杉田ミオ(典型的なヘイトスピーカー・次世代の党・宝塚市在住)のブログと言えば、前後脈絡のないつなぎ合わせで論旨不明の文章が多いが、NHKの子どもの貧困問題では、少し長めの文章を発表している。論理的には、子どもの貧困はあるが、それは家庭のせい、子を持つ親は責任をもってちゃんと育てなさい、という事らしい。(下に発表のママ全文再録)
 これが維新の名を使えばだれでも国会議員になれた時に衆議院議員に比例近畿で復活当選し、その後も「政治家」を名乗って政治活動をしている人間の「見識」かと思うとあきれてしまう。
 「子どもの貧困はある」「しかしそれはなかなか言いづらく、表面化しない」ということを西宮市役所に勤めていて知っていたら、政治や行政がそれに対して施策を作り対応するよう働きかけるのが「政治家」の仕事ではないのか。そうではなく、貧困を訴えてテレビに出た子が、たまに美味しそうなな食事をしたら場面を見て、あの子は貧困ではないと勝手にきめつけ、あげくに「嘘をつけばどうなるか」と、ブログに書き拡散するなど、政治家でも産経新聞にコラム書く「識者」でもない。
 ちなみにこの杉田ミオという人物は、ずいぶん前に国会議員を落選したのに、家庭が裕福なのか、どこかから金が出ているのか知らないが、この夏には2週間にわたり海外旅行し(そんな金があれば、子ども食堂に回してほしいが)、「慰安婦は捏造」ということを訴えて回ったようだ。そして相変わらず、わずかの進歩でしかないが、ヘイトスピーチ規制法ができたり、障がい者差別禁止の歩みが最も遅れた政治の世界でも進んでいるにもかかわらず、「在日特権はない」と言っているようである。
  このような言説はあまり取り上げたくはないが、宝塚に住んで、世界を飛び回るヘイトスピーカー「政治家」に対する、久方ぶりの批判としたい。

子供の貧困〜NHK報道の問題点 (杉田ブログ 8・21)

NHKの子供の貧困を特集した報道番組が問題になっているようです。「子どもたちの6人に1人が貧困状態にある」その代表として登場した高校生が貧困とは程遠い生活をしていたとのことですが、この少女は「嘘をつけばどうなるか」ということについてとても貴重な体験をしたのではないかと思います。
それより問題なのは、子供の貧困を訴えて、自治体や国からの補助金目当てに会議や団体を立ち上げ、被害者ビジネスを行っている団体があるということです。
本当に子供の貧困はあります。行政の立場でいくつも現状を見てきました。その人たちは自分たちでそんな会議に出たり団体に参加したりできません。学校にすら行けません。だから、行政マンや専門家が必死で地域を歩いて探して探してしても見つからないのです。
生活保護の受け方やその生活保護の存在すら知らず、わが子を餓死させたり、わが子とともに餓死したりする事例が残念ながら毎年発生します。生活保護といえば不正受給のことばかりがクローズアップされますが、一番問題なのは、本当に必要な人のところに必要な支援が届かないことです。
そういった意味で、今回のような被害者ビジネス団体が大きな障害になっています。こんな団体があると行政は対応をしないといけません。その分労力が割かれますし、自治体によってはこれらの団体と一緒に行動することで「やったつもりになっている」ところも少なからず存在するでしょう。
今回の問題でNHKの責任は重大です。捏造番組であったのならば、きちんと視聴者にそれを説明すべきです。それをしない限り、テレビでしか情報を得ていない大部分の日本人(「NHKが言っていることは正しい」と思い込んでいる人が未だ多く存在します)はあの報道番組の内容をそのまま信じてしまいます。
残念ながら、「真実の貧困」をテレビ番組にして流すのは至難の業でしょう。私たちが見ることができるのはしょせん上辺だけなのです。
だからこそ、今子育て中の、またこれから子育てする方々にお願いしたい。
「せめて自分の子供だけはしっかり育てる。ちゃんと責任を持ってちゃんとした大人に育てる。」そんな気概を持ってほしい。
貧困の子供たちがかわいそうだと思うのなら、私たちにできることはただただそれだけではないかと思います。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。