« 堺市長選で維新又もや大敗 | トップページ | 解散・総選挙に向け、兵庫の全選挙区で野党共闘候補を »

2017年9月26日 (火)

何が何でも候補一本化を!~堺の教訓

Dsc_00062 一昨日の堺市長選挙は教訓に富んでいる。冷厳な現実を我々に教えてくれている。
同日に行われた補欠選挙だ。府議補欠選挙、南区の市議補欠選挙いずれも分裂に乗じて維新が勝利した。反維新の統一候Cci20170926 補が実現していれば維新はゼロ議席になった可能性が高いのだ。色々な地域事情があったり、いくら竹山陣営の自民とはいえ、堺区の府議補選で西村慎吾の息子を押すわけにはいかず、野党共闘候補が実現した事を否定することもためらわれるし、南区の市議補選でリベラルながら自民党籍の候補を共産党が推せなかったのだろうが、これらは来る総選挙で繰り返されてはならない。賢明な熊本と北海道の民進党・共産党は候補調整に成功しつつある。兵庫も大阪も野党共闘、市民共闘の一本化作業を大胆に、至急に進め、結論に至るべき時だ。

☆☆ ☆☆☆☆  

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆

« 堺市長選で維新又もや大敗 | トップページ | 解散・総選挙に向け、兵庫の全選挙区で野党共闘候補を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/71810558

この記事へのトラックバック一覧です: 何が何でも候補一本化を!~堺の教訓:

« 堺市長選で維新又もや大敗 | トップページ | 解散・総選挙に向け、兵庫の全選挙区で野党共闘候補を »

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
フォト
無料ブログはココログ