« 関西実行委ニュース第158号 今日、発行 | トップページ | 沖縄大弾圧を許すな! »

2016年11月30日 (水)

高江~森が泣いている(下)

 (上)からすっかり日がたってしまったが、11月沖縄行動のつづき。

 11月15日(3日目)は早朝に起きて、ホテルから沖縄西海岸をとおって、名護市~大宜見村から一路東村高江へ。途中東村に入りヤンバルを横断し東海岸へ。そこは東村の役場のあるところで、「日本一のパインの生産地」とある。間もなく高江かなと思いきや、車で走ること20分余りでも民家が見えてこない。やっと高江集落の入口まで来るが、座り込みN1北ゲートまではさらに車で数分。座り込み参加者や警察車両が数十両並んでいるので、ここがN1北ゲートと分かる。
 車を停めて座り込みに参加。まだ9時になってないので、工事車両は来ず、その間に集会。東京の不動産屋の社Img_20161115_091132_11165長さんや、辺野古リレーの女性が戦闘的なアピール。さらに福岡から来た女性が「警察はなんばシトーかね。そげなことしたらあかんがねー」と博多弁丸出しでアピール。
 そうこうすると手袋をつけた大阪府警機動隊が座り込みの前を包囲。対峙しながら「土人」発言や大阪府警の犯罪行為を糺すが、一切耳を傾けようとせず。少し顔色を変え口惜しさをにじませる機動隊員もいるが、それはそれで警察内でも「要注意人物」なのか、上司(戦闘帽2本線)が場所を移動させる。
 いよいよ9時前。間もなく工事車両の土砂搬入が始まるため、座り込みの人間を強制排除。
 その後は次々と大型ダンプImg_20161115_105646_11166トラックがゲートを通って基地内へ。
 抗議の人間からは「北勝運輸、恥を知れ」と地元の工事業者の運転手に聞こえるように怒りの声。
 
 12時過ぎ、抗議現場を離れて、やんばるの森=米軍北部訓練場全体の見える「ビューポイント」へ。そこには反対派の案内板も出ていて、この日抗議行動の今一つのメインの場所=比嘉川方面が見える。この森の中に、6個のヘリパッドを作り、海岸線に海兵隊が上陸し、ヘリパッドまで行進し、そこのオスプレイに乗って、前線へ行くのだ。北部訓練場はベトナム戦争対応型の基地だったが、一部「返還」しながら基地機能は現在的に再編・強化されていく。その新たな大本が辺野古新基地なのだ、ということが改めてわかる。

 帰りの時間が迫ったので車を走らせ、今度は東海岸で辺野古まで。途中、瀬嵩の浜(ここはお笑いタレントで芥川賞作家の又吉の故郷)を通り、大浦湾の美しさを改めて実感。修学旅行の大型バスも何台か。
 ヤンバルの森を潰し、ジュゴンの住む大浦湾を埋め立て、新たね米軍基地網をつくる工事を、警察機動隊を背景に強権的に行なう安倍政権。
 これには1971年の三里塚闘争のような一大反乱が必至だろう、ということを実感しながら帰路についた。

☆☆☆☆

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 のマークを強く押してくださいませ。

☆cc☆☆

« 関西実行委ニュース第158号 今日、発行 | トップページ | 沖縄大弾圧を許すな! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/68644830

この記事へのトラックバック一覧です: 高江~森が泣いている(下):

« 関西実行委ニュース第158号 今日、発行 | トップページ | 沖縄大弾圧を許すな! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ