« 1月17日に、「北朝鮮による弾道ミサイル…訓練」を行う稲村尼崎市行政 | トップページ | 「決して…意図はありません」と言いながら、1月17日に、「北朝鮮、弾道ミサイル」避難訓練を行った尼崎市 »

2018年1月17日 (水)

1月22日は、日本ドイツ現代史研の学習会~たたかうあるみさんのブログに本の紹介が

 たたかうあるみさんのブログに、『ナチスの「手口」と緊急事態条項』の紹介が出ている。日本・ドイツ現代史研究会ではこの本を使っての学習を昨年10月から行っており、1月22日(月)は、第4回目で、本の4章を学習を行う。時間は18時半から、場所は阪急「西宮北口」東南5分の、西宮市民交流センター。

ナチスの「手口」と緊急事態条項…ナチス独裁の成立

 ナチスの「手口」と緊急事態条項(長谷部恭男 石田勇治 集英社新書)を読んだ。憲法学者とドイツ近現代史専門家の対談形式本である。憲法改正に関して麻生太郎氏が「あの(ナチスの)手口、学んだらどうかね」(2013年7月29日)を批判したものである。

_0001_2 まず巷で思われているように、ナチスは決してドイツ国民から絶大な支持をえて政権についたわけではない。ヒトラーが首相になる前、1932年11月の国会議員選挙では、ナチスの議席は全議席の33.1%、連立を組む予定の国家人民党と合わせても4割ちょっとしか議員はいなかった。当時のワイマール共和国の選挙制度は、ほぼ完全な比例代表制であったから、議席数はそのまま国民の支持率を反映している。あたかもナチスが「国民の支持」を得て政権についたという「神話」は、実はナチスのプロパガンダの結果、出来上がったものなのだ。
 そのナチスが政権を握り、独裁権力を握る過程で重要な役割を果たしたのが、ワイマール憲法の第48条に規定された「大統領緊急措置権」である。これが自民党改憲草案の中にある「緊急事態条項」に相当するものだ。では「大統領緊急措置権」が、どのように使われていったのかを見てみよう。

 ワイマール共和国は直接選挙によって選ばれた大統領と、同じく選挙で選ばれた議員による国会が互いに牽制しながら政治を行う「二元代表制」もしくは「半大統領制」と言われるものであった。この体制は何も珍しいものではなく、現在でもフランス第五共和制を始め、韓国、台湾、ロシアと多くの国々で採用されている。
 ワイマール共和国での大統領の権限は①首相・閣僚の任命権(第53条)②国会の解散権(第25条)そして③非常時の緊急措置権(第48条)が規定されていた。ここで1929年の世界恐慌が起こり、ドイツ経済は大きな打撃を受ける。この時の首相、ブリューニングは1930年7月、増税とデフレを基調とする財政再建案を国会に提出するが、否決(当然「ケインズ政策」なるものは存在しなかった)…これをヒンデンブルク大統領が大統領緊急令として公布されることになる。もちろん国会は反発し、社会民主党は大統領令の廃止を動議として提出し可決されたが、それに対抗して国会が解散され、大統領令は若干の修正を経たうえで再度公布されるのである。

 この後9月の選挙では、ナチス党は18.3%、共産党も13.1%となる。で、ナチスも共産党も「ワイマール共和国を認めない」というイデオロギーに基づいて政治を行っているので、国会審議がたびたび止まるようになる。その結果、国会を通過する法案も激減した。1930年は98件もの法案が通過しているが、31年は34件、32年は5件となる。一方で大統領緊急令による「法律」は、30年には5件だったものが31年には44件、32年には66件にまで増えたのだ。このように大統領の権限が強くなっていったので、この時期の内閣を「大統領内閣」と呼ぶ。

以下は、『たたかうあるみさんのブログ』で読んでください。

☆☆ ☆☆☆☆   

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆

« 1月17日に、「北朝鮮による弾道ミサイル…訓練」を行う稲村尼崎市行政 | トップページ | 「決して…意図はありません」と言いながら、1月17日に、「北朝鮮、弾道ミサイル」避難訓練を行った尼崎市 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 1月17日に、「北朝鮮による弾道ミサイル…訓練」を行う稲村尼崎市行政 | トップページ | 「決して…意図はありません」と言いながら、1月17日に、「北朝鮮、弾道ミサイル」避難訓練を行った尼崎市 »

2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村