« 「ふつうの暮らし 避難の権利」を訴える(下) 森松明希子さん(原発賠償関西訴訟原告団・代表)に聞く~『未来』209 号より | トップページ | 武力で平和は作れず、一層危険が増す »

2016年11月 3日 (木)

トランプが逆転?しかし逆転の発想でこの5日間に「注目」を。

Photo  アメリカからの情報によると、トランプがヒラリーを全米支持率でついに逆転したらしい。とんでもない差別者で、無内容ながら恐ろしい戦争賛美者で、こんな人物が大統領になったら大変、と左右とも言っている。アメリカの軍産複合体やネオコンまでもがトランプを危険だと言い始めた。にもかかわらず、世論調査でこういう結果になりつつあると言う事は「ひょっとしてトランプ大統領?!」の可能性が高まった事に他ならない。そもそもオバマ大統領は「就任から任期いっぱいまで」戦争をやり続けている。平和主義者でも何でもない。ヒラリーもその路線を受け継ぐに違いない。なお、両候補とも「TPPには反対」と言っているが、アメリカがより有利になる条件が整えば「賛成」に急変するだろう。沖縄の米軍基地問題もトランプ候補は「撤退」もほのめかしているが、これまたアメリカに有利な条件が整えば、言う事を変える可能性大だ。そうした混沌のうちに迎える8日の投票日に注目したい。

 一方、日本ではTPPの衆議院委員会採決を民進党が承認した。阿呆としか言いようがない。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいませ。

☆cc

« 「ふつうの暮らし 避難の権利」を訴える(下) 森松明希子さん(原発賠償関西訴訟原告団・代表)に聞く~『未来』209 号より | トップページ | 武力で平和は作れず、一層危険が増す »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/68230821

この記事へのトラックバック一覧です: トランプが逆転?しかし逆転の発想でこの5日間に「注目」を。:

« 「ふつうの暮らし 避難の権利」を訴える(下) 森松明希子さん(原発賠償関西訴訟原告団・代表)に聞く~『未来』209 号より | トップページ | 武力で平和は作れず、一層危険が増す »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ