« いよいよ明らかになる、日本会議ぐるみの森友事件~籠池・安倍・稲田夫婦6人は旧知の同志 | トップページ | 日本会議=増木氏が宝塚市長選挙に介入か? »

2017年3月25日 (土)

身内(妻)可愛さに、公務員に責任をなすりつける裸の王様

 安倍晋三の政治判断が大きく崩れ始めた。第一次政権時代のオトモダチ内閣以上に、今回の森友事件での身内可愛さ政治は際立つ。身内=夫人の関与が明らかとなるや「安倍晋三記念小学校」とまで慕っていた日本会議の同志を「しつこい」と言って切り捨て、夫人の口利きが逃れられなくなるとその罪を「夫人付き職員」に擦り付けるという、民主主義国家の最高権力者として最も避けなければならない道を、愚かな裸の王様の道を安倍晋三は選択してしまった。
 これを菅官房長官も止められず、むしろその先頭にたったということは、もはや安倍政権には、王様の愚行をいさめる正常な判断力の持主は誰もいないということだろう。
 あの極右で罵詈雑言で知られる西田昌司ですら「夫人の行動」に疑問符をつけた。最大のちょうちん持ちコメンテーター・田崎史郎までも「答弁の失敗」を指摘(「しつこい」「わたしも妻も関与していたら辞める」)しているのに、それとははるかに次元を超える、「夫人付き職員」責任論はこの国の政治史上に残る愚行というべきだろう。安倍晋三の昭恵擁護は、帝政ロシアのラスプーチンの愚行を見る思いだ。(最後のゴッドマザー・岸信介の娘=安倍洋子すら止められなかった、ようだ。)
 もはやこの国の政治では、首相にものを言い、誤りを糺す者は誰もいない。わずかに石破が批判してきたが、今後の批判は安倍倒閣運動と見なされるから、その批判は深く潜行するしかないだろう。
 となると、ますます愚行と独裁をくり返す安倍政権にたいし、これを糺すのは100万規模の民衆の運動しかなくなる。ちょうど半年前から100万人単位の大統領官邸に向かうデモを毎週土曜日繰り返した韓国のように。
 アジアの儒教の国=中国・朝鮮・韓国・日本は、戦後に入ってなぜか「王朝」といわれる世襲政治が続いている。韓国では朴2代目の朴槿恵をやっとの思いで倒したが、この国の民衆は朴槿恵以上の身内可愛さの政治を行う岸3代目安倍政権の愚行をこのまま放置するのだろうか。
 政治でも軍事力でも、「他国の軍事的脅威」「他国の独裁政治」を言う前に、問われているのは我々一般市民の、独裁を許容し倒すことのできない、民主主義の成熟度ではないのではなかろうか。(つづく。次はなぜここまで昭恵を擁護するのか、安倍晋三)

昭恵夫人 涙ぐみ「甘さ反省」

3/24(金) 22:22 掲載    

    

昭恵夫人、涙ぐむ=「自分の甘さ反省」

 安倍晋三首相夫人の昭恵氏は24日午後、北九州市で講演した。(時事通信)

[続きを読む]

☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆

« いよいよ明らかになる、日本会議ぐるみの森友事件~籠池・安倍・稲田夫婦6人は旧知の同志 | トップページ | 日本会議=増木氏が宝塚市長選挙に介入か? »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 身内(妻)可愛さに、公務員に責任をなすりつける裸の王様:

« いよいよ明らかになる、日本会議ぐるみの森友事件~籠池・安倍・稲田夫婦6人は旧知の同志 | トップページ | 日本会議=増木氏が宝塚市長選挙に介入か? »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村