« 7月2日までの予定 各種実行委と、地域的集いと、硬派の学習会も案内 | トップページ | 内閣支持率、ついに逆転、今こそ安倍打倒の運動を! »

2017年6月18日 (日)

7・2松尾匡(立命館大教授)の講演会が話題に

 7月2日、尼崎小田公民館で開催される「松尾匡講演会」がいろんなところで話題になっているとか。まずはその企画内容。「レフト3・0」とは松尾さんが唱える、1970年代(レフト1・0)と、1990年代(レフト2・0)の左翼運動を反省・総括し、リーマンショック以降の2010年代における左翼・リベラル勢力の在り方を問うたオリジナルな言葉。その中身についてはぜひ講演でである。また松尾さんお唱える「反緊縮財政」は、アベノミクスにも通じる「バラマキ」ではないのか、との意見もあるが、そこらも講演を聞いてほしい。ヨーロッパ左翼の在り方については、これまで日本ではほとんど論じてこなかったが、ここにきてフランス・イギリス・ドイツ・スペインなどに多くの注目が集まっている。そこらも講演のメインテーマ。
 そして最後はその呼びかけ人。尼崎界隈ではよく知られた人だが、その政治的立場が異なる所もひろく知られている。その3人がなぜ同じテーブルに、という声もあるが、意見の違いを越えて同席し、新たなテーマを論じ合い、共同の作業を進めていくのは、本来の左翼・リベラル勢力では当然のことだったのではないか。それがなされてこなかったことの方がはるかに問題だと思う。

 そんなこんなで話題の「7・2松尾匡立命館大教授講演会」。柔らかめの市民講座が多い中で、硬派講演会でしっかり養分をえていこう。もぜひ出席を。

 

7・2松尾匡講演会

『安倍政治に勝つ左派運動再生の道=レフト30 反緊縮財政の欧州左翼と70年代90年代総括

 

 森友学園・加計学園事件での首相官邸の政治の私物化は、安倍政治への批判を急激に高めています。しかし民衆運動を背景とした野党の政権交代・社会変革論の不在は、逆に「安倍一強」に道を開いています。
 
 松尾匡立命館大教授は、2015年の戦争法反対運動の高揚にもかかわらず、16年の東京都知事選で鳥越候補が惨敗した中に、左派運動の弱点=「経済無策」を指摘しました。以前からこの国の左翼運動の問題点を検証し(『新しい左翼入門』)、欧州左翼の健闘に注目し、また教条的なマルクス経済学の克服を提唱しています(『これからのマルクス経済学入門』)。その実践的回答が、緊縮財政政策批判と「レフト30」(70年代・90年代運動総括)です。

 
 2011311福島原発事故以降の民衆運動は、脱原発・沖縄闘争、秘密保護法・戦争法・共謀罪反対運動として持続しています。この運動と松尾匡さんの唱える『この経済政策が民主主義を救う』と運動組織論(「レフト30」)が結合する時、左派・リベラル運動の再生は可能ではと思います。1970年代の左翼運動(レフト10)と、1990年代のエコロジー運動(レフト20)の批判と継承の上に、「レフト30」の新たな左派運動を探ります。
 
 既に欧州ではグローバリズムとナショナリズムを批判し、仏大統領選挙では20%を得たメランション候補や、スペインなど各地に緊縮財政からの離脱~経済成長至上主義の克服・「借金踏み倒し」を掲げ、国際連帯を唱える新たな勢力が登場しつつあります。

 
 左翼・リベラル運動、市民運動の反省と再構築の中から、極右性を強め憲法9条改悪へ突き進む安倍政権を打倒する運動組織論の構築をめざす講演会です。安倍政権とたたかう人々の結集を求めます。

72日(日) 14時 尼崎小田公民館ホール
JR「尼崎」駅 北東3分) 1000

松尾匡さんのプロフィール 
 
1964年石川県生まれ。金沢大学を経て、神戸大学大学院博士課程修了。久留米大教授を経て、2008年より立命館大済学部教授。専門は理論経済学。

◇おもな著作 
『新しい左翼入門~相克の運動史は超えられるか』(
2012講談社現代新書)
『この経済政策が民主主義を救う』(2016年 大月書店」
『これからのマルクス経済学入門』(2016年 筑摩書店) ほか多数

主催 72松尾匡講演会実行委 世話人:小柳久嗣(元尼崎市議・連続市民講座実行委) 津野公男(憲法を生かす会) 田中寿雄(NPO法人サニーサイド) 連絡先:09092135291 松田耕典(阪神社会運動情報資料センター)

☆☆ ☆☆☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆

 

« 7月2日までの予定 各種実行委と、地域的集いと、硬派の学習会も案内 | トップページ | 内閣支持率、ついに逆転、今こそ安倍打倒の運動を! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/70895937

この記事へのトラックバック一覧です: 7・2松尾匡(立命館大教授)の講演会が話題に:

« 7月2日までの予定 各種実行委と、地域的集いと、硬派の学習会も案内 | トップページ | 内閣支持率、ついに逆転、今こそ安倍打倒の運動を! »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ