« 安倍内閣支持率急落の衝撃 “消極的支持層”’ついにソッポ | トップページ | 共謀罪廃案求めるロックアクション集会・パレード »

2017年6月 6日 (火)

非暴力で基地建設に反対しても、機動隊に頭をカチ割られる時代

非暴力で基地建設に反対しても、機動隊に頭をカチ割られる時代~たたかうあるみさんのブログより

 6月2日、沖縄・辺野古で機動隊の暴力により、女性が頭蓋骨折というとんでもない重傷を負わされた!警察・機動隊の暴力行為を強く弾劾する。

琉球新報WEB
辺野古で抗議の64歳女性、頭を骨折
 沖縄県警名護市辺野古の米軍キャンプ・シュワブの工事車両用ゲート前で2日、新基地建設に反対し座り込みに参加していた女性(64)=東京都=が、抗議中のもみ合いの中で転倒し、名護市内の病院に救急搬送された。女性は意識はあるものの、頭蓋骨骨折、急性硬膜下血腫、脳挫傷などのけがと診断された。集中治療室にいて、最短でも1週間の入院が必要という。
 現場にいた市民によると、午前10時過ぎ、工事用車両がゲートを通過する際に機動隊員が女性を排除。その後、同じように機動隊員に運ばれてきた男性に押される形で女性は転倒、頭部を地面にぶつけ出血した。そばにいた別の女性によると「ゴンという大きな鈍い音がした」という。
 女性は夫婦で5月28日に来沖。3日に帰路につく予定だった。
 県警警備二課は「警察官は男性を押していない。男性が飛び出し、女性を倒した」として、問題はないとの認識を示した。
 同日ゲート前に座り込んでいた別の男性も機動隊員に排除された際に気分が悪くなり、救急搬送された。
 工事用車両の搬入は約130台が確認された。100台を超えたのは初めて。シュワブ沿岸では午前8時半から午後5時ごろまで護岸工事が続いた。クレーン作業車が砕石を海中に投下し、護岸を沖合に延ばした。


レイバーネットのほうには、もっと生々しい写真がある…
辺野古の座り込み弾圧~機動隊によるケガ人、逮捕者が続出
 6月2日、今日一日でシュワブゲート前から救急搬送が2人。うち一人の64歳の女性(東京都立川市在住)は、機動隊員により頭蓋骨骨折等の重症。短くても1週間の入院。女性は私の知人で救急車に同乗しました。病院までの時間が永遠の時間のようでした。連日、機動隊による逮捕も続出しています。毎日ゲート前に200人集まれば、このような機動隊による暴走は止められます。(大畑)

 琉球新報の報道にもあるが、この日は工事用車両が100台を超えて侵入したとのこと。現場内仮設生コンプラントの資材ではないかとも言われている。

 頭蓋骨折は一歩間違えば、生命にかかわる怪我だ。機動隊の暴力行為は断じて許されない。こんな重大事故を起こして、警察、機動隊は責任もとらず、言い訳けばかりで「免罪」され、他方、反対運動側は防衛局職員に「暴行」したとして逮捕され、5か月も勾留されるのは、絶対にオカシイangry

 それにしても、辺野古に基地を絶対つくらせない大阪行動の仲間も、来週から沖縄に行くとかで…やっぱり必要でしょうね、コレ…
Photo

☆☆ ☆☆☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆

« 安倍内閣支持率急落の衝撃 “消極的支持層”’ついにソッポ | トップページ | 共謀罪廃案求めるロックアクション集会・パレード »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/70785042

この記事へのトラックバック一覧です: 非暴力で基地建設に反対しても、機動隊に頭をカチ割られる時代:

« 安倍内閣支持率急落の衝撃 “消極的支持層”’ついにソッポ | トップページ | 共謀罪廃案求めるロックアクション集会・パレード »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ