« カジノ法案でひとり牛歩、山本太郎議員を断固支持する~編集委員投稿 | トップページ | 1・15木村草太講演会へ宣伝戦はつづく »

2016年12月18日 (日)

日ロ会談失敗・都議会公明党離反~袋小路にはまった安倍政権

 高支持率を誇る安倍政権だが、このところその強引な手法に、批判の声が相次いでいる。特にカジノ法案の強行は、本来「ギャンブル依存症対策」を十分にして、公明党=創価学会の支持を取り付ける必要があったのに、夫がギャンブル依存症で苦しんだ経験を持つ人が多数いる創価学会婦人部を完全に敵に回してしまった。その象徴が婦人部に人気のあると言われる山口代表が公然と青票(反対票)を投じたことだ。
 また都議会自民党の横暴さも際立ち、このまま自民党と連立を組んでいては来年7月の都議選が闘えないと、国政以上に長きにわたる都議会での連立を解消した。
 この二つの所での公明党の離反は、議席的には今や完全に安倍政権の与党となった維新の取り込みによって補えるように見えるが、ところがどっこい、自民党は小選挙区では3万前後の票を公明党から貰うことによって、小選挙区で勝ち上がってきたわけで、この基本構図が崩れると安倍政権の足元が崩壊することになる。今ただちにそうはならないだろうが、カジノ法で山口代表が反対したこと、都議会公明党が連立を解消したことは、今後大きく響いてくるだろう。
 続いて沖縄でオスプレイが墜落したことである。この22日には北部訓練場の「返還式典」を行おうとしており、また最高裁の反動判決が予定されているが、それも水泡に帰す。いわれていた危機が現実のものとなったことは、原発の危険性が現実の危機になったと同様、もはや取り戻せせない。
 そして最後の頼みの綱が盟友=プーチンとの日ロ会談だが、自民党二階幹事長が早々と「がっかりした」と表明。北方二島の返還を成果に狙っていた解散戦略もここに完全破産した。
 一見高支持率に見えるのは、野党のだらしなさだけで、アベ政治は出口なしの袋小路に入ったとみるべきではないか。

☆☆☆☆

 世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆☆

« カジノ法案でひとり牛歩、山本太郎議員を断固支持する~編集委員投稿 | トップページ | 1・15木村草太講演会へ宣伝戦はつづく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/68890329

この記事へのトラックバック一覧です: 日ロ会談失敗・都議会公明党離反~袋小路にはまった安倍政権:

« カジノ法案でひとり牛歩、山本太郎議員を断固支持する~編集委員投稿 | トップページ | 1・15木村草太講演会へ宣伝戦はつづく »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ