« 森友学園、土砂を産業廃棄物運搬トラックで運び、校舎北側で降ろす | トップページ | 当面は森友追及と、共謀罪粉砕を »

2017年3月 4日 (土)

「共謀罪」の怖さ~戦争に異を唱える人たちを一網打尽に

「治安維持法」を引き継ぐ「共謀罪」の怖さ~戦争に異を唱える人たちを一網打尽に
3月1日「共謀罪を考える超党派の議員と市民の勉強会」が参院講堂で開かれ、約250人が集まった。この日は『横浜事件を生きて』(短縮版)の上映とジャーナリスト永田浩三さん(写真)の解説があった。戦争や政府に異を唱える人たちを一網打尽にした「治安維持法」と今回の「共謀罪」は極めて似ていると永田さんは言う。「横浜事件は当時のジャーナリストたちが弾圧・拷問された事件だが、いまに置き換えれば、岩波の『世界』『週刊金曜日』『創』の編集者が全員逮捕されるというイメージだろう。社会の矛盾、理不尽に声上げつながりあおうとする人々の行為が“共謀”とみなされ、弾圧された。権力は暴走するもので、それを監視するメディアの役割が今求められている」。立命館教授の浅田和茂さんも「共謀というだけで危ないと感じるのは、英米における共謀罪が労組弾圧や政党弾圧に猛威をふるってきた歴史があるから」とズバリ指摘した。(M) 報告動画(5分46秒)関連記事

☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆

« 森友学園、土砂を産業廃棄物運搬トラックで運び、校舎北側で降ろす | トップページ | 当面は森友追及と、共謀罪粉砕を »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/69801535

この記事へのトラックバック一覧です: 「共謀罪」の怖さ~戦争に異を唱える人たちを一網打尽に:

« 森友学園、土砂を産業廃棄物運搬トラックで運び、校舎北側で降ろす | トップページ | 当面は森友追及と、共謀罪粉砕を »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

最近のコメント