« 統一自治体選後半=伊丹市議選に向け、おおつる求が事務所開設 | トップページ | 新元号に冷や水 外務省は西暦使用 秋篠宮姉妹は西暦使用~だからバッシング? »

2019年4月 1日 (月)

福島原発事故から8年   武藤類子さんを招き集会~「新社会兵庫」より

福島原発事故から8年
  武藤類子さんを招き集会 脱原発はりまアクション
 脱原発はりまアクションは毎年、3月11日前後に「福島原発事故を忘れてはならない」との思いで「集い」を開催してきたが、今月は3月2日、「福島原発事故から8年の集い」を県加古川総合庁舎内で開き、90人が参加した。
 今年のテーマは、「あれだけの大事故を起こしながら、なぜ、東京電力、政府は責任を取らないのか!」で、福島原発事故の刑事責任を問う告訴団団長の武藤類子さんの話と、事故後に福島県郡山市から自主避難した女性の当時のことや今の心境などの報告を聞いた。
  原発事故からすでに8年を過ぎ、安倍政権や福島県から出る言葉は、「復興が進んでいる」「福島は安全」式のキャンペーンばかりだ。
 武藤さんは「今は復興予算で土建業者があふれているが、過ぎれば福島は閑散とするでしょう」と強調。また、「福島原発事故の汚染水、汚染土の問題は福島県周辺の問題ではない」と提起し、政府は溜まり溜まっている汚染水を海洋放水しようとしていることや、「移染土」と言われる汚染土(2200万トン)が全国各地の公共工事等で使われようとしていることを指摘した。
 福島原発事故問題は全国民に突き付けられている。
(菅野)
写真:(上)集会には90人が参加して武藤類子さんや自主避難者の声を聞いた、(下)講演する武藤類子さん=3月2日、加古川市

« 統一自治体選後半=伊丹市議選に向け、おおつる求が事務所開設 | トップページ | 新元号に冷や水 外務省は西暦使用 秋篠宮姉妹は西暦使用~だからバッシング? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 統一自治体選後半=伊丹市議選に向け、おおつる求が事務所開設 | トップページ | 新元号に冷や水 外務省は西暦使用 秋篠宮姉妹は西暦使用~だからバッシング? »

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村