以降3回の記者会見を行ったが、「真実は語らず」。2日の記者会見では、逆に“贈賄”側の「高浜町元助役の恫喝だった」など、亡くなった者を悪者に仕立てる始末。さすがにこのような「関電被害者」論は通じず、9日には会長以下5人の幹部の辞任発表に至った。
 これら関電の多額の裏金還流は、予想通り政治家にも広がってきた。今こそ、彼ら原子力マフィアを追い詰め、原発政策を止めさせる絶好機である。

福島原発事故は人災でしかない

  福島原発事故は起こるべくして起こった人災だ。地震と津波は自然災害だが、それを最小限に食い止める手立てはあった。9月19日、原発事故責任を問う「東電幹部刑事裁判」で、東京地裁はなんと「無罪判決」を出した。この裁判での大きな争点の1つは、「津波被害は防げたのでは」だった。政府(地震本部)は2002年7月に、「30年以内にM7クラスの地震予想」を出した。2008年には、東電の子会社が「福島第1原発で15・7mの津波が来る」と算出。「堤防の高さを上げるべき」との提言も出ていた。それを東電幹部は「予算が無い」などの理由で無視し、手立てを怠った。福島第1原発のメルトダウンは、まさに東電幹部の放漫・傲慢から起きた人災でしかない。

「原発やめて毎週金曜行動」が350回

  私が関わる「脱原発はりまアクション」は、3・11原発事故直後の5月に結成した。福島の事故をきっかけに原発反対の声が全国に広がり、国会周辺を取り巻く「毎週金曜行動」が2012年の春から始まった。私たちも、関電姫路支社前で同年7月から「原発やめて毎週金曜行動」を始めた。支社前で40分間、「原発止めろ」の抗議アピールを行い、その後、JR姫路駅まで歩き、駅前宣伝行動(『脱原通信』の配布やスピーチ・歌など)を40分間行う計90分の行動だ。この「毎週金曜行動」は、今年7月26日で350回となった。
 この姫路行動以外にも、2011年10月から「福島原発事故を忘れない毎月11日行動」をJR加古川駅前で始めた。こちらは、来年の3・11で99回目になる。
私たちの行動は、いつも福島の皆さんと繋がり、思いを共有したいと考えて取り組んできた。集会・学習会にはほとんど毎回、「福島からの避難者の声」を入れている。 他にも「子ども脱被ばく裁判」を支援している。福島の子どもと親が中心となって国と東電を相手に、被ばくを認め、賠償を求める裁判だ。また、福島の子どもの健康支援カンパ活動にも大きな力を入れてきた。2014年春から始めたカンパは165万3086円となり(9月2日現在)、全額を保養キャンプ支援活動(松本子ども留学、新潟へっついの家など)や民主的医療機関へ送り続けている。
 昨年12月には私自身、福島原発事故後2度目となる福島へメンバー6人と行き、先述の「子ども脱被ばく裁判」の傍聴終了後、現地活動家の案内で県内各地を案内してもらった。帰路、第1原発から20㌔地点まで行ったが、20㌔地点では、車内のガイガーは2・0μ?/時を超えて(1年換算約10・3 m?/年)鳴りっぱなしだった。

原発問題は「遠い地」の事でない

 福井県の若狭湾にある原発は、日本最大の「原発銀座」(14基中4基が稼働中)で、高浜原発(高浜町役場)から播磨地方へは直線距離で110㌔の“超近距離”である。「若狭湾で原発事故が起これば、放射性プルームは最短2時間ほどで神戸市に到達する」と、井戸県知事が県議会で報告している。

Img013 「老朽原発動かすなリレーデモ」に参加を

 このほど、「若狭湾の原発を考える会」から、10月から12月までを「老朽原発動かすな集中行動期間」として集会・デモの呼びかけがあった、それに応え、私たちは11月2日、JR姫路駅北を出発し、大阪市の関電本店まで(12月8日着)の「リレーデモ」に取り組む。ぜひ参加して一緒に歩いてほしい。子どもたちの未来のために「原発のない社会」を訴えよう。

菅野逸雄(脱原発はりまアクション事務局長)

老朽原発うごかすな!姫路から関電本店までリレーデモ(行程予定)

■11月2日(土)JR姫路駅(出発集会)10時30分発→JR曽根駅13時着(10.0㌔) ◎リレーデモ呼びかけ集会=18時~/神戸市勤労会館403、404号
■3日(日)JR曽根駅10時20分発→JR加古川駅13時着(9.0㌔)
■4日(月)JR加古川駅10時20分発→JR明石駅16時着(19.9㌔)
■6日(水)JR明石駅発10時20分発→JR須磨駅14時着(12.4㌔)
■13日(水)JR須磨駅発10時20分発→JR神戸駅13時(8.2㌔)
■20日(水)JR神戸駅10時20分発→JR住吉駅13:00着(9.3㌔)
■27日(水)JR住吉駅10時20分発→JR西宮駅13時着(8.5キロ)
■12月4日(水)JR西宮駅10時20分発→阪神尼崎駅13時着(7.0㌔)
■8日(日)阪神尼崎駅10時20分発→関電本店13時着(8.9㌔) ◎関電包囲大集会(14時)に合流(ゴール) (※いずれも集合は10時)

 

ソウルの市民社会運動に学ぶ、平日昼間に80人

 10311 10月30日(水)14時~17時、神戸市勤労会館にて、「日本の政治を変えるために市民は何ができるか~ソウルの市民社会運動に学ぶ~」を安保関連法廃止!市民の集いと憲法を生かす会・西神戸連絡会の共催で開きました。
   出席者は80名。東京から来いただいた白石孝さんのお話は、韓国の市民運動を熟知された内容で、示唆に富むものでした。韓国では100万人以上のデモで政権を倒すのに何故日本では出来ないのか、韓国の市民運動にあって、日本の市民運動に欠けているものは何か、という点については、日本は専門店の市民運動が多すぎること、市民運動相互の連携が弱いこと、政治(中央・地方)との結びつきが弱いこと、市民運動を支える市民の財政的支援がしっかりしていること(50名以上の若い有給スタッフを抱える参与連帯の例)等が挙げられました。本当に政権を倒すには、日本の市民運動が学ばなければならない点が多いと改めて感じさせられました。会場からも積極的な意見や質問が多く出され、まずは成功と言えるでしょう。

2019年10月30日 (水)

本日14時から神戸市勤労会館で、白石孝さんの「ソウルの市民社会運動に学ぶ」講演会

10月30日(水)14時~17時、神戸市勤労会館(JR三ノ宮駅から南東へ4分) にて、東京から白石孝さんを招き、講演と討論の会を開きます。 日本の市民運動はなぜ政権を倒す力を持てないのか、韓国の市民運動にあって、 日本の市民運動に無いものは何かを学びます。 是非、お集まりください。

写真の説明はありません。

2019年10月29日 (火)

青山繁晴ら自民党極右議員が「旧宮家男子を女性皇族の婿養子に」とカルト提言!

青山繁晴ら自民党極右議員が「旧宮家男子を女性皇族の婿養子に」とカルト提言! 竹田恒泰が愛子内親王と結婚して天皇になる可能性も?


青山繁晴ら自民党極右議員が「旧宮家男子を女性皇族の婿養子に」とカルト提言! 竹田恒泰が愛子内親王と結婚して天皇になる可能性も?の画像1
男系カルト!(青山繁晴事務所フェイスブックより)


 22日に行われた「即位礼正殿の儀」では、安倍首相の「天皇陛下万歳!」の雄叫びに合わせて自衛隊が空砲を連発。あらためて浮き彫りになったのは、この国の右派がいまだに「天皇を中心とした神の国」という戦中のカルト的思想を温存し、その復権を虎視眈々と狙っているという事実だった。

 一方、儀式を中継したテレビマスコミでしきりに語られていたのは、皇室の「後継者問題」だ。現状の皇室典範では〈皇位は、皇統に属する男系の男子が、これを継承する〉(第一条)と定められている。徳仁天皇の子息である愛子内親王に皇位継承権はなく、次世代の「男系男子」は秋篠宮家の悠仁親王ただ一人。このままでは先細りは免れない、ということで、「女性天皇・女系天皇」を認めるか否かの議論があるのは周知の通り。

 そんな「後継者問題」が盛り上がるタイミングを見計らい、自民党が満を持して“アンチ女系天皇”を打ち出してきた。あの“ネトウヨの尊師(グル)”こと青山繁晴参院議員が代表幹事を務める「日本の尊厳と国益を護る会」なる自民党の極右議員グループである。

 本サイト読者にはおなじみだろうが、青山氏といえば、日々、大ボラを吹きまくってネトウヨから絶大な支持を受けている御仁だ。そんな青山センセイが牽引する「日本の尊厳と国益を護る会」が23日、皇位継承をめぐって、「男系男子」を堅持すべしとの提言を発表したのだが、これがまた、まさに“カルト”としか言いようのないシロモノ。なんと、「男系男子」維持のため「旧宮家」の男子を現皇室の養子にしろ、などと本気で言っているのだ。


 提言では、「男系男子」について〈皇位の歴史が男系・父系による継承であるために、父を一系で辿ることができ、仁徳天皇や神武天皇にまで繋がる天皇家の皇統が続いてきた〉などと述べたうえで、〈今後もし女系天皇、母系天皇を認めれば天皇家の皇室は終わり、異質の王朝(皇室)、すなわち神武天皇から受け継ぐ祭り主ではない「天皇ならざる天皇」を生み出すことに直結する〉と主張する。

「天皇ならざる天皇」という言い回しなんか、いかにも青山センセイらしいハッタリの臭いがプンプンするが、問題は「提言」の後半、“男系男子の維持”の〈具体的な安定策〉としてこうぶちあげていることである。

〈(イ)養子および婿養子案
 旧宮家の男子が、現皇族の養子となられるか、女性皇族の婿養子となられる案。お生まれになる子が即位された場合、父が天皇の血を引くという男系・父系の原則を満たすことができる。〉

 さらに青山センセイたちは、旧宮家の10〜20代の「男系男子」に了承を得て、立法措置により皇族に復帰させるという「旧宮家の皇籍復帰案」もプラン(ロ)として提唱しているが、どっちも同じようなものだ。

 念のため説明しておくが、「旧宮家」とは、戦後の1947年、GHQに特権を享受する宮家の縮小を求められて皇籍離脱した11宮家のこと。当然、現在は一般人である。たとえば、あのネトウヨ丸出しのお騒がせ男である竹田恒泰氏も、この時に皇籍を離脱した旧宮家のひとつ竹田宮の子孫にあたる(ただし、竹田氏が生まれたときにはすでに宮家ではなかったので、竹田恒泰が皇族であった時期は存在しない。彼が一時期まで自己PRに使っていた「旧皇族」というのはウソである)。

 いずれにしても、青山センセイたちは、今の天皇から10親等以上離れた遠い親戚にあたる一般の家庭で生まれた男性を、ただ“男系で天皇の血を引いている”というだけで、世間とは隔絶され基本的人権を著しく制限される皇室にいれようというのである。

 まったく、どうかしているとしか思えない。とりわけ、「女性皇族の婿養子」という発想は、もはや狂気じみてさえいるだろう。

 現実に照らせば、その「旧宮家の男系男子」と結婚させられるのは、明仁上皇の孫である愛子内親王、秋篠宮の佳子内親王、小室圭さんと婚約している眞子内親王の3人と、大正天皇のひ孫である高円宮承子女王、三笠宮彬子女王、三笠宮瑶子女王の3人しか選択肢がないことになる。青山センセイたちは〈婚姻はご当人の自由意志に基づく自然なものでなければならない〉と予防線を張っているが、彼女たちが“男系天皇を絶やさないため”なる理由で旧宮家の男と結婚し、「男系男子」の子どもを産むことを強要されることに変わりはない。“現代の人身御供”と言わずしてなんと言うのか。

 もちろん、当人だけの問題ではない。事実、眞子内親王と小室圭さんの婚約の場合、二人が望む結婚が実現すれば眞子内親王は民間人になるわけだが、それでも、小室さんの母親スキャンダルなどで世間は“一億総姑状態”になってしまった。まして旧宮家の婿養子になるとすれば、“次世代の天皇の父親”というだけでなく、自身にも皇位継承権があるわけだから、到底、国民がすんなりと受け入れるとは思えない。

続きはリテラで

さらに大幅にバージョンアップして、12月中旬までのスケジュール公開

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

1030日(水) 「骨格提言」の完全実施を求める大フォーラム 12時 東京 日比谷野外音楽堂

10月30日(水) 「日本の政治を変えるために、市民は何ができるか」~ソウルの市民社会運動に学ぶ 14時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:白石孝さん(『ソウルの市民民主主義』編著者)

10月30日(水) 重信メイ、パレスチナを語る 19時 大阪中央会館(地下鉄「心斎橋」東15分)

10月31日(木) 津田大介シンポ・再開要求要請行動 16時 神戸文化ホール入口集合

113日(日) ハンセン病問題を考える会 13時 西宮若竹会館(JR「西ノ宮」北東5分)

113日(日) ハナマダン 11時 尼崎中央公園(阪神「尼崎」北すぐ) 舞台公演は12

Img009 113日(日)  安倍改憲発議阻止!辺野古新基地建設やめろ!北東アジアに平和と友好を!国会前行動 14時 国会正門前

113日(日)  大阪憲法集会 13時半 扇町公園(JR環状線「天満」西3分)

113日(日)  神戸憲法集会 13時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:高作正博関西大教授

114日(月・休) 北区9条のつどい 14時 すずらんホール(神戸電鉄「鈴蘭台」すぐ) 講演:高橋源一郎(小説家・評論家)

 

▽老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ

112日(土) 老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ  10時 JR姫路駅前
キックオフ集会 18時半 神戸勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

兵庫リレーデモ第4回実行委 16時 サロン・ド・あいり(JR「三ノ宮」東5分)
11
3日(日) 10時 JR曽根駅

11月4日(月) 10時 JR加古川駅       

11月6日(水) 10時 JR明石駅

11月13日(水) 10時 JR須磨駅

11月20日(水) 10時 JR神戸駅  

11月27日(水) 10時 JR住吉駅→128日 大阪福島関電本店前

 

11月6日(水)  戦争あかん!ロックアクション 18時半 新町北公園(地下鉄「本町」西南7分、オリックス劇場南)

119日(土) 市民デモHYOGO例会 10時 神戸長田総合庁舎・1Fブース(JR「新長田」南8分)

Img006_20191014110701119日(土) 連続市民講座③ 労働運動の課題と飛躍のための提言 14時 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南3分) 講演:熊沢誠(甲南大学名誉教授)

119日(土) 女性帰還兵が語るベトナム戦争、イラク戦争、そしてアメリカ社会 18時 六甲道勤労市民センター(JR「六甲道」南すぐ)

11月10日(日) 連帯兵庫みなせん参議院選総括・次期衆議院選へ再出発討論集会 13時半 神戸市・立花職員研修センター(「高速神戸」北4分「あすてっぷKOBE」西隣)

11月10日(日) 映画『道草』上映会 尼崎女性センタートレピエ・ホール(阪急「武庫之荘」南4分)  午前の部 10時  午後の部 14

11月10日(日) 太田昌国講演会 13時 大正会館ホール(大正コミュニティセンター2階)

 

1111日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」東南5分)

11月12日(火) 関生弾圧公判 9時半 傍聴券抽選会  10時 公判 大阪地裁201大法廷(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南10分)

11月14日(木) 憲法違反の宗教儀式1114大嘗祭抗議デモ 18時 中ノ島水上ステージ(地下鉄「淀屋橋」北東7分)

1114日(木) 菱山南帆子と市民運動をつくる会相談会 18時半 小田北生涯学習センター(JR「尼崎」北東4分)

11月15日(金) 望月衣塑子講演会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 兵庫労連など主催

1116日(土) 遡り日本近現代史講座 女性差別の最大の元凶こそ天皇家だ! 11時 売布ぷらざこむ(阪急「売布神社」東南5分、阪急「中山寺」南西7分)

Img011_201910141217011116日(土)  関生弾圧粉砕全国集会 14時 西梅田公園(JR「大阪」西南8分、JR「福島」東南7分)

1117(日)  憲法&平和deまちづくり 14時 芦屋市民化センター(JR「芦屋」西5分)お話し:山中健前芦屋市長ほか

1117日(日)  熟年者ユニオン結成20周年集会 14時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:藤田孝典(「下流老人」などの著者)

11月17日(日)  改憲反対市民フォーラム 12時 JR大阪駅前

1117日(日) 第8回さようなら原発1000人集会第5回実行委員会 18時半 いたみホール・5階会議室(阪急「伊丹」北3分 JR「伊丹」北西7分)

1118日(月) 世直し研 18時半 福島区民センター(阪神・地下鉄「野田」西南7分) 講演:森松明希子

11月19日(火)  神戸の大逆事件研究会 18時半 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

1121日(木) 原発賠償関西訴訟 14時 大阪地裁(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南12分)

11月22日(金)  憲法懇談会 18時半 神戸婦人会館・すみれ(「高速神」北3分)

1123日(土・休) 原発・核燃にどめを!関西集会 1340分 守口文化センター・エナジーホール(京阪「守口市」北東3分)

1123日(土) 老朽原発 高浜12号機、美浜3号機の再稼働を許さないリレーデモ出発

  ~128日(日) メインコース:高浜原発→若狭町→高島市→大津市→京都市→関電本店前

1125日(月)  神戸市議会で沖縄意見書採択めざす連絡会第2回実行委 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

1127日(水)  兵庫憲法集会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:水島朝穂早稲田大教授

 

Img013 老朽原発うごかすな!リレーデモ

1127日(水) 10時 JR住吉→JR西ノ宮

121日(日) いたみホールさようなら原発1000人集会 協賛

122日(月) 10時 JR西ノ宮駅 →阪神尼崎 

128日(日) 10時 阪神尼崎駅前 →関電本店前

 

1127日(水)  1116反弾圧全国集会総括会議 18時半 エルおおさか

1130日(土) 連続市民講座④ 幼児虐待を考える 14時 アステ川西ルーム4(阪急「川西能勢口」南1分) 講師:毎立敏郎(尼崎総合医療センター小児科部長)

1130日(土) 大内裕和講演会 14時 西宮勤労会館(JR「西ノ宮」南西5分)

11月30日(土) 2019年小学校教科書採択 道徳と社会科の実態 全国集会 13時半 大阪中央会館ホール(地下鉄「心斎橋」東15分)

 

121日(日) 第23回伊丹マダン 10時 伊丹小学校(阪急「伊丹」北3分)

121日(日) さようなら原発 1000人集会 14時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分、JR「伊丹」北西8分) 講演:樋口英明(元福井地裁裁判長)、武藤類子(福島刑事裁判原告)

12月5日(木)  関生弾圧公判 9時半 傍聴券抽選 10時 公判 大阪地裁大法廷

127日(土) 樋口英明さん講演会 13時半 高槻現代劇場(阪急「高槻市」西南7分)

128日(日) 関電本店包囲全国集会 14時 関電本店前(JR福島南8分、地下鉄「淀屋橋」西10分) リレーデモ東西から到着

12月8日(日)  ここまで来ているメディアの危機 14時 新長田勤労市民センター(JR「新長田」南西3分) 講演:南彰新聞労連委員長

12月14日(土) 「SAYAMA 見えない手錠をはずすまで」番町上映会 13時 長田公民館別館2階(「高速長田」南東4分)

1214日(土) 望月衣塑子講演会 14時 サンシビック尼崎(阪神「尼崎」西南5分)

1215日(日) 反貧困映画と講演の集い 13時半 神戸市教育会館(JR「元町」北8分)講演:湯浅誠(法政大学教授) 

2019年10月28日 (月)

10日後に迫った高知県知事選(11月7日告示、24日投開票) 埼玉・岩手に続き野党共闘候補の勝利を!

10日後に迫った高知県知事選(11月7日告示、24日投開票) 埼玉・岩手に続き野党共闘候補の勝利を!

高知知事選 全野党協定書

松本統一予定候補 「安心して暮らせる県に」~『しんぶん赤旗』より

写真

(写真)知事選の必勝をめざす協定書に調印し、松本予定候補(前列左から3人目)と並ぶ(右へ)広田、武内、春名、(同左へ)久保、濱田の各氏=26日、高知市

 11月7日告示(24日投票)の高知県知事選に野党統一予定候補として挑む日本共産党県常任委員の松本けんじ氏=無所属新=の必勝をめざし、県内の全野党が26日、高知市内で一堂に会し、「必勝をめざす協定書」に調印しました。松本予定候補は「ここでいっしょに生きよう。だれ一人取り残さない高知県政へ」と題した政策を発表しました。

 この間の国政選挙での野党共闘から前進し、初めて選対が設けられ、この日の第1回選対会議で、本部長に「社会保障を立て直す国民会議」国対委員長の広田一衆院議員(高知2区)、副本部長に5野党の県代表が就任しました。

 広田氏は会見で、この選対体制に触れ、「共闘の体制は進化していると確信している」と強調。岩手、埼玉の両県知事選で野党統一候補が勝利したことを挙げ、「この流れをしっかりと引き継いで、そして自由民権発祥の地の高知県から野党共闘を進化させる、地方から国を変える、そう国民、県民に示していくたたかいにしなければならない」と力説しました。

 松本予定候補について「今回の知事選の重要性を考えた場合、松本さんが最もふさわしく、勝てる候補だと判断し、(立候補を)要請させていただいた」と指摘。「松本けんじ知事の誕生のために一生懸命、頑張りたい」と述べました。

 立憲民主党県連代表の武内則男衆院議員は「(自公推薦候補に)対抗し得る、私たちが推すべき候補者は松本さんしかないという決断をした」と語りました。

 松本候補は七つのテーマの重点政策を紹介し、「『ここでいっしょに生きよう』のスローガンのもと、高知のどこに住んでも安心して暮らしていける、生き続けられる県にしたい」と表明しました。

 協定書には武内、広田の両氏、国民民主党県連の長尾和明幹事長、日本共産党県委員会の春名直章委員長、社民党県連の久保耕次郎代表、新社会党県本部の濱田太蔵委員長が署名しました。

2019年10月27日 (日)

菅原更迭で辞任ドミノ始まる 初入閣組の醜聞また弾けるか


菅原更迭で辞任ドミノ始まる 初入閣組の醜聞また弾けるか

公開日: 更新日:

 

 



 




左から田中復興相、武田国家公安委員長、梶山経産相(C)共同通信社
左から田中復興相、武田国家公安委員長、梶山経産相(C)共同通信社
拡大する

 第2次安倍政権発足からおよそ7年。通算在任日数の歴代最長超えまで1カ月足らずだが、安倍首相の足元はグラグラだ。台風15号被害で千葉県が大規模停電に見舞われる中、強行した内閣改造で初入閣した菅原経産相が公選法違反疑惑で立ち往生。25日、事実上の更迭となった。腐臭漂う大臣は菅原氏にとどまらない。いよいよ辞任ドミノが始まり、安倍首相がブン投げ辞任に追い込まれた第1次政権を彷彿とさせる展開になりそうだ。

 菅原氏に浮上している疑惑は選挙区内の有権者へのメロン、カニ、イクラなどの金品バラまき、秘書給与のピンハネ、秘書に対する暴行など。「日本版タマネギ男」の名にたがわない不祥事が次から次へと噴出しているが、「金品とは現金のことだと思っていた」などとシラを切っていた。ところが、発売中の「週刊文春」が有権者買収の決定的証拠といえる写真を掲載。これがトドメになった。今月17日、東京・練馬の斎場で営まれていた菅原の支援者の通夜に公設秘書が参列。2万円入りの香典袋を手渡した様子を報じたのである。

「菅官房長官を囲む『令和の会』を取りまとめる菅原大臣は“菅人事”で入閣。疑惑噴出後も長官は菅原大臣をかばい続け、〈すでに時効だからどうってことない〉と静観の構えでしたが、文春報道で状況は一変。菅原大臣は日米貿易協定承認案が審議入りした24日の衆院本会議を欠席し、出席するとしていた25日の衆院経産委員会の開会直前に辞表を出した。大臣辞任で逃げ切り、議員辞職だけは避けたいとの思惑です」(与党関係者)

 トコトンふざけた男だ。公選法は本人が葬式や結婚式に出席する場合を除き、政治家が選挙区内で金品を贈ることを禁じる。違反には50万円以下の罰金のうえ、当選は無効。最長5年間、公民権は停止される。野党が議員辞職を求めるのは当然だ。

 先月11日に発足した第4次安倍再改造内閣の初入閣組は13人。醜聞を抱える大臣はまだまだいる。菅原氏ひとりのクビでコトは収まりそうにない。

「防災担当相を兼務する武田国家公安委員長と暴力団関係者との交際を巡る疑惑を週刊誌が追っています。来週にもはじけるのではないかともっぱらです」(永田町関係者)

 武田氏は過去に山口組系元組員から献金を受領した疑惑が報じられている。田中復興相と竹本IT担当相の3人のイニシャルを取って「魔の3T」とヤユされ、「誰が真っ先に辞任するか」と永田町で話題になっていた。田中氏は財務副大臣在任中の2006年に、自身の政治団体が開催した政治資金パーティーで指定暴力団・稲川会系の企業による40万円分のパーティー券購入が判明。竹本氏は山口組系幹部との写真をSNSにアップしていることが問題になった。 

 国民民主党の森ゆうこ参院議員の国会質問が事前に外部流出した問題で、北村地方創生相は内閣府からの漏洩が判明した場合は「責任を取る」と明言。きのうは「あくまで一般論として必要な対応を行うという趣旨」と釈明したが、支離滅裂だ。野党の一層の追及は免れない。

続きは日刊ゲンダイで

神戸で関生弾圧反対の集会 11・9熊沢誠講演会から、11・16全国集会へ

  10272 10月23日、神戸市勤労会館で「労働組合つぶしを許さない兵庫集会」が開かれた。ひょうごユニオンや全港湾神戸支部、JP労組、自治労などの組合員や市民が120名の会場をうめつくした。岩佐卓也神戸大学准教授、森博行弁護士、関生支部坂田冬樹副委員長からの訴えがあり、質疑応答等で関生弾圧の内容、なぜ今大弾圧なのか、非常にわかりやすく解説され、弾圧反対の運動が大きく広がった。
 岩佐さんは、生コン業界と関生の闘いの歴史に触れ、協同組合と労働組合の共闘の中から、ゼネコンとセメントメーカーの挟み撃ちの収奪を打ち破り、それが労働者の生活守る賃金を保障するだけでなく、低価格競争をストップすることは生コンの品質悪化を防ぐことにもつながったこと。それを広域協が目先の利益欲しさに、関生労組を排除してきたことを明らかにした。
 弾圧裁判の弁護団である森弁護士は、各事件のひどいデッチあげ性の内容を具体的に暴露した。加茂生コンでは、実質月20日働いているImg006_20191014110701 日々雇用(手帳を持っている)の労働者が組合に入って、正社員化を要求したら「強要未遂」。全く当然の要求で、そのうえ保育所の就労証明書を過去4回ももらっているのに、組合入ったら拒否で、これが「強要未遂」。絶対認められないと声をあげた。
 坂田副委員長は、阪神淡路大震災で、阪神高速やビルなどで、多くのコンクリート使った建造物が手抜き工事、処理不充分の海砂を使ったコンクリート(鉄筋が腐食する)や、「シャブコン(工事の効率あげるために加水したコンクリートで強度が弱い)」によって倒壊し、犠牲者が多く出た、ここからコンプライアンス活動の意義をわかりやすく説明した。まら連合から「今時、ストやる組合ないで」と言われたが、「こうやって働く者の権利が奪われていく!」と憤懣やるかたなく語り、武委員長は「目の前の労働者の救済ができないのなら、組合辞めろという人」と関生労組の姿勢を語った。 
 質疑討論では、安倍政権になって、あいちトレンナーレでの表現の自由侵害や、民主主義の破壊が激しくおこなわれ、ここが元凶だ、と司会がまとめた。
 関生弾圧から1年。兵庫でも、「これは労働組合にかけられた弾圧だが、これを見過ごしたら市民運動にもかけられる。今この時、この弾圧をはね返すことが、これからの運動には必要だ」との認識が大きく広まった集会になった。11月9日にはこの Img011_20191014121701 弾圧反対の論陣を先頭で張ってきたきた熊沢誠甲南大名誉教授(労働契約論)の講演会が尼崎のトレピエで行われる。この集会成功させ、11・16<声をあげよう!弾圧許すな!全国集会>に結集しよう。11月16日、14時、大阪西梅田公園へ結集しよう!

2019年10月26日 (土)

日本も週末は集会・行動の目白おし~香港の中学生を見倣いいよいよ行動に立ち上がる時

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

 

Img0071026日(土) 連続市民講座② 水道の民営化を考える学習会 14時 ピピアめふ(阪急「売布神社」すぐ) 講演:竹田かおり(NPO法人AMネット)

10月26日(土)  道徳の教科化と道徳教科書 元教ネット連続講座② 14時 神戸市教育会館(JR・阪神「元町」北8分) お話し:相可文代(元中学教員)

1026日(土) 安田真理と語る会 14時 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分)

10月26日(土)  108山﨑博昭プロジェクト 2019年秋の集会~マーク・ラッド氏が語る 14時 エルおおさか・視聴覚室(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15

1027日(日) 狭山再審関西キャラバン 宝塚街頭宣伝 10時 JR・阪急宝塚駅前歩道橋上

1027日(日) 望月衣塑子講演会 14時 川西商工会館(能勢電「絹延橋」西5分)

1027日(日) 反戦・反貧困・反差別京都集会 13時 円山野外音楽堂(阪急「四条河原町」東
15
分) 講演:知花昌一、菅孝行  終了後デモ行進

路上に溢れ出た独立運動~スペイン・カタルーニャ州 韓国・欧州・香港~100万人単位のデモが世界を変える

Share

 

 スペインからのカタルーニャ州独立を目指す「カタルーニャ独立運動」が活発化している。住民の自己決定権が一番の要求である。大規模なデモが続いているが、日本においてはメディア報道は皆無に等しい。最近来日したドキュメンタリー映画作家のジョルディ・ウリオラさんが、カタルーニャ独立運動について日本語でレポートを寄せてくれた。以下、紹介する。(レイバーネット編集部)
*赤が「カタルーニャ州」
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

路上に溢れ出た独立運動~スペイン・カタルーニャ州で何が起きているのか?

  ジョルディ・ウリオラ

 

 2010年以来カタルーニャ自治州政府は、大多数の市民の要求を受けて投票による自決権行使を目指し、スペイン中央政府との交渉を試みてきた。対話を拒み続ける中央政府に圧力をかけるため、2017年には一方的に投票を計画したものの、対話を求める姿勢は崩さなかった。この投票を阻止するため中央政府は警官3700人を投入したが、 民衆は非暴力的不服従で応じた。警察の介入は1000人を越す負傷者が出したものの、200万人以上が投票し独立賛成は90.18%に達した。この結果を受けて州政府は、中央政府の合意の下での投票実施に向けた交渉を求めたが、スペイン政府からの回答は、ベルギー亡命に成功した当時の州首相プッチダモン他数名を除く、カタルーニャ政府メンバー全員の投獄であった。

 去る10月14日、スペイン最高裁が政治家7人と活動家2人に対して9年から13年の禁固刑を下したとき、すでにスペイン政府は2000人以上の治安維持部隊をカタルーニャに配置していた。判決に対する抗議のために何千人もの市民がバルセロナ空港を平和的に占拠し、150余りのフライトがキャンセルとなった。並行してカタルーニャ全土やスペイン各地で呼びかけられた数々のデモは、いつものように全く平和的なものであった。ところが、日没後9年間で初めて警察との衝突が発生する。

 起爆剤となったのは、うんざりした独立派やカタルーニャと連帯する反体制派の若者か、あるいは覆面警官が起こしたのかは不明だが、警察に向けられた小規模な挑発行為だった。警察車両がデモ参加者を威嚇的に追跡し二人をはねると、大量にゴム弾を発射してパニックを引き起こすと、デモ参加者は警察車両の突入から身を護るために、ゴミ用コンテナを間に置いて火を点けた。街のあちこちから火の手が上がる衝撃的な画像がテレビを通じて放映されて、スペイン政府は国家安全保障法の適用に言及し始めた。

 度重なる屈辱や暴力に飽きあきした若者がスペイン警察に挑発されたと感じて怒りを爆発させるときがくること、さらには、大規模な警察官派遣がスペイン全土から反ファシズムのグループを引き寄せることは予測可能だった。この騒乱は、カタルーニャとスペインの間の対立に世界の目を向けるのに役立った一方で、中央政府によるカタルーニャ独立思想の非合法化に有利に働く可能性もある。

 カタルーニャの独立運動は、1968年のキング牧師の行進を手本に、全土からバルセロナまで6つの隊が3日間かけて歩くという感動的なイニシアティブによって新たなスタートを切っている。10月18日、判決に反対するゼネストによって機能麻痺に陥ったバルセロナで、各地から集まった歩隊が合流したのだ。スペイン政府は、民主的な解決策を避けて弾圧的な解決策を取るために、独立運動の非合法化を試みているが、自決権行使が可能となるまで、大規模な非暴力の不服従行動は続くであろう。

筆者=ジョルディ・ウリオラ
カタルーニャ州バルセロナ(スペイン)

 

お粗末菅原経産相辞任、任命責任は菅官房長官 ドミノ辞任で始まるポスト安倍の暗闘

経産相辞任、早くも次のターゲットの名=質問流出問題で野党手ぐすね

 菅原一秀経済産業相の辞任ショックがさめやらぬ中、早くも次にやり玉に挙がりそうな新任閣僚の名が浮上している。野党議員の国会質問が事前流出した問題を抱える北村誠吾地方創生相だ。政府は部内から情報が流出したことを示唆しており、責任問題に発展することへの警戒が強まっている。

 24日の野党ヒアリングに呼ばれた内閣総務官室の担当者によると、漏れたのは質問通告状況などを同室が取りまとめた一覧表で、インターネットで内部共有されている文書だという。

 野党議員が「政府から出たのは間違いないか」と問うと、同室は「そう推測される」と答え、漏えいは内規違反に当たるとの見解を示した。

 北村氏は23日の衆院内閣委員会で流出問題に関し「責任が生じたときは責任を取る」と明言していたが、25日の記者会見では一転して「一般論として必要な対応を取るとの趣旨で申し上げた」とトーンダウンさせた。

 野党は「次のターゲットは北村氏だ」(立憲民主党中堅)と手ぐすね引く。安倍晋三首相の周辺は「北村氏の答弁を危惧している」と不安を隠さない。公明党関係者は「今の内閣は発足してまだ1カ月半だ。2人目は勘弁してもらいたい」とこぼした。 

2019年10月25日 (金)

昨日「関電の原発マネー不正還流を告発する会」がキックオフ集会

 1024日、大阪駅前第二ビルにおいて、「関電の原発マネー不正還流を告発する会」が発足し、告発人を募集しています。「若狭の原発を考える会」や多くの市民団体が参加しました。また多くの報道関係者が詰めかけていました。
 費用は、一口500円から、何口でもOKです。ぜひ、みなさん、告発人になって関電を追い詰め、原発全廃への道を切り開きましょう。

 原発うごかすな!実行委員会@関西・福井」が進めている「老朽原発うごかすな!」のキャンペーン期間、いろいろな企画が取り組まれています。1123日からは16日間を徒歩でつなぐ「高浜原発~関電本店200㎞リレーデモ」を敢行します。兵庫では姫路から大阪・関電本店まで92キロのリレーデモを、11月2日姫路出発で国道2号線をメインコースに9日間でおこないます。到着日の128日は、関電包囲大集会も予定されています。
「関電の原発マネー不正還流を告発する会」は、その128日に間に合うように告発日を設定したいと明言していただきました。

 下記ホームページにて告発に必要な手続き・書類などがダウンロードできます。

http://kandenakan.html.xdomain.jp/

 ■呼びかけ文 http://kandenakan.html.xdomain.jp/yobikake.pdf

 ■告発文(案)http://kandenakan.html.xdomain.jp/kokuhatujyou.pdf

 ■入会申込書 http://kandenakan.html.xdomain.jp/moushikomi.pdf 
 ■委任状   http://kandenakan.html.xdomain.jp/ininjyou.pdf

 

 

 

11・16へむけ、弾圧許すな!労働運動・表現の自由守れの声ひろげよう

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

Img010_201910071022011025日(金) 神戸市議会で沖縄意見書採択のための第1回実行委 18時 神戸勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

10月25日(金) 1026反原子力デー関電申し入れ行動 16時 関電本店

1025日(金) 教育と憲法を語る前川喜平さん講演会 18時半 丹波の森公苑ホール(JR福知山線「柏原」西7分)

1026日(土) 連続市民講座② 水道の民営化を考える学習会 14時 ピピアめふ(阪急「売布神社」すぐ) 講演:竹田かおり(NPO法人AMネット)

10月26日(土)  道徳の教科化と道徳教科書 元教ネット連続講座② 14時 神戸市教育会館(JR・阪神「元町」北8分) お話し:相可文代(元中学教員)

1026日(土) 安田真理と語る会 14時 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分)

10月26日(土)  108山﨑博昭プロジェクト 2019年秋の集会~マーク・ラッド氏が語る 14時 エルおおさか・視聴覚室(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15

1027日(日) 狭山再審関西キャラバン 宝塚街頭宣伝 10時 JR・阪急宝塚駅前歩道橋上

1027日(日) 望月衣塑子講演会 14時 川西商工会館(能勢電「絹延橋」西5分)

1027日(日) 反戦・反貧困・反差別京都集会 13時 円山野外音楽堂(阪急「四条河原町」東15分) 講演:知花昌一、菅孝行  終了後デモ行進

 

1028日(月) さようなら原発1000人集会第4回実行委員会 19時 アステ・ルーム3(阪急「川西能勢口」南1分)

Img009 1030日(水) 「骨格提言」の完全実施を求める大フォーラム 12時 東京 日比谷野外音楽堂

10月30日(水) 「日本の政治を変えるために、市民は何ができるか」~ソウルの市民社会運動に学ぶ 14時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:白石孝さん(『ソウルの市民民主主義』編著者)

10月30日(水) 重信メイ、パレスチナを語る 19時 大阪中央会館(地下鉄「心斎橋」東15分)

 ◇113日(日) ハナマダン 11時 尼崎中央公園(阪神「尼崎」北直結) 舞台公演は12

113日(日)  安倍改憲発議阻止!辺野古新基地建設やめろ!北東アジアに平和と友好を!国会前行動 14時 国会正門前

113日(日)  大阪憲法集会 13時半 扇町公園(JR環状線「天満」西3分)

113日(日)  神戸憲法集会 13時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:高作正博関西大教授

 

▽老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ

Img013 112日(土) 老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ  10時 JR姫路駅前
キックオフ集会 18時半 神戸勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

兵庫リレーデモ第4回実行委 16時 サロン・ド・あいり(JR「三ノ宮」東5分)
11
3日(日) 10時 JR曽根駅

11月4日(月) 10時 JR加古川駅       

11月6日(水) 10時 JR明石駅

11月13日(水) 10時 JR須磨駅

11月20日(水) 10時 JR神戸駅

1127日(水) 10時 JR住吉→JR西ノ宮

121日(日) いたみホールさようなら原発1000人集会 協賛

122日(月) 10時 JR西ノ宮駅 →阪神尼崎 

128日(日) 10時 阪神尼崎駅前 →関電本店前

 

11月6日(水)  戦争あかん!ロックアクション 18時半 新町北公園(地下鉄「本町」西南7分、オリックス劇場南)

119日(土) 市民デモHYOGO例会 10時 神戸長田総合庁舎・1Fブース(JR「新長田」南8
分)

Img006_20191014110701119日(土) 連続市民講座③ 労働運動の課題と飛躍のための提言 14時 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分) 講演:熊沢誠(甲南大学名誉教授)

119日(土) 女性帰還兵が語るベトナム戦争、イラク戦争、そしてアメリカ社会 18時 六甲道勤労市民センター(JR「六甲道」南すぐ)

 

11月10日(日) 連帯兵庫みなせん参議院選総括・次期衆議院選へ再出発討論集会 13時半 神戸市・立花職員研修センター(「高速神戸」北4分「あすてっぷKOBE」西隣)

11月10日(日) 映画『道草』上映会 尼崎女性センタートレピエ・ホール(阪急「武庫之荘」南4分)  午前の部 10時  午後の部 14

11月10日(日) 太田昌国講演会 13時 大正会館ホール(大正コミュニティセンター2階)

 

1111日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」東南5分)

11月12日(火) 関生弾圧公判 9時半 傍聴券抽選会  10時 公判 大阪地裁201大法廷(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南10分)

11月14日(木) 憲法違反の宗教儀式1114大嘗祭抗議デモ 18時 中ノ島水上ステージ

Img011_201910141217011116日(土)  関生弾圧粉砕全国集会 14時 西梅田公園(JR「大阪」西南8分、JRPhoto_20190821015801 「福島」東南7分)

2019年10月24日 (木)

埼玉、岩手に続き、11月高知県知事選で野党共闘候補が勝利すれば、安倍政権はノックダウン

天皇即位式に東京では500人のデモ~レイバーネット日本


   

わたしが「祝わない」理由〜天皇即位式反対デモに500人
10月22日の「天皇即位式」に反対する東京のデモは、主催者の予想をこえる500人の人々が集まった。記者はデモ参加者に「世の中は祝賀一色だが、なぜあなたは祝わないのか?」と尋ねた。最初に答えた男性は語気を強めた。「とんでもない! 祝う理由などない。天皇は侵略と差別の象徴。民主主義とも無縁で祝う理由はない」ときっぱり。沖縄出身の女性は「琉球人として天皇はいらない。ヒロヒトは沖縄に戦争を押しつけたが、それが今につながっている」と。「自由な考えがあって当然で、祝うのはあたりまえという同調圧力がいやだ」という男性。ある女性は「貴あれば賤ありという言葉があるが、天皇制はあからさまな身分制。だから認めるわけにはいかない」。「戦犯継承」のプラカードを掲げた女性もいたが、侵略戦争の責任をとらずに強化される天皇制への批判が多く聞かれた。午後3時すぎに銀座に向けてデモが出発。「終わりにしよう天皇制!」「祝いの強要、憲法違反!」などコールを上げながら進んだ。(M) 写真速報動画(8分半)全国で「日の丸」強制写真(ムキンポさん)

重信房子の娘・メイがレバノンからやって来る

 02pare来週の10月30日、重信メイさんを迎えてパレスチナ連帯の集会が行われる。中央会館(大阪市中央区島之内2-12-31)。国連で非難決議が何回も上がっているイスラエルの侵略と迫害で絶滅の危機にさらされるパレスチナの人々との連帯集会だ。

 母親の重信房子さんはパレスチナ人民のために、武力でイスラエルの暴力に立ち向かった人で、アラブ社会で超有名な「戦士」として尊敬され、レバノンでは娘のメイさんが「ここを故郷と思ってほしい」と言われるほど準国賓扱いらしい。
 そのメイさんが1万キロの時空を超えてこの度、来日する貴重な機会に、参加費2千円は少々値が張るが、広く参加を呼び掛ける。重信房子さん(現在、獄中)やパレスチナの闘争がテロと言われるが、国連でさえ非難する侵略とパレスチナ人への殺人テロを行っているのはイスラエルとその軍隊である。そのあたりのお話も聞けると思うので、ぜひ多くの皆さんの参加を呼び掛けたい。

 

2019年10月23日 (水)

社会運動情報・阪神(10/19 )と同様に野党共闘の典型として高知県知事選に触れた志位委員長 兵庫の独善的野党共闘とはかなり違うのでは!?

安倍政治終わらせ希望ある政治を

全国革新懇 地域・職場・青年交流会始まる

連合政権の機運 草の根から

志位委員長が特別発言 神戸

 全国革新懇の「地域・職場・青年革新懇全国交流会」が19日、神戸市で始まりました。初日の全体会は全国45都道府県から過去最高の1800人以上が集まり会場はいっぱいに。市民と野党の共闘でともにたたかう市民が連帯あいさつし、日本共産党の志位和夫委員長が特別発言。各地の代表が発言し、「安倍政治を終わらせ希望ある政治を」「本気の共闘で野党連合政権をめざす機運を草の根から広げよう」と意見を交わしました。(志位委員長特別発言


小林、福山、ミサオ3氏連帯あいさつ

写真

(写真)「希望ある新しい政治へ道を開こう」と開かれた革新懇全国交流会=19日、神戸市中央区

 小田川義和代表世話人が問題提起と報告。「共同で野党連合政権をめざす動きの先駆者は革新懇」「革新懇の政策力、組織力、草の根の力を発揮して、『共闘の時代から連立の時代』への移行期での役割を発揮しよう」と呼びかけました。

 憲法学者の小林節さん、総がかり行動実行委員会共同代表の福山真劫さん、首都圏反原発連合のミサオ・レッドウルフさんが連帯あいさつ。同志社大学教授の岡野八代さんがメッセージを寄せ、ジェンダー平等社会を実現し個人の尊厳を守るために、安倍政権を倒さなければならないと語りました。

 志位氏は、4年間積み重ねた共闘のバージョンアップのために「野党連合政権」づくりの話し合いを呼びかけたことを報告。その実現にむけ「野党は連合政権」の声を全国であげてほしいと語りました。

 「野党連合政権への道をどう開くか」として、消費税の5%への減税や憲法改悪阻止、ジェンダー平等などあらゆる分野での共同のたたかいの発展、国会内での野党共闘の発展、一つ一つの選挙で勝利を重ねることをあげ、11月の高知県知事選への支援を訴えました。「革新懇の出番の情勢。頑張り合うことを誓いあおう」と呼びかけました。

 各地の代表が、「主戦場は地域」(香川)の思いで発展させてきたとりくみを報告。高知の代表は、高知県知事選で共産党候補が野党統一候補になったと紹介し「会議で野党から『野党共闘の候補を共産党から出してほしい』と言われ、急きょ決意した。参院選よりも野党が強く団結し勝ちにいく選挙になる」と発言しました。さいたま市緑区の革新懇の代表は、「オール埼玉」で改憲阻止の1万人規模の集会を8回成功させてきたことを紹介し、「この取り組みを通じて市民と野党の共闘が深化した」と語りました。

自衛隊の中東派遣に疑問噴出=自民

自衛隊の中東派遣に疑問噴出=自民

 自民党は23日、外交・国防部会などの合同会議を党本部で開き、自衛隊の中東派遣について議論した。出席者からは、政府が想定する自衛隊の活動海域からホルムズ海峡が除外された理由や、活動の法的根拠を防衛省設置法の「調査・研究」としたことに対し、疑問が相次いだ。

 閣僚経験者の一人は「日本のタンカーが多数航行する(ホルムズ海峡を含む)ペルシャ湾での活動も検討すべきだ」と指摘。別の出席者は「(調査・研究活動では)いざとなったときに警察権行使しか認められない。そのような状態で隊員を送り込んで大丈夫なのか」とただした。政府側から明確な回答はなかった。

 政府は18日、シーレーン(海上交通路)を通る船舶の安全に関する情報収集のため、自衛隊の艦艇や哨戒機を中東に派遣する検討に入ると発表。イランとの友好関係に配慮し、米国の有志連合構想には参加せず、活動海域からホルムズ海峡を除外した。 

違憲の天皇即位式抗議大阪集会・パレードに200人強の参加

 昨日は「これでもかこれでもか」と言うぐらい即位儀式オンリーのテレビだった。特に不愉快なのはそれを政治利用する意図明白な安倍の顔をずっと見せられたことだ。こういう日はやっぱり、抗議パレードに行かねばDsc_0181_20191023014401  ならない。Dsc_0178    Dsc_0172-1  宗教色が強い儀式を国費つまり我々の税金で、しかも166億円も使うなんてやっぱり許しがたい。大きな被害を受けていまだに避難者がいたり、停電・断水が続く千葉の復興予算がたった7億円だ。
 会場の中之島水上ステージに行くと、だんだん人数が増えて、数えたら200を超えていた。ほぼ全員がパレードにも参加。心配していた右翼襲撃も少なかった。近寄ろうとするヤカラを十数人の公安刑事と制服警官が止めていた。またパレードの終了間際の西梅田に黒塗りのいかつい街宣車(マイクで何やら言っていた)が対向車線に止まっていたが、ここでも警官隊が制止に活躍。(頑張っていたので一応ほめておこう。意外とこちらにはソフトな警備だ。無理もない。相当多額の警備予算も使い、あちこちで予備・デッチアゲ弾圧もしているが、抗議行動がポシャっていては今後の予算獲得・人員確保上、困るのだと思う。)この際言っておくが、事前弾圧明白な貯金通帳「盗難デッチアゲ」や仲間内融資の「貸金業法違反」弾圧は通常の市民生活に介入する「民事介入国家暴力」と言って良い。
 ともかく集会・パレードとも大変盛り上がった。気候も良く、みんな元気に終着地点の西梅田公園で流れ解散。

2019年10月22日 (火)

即位パレード延期は天皇の意向、官邸は台風被害無視で強行するつもりだった! なのに延期した途端「安倍首相の判断」とPR

即位パレード延期は天皇の意向、官邸は台風被害無視で強行するつもりだった! なのに延期した途端「安倍首相の判断」とPR

即位パレード延期は天皇の意向、官邸は台風被害無視で強行するつもりだった! なのに延期した途端「安倍首相の判断」とPRの画像1
宮内庁ホームページより


 天皇の即位パレード「祝賀御列の儀」が台風19号の被害に配慮して延期になった。当然だろう。被災地では日を追うにつれて被害が拡大、土砂災害や浸水被害からの復旧は進まず、いまも4000人近くが避難所生活を強いられているのだ。どう考えてものんきに祝賀パレードを開催するような状況ではない。

 ところが、この延期は新天皇の強い希望によるもので、安倍政権、首相官邸はギリギリまでパレードを予定通り強行しようとしていたというのだ。宮内庁担当記者が語る。

「天皇陛下は台風19号の被害が明らかになった直後から、パレードの延期を主張されていたようで、15日の段階で宮内庁から官邸の皇室担当である杉田和博官房副長官に、陛下の意向が伝えられた。ところが、首相官邸は準備が進んでいることを理由にこの要望を一蹴、逆に陛下を説得するよう宮内庁に命じたんです」

 実際、菅官房長官は15日の記者会見で、パレードの準備を「淡々と進めていきたい」と延期するつもりがないことを明言。翌16日の会見でも、開催の是非を問われて「昨日、私が申し上げた通り」と答えた。

 また、一部の新聞では、15日には、政府高官が「陛下のお気持ちもあるが、国民の期待がある」と語ったことも報じられている。この政府高官というのは、杉田官房副長官のことで、首相官邸も非公式に天皇が延期を希望していたことを認めていたのだ。

 一方、宮内庁は西村泰彦次長が会見で、「天皇皇后両陛下には、台風19号による大雨災害で多数の方々が犠牲となり、また、依然として多くの方の安否が不明であること、数多くの方々が被災されていることに大変心を痛めておられます」と天皇の心情を説明したが、これは天皇の心情を国民に説明して、パレードに応じてもらおう、という作戦だったといわれている。

 しかし、それでも、天皇の抵抗は強く、頑として首を縦に振らなかった。そして、報告を受けた首相官邸もようやく説得を諦め、17日なって、延期を判断したというのが、事の真相なのだ。

 つまり、天皇自身が被災者を配慮してパレードを延期しようとしているのに、国民の側に立たなければならないはずの安倍首相や菅官房長官は、被災地のことなんて全く無視してパレードを強行しようとしていたのである。

 本サイトは安倍首相が以前から災害被害者に対して冷酷な対応を繰り返していたことを指摘し、今回の台風19号でも被害拡大の最中に私邸に帰り、ラグビーに大はしゃぎしていたことなどを伝えたが、この姿勢こそ、被災者ないがしろの典型と言っていいだろう

 しかも、姑息なのは、17日、この延期決定を公表した際の安倍首相のやり口だった。まず、安倍首相が被災地訪問した際、同行記者団に「今回の被災状況を踏まえて延期する方向で検討している」と発言、これを受けて、菅官房長官が会見で「首相から延期の方向で検討するよう指示があった。宮内庁と相談し、あくまで内閣として判断した」と説明し、まるで安倍首相の「英断」のようなストーリに仕立ててしまったのだ。

 苦しむ国民を平気でないがしろにし、天皇の意向まで自分の手柄にしてしまう独裁者ぶり。日本国民はこんな“逆賊”をいつまで総理大臣の椅子に座らせておくのだろうか。

10月24日は関電役員告発キックオフ集会

関電の賄賂は許せないと、1000人規模で告発する動きが。

その説明、キックオフ集会がありますので、ご参加ください

 

日時:1024日(木)午後1時~3時半 (終わりの時間帯は記者会見か?)

所:大阪市生涯学習センター第2研修室

参加予定:河合弁護士、宮下さん

 

**大阪市生涯学習センターは、大阪駅前第2ビル5階ですが会場の第2研修室のみ6です。

 

 

 

底なし沼「原発」はいらない! 「東電無罪判決」と関電マネー

レイバーネットTV(10/23)放送 : 底なし沼「原発」はいらない!「東電無罪判決」と関電マネー
10月23日のレイバーネットTVは原発問題を取り上げます。チェルノブイリ原発事故以来、最悪となった福島第一原発事故。その「大惨事」の責任と原因はどこにあったのか? 9月19日、旧東電経営者3名の刑事責任を問う東京地裁判決はまさかの「全員無罪」判決でした。「不当すぎる判決。司法は死んだ。世界に恥ずかしい」、地裁前は怒りと悔しさに包まれました。いっぽう、巨額の原発マネーが関電幹部に環流されている事件が発覚しました。12年間に3億2千万円もの現金・金貨・スーツ等を受け取っていながら、自らは「被害者」だと強弁する幹部たち。ウソと汚染にまみれた「原子力ムラ」の底なしの実態が広がっています。再稼働などとんでもないと、みな本当に怒っています。番組では、元原発作業員で浪江町から避難している今野寿美雄さんの訴え、そしてまた地道な原発取材を続ける「芸人ジャーナリスト」おしどりマコ・ケンさんの「刑事裁判・関電マネー」をめぐる最新報告をお送りします。ぜひご覧ください。 番宣放送チャンネル(23日19.30) *写真=9.19判決に怒りを露わにする今野寿美雄さん(東京地裁前)

本日14時、天皇即位儀式反対 関西集会・デモ 



1022no_00011
10月22日(火・昼)14時~集会アピール開始
デモ出発15:10~ 西梅田公園まで

憲法違反の即位式・大嘗祭にNO!だ

集合場所:中央公会堂前 水上ステージに集れ!
(地下鉄淀屋橋/京阪なにわ橋)


主催:天皇代替わりに異議あり!関西連絡会
反天皇制市民1700ネットワーク/兵庫反天皇制連続講座/参戦と天皇制に反対する連続行動/反戦反天皇制労働者ネットワーク/関西共同行動/9条改憲阻止共同行動/釜ヶ崎パトロールの会/労働者共闘
連絡先:090₋5166₋1251 寺田 

 

2019年10月21日 (月)

放射能袋流出が55袋に!

 台風19号の来襲は13日だった。放射能入りフレコンバッグが11袋流れたらしいとわかったのが翌日位からだ。ところが昨日、驚くべきことに55袋流れたとの報道があった。何と1週間で「見通し(単なる見通しであり、確定ではない)」だけでも5倍になってしまった。呆れかえる。
 しかし本当に恐ろしいのはこれからだ。まじめな読者を脅して申し訳なく思うが、図を見てほしい。8年前の原発事故で膨大に放出・蓄積されたと十分に推察できる放射能が、この超大型台風で一斉に海へ流れ出したと見て良い。福島県沖など日本の水産物を警戒して輸入禁止している韓国が、賢くて「正解」なのだ。なお、回収したとされるフレコンPhoto_20191021014701  Photo_20191021014901 Fb_img_1571427053390  
バッグは相当数が、中身のない袋であることも考えられる。進次郎よ、何が「環境に影響なし」だ!

2019年10月20日 (日)

当面1か月の行動 関生弾圧反対と反原発のすそ野を広げていこう

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

1020日(日) 今福島原発はどうなってるの? 末田一秀さん講演会 10時 西宮ウエーブ(阪急「西宮北口」南2分) ウエーブ企画

1020日(日) 第三師団申し入れ行動 10時半 陸上自衛隊第三師団西門(伊丹市千僧)

1020日(日) 原発で事故が起きたら、宝塚市も受け入れ その避難計画で大丈夫? 14時 宝塚市男女共同参画センター 交流室34(阪急「宝塚」駅直結)

10月20日(日) 憲法改悪に反対する市民フォーラム街頭宣伝 12時 JR大阪駅前

1020日(日) とめよう戦争への道 めざそうアジアの平和 2019関西の集い 13時半 エルシアター(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15) 講演:半田滋 屋良朝博

 

10月22日(火・休) 主権在民を否定する1022天皇即位式抗議デモ 14時 中之島水上ステージ(地下鉄「淀屋橋」北東7分 JR「北新地」東南15分)

10月22日(火・休) カジノあかん!市民集会 13時半 エルシアター(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

1023日(水) 伊丹病院統廃合反対のスタンディングデモ 12時半 伊丹市役所

Img012_201910141221011023日(水) 労働組合つぶしを許さない兵庫集会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:森博行弁護士ほか

1024日(木) 28菱山南帆子講演会に向けての尼崎共同行動相談会 18時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

1025日(金) 神戸市議会で沖縄意見書採択のための第1回実行委 18時 神戸勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

10月25日(金) 1026反原子力デー関電申し入れ行動 16時 関電本店

1025日(金) 教育と憲法を語る前川喜平さん講演会 18時半 丹波の森公苑ホール(JR福知山線「柏原」西7分)

  ◇1026日(土) 連続市民講座② 水道の民営化を考える学習会 14時 ピピアめふ(阪急「売布神社」すぐ) 講演:竹田かおり(NPO法人AMネット)

10月26日(土)  道徳の教科化と道徳教科書 元教ネット連続講座② 14時 神戸市教育会館(JR・阪神「元町」北8分) お話し:相可文代(元中学教員)

1026日(土) 安田真理と語る会 14時 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分)

10月26日(土)  108山﨑博昭プロジェクト 2019年秋の集会~マーク・ラッド氏が語る 14時 エルおおさか・視聴覚室(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15

1027日(日) 狭山再審関西キャラバン 宝塚街頭宣伝 10時 JR・阪急宝塚駅前歩道橋上

1027日(日) 望月衣塑子講演会 14時 川西商工会館(能勢電「絹延橋」西5分)

1027日(日) 反戦・反貧困・反差別京都集会 13時 円山野外音楽堂(阪急「四条河原町」東15分) 講演:知花昌一、菅孝行  終了後デモ行進

 

1028日(月) さようなら原発1000人集会第4回実行委員会 19時 アステ・ルーム3(阪急「川西能勢口」南1分)

1030日(水) 「骨格提言」の完全実施を求める大フォーラム 12時 東京 日比谷野外音楽堂

10月30日(水) 「日本の政治を変えるために、市民は何ができるか」~ソウルの市民社会運動に学ぶ 14時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:白石孝さん(『ソウルの市民民主主義』編著者)

10月30日(水) 重信メイ、パレスチナを語る 19時 大阪中央会館(地下鉄「心斎橋」東15分)

113日(日) ハナマダンあまがさき 11時 尼崎中央公園(阪神「尼崎」北直結) 舞台公演は12

113日(日)  安倍改憲発議阻止!辺野古新基地建設やめろ!北東アジアに平和と友好を!国会前行動 14時 国会正門前

113日(日)  大阪憲法集会 13時半 扇町公園(JR環状線「天満」西3分)

113日(日)  神戸憲法集会 13時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:高作正博関西大教授

 

▽老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ

Img013 112日(土) 老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ  10時 JR姫路駅前
キックオフ集会 18時半 神戸勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)
兵庫リレーデモ第4回実行委 16時 サロン・ド・あいり(JR「三ノ宮」東5分)

11
3日(日) 10時 JR御着駅

11月4日(月) 10時 JR加古川駅       14時 JR魚住駅→JR明石駅

11月6日(水) 10時 JR明石駅

11月13日(水) 10時 JR須磨駅

 

11月6日(水)  戦争あかん!ロックアクション 18時半 新町北公園(地下鉄「本町」西南7分、オリックス劇場南)

119日(土) 市民デモHYOGO例会 10時 神戸長田総合庁舎・1Fブース(JR「新長田」南8
分)

119日(土) 連続市民講座③ 労働運動の課題と飛躍のための提言 14時 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分) 講演:熊沢誠(甲南大学名誉教授)

119日(土) 女性帰還兵が語るベトナム戦争、イラク戦争、そしてアメリカ社会 18時 六甲道勤労市民センター(JR「六甲道」南すぐ)

 

 11月10日(日) 連帯兵庫みなせん参議院選総括・次期衆議院選へ再出発討論集会 13時半神戸市・立花職員研修センター(「高速神戸」北4分「あすてっぷKOBE」西隣)

11月10日(日) 映画『道草』上映会 尼崎女性センタートレピエ・ホール(阪急「武庫之荘」南4分)  午前の部 10時  午後の部 14

11月10日(日) 太田昌国講演会 13時 大正会館ホール(大正コミュニティセンター2階)

 

Img011_201910141217011111日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」東南5分)

11月12日(火) 関生弾圧公判 9時半 傍聴券抽選会  10時 公判 大阪地裁201大法廷(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南10分)

11月14日(木) 憲法違反の宗教儀式1114大嘗祭抗議デモ 18時 中ノ島水上ステージ

1116日(土)  関生弾圧粉砕全国集会 14時 西梅田公園(JR「大阪」西南8分、JR「福島」東南7分)

神戸で初めての関生弾圧反対集会

10191   10月19日(土)14:30-16:30、あすてっぷKOBEにて、市民デモHYOGO学習会「共謀罪成立と市民運動~関西生コン弾圧~」が開かれました。天気が悪い中、約50人が出席し、太田健義(たけよし)弁護士のお話を聞きました。
 「法令順守行動やチラシ撒きを恐喝未遂や威力業務妨害だとして、87名を逮捕し72名を起訴するなんて、ヤクザの大抗争事件でもなかった異常な労働組合弾圧です。これを許すと今後はチラシを配ることさえできない社会になります。しかし、市民がこれを見逃さず、今日のような集会を開き声を上げることで警察(権力)を牽制できます。関西生コンがこれまで市民と一緒に反原発や辺野古新基地反対に活発に取り組んできた労働組合だからこそ狙われた側面を否定できません。今から反撃に転じましょう」と話されました。
   関西生コンについての神戸での集会は今回が初めてであり、10月23日(水)18時半から神戸市勤労会館3階308で「労働組合弾圧を許さない集会」があり、11月9日(土)14時から尼崎女性センター・トレピエで、関生弾圧反対の言論活動を続けている熊沢誠甲南大名誉教授の講演会もあります。11・16全国集会にむけ更に反撃を拡げていきましょう。

2019年10月19日 (土)

野党共闘、兵庫と高知の違い なぜ高知では共産党員が県知事選候補になるのに、兵庫では参議院選統一候補で否定されたのか

 昨日、11月24日投開票の高知県知事選で、野党統一候補として35才の共産党県常任委員の松本けんじ氏が選ばれ立候補表明したことを報道した。松本候補は7月参議院選・高知=徳島選挙区でも野党共闘候補として善戦し(高知県では自公候補にあと一歩まで迫る)、4か月後同じ構図で闘われる知事選の候補となったわけだ。
 ひるがえって7月参議院選の兵庫選挙区の候補者統一問題では市民団体=みなせん(全国的には市民連合にあたる)が野党共闘の唯一の候補者に立憲民主党の新人女性を決めた。その理由は、兵庫は3議席を争う選挙区だが、野党が取れる議席は1議席しかない小選挙区と考えるべきで、より勝利できる可能性のある候補に統一すべきであった。これにたいし共産党は「複数区は野党は競合」(3人の所に1人では改憲攻撃に最初から負けている、とも言った)で、立候補反対は「市民団体の政党への介入」だとした。県下の他の野党(社民、新社、緑)はみなせんの方針を支持し選挙闘争を闘った(国民民主は自主投票)。結果は立憲候補43万、共産党候補17万と、3年前の参議院選以上に立憲(民進)・共産の票は開き、共産党方針の誤りが大衆的に証明された。

 高知と兵庫、なぜ共産党籍を持つ候補者に、他の野党の対応の違いがこれほどまでに出てくるのだろうか。
 それは単純な話、野党共闘の推進には政策の合意と本気の共闘が必要で、そのためには日常的な共闘の積み上げが相互の信頼形成に不可欠であるというごく当たり前のことである。選挙が近づいて、急に共産党の看板を下ろし無所属を名乗り、他の野党が統一候補として応援しようと、それは「選挙目当て、票欲しさ」と選挙民は見抜いてしまう(4月大阪12区の補欠選挙で、共産現職を無所属野党共闘としたが、最下位4位で惨敗。これが維新を勢いづけた)。そうではなくて日頃から、憲法闘争だけでなく、沖縄・原発、生活防衛、さらには首長選、県議選(1~3人区)などの共闘などが積み上げられておれば、話し合い(時にバーター交渉も)もスムーズにいき全体として安倍打倒、政権交代に繋がっていく。

 高知では、じつは2017年の総選挙で2区の広田候補(無所属)を全野党が応援し、共産党は父親が自民党県連幹事長だったこの候補を自党候補のように扱い、自公候補の山本有二(元金融担当相)を落選に追い込んだ。ここ数年のこの実績だけでなく、高知の共産党は、保守的な地域ながら、1957年の勤評闘争を闘ったリーダー・山原健次郎を、他政党・無党派市民の支持も得て衆議院議員に10期にわたり当選させた。小選挙区制になっても、不破委員長などは比例区に回ったのに、山原は非共産党の支持も得て当選。中谷元(元防衛庁長官)は山原の選挙区1区(高知市)から2区(県東部)に回り、山本は「祖母の故郷」などと言って3区(県西部)に回った。その後共産党の力は一定後退するが、地方独特の柔軟性も持ち、野党共闘では自党の候補を降ろして野党議員の誕生のため全力投球した。もちろん共産党のセクト主義への批判は高知でも強い。党中央本部の事を、他党や共産党嫌いの人は「代々木」と隠語でよぶがが、兵庫では県委員会を悪く言う時は「新開地」、高知でもその所在地にあわせて「すべり山」というほどどこにでもある。
 そのすべり山(県委員会)の常任委員で、他県生れの35歳の新人が、埼玉・岩手の勝利に次ぐ全国的焦点の高知県知事選の候補に、市民連合と立憲・国民・社民・新社会の野党は野党統一候補として選んだ。3年前の参議院選で野党共闘は敗北ながら、その1年後の衆議院選では2区は野党共闘を堅持し(1区は、立憲と共産が立ち共倒れ)大差をつけて山本に勝利した。この裏では小沢の懐刀=平野貞夫(土佐清水市出身)も動いた。実は共産党不破哲三元委員長の父親も土佐清水市出身で二人は懇意である。土佐清水市も含む幡多地区は共産党が今も強く、そこの地区委員長を務めていたO氏の先祖は明治の自由民権運動に繋がり、また叔父は元自民党の郵政大臣でもあった。これらの繋がりも含め、野党共闘は形成されているのだ。
 
 土佐の自由民権運動を母斑に持ち、ある種独裁政権である安倍政権の支持率は全国で一番低く、2人の衆議院議員は昨年の自民党総裁選で反安倍色を鮮明にした中谷(谷垣グループ)と山本(石破派)である。多重に入り込んだ政治人脈の中でのリーダーシップ性(昨今はあまり無く、松本氏のリーダー性は筆者はじかには知らないが、吉良よし子参議院議員(東京)の父親は共産党県議と次世代に繋げている)と、憲法・原発(伊方原発)闘争での共闘、反自公候補への献身的な選挙活動。それらの実績が、今回の共産党県常任委員を県知事選野党統一候補に選んだ源泉ではないかと思う。
 安倍政治7年により地方は切り捨てられ、過疎化と貧困化は極限まで進んでいる。県下一の進学校から東大法学部に進み、県の発展への与望をになって中央官僚から若くして知事に転身した尾崎は全国最貧県を変えることはできず、自己の栄達のため次期衆議院選に出よとしている。後継の浜田も同じく東大・霞が関官僚である。このような政治に望みが託せないことを県民は知っている。
 しかし対抗馬は野党共闘とはいえ、貧困であるが故の排他性の強い地での他県出身の共産党員。この2つのハンデをのりこえるには、共産党自身の「本気の変革」が問われていると思う。また他の野党、労働組合、市民団体は、各種の行きがかりをのりこえ、言うべきことは言い、「だれひとり取り残さない県政」を本気で実現するために全力奮闘することである。当ブログも微力ながら、高知の知人に声をかけ、勝利のエールを送りたい。

 最後にこのように共闘の実績を積み、他党も行きがかりを棚上げしてアベ政治の終焉のために奮闘しようとする県委員会がある一方で、県知事選、神戸市長選、西宮・尼崎市長選の党の大幹部を押し立てていずれも惨敗し他野党との溝をさらに深め、その上最下位でも7月参議院選挙は勝利だったと空虚な総括をする県委員会(兵庫)がある。10・19全国革新懇集会(神戸文化ホール2000人規模、志位委員長出席)の成功のためのオルグの先で「参議院選挙で大阪・兵庫でバーターしたら自民2議席を落とし、共産・立憲の議席が取れたのに」という質問に答えられず退散する日本共産党兵庫県委員会とは何者だろう。「志位委員長が総括を出すはず、その話を聞いて今後を考える」などと自己の頭で総括しない共産党員とは何者だろう。当ブロガーが本日の集会に参加するなら、「参議院選では大阪・兵庫など複数区では党の方針=野党競合で議席が取れなかった。大阪のかけがえのない議席を落としたことは中央の責任ではないのか。今後は、複数区においても野党共闘を強める。共産党は他政党から信頼される実績をつくり、野党共闘を強め政権交代を実現する、ということを明言してほしい」と質問するだろう。
 人生を共産党にかけてきた兵庫県下の人々に問いたい。あなたは7月参議院選(兵庫)の方針を今でも正しいと思いますか? それとも「複数区においても野党共闘は必要」という、政権交代に必要なごく当たり前の方針(時には共産党が譲り、時には他野党が譲る)を党の方針にするため、県委員会・中央委員会に人生をかけてかけあってみる気はありませんか、と。



2019年10月18日 (金)

11月24日投開票の高知県知事選に野党統一候補

高知知事選に松本けんじ氏

憲法アクション擁立 野党の統一候補~しんぶん『赤旗』

写真

(写真)記者会見する松本氏(前列左から3人目)=17日、高知市

 11月7日告示、24日投票の高知県知事選で、高知県版の市民連合にあたる高知憲法アクションは17日、市民と野党の統一候補として、日本共産党県常任委員の松本けんじ氏(35)=新=を無所属で擁立すると発表しました。日本共産党、立憲民主党、国民民主党、社民党、新社会党などの県内全野党は松本氏を支持し、全力をあげると表明しています。(関連

 尾﨑正直知事(52)は8月、次期衆院選高知2区に自民党公認での出馬をめざすとし、4選不出馬を表明。後継候補に、元総務官僚で元大阪府副知事の浜田省司氏(56)を指名しました。

 共産党はこれまで、尾﨑県政の積極面を前進させる是々非々の立場で前回と前々回は対立候補を立てませんでした。しかし、今回はただちに、「自民党県政の復活を許さない」「県民によりそうあたたかい県政をつくる」と対立候補を立てて市民と野党の共闘の枠組みでたたかうことを表明。県内の全野党で対立候補を立てることをめざし、市民団体、各政党の話し合いが続けられ、7月の参院選徳島・高知選挙区で野党統一候補として善戦した松本氏を擁立することで一致しました。

 高知市内で開かれた記者会見で、松本氏は「ここで一緒に生きていく、誰一人取り残さない県政を県民のみなさんと一緒につくっていくために全力をつくす」と決意を述べました。

 高知憲法アクション呼びかけ人の田口朝光氏が経過などを報告し、「市民と野党の共闘の枠組みで必勝をめざす」と表明しました。

 党県委員会の春名直章委員長は「自民党県政でない、もう一つの道を松本さんとともに示し、市民と野党の共闘と県民の力で新しい県政の扉を開く決意で頑張りたい」と力説しました。

 選挙戦は松本氏と、自民、公明両党が推薦する浜田氏との事実上の一騎打ちの様相です。

2019年10月17日 (木)

兵庫県のいじめ、体罰、児童虐待はなぜか全国的にもひどい~丸尾牧県議がレポート

ほうれん草通信第88号発行2019-10-16 20:01

新たな4年間どうぞよろしくお願い致します。
P1 学校での体罰を繰り返さないために
P2 体罰等再発防止策を提案
P3 医療用麻薬の積極的活用を
P4 アンケート調査のお願い
【解説】兵庫県下のいじめ、体罰、児童虐待、セクハラはなぜか全国でも有数の酷さであるようだ。丸尾牧氏の地元市立尼崎高校での体罰問題、昨今の東須磨小学校での教員間でのいじめをある種頂点として、子どもの自殺も後を絶たない。古くは高塚高校校門圧死じけんがも出だされるが、一向に改善されていないようだ。もちろん社会状況が教育現場をも追い込んでいることは間違いないが、何よりも「子どもの権利」・「子どもファースト」が貫かれておらず、弱い者へ矛盾が集中される。しかしそれ以外にも教職員の労働条件の悪化、教職員の連帯感の喪失なども基底にあるのではないか。
 この問題に長く取り組んで盛られた丸尾牧県会議員の『ほうれん草通信』最新号を紹介する。
 とともに、本日の某週刊誌の見出しではないが、「今こそ日教組の出番」ではないのか。
 この種の問題については、子ども、保護者、教職員の連携で、子どもがのびのび育つ学校現場を取り戻すキャンペーンを、微力宇ながら当ブログも行っていきたい。」

2019年10月16日 (水)

関生弾圧粉砕へ、議員の声明と兵庫で3つの集会

民主主義の危機です!

連帯ユニオン関生(かんなま)支部への大弾圧に反対する自治体議員の声明

 

 

全日本建設運輸連帯労働組合関西地区生コン支部(以下「関生(かんなま)支部」)に対する、国家権力による激しい弾圧が続いています。

ストライキをしたら「威力業務妨害」、アルバイトの正社員化を要求したり、保育所へ提出する就労証明書の発行を催促すると「強要未遂」といった具合に、全く正当な労働組合活動を「犯罪」にでっち上げ、再逮捕を含め延べ90名近くが逮捕され、うち50名以上が起訴。

委員長・副委員長は再逮捕を繰り返して1年以上にわたり勾留され続けています。

憲法28条によって保障されている労働基本権(団結権、団体交渉権、争議権)を踏みにじるもImg006_20191014110701 のであり、立憲主義、民主主義を破壊する前代未聞の異様な大弾圧です。

関生支部は、中小企業がほとんどの生コン企業を協同組合に組織し、集団交渉と共同受注によって交渉力を高めることで、ゼネコンやセメント大手による「買い叩き」に対抗。賃金や安全衛生環境など労働条件の大幅な向上を勝ち取るのみならず、基準を超える水を加える「シャブコン」や過積載などの法令違反が横行し、暴力団が暗躍していた業界の近代化にも大きく貢献してきました。

また、戦争法制や共謀罪法など悪法の成立を阻止する運動や沖縄の米軍新基地建設反対運動、脱原発の運動など、政治的な課題にも積極的に関わってきました。

その関生支部が、昨夏以来、空前の大弾圧にさらされています。

このたびの関生支部への弾圧について、甲南大学名誉教授・熊沢誠氏(労使関係論・社会政策論)は、「およそ民主主義国家の法的な到達点を無視する、常軌を逸した組合つぶしの試みであり、労働運動史でもまれに見る公然たる労働組合運動の否認」だと厳しく指弾しています。

また、共謀罪対策弁護団共同代表の海渡雄一弁護士は、「労働組合の日常的な活動の一部を『犯罪』事実として構成し、これに関与した組合員を一網打尽に検挙し、デジタル情報の収集によって関係者間の共謀を立証することで犯罪としようとしている点において、共謀罪型弾圧の大規模な開始を告げるもの」「政治的な系列や労働運動上の方針の違いを乗り越えて、最初に共謀罪型弾圧のターゲットにされた生コン支部を幅広い勢力によって支援することが、弾圧拡大を食い止める上で、決定的に重要」「この弾圧を見過ごしてはならない」と訴えています。

私たち自治体議員は、地域に密着して活動し、時には住民とともに行政に対して異議申し立てもします。関生支部への弾圧は、決して他人事ではありません。

このたびの大弾圧を、全ての労働運動・社会運動への弾圧であり、結社の自由や労働組合活動の自由、さらには立憲主義と民主主義の危機であると受け止め、警察・検察に強く抗議するとともに、捜査に名を借りた弾圧を中止し、今なお勾留している組合員をただちに釈放するよう求めるものです。

 

2019年10月

粟原 Img011_20191014121701 富夫(神戸市議)

井奥 雅樹(高砂市議)

大島 淡紅子(宝塚市議)

木村 真(豊中市議)

佐々木 希絵(河南町議)

杉谷 伸夫(向日市議)

高橋 秀典(神戸市議)

戸田 ひさよし(前門真市議)

中西 智子(箕面市議)

野々上 愛(大阪府議)

山下 慶喜(前茨木市議)

よつや 薫(西宮市議)

<五十音順>

Img012_201910141221011019日(土) 共謀罪成立と市民運動~関西生コン弾圧 市民デモHYOGO10月行動

         14時半 あすてっぷKOBE(「高速神戸」北4分) お話:太田健義弁護士

1023日(水) 労働組合つぶしを許さない兵庫集会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:森博行弁護士ほか

119日(土) 連続市民講座③ 労働運動の課題と飛躍のための提言 14時 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分) 講演:熊沢誠(甲南大学名誉教授)

1116日(土)  関生弾圧粉砕全国集会 14時 西梅田公園(JR「大阪」西南8分、JR「福島」東南7分)

2019年10月15日 (火)

干されていた元SMAP3人は年末年始特番で出番が増えるのか


干されていた元SMAP3人は年末年始特番で出番が増えるのか

公開日: 更新日:

 



 




(左から)稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾(C)日刊ゲンダイ
(左から)稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾(C)日刊ゲンダイ
拡大する

 この時期、各テレビ局では年末年始の特別番組の企画が固まり、制作部門のプロデューサーやディレクターはキャスティングや収録に忙しいが、今年はとくに頭の痛い問題があるという。働き方改革で、スタッフたちの作業時間に制約があるだけでなく、政府の公正取引委員会の目を気にしなければならないのだ。

 公取委は8月に、「芸能事務所が独立したタレントを使わないようにテレビ局に圧力をかけるのは独占禁止法違反」という指針を提示したが、使わないテレビ局も、持ちつ持たれつの関係とみられているからである。

 具体的には、SMAPの稲垣吾郎、草彅剛、香取慎吾がジャニーズ事務所をやめた後、地上波テレビのレギュラー番組が、次々になくなったことを問題視していて、“改善”がみられないようなら、次はテレビ局がやり玉に挙がるのは必至だ。

「お役所の政府が、芸能界やテレビのことがわかるのかとナメていたら大間違いです。専門の研究員がいて、関係者を呼んで事情聴取をするんです。この年末年始に、相変わらず元SMAP3人の出演がまったくないようなら、注意を受けるかもしれませんね」(テレビ番組制作会社幹部)

チェックが入っているのは、ジャニーズ事務所だけではない。出演契約が不明朗な吉本興業なども、もちろん対象だろう。

 公取委の指針では、人気タレントと売れないタレントの抱き合わせ営業も独禁法違反とされている。年末年始特番で、聞いたこともない芸人がバラエティー番組のひな壇にぞろぞろ並んでいたら、こうした疑いが出てくる。

「そうはいっても、テレビ局が公取委のご指導どおりにやって、事務所が『仕方ないですね』と納得してくれるかといったら、絶対そんなことはありませんからね。必ずしっぺ返しや嫌がらせがありますよ。マネジャーさんには、春の番組改編や特番で埋め合わせしますから、年末年始は勘弁してくださいなんて言い訳しながらやってます。もっとも、元SMAPの3人は、いまや地上波に出演するだけで話題ですから、やはり使いたいのが本音ですよ」(正月番組プロデューサー)

 ジャニーズと吉本芸人ばかりの同じような年末年始番組が、少しは変わるのか。期待したい。

(コラムニスト・海原かみな)

台風来襲でも、終日何もしない政権~坂本茂雄ブログより

10月15日「台風来襲でも、終日何もしない政権に怒りを覚えます」

 安倍首相の言う「緊急事態」の中には、「自然災害」が含まれていないのだろうと思わざるをえません。

 昨年の西日本豪雨災害をもたらす恐れのあるときには、「自民赤坂亭」で「お友達」らと酒宴に興じていました。

 そして、千葉県を中心に大きな被害をもたらした台風15号の際には、大規模停電が始まったのは、台風通過後の9月9日にもかかわらず、政府の最初の災害対策会議は翌10日午後2時半、首相を中心とする関係閣僚会議は開いていないし、11日に首相は予定通り内閣改造を強行し、2回目の災害対策会議が開かれたのは12日ということで、初動態勢の遅れが批判されました。

 そして、今回の19号台風はといえば、10月12日には、ほとんどの交通機関がストップし、午後には各地で被害が出始めていたのに、翌朝の朝日新聞を見て、何の動きもなかった首相動静に「またか」と思わざるをえませんでした。

 そして、13日0時段階では次のような被害が把握されていたのです。

<停電>
朝、一時的に千葉県で約48万戸が停電
11時、西日本から東日本にかけて、約1万6000戸が停電
21時、首都圏と静岡で約27万戸以上が停電
<避難指示・勧告>
6時過ぎ、静岡県島田市で9万8662人に避難勧告、静岡県伊豆市で3万472人に避難勧告
12時 11都県で約460万人に避難指示・勧告
18時 17都県で約640万人に避難指示・勧告
22時 約1305万人に避難指示・勧告
<観測記録の更新>
12時 静岡県伊豆市市山で24時間雨量517.5mm(10月 史上1位)
19時 神奈川県箱根町で24時間雨量870mm(史上1位)
20:32 横浜で最大瞬間風速43.8m/s(10月 史上1位)
<ダム緊急放流>
20:50 茨城・水沼ダム ・21:30 神奈川・城山ダム ・21:30 栃木・塩原ダム
<河川の氾濫>
多摩川、千曲川など13の川が氾濫

 そして、これからも各地の川の氾濫はまだまだ予断を許さないし、ダムの緊急放流で下流の水位が上がることによる洪水リスクも指摘されている時でした。

 これほど甚大な被害をもたらした台風の上陸日、安倍総理は終日 来客なく公邸で過ごしていたのです。

 そして、翌13日午後4時44分から僅かな時間で災害対策本部会議を開いて、5時34分には自宅で過ごしています。

 この政権は、口で言うほどは危機管理意識がないことも明らかになっていますが、国民の人命・安全第一と言うことに本気度が感じられない政権であることに怒りを覚えます。

2019年10月14日 (月)

やるぞ安倍打倒の市民革命~闘いの秋・2か月安倍打倒の大衆運動のうねりを!

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧 斜字:実行委など

 

1015日(火) 老朽原発をうごかすな!リレーデモ兵庫県実行委員会 18時半 サロン・ド・あいり(JR「三ノ宮」東5分)

1019日(土) 共謀罪成立と市民運動~関西生コン弾圧 市民デモHYOGO10月行動

         14時半 あすてっぷKOBE(「高速神戸」北4分) お話:太田健義弁護士

1019日(土) 市政研究会・いたみ 15時 高橋あこ事務所(阪急「新伊丹」西15分)          

Img012_201910141221011020日(日) 今福島原発はどうなってるの? 末田一秀さん講演会 10時 西宮ウエーブ(阪急「西宮北口」南2分) ウエーブ企画

1020日(日) 第三師団申し入れ行動 10時半 陸上自衛隊第三師団西門(伊丹市千僧)

1020日(日) 原発で事故が起きたら、宝塚市も受け入れ その避難計画で大丈夫? 14時 宝塚市男女共同参画センター 交流室34(阪急「宝塚」駅直結)

10月20日(日) 憲法改悪に反対する市民フォーラム街頭宣伝 12時 JR大阪駅前

1020日(日) とめよう戦争への道 めざそうアジアの平和 2019関西の集い 13時半 エルシアター(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15) 講演:半田滋 屋良朝博

10月22日(火・休) 主権在民を否定する1022天皇即位式抗議デモ 14時 中之島水上ステージ(地下鉄「淀屋橋」北東7分 JR「北新地」東南15分)

10月22日(火・休) カジノあかん!市民集会 13時半 エルシアター(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

1023日(水) 伊丹病院統廃合反対のスタンディングデモ 12時半 伊丹市役所

1023日(水) 憲法懇談会 18時半 神戸市婦人会館・つばき(「高速神戸」北3分)

 ※1023日(水) 労働組合つぶしを許さない兵庫集会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:森博行弁護士ほか

1024日(木) 28菱山南帆子講演会に向けての尼崎共同行動相談会 18時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

1025日(金) 神戸市議会で沖縄意見書採択のための第1回実行委 18時 神戸勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

1025日(金) 教育と憲法を語る前川喜平さん講演会 18時半 丹波の森公苑ホール(JR福知山線「柏原」西7分)

1026日(土) 連続市民講座② 水道の民営化を考える学習会 14時 ピピアめふ(阪急「売布神社」すぐ) 講演:竹田かおり(NPO法人AMネット)

10月26日(土)  道徳の教科化と道徳教科書 元教ネット連続講座② 14時 神戸市教育会館(JR・阪神「元町」北8分) お話し:相可文代(元中学教員)

Img010_201910071022011027日(日) 望月衣塑子講演会 14時 川西商工会館(能勢電「絹延橋」西5分)

1027日(日) 反戦・反貧困・反差別京都集会 13時 円山野外音楽堂(阪急「四条河原町」東15分) 講演:知花昌一、菅孝行  終了後デモ行進

1028日(月) さようなら原発1000人集会第4回実行委員会 19時 アステ・ルーム3(阪急「川西能勢口」南1分)

1030日(水) 「骨格提言」の完全実施を求める大フォーラム 12時 東京 日比谷野外音楽堂

10月30日(水) 「日本の政治を変えるために、市民は何ができるか」~ソウルの市民社会運動に学ぶ 14時 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:白石孝さん(『ソウルの市民民主主義』編著者)

10月30日(水) 重信メイ、パレスチナを語る 19時 大阪中央会館(地下鉄「心斎橋」東15分)

113日(日) ハナマダン市民運動にあまがさき 11時 尼崎中央公園(阪神「尼崎」北直結) 舞台公演は12

113日(日)  大阪憲法集会 13時半 扇町公園

113日(日)  神戸憲法集会 13時半 神戸市勤労会館 講演:高作正博関西大教授

 

▽老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ

Img013 112日(土) 老朽原発をうごかすな!兵庫県リレーデモ  10時 JR姫路駅前
キックオフ集会 18時半 神戸勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

11月3日(日) 10時 JR御着駅

11月4日(月) 10時 JR加古川駅       14時 JR魚住駅→JR明石駅

11月6日(水) 10時 JR明石駅

11月13日(水) 10時 JR須磨駅

11月20日(水) 10時 JR神戸駅

1127日(水) 10時 JR住吉→JR西ノ宮

121日(日) いたみホールさようなら原発1000人集会 協賛

122日(水) 10時 JR西ノ宮駅 →阪神尼崎 

128日(日) 10時 阪神尼崎駅前 →関電本店前

 

 

119日(土) 市民デモHYOGO例会 10時 神戸長田総合庁舎・1Fブース(JR「新長田」南8分)

Img006_20191014110701119日(土) 連続市民講座③ 労働運動の課題と飛躍のための提言 14時 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分) 講演:熊沢誠(甲南大学名誉教授)

119日(土) 女性帰還兵が語るベトナム戦争、イラク戦争、そしてアメリカ社会 18時 六甲道勤労市民センター(JR「六甲道」南すぐ)

11月10日(日) 連帯兵庫みなせん参議院選総括・次期衆議院選へ再出発討論集会 13時半 神戸市・立花職員研修センター(「高速神戸」似た4分「すてっぷKOBE」西隣)

11月10日(日) 映画『道草』上映会 尼崎女性センタートレピエ・ホール(阪急「武庫之荘」南4分)  午前の部 10時  午後の部 14

11月10日(日) 太田昌国講演会 13時 大正会館ホール(大正コミュニティセンター2階)

1111日(月) 日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」東南5分)

11月14日(木) 憲法違反の宗教儀式1114大嘗祭抗議デモ

1116日(土)  関生弾圧粉砕全国集会 14時 西梅田公園(JR「大阪」西南8分、JR「福島」東南7分)

 

1118日(月) 世直し研 18時半 福島区民センター(阪神・地下鉄「野田」西南7分)講演:森松明希子(福島からの避難者)

11月19日(火)  神戸の大逆事件研究会 18時半 神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分)

Img011_201910141217011121日(木) 原発賠償関西訴訟 14時 大阪地裁(地下鉄「淀屋橋」北東7分、JR「北新地」東南12分)

1123日(土・休) 原発・核燃にどめを!関西集会 1340分 守口文化センター・エナジーホール(京阪「守口市」北東3分)

1123日(土) 老朽原発 高浜12号機、美浜3号機の再稼働を許さないリレーデモ出発

  ~128日(日) メインコース:高浜原発→若狭町→高島市→大津市→京都市→関電本店前 

1127日(水)  兵庫憲法集会 18時半 神戸市勤労会館 講演:水島朝穂早稲田大教授

1130日(土) 連続市民講座④ 幼児虐待を考える 14時 アステ川西ルーム4(阪急「川西
能勢口」南1分) 講師:毎立敏郎(尼崎総合医療センター小児科部長)

1130日(土) 大内裕和講演会 14時 西宮勤労会館(JR「西ノ宮」南西5分)

 

 

 

 

121日(日) 第23回伊丹マダン 10時 伊丹小学校(阪急「伊丹」北3分)

121日(日) さようなら原発 1000人集会 14時 いたみホール(阪急「伊丹」北3分、JR
「伊丹」北西8分) 講演:樋口英明(元福井地裁裁判長)、武藤類子(福島刑事裁判原告)

127日(土) 樋口英明さん講演会 13時半 高槻現代劇場(阪急「高槻市」西南7分)

128日(日) 関電包囲全国集会 14時 リレーデモ東西から到着

12月8日(日) ここまで来ているメディアの危機 14時 新長田勤労市民センター(JR「新長田」南西3分) 講演:南彰(新聞労連委員長)

1214日(土) 望月衣塑子講演会 14時 サンシビック尼崎(阪神「尼崎」西南5分)

1215日(日) 反貧困映画と講演の集い 13時半 神戸市教育会館(JR「元町」北8分)講演:湯浅誠(法政大学教授) 

「不自由展」攻撃と新天皇キャンペーン~レイバーネット日本より

「不自由展」攻撃と新天皇キャンペーン

2019年10月12日 | 天皇制と人権・民主主義


     

 「あいちトリエンナーレ2019」は今日12日閉幕します。開幕から3日で閉鎖された「表現の不自由展・その後」は2カ月後の今月8日再開しました。最低限の修復はしたものの、問題の本質はなんら解決していません。

 この事件は多くの問題を含んでいます。たんなる「表現の(不)自由」の問題ではありません。何よりも、安倍政権が補助金を不交付にしたことは、国家権力による検閲以外のなにものでもなく、芸術(祭)に限らず、あらゆる分野にわたって国家に対する「萎縮効果」を狙うもので、絶対に許すことはできません。1日も早く「不交付」を撤回させる必要があります。それなくして今回の事件の解決はありえません。

  同時に、メディアの報道が「少女像などの展示内容」として「など」の中に入れ、一貫して明言を避けている問題を指摘しなければなりません。それは、今回の「不自由展」で主に攻撃されたのが、性奴隷(元慰安婦)をモチーフにした少女像とともに、天皇裕仁・天皇制をモチーフにした作品だったことです。

 「不自由展への抗議の5割は『平和の少女像』、4割は大浦信行作品『遠近を抱えてPart Ⅱ』へのもので、それは昭和天皇を描いた版画を燃やすなどの映像を含めて構成されていたという」(豊見山和美氏・アーキビスト、9月11日付琉球新報)

 「4割」の攻撃を「など」で片づけことはできません。
 そのことを攻撃者側から示しているのが、あの河村たかし名古屋市長です。河村は主催者側(実行委員長代理)でありながら今回の事件の火付け役の1人ですが、8日には再開に「抗議」して会場前で座り込むという妄動を行いました。
 その河村が手にしたプラカードにはこう書かれていました。「日本国民に問う!陛下への侮辱を許すのか!」(写真中)。ここに攻撃の本丸があると言えるでしょう。

 「少女像」と天皇(裕仁)をモチーフにした映像の2つが主な攻撃対象だったことは、けっして偶然ではなく、きわめて重要な意味を含んでいます。

 「今回起きているのは憲法にある『表現の自由』よりも、特定の思想信条に対する差別の問題だ。…脅迫者の動機の根底には差別的な意図がある。それは天皇制に批判的な人への差別であり、朝鮮半島の人への差別だ」(木村草太首都大東京教授、10月3日付中国新聞=共同)

 「『慰安婦』と『天皇』。…この二つの主題が最強の地雷となったことの意味は深い。慰安婦に群がった男たちは、皇軍の成れの果てだった。両者の並ぶ美術展が、ある種の威圧で中断に追い込まれた。それは、あの戦争の真の反省を回避し続け、74年後の現在なお新たな戦争を欲望する日本という国家の奇形が、国際芸術祭の場でも露呈したということではないか?」(豊見山和美氏、同前)

 日本のメディアは「など」によって、木村氏や豊見山氏が指摘する問題の本質から逃げているのです。それは今日における天皇タブーに他なりません

 さらに目を向ける必要があるのは、今回の「不自由展」が、徳仁天皇の「即位後朝見の儀」(写真右)からちょうど3カ月目に開幕し、閉幕の10日後には「即位礼正殿の儀」が行われるという事実・タイミングです。

 「性奴隷」と「天皇」をモチーフにした2作品に対する歴史修正(改ざん)主義者・安倍政権の攻撃が、新天皇キャンペーンのさ中に起こったことはけっして偶然ではなく、天皇制の本質問題を照射しているのではないでしょうか。

2019年10月13日 (日)

台風被害お見舞い申し上げます ~もう一つの心配

 非常に強い、いや史上最強かもしれない台風19号がまもなく東北を襲おうとしている。日頃見ないテレビを、心配だからずっと見ているが、実はもう一つ真剣な心配ごとがある。洪水被害はいつか復旧できるが、この台風で強風・大雨・洪水・高潮・津波が福島や宮城の女川の原発を襲ったら一たまりもないという事だ。
 関東全域に大きな被害を大雨がもたらしたが、それ以上の雨量が東北地方に予測されている。原発の電源喪失、非常電源の停止に

19

対する対策を即時に取れるように東電・東北電がしているのか? 「大丈夫です、ちゃんと対策しています。」という事なら報道する筈なのだがテレビなどで一切出て来ない。
 そもそも「命が助かる可能性が高い行動」の最たるものは一刻も早い脱原発だ。

2019年10月12日 (土)

かつてなく充実の『新社会兵庫』~拡散・アクセスを

消費税引き上げNO!
   市民デモHYOGOが集会とデモ 9.26神戸市
 10月1日から消費税が10%に引き上げられた。消費税の増税によって庶民の家計は直撃を受け、日本経済にも悪影響がもたらされていくことは、過去の例からも実証済みだ。社会保障の財源にという大義名分も、実際には法人税や富裕層の所得税減税の財源になってきたこれまでの事実で破綻している。10%への増税実施を前にした9月28日午後、「こわすな憲法!いのちとくらし!市民デモHYOGO」は「消費税引き上げNO!」を掲げ、「いのちとくらしを守ろう集会&デモ」を神戸市内で行った。
 約90人が参加した、神戸市中央区の東遊園地での集会では、まず市民から消費税の引き上げに反対するアピールが読み上げられた。また、ラップで消費税増税反対を訴える若者も登場し、「消費税を上げるとき、政府は庶民に言いました/社会保障のためだから、全部福祉に使うって/でも……」、だから「消費税廃止!」と元気にテンポよくアピールした。
 集会後は、ラッパーらを先頭に、大勢の人が行き交う三宮センター街や元町商店街を通ってデモ行進。ときにはラップを交えて「ガス代にも税金かける消費税」「お水にも税金かける消費税」「電気にも税金かける消費税」……「そやからそやから消費税廃止!」などのコールが響いた。
写真:(上)90人の市民が参加して「消費税引き上げやめて」などとアピールした、(下)ラップで反対アピール=9月28日、神戸市
関生支部への刑事弾圧
労働組合つぶしを許さない 支援拡大へ兵庫集会を計画
 
■労働組合への未曽有の大弾圧
  2018年7月以降、全日本建設運輸連隊労働組合関西地区生コン支部(以下、全日建関ナマ支部)に対する権力の異常な弾圧が続いている。逮捕者された組合員はのべ85人、事業者8人、起訴された組合員はのべ69人、事業者5人、その他、組合員や元組合員、事業者に対する膨大な任意出頭や家宅捜査が行われ、まだ進行中だ。武建一委員長をはじめ主要な役員は1年を超える長期拘留が続いている。
■業界のコンプライアンス活動を中心課題に
  全日建関生支部は、1990年代以降、重大な交通事故につながる過積載や、ビル、トンネルの事故に直結する欠陥生コン(シャブコン)の追放など、コンプライアンス活動などを組合活動の大きな課題として産業別の運動に取り組んできた労働組合である。 生コン業者の協同組合化と労働者の労働条件の向上に取り組む 生コン業界は大手ゼネコンとセメントメーカーの力が強く、中小の生コン業者の経営は圧迫され、労働者には劣悪な労働条件を強いていた。こうした状況のなかで、関西地区では関生支部の取り組みによって、中小企業の協同組合への加入を通して大手ゼネコン・セメントメーカーに対し、輸送運賃の引き上げを通して日々雇用労働者の正社員化や労働条件の引き上げをめざしてきていた。
■憲法28条を無視し、当たり前の労働運動を「威力業務妨害」、「恐喝未遂」罪に
  一連の全日建関生支部に対する弾圧(逮捕、起訴、長期拘留)は、労働組合の正当なストライキ権行使、従業員への平和的な協力要請、組合活動のABCであるビラ配布活動や抗議行動など、労働組合として当たり前の活動を「威力業務妨害」罪、「恐喝未遂」罪として弾圧しているのだ。
弾圧は滋賀県警、大阪府警、京都府警、和歌山県警に拡大している。
 滋賀県警は、生コンクリート業者らの協同組合に対して「関生と手を切れ」と言い、組合員に対しては「関生労組を辞めたら釈放してやる」などと、戦前の特高警察も驚くような手法で労働組合つぶしの国家的な不当労働行為を行っている。
 歴史的にみれば、労働者は無権利状態のなかで命を懸けた闘いによって団結権、団体行動権を獲得してきた。わが国においても、非合法下の闘いを経て、戦後、憲法28条で団結権、団体交渉権、団体行動権が認められた。そして、労働組合法第1条で刑事免責が定められ、第8条で損害賠償請求など民事免責が認められ、労働組合の活動が保障されたのである。労働者は闘い取った団結権、団体交渉権、団体行動権を駆使し、奴隷状態から人として当たり前に生きる権利を獲得してきたのだ。
「共謀罪」の先取り
 また、今回の一連の弾圧は、労働組合をあたかも犯罪者集団と同一視するかのような弾圧であり、しかもスマートフォンのデータを押収して共謀を問題として逮捕するなど、共謀罪の捜査手法を確立することが意識されているとも指摘されている。
まともな市民運動に対する挑戦でもある
 今回の全日建関生支部に対する弾圧は、闘う労働運動の根絶やしを狙うものだ。さらに、労働運動つぶしに止まらず、沖縄・辺野古新基地建設反対をはじめ米軍・自衛隊基地に反対する運動や、脱原発運動、そして安倍政治に対する一切の抵抗を許さない民主主義の全否定の一環だと捉える必要もあると言わねばならない。
兵庫でも反撃を開始しよう
 こうした当り前の労働組合、当たり前の労働組合運動をつぶし、民主主義を破壊しようとする攻撃に反撃する運動が全国的に広がろうとしている。支配者は常に働く者を分断しようとしてくるが、労働者の権利、平和と民主主義を守るには、働く者が団結と連帯を取る戻す以外に道はない。
 兵庫県においても弾圧が集中する全日建関生支部を支援し、連帯する運動づくりの取り組みをしていくため、10月23日に神戸市で「労働組合つぶしを許さない兵庫集会」を開催することになった(開催要項は別記)。ぜひ趣旨に賛同をいただき、兵庫県集会に多数の参加をいただきますよう呼びかけます。
小西純一郎(ひょうごユニオン事務局長)
インフォメーション
第18回平和in秋まつり
  • <h1< h1="">日時=10月13日(日)11時~14時 </h1<>
  • <h1< h1="">場所=神戸市葺合文化センター・大ホール </h1<>
  • <h1< h1="">内容=映画~平和と災害を考える~「昭和13年阪神大水害の記録映像」「地球の風車」~ヒロシマ・ナガサキから学ぶ~/歌/その他、とれたて野菜市、抽選会など
    </h1<>
  • <h1< h1="">主催=新社会党中央総支部、あわはら富夫後援会 </h1<>
  • <h1< h1="">連絡先=078・251・4778(新社会党中央総支部)</h1<>
安心と笑顔の社会保障ネットワーク(略称・安心ネット) 講演(公開)&第4回総会
  • <h1< h1="">日時=10月14日(月・祝日)14時~16時30分 </h1<>
  • <h1< h1="">場所=神戸市勤労会館403号 </h1<>
  • <h1< h1="">内容=第1部・総会/第2部・講演「『成年後見制度』知っていますか?~制度の現状と課題について~」川元志穂弁護士 </h1<>
  • <h1< h1="">参加費=500円 </h1<>
  • <h1< h1="">主催=安心ネット </h1<>
  • <h1< h1="">連絡先=078・361・3655 </h1<>
第7回新治さかぐら寄席@太陽
  • <h1< h1="">日時=10月19日(土)14時開場、14時半開演 </h1<>
  • <h1< h1="">場所=明石市・太陽酒造(山陽電鉄・江井ヶ島駅南へ徒歩4分) </h1<>
  • <h1< h1="">出演=露の新幸、三遊亭絵馬、豊来家玉之助、露の新治 </h1<>
  • <h1< h1="">参加費=落語会・2千円、試飲会・千円 </h1<>
  • <h1< h1="">申し込み・問合せ=090・2110・8542(岡崎)</h1<>
「年金問題を考える」
  ~憲法を生かす会・明石 19秋季学習会~
  • <h1< h1="">日時=10月24日(木)18時半 </h1<>
  • <h1< h1="">場所=明石市勤労福祉会館 2階 第一講習室 </h1<>
  • <h1< h1="">講演=「年金制度の過去・現在・未来」、講師:福田義幸さん(年金問題研究家) </h1<>
  • <h1< h1="">参加費=200円</h1<>
  • <h1< h1="">主催=憲法を生かす会・明石 078・914・4341</h1<>
前川喜平さん講演会
  • <h1< h1="">日時=10月25日(金)18:30~ </h1<>
  • <h1< h1="">場所=丹波市・丹波の森公苑ホール </h1<>
  • <h1< h1="">講演=「子ども・教育・未来」前川喜平さん(現代教育行政研究会代表、元文科省事務次官) </h1<>
  • <h1< h1="">前売券800円(当日1000円、高校生以下無料 </h1<>
  • <h1< h1="">主催=同講演会実行委員会(0795・73・3869)</h1<>
ソウルの市民社会運動に学ぶ
     10・30講演と討論の会
  • <h1< h1="">日時=10月30日(水)14時~17時 </h1<>
  • <h1< h1="">場所=神戸市勤労会館405・406 </h1<>
  • <h1< h1="">講演=「日本の政治を変えるためにソウル(朴元淳市長)の市民社会運動に何を学ぶか」白石孝さん(『ソウルの市民社会主義』編著者、官製ワーキングプア研究会主宰) </h1<>
  • <h1< h1="">参加費=500円(学生・生徒、生活困窮者はフリー) </h1<>
  • <h1< h1="">主催=安保関連法廃止!市民の集い(080・5631・7699西)、憲法を生かす会・西神戸連絡会(090・2289・6481小</h1<>

台風19号で福島原発は…? 直撃なら汚染水ダダ漏れの危機


台風19号で福島原発は…? 直撃なら汚染水ダダ漏れの危機

公開日: 更新日:

 

 



 

 




廃炉作業が続く福島第1原発(C)共同通信社
廃炉作業が続く福島第1原発(C)共同通信社
拡大する

「命を守るため、早めの対策、避難をしてほしい」――。9日、気象庁が注意を呼び掛けた超大型台風19号が、12日にも日本列島を直撃する可能性が高まってきた。

 台風19号は、11日午前6時時点で、父島の西約380キロの海上にあり、中心の気圧は925ヘクトパスカル、中心付近の最大風速は50メートル、最大瞬間風速は70メートル。予想では紀伊半島沖を北上し、その後、12日夕方から夜遅くにかけて関東付近に接近、または上陸する恐れがあるという。

 全日空は12日に羽田、成田両空港を発着する国内線全便の欠航を決定。JRの東日本、東海、西日本も大規模な計画運休を予定している。

 接近・上陸の3日も前から気象庁が異例の会見を開いたのは、台風19号が過去に例がないほどの強い勢力を保っているからだ。

東京を襲った台風で最も低い気圧は1917年10月の「東京湾台風」(953ヘクトパスカル)とされる。今回はその気圧を大きく下回る可能性があり、上陸すれば、暴風や大雨で甚大な被害をもたらしかねない。とりわけ懸念されているのが、台風19号の予想進路上にある福島原発だ。

■東電の備えは?

 福島原発は過去、台風による大雨で原発周辺の地下水位が上昇。原子炉冷却などに使われた汚染水を処理した水をためるタンク周囲の漏水防止用のせきから水があふれ出したり、やむを得ずに放射性物質の濃度が法定基準を下回る水に限って海洋放出したりしていた。

さらに今は1、2号機の共用排気筒(高さ120メートル、直径3・2メートル)の解体作業中で、周囲には複数の巨大クレーンが稼働している。風速30~60メートルの暴風が排気筒やクレーンをたたきつければ千葉のゴルフ練習場の鉄柱倒壊どころの被害じゃ済まない。最悪、高濃度の放射性物質がまき散らかされる恐れも出てくる。福島原発の超大型台風に対する備えは万全なのか。

「汚染水をためるタンクは台風の強い風でも転倒の恐れがないことを確認しています。敷地内のケーブルやホースなどは飛散防止策を取り、コンテナなどについても(しっかりと)固定されているかどうかを再確認しています。クレーンは(風の影響を避けるために)たたみ、雨水が建屋に流入しないようパトロールなどを行う予定です」(東電広報担当者)

 直撃しないことを祈るばかりだ。



 今回は超巨大ゆえ、直撃すればどんなことが起こるか分からない。原田義昭・前環境相が「海洋放出のほかに選択肢はない」と発言して問題となった汚染処理水がダダ漏れする可能性もゼロじゃないだろう。

2019年10月11日 (金)

関西生コン事件で院内集会~11・16全国集会へ

組合つぶしに加担する裁判所を問う~関西生コン事件で院内集会
関西生コン事件は、労働組合が当然な権利としている組合活動をお警察権力を使い、闘う労働組合を潰す攻撃である。10月10日昼、参議院議員会館で、関西生コンを支援する会(平和フォーラム内)が主催となり、「組合活動を禁止する裁判所」をテーマに院内集会が開かれた。会場はいっぱいで、民主主義を否定する権力の横暴を止める集会となった。冒頭、長尾秀樹議員(立憲)が支援の挨拶をした。壇上には事件担当の太田弁護士をはじめ、佐高信(評論家/写真)・宮里邦雄・内田雅敏・海渡雄一(弁護士)・福山(平和フォーラム)の各氏が座った。共謀罪を先取りして、この1年間で述べ79人もの逮捕者を出し、未だ5人が拘留されている。検察の送検内容を丸呑みにして拘留を重ね、保釈後の接見も禁止する裁判所。暗黒社会に等しい悪行を繰り返している。司会をした勝島さんは「大衆運動から関西生コンの問題を解き明かそう」と訴えた。なお、11月1日には日本教育会館で東京集会が開かれる。(宮川敏一) 報告

関生弾圧関連集会の案内

1019日(土) 共謀罪成立と市民運動~関西生コン弾圧 市民デモHYOGO10月行動

         14時半 あすてっぷKOBE(「高速神戸」北4分) お話:太田健義弁護士

1023日(水) 労働組合つぶしを許さない兵庫集会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:森博行弁護士ほか

119日(土) 連続市民講座③ 労働運動の課題と飛躍のための提言 14時 尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分) 講演:熊沢誠(甲南大学名誉教授)

1116日(土)  関生弾圧粉砕全国集会 14時 西梅田公園(JR「大阪」西南8分、JR「福島」東南7分)

2019年10月10日 (木)

坂本茂雄【高知県議】ブログから2記事引用

10月10日「沖縄のことをわがこととして考え、国民的議論、憲法に基づいた民主的手続きで解決を求める」

 今日で閉会となる9月定例会ですが、会派から提出した「辺野古新基地建設の即時中止と、普天間基地の沖縄県外・国外移転について、国民的議論により、民主主義及び憲法に基づき公正な解決を図ることを求める意見書(案)」が常任委員会では不一致となりましたので、本会議に再提出しました。

 意見書では、「辺野古新基地建設工事を直ちに中止し、普天間基地を運用停止にすること。」「全国民が、責任を持って、米軍基地が必要か否か、普天間基地の代替施設が日本国内に必要か否か当事者意識を持った国民的議論を行うこと。」「国民的議論において普天間基地の代替施設が国内に必要だという結論になるのなら、沖縄の歴史及び米軍基地の偏在に鑑み、沖縄以外の全国のすべての自治体を等しく候補地とし、民主主義及び憲法の規定に基づき、一地域への一方的な押付けとならないよう、公正で民主的な手続きにより解決すること。」などを求めています。

 私は、提出会派を代表して賛成討論をすることとしています。

 写真は、6月定例会で、意見書案の賛成討論を行ったときのものです。

10月9日「萩生田文科大臣が目指す『日本会議教育理念』」

 安倍「お友達在庫一掃・忖度・改憲再改造内閣」の顔ぶれを見たときに、最も驚いたのは萩生田文科大臣の人選でしたが、徐々に本質が表れています。

 議員会館の部屋には教育勅語の大きな掛軸が掛けてあったと言われるほどの人です。

 10月6日の東京新聞「本音のコラム」欄で前川喜平氏は、「萩生田氏と日本会議」と題して、萩生田氏と日本会議の関係の深さについて、明らかにされています。

 彼は、かつて日本会議国会議員懇談会事務局長も務めており、「日本軍が集団自決に追い込んだ沖縄戦、アジア侵略の加害の歴史、これらを自虐だと否定する日本会議、そこには日本国憲法にある軍国主義への反省の精神はない」と喝破し、「萩生田大臣は、日本の教育をいよいよ日本会議の求める方向へ歪めていくのだろう」と断じています。

 この就任によって、加計問題をなきものにすることと、日本の教育を日本会議の求める方向へと大きく歪めていくことが、企図されているのではないでしょうか

 さらに、最近は、今月にも大学設置を再度申請する方針である宗教法人「幸福の科学」が、2014年に申請されたときに、萩生田氏が、幸福の科学大学(HSU)の「仲介・調整」役で奔走し、口利きをしていた事がありながらも、来年の再申請に向けて都合の悪い情報として削除されていたことが報じられています。

 こんな文科大臣に、日本の教育が握られていることも許さない意味から、安倍政権の退陣を迫らなければなりません。

2019年10月 9日 (水)

あいちトリエンナーレ再開 反対派の志らく支離滅裂

不自由展が再開 愛知

市民らの運動が後押し

写真

(写真)不自由展の抽選に並ぶ人=8日、名古屋市

 愛知県で開催中の国際芸術祭・あいちトリエンナーレ2019で、中止されていた企画展「表現の不自由展・その後」が8日、約2カ月ぶりに再開しました。出品された16組の作家の23作品は中止前の状態で展示再開。中止に抗議して展示内容を変更していた不自由展以外の作家の作品も再開しました。会期は14日まで。

 不自由展は、日本軍「慰安婦」を象徴する「平和の少女像」などに抗議が殺到し、8月1日の開幕から3日で中止されました。脅迫や政治家の圧力による展示中止に抗議するスタンディングや署名など、再開を求める市民や作家らの行動が続いていました。

 不自由展実行委は展示再開を求めて名古屋地裁に仮処分を申し立て、芸術祭実行委と再開を合意。展示方法や安全対策の協議を続け、再開に至りました。

 不自由展への入場は抽選で1回30人に限定され、初回の抽選には709人が入場を求めて列を作りました。この日の抽選は2回行われました。

 当選者は手荷物を預け、事前の教育プログラムを受けて作品を鑑賞。「平和の少女像」を初めて見た名古屋市の女性(47)は「少女の悲しみが伝わってきました。実際に隣に座って初めて作品の細部に込められた思いを感じることができた。最後の20分ほどは作品について議論する機会があり、いろんな意見が聞けて、とてもよかった」と話しました。

【解説】昨日から「あいちトリエンナーレ・表現の不自由展」が再開された。その中身についてはこの場で論ずると長くなるので割愛するが、要するに反対したのは、河村名古屋市長、官邸・文化庁・政治家たち、志らくら反動マスコミの提灯持ち、そして何よりも電凸・携行缶テロ集団ということになる。これらが寄ってたかって開催を不可能にしようとしたが、時間をおいての冷静な世論の前に、その醜悪な正体が暴露され失敗したということだ。特に本日朝の番組での攻撃の急先鋒だった「志らく」は津田大介の反論や自分の番組のコメンテータの反論に支離滅裂・しどろもどろになり、彼らの言う「言論の自由」なるものがいかに底の浅いものであるかが満天下あ明らかとなった。ひとまず再開を喜びたい。

 

関電八木会長がついに辞任へ~関西電力は原発から撤退を!

関電・八木会長、引責辞任へ 金品受領問題で

10/9(水) 1:23配信

産経新聞

 関西電力八木誠会長(69)が辞任の意向を示していることが8日分かった。同社役員ら20人が福井県高浜町の元助役(故人)から金品を受領していた問題を受けて、経営責任をとる。9日に臨時取締役会を開いて辞任を決めるとみられる。岩根茂樹社長は当面、留任し、第三者委員会による新たな調査を進めるなど信頼回復に取り組む。

 関電は今月2日に開いた記者会見で、八木氏が平成18年から4年間にわたり、859万円相当の金品を受領したと公表。うちスーツ2着分(100万円相当)は返却されていない。岩根氏も社長就任後に金貨10枚(150万円相当)を受領、その後返却していた。

 進退をめぐり関電側は、2日の会見で「原因究明や再発防止策に取り組み、経営責任を果たしたい」(岩根氏)とし、八木、岩根両氏の辞任を否定していた。

 ただ、経営責任については政府内から「第三者機関の調査報告書を受け取った上で、当然、企業人として関電の方々が判断するもの」(菅原一秀経済産業相)といった声があがるなど、経営体制の刷新は不可避の情勢だった。

 第三者委員会は、昨年にまとめた社内調査の検証に加えて、調査範囲を拡大する見通しだ。八木氏と岩根氏は再び調査対象になる。

 経産省は速やかに報告書をまとめるよう求めている。関電は第三者委の発足に合わせて八木氏が退くことで、原因究明に全面協力する姿勢を鮮明にする。

 八木、岩根両氏はすでに、ほかの企業での社外取締役の辞任を各社に伝達。八木氏が務める関西経済連合会副会長、岩根氏の電気事業連合会(電事連)会長も辞任する公算が大きい。

神社・さざれ石参拝、君が代斉唱がラグビー勝利の源泉とは

 見るともなしにテレビを見る機会があった。ニッポンすごいぞ!のオンパレードだ。サモアに日本が勝った直後などはもうお祭り騒ぎだ。そのうちで選手たちを写している番組があった。。何と選手全員で宮崎県の大御神社で「さざれ石」を拝んでいた。おまけに外国人が半分いる選手団が君が代を歌ったとか。レポーターが大真面目にそれを201907170000700w500_2_20191009003701 称賛。見ていたこちらの口が「あんぐり!」になったのは言うまでもない。

2019年10月 8日 (火)

大島衆議院議長が、安倍首相の改憲発言に呼応

  • 首相の改憲発言に呼応/大島議長発言で国会紛糾/野党「職権逸脱」と抗議~しんぶん赤旗
  •  
  • 安倍晋三首相の所信表明演説に対する各党代表質問の衆院本会議が7日、予定されていた開会時間から1時間25分も遅れて開会しました。大島理森衆院議長が今臨時国会で改憲の国民投票法改定案の成立を図るように呼びかけた発言をめぐり、日本共産党など野党が「公正中立であるべき議長の職権を逸脱するもの」として謝罪と撤回を求めたのにたいし、議長がこれに応じなかったことによるものです。改憲をごり押ししようとする安倍政権の姿勢が臨時国会冒頭から混乱を呼び起こした形です。
    写真

    (写真)野党国対委員長連絡会。左から3人目は穀田、右端は塩川の各氏=7日、国会内

     大島氏は5日、青森県八戸市での自らの政治資金パーティーで、「国民投票法改定案は約2年間議論している」「この臨時国会で結論を出してほしい」と発言しました。改憲勢力の3分の2割れを招いた国民の審判を無視し、安倍首相が所信表明演説で「理想を議論すべき場こそ憲法審査会」「しっかり議論しよう」と呼びかけた直後に、これに呼応しようとする発言です。

     野党側は同日の衆院議院運営委員会理事会で大島議長の謝罪と発言の撤回を要求。断続的に国対委員長の協議を行いました。

     その後、各党の議運委員の代表が議長と面会し、発言の真意をただしましたが、大島氏は「合意の努力をしてほしいという趣旨だ」と釈明し、発言を撤回しませんでした。このため、衆院議運委員会で野党側委員がそれぞれ議長の発言を批判。日本共産党の塩川鉄也議員は、「国会に提出されている議員立法は50本以上にわたる。国民投票法改定案だけ取り上げるのは道理がない。しかも、大島氏の発言は、与党の説明そのものだ」と指摘し、「野党はこの法案を欠陥法案だと批判している。与党中心の法案を前提に国会での合意を求めることは、与党にくみする姿勢そのものだ。発言の撤回と謝罪を」と批判しました。

     立憲民主党の手塚仁雄議員は「公正中立な運営を求める」と批判。国民民主党の牧義夫議員は「議長の矩(のり)を超えたものだ」と強調しました。

     大島氏は過去にも、公正中立を逸脱する発言をしてきました。6月30日放映の番組では、通常国会への感想を問われ「野党の戦略と戦術が足りない」と政府・与党が予算委員会の開会を拒否してきたことを棚上げにして野党を批判。野党から抗議を受けました。

     今回の大島氏の発言は、安倍首相の最側近でもある自民党の萩生田光一幹事長代行(当時、現文部科学相)が、「有力な方を議長において憲法改正シフトを国会が行っていくのは極めて大事」(7月26日のインターネット番組)などと述べ、政権として衆院議長交代を辞さない強い姿勢をあらわにするもとでの発言であり、改憲に固執する安倍首相に協力しようとする姿勢の表れです。

2019年10月 7日 (月)

コミュニティユニオン全国交流集会が姫路で

 1083 10月5日~6日、コミュニティユニオンの全国交流集会が、全国から530人が集まり、姫路で開催された。集会は昨年から1年の歩みとの総括と今後の方針の確認の上に、全国各地の地域合同労組・コミュニティユニオンの交流・討論が2日間にわたって繰り広げられた。

   冒頭主催者代表して地元兵庫の上山史代委員長から歓迎の挨拶が。来賓は福島みずほ参議院を始め全国ユニオンや連合の労働組合の代表者、さらには韓国民主労組からも代表がかけつけた。 続いて各地の争議団・たたかう組合のアピール、アトラクションなどもあり、小さな労働組合の地域の 闘いに周りから駆けつけることで、働く仲間の権利を獲得していくことの素晴らしさが縦横に確認された。
1082  また松元ヒロさんの時事漫談「憲法くん」は会場の参加者を大いに沸かせた。
 18時半からのレセプションは、徐元山陽バス労働組合のビートルズナンバーの演奏から始まり、全国のユニオンがそれぞれ壇上にあ買ったり、各種アトラクションでは芸達者な国安院の特技が披露され、交流が一段と進んだ。
 
 2日目は11の分科会が行われ、最後の全体会では関西生コン労組から、この1年にわたる弾圧を許さず、11・16全国集会から反撃に打って出ることが確認された。来年は神奈川・横須賀で開催されるという。コミュニティユニオン運動の大きな発展を期待したい。

1081

ウォーレン氏に戦々恐々=巨大企業「反ビジネス」懸念-米大統領選

ウォーレン氏に戦々恐々=巨大企業「反ビジネス」懸念-米大統領選

エリザベス・ウォーレン米上院議員=4日、ロサンゼルス(AFP時事)© 時事通信 提供 エリザベス・ウォーレン米上院議員=4日、ロサンゼルス(AFP時事)

 【ワシントン時事】2020年米大統領選の民主党候補者争いで、最左派のエリザベス・ウォーレン上院議員(70)の支持率が上昇を続けている。大統領になれば、巨大資本や富裕層の既得権益に切り込むのは確実。敵視される経済界も、その勢いを無視できなくなってきた。

 政治専門サイト「リアル・クリア・ポリティクス」によると、春先まで1桁だったウォーレン氏の平均支持率は、5日現在で24.0%。1位のバイデン前副大統領(26.2%)にあと一歩まで迫り、直近二つの世論調査ではいずれもトップに立った。社会保障や税制、環境問題などで大胆で具体的な政策を訴え、その「革新性」への支持が女性や若者らにじわりと広がっている。

 「われわれにとってそれが最悪かって? それは最悪だ」。米交流サイト最大手フェイスブックのザッカーバーグ最高経営責任者(CEO)は、1日に音声が報じられた非公開の社内会議で、現実味を帯びてきた「ウォーレン大統領」への警戒を率直に口にした。

 上院議員としてウォール街攻撃の前面に立ってきたウォーレン氏に対し経済界が抱くのは、「反ビジネス」という懸念だ。ウォーレン氏は大統領選で、富裕層の資産に一律課税する「富裕税」を提唱。フェイスブックやアマゾンなどIT大手について、市場を独占し「競争を無力化している」と解体を主張している。

 同じ左派のサンダース上院議員の入院が報じられた2日、ニューヨーク株式市場では、同氏の支持がウォーレン氏に流れるとの観測から、株が売られた。仮にウォーレン氏が民主党の指名を獲得すれば、ウォール街の大口献金者が共和党のトランプ大統領支援に回るという見方もある。

 一方、ウォーレン氏は利害関係者や大口の献金を辞退し、しがらみから自由な立場を強調する。2日のツイッターでは「ウォール街はウォーレン氏を恐れている」というテレビ各局のニュースを紹介。「政治はウォール街や億万長者でなく、あなた方のためにあるべきだ」と書き込み、自分への警戒を逆にアピール材料にしている。 

毎日行動、あらゆる地域で 安倍打倒の市民革命の日は近い なぜなら市民はこれだけ運動しているのだから

当面の行動日程(阪神社会運動情報センター掌握分)

定例行動

毎週木曜日 15時 安保関連法反対市民の集い定例街宣 三宮マルイ前

辺野古行動 毎週土曜日 13時 神戸 三宮マルイ前   15時半 JR大阪駅南

関生弾圧粉砕大阪府警前行動 毎週土曜日 13時半 大阪府警本部前

梅田解放区 隔週土曜日(第二、第四) 17時半 梅田ヘップ5前

関電抗議行動 本店、神戸支店、姫路支店、茨木金曜行動など

改憲反対市民フォーラム 第三日曜日 12時 JR大阪駅南

◎市民デモHYOGO、みなせん ◇阪神地域の行動 ▽原発関係 ※弾圧

 

107日(月) 第5期日本ドイツ現代史研究会 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北
口」東南5分)

108日(火) 映画『道草』上映INあまがさき実行委員会 14時 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

108日(火) 尼崎共同行動相談会 18時半 小田北生涯学習プラザ(JR「尼崎」北東4分)

109日(水) 伊丹市民病院問題を考える会 19時 稲野センター(阪急「稲野」南西5分) 主催:稲野町自治会

1011日(金)  連帯兵庫みなせん世話人会 18時 稲葉プラザ(JR「須磨海浜公園」北東5分)

1011日(金) 1116反弾圧全国集会実行委員会 18時半 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

1012日(土)・13日(日) 伊丹人権フェスティバル 伊丹人権センター(阪急「新伊丹」西
25
分) 12日・14時 記念講演:谷口真由美(大阪国際大准教授)

1012日(土) 遡り日本近代史講座③ 天皇ってそんなにすごい家柄なの? 11時 ぷらざこむ(阪急「売布神社」東南5分)

1012日(土) 老朽原発うごかすな!米原集会 14時 米原市米原公民館(JR「米原」西5分)挨拶:平尾道雄米原市長 講演:井戸謙一弁護士 ほか

Img005 1012日(土) 市民の手で社会を変えよう連続市民講座① 神戸 籠池泰典大いに語る 14時 新長田勤労市民センター(JR「新長田」西南3分)

1013日(日) 三里塚全国総決起集会街頭宣

10月13日(日) 憲法改革に反対する市民フォーラム 915集会総括会議 14時 大阪市生涯学習センター(大阪駅前第2ビル)

 

1015日(火) 老朽原発をうごかすな!リレーデモ兵庫県実行委員会 18時半 サロン・ド・あいり(JR「三ノ宮」東5分)

1019日(土) 共謀罪・関生弾圧を考える市民集会 市民デモHYOGO10月行動

1020日(日) 今福島原発はどうなってるの? 末田一秀さん講演会 10時 西宮ウエーブ(阪急「西宮北口」南2分)

1020日(日) 原発で事故が起きたら、宝塚市も受け入れ その避難計画で大丈夫? 14時 宝塚市男女共同参画センター 交流室34(阪急「宝塚」駅直結)

10月20日(日) 憲法改悪に反対する市民フォーラム街頭宣伝 12時 JR大阪駅前

1020日(日) とめよう戦争への道 めざそうアジアの平和 2019関西の集い 

13時半 エルシアター(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15

講演:半田滋 屋良朝博

 

10月22日(火・休) 主権在民を否定する1022天皇即位式抗議デモ 14時 中之島水上ステージ(地下鉄「淀屋橋」北東7分 JR「北新地」東南15分)

10月22日(火・休) カジノあかん!市民集会 13時半 エルシアター(地下鉄「天満橋」西5分、JR「大阪天満宮」南15分)

1023日(水) 伊丹病院統廃合反対のスタンディングデモ 12時半 伊丹市役所

10月23日(水) 憲法懇談会 18時半 神戸市婦人会館・つばき(「高速神戸」北3分)

1023日(水) 労働組合つぶしを許さない兵庫集会 18時半 神戸市勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分) 講演:森博行弁護士ほか

1025日(金) 神戸市議会で沖縄意見書採択のための第1回実行委 18時 神戸勤労会館(JR「三ノ宮」東南4分)

1025日(金) 教育と憲法を語る前川喜平さん講演会 18時半 丹波の森公苑ホール(JR福知山
線「柏原」西7分)

1026日(土) 連続市民講座② 水道の民営化を考える学習会 14時 ピピアめふ(阪急「売布神社」すぐ) 講演:竹田かおり(NPO法人AMネット)

Img010_20191007102201   10月26日(土)  道徳の教科化と道徳教科書 元教ネット連続講座② 14時 神戸市教育会館(JR・阪神「元町」北8分) お話し:相可文代(元中学教員)

1027日(日) 望月衣塑子講演会 14時 川西商工会館(能勢電「絹延橋」西5分)

1027日(日) 反戦・反貧困・反差別京都集会 13時 円山野外音楽堂(阪急「四条河原町」東15分) 講演:知花昌一、菅孝行  終了後デモ行進

1028日(月) さようなら原発1000人集会第4回実行委員会 19時 アステ・ルーム3(阪急「川西能勢口」南1分)

1030日(水) 「骨格提言」の完全実施を求める大フォーラム 12時 東京 日比谷野外音楽堂

10月30日(水) 重信メイ、パレスチナを語る 19時 大阪中央会館(地下鉄「心斎橋」東15分)

2019年10月 6日 (日)

安倍首相の所信に笑ってしまった

 10月4日開会の臨時国会。安倍首相の所信表明は問題だらけだが、思わず笑ってしまったのが「みんなちがって、みんないい」。みなさん、どこか聞いたことのあるフレーズではありませんか!? そう、社民党伊丹市会議員・大津留求さんのメインキャッチコピー。街頭演説では違う意見を警察権力を使って排除したり、教育問題については道徳の教科化で画一的・愛国的価値観を強制しようとしているのをカモフラージュするために、わが大津留求さんのメインコピーをパクるとは。あきれ果てて物も言えない。大津留さん、山本太郎じゃないけど、代わりに首相をしてあげてばどうですか!?

おおつる 求 ブログ

みんなちがって、みんないい。
大津留が見た・聞いた・感じた・考えた事を、徒然なるままに。。

関電だけじゃない 原発あるところに“第2の森山”必ずあり~日刊ゲンダイ


関電だけじゃない 原発あるところに“第2の森山”必ずあり

公開日: 更新日:

 

 



 




玄海原発再稼働のウラに(右は菅原経産相)/(C)共同通信社
玄海原発再稼働のウラに(右は菅原経産相)/(C)共同通信社
拡大する

 関西電力の原発マネー還流事件は、改めて原子力行政のいかがわしさを思い知ることになった。電力会社、地元有力者、工事業者の腐敗のトライアングルは、関電だけの問題ではあり得ない。原発あるところに、“第2の森山栄治”(福井県高浜町元助役=今年3月死去)がいるはずだ。ところが、経産省は電力各社のゆる~い調査でフタをしようとしている。

 経産省は9月30日付で、関電を除く電力会社9社と、電源開発、日本原子力発電、日本原燃の計12社にコンプライアンスの徹底を通達した。各社は、自主的に関電と類似の事例がないか調査していたが、4日の会見で菅原一秀経産相は「すでに12社のうち8社からは、このような事案はないとの回答があった」と言ってのけた。わずか数日の自主調査で“シロ”認定は早すぎる。

 どういう調査で「問題がない」と言い切れるのか。各社の調査実態を検証するのかと問うと、経産省は「今のところ考えていない」(資源エネルギー庁の電力・ガス事業部政策課)と答えた。まるでアリバイ調査だ。

「原子力資料情報室」事務局長の松久保肇氏が言う。

「経産省は関電だけの問題で片付けようとしています。地元有力者、工事業者、自治体、電力会社の癒着は、原発があるところには多かれ少なかれ存在します。当事者である電力会社の数日の調査で終わらせてはいけません」

■原発ビジネスは「持ちつ持たれつ」で成り立つ

 癒着はこれまでにも表面化している。例えば、関電と並んで原発再稼働に熱心な九州電力。玄海原発がある佐賀県玄海町の岸本英雄前町長は、就任した2006年8月以降の4年8カ月で、実弟が社長を務める建設会社「岸本組」に九電発注の原発関連工事を総額約17億円受注させていた。

 しかも、町長自らも株式の配当金など約1000万円を得ていた。九電に再稼働の了承可否を与える立場だった岸本氏への原発マネー還流は、「隠れ献金」との指摘もあった。しかし、法には触れることなく、岸本町長時代の18年3月、玄海原発は再稼働に至った。

九電は、関電問題が報じられ、類似案件の調査はしないとしていたが、きのう、一転して「社内調査を始める」と発表。言い訳を考えているのかもしれない。

 福島第1原発がある福島県双葉町でも地元有力者の影があった。

 1963~85年に町長を務めた田中清太郎氏は、原発誘致に熱心に取り組み、成功(71年稼働開始)。並行して、町長自ら実質オーナーの「田中建設」が原発案件工事を次々に受注。双葉郡随一の建設会社を築き上げたのだ。

 森山元助役とソックリじゃないか。

「森山さんのような強烈なキャラクターは特異かもしれませんが、誘致や再稼働をめぐって、電力会社は長年、地元の有力者を利用して原発を推進する。一方、地元の有力者も電力会社から最大限の利益を得ようとする。持ちつ持たれつの関係で原発ビジネスは成り立っています。関電事件をきっかけに、全国の原発をめぐるウミをすべて出し切るべきです」(松久保肇氏)

 経産省や電力会社に期待しても無駄。野党とメディアは全ての原発周辺にメスを入れられるか。

2019年10月 5日 (土)

安倍改憲許すな!嘘つき内閣退陣!〜10.4臨時国会開会日行動に450人


安倍改憲許すな!嘘つき内閣退陣!〜10.4臨時国会開会日行動に450人
「消費税増税絶対反対!大軍拡予算反対!韓国敵視を煽るな!改憲発議許すな!辺野古新基地建設は断念を!10・4臨時国会開会日行動」は、臨時国会の開会する10月4日、12時から衆院議員会館前に450人が集まり開催した。菱山南帆子さんの司会で始まり、佐藤さんの「9条守れ改憲反対」「嘘つき内閣 今すぐ退陣」のコールが開会した国会にこだました。はじめに藤本泰成平和フォーラム代表から「安部政権のやり方はひどい。国民無視のやりたい放題。絶対に安倍に辞めてもらいたい」。続いて、国会議員が挨拶に立った。小池晃参院議員(共産)「安倍政権は、国会を開いたら憲法改悪ふざけるなと言いたい」。水岡俊一参院議員(立憲)「戦争法を強行裁決した安倍政権を今こそ打倒しましょう」。吉田忠智参院議員(社民)「3年ぶりに戻りました。予算委員会を軽視してきた安倍政権を追及します」。伊波洋一参院議員(沖縄)「沖縄離島の基地建設を進めている。憲法改悪を阻止する」など力を込めて挨拶した。(宮川敏一) 続き動画(3分)全編動画(川島)

2019年10月 4日 (金)

本日10月4日、革命的太西つねき氏の講演があるよ!

革命的太西つねき氏の講演があるよ!~たたかうあるみさんのブログより



 以前紹介した、

革命的太西つねき氏も出演する講演討論集会のお知らせ…薔薇マークキャンペーンがらみのヤツ。

なんとかならんかこの日本!?
講演討論集会inエル大阪
Vs_0001
10/4(金)18:30~エルおおさか606号室
本質的変化を見据えて政権交代を実現しよう

第25回参議院選挙 れいわ新選組公認立候補者
太西つねき
れいわ新選組・太西つねきが目指す本質的変化とは
立命館大学経済学部教授
松尾匡
政権交代を実現するために欠かせない政策理念とは

2019年10月、とうとう消費増税が実施されてしまいます。おりしも日韓関係の険悪化、米中貿易戦争の激化などが重なり、景況感は急激に悪化、人々の生活は「窮地」に陥っています。
この危機に立ち向かい、自公・安倍政権を打倒するための理論的支柱は何か?政権交代の鍵を握る東大随一の論客お二人を迎え、一緒に考える場となるシンポジウムを開催します。

日時 2019年10月4日(金)18時30分~20時30分(開場18時)
場所 エルおおさか6F606号室(大阪市中央区北浜東3-14 京阪天満橋駅徒歩5分)
主催 集会実行委員会 
https://www.facebook.com/orukansai
資料代 800円
連絡先 オール関西 平和と共生 Fax:(06)6607-6409
ak.pnc2015@gmail.com

革命的金融マン、大西つねきVSケインジアン松尾匡 に注目しよう!?

7年前の10月5日、関電本店前 再稼働反対・関電あかんでの声圧殺のため、警察が襲いかかった

 関西電力経営陣への賄賂と事業発注、さらにはキックバックでの金の還流。もとはと言えば市民の払う電気料金。しかも3・11福島原発事故を契機の「安全維持事業」から始まったというから(それ以前からも癒着)、おそれ入谷の鬼子母神。菓子折りの下に小判ならぬ金塊。「通例の儀礼」範囲のスーツ仕立券は1着50万円。どこからどこまで市民を愚弄した話か。
 そしてこれを追及の「急先鋒」が「汚染水を大阪湾へ」と「善人づらした松井一郎」。何とも江戸時代に、「越後屋とお代官様」が「お主も悪よのう」の世界が、2019ラグビーワールドカップと同時展開されているから、恥ずかしいやら情けないやら。
 5201 しかしあの「大飯原発再稼働」と、「放射線ガレキ焼却」で、関電と大阪が揺れ、毎週金曜関電本店前が市民で取り囲まれ、大阪市役所横にはテントが立った2012年から7年。再び関電本店と大阪市役所を揺るがす秋が来た。
 そう明日10月5日は、この闘いの高揚を恐れ大阪府警が襲いかかり、関電前で「転び攻防」で市民1人を逮捕した日。それから大弾圧が始まった。あれから7年。今度こそ、八木関電会長(当時は社長)を引き降ろし、若狭の原発を止めなくてはならない。
 大阪で起る悪の張本人(お代官様)ながら、時々は「筆頭株主」などと善良な市民ぶって人前に出る松井一郎もあわせて対峙する必要がある。
 まずは今日金曜日、毎週継続されている関電本店金曜行動に決起することから始めよう。
 いざ関電本店前へ!

この頃都にはやるもの、賄賂、忖度、無責任~封建時代より悪いアベ政治

田原氏、関電幹部の“被害者顔”に怒り心頭「冗談じゃない。これは賄賂だ」



ジャーナリストの田原総一朗氏© デイリースポーツ ジャーナリストの田原総一朗氏

 ジャーナリストの田原総一朗氏(85)が3日、ツイッターに新規投稿。原発事業を巡り、福井県高浜町の元助役森山栄治氏(故人)から多額の金品を受け取っていた関西電力の幹部らが会見で、森山氏の恫喝を背景に断れなかったという趣旨の弁明をしたことに対し「冗談じゃない。これは賄賂(わいろ)だ」と一刀両断にした。

 田原氏は「昨日(2日)の関電首脳達の記者会見を見ると、元助役を悪者にして、関電側はまるで被害者のように振舞っている」と指摘。さらに「冗談じゃない。これは言ってみれば賄賂であって、当然幹部は辞任するべきなのにそんな気配はまるでない。無責任極まりない記者会見だ」と怒りをぶつけた。

 関電の報告書には「無礼者!ワシを軽く見るなよ」「お前の家にダンプを突っ込ませる」「お前にも娘があるだろう。娘がかわいくないのか?」などといった森山氏の恫喝(どうかつ)があったとされる記述があり、会見では幹部からその内容が具体的に明かされていた。

2019年10月 3日 (木)

やるぞ、第11期沖縄意見広告運動

 沖縄意見広告運動は初期呼びかけも運動事務局も連帯労組関生支部が担ってきたことは周知の事実である。その関生支部しぶが激しい権力弾圧のさ中にあり、運動がこれまでのように広がるのは大変と多くの人が心配してきた。ところがどっこい、第11期になる意見広告運動のチラシができ、いよいよそのスタートを切る。やるぞ!第11期沖縄意見広告運動ということだ。来年5月~6月の掲載となると思うが、多くの人の協力を求めたい。

カテゴリー:お知らせ・活動報告 2019.09.30

以下のリンクより、ダウンロードし印刷してお使いいただけます。
皆様、是非ご活用ください。

新チラシ[PDF]

11thchirashi_0930

2019年10月 2日 (水)

11月16日、反弾圧全国集会にむけ、兵庫で3つの集会

 関生労組への弾圧は1年を超し、延べ90人近くの逮捕が続いているが、これにたいする反撃の全国集会が11月16日、西梅田公園で開かれる。
 それに先立ち兵庫では、10月19に市民デモHYOGOの共謀罪と弾圧を考える集会(2時半 あすてっぷKPBE)、10月23日に労働組合つぶしの弾圧を考える集会(6時半 神戸市勤労会館)、11月9日には雑誌『世界』4月号で関生弾圧反対の論稿を発表した熊沢誠甲南大名誉教授を招いた集会(2時 尼崎女性センター・トレピエ)が開かれる。単一労働組合としては史上まれな権力弾圧が1年以上続いている事態に、この1か月半、広範な世論を巻き起こし、反撃を組織していこう。




2019年10月 1日 (火)

日本のテレビは果たして報道するか?~韓国市民100万人集会「チョグク守護!検察改革」

日本のテレビは果たして報道するか?~韓国市民100万人集会「チョグク守護!検察改革」
連日チョグク法務長官の疑惑を報道し「文政権は韓国市民から見放されている」と言いたげな報道をしてきた日本のマスコミですが、9/28土曜日「検察改革!チョグク守護」を掲げて朴槿恵弾劾以来最大の韓国市民がロウソク集会に集まりました。これまでの日本のマスコミの報道のウソがバレる「チョグク守護・検察改革」ソウル100万人(主催者発表は200万人)集会。果たして日本のテレビは報道するでしょうか? <検察改革について> 韓国の社会矛盾ー積弊の本丸の一つが検察。自らはチェックされることなく、他国に見られない強大な権力を使って保守勢力と結びつき、政治力を行使してきました。ちなみに韓国の検察権限がなぜそれほど強いか? 日本の植民地支配の弾圧政治に由来します。戦後も南北分断ゆえの独裁政権でそれが温存されてきて、1987年の民主化ー市民革命以降も解体されなかった最後の独裁政権の遺物が検察と国家情報院(かつてKCIA)です。(韓国ニュース日本語字幕プロジェクト) 記事ハンギョレ新聞

あいちトリエンナーレ・不自由展6日にも再開~しんぶん赤旗

2019年10月1日(火)

不自由展6日にも再開

名古屋地裁 申し立てが通り和解

写真

(写真)「再開合意」の用紙を掲げる、不自由展の実行委員や弁護士=30日、名古屋市内

 国際芸術祭・あいちトリエンナーレ2019で中止された企画展「表現の不自由展・その後」をめぐり、不自由展の実行委員会が展示再開を求めた仮処分の審尋が30日、名古屋地裁で開かれ、中止前の状態で10月6~8日に再開することで芸術祭実行委員会と和解しました。(関連記事)

 芸術祭実行委は、(1)再開に当たって犯罪や混乱を誘発しないよう双方協力し、会場などの警備に警察の協力を得て、万全の態勢で臨む(2)入場は事前予約の整理券方式とする(3)開会時のキュレーション(展示企画)と一貫性を保持する(4)中間報告の内容を来場者に伝達する―ことを提案し、不自由展側が受け入れる形で合意しました。

 展示室内での作品の位置と方法の改善は、不自由展実行委と作家の了解を得て個別に協議していきます。和解を受けて仮処分の申し立ては取り下げられます。

 名古屋市内で会見した不自由展側代理人の中谷雄二弁護士は「申し立ての要求が通った内容で高く評価できる」と強調しました。

 不自由展実行委員会の岡本有佳氏は「再開合意で和解できたことを大変うれしく思う。開会時のキュレーションと一貫性を持たせることも担保できている。誠実に協議していく」と話しました。

 アライ=ヒロユキ氏は、文化庁の補助金不交付が検閲にあたると批判し「今回の勝利が、日本社会を覆っている検閲という空気をはねのける最初の大きな一歩になる」と語りました。小倉利丸氏は「全国のみなさんが署名や宣伝などで『暴力に屈しない』というメッセージを発信してくれたことが県を動かし、私たちも励まされた」と述べました。

関電マネー還流 “ドン”の原発御殿と疑惑の手数料ビジネス~日刊ゲンダイ


関電マネー還流 “ドン”の原発御殿と疑惑の手数料ビジネス

公開日: 更新日:

 

 



 




福井県高浜町の元助役森山栄治氏と関西電力高浜原発(C)共同通信社
福井県高浜町の元助役森山栄治氏と関西電力高浜原発(C)共同通信社
拡大する

 関西電力幹部らの“原発マネー還流”問題は闇が深すぎる。20人の関電幹部らは2017年までの7年間で、高浜原発が立地する福井・高浜町の“ドン”で元助役の森山栄治氏(今年3月に90歳で死去)から計3・2億円もの金品を受領。さらに、八木誠会長は06~10年にも森山氏から商品券などを受けていたことが発覚した。地元関係者は「この程度では終わらないだろう」と口を揃えるが、森山氏の豪邸周辺を取材すると、氏がいかに“太く”稼いでいたのかが垣間見える。

 森山氏の自宅は、JR小浜線三松駅から15分ほど歩いた地区に位置する静かな住宅街にある。広大な敷地を取り囲む高さ約2メートルの塀が、周囲に並ぶ古い日本家屋や小さな旅館の中で異彩を放っている。

「森山」の表札がかかった黒い門の奥には、平屋建ての木造日本家屋が鎮座。真っ白なコンクリート造の2階建ての建物も隣接している。

さらに敷地の隅には、三角屋根で高さ3~4メートルほどの土蔵が立つ。手入れされた松やモミジの庭木が塀に沿う形で植えられ、かすかに色づいていた。庭には複数の石の灯籠まで立っている。古きよき“日本の豪邸”といった風情だ。

 登記簿によると、土地は約1000平方メートル。敷地内の日本家屋の床面積は181平方メートルで、コンクリート造の建物は1階部分が同151平方メートル、2階部分が33平方メートルだった。土地を取得したのは、森山氏が高浜町役場に入ってから4年後の1973年。高浜原発1、2号機の建設が着手されたタイミングだ。

「原発誘致に貢献した」(地元関係者)とされる森山氏は今回、地元建設土木会社「吉田開発」から手数料として計3億円を受領。「手数料は、関電の事業を優先的に特定の業者に受注させた見返りじゃないか。森山氏は吉田開発以外の複数社からも、手数料を“徴収”していたとみられている」(前出の地元関係者)との指摘がある。

森山氏は高浜原発の警備を行う警備会社「オ―イング」(高浜町)の取締役も務めていた。関西地方の原発プラント関連会社でも一時期、相談役として迎えられていた。豪邸建設の原資が“原発マネー”だとしたら、森山氏は「ド悪党」だが、近隣住民の評判は意外に悪くない。

「森山さんは、大きな仕事を地元に持ってきてくれていたのに、特に偉ぶった様子もなく紳士的やったわ。今回の一件は何となく皆、知っていたけど、気づかないふりしてきたんや。表沙汰になってしまって複雑ですわ。何があろうと、町の発展のために力を尽くしてきた人なのでね」(近隣住民)

■激高ぶりに町役人は恐々

 一方、地元政界関係者の発言からは「紳士的」からはほど遠い森山氏の“正体”がうかがえる。

「森山さんは1987年に助役を退任後、2010年まで教育委員会に所属していました。今から十数年ほど前、教委幹部が関係者を対象とした研修会を主催したのですが、会場が高級ホテル向かいのビジネスホテルの会議室だった。これに森山さんは『何で向かいの高級ホテルじゃねえんだ』と激怒。『オレを何だと思っている!』と怒りが収まらず、縮み上がった教委幹部は急きょ、会場を向かいのホテルに変更したそう。有名な話です」

« 2019年9月 | トップページ | 2019年11月 »

2020年11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村