« いいものは直ちにコピペ=拡散 おおつる求伊丹市議のブログより | トップページ | 2020年アベ改憲 許すまじ! »

2017年5月 4日 (木)

5・4憲法フェスタ、笑いと感動、810人が集まる

Img_1343_0541  安倍首相の改憲発言の翌日、いたみホールでおこなわれた5・4憲法フェスタは高作正博の講演、早苗ネネさんの歌、そして松元ヒロさんの爆笑ライブに、会場は笑いと感動の渦に包まれた。
 開会あいさつは、体調を崩した坂本三郎部落解放同盟県連委員長に代わり、事務局長の川上八郎市伊丹議が昨日の安倍首相の発言を弾劾した。つづいて特別報告は豊中の木村真市議。ゲストの松元ヒロさんも森友事件の木村市議の発言があると聞き、「あの方ですか、それはスゴイ」と、新ネタ仕込みに張り切るほど。
  つづいて高作正博関西大教授の講演は、レジメに添いながら判りやすく丁寧にアベ政治が急速に軍事化しつつImg_1337_003_0544あることを暴露・弾劾。そして共謀罪の問題点を全面的に指摘。まとめは独裁政治に対する民衆の闘い方。2020年までのアベ政治との闘い方を判りやすくさし示すものだった。
 
 つぎに早苗ネネさんの歌。導入はヒット曲「愛するってこわい」。つづいて和歌うた。そして福島の詩を紹介しながら「サヨナラ戦争」。いずれも映像をバックに迫力ある歌唱力に観客は魅了された。休憩時間にCDが飛ぶように売れ、本人も「荷物が軽くなった」とご満悦。

 休憩をはさんで、メインゲストの松元ヒロさんのライブ。森友学園や自著の『憲法くん』の話に会場は爆笑。Img_1345_0543そして心の師匠である永六輔さんの話をしんみり。そして最後は日本国憲法「前文」のよどみない暗唱。「私は初心に帰り、国民主権を守るため頑張ります」の誓いは、憲法に自己を擬したヒロさんの誓いそのものであった。講談社からの絵本『憲法くん』は50冊がまたたく間に完売。主催者はもっと仕入れておくべきだったと悔しがっていた。
 
さいごはあす若の弁護士と、子ども食堂を運営するワーカーズコープの代表と、閉会の挨拶を元県議の保田栄昭さん。それぞれアベ政治の危険性と共謀罪の廃案を訴え、3時間の集会を終えた。
 会場入り口は、フェスタらしく飾りがあり、野菜あり、クッキーあり、コーヒーあり、各種Img_1349_0542グッズありの各ブースは、品物を買い求める人でごった返した。共謀罪反対グッズはのぼり旗・横断幕・クリアファイルなど、今後の闘いに必要なグッズが多く売れた。
 参加者は、「歌と笑いと憲法講座」という企画の楽しさに、「本当に面白かった」と、多くの人が賞賛の声をあちこちでスタッフにかけていた。

 共謀罪の本格的攻防が始まる中、松元ヒロさんは、昨日岡山・今日伊丹、明日は姫路とかけめぐっている。私たちはこの感動の声を自分だけに留めるのでなく、国会会期末までの行動に活かしていかなくてはならない。
 笑いと涙と感動の5・4から、共謀罪廃案の5月・6月へ!

☆☆ ☆☆☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆

« いいものは直ちにコピペ=拡散 おおつる求伊丹市議のブログより | トップページ | 2020年アベ改憲 許すまじ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/70467786

この記事へのトラックバック一覧です: 5・4憲法フェスタ、笑いと感動、810人が集まる:

« いいものは直ちにコピペ=拡散 おおつる求伊丹市議のブログより | トップページ | 2020年アベ改憲 許すまじ! »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ