« もう止まらない森友疑獄特急! | トップページ | 明日は共謀罪集会、明後日は森友学園真相報告集会 »

2017年3月 9日 (木)

窮地に立つ安倍首相 傲慢答弁も訂正始まる そのため籠池喚問絶対阻止の自民党

 森友学園事件で、安倍首相の傲慢答弁が破綻し始めている。その最大のものは「安倍昭恵は私人」という、誰も納得できない答弁だ。そのため国家答弁が「胸にすとんと落ちない」ことを認めてしまっている。さらに日本会議=森友学園の教育方針を、当初は考えは同じと言っていたが、その後「籠池はしつこい、理解されない」と修正する始末。
 かつて第一次政権時代に、消えた年金問題などで窮地に陥り、靖国参拝の公約を守ることができず、日本会議系の人々から激しく批判され「お腹が痛くなった」が、今回も同志を売り渡す行為には、批判が出るだろう。
 さらに加計学園(岡山理科大グループ)も事件化しそうで、1強多弱で傲慢極まりなかった国会運営にもほころびが出始めた。特に籠池証人喚問は世論調査で8割が求めており、盟友の大阪維新も賛成する始末で(どうやら大阪維新は森友には深く関与してないらしい)、窮地は深まり、答弁もしどろもどろで、山本一太参議院予算委員会委員長からもたしなめられるほど。
 特に安倍昭恵を私人と言った答弁は、塚本幼稚園での講演の際にも5人の公務員スタッフが同行しており、この件は官僚の答弁でも認めてしまったため、早晩訂正が必要になるだろう。また迫田英典元財務省理財局長は、国有財産管理の責任者であり、安倍と同郷(安倍の墓のある油谷町の隣町出身)、この功をねぎらわれて、国税庁長官に栄転したというから、まさに焼け太りだが、それゆえ追及の手は必至だろう。
 こうして森友学園問題は安倍晋三記念小学校に始まり、ほとんどが安倍晋三マターであるため、自民党の中にも冷たい空気が漂い始め、石破や小泉進次郎なども冷たい態度を取り始めている。こうして、第二の矢=加計も問題になると、今後の展開次第では安倍政権の命取りになりかねない問題となった。
 当面われわれとしてはこのキャンペーンを強め、籠池・安倍昭恵・迫田の国会喚問強くを求めていこう。

☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆

« もう止まらない森友疑獄特急! | トップページ | 明日は共謀罪集会、明後日は森友学園真相報告集会 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/69859240

この記事へのトラックバック一覧です: 窮地に立つ安倍首相 傲慢答弁も訂正始まる そのため籠池喚問絶対阻止の自民党:

« もう止まらない森友疑獄特急! | トップページ | 明日は共謀罪集会、明後日は森友学園真相報告集会 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ