« 1月12日は市民デモHYOGOの新年交流会 | トップページ | 1月冒頭、安倍打倒へ猛然とラッシュを! »

2019年1月 9日 (水)

女性を蔑視し、人間の尊厳を傷つける出版・表現活動は許されない

 この国の差別拡大と人権無視の言動は、医大入試での女性差別を始め、杉田水脈のLGBT差別=生産性がない文章や、今回の週刊SPAの「性的ランク付け」などおぞましくもとどまるところを知らない。まさに基本的人権尊重の底が抜けた状態だ。
 格差別発言・事件は、それぞれぞれに「識者」が訳知り顔で反動意見を述べ、差別者・差別発言を帳消しにしようとするから、差別者は図にのって週刊SPAのような、3文エロ雑誌まがいの文章がフジ・産経グループから発行される始末だ。また編集者の言い訳など謝罪での何でもなく、女性を性的にランキングづける考えそのものだ。このような風潮を絶対に許してはならない。責任者を徹底追及し、社会的制裁を加える必要がある。

週刊SPA!“性的ランク付け”に各大学が抗議「強く遺憾」「深い憂慮」

1/9(水) 14:29配信    

    

スポニチアネックス

 扶桑社の男性誌「週刊SPA!」が昨年12月25日号に掲載した女子大学生を性的にランク付けした特集記事の表現を巡って、実名を挙げられた各大学が猛反発している。

 同誌では「ヤレる『ギャラ飲み』実況中継」と題した記事を掲載。「ギャラ飲み」とは男性が飲食代を負担し、飲み会に参加した女性に謝礼を支払うなどする飲み会のことで、記事ではギャラ飲みしたい男女をマッチングさせる携帯アプリを紹介。実際にアプリを利用して性交渉ができたかどうかの結果を記していた。その上でマッチングサービス運営者の見解として「ヤレる女子大学生RANKING」という5位までのランキング表を大学の実名入りで掲載した。

 実践女子大は9日までに「女性蔑視につながる」として、扶桑社宛に学長名で抗議文を送付。フェリス女子大は公式ホームページに「扶桑社の発行する『週刊SPA!』2018年12月25日号において、女性軽視、女性蔑視といえる内容の特集記事が掲載されました。女性の名誉と尊厳を傷つける今回の記事や同様の記事に対し、本学は、ここに強く遺憾の意を表明いたします」と抗議文を掲載した。中央大も公式HP上で「深い憂慮を表明」し、「このたびの前時代的な考え方に基づく記事が、本学の女子学生のみならず広く若者の尊厳を損ない安全を脅かすものであることを、出版社が重く受け止めるよう要望します」としている。

 同誌の犬飼孝司編集長は「“より親密になれる”“親密になりやすい”と表記すべきだったが、読者に訴求したいがために扇情的な表現を行ってしまった」「読者の気分を害する可能性のある特集になった」などと謝罪するコメントを発表している。

 ☆☆☆☆   

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆ ☆☆☆☆

« 1月12日は市民デモHYOGOの新年交流会 | トップページ | 1月冒頭、安倍打倒へ猛然とラッシュを! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 1月12日は市民デモHYOGOの新年交流会 | トップページ | 1月冒頭、安倍打倒へ猛然とラッシュを! »

2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村