« 1・15木村草太講演会の成功から2017年の闘いが始まった | トップページ | 1・15三里塚関西実旗開き »

2017年1月17日 (火)

ベトナムで首相、きちんと謝って来たか?!

 Photo ベトナム戦争が1975年に終結してから42年の歳月が過ぎた。安倍は昨日ベトナム社会主義共和国を訪問しベトナム共産党最高指導者と会談した。中国との仲を裂くために南中国海問題を持ち出し、哨戒艇3隻を供与して日越友好を演出して見せた。しかし、先週にはその中国をベトナム書記長が訪問し、習近平氏と会談しているのだ。そして海洋・資源・技術開発など多岐にわたる協力を相互2 に約束している。
 そもそもベトナム人民の頭の上に爆弾の雨を降らせた米軍機や空母や戦艦は日本の基地から毎日出撃していった。ベトナム人民は、フランスとの戦争を含めると、侵略戦争に20年の間、抵抗し続けた。そして南ベトナムの首都サイゴンが陥落したあともアメリカはベトナムへの制
Photo_2 裁や非難を続けて、日本もその先兵となった。このベトナム戦争時だけでベトナム人民の犠牲は460万人以上だ。この犠牲と引き換えに日本はベトナム特需でうるおい続けた。
 
Photo_3 ベトナム解放後もアメリカは20年間ベトナムと国交を結ばず、敵視し続けた。アメリカが敵視すると言う事は民間物資も禁輸などで締め付ける。20年前まで世界一の大国だったアメリカに締め付けられることで市民生活は極度に苦しくなり、さらに「犠牲」が出たことが想像される。
現代の朝鮮とおなじ事だ。
 
アメリカの子分である日本も国際的いじめの共犯だ。だからハノイを訪れた安倍首相の最初の一言は「22年前までアメリカと一緒になって貴国をひどい目に合わせてすみませんでした」であるべきだ。

54

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 ☆☆☆☆

 

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆

« 1・15木村草太講演会の成功から2017年の闘いが始まった | トップページ | 1・15三里塚関西実旗開き »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/69270795

この記事へのトラックバック一覧です: ベトナムで首相、きちんと謝って来たか?!:

« 1・15木村草太講演会の成功から2017年の闘いが始まった | トップページ | 1・15三里塚関西実旗開き »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ