« 8月末までの行動一覧 | トップページ | 9月の行動日程~かつてない市民運動・社会運動の高揚で、安倍政権を退陣に追い込もう »

2017年8月 9日 (水)

どっちが挑発・軍事的脅威か

B1b Photo









  
自衛隊機は「九州上空から朝鮮半島まで」戦略爆撃機B1Bを護衛していった。朝鮮半島までってどこまで?


非常識で、
危険な強気で、世界中が非難しているのに態度を変えない「最悪」と言われかねない朝鮮民主主義人民共和国。ここに世論の荒波も覚悟して、あえて擁護する。

まず、「核とミサイルはけしからん」  確かに危ない。しかし、朝鮮が核もミサイルも持っていない時に世界は、特にアメリカ、日本、韓国は 優しかっただろうか。冗談ではない。もうすぐ創建70周年を迎えるが、70年間、一貫して敵視・攻撃・非難・制裁を続けて来たではないか? 日本などは在日朝鮮人への迫害をずっと続け、有名な阪神教育闘争では丸腰・家族連れのデモ隊
に拳銃を発射し、大阪府庁前で金太一少年が死亡した。そういう国際的迫害を乗り越えて、経済も持ち直しているのは、核とミサイルの「脅し」でアメリカがびびるので、通常兵力を38度線に貼りつけなくて済み、民生に軍隊の力を使えるからだ。

「まず朝鮮が核を放棄せよ」 アメリカは敵ではないと言うが、今までの歴史で信用できない。西部劇で先に撃ったりしないのは、ただの映画であり、アメリカ軍は建国以来ずっとやっている戦争で常に先制攻撃の機会を狙い続け、いよいよとなるとでっち上げの口実で一気に軍隊を派遣し、他国を叩き潰して来た。米韓軍事演習で朝鮮を叩き潰す訓練を今年は3・4月にしたが、また今月下旬からすると言う。挑発・軍事脅迫をしているのはアメリカなのだ。明らかにこの米韓軍事演習を中止すれば直ちに対話の機運が生まれ、緊張は取り除かれる。

☆☆ ☆☆☆☆

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆☆☆

« 8月末までの行動一覧 | トップページ | 9月の行動日程~かつてない市民運動・社会運動の高揚で、安倍政権を退陣に追い込もう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/71370828

この記事へのトラックバック一覧です: どっちが挑発・軍事的脅威か:

« 8月末までの行動一覧 | トップページ | 9月の行動日程~かつてない市民運動・社会運動の高揚で、安倍政権を退陣に追い込もう »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ