« 安倍晋三記念極右小学校と日本会議と在特会 | トップページ | TOKYO MXテレビに抗議つづく »

2017年2月19日 (日)

永井幸寿弁護士の緊急事態法、辻元清美議員の国会報告~なかなかいい集会でした

 昨日エルおおさImg_0699_2191か南館5階ホールで、1000人委員会の講演集会が開かれた。タイトルは「理不尽な改憲を許さない 憲法改悪に反対する講演集会」で、永井幸寿弁護士の緊急事態法と、辻元清美議員の国会報告のそれぞれが聞きごたえのあるいい集会でした。

 永井弁護士は膨大なレジメの中から、国家緊急権を壊滅的に批判。定義を「人権保障と権力分立を停止する、国家のための制度で、国民のための制度ではない」とまず最初に一刀両断。しかも濫用の危険が期間の延長や司法の遠慮など多々あいことを暴露。さらにナチス・ドイツの例も引きながら説明。特にナチスの場合はワイマール憲法の48条(緊急大統領令)を使い、そのあと全Img_07062192権委任法を制定したが、自民党の場合はこの二つを一挙にやるものでとんでもないと弾劾。さらに災害対策に必要なのではとの意見委たいしても、阪神大震災の被災経験のある立場から、大災害に対する法律は整備されており、問題は国が出てくるのではなく基礎自治体に権限とモノとカネを与えて、それぞれの災害にあった救援をすることが命を救うことになると、自民党案がいかにデタラメであるかも暴露しました。
 
  続いて辻元清美議員は、自らが委員である憲法審査会の模様と、連日の国会論戦を紹介しながら、「安倍政権が憲法改悪に向かいあらゆる策動を強めている。国会では圧倒的少数で、質問・追及にもある種命が2193_2けでないと出来ないと、激しい政治攻防の模様を語りました。その上で、この種の講演に集まるだけでなく、地域においても草の根の運動を行い、また市民運動は選挙を嫌がる傾向があるが、もうそんなことは言っておれない。自民党と大阪維新を落とすために野党共闘を進めがんばろう」と訴えました。
 会場は椅子席いっぱいの上に立ち見も出る盛況で、危機感と訴えが一体となるいい集会だったと思います。

2月16日、アクセス数が56万人を突破しました。

また「世直し・社会変革部門」では、ぶっちぎりの全国1位となっています。アクセス・応援ありがとうございます。

☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆


« 安倍晋三記念極右小学校と日本会議と在特会 | トップページ | TOKYO MXテレビに抗議つづく »

コメント

二月一八日の1000人委員会の講演集会に私も参加しました。最近に無い緊張感のある集会内容でした。
永井弁護士には緊急事態法の制定の目論見を喝破する、きわめて高度の内容をわかりやすく伝えていただきました。また、辻元議員は少数派として困難な状況の中で、闘っておられる様子をユーモアをまじえて話されました。戦後民主主義のなかで育ってきた私たちは、ファシズムを別世界のことか、過去の遺物として捉えてきました。そのファシズムの波ががひたひたと私たちの足下に及びつつあることを、今回の集会でおぼろげながら気付かされました。今後、私たちに出来ることはなにか、何をすれば押し寄せるファシズムに立ち向かえるのかを自問しながら会場を後にしました。今後の闘いの方向性を指し示すヒントを与えてくれた集会でした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/69653689

この記事へのトラックバック一覧です: 永井幸寿弁護士の緊急事態法、辻元清美議員の国会報告~なかなかいい集会でした:

« 安倍晋三記念極右小学校と日本会議と在特会 | トップページ | TOKYO MXテレビに抗議つづく »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ