« 週末は引き続き行動めじろおし | トップページ | 極右小学校土地取得汚職問題、ついに全国ニュース化 »

2017年2月10日 (金)

大臣を罷免せよ!シリーズ その①

  昨日某会合で、安倍内閣の大臣の質の悪さに話が盛り上がった。TPPの山本農水大臣。PKOの稲田防衛大臣。共謀罪の金田法務大臣。天下りの松野文科大臣。自分の「職場」の問題をあれだけわかってなくて、よく大臣が務まるな、という事だった。さすがにこの低水準さには驚きあきれるだけでなく、罷免の声が各方面から出始めた。以下は舌鋒鋭い「土佐高知の雑記帳」より。

稲田朋美大臣を罷免せよ!


自衛隊の日報、モーニングレポートについて続ける。
国会で稲田朋美防衛大臣は、それを見ていないと答弁した。

民進党・小山衆院議員:「モーニングレポートや日報、これは一次情報、ご覧になったか、ならなかったのか」
稲田防衛大臣:「今、お尋ねのモーニングレポート、現地の派遣部隊が作成をしていた、ご指摘の日報そのものについて(当時)見たということではない」
民進党・小山衆院議員:「びっくりするものだ」

にも関わらず、
稲田大臣はこれまで「戦闘行為はなかった」と説明していた。
あきれた話だ。
大臣は現地派兵の部隊のリアルな報告に目を通さず、国会で口から出まかせを言っていたのだ。
無責任もはなはだしい。

しかも「事実行為としての殺傷行為はあったが、憲法9条上の問題になる言葉は使うべきではないことから、武力衝突という言葉を使っている」とも答弁している。

こんな無責任な防衛大臣は即刻罷免すべきだ。
それが自衛隊員のためでもあり、日本のためでもある。

☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆

« 週末は引き続き行動めじろおし | トップページ | 極右小学校土地取得汚職問題、ついに全国ニュース化 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/69549248

この記事へのトラックバック一覧です: 大臣を罷免せよ!シリーズ その①:

« 週末は引き続き行動めじろおし | トップページ | 極右小学校土地取得汚職問題、ついに全国ニュース化 »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ