« 3月20日までの行動 | トップページ | 『はみだし市長の宝塚日記』発売中 »

2017年3月13日 (月)

森友学園の籠池一族のおかげで、アクセス数57万に

 森友学園事件は、そのキャラクターの特異さから引き続き話題独占。おかげで当ブログもアクセス数がうなぎのぼり、ついに57万を突破した。正確なことは判らないが、1か月のアクセス数としては最高ではないだろうか。
 それにしても籠
Img_0775_334池一族には笑わされる。「オッサン・オバハン」に続いて、少し前までは親子断絶を装っていた長男まで出て来て、記者会見を取り仕切る始末。しかもその論理たるや「鴻池の資料は、自民党から共産党に流れたから、ずるずるで信憑性がない」というもの。「鴻池になぜ接触したのか」と聞かれた回答がこれだから笑ってしまう。そもそも「鴻池事務所文書」は永田町に出回っていたというのが、土曜日に豊中で講演した菅野さんの話。

 もう一つ笑ったのは、「関大法学部を出て自治省に入り奈良県庁に出向」という経歴詐称を聞かれるや、くだんの長男は「自治労が文書を流した」と訳の分からんことをいう始末。Img_0779_331
 菅野さんの講演によれば、籠池(日本会議)一族の左翼認識は、「共産党と中核派が一体となって、森友学園に襲いかかっている。その背後にいるのは解放同盟と革マル派」という事らしい。少しでも左翼党派について考えたことのある人なら、荒唐無稽
「・常識以下のことを、訳知り顔でまじめな顔をしてテレビの前でも平気で言うのが籠池一族(アベ一族もその程度かもしれん)。こんなデタラメな一族の小学校経営乗り出しに、政治家や官庁が手を貸すのだから、「さっぱり訳わからん」(菅野完)。
 
 さらに昨晩のMrサンデーによれば、開校予定だった小学校の教員構成は、籠池泰典が校長で333、教頭は長女、総括主任が接触はしたが就任を拒否した小学校長。他に教員は次女と、経験1年ほどの人物ばかり。
 さすがに尾木ママは「こんな学校1か月でつぶれます」。トランプ米大統領大好きの木村太郎は教育勅語世代だけに(「まったく意味が分からなかった」と言っていた)、「教育勅語は教育基本法と憲法に違反」とコメント。
  このような学校が国からの膨大な補助を受け、私学審議会の審議を通り、タダ同然で設立されようとしていたわけで、木村真豊中市議が取り上げなかったら、とんでもないことが起こっていたわけである。
 この籠池一族と、
籠池を助けようとした安倍晋三・安倍昭恵を先頭とする人々について、まだまだ事の真相は解明されていない。
 当ブログも引き続き追及の手を緩めない。

写真は、産業廃棄物などどこにもなく(上)、少し大きめの石を取り除き(中)、校舎北の体育館の所に運ぶダンプカー(下)。「産業廃棄物」は処理されず、校地内を移動しただけ。これで8億円が値引きされたわけだ。

☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆

« 3月20日までの行動 | トップページ | 『はみだし市長の宝塚日記』発売中 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/69902291

この記事へのトラックバック一覧です: 森友学園の籠池一族のおかげで、アクセス数57万に:

« 3月20日までの行動 | トップページ | 『はみだし市長の宝塚日記』発売中 »

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ