« 10月は熱き闘いの連続 10・8「さようなら原発1000人集会」から、TPP阻止・いのちと暮らしを守る闘いへ | トップページ | 稲田朋美防衛大臣らの「白紙領収書」は、号泣県議・野々村竜太郎とどこが違うのか »

2016年10月 7日 (金)

いよいよ明日は「さようなら原発1000人集会」~海渡弁護士の膨大レジメと、プログラムもできる

 7月から準備しImg007_8191てきた第6回さようなら原発1000人集会が、いよいよ明日いたみホールで開催される。メイン講演の海渡弁護士からは144シートの膨大なレジメも届き、1時間半の講演で「福島原発事故の原因・被害と、脱原発訴訟の課題と展望」が全面提起される。福島から関西に避難しているうのさえこさんからも「原発事故の中で5年半 『避難の権利』を求めて」と題したレジメも届いた。さらに福島みずほさんからは国会報告も行われるなど、画期的な集会になることは間違いない。
 宣伝も15万枚のチラシを集会や生協ルートやポスティング、さらには新聞折り込みでまき、宣伝カーも10日間にわたって運行された。
 また集会は例年より30分早い13時半から始まりその分早く終わるため、ロビーでの展示や書籍販売・署名に十分時間が取れる。脱原発を闘う人だけでなく、沖縄の高江・辺野古を闘う人々も強い関心を持ち、高江・辺野古のことを広め、署名を集めるためのブースを出す。今回は十分な時間があるので、大いに交流も深めることができる。
 重ねて、多くの皆さんの参加をお願いしたい。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

« 10月は熱き闘いの連続 10・8「さようなら原発1000人集会」から、TPP阻止・いのちと暮らしを守る闘いへ | トップページ | 稲田朋美防衛大臣らの「白紙領収書」は、号泣県議・野々村竜太郎とどこが違うのか »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/67844724

この記事へのトラックバック一覧です: いよいよ明日は「さようなら原発1000人集会」~海渡弁護士の膨大レジメと、プログラムもできる:

« 10月は熱き闘いの連続 10・8「さようなら原発1000人集会」から、TPP阻止・いのちと暮らしを守る闘いへ | トップページ | 稲田朋美防衛大臣らの「白紙領収書」は、号泣県議・野々村竜太郎とどこが違うのか »

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ