« 明日は阪神センターお花見&懇親会~本当の花見は4・9宝塚で | トップページ | 教育勅語に柔剣道に、治安維持法以上の悪法=共謀罪 一気に昭和初期の世界にタイムスリップするようだ »

2017年4月 4日 (火)

坂本重雄高知県議のブログがさえまくっているので、引き続き2件コピペして拡散する

「『教育勅語』は学校現場にふさわしいものではない」

 森友問題が発覚以降、国有地売却に政治家がどう関与したか、不正があったのかなどの真相究明が求められるとともに、その教育方針の偏向ぶりが際立っていることが浮上してきました。
 そして、「教育勅語」までもが、安倍政権においては、評価・肯定されています。
 稲田防衛相は3月8日の参院予算委員会で、「親孝行や友達を大切にするといった核の部分は今も大切だ」と評価し、「核の部分は取り戻すべきだ」と語ったことを受けた質問趣意書に対し、政府は3月31日、「憲法や教育基本法に反しないような形で教材として用いることまでは否定されない」との答弁書を閣議決定し、一大臣の答弁にとどまらず、政府の統一見解に「格上げ」され、お墨付きが与えられた形になってしまいました。
 教育勅語を肯定する際に、決まって持ち出されるのは「父母ニ孝ニ兄弟ニ友ニ夫婦相和シ朋友相信シ(父母に孝行を尽くし、兄弟仲良く、夫婦はむつみ合い、朋友互いに信義を持って交わり)」というくだりであるが、勅語はさらに、「一旦緩急アレハ義勇公ニ奉シ…」と続くのです。
 つまり、いざという時には一身をささげ皇室国家のために尽くせ、と国民の忠誠を求めているものであって、国民を戦争に駆り出すために使われてきたこのことこそが、本質であると言わざるをえません。
 「教育勅語」は1948年、衆院で排除の、参院で失効の決議がされています。
 参院決議は「われらは日本国憲法にのっとり、教育基本法を制定し、わが国とわが民族を中心とする教育の誤りを払拭し、真理と平和を希求する人間を育成する民主主義的教育理念を宣言した。教育勅語がすでに効力を失った事実を明確にし、政府は勅語の謄本をもれなく回収せよ」と述べています。
 まさに、今回の閣議決定は、この決議と真っ向から対立するもので、このようなことを看過することはできません。
 さらには、銃の形をしたもので互いに突いて勝敗を競う「銃剣道」が中学校で習う武道として、学習指導要領に盛り込まれることになりました。
 旧日本軍の訓練に使われていた武道で、これも「教育勅語」の復活と歩調を合わすかのような「戦前回帰」の流れではないかと危険視する声が高まっています。
教育勅語は国民主権、基本的人権の尊重など現行憲法の基本原則と相いれないものであり、子どもたちを教え、導く学校現場にふさわしい教材とは当然言えないものであることを改めて確認しなければなりません。

☆☆ ☆☆☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆☆☆☆☆

« 明日は阪神センターお花見&懇親会~本当の花見は4・9宝塚で | トップページ | 教育勅語に柔剣道に、治安維持法以上の悪法=共謀罪 一気に昭和初期の世界にタイムスリップするようだ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/70147672

この記事へのトラックバック一覧です: 坂本重雄高知県議のブログがさえまくっているので、引き続き2件コピペして拡散する:

« 明日は阪神センターお花見&懇親会~本当の花見は4・9宝塚で | トップページ | 教育勅語に柔剣道に、治安維持法以上の悪法=共謀罪 一気に昭和初期の世界にタイムスリップするようだ »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ