« 沖縄の闘いの補足的報告② | トップページ | いよいよ明日から、第二期日本・ドイツ現代史研究会始まる »

2016年11月 6日 (日)

10・29から開始の連続市民講座、いよいよ佳境に 本日は「だれの子どもも殺させない」(14時、いたみホール和室で)

 10月29日から始まImg003_9231った第5期連続市民講座がいよいよ佳境にはいった。安倍政権下で激しく進む「パンと平和の危機」。これに対し地域に根ざした市民の運動が、安倍強権政治を根本のところから掘り崩すという意図で始まったのが連続市民講座。
 今年は第5回目で、反貧困をテーマにしながら最後は憲法闘争の意義で締めくくる。
 29日の子どもの貧困問題(川西会場)には45人が集まり、昨年につづいて子どもの貧困を取り上げ、その深刻な実態と取組の課題が真剣に討論された。
 今日6日は伊丹会場で、「だれの子どももころさせない」をテーマに、昨年の戦争法反対闘争に立ち上がった30才代後半のシングルマザーから報告を受け討論をおこなう。
 ひきつづき尼崎、宝塚、神戸と会場を変えながら、ヘイトの問題や生協運動、そして地域包括システムと、アベ政治が切り捨てる課題を市民の側から「解決」を求めて運動を進める中に、アベ政治を最後は倒すカギがあると確信する。
 ぜひ積極的に参加してほしい。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいませ。

☆cc

« 沖縄の闘いの補足的報告② | トップページ | いよいよ明日から、第二期日本・ドイツ現代史研究会始まる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/68278257

この記事へのトラックバック一覧です: 10・29から開始の連続市民講座、いよいよ佳境に 本日は「だれの子どもも殺させない」(14時、いたみホール和室で):

« 沖縄の闘いの補足的報告② | トップページ | いよいよ明日から、第二期日本・ドイツ現代史研究会始まる »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ