« にしのみやアジア映画祭 『焼肉ドラゴン』、『タクシー運転手』など | トップページ | 勤労統計データ不正で揺れるなか、厚労省元事務次官の村木厚子氏がNHKで「何かの圧力がかかった」と発言 »

2019年1月23日 (水)

辺野古新基地は完成できない

 本土マスコミ(テレビ・新聞)が沖縄の基地問題のことを大きく継続的にとりあげることはなかったのだが、辺野古新基地の土砂投入以降は、ヘリやドローンを使っての航空写真で、青い海が埋められ茶色になっていく様も「絵になる」のか、たびたび大きな紙面を使って取り上げられるようになった。昨日の朝日の記事がそうである。
 通例基地や空港など工事が始まるとそれを阻止する手段がなく「あきらめ」が醸成され、マスコミも取り上げなくなる。
 しかし今回の場合はどうか。全体工程から言えば現在の埋め立て地域はわずか6%。そこに毎日ダンプで500台の土砂を投入しても半年はかかるという。さらに大浦湾側は海も深く、海底はマヨネーズ状という。工事には10年、2・5兆円がかかるという。沖縄の自然を壊し米軍基地を作る、その費用はすべて税金。それを空からの写真で10年見せつけられる。このことに政府側に支持が拡大するであろうか。
 辺野古基地建設を巡る土砂投入は、世論転換のおおきなターニングポイントになるのではの思いを強くする今日この頃である。(下の写真は朝日の記事を元に、アソシエトモ2からの引用)

 ☆☆☆☆   

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆ ☆☆☆☆

« にしのみやアジア映画祭 『焼肉ドラゴン』、『タクシー運転手』など | トップページ | 勤労統計データ不正で揺れるなか、厚労省元事務次官の村木厚子氏がNHKで「何かの圧力がかかった」と発言 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 辺野古新基地は完成できない:

« にしのみやアジア映画祭 『焼肉ドラゴン』、『タクシー運転手』など | トップページ | 勤労統計データ不正で揺れるなか、厚労省元事務次官の村木厚子氏がNHKで「何かの圧力がかかった」と発言 »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村