« 2016年8月 | トップページ | 2016年10月 »

2016年9月

2016年9月30日 (金)

9.26国会闘争(と言うほどでもないけれど)


Photo  第192回国会(2016年秋の臨時国会)が26日から始まった。補正予算、戦争法施行に伴う南スーダン派兵、TPPなどが主要議題だ。そしてアベノミクスと称して年金積立金の10兆円損失なども厳しく追及されなければならない。特に民進党さん、ピリッとした的確な質問頼んまっせ! これが信頼回復の最後の機会と思わなあかんで! そういう激励とプレッシャーをかけに行くのと、「あれから1年」の国会周辺の空気を体感しに行くことにして新幹線に飛び乗った。国会前に着くともう黒山の人だかりだ。交通整理用のロープとコーン
Photo_2で、参加者は立つところが決められていて、違うところに立つと、警察か主催者(総がかり行動実行委員会)のどちらかから「勧告」が来る。時間の経過と共に、立つ場所を探すのも一苦労となる。
 国会前は、テレビなどでおなじみの顔が見れるのも楽しみの一つだ(ちょっと、ミーハーおじさんをしてしまった) まず共産党小池書記局長。さすがお話しピカイチ。ずらっと共産党の若手や女性議員も並ぶ。次は民進党の福山哲郎。ちょっと雰囲気がある。参院選ほぼ全滅だ
Photo_3った近畿で唯一勝った京都の虎の子だし。海外派兵反対の話もあり、なかなか戦闘的だ。次は同じく民進党の神本美恵子参議院議員=日教組。良かったけど、ここに水岡議員がいればなーと、ちょっと残念。玉城デニーさんもいる。生活の党はなぜか来ていなくて寂しい。小沢さん、山本太郎さん 、森裕子さん来てほしかった。 社民党は吉田党首があいさつ。落ちてしまったけど政党要件は得票率2%で何とかクリアして6年間OK.。福島みずほさんもちゃんと来ているし、横には普通に海渡弁護士が。こうフェイスブックに書いたら「夫婦なんだから並んでいても不思議ではない」と言われた。まあ、それはそうだ。お二人 に「10月8日、伊丹千人集会、みな待ち焦がれていPhoto_5ます」と声をおかけするとお二方とも「はいっ!」と答えて下さった。
1時間の国会前集会は盛りだくさんの内容で 大変短く感じるものだった。しかし、残暑が厳しく暑さで少々フラフラ。
 その後は衆議院議員会館の食堂で親子丼を食べた後、多目的ホールでの「共謀罪新設を許さない院内集会」。300人近い人で椅子が無くなり、立ち見も多数の超満員。関心がそれだけ高いと言う事だ。こちらには民進党議員が来ていなかったように思う(あまりに人数が多い
Photo_4から来てたのかも知れないが。) 生活の党も来ず。
海渡弁護士のお話はさすが法律の危険性、問題点をきわめて分かりやすくまとめていただいた。今国会には出て来ないが、来年は必ず出してくると言う事だから、しっかり迎え撃ち、廃案に追い込みたい。いや、廃案にしなければ市民生活お先真っ暗だ!
 海渡弁護士のお話の途中で「あ、議員が来られたので一言」と紹介されるので見ると、パートナーの福島みずほさんではないか。満場に爽やかな笑いが。 
 「夜、二人きりの時でも安倍政治をなんとかしないとと話し合ってる。法律ができると夫婦の会話も罰せられる」と笑わせたが、その通り、絶対に廃案に追い込むべき法案なのだ。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月29日 (木)

1967年10・8羽田闘争から、来年は50年 京都精華大で1960年代ベトナム反戦の企画が

 9月もあと2日になった。いよいよ本格的な秋になるが、10月と言えば、10・8(ジッパチ)。67年10・8羽田闘争から今年で49年。来年はいよいよ50周年になる。この10・8を記念して「10・8山﨑博昭プロジェクト」が、あと1年にむけさまざまな企画を開く。あらためて60年代ベトナム反戦闘争と、この時代に立ち上がった人々の軌跡を追いたい。
 直接的には京都精華大での写真展と、山本義隆講演会となるが、他にも上野千鶴子や道浦母都子の講演会などが10月・11月にある。当ブログはこれを追いたい。

 

私たちは彼が生きたことを忘れない。

1967年10月8日、ベトナム反戦デモで一人の若者が死んだ。山﨑博昭、18歳。

あれから半世紀、日本は徐々に
戦争に向かいつつある。
山﨑博昭の名とともに、
私たちはいまも、これからも
戦争に反対し続ける意志を表示する。


ご賛同のお願い

私たちはその意志表示の象徴として、彼の没後50周年となる2017年に

●山﨑博昭を追悼するためのモニュメントの建立
●この50年を振り返る記念誌の刊行

を計画し、≪10・8山﨑博昭プロジェクト≫を立ち上げました。

当サイトは一人でも多くの方に山﨑博昭のことを知っていただき、
このプロジェクトの賛同人を募ることを目的としています。

賛同してくださる方へ(詳細)

10・8 山﨑博昭プロジェクト〈発起人〉

山﨑 建夫 (山﨑博昭兄)
北本 修二 (弁護士、大手前高校・京都大学同期生)
佐々木幹郎 (詩人、大手前高校同期生)
辻   惠 (弁護士、大手前高校同期生)
三田 誠広 (作家、大手前高校同期生)
宮本 光晴 (経済学者、大手前高校同期生)
下重 暁子 (作家、大手前高校同窓生)
山本 義隆 (科学史家、元東大全共闘議長、大手前高校同窓生)
上野千鶴子 (社会学者、京都大学同期生)
鷲田 清一 (哲学者、京都大学同窓生)
鎌田  慧 (ルポルタージュ作家)
川村  湊 (文芸評論家)
金城  実 (彫刻家)
高橋源一郎 (作家)
福島 泰樹 (歌人)
道浦母都子 (歌人)
小長井良浩 (弁護士、当時遺族代理人)
水戸喜世子 (十・八羽田救援会)
山中 幸男 (救援連絡センター事務局長)

>>『10・8 山﨑博昭プロジェクトとは』ページはこちら

事務局からのお知らせ

10月19日(水)~24日(月)、京都精華大学で展示と講演会 ...

10月は弟が羽田弁天橋で亡くなった月。私達はこの月に反戦の集いを持ちつつ、来年の 「 10 ・8 」 50 周年を迎えようとしています。「侵略戦争の銃 ... (全文を読む)

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc


2016年9月28日 (水)

全国各地に広がる「こども食堂」~坂本重雄ブログより

9月27日「『食の貧困』支援拡充を」

 今朝の高知新聞に「こども食堂 県内拡大」との見出しで、県内のこども食堂や類似の取り組みについての現状が紹介されています。
 全国的には、地域の大人が貧困家庭や孤食の子どもに無料や安価で食事を提供し、安心して過ごせる場所として始まったものですが、「こども食堂」という名前が使われ始めたのは2012年頃だそうです。
 最近は、地域のすべての子どもや親、地域の大人など、対象を限定しない食堂もあるようです。
 子どもの貧困の問題が指摘されるようになってから、クローズアップされてきたが、「食の貧困」の問題は、以前から課題であり、私も2012年2月定例会でフードバンク事業について質問をさせて頂きました。
 食べられるのに捨てられている食べ物、いわゆる「食品ロス」が日本では年間500万トン~800万トンにも上ると言われている中、「食の貧困」の一方での「飽食」という矛盾の解決にもつながる取り組みとして支援することが、「こども食堂」の拡充にもつながるのではないかと思っています。
 丁度、今議会でも「貧困への支援」の一つとして「食の貧困」についても、議会質問で取り上げる予定でした。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

うずみ火通信の全面紹介

 

        ■□■ うずみ火通信 ■□■      

                    

                    No.064 2016.9.27発行

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

 

 

すっかり秋めいてまいりました。

その後、お変わりありませんか。

いつも「新聞うずみ火」を応援して下さり、ありがとうございます。

今後ともよろしくお願いします。

 

さて、メルマガ「うずみ火通信」をお届けします。

 

                   新聞うずみ火編集部

 

(名刺を交換させていただいた方など、

ご縁をいただいた方に送らせていただいています。

恐縮ですが、不用な方は

uzumibi@lake.ocn.ne.jp までメールをいただけますか)。

 

 

┏┓━━━━━━━━━━━━━━━━━┏┓

┗■┓  「うずみ火」情報 ┏■┛

 ┗■━━━━━━━━━━━━━━━■┛

 

■新聞うずみ火10月号(132号)を発送

 

黒田清さんの月命日である23日、新聞うずみ火10月発送しました。

主なラインナップをご紹介します。

 

1面~5面「特集 共謀罪と監視社会」

 

共謀罪とは「具体的な犯罪について

2人以上が話し合って合意するだけで成立する犯罪」のこと。

実際に行動に移さなくても、話し合いに加わっただけで処罰される。

これまでの国会審議では「市民団体や労働組合も摘発の対象となる可能性がある」

「共謀罪が成立する対象が600を超え、処罰の網が広くかかりすぎる」

などの批判を受けた。あれから10年――。

東京五輪を前に、安倍政権はテロ対策の一環と位置付けようとしているが、

名前を変えたところで共謀罪は共謀罪。

その本質は「心の中で思ったことが処罰される恐れがある」ということだ。

この法案が通ればどう変わるのか。

治安立法に詳しい永嶋靖久弁護士は「電力会社の前で『反原発』を訴える

ビラをまく相談をしただけで『組織的業務妨害罪』に問われかねない」と指摘する。

 

さらに、ジャーナリストの山口正紀さんは、

5月に成立した「刑事訴訟法等の一部を改正する法律」は

「取り調べ可視化」を口実に「盗聴法」を改悪し、

新たに権力に強大な権限を付与したと説明。

共謀罪との関連について、

「共謀罪は刑法の大原則をねじ曲げる司法の大改悪」と指摘する。

司法取引による密告奨励で「誰々に相談した」と言わせ、

その誰かを司法取引に基づいて盗聴する。

警察の思うまま、あらゆる団体を「組織的犯罪集団」と決めつけ、

捜査の対象にし、盗聴・密告により刑事事件をねつ造する――

完全な監視国家がすでにできつつあると訴える。

 

 

6面~9面「特集 東日本大震災から5年半」

 

ジャーナリストの粟野仁雄さんが福島県楢葉町に入った。

東京電力福島第一原発事故で全住民が避難、昨年9月に避難が解除された。

この1年で戻った住民は人口7300人中1割にも満たない681人、その半数が65歳以上。

いわき市に避難している住民は言う。

「楢葉は住民が戻らないのに土地バブル、町は除染などで財政バブルになるいびつな状況」

住民がいないのに公共工事ばかり進んでいるという。

 

児童74人、教師10人が津波にのみこまれて死亡・行方不明になった

宮城県石巻市立大川小学校を矢野が訪ねた。

津波で壁がえぐり取られた校舎。体育館もステージの両脇を残して砕かれ流されている。

横倒しになった渡り廊下のコンクリート柱も無残に折れ曲がり、小雨に濡れていた。

「ここはたくさんの命がなくなった場所ですが、

たくさんの子どもと先生が生きていた場所です。

なぜなのか、向き合って考えていただくため、未来のために残すのです」

「小さな命の意味を考える会」代表の佐藤敏郎さんが説明してくれた。

佐藤さんも当時、大川小学6年生だった次女のみずほさんを亡くし、

昨年、28年に及ぶ教員生活に区切りをつけて教壇を離れた。

時間も情報も手段もあったのに救えなかった。

なぜ、わが子は死ななければならなかったのか。

一番知りたい事実を、市の教育委員会は隠しているという。

「説明会で裏山へ逃げなかったことについて、

『地震で山の木々が折れていたから』と言いましたが、山の木は一本も折れていません。

6年の男の子が『山へ逃げよう』と訴えていたことを、

生き残った子が証言していましたが、もみ消された。

迎えに来た保護者が『津波が来るから山へ逃げて』と進言したこともなかったことになっている。

子どもたちが74人も死んでいるのに、それでも事なかれ主義でいくのか。

教育委員会は何を守っているのかわかりません」

 

 

10面~11面「ヤマケンのどないなっとんねん」

 

前号に続いて、天皇の「生前退位」について。

安倍首相は、今回限りの特別措置法でおさめようとしているようだが、

天皇の意向によって法や制度を改めることは明らかな憲法第4条違反であると指摘する。

さらに、ヤマケンさんはこう訴える。

<これまで憲法第9条をはじめ民主主義条項や福祉条項について、恣意的な解釈と運用でねじ曲げ、

既成事実を積み重ねて空洞化させてきたことは、多くの国民が許しがたく思ってきたことであるが、

今回、天皇条項でも「なし崩し改憲」を行った(行おうとしている)ことに心から怒りを覚える。

国民の多くが天皇がテレビで発するメッセージには

一も二もなくひれ伏してしまうことをわかった上での天皇の政治利用である>

 

 

12面~13面「原子力と人権」

 

編集委員の高橋宏は「北朝鮮の核実験」について。

事実ならば当然、絶対に許されない行為であるし、世界中から非難されてしかるべきであると

述べながらも、「アメリカをはじめとした核保有国に非難する資格があるのか」と指摘する。

<忘れてはならないことは、原発、ウラン濃縮工場、再処理工場を持つ日本は、

他国から見れば明らかな潜在的核保有国であるということである。

北朝鮮の核実験は絶対に許されないが、今の日本にそれを非難する資格はない。

ましてや、脅威を煽って武力に対抗するような体制を整えていくのだとしたら、

それこそ非難されるべきだ。

「核オプション」を捨て去り、「核の傘」の下で平和を維持するという幻想から脱した時、

初めて日本は北朝鮮を堂々と非難できるのではないだろうか>

 

 

14面~15面「世界で平和を考える」

 

ジャーナリストの西谷文和はトルコへ入った。

クーデター未遂事件の背景に何があるのかを追い、トルコの国会議員、ジャーナリスト、

シンクタンク、テレビ局などを取材して確信した。

それは「米国だ」と。

証言をまとめると――。

?首謀者は米国亡命中のギュレン師である。

彼はイスラム指導者で、1960年代からモスクの中に貧しい若者用の寄宿舎を建て始める。

?70年代、そんな若者たちのために予備校や大学を開校し、トルコ中に弟子が増えた。

今やギュレン師派はトルコ内外に100万人もいる。

やがてギュレン師は弟子たちを軍隊や警察、裁判所などに送り込み、権力の中枢を握り始める。

?90年代に旧ソ連が崩壊、ギュレン師は英語教師をロシアに送り込む。

その中にCIAの関係者がいて、ギュレン師と米国は情報交換を始める。

?シリア問題でエルドアン大統領は急速にロシアに接近、米国はトルコに手を焼くようになる。

一方、ギュレン師は大統領と激しく対立、政党を持たないギュレン師にとって、

選挙での体制転覆は無理だった……>

 

 

「こちらうずみ火編集部」では、

「全国戦災傷害者連絡会」(全傷連)会長として民間の空襲被災者への補償を求める

運動の先頭に立ってきた杉山千佐子さんが名古屋市内の高齢者施設で亡くなった。

杉山さんがなぜ、人生をかけて民間の空襲被災者の救済に取り組んだのか、矢野が迫る。

 

安倍政権が秋の臨時国会でTPP(環太平洋経済連携協定)の承認案成立を最優先に位置づけたのを受け、

国会批准阻止に向けた緊急行動発足集会が開かれた。

同志社大の田淵太一教授がTPP協定の問題点を指摘し、

TPP阻止国民会議」の山田雅彦・元農水相が最終合意文書の中身について説明した。

矢野が報告する。

 

「空襲・戦災を記録する会全国連絡会議」仙台大会が開かれ、

全国各地で空襲体験を語り継ぐ活動をしている市民団体や研究者らが、

大会テーマである「防空壕と防空政策」について情報を交換し合った。

 

JR東海が新幹線の車両基地「鳥飼車両基地」で行っている井戸の掘削工事をめぐり、

地元の摂津市が「環境保全協定に違反する」として工事の中止を求めた裁判で、

大阪地裁は市側の訴えを棄却した。

鳥飼基地近くに住む鴻池勝彦さん(75)の自宅は、旧国鉄による地下水のくみ上げなどで西側に傾いてい

る。

鴻池さんは判決に対して「納得できない。

再び地下水がくみ上げられたらもっと傾く可能性がある。不安です」と語っていた。

摂津市は910日控訴した。

 

   

硬い記事ばかりではなく、羽世鉱四郎さんの「経済ニュースの裏側」をはじめ、

100年の歌びと」「坂崎優子がつぶやく」などの連載も大好評です。

 

 

※「新聞うずみ火」の購読を希望される方は、

うずみ火事務所までご連絡ください。

?0663755561 Fax0662928821 

メール uzumibi@lake.ocn.ne.jp 

最新号と振替用紙をお送りします。

B532ページ。月刊で1300円(年3600円)

10年前からこの値段です。

 

※郵便振替は、009306279053

 

 

10月の「うずみ火講座」

 

10月のうずみ火講座は15日(土)午後2時から大阪市福島区民センターで開きます。

講師は、共謀罪に詳しい永嶋靖久弁護士。演題は「こんなに危険!『共謀罪』」です。

安倍政権は「テロ等組織犯罪準備罪」法案の国会提出を検討しています。

過去3回も廃案になった「共謀罪」の復活です。

名前を変えたところで、共謀罪は共謀罪。

その本質は、「心の中で思ったことが処罰される恐れがあるということ」。

「お上」に批判的な組織や個人の摘発を始めるやもしれず、思想・信条の自由を侵害し、

監視社会へとつながりかねない「共謀罪」について一緒に考えませんか。

【日時】1015日(土)午後25時。講演終了後、懇親会あり。

【会場】大阪市福島区吉野3の福島区民センター301

(地下鉄千日前線「野田阪神駅」7出口、阪神電車「野田駅」改札左手を出て西へ200?

JR環状線「野田駅」から徒歩8分、JR東西線「海老江駅」から徒歩5分)

【資料代】読者1000円、一般1200円、学生・障害者700

 

 

9月の「茶話会」「酒話会」の案内

 

お茶を飲みながら交流を深める「茶話会」は

929日(木)午後2時から、

お酒を飲みながら憲法を学ぶ「酒話会」&「憲法BAR」は

30日(金)午後6時半から、

いずれもうずみ火事務所で開きます。

 

茶話会は、矢野が新聞うずみ火での取材について話したあと、

参加してくれた方々からの近況報告を伺います。

 

酒話会は、乾杯の前に小一時間ほど、

定岡由紀子弁護士を講師に「憲法を読む会」を行っています。

いわば「憲法BAR」。気軽にご参加ください。

 

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 マガジン名:うずみ火通信

 発行日:不定期

 発行元:新聞うずみ火 〒530-0012 大阪市北区芝田2-4-2 牛丸ビル3

     TEL 06-6375-5561 FAX 06-6292-8821

 問い合わせ:uzumibi@lake.ocn.ne.jp

 WebPagehttp://uzumibi.net/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◆メールマガジンの解除について

 編集部までメールをください。

 お時間を頂く場合がございますので、予めご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※当マガジンに掲載されている記事の無断転載・転用を奨励します!!

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

10月16日は、日本ドイツ現代史研究会の記念講演会

 今春発足した『日本ドイツ現代史研究会』が、10月16日に、大阪大学の木戸衛一准教授(ドイツ現代政治)を招いて、記念講演会を開く。

 

日本ドイツ現代史研究会 記念講演会

 

 「ファシズムの再来を防ぐため

                                           ~ドイツ現代史から学ぶ

 

 講演 木戸衛一 大阪大学准教授(ドイツ現代史)

 

プロフィール 大阪大学大学院国際公共政策研究科准教授 
専攻はドイツ現代政治。 著書に『ドイツ左翼党の挑戦』
『ベルリン過去・現在・未来』『ラディカルに平和を問う』など

と き 1014日(金)18時半~  

ところ 西宮市民交流センター

(阪急「西宮北口」東南5分)参加費:1000

  日本ドイツ現代史研究会は、安倍政権の戦争攻撃の強まりと、おおさか維新や排外主義グループの跳梁の中で、改めて1930年代の歴史を学びファシズムの再来を阻止するため、165月から活動を始めました。講談社現代新書の石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』をテキストに、4回の報告・研究会と、「ドイツ左派はなぜナチスに敗北したのか」についての報告・討論会を行いました。参加者は阪神間を中心に大阪から神戸まで広がり、この課題への関心の高さと取り組みの重大性をあらためて確認しました。
 そのため、ひとまずドイツ1917年~30年代の学習・研究の締めくくりとして、ドイツ現代政治を専門とする木戸衛一大阪大准教授の記念講演会を1014日(金)に開催します。
 内容は、ナチス・ヒトラーの政権奪取に至る過程で、反撃のチャンスはなかったのか。安倍政治や維新や小池などとの類似点と相違点はどうか。そして現代ドイツを含む西欧・アメリカ・日本での新たなナショナリズム・排外主義の台頭にうち勝つ道をさぐる講演会です。質疑応答にも十分時間をとり、問題意識を深めていきたいと思いますので、多くの皆さんの参加を求めます。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

 

 

 

水辺まつりと自然と文化の森協会のニュースの紹介

25日(日)に行われた水辺まつりは4000人の参加があった。Img004_9282「キッズクラブ通信」を紹介する。Img005_9283

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月27日 (火)

自衛隊をめぐる原則的論議~澤山保太郎さん(元高知県東洋町長)の意見の紹介

2016年9月25日 (日)

自衛隊

News & Letters/520

 周辺を見るといつの間にか、自衛隊は違憲だ、という人がいなくなった。
 必要最小限の自衛のための武力を持つのは憲法も禁じていない、とか侵略軍に攻められたら、どうするんだ、とか結局安倍晋三と同じ論理を使うのである。

しかし、自衛隊は明らかに憲法9条に違反するのである。

戦前よりもはるかに強大な火器を持つ軍隊の存在が現憲法で許されるはずはない。
そして、それでは、憲法が間違っているのか。否である。

憲法9条は正しい。国が軍隊を持つことも、戦車や大砲や戦艦、爆撃機、鉄砲・弾薬を持つことを9条は否定していてこれは完璧に正しい。国際紛争をこれらの武器や軍隊を使って解決することも一切禁じている。これも全く正しい。

その軍隊や武器でもって他国を威圧したり、他国の政治的軍事的勢力を抑止したりすることも禁じられている。

これらは全く正しい。憲法9条は文字通り正しく守られねばならない。

そんな考え方は、非現実的だ、理想論だ、あるいは非国民だ、などという。しかし、何人もそのような非現実的だといわれる憲法を我々が持っているという現実、その憲法9条を掲げてこの70年間非戦状態、国際平和状態を維持してきたという現実をも直視するべきである。この70年間自衛隊は戦争行為に関しては不要だったのである。

災害対策では自衛隊はしばしば出動し活躍もしてきたから自衛隊は国土災害救助隊とかいう名称で武器をクワやブルドーザーに替えて存続させたらいい。
敵に攻められたらどうするのだ、国民を見殺しにするのか、というだろう。

周辺に敵など存在しない。中国や朝鮮が日本に攻めてくる恐れはほとんど0だ。それにたくさんの原発施設を持つ日本では、とても他国と戦争を構えることはできない。通常兵器でも原発は攻撃可能であり、防衛するすべがない。新潟や福井の原発をやられたら日本は壊滅的打撃を受ける。
・・・・・
問題なのは、日本に、または日本人に、武装させた場合の危険性なのだ。安倍晋三や稲田ともみさん、櫻井よしこさんらのような悪魔的な侵略思想を持った連中がいっぱいる。狂人に刃物を持たしていいのかというのが近隣アジアや世界の大心配であり脅威なのである。「敵」がどうのこうのではない。己の過去と現在が「敵」の恐怖となっていることを忘れてはならない。

殺しつくし、焼きつくし、犯しつくす、三光作戦をやって数千万人の無辜のアジア人民を平然と殺してきた、そんな民族には鉄砲ではなく、憲法9条の荒縄が最も必要なのである。憲法9条は我々の理想というよりも魔性を持つ日本人を縛る縛(いまし)め、捕縄なのである。憲法9条にはそれを実施する法令がないし、それに反することをする者への罰則規定が不備である。

早急に法令を整備しこの国是を死守しなければならない。
自衛隊の兵士とプロレタリアートが手を結び、すべての軍備を解除し、国土防災の平和部隊として自衛隊が再編されねばならない。自衛隊違憲論は、今こそ必要である。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

あきれる安倍の軍隊崇拝

Photo 20160926oyt1i50022n  安倍は閣僚だけでなく、自民党議員、いや国会も自分が全権委任で操りたいようだ。国会前を抗議の市民が取りまいQue11115176491 ている間、所信表明演説で議員に起立起立と自分の演説への賛意の拍手を強制したのだ。ナチスばりの自己陶酔にひたるのは勝手だが、議場に持ち込むなど前代未聞の出来事だった。全身全霊で職務に打ち込むのは安倍が称賛する自衛隊・警察・海上保安庁だけではない。自分の演説への崇拝をしてほしいなら自民党の大会ですれば良い。自民党幹部でさえ「今までで初めての出来事」と驚き、大島理森議長が10秒後に「着席ください」と注意するほど、身内からも批判が起こっている。驕れる安倍は久しからず。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月26日 (月)

報復絶倒、松元ヒロ独演会~24日・宝塚ソリオホールは満杯

 24日は宝塚ソリオImg004_8215ホールで、中川ともこ(宝塚市長)と歩む会の主催の松元ヒロ独演会があった。5月の谷口真由美講演会は300人の同じホールに150人以下でさみしかったが、この日は満杯、立ち見が出る始末。中身も笑いあり、涙あり、歌あり、ペーソスありで、300人を超える聴衆は、捧腹絶倒!権力者を笑い飛ばし、大満足であった。

 松元ヒロは元々「ザ・ニュースペーパー」の一員で、政治風刺のお笑いタレント。麻生太郎などの物まねは絶品で、『週刊金曜日』にもコラム爛を持つが、全体としては中川ともこと歩む会の木下達雄会長が紹介したように「マイナーなタレント」。
 と、さっそくこの「マイナーなタレント」を逆手にとって、日本の端っこ「鹿児島実業の陸上選手」から始まり、安倍政治を斬りまくり。政治家もタレントも同じ人間だから話せば判ると言いながら、安倍だけは話が通じず、政権から離さないと判らないとダジャレ連発。
 ついで話は沖縄・高江にとび、ここでは島袋文子おばあの、「わたしたちはさあ、血の水をすすって生きて来たんだよう」という話を40分くらい独り芝居で熱演。沖縄戦の知らない事実もとき起こしながら、説教臭くなく、そして今に繋がる話に、会場は笑いImg_20160924_155158_002_9254と涙と感動に包まれた。
 第三話は先般亡くなった永六輔さんの話。ここでもヘイトまかりとおる世相を厳しく批判。初めて知ったことだが、永さんの祖先はその名のとおり江戸時代に中国から来て浅草に住み、父親はお寺の住職。だから苗字は漢字一字で永。
 そのため小学校時代には「中国に返れ」といじめられたとか。それで学校に行かず、ラジオのコントに応募するようになり、それから放送作家になる。坂本九・Img_20160924_162032_002_9255中村八大と組み、テレビ幕開け時代の寵児であったが、他方ラジオ番組をこよなく愛し、マイナーな松元ヒロさんをよく番組に呼んでくれたとか。そしてヒロさん曰く。「永さんに中国に帰れと言うなら、天皇は朝鮮に帰らなくてはならなくなるではないですか!?」。これには会場全体が爆笑。
 最後は中川ともこ市長との対談。
 久方ぶりに笑える2時間半であった。
 舞台写真は禁止で、後方からトークの場面のみ可。ロビーでの2ショットはナイス。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

NHK ETV特集 ホロコーストのリハーサル~障害者虐殺70年目の真実~たたかうあるみさんのブログより

ホロコーストのリハーサル~障害者虐殺70年目の真実

 昨日、NHKのETV特集(アンコール)ホロコーストのリハーサル~障害者虐殺70年目の真実 を観た。相模原で起こった障害者施設での大量殺人事件で、犯人とされる男が「ヒトラーの思想にはまった」などと発言したこともあっての「再放送」なのだろう。「(治療の見込みのない)障害者を殺す」ということが、どうゆうことなのか考えさせられる放送内容であった。
 ヒトラーが政権を取る以前から、「社会ダーウィニズム」…すなわち「強者が生存し、弱者は生き残れない」という生物界での一現象(実際、生物界では「強者」も「弱者」もうまく「共存」しているわけであるが)を人間社会に当てはめた思想がまかり通っていた。特に「精神病」が薬物等で「治る」ことが出来るようになった結果、精神科医の中から「治らない精神病の患者」をどうするか…ということが考えられてきたらしい。また当時は精神病も含め、多くの病気が「遺伝する」と考えられており、「国民経済」にとって治療の見込みのない「遺伝病」「精神病」の患者は子孫を残してはならず、また淘汰されなければならないという思想、思考が共有されていたようだ。
 ヒトラーの「我が闘争」に「ドイツ民族(アーリア人種)の優秀性」を保つために、「社会ダーウィニズム」的発想が取り入れられていたことは、むしろ自然なことであったのだ。なぜなら当時ドイツ精神病学会のトップぐらいが、そういった断種や「死を与えること」を当然と考えていたからだ。
 かくしてヒトラーが政権を取った後、ユダヤ人への迫害とともに、精神障害者や「不治の病」を抱える「労働力として使えない…価値なき人々」への迫害が始まる。始めは施設に閉じ込め、断種手術を行うところから始まったが、1939年9月1日、折しもポーランド侵攻開始日に「T4作戦」として、「精神障害者」を肉体的に抹殺してゆくということが行われる。
 まず「精神障害者」等のリストを作り、その患者の状態…治るのか治らないのか、働けるのか働けないのか…ということが調べられる。そのリストを元に、4名の「精神科医」がチェックし「死を与える」かどうか判断される…「死を与えられた」障害者は、バスに乗せられて抹殺施設に送られ、ガス室で殺される…というシステムが作られた。
 そのシステムには、ドイツ中から精神科医、看護師ら、精神病院で働く人も「動員」された…恐ろしいのは、そこが「虐殺施設」であることを後で知っても、「自分は悪いことはしていない」と普通に証言してしまうところである。「命令に従っただけ」「法律(があると信じて)に従っただけ」と考えてしまうのだ。
 この「T4作戦」は、ある神父の勇気ある説教によって実態とその恐ろしさ…すなわち「非生産的」であるという理由で精神障害者が殺されるなら、次は別の病者、傷病兵、そして働けなくなった老人も殺されてゆくだろうという、しごくまっとうなもの…を告発され、良心的な人々があらゆる方法…といっても当時はネットはおろか、電話もないので手書きのコピーのみ…で広められることによって中止させられる。あのヒトラーでさえ「国民」の声を完全に無視することは出来なかったのである。
 しかし「T4作戦」が中止された後でも、虐殺施設は残され、そこで働く医師達は「治療の見込みのない精神障害者」」を、餓死はモルヒネ大量投与によって殺し続けてきたのである…ここに当時の「社会ダーウィニズム」の根深さ、深刻さが見受けられる。
 そしてもっと悲しいことは、「T4作戦」によって殺された病者の家族が、「殺された」家族がさもいなかった者のようにふるまうことである。放送されたケースでは父の妹、すなわち自分にとって叔母にあたる人が殺された女性も、父から叔母の存在については何も聞かされていなかった…偶然、妹と一緒にいるまだ少年であった父親の写真を見つけ、初めて叔母の存在を知ることが出来たということである。これは障害者を二重に「虐殺」する行為である。
 取材を受けたドイツの歴史家は最後にこう語る…物事にはなんでも始まりがある。その始まりの段階で(おかしなことが行われていれば)気づいて止めることが大切だ…と。
 
 私たちの身の回りで、すでに形を変えた「T4作戦」が始まっていないだろうかsign02

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

豊能町長選挙でヘイト容認維新の当選を阻止!

Photo Photo_2     豊能町長選挙に大阪維新の会の野村剛志町議が立候補していたが昨日投開票の選挙で、元職の池田勇夫氏に821票差で敗れた。
 野村氏は維新と言うだけでなく、あのヘイト女性中曽千鶴子氏が川西市議選に出た時に、箕面市の武智市議と共に応援に駆け付けた、極右指向・ヘイト容認の感性を持った人物である。
 一部では通るに違いないと言う恐ろしい観測もあっただけに心配されたが、池田さんはよく頑張ってくれて、ヘイト容認町長の誕生は免れた。しかし油断はできない。引き続き、維新の跳梁跋扈を許さず、ヘイト容認の首長・議員を作らないよう各自治体で注意しよう!
 なお、このヘイト千鶴子さんとの仲睦まじい写真(左上)は野村氏の2013年町議選でのツーショット。ヘイトさんは運動員腕章をつけている。右上の写真を見てほしい。何と
出発式の司会までしているのだ。
 
今回応援したかどうかは記載がないのでわ
からない。

池田勇夫  4047票 当選

 

野村たかし 3226票 落選

 

高橋しげのり1633票 落選

 

西川たかお  669票 落選

◆追伸 ヘイト千鶴子さんのブログは最近はネタ切れで、読み応えゼロ。もう一人のヘイトミオさん(宝塚)は海外を飛び回り「国際的に活躍」しているのに比べ、ほとんど新鮮味の無い在日朝鮮人迫害をあおるヘイト記事しかない。で取り上げるのもつまらないくらい退屈していたら、なんと「頭のおかしい集団が毎月自衛隊に抗議」という記事があった。「ピーン」ときて写真を見るとおなじみの皆さんが写っているではないか! ヘイト・おつるよ、勝手に写真をパクったのは窃盗罪・著作権違反になるが、ひとまず許してやるとしても、書くなら正確に見出しをつけよ。「考えのおかしい政府の強制で、自衛隊が戦地へ送られて殺されたり殺したりしないように申し入れ。何と自衛隊員思いである事か」と、書くべきだろう。自衛隊員想いの人はもっとたくさんおり、10月9日の伊丹駐屯地の創隊記念日には多くの人が駆けつけることになっている(ヘイト千鶴子さんも来るので、遭遇できるかもしれない、楽しみだね)。

↓これが証拠写真だ

T02200165_0640048013742338852

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月25日 (日)

月曜から国会開会 いよいよ闘いの秋

926()  国会開会日闘争 反TPPヨドバシ前街宣 18時半

9
30日(金) 「障害」の今とこれから 18時半 エル・おおさか 主催:反貧困ネットワImg0038111ーク

          101日(土) 尼崎の公害を学ぶ② 13時半 塚口南地域学習館(阪急「塚口」南5分)
 
講師:辻川敦(尼崎地域資料館館長)

         101日(土) 阪神センター10月交流意見交換会 16時 阪神センター事務所

         101日(土) リニア学習会 14時 難波学習センター(OCATビル4階)

         101日(土) もんじゅも原発もいらない! 関西集会 1240分 エルシアター
井戸謙一 雨宮処凛 小林圭二 中嶌哲演 服部良一

                  102日(日) 元自衛官が語る戦争と平和 14時 川西中央公民館(能勢電「滝山」南西7分) 講演:泥憲和

104日(火)こわすな憲法!いのちと暮らし!市民デモHYOGO世話人会 18時半 神戸勤労会館

106日(木) 戦争あかん!ロックアクション 18時半 中之島公園水上ステージ

107日(金) 全港湾大阪支部40周年記念大会 

08日(土) 第6回さようなら原発1000人集会 13時半~ いたみホール 
福島事故は終わらない 帰還政策は何のため?
講演:海渡雄一弁護士  報告:うのさえこ 特別ゲスト:福島みずほ

                              109日(日) 三里塚現地闘争Img007_8191_6

         109日(日) 座間宮ガレイ選挙勉強会 13時半 尼崎市中小企業センター(阪神尼崎北東4分)

         109日(日) 白井聡さんが語る311後~弱者が生きやすい社会を作るために
14
時 豊中男女共同参画推進センター・すてっぷホール(阪急「豊中」接続)

         109日(日) 西宮ピースネット&歴史パネル展実行委街頭宣伝 11時 JR西ノ宮駅前

        109日(日) 自衛隊を体感しませんか 13時半 伊丹駐屯地正門前集合 当日は「中部方面隊56周年事業」で、JR・阪急伊丹から無料シャトルバス運行

109日(日) 命に国境はない。高遠菜穂子西宮で語る 13時半 西宮勤労会館(JR「西宮」南西5分) 

1010日(月・休) 戦争あかん!基地いらん!関西のつどい2016 14時 エルシアター
糸数慶子参議院議員 成澤宗男(週刊金曜日)

1010日(月)  北区9条のつどい 14時 すずらんホール(神戸電鉄「鈴蘭台」東北5分)講演:木村草太(憲法学者 首都大学東京教授)

1011日(火) 西宮歴史パネル展街頭宣伝 17時 JR西ノ宮駅南

1014日(金) 目取真俊さん講演会 18時半 エルおおさか5F視聴覚室

1014日(金) ファシズムの再来を防ぐために 18時半 西宮市民交流センター(阪急「西宮北口」東南4分) 講演:木戸衛一大阪大准教授

1014日(金)~16日(日) 「未来のための歴史パネル展・西宮」 1411時から フレンテ(JR西宮南)4階国際交流ギャラリーを中心に 

1016日(日) パネル展 能川元Img001_8216一講演会 14時 フレンテ会議室

         1015日(土) グループZAZA連続講座 池田浩士講演会 14時 エル・おおさか709 ボランティアからホロコーストへ

         1015日(土) 芦屋九条の会学習会 14時 芦屋・市民活動センター(阪神「芦屋」北4分)  講師:川元志穂弁護士 自民党改憲草案批判


1015日(土)~16日(日) いたみ人権フェスティバル 伊丹人権啓発センター『ふらっと』   15日(土) 18時半 辛淑玉講演会

        1016日(日) 変えよう!日本と世界 反戦・反貧困・反差別共同行動 14時 円山野外音
楽堂(阪急「四条河原町」東15分) 山城博治 中嶌哲演 趙博 川口眞由美

1016日(日) 『戦場ぬ止み』上映会 10時半 14時 神戸勤労会館2階多目的ホール

           1016日(日) 『高江―森が泣いている』 11時  14時  監督トーク12時半~13時半 
元町館「黒の小部屋」(元町映画館2階)

1016日(日) 連帯労組関西生コン支部大会 協同会館・アソシエ 

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

久方ぶりの怒涛の3連戦 水辺まつり、康宗憲さん講演、相模原事件アピール行動

 天気が心Img_20160925_105601_003_9251配されたが、恒例の水辺まつりは今年も晴天のもと開催。藻川河川敷の芝生広場に、多数のテントが並び、子ども連れの琢さんお人が参加していた。ただ増水のため河原での遊び(カヌーなど)は制限されたが、芝生広場でのイベント・ブースは例年以上の盛況。知り合いのいるいくつかのお店で買い物し、舌鼓を打ちながら、会場をあとにした。

 午後は神戸勤労会館での「東アジアの平和と連帯」講座。康宗憲さんの講演はレジメにもとづいて懇切ていねImg_20160925_153750_002_9252いな説明。東アジア情勢を憎悪と敵対で見るのでなく、冷静な事実にもとづき見ることが呼びかけられた。質疑応答も沢山なされ、理解が深まった。その上で、こういう学習会だけでは済まされないのが今の日本のヘイトスピーチや優生思想のまん延。これとの闘いのためには、さらに一歩突っ込んだ議論が必要と思うが、持続的な参加の中で深めていきたい。次回は11月26日(土)、13時半、新長田の勤労市民センターにて。

 講演を終えて参加の何Img_20160925_162648_002_9253人かの仲間はそのまま三宮マルイ前へ。ここでは7月26日に相模原市の「津久井やまゆり園」でおきた障がい者殺傷事件に対するアはピール行動。遅れての参加だが、既に10人ほどがアピールとビラまき行動。8月につづき2度目という。この事件に対し障がい者が声をあげることはきわめて重要。障がい者が尊ばれる社会は、だれもが人として尊ばれる社会であり、逆に人ひとりの命が軽んじられる社会は、だれもの命が軽んじられる社会だ。格差・貧困が拡大する社会において、分断と差別と弱い者へのシワ寄せがまかりとうるのか、それへの怒りの声が普通にあげられるのかの境目にある。伊丹や川西の議会でもこの問題が取り上げられたという。粘り強く訴
えていこう。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

 

第11回・狭山再審を求める神戸アクション~

【第11回・狭山再審を求める神戸アクション】~狭山市民の会・神戸の行動紹介

下山鑑定が出て、はじめての街頭行動。『おたより』の号外を印刷して仲間と町に出た。

下山鑑定は石川さんの無実を証明する決定的証拠だ、裁判所は事実調べをすべきだと訴えたが、そのうちに、こんな証拠の捏造をした警察、捏造された証拠を見ないで有罪判決を維持してきた裁判所に後から後から怒りがわいてきて、声がどんどん大きくなった。

終わってみると、署名は14筆。たくさん集まってよかった!今日は通りがかりの大阪の仲間が加わってくださり、心強かった。

下山鑑定は狭山再審の現実性を示した。真実が活路を開くことを教えてくれた。何十年もの間、狭山再審を願い、訴え続けてきたすべての先輩たちのためにも、子どもたちや若者たちが差別や冤罪によって人生を奪われないためにも、なんとしても下山鑑定を事実調べの土俵に乗せ、再審開始決定をかちとりたい。

今度こそ、東京高裁を逃がさない。みんなの力を結集して、最後の山を越えていこう。

高橋 亮也さんの写真
高橋 亮也さんの写真
高橋 亮也さんの写真

10・8さようなら原発1000人集会の9月22日段階での賛同紹介~さようなら原発1000人集会ブログより

Img007_81919月22日段階の賛同団体、賛同人 52団体

団体

 宝塚宗教者・市民 平和会議

生活協同組合コープ自然派兵庫

憲法改悪に反対する元教職員ひょうごネットワーク

宝塚保養キャンプ実行委員会

吹夢キャンプ実行委員会

放射能から豊中の市民子どもを守る会

さいなら原発尼崎住民の会

美浜の会

安全食品連絡会

NPO法人サニーサイド

 ひょうごユニオン

尼崎地区労

全港湾大阪支部

労働組合武庫川ユニオン

関西合同労働組合

市民の力で社会を変えよう!連続市民講座実行委員会

阪神社会運動情報資料センター

反戦タイガース

阪本企画エコロジーサロン

北摂反戦民主政治連盟

 

生活協同組合兵庫いきいきコープ

生活協同組合コープ自然派ピュア大阪

㈱よつ葉ホームデリバリー京滋

㈱よつ葉ホームデリバリー奈良南

㈲よつ葉ホームデリバリー京阪

㈱やさい村

㈱淀川産地直送センター

㈱川西産直センター

㈱大阪産地直送センター

㈲近江産地直送センター

 ㈱ひこばえ
 ㈱産地直送センター
 社民党兵庫県連合
 社民党大阪府連合

社民党近畿ブロック協議会

自治労川西市職員労働組合
  共生舎
 三里塚尼崎伊丹実行委
 平和と民主主義をめざす全国交歓会・兵庫
 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動

  部落解放川西市民共闘会議
  非核と9条で世界の平和を・土井たかこさんの志を継ぐ会IN神戸

原発の危険性を考える宝塚の会
 さよなら原発神戸アクション
 縮小社会研究会・明阪神
 ㈱トレテス
 NPO法人障害者地域生活応援団あかね
 阪神・市民放射能測定所
   
生活クラブ生活協同組合都市生活
 ㈱よつば農産

 宝塚市職員労働組合
  原発をなくそう芦屋連絡会

 (個人の賛同の、このブログでの紹介は省略します)

今後とも賛同の拡大を求めています。団体は1口2000円から 個人は1口1000円から
 
連絡先=090-3613-7069 北上哲仁

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

9・19戦争法強行採決を1年を考える兵庫集会の動画

9・19戦争法強行採決を1年を考える兵庫集会の、岡野八代(同志社大教授)、真喜志好一(沖縄・建築家)の講演内容の動画を、集会に参加できなかった人、再度講演内容を確認したい人のため掲載します。
 

http://iwj.co.jp/wj/open/archives/332640
戦争法強行採決1年を考える兵庫集会
―講演 岡野八代・同志社大学教授「この国に民主主義を実現するために」、真喜志好一氏「沖縄は戦争法の具体化と闘う」 2016.9.19
Img_20160919_135339_9202_a


 

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月24日 (土)

民進党、野田体制で2度目の敗北→解散への道か たたかうあるみさんのブログに角度をつけた見出し

蓮舫新体制で、「野党共闘」はどうなるか?

 さてこの間、民進党代表選挙が行われ、蓮舫氏を代表とする民進党体制が固まった…しかし、旧民主党政権を「自爆」においこんだ野田元首相を幹事長に据えるなど、「なんだこりゃ?」…の体制に違和感を持つ人も多いだろう。実際、蓮舫氏は自ら「保守」と名乗り、「辺野古基地建設の見直しは行わない」など、自公体制との対決軸が全く見えない「民進路線」を取るようだ…これで「選挙」に勝とうsign02ということ自体、危ういものだ。
 ぶっちゃけた話、「野党共闘」というのは「安部政治」を打倒するためのものである。だから民進党は共産党や山本太郎氏並の、自公政権に対する「対抗軸」を打ち出し、無党派層をとりこんでゆかないと支持率のアップは見込めない…自公政権との「違い」がなければ、結局「自公のほうがマシ」となる…よって安倍政権への支持率も50%を超えるという結果がでてくるのである。

 前にも書いたように、「共産党」は民衆からの「野党は共闘」という声に真摯に耳を傾け、全ての選挙区で独自候補を立てるという路線を捨て、一人区では香川を除き、候補者を立てないと宣言し、事実「野党共闘」が成立した。このおかげで32ある一人区のうち、11区で「反安倍」勢力が勝つことができたのである。逆にやらなかったら、もっと負けていた…というわけだ。
 だが「民進党」は、そこから学ぶことが全くできていない…特に今回の指導部はそうだ。日刊ゲンダイの9月22日付け記事、高野孟氏安部悪政の下地つくった戦犯が幹事長自公民大連立の悪夢 にはこう書かれている。

 「野田佳彦幹事長」には驚いた。旧民主党OBの何人かと話をすると、みな「安倍政権下で起きている悪いことのほとんどは、野田政権時代に始まった。そのことを蓮舫新代表は知らないとでも言うのだろうか」と怒っている。その通りである。
 第1に、安保法制。野田政権の国家戦略会議フロンティア分科会は12年7月、憲法解釈を変えて集団的自衛権を行使を認めるべきだと提言し、それを「能動的な平和主義」と名付けた。それと連動して自民党もほぼ同時期に「国家安全保障基本法(概要)」を発表して政権交代後に備えた。
 第2に、武器輸出。藤村修官房長官は11年12月、佐藤・三木両内閣以来の武器輸出3原則を見直して「包括的な例外協定」案を発表した。それを受けて安倍は14年4月、同3原則を廃止した。
 第3に、オスプレイ配備。米国の言いなりで受け入れ、12年10月に沖縄に配備を強行させた。
 第4に、尖閣国有化。12年9月、中国への根回しを欠いたまま尖閣諸島の国有化に踏み切り、日中関係が一気暗転、安倍政権の扇情的な「中国脅威論」キャンペーンに絶好の材料を提供した。
 第5に、原発再稼働。野田内閣は12年6月、3.11後初めて大飯原発3、4号機の再稼働を決定し、7月から運転させた。また同時に、再稼働の「新安全基準」を定め、それを担う「原子力規制委員会」を設置する法案を成立させた。同委員会は12年9月に発足し、せっせと再稼働推進に取り組み始めた。それを受けて安倍は、全面的な原発復活・輸出路線に突き進んだ。
 第6に、TPP。最初に「参加を検討する」と言ったのは菅直人首相だが、野田は11年11月「参加のため関係国と協議に入る」と表明、12年に入り各国に政府代表団を派遣し始めた。それを引き継いで安倍は13年3月、TPP参加を正式表明し、甘利明特命大臣を任命して交渉をまとめさせた。
 第7に、消費増税。野田内閣は12年2月に「社会保障・税一体改革」大綱を閣議決定し、8月に「14年に8%、15年に10%」とする消費税法改正案を成立させた。これをめぐる安倍との駆け引きの中で、やれば負けると分かっている解散・総選挙を打って、同志173人を落選させ、安倍に政権をプレゼントした。その野田が蓮舫の傀儡師になって、一体どのように自民党と対決して政権を奪い返すというのだろうか。見えているのは「自公民大連立」という悪夢の予兆だけである。

と、まあ長々と引用したが、「アベ政治」の悪政に線路をしいたのが、野田元総理その人なのだ…そんな人を幹事長に据えた党を「野党共闘」で勝たせたとしても、結局「自公民大連立」になるだけではないのか?ということである。

そうなると、もう「議会政治」内では共産党、社民党、生活の…党の3党に頑張ってもらうしかないわけだが、共産党を除くと…というか、共産党だけでも「絶対に勝てない」のであるから、絶望的だ…

 それでも民進党は「党利党略」もあってか、「野党共闘」を完全に否定してはいない…毎日jpでは党首会談:4野党、選挙協力協議 衆院補選に向け合意 とある。補選レベルなら、「野党共闘」は崩さないということだ。
 なるほど、個別選で勝ち、「自公」少しずつダメージを与えながら、勝機をつかむという手も無くは無い…しかしそこだけである。

 新左翼の私がいうのもなんだが、もう「市民運動」側は選挙戦術に係るにおいて、「野党共闘」よりも「共産党を応援する」という戦術をとったほうがいいのではなかろうか?そうでもしないと「民進党」が本気で自公と対決できる党に変わることが出来ないだろう…自公との対決軸がはっきりしているのは、この党ぐらいなのだから…

 それがやれないのであれば、いっそ自分達で「新しい党」を作るぐらい考えないと(もちろんここから「既存の新左翼」なぞ、ゴミ箱に捨ててもらって良い…それらが「解体」した中から、新しい人材や考えを引っ張ってくれば良い)ダメだろう。

 本来、これは「既存の新左翼」が成すべき仕事であった…「社共に変わる新しい労働者党をつくる」というのが、かつての革共同のスローガンであった…それが全くできない今、上記の二戦術を、「市民運動」が担わないといけない…「既存の新左翼」は、その触媒(もっとも化学反応において、触媒は無くならないものなのであるが)として働かなければならないだろう。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

10・8山﨑博昭プロジェクト 京都精華大で山本義隆講演会と展示会

1967年10・8羽田闘争から今年の10・8で49年になる。50年目の10・8にむけて山﨑博昭プロジェクトが10月に京都精華大で展示と講演会を行う。その案内をそのまま紹介する。

10月19日(水)~24日(月)、京都精華大学で展示と講演会

 

10月は弟が羽田弁天橋で亡くなった月。私達はこの月に反戦の集いを持ちつつ、来年の 「 10 ・8 」 50 周年を迎えようとしています。「侵略戦争の銃は持たない。反戦の闘いには命をかける 」 交わした数少ない言葉の一つです。戦争できる国へ大きく舵を切った日本で、そうはさせない運動を大きく展開する時に、60~70年代の反戦運動を直視し、新たな糧とすることは大いに意義のあることだと思います。
展示をご覧下さい。講演会にご参加下さい。

「10・8山﨑博昭プロジェクト」山﨑建夫


山本義隆監修
◎10・8 山﨑博昭追悼 「ベトナム反戦闘争とその時代」展

1960年代~70年代における全国各地のベトナム反戦闘争の記録、写真など資料を集めました。コンテンツごとに展示し、過去を振り返り、現在へ反映し、未来につなげます。
期間中、毎日上映会があります。

 ・砂川基地拡張反対闘争の記録写真と資料。
 ・ベ平連とジャテックの活動記録。
 ・日本各地の米軍基地内での反戦地下新聞・機関誌。
 ・第一次羽田闘争(1967年10月8日)の連続記録写真(撮影・北井一夫)。
 ・王子野戦病院反対闘争、佐世保闘争、三里塚闘争の記録写真。
 ・ポスター(粟津潔 他)。
 ・関連書籍、雑誌、新聞、写真集などを展示します。
 ・展示会開催期間中、展示会場にて毎日上映会を行います。

《上映タイトル》

  1. 「怒りをうたえ Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ部」宮嶋義勇監督
  2. 「脱走米兵キャル 1968」(20分モノクロ)
  3. 「よみがえる科学者~水戸巌と3・11」MBS 毎日放送
  4. 「Do Not Kill」ベ平連JATECの記録
  5. 「現認報告書─羽田闘争の記録」1967年 小川紳介監督
  6. 「砂川の熱い日々」1955年(制作2002年 砂川を記録する会)星紀一監督
  7. 「Hearts&Minds ベトナム戦争の真実」1975年 ピーター・デイヴィス監督

展示期間:10月19日(水)~24日(月)
時間:10:00~18:00
入場無料
会場:京都精華大学ギャラリーフロール
   〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137
   ●叡山電鉄鞍馬線「京都精華大前」下車 ≫ 徒歩4分
   ●地下鉄烏丸線「国際会館」下車 ≫ 3番出口よりスクールバス運行(日曜運休)
   ●京都バス(路線バス)「国際会館駅前」 ≫ 40,50,52系統で「京都精華大学前」下車
   ※日曜はスクールバス運休。上記の路線バスをご利用ください。
   ※駐車場はございません。公共交通機関をご利用下さい。 
主催:「10・8山﨑博昭プロジェクト」大阪事務局
    〒530-0047 大阪市北区西天満4-8-2 北ビル本館301号 北本法律事務所内
    FAX 06-6365-0009
共催:京都精華大学
協力:60年代研究会(代表 山本義隆)


岡本清一記念講座「日本と世界を考える」
◎山本義隆講演会 近代日本と自由─科学と戦争をめぐって─

期日:2016年10月21日(金) 開場 18:00 / 開演 18:30
会場:京都精華大学 明窓館 M-201
参加費無料
主催:京都精華大学

【展示監修・山本義隆からメッセージ】
 ベトナム戦争は宣戦布告がないまま始まり、1975年に終結しました。この戦争をめぐって世界各国で反戦運動が拡がりました。本展は、当時の日本でのベトナム反戦闘争の軌跡を写真と資料で紹介し、現在から未来へつなげようとする試みです。
 1965年、米軍による北ベトナムへの空爆開始と南ベトナムへの上陸とともに、ベトナム戦争は本格化しました。ほぼ同時に日本では、ベ平連、三派全学連、反戦青年委員会、高校生運動が誕生し、反戦闘争が活発化しました。翌1966年には、立川基地拡張に反対して、砂川町の農民と全学連・反戦青年委員会の共闘が形成され、農民と学生と労働者との共闘体制は、その後の三里塚闘争にも引き継がれていきます。
ベトナムでの米軍の軍事行動のエスカレーションに応じて、米軍の後方基地としての日本の役割は飛躍的に増大。それに並行して、反戦闘争は日本の戦争加担という事実と向きあっていくことになります。とりわけ、ベトナム戦争への加害者であることの自覚を日本人にうながしたのが、1967年10月8日の佐藤栄作首相の南ベトナムへの訪問強行でした。サイゴンの米国傀儡政権への政治的な梃子入れを目的としたこの訪問を阻止するために、学生・労働者は羽田で闘い、この闘いへの凶暴な弾圧のなかで、京大生・山﨑博昭君(18歳)が死亡しました。
以後、日本の反戦闘争は激しさを増し、なかでもジャテックの活動は、米軍基地からの反戦米兵の脱走支援、さらには基地内での叛乱をうながす運動へと発展していきます。その後、日本国内のほぼすべての米軍主要基地において、反戦地下新聞が発行されるようになり、無許可離隊や命令拒否が続発するという事態が生まれます。それが世界最強を誇る合衆国の軍隊を内部から弱体化させ、1975年のサイゴン陥落、ベトナム戦争の終結に向かう遠因となったのでした。
 この1960年代半ばから10年近くの日本のベトナム反戦闘争は、学生・労働者・農民、そしてサラリーマンから主婦にいたるまで、広範な人々により、重層的な構造と広域的な拡がりをもって闘われました。また自衛隊内部からも反戦の声があげられました。
 本展「ベトナム反戦闘争とその時代」は、山﨑博昭君追悼とともに、かつての時代の一端を残存資料によって再現しようとするものですが、それはたんなる追憶にとどまらず、その時代の経験を後続の世代に継承してほしいと願っての企画です。


10・8山﨑博昭プロジェクト 第2回大阪講演会
◎「2015年夏、日本は変わったか?」

講師:上野千鶴子(社会学者)
日時:11月26日(土) 開場 13:00 / 開演 13:30~15:30
会場:大阪駅前第3ビル17F TOGホール
※詳細は追ってお知らせします。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

安倍首相、キューバでちゃんと謝って来たんか!

  安倍首相。アメリカのお許しが出てさっそくキュ3ーバへ「小銭外交」しに行 ったみたいやけど、ちゃんと日本とキューバとの関係を勉強して行ったんか。してないやろうなあ。まずキューバとは400年のご縁がある。遣欧使節支倉常長一行がカリブ海で台風に見舞われて難破しそうになり命からがら上陸して助けて くれたのがキューバ。キューバの人が助けてくれなければカリブ海でサメに食われてしまい、教科書に名前が語り継がれる偉人になれなかった。なんでもキューバに支倉氏の銅像が あるらしい。キューバ人も日本を 意識ている。
 1958年、バチスタ独裁政権を倒してカストロさんやゲバラさんがキューバ革命を成し遂げた。人民
2の幸せのためには産業を国有化し、アメリカ資本・マフィアに握られていた利権を人民のために使おうとした。すると膨大なぼろもうけが出来なくなったアメリカの大統領は怒ってキューバに禁輸など経済制裁を56年以上も続けて来た。その顔色を窺うだけだったのが日本政府だ。ちょうど安倍首相の祖父が首相をしていた。ゲバラさんをはじめ、友好使節団が12日間、来日した。しかし岸信介内閣は「アメリカと歩調を合わせたいので帰ってくれ」と冷たく追い返した。あとPhoto_3はアメリカのキューバいじめにずっと同調して来たのがこの56年間である。アメリカは経済制裁では気が済まず、米軍・C IAに援助された傭兵部隊をキューバに侵攻させたり、キューバの飛行機を爆破して50人以上を殺した正真正銘のテロリストをフロリダあたりにかくまい、その後もならず者たちをキューバかく乱のために利用して来た。やれ自由がない非民主国家だとか、国際社会への阻害要因だとか難癖をつけて来たのがアメリカだ。 そうして陰に陽にキューバを締め付けて抹殺しようとして来たのは、朝鮮・ベトナムへの対応と同じだ。日本は常にいじめっ子暴力団国家アメリカの子分として、いじめに加わって来た歴史がある。
 キューバを訪問してカストロさんと会談したなら、第一に言うべきことは「56年前、ゲバラさんたち使節団を追い返して申し訳なかった、祖父になり代わり反省しているので許してください。」次に「アメリカ親分の命令とはいえ、制裁に加わってキューバ国民に半世紀以上、塗炭の苦しみを味合わせて来た事も許してください。ついてはその何十分の一のお詫びとして千億、いや、1兆円の支援をしたい。」と膝をついて申し上げるのが筋であろう。 それでカストロさんとキューバ国民が「もういいですよ。これからは未来志向で仲良くやりましょう」と言ってくれたら感涙にむせびながら「ありがとうございます。ところでアジアに同じような目に合わせた小国があります。メンツがあって直接は言いにくいので、熱い国交をお持ちの議長様から、かの国の指導者と人民に、実はそろそろ仲良くしたい。貴国と同じような、もっとひどい事をしたけどあんま
Photoり怒らんといて。未来志向で、とお伝え願えまいか」と言えば、喜んだカストロ議長は第一級友好国に電話をかけて「いろいろ言いたいことはあるやろうけど、ここは一つワシの顔を立ててくれんか」と言ってくれること間違いない。
 こういう理性的な忠告は耳
に入らないらしい。さっそくキューバでの記者会見で「北朝鮮は未来を切り開けない」などと偉そうにぬかしてるところを見るとこの男と我が国の政府こそ未来を切り開けないだろう。その点、国際的いじめに遭いながら、これらの国家間の熱い絆と抵抗精神で未来を切り開いてきたのが朝鮮・ベトナム・中国・キューバである。いずれもアメリカ・日本が及びもつかない長期政権。独裁や圧政・暴力統治なら何十年も長期政権を維持することはできなかったはずだ。
 これらの国に自由・民主が無いと悪口を言ってきた日米韓こそ「自由・民主」の名の政権がしょっちゅう崩壊している。ちょっとは賢くなれよ、首相。・・・・無理かな・・・

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月23日 (金)

土日どうする?! いよいよ26日から臨時国会 行動は目白押し

924日(土) 松本ヒロ講演 宝塚市 14時 宝塚市・ソリオホール(阪急「宝塚」繋がり2分)     

923日(金) 共謀罪反対集会 18時 大阪弁護士会館10階(地下鉄「淀屋橋」北東7分)

924日(土) ヘイトスピーチ・ヘイト犯罪に、自治体・議員・市民はどう立ち向かうべきか
14
時 東成区民センター(地下鉄「今里」西へ2分)

925日(日) 戦争の記憶・大阪空襲 14時 能勢町・浄るりシアター(能勢町役場隣) 講演:大前修弁護士

925日(日) 相模原事件アピール行動 16時 神戸・三宮マルイ前

925日(日) 連続講座 東北アジアの平和をつくる~「中国・朝鮮脅威論」に答える!講師:康 宗憲(カン・ジョンホン)
1回 朝鮮半島の平和と統一 13時半 神戸・勤労会館
2回 1126日(土) 新長田勤労市民センター 以降隔月6回

925日(日) 猪名川・藻川水辺祭り 9時 園田・中園橋周辺

Img004_8215Img004_8202

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

雨の中 9500人が集う~「さようなら原発 さようなら戦争大集会」

雨の中 9500人が集う~「さようなら原発 さようなら戦争大集会」
9月22日(秋分の日)、「東京新聞」朝刊一面に「もんじゅ廃炉へ」の大見出しが・・。朝から激しい雨がふりつづくなか、東京・渋谷で「さようなら原発 さようなら戦争大集会」が行われた。原宿通りは若い人でにぎわっていた。歩道橋を渡ると今度は中高年の人々の波。前を行く中年の男性が「娘をさそったら『デモっておじいちゃんおばあちゃんがやるもんじゃない』といわれた」と話す声。代々木公園の会場は色とりどりの傘の花の山だ。最初に澤地久枝がフクシマの現状の悲惨を訴え、女優の木内みどりがキューバ革命の時に200万人集まった広場をみてきた話をし、詩人のアーサー・ビナードが、フクシマの凍土壁をつくったが役に立たずで「とうどのつまり」になったと笑わせた。(木下昌明) 続き東京新聞鎌田慧の発言報告(湯本雅典)動画(6分54秒) *写真提供=ムキンポさん

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

 

10月29日から始まる連続市民講座(全7回)のチラシができた だが尼崎には便利な集会場がない

 毎年秋にImg003_9231行われている「市民の手で社会を変えよう!連続市民講座」(全7回)のチラシができた。新自由主義のまん延で格差・貧困がひろがり、他方で政治への無関心が増幅されている。これに対し身近なテーマの先進的な実践から学び、地域から社会を変えていこうという試みだ。10月29日の川西から始まり、阪神間各市で講座を開き、最後は来年1月に首都大学東京の木村草太教授を招いて締めくくりとする。
 本当は、最初か最後に有名人を呼んでの講演会を尼崎でやりたかったのだが、残念なことに尼崎には労働福祉会館が閉鎖されて以降、300人~500人規模の集会場がない。地区会館もあるが地域のイベントで埋まっている。そのため市民運動は昨今は武庫之荘のトレピエホールやJR尼崎の小田公民館ホールをよく使うがホールの定員は150人。またトレピエと小田公民館には会議室はあるが数は少なく、定員も30人規模ばかり。
 で、最近よく使われるのが阪神尼崎の中小企業センター。しかしここも1階のホールは椅子を並べると300人はImg007_8191入れるが、あまり市民になじみがないのと、阪神間全体からすると「遠くて不便」だ。先日行われたミナセンの弘川弁護士の講演を軸とする9・19一周年集会も、中小企業センターの80人定員の会場に150人がすし詰めだったようだ。(もっと交通が便利で広い会場なら、もっと多くの人が集まっただろうに)
 で「連続市民講座」も尼崎での講座
は、第3回、第5回を60人規模が入れる尼崎中小企業センターで行うこととなり、木村草太を迎えてのメイン講座は他市での開催となった。毎年秋に行われる「さようなら原発1000人集会」はいたみホールで、ここには各種会議室・和室も揃っている。で、結局尼崎には「人が集まらなくなる」。
 「水は法円の器にそそぐ」という。大きなことをめざすにはやる気・本気度とともに、器も大きくしないと、観る人は主催者のやる気を見抜いてしまい、150人の会場には150人しか集まらないということだ。労働福祉会館には300人~500人の大ホールと、150人の中ホール、そして安価でいつでも使える教室も多数あり、尼崎の市民活動の拠点となってきた。昨年の戦争法反対情勢に労館があったなら、大ホールを使っての集会をさまざまな団体が何度も催したであろうと思うにつけ、労館廃止は市民運動・社会運動の後退に、大きく「寄与」したことは間違いない。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

 

2016年9月22日 (木)

もんじゅは廃炉へ 日本の原子力政策の出口が塞がれた~産経新聞が敗北宣言

もんじゅ廃炉方針 地元は困惑

2016/9/22(木) 1:28掲載    

    

もんじゅ廃炉方針 「30年協力してきたのに」地元・敦賀は困惑

 政府が21日、原子力関係閣僚会議を開き、高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)について「廃炉を含め抜本的な見直し」を表明したことについて、地元からは不信や困惑の声が上がった。(産経新聞)

[記事全文]  

産経新聞=自民党機関紙の敗北総括記事

1兆円超が投じられながら、「無用の長物」と酷評されてきたもんじゅ。なぜ20年以上も成果が出なかったのか。

 〈エネルギー事情 様変わり〉〈資源小国・日本に魅力〉。平成6年4月5日に初臨界を果たした際、新聞各紙には華やかな見出しが躍った。もんじゅの設計研究に携わった福井大付属国際原子力工学研究所の竹田敏一特任教授は、「日本独自の技術で高速炉をつくるという大きな夢と誇りがあった」と振り返る。

 ■ナトリウム漏れ

 もんじゅへの期待が崩れたのは、7年12月に起きたナトリウム漏れ事故だ。高速炉に使われるナトリウムは熱の伝導効率が高く、核分裂反応を活発に保つという利点がある。ただ空気や水と触れると激しく反応し、事故では火災が生じた。

 事故現場を撮影したビデオには、どろどろになったナトリウムが写っていたが、公開されたビデオではその場面を意図的に隠して発表。大きな批判を浴び、記者会見で矢面に立たされた責任者が自殺に追い込まれた。

 当時の関係者は「高度な技術を外部に漏らさない情報管理意識が強かった」と話す。

 ■組織ずさん体質

 もんじゅを担った動力炉・核燃料開発事業団は、後に核燃料サイクル開発機構、日本原子力研究開発機構と転々とし、組織として足元が定まらないまま、もんじゅの停止が続いた。

 24年に延べ約1万件の機器の点検漏れが発覚したことで、組織のずさんな体質が再び問題となる。原子力規制委員会は翌年、「こういう組織の存続を許していること自体が本当に問題だ」として、運転再開停止命令を出した。27年には機器の重要度分類が誤っているという初歩的なミスも判明。監視カメラ180基のうち約3分の1を故障したまま放置していた問題も出た。

 高速炉に染みついた組織の悪弊を断ち切れず、迷走に次ぐ迷走を招いた。「何度も議論してきたが、一向に問題の解決が達成されない」(田中俊一委員長)。そう判断した規制委の昨年11月の「抜本的見直し勧告」が、政府内に廃炉論の空気を醸成させた。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

臨時国会でのTPP批准を許すな!~関実ブログより

臨時国会でのTPP批准を許すな!

 安倍は、この臨時国会で焦点となると思われていた「共謀罪」を先日、先送りすると発表した。そうすると、もう一つの焦点とされていたTPPの国会批准と関連法をこの臨時国会でなにがなんでも通そうとしているのだという意思表示ではないのか。こう思ったのは、私ひとりではないだろう。

 臨時国会は、926日から始まり、まず補正予算の審議が10月第3週の頭までであろうと言われている。それでは、TPPの批准と関連法案の審議の特別委員会は、その第3週の後半から衆議院の審議が始まり、関連法案の参議院の審議を11月末(国会期日が延長されても、せいぜい12月初旬までと言われている)に終えるためには、衆議院の審議が10月末から11月初旬までとなる。批准の方は条約と同じで参議院の審議が必要なく、衆議院の採決があれば30日で自動成立する。

 先の通常国会で、関連資料が黒塗りででてきて、国会審議ができないと批判を受け、まともな論議がされないまま今回の臨時国会に送られてきているが、安倍政権は、参議院選挙の「大勝」を受け、まともな審議を行うことなく、黒塗りの資料のまま(つまり内容を隠したまま)この臨時国会で強行採決を行い批准しようとしている恐れがある。アメリカの大統領選挙で「TPP反対」が両候補の争点隠しとして行われているだけに、安倍の「イニシャティブ」志向によって強行される恐れがある。この2年といわれる期限までにアメリカの批准が行われなくとも、その大枠は日米のFTAとしていかされる恐れがあるという指摘があり、安倍、甘利の批准への衝動は非常に強いと思われる。

 私たちの国の枠組みが壊されるといわれる、多くのこの国に住む人々のくらしと権利を放り出し、多国籍企業、大資本のための枠組みが作られるTPPを批准するということは、絶対にあってはならない。百歩譲っても、少なくともその内容が 国会審議され、この国に住む人々にわかるように明らかにされなければならない。「非常事態条項」を憲法の中に組み込むような事態が、この臨時国会の中で進もうとしているのだということを危機感をもって捉えなければならない。

 しかし、余りにもTPPへの関心は薄く、盛り上がっていない。

 写真の『アメリカも批准できないTPP協定の内容は、こうだった!』Photoは、この9月に緊急出版された、民主党政権の折の農林水産大臣で、菅直人首相(当時)のTPP参加表明で辞任した山田正彦さんの著書です。なかなか読みごたえのある内容です。TPPに関してはそれなりに調べ、関連する文献を読んでいた私ですが、読みながら背筋が寒くなるような想いを何度もしながら読み終えた。

 その中に引用だがこんな一節がある。「ノーベル経済学賞を受賞したコロンビア大学のジョセフ・スティグリッツ教授も“TPPは自由貿易ではない、そうであれば4行で足りるはずで、グローバル企業のロビイストたちが書き上げた世界の富を支配しようとする管理貿易協定だ”と述べている」。(同書257頁)

 TPPについて農業はもちろん医療や医療保険、公共工事の受注、ISD条項などあまりにも多くのことがあり、ここで云々することは控えたいが、一つだけ、少し長いが引用しておこう。

 「日本の原発事故を目のあたりにして、原発推進国だったドイツは20116月、2022年までに国内にある17基の原子力発電を止めて、太陽光や風力発電など再生可能エネルギーに政策を転換すると発表した。/ ところがそれによってスウェーデンの大手電力会社バッテンファル社がこれまでのビジネスとして期待していた利益が損なわれたとして、38億ドル、日本円に換算して約4000億円の損害賠償をISD条項で求めている。 / 今回、日本もTPP協定に署名したことによって、これからの原子力政策を転換するとしたらISD条項によって米国のウェスティングハウス・エレクトリック・カンパニーなどから期待していた利益を失ったとして、莫大な損害賠償を求められる恐れがある」(同書265頁)。

「再稼働反対、全ての原発廃炉などとんでもないよ」ということなのだ。どうする?

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

10・8さようなら原発1000人集会までの当面のスケジュール

9月24日(土)は宝塚で松元ヒロの痛快ライブ

9月25日(日)は、尼崎藻川中園橋南で、水辺まつり

10月1日(土)は、塚口南地域学習館で、公害学習会

そして10月8日(土)は、いたみホール1000人集会

922日(木・休) 神田香織講演 15時~ 茨木市福祉文化会館(オークシアター)5F文化ホール(阪急「茨木市」西7分)

922日(木・休) 灘憲法サロン 松尾匡(立命館大教授)講演会~安倍内閣に勝てる経済政策  14時 灘Img004_8215勤労会館(JR「六甲道」南すぐ)

          △922日(木・休) あの日福島で何を考え、どう行動したか?~母子避難5年間の思い~ 14時 宝塚男女共同参画センター・エル(阪急「宝塚」繋がりソリオ2階)

         △922日(木・休)さようなら原発・さようなら戦争大集会 12時 東京・代々木公園B地区

         ※924日(土) 松本ヒロ講演 宝塚市 14時 宝塚市・ソリオホール(阪急「宝塚」繋がり2分)     

 

          923日(金) 共謀罪反対集会 18時 大阪弁護士会館10階(地下鉄「淀屋橋」北東7分)

924日(土) ヘイトスピーチ・ヘイト犯罪に、自治体・議員・市民はどう立ち向かうべきか  14時 東成区民センター(地下鉄「今里」西へ2分)

925日(日) 桜井周 市政報告会 10時 いたみホール中ホール 

925日(日) 戦争の記憶・大阪空襲 14時 能勢町・浄るりシアター(能勢町役場隣) 講演:大前修弁護士

925日(日) 相模原事件アピール行動 16時 神戸・三宮マルイ前

925日(日) 連続講座 東北アジアの平和をつくる~「中国・朝鮮脅威論」に答える!
講師:康 宗憲(カン・ジョンホン)
1回 朝鮮半島の平和と統一 13時半 神戸・勤労会館
2回 1126日(土) 新長田勤労市民センター 以降隔月6回

925日(日) 猪名川・藻川水辺祭り 9時 園田・中園橋周辺

926()  国会開会日闘争 ヨドバシ前街宣 反TPP

930日(金) 「障害」の今とこれから 18時半 エル・おおさか 主催:反貧困ネットワーク

101日(土) 尼崎の公害を学ぶ② 13時半 塚口南地域学習館(阪急「塚口」南5分)
講師:辻川敦(尼崎地域資料館館長)Img0038111

101日(土) 阪神センター10月交流意見交換会 16時 阪神センター事務所

         101日(土) リニア学習会 14時 難波学習センター(OCATビル4階)

         △101日(土) もんじゅもImg007_8191原発もいらない! 関西集会 1240分 エルシアター
井戸謙一 雨宮処凛 小林圭二 中嶌哲演 服部良一

         ◎102日(日) 元自衛官が語る戦争と平和 14時 川西中央公民館(能勢電「滝山」南西7分) 講演:泥憲和

         ◎106日(木) 戦争あかん!ロックアクション 18時半 中之島公園水上ステージ

         □107日(金) 全港湾大阪支部40周年記念大会 

         ●△108日(土) 第6回さようなら原発1000人集会 13時半~ いたみホール 
福島事故は終わらない 帰還政策は何のため?
講演:海渡雄一弁護士  報告:うのさえこ 特別ゲスト:福島みずほ

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

9月24日、今度の土曜日、反ヘイト集会へ!

0924 12651333_712617962208693_8087176709






 
反ヘイト集会が今週土曜日午後2時、下記のとおり行われる。ネットで紹介させていただいたところ、数名の方から参加申し込みをいただいたが、まだ席に余裕があるので、ぜひどうぞ!



 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

市民デモHYOGOは、TPP批准に反対します 10・19は勤労会館で集会

TPP問題に取り組もう!

市民デモHYOGOでは、いのちと暮らしを脅かす様々な問題をとりあげ、基本的人権の尊重をうたう現行憲法を生かす取り組みを進めることを確認しました。そして今、私たちのいのちと暮らしを根底から脅かす条約が、内容も知らされないまま国会で強引に批准されようとしています。それがTPP(環太平洋パートナーシップ協定)です。

TPPは、一言でいえば、「大企業と富裕層が、さらなる富を得るための国際ルール」です。自由貿易協定と誤解されやすいですが、アメリカの著名な経済学者スティグリッツ氏は、「自由貿易ならば3ページで済む。(協定書が6500ページにもなるのは)TPPが、特定集団のために管理された悪い貿易協定だからだ」と言っているように、大企業と富裕層のために管理された協定です。しかも、貿易の協定は6分の1で、残りは各国の法律や規制を大企業や富裕層に都合のいいように変える内容です。

 TPPによって具体的には何が変わるのでしょうか?例えば、

1 ISDS条項によって、外国企業が日本国内の規制のため損害を受けたときに仲裁申し立てを行い、日本政府から損害賠償を取るようになります。その結果、弱者救済のための規制はどんどん撤廃されるでしょう。

2 肉の国産表示ができなくなったり、遺伝子組み換え表示が骨抜きになり、食の安全が保てなくなります。

3 農林水産業の関税はどんどん下がり、補助制度がなくなることで壊滅的な打撃を受けます。

4 医薬品の特許期間が延長され、安い薬が手に入りにくくなります。

5 保険制度がやり玉にあがり、国民皆保険制度が内側から壊されていきます。

6 地元企業からの調達など地方自治体の地域振興策がやり玉にあがり後退します。

7 自由化・規制緩和をすすめるため、働く人の労働条件や権利は後退します。

 

政府与党は11月上旬までに衆議院で批准すると言っていますが、協定の内容や問題点が市民に知らされてないことは大問題です。早急に取り組む必要があります。しかし悲観することはありません。TPPは、日米両国が批准しなければ発効しません。まだ打つ手はあります。まず市民デモHYOGOとして専門家を呼んで学習会を行い、国会情勢に注目していきましょう。

1019日(水)の夜間に学習討論会を開催します。講師をAMネット(グローバル化の影の部分に目を向け、持続可能な社会を目指し 政策提言などを行っている大阪の団体)に依頼します。18時半から開催し、講演と質疑で90分、残りの60分で市民デモHYOGOの取り組みなどの討論の時間にあてます。会場は神戸市勤労会館です。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月21日 (水)

9・19集会での「これからのネットワークについて」の提案 全文再録

 9・19集会は、2つの講演・各発言の素晴らしさ、ホールをあふれた参加者数(222人)、元気なデモ、実り豊かな交流会と、それぞれの成功もさることながら、高橋さんから提案された「これからのネットワークについて」が、異なる意見を持つ人々が1年間の活動を通じ、新たな闘いにむけた内容を形成し、文章として発表されたことが画期的であるといえる。改めてこの内容を、参加団体・個々人が深めながら、「この国に民主主義を実現し」「沖縄への暴虐を許さず」「こわすな憲法!いのちと暮らし!」をかかげて、HYOGOの各地に市民デモを作りだしていこう。

これからの市民ネットワークについて

(ネットワークの到達点と現情勢)

1 アベ政治を許さない市民デモKOBEは、2015718日、澤地久枝さん呼びかけのポスター掲示行動に神戸で350人の市民が集まったことをきっかけに結成されました。その後戦争法反対のデモ(多い時で1000人)を主催し、賛同団体も32団体に増えました。戦争法強行採決後もネットワークは継続し、戦争法の廃止を求めて毎月19日のデモ行進や神戸マルイ前で週5日の2000万人署名活動に取り組みました。署名は1万筆を越え、ほかの地域の取り組みを励ましました。6月19日の堤未果講演会の実行委員会をよびかけ、実行委員として1060人の講演会を実現しました。そしてこのネットワークとしてではないですが、参加する市民が参議院選挙において、市民と野党の共同選挙に取り組みました。

 

2 参議院選挙の結果、戦争法廃止を国会で決議する可能性は低くなりましたが、今後の衆議院議員選挙の結果によってはまだ可能性が残されています。政府は、南スーダンPKOに派遣されている自衛隊の武器使用基準を拡大し、駆けつけ警護も可能にしようとしていますが、他国の軍隊と一体となって武装勢力に対峙するのは、武力行使そのものであり、憲法違反です。自衛隊員が殺し殺される事態を招くとともに、紛争の解決になりません。一刻も早く撤退するべきです。また、沖縄辺野古の新基地建設や高江のオスプレイ基地建設も、米軍とともに自衛隊が世界の紛争に介入する体制を作るものです。以上のような戦争法の具体化にこれからも反対しましょう。

 

3 また、参議院選挙の結果、改憲を志向する政党が3分の2を占めるようになりました。自民党は、当面は改憲論議に野党も参加させるために「お試し改憲」などといって他党が合意しやすい内容から改憲を始めようとしていますが、4年前に決定した自民党改憲草案を実現する機会を狙っています。自民党改憲草案は、市民が国家権力を縛るという立憲政治の基本を覆します。「個人の尊重」を変質させ、自由や権利を公益の許す範囲にとどめようとします。9条を変えて戦争ができる国つくりを進めます。さらに最近になって、災害対策を口実に憲法に「緊急事態条項」を盛り込んで、行政府に立法権を与えることすら考えています。「自民党改憲草案反対!」「国会議員は憲法改正を発議するな!」の声を上げていきましょう。

 

4 私たちは今、いのちと暮らしを脅かすさまざまな問題に直面しています。地震大国日本を滅亡させるかもしれない原発再稼働や、いのちと暮らしを守る様々な規制をグローバル企業が金儲けしやすいように取り払ってしまうTPP批准.格差を拡大し貧困を進ませる、労働・教育・保育・福祉・医療などの改悪。その解決が改憲などではなく、基本的人権の尊重をうたう現行憲法を生かす取り組みであることを広くアピールしていく必要があります。地域のすみずみから、「改憲反対!いのちと暮らしを守ろう!」の声を上げていきましょう。

 

(これからのネットワークの方向)

1 まず、目標を何に置くかです。これまで目標に掲げていた「戦争法廃止」に加えて、「改憲国民投票をさせない」「改憲国民投票にそなえる」の3点にしたいと思います。

 

2 取り組み方については、これまで大切にしてきた下記の点をこれからも大切にしていきたいと考えています。

「アベ政治を許さないという言葉に体現されている、現政権の民意無視の暴走を止めたいという思い」「マルイ前署名活動や月1回のデモのように、1団体ではできないがネットワークなら取り組めることをする。」

「それぞれの団体の取り組みを発信しあうことでより大きな取り組みに発展する」

「各団体個人が参加可能なときに参加するという緩やかなネットワークを維持。」

 

3 取り組みのテーマについては、参加団体からの要請に基づき、学習を積み重ねる中で戦争法、改憲問題や「いのちとくらしに関わる」テーマに取り組んでいきます。月1回の19日行動をはじめ、さまざまな取り組みをおこないます。

 

4 名称については、この間の議論の結果、下記の3つの案が選ばれました。最終的には本日の集会で参加者の投票によって決めます。

 

  守ろう!憲法・いのち・暮らし 市民デモHYOGO

  あかんで改憲!いのちと暮らし!市民デモHYOGO

  こわすな憲法!いのちと暮らし!市民デモHYOGO

 

5 ネットワークの運営方法について

  決定過程の透明化という点からも1年ごとにネットワークの在り方を見直すのが望ましいので、1年ごとに総会的な集まりをもって見直していく。

  月1回の世話人会議を開催して取り組みを決める。世話人は選挙で選ぶのではなく各人の自発的な意思で参加してもらう。

 世話人会議の持ち方については今後議論していくが第1回を104日(火)午後6時半からとする。場所 神戸市勤労会館305

  財政の確立が大切なので、年会費制度をとる。経済的に困難な方(団体)のことも考えて、

11000円とし、団体にはできるだけ複数口をお願いする。財政担当を決める。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

安倍政権と対立するアキヒト天皇の言動~しかし天皇メッセージの意図は天皇制の維持

 安倍政権の立憲主義を無視した暴走に対して、アキヒト天皇が「不快感」を示しているという「噂」は、各種の週刊誌などに散見する。先週号の『アエラ』には、安倍の戦争法にはっきりと反対を表明した歴史作家・歴史学者である、半藤一利、保坂正康、加藤陽子(東大教授)が、天皇と直接会い「質問に答える」ことを行っていると、出ている。特に保坂正康は少年時代の父親が関東大震災時、被災した朝鮮人をかばう言辞をおこなっため陸軍兵に銃床で頭を殴打され耳が聞こえなくなったことを書物にも記載し、戦時下・戒厳令下の軍隊がいかに無法な集団であるかの生き証人でもある。この作家がアキヒト天皇と歴史談義を行っているのである。
 他方で安倍の側近である日本会議系の「文化人」たちは、アキヒト天皇の希望である「生前退位」も「女性宮家・女性天皇」も認めない安倍路線を応援してはばからない。彼らは戦前軍部のように、天皇を元首にして自らの政治的行動の背景にしようとしており、これにアキヒト天皇が忌避感を示していることも明らかだ。
 生前退位のメッセージはこういうコンテキストの中から発生している。
 このことを踏まえたうえで、また80%の国民がアキヒト天皇の言動に賛意を示していることを踏まえたうえで、なおかつわれわれは、天皇制の廃絶こそが 天皇一族にとっても最も人間的な生き方・選択肢であることを表明し、その上で今回のメッセージの持つ意味考えてみたい。時どき引用する『未来』紙(207号)に、このことに対する見解が出ているので、紹介する。

焦点
象徴天皇制は「国民の総意」か
ビデオメッセージが投げかけたもの
~『未来』207号

憲法違反のメッセージ

8月8日、宮内庁は天皇アキヒトのビデオメッセージを公表し、各テレビ局によって一斉に放送された。約11分間のビデオでアキヒトは、「生前退位」への希望を明確にした。現行の皇室典範では、天皇の「生前退位」にかんする規定はない。1889年(明治22年)に裁定された旧皇室典範では、天皇の地位は終身であることが前提とされており、それが現在も引き継がれている。天皇の生前退位を認めるためには、皇室典範という法律の改正が必要となる。
憲法第4条では、「天皇は、この憲法の定める国事に関する行為のみを行ひ、国政に関する権能を有しない」と規定している。今度のように天皇が「生前退位の希望」をテレビ放送を通じて「直接国民に訴える」という行為は、法改正を求める政治行為にあたり、明らかな憲法違反である。
8月8日のアキヒトのビデオメッセージでは、「生前退位」という言葉は使われていない。そこは憲法の規定に抵触しないよう「慎重を期した」ということもできよう。しかしながら、7月13日、NHKニュース7が「天皇が近々『生前退位』の意向を示す」と報道し、十分に世論の注目を集めた上でなされた放送であることを考えれば、このような策を弄することによって憲法違反の事実を免れることはできない。

「国民の総意」とは

さて、アキヒトのビデオメッセージが投げかけた重要な問題は他にもある。このメッセージで際立っていたのは「象徴」という言葉が8回も使われていたことだ。アキヒトは「象徴としての天皇の務め」を果すために「生前退位」が必要であると訴えたのである。これを受けて、議論が「象徴の務めとは何か」という方向へと流されているが、そこでは、天皇が「日本国の象徴であり、国民統合の象徴」であるということについて何の疑問も呈されていない。
憲法第1条では、天皇を「日本国の象徴であり、国民統合の象徴」であるとし、「この地位は、主権の存する日本国民の総意に基く」と規定している。問題はここでいう「国民の総意」が、いつ、どのような経緯で形成されたのかということだ。
明治憲法では天皇は国家元首であり、統治権を一手に掌握していた。戦前の日本は天皇主権国家だった。1945年の敗戦にいたるまで、日本は天皇の権限によって諸外国にたいして戦争をおこなってきたのだ。戦後開かれた極東軍事裁判においては、天皇の戦争責任の追及が当然予想されていた。このときまさに天皇制は存続の危機にあったといってよいが、それでは当時の日本国民の中から天皇の訴追に反対し、天皇制の存続を求める広範な声が上がったのか。そのような事実はない。
憲法学者の奥平康弘は「僕は、連合国側が天皇制廃止を選択していたら、日本人は案外すんなりとそれを受け入れたに違いないと思う。そして戦後の日本は『天皇制をもたない新しい日本国』として、十分に成立したはずです」と述べている。(注1)しかし、そうはならなかった。
このとき天皇制存続のために重要な役割を果したのは、連合国軍最高司令官・マッカーサーと昭和天皇ヒロヒトの2人であった。

天皇とマッカーサー

マッカーサーは、46年1月25日、アイゼンハワー陸軍参謀総長に宛てた書簡で「天皇を起訴すれば、間違いなく日本人の間に激しい動揺を起こすであろうし、その反響は計り知れない。占領軍の大幅な増大が必要となり、最小限100万の軍隊が必要となろう」と書き送っている。マッカーサーは、日本占領を安定して進めるためには天皇の訴追だけは絶対に避けなければならないと考えていた。
46年1月1日、ヒロヒトは天皇の神格化を否定する「人間宣言」をおこなった。連合国にたいして、「今後一切、現人神・天皇のもとに数百万の軍隊を動員することはしない」と宣誓したのである。「人間宣言」の草案は実は英文だった。「人間宣言」はマッカーサーの意向に従ったものだったのだ。(注2)
次いでマッカーサーは、ソ連や中国を含む、極東委員会の第1回会議が予定されていた2月26日までに、①天皇制の存続、②戦争の放棄、③封建制度の廃止を3原則とする憲法改正の手続きを開始するために、GHQ民政局に憲法改正案の作成を指示した。極東委員会とは日本の占領政策の最高決定機関であり、ソ連や中国(中華民国)を含む11カ国が参加していた。極東委員会が発足すれば、ソ連、中国、イギリスなどが天皇制の存続に反対することは明らかであった。
民政局は2月3日のマッカーサーの指示からわずか9日間で憲法改正案を起草し、13日には日本政府に手交した。日本政府は22日、GHQ案の事実上の受け入れを閣議決定した。このとき翻訳されていたのは、第1章と第2章だけであった。(注3)
GHQ案の憲法第1条は、現行憲法第1条とほとんど同じである。このような新憲法の制定過程は、象徴天皇制が「国民の総意に基づく」ものではなく、マッカーサーによって「押しつけられた」ものであったことを明らかにしている。

「天皇外交」

こうしたマッカーサーの意向を当時の日本人の中で積極的に受け入れた人物が、ほかならぬ天皇ヒロヒトだったのである。ヒロヒトとマッカーサーは、45年9月27日の第1回会見を皮切りに、51年4月にマッカーサーが解任されるまで、11回にわたって会見をおこなっている。46年10月16日の第3回会見では、ヒロヒトが「戦争放棄によって日本が危険にさらされる」と危惧を表明したのにたいし、マッカーサーがこれを諭している。しかしヒロヒトの不安はこれで収まらず、翌47年9月には、沖縄における米軍の占領が「25年から50年、あるいはそれ以上にわたる長期の貸与というフィクション」のもとで継続されることを望むという「沖縄メッセージ」をマッカーサーに送った。
さらに注目すべきは、サンフランシスコ平和条約と旧日米安保条約の締結にいたる過程でのヒロヒトの言動である。
米側が平和条約締結にあたってもっとも懸念していたのは、占領終了後も「われわれが望むだけの軍隊を望む場所に望む期間だけ駐留させる権利を獲得できるだろうか」(国務長官ダレス)ということであった。
これにたいして当時の首相・吉田茂は国会で「私は軍事基地は貸したくないと考えている」「単独講和の餌に軍事基地を提供したというようなことは、事実毛頭ございません」と明言していた。ところが天皇はダレスにたいして送った文書メッセージで、このような吉田の態度を批判し、「日本側からの自発的なオファ(提案)」というかたちをとれば米側の懸念も解消できると書き送ったのである。
51年9月8日、平和条約と同時に締結された旧安保条約では「日本国は、その防衛のための暫定措置として、日本国にたいする武力攻撃を阻止するため日本国内及びその附近にアメリカ合衆国がその軍隊を維持することを希望する」となっている。「日本国の希望」で米軍の無制限の駐留を認めたのだ。これはヒロヒトの意向と100%合致するものであった。

天皇制の存否を問う

このように憲法の規定をないがしろにする「天皇外交」にヒロヒトを駆り立てたものは何であったのか。政治学者の豊下楢彦はそれを「米軍による『国体護持』という安保体制を確立するため」(注4)であったと分析している。
米軍の占領政策に積極的に協力し、戦争責任を免れ、日米安保体制という米軍による「日本占領」の永続化によって守られてきたのが天皇である。日本の侵略戦争にたいする責任を不問に付すこうした政治システムが、東アジア諸国人民との間で未だに深い溝を残す原因となっている。また沖縄人民にたいして耐え難い苦痛を現在も強制し続けている。
このような天皇をいつまで「日本国の象徴」「日本国民統合の象徴」として押し戴きつづけるのか。天皇のビデオメッセージをめぐって問われなければならないのは、「生前退位」の是非ではない。アキヒトを最後の天皇とするのかどうか、すなわち天皇制の存続の是非である。日本人民の主体的な選択が問われている。
   (汐崎恭介) 

(注1)奥平康弘・木村草太『未完の憲法』(潮出版社2014年)
(注2)矢部宏治『日本はなぜ、「基地」と「原発」を止められないのか』(集英社インターナショナル2014年)
(注3)古関彰一『日本国憲法の誕生』(岩波現代文庫2009年)
(注4)豊下楢彦『昭和天皇・マッカーサー会見』(岩波現代文庫2008年)

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

裁判所は国家の暴力装置の一環か~9・16沖縄判決の示したもの

2016年9月18日 (日)

沖縄の裁判

News & Letters/519  元東洋町長・澤澤山氏の保太郎ブログより

マルクス主義の国家論からすれば、国家は公共性を被った暴力装置である。
その暴力装置は、軍隊であり、警察であり、行政機関・・・・、監獄、そして裁判所だ。
裁判所は、三権分立で独立した法の番人であり裁判官は憲法と己の良心にのみに拘束されて
自由な判断を下すもの、という建前になっている。
普段は、そのような公正中立、公共への奉仕という仮面が、本当のようにふるまう。
裁判も時々そんな感じでいい判決が出るときもある。裁判官も漫画「家裁の人」のような立派な人がいるということは確かだ。

福井地裁や大津地裁の原発裁判の裁判官も健在だ。
しかし、場面が違えば、裁判所も国家権力の暴力装置であることの馬脚を現してくる。
私が知る限りその場面はおよそ3つある。沖縄であり、部落(狭山事件)であり、そして住民行政訴訟だ。

今回の福岡高裁那覇支部の裁判長の下した判決は、憲法に照らしてとか、法令に適合するかとかいう判断基準をかなぐり捨てて支配権力の政策の支持をあからさまに表明し、裁判所本来の国家の暴力性の発動の結果であった。

日米安保体制での日本における軍事基地は憲法(9条 外国兵を代替的に武装させ戦争行為をさせる)に適合するのか、その軍事基地の大半を沖縄に偏在させることの憲法(第14条など)上の正当性はあるのか、今回の辺野古への移転は環境等の法令・規則に適合しているのか、手続きは適法(前の知事の認可の取り消しが有効)か等が裁判官の判断の基準でなければならない。我々は何も裁判官に、歴代内閣の安保政策への支持表明を期待したわけではないし、普天間と辺野古の比較をしてくれといっているのではない。

今回の判決文の要旨を見ても、憲法第76条3項に定められた裁判官の姿、良心と、憲法と法律にだけ拘束される独立の存在という規定を完全に踏みにじっている。憲法違反の判決というべきである。

最高裁は今回の裁判に備えて、あらかじめ裁判官の入れ替えをやり、最高裁のエリートを今回の裁判に派遣したといわれる。
もはや司法は、日米政府の走狗になって、国辱裁判を恬として恥じない。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月20日 (火)

戦争法強行採決から1年 新たなネットワーク「こわすな憲法!いのちと暮らし!市民デモHYOGO」が220人で集会とデモ

  昨年の戦争法強行採決から1年目の9月19日、神戸の私学会館で、同志社大教授の岡野八代さんと、沖縄から建築家の真喜志好一さんを迎えての集会とデモが行われた。会場の私学会館大ホールは200の席が満杯となる盛況で、3時間の集会と、三宮までのデモ行進をやり切った。
 集会は前半が、西洋思想史とジェンダーを専門とする岡野さんの講演。岡野さんは「この国に民主主義を実現するために」と題して、自民党改憲案とアベ政治がいかにこの国の民主主義を壊しているか、立憲主義と縁もゆかりもないものであるかを、1時間の短い中にも判りやすく講演した。Img_20160919_135339_9202_a特に自民党改憲草案が、多々問題がある中でも、とりわけ個人の尊厳を否定し、その上に家族を置くという近代立憲主義と縁もゆかりもないというより、絶対王政時代の思想であることを鋭く指摘した。そして個人の尊厳を日々破壊するこのアベ政治と闘う中に、民主主義を実現していく道があるとしめくくった。
 これをうけて「アベ政治を許さない市民デモKOBE」(37団体)代表の高橋秀典さんから、戦争法反対で立ち上げ、この1年間毎月デモをやってきた運動の総括と、7月参議院選挙をうけ「改憲勢力が3分の2になった」これからどう闘うかの方向を提案した。その中で、この7月・8月とネットワークの中で論議し、憲法改悪攻撃・改憲発議と闘うとともに、平和的生存権=いのちと暮らしを守るために新たなネットワークを作ることが確認され、この日をもって新たな出発とすることが呼びかけられた。また連帯の挨拶を神戸大学平和フォーラムと、安保法制に反対するママと有志の会から受けた。
 後半は、沖縄の建築家の真喜志さんから、95年のSACO合意以降の闘いの経緯と、辺野古・高江の日々の闘いが映像を交えて報告された。特に、SACO合意そのものが米軍基地の縮小ではなく、古くなった「象のオリ」などの米軍基地を整理し、新たに最新鋭の巨大軍事基地を辺野古につくるものであることが、改めて暴露された。また高江のヘリ基地は、北部訓練場を再編しオスプレイ用の新基地をつくるため、不要になった海兵隊の訓練基地を「一部返還」するというもので、縮小でもなんでもない事が暴露された。そして今沖縄では、翁長知事を先頭に、基地のない島をめざして、本土から派遣された機動隊と対峙し、9・16の反動判決に負けず、本格的な闘いに入っていることが確認された。
 これに応えて市民の会の西信夫さん(元ベ平連神戸)から、沖縄に仲間をどんどん派遣するため基金の呼びかけがあった。西さんたちはこの夏以降何度も沖縄に仲間を派遣しており、この行動をさらに広げるために100万円の基金を作り、行きたい人の補助をするという画期的な呼びかけである。また自衛Img_20160919_165403_9201_b隊の南スーダンからの撤兵を求める決議が、2005年の自衛隊イラク派兵いこう伊丹自衛隊基地に毎月申し入れ行動を行っている梶原義行さんから提案された。
 最後に、休憩前に行われた今後のネットワークの名称の投票結果が発表された。参加者220名の投票で、3案の中から、「こわすな憲法!いのちと暮らし!市民デモHYOGO」案が過半数を占め、今後はこの名称で行動していくことが確認された。
 集会後は小雨にけむる神戸市内を、元町から三宮まで200人が元気よくデモ行進を行った。なおこの日に兵庫では、姫路・明石・尼崎・伊丹などで集会や行動が行われ、街頭宣伝も各地で行われ、安倍政権の戦争法強行・憲法改革の動きに多くの人が反対の意志を表明した。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

奈良県生駒の地でも脱原発集会

Dsc_0109  生駒市は人口11万8千人。兵庫で言えば三田市ぐらいの規模だ。奈良県全体でも人口は140万人と、コンパクト。その生駒市の人達が、あの中山千夏さんを呼んで集会をやろうと言う大胆な計画を立て、昨日決Dsc_0113行してしまった。音楽出演を頼まれ、行ってきた。生駒市セイセイホールは なかなか立派な会場で、大ホールは満杯になると270らしい。椅子は少々空席があったが、スタッフが30人以上いたから合わせて300近い人が集まった事になる。あまり知らない人が多かったからきっと地元(生駒並びに奈良県)中心だ。
 中山千夏さんの講演は、国会議員になって参議院での活動~反原発の運動(選挙公約に反原発を掲げる当時としては珍しい人だったようだ)~伊東に住む経過~家族の話など多岐にわたり、水戸巌さん、喜世子さんのお話もあり、充実した内容だったが、軽妙で肩のこらないユーモラスな語りはさすがだ。 
 また、音楽の時間もあり、合計6時間近くの長丁場だったがそれを感じさせない有意義な集会となった。もちろん10・8千人集会のビラも配られた。小都市の人達が成功させた生駒の集いにならい、伊丹も大成功させよう!

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月19日 (月)

9・19強行採決」から1年 安倍政権穂「丁寧な説明をしてきたのか~私学会館集会から三宮までデモ行進

 戦争法の強行採決から、今日でちょうど1年。間に参議院選挙をはさんでの1年だったが、民進党の体たらくをこえた野党と市民の共闘は、きびしい中にも、あらたな希望をしめした .
   この節目の日に、神戸の私学会館では、沖縄の真喜志さんと、同志社大の岡野さんを招き、新たな市民運動のネットワークを作る集会が行われる。
 新たなネットワークの名前はImg003_8251_3、うしろは「市民デモHYOGO」で一致しているのだが、前半は、①守ろう!憲法・いのち・暮らし ②あかんで改憲!いのちと暮らし ③こわすな憲法!いのちと暮らしの3案から投票で決める。これまでの運動の上に、いのちと暮らしを守ろうということは共通するのだが、その前の言葉をめぐって意見が分かれ、民進党の代表選ならぬ、集会参加者の1票投票で決めことになった。
  経過報告と今後の方針案は、論議の末に今に、時点でベストのものとなった。今日の意見や10・19集会の後の討論で最終方針となる。
 岡野さんの講演のタイトルは「この国に民主主義を実現するため」である。だれかがどこかで自分たちの方針を決めるのではなく、その都度その都度方針形成に主体的に取り組む中に、この国の左派・リベラルが再生していく道があると思う。午前中は各地で街頭宣伝行動もある。そして午後の集会で、沖縄現地の報告を聞き、自分たちの運動の方針形成に身をとおき、夕方は元町から三宮までのデモ行進をおこなう
 誰かのブログではないが、9・19一周年を、一番素敵に過ごすのはこの方法と思う。さあ、街頭宣伝に出かけよう。

 

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月18日 (日)

共謀罪創設攻撃にとどめを刺そう  永嶋靖久弁護士(『未来』207号への寄稿)

寄稿 弁護士 永嶋靖久
「テロ等準備罪」も共謀罪
法案の国会提出許すな

2003年初めて国会に提出された共謀罪法案は、以後、広範な市民の反対の声によって2009年までの間に3度にわたって廃案となった。
当時国会に提出された共謀罪法案(旧法案と呼ぶ)は、法定刑が死刑、無期若しくは長期4年以上の懲役あるいは禁錮刑の罪に当たる行為について、「団体の活動として、当該行為を実行するための組織により行われるものの遂行を共謀」することを犯罪として処罰しようとした。その当時で600を越える罪に当たる行為について合意だけで処罰するものであり、市民運動や労働運動、会社組織なども含めてとめどなく処罰対象が広がり、思想処罰と紙一重の現代の治安維持法などと批判された。

批判を恐れる法務省

この共謀罪法案について、朝日新聞は8月26日付朝刊一面トップで「共謀罪 要件変え新設案 『テロ等準備罪』国会に提出検討」と報じた(新法案と呼ぶ)。27日にかけてマスコミは一斉に政府が9月26日召集の臨時国会にテロ対策の一環として法案提出を予定していると報じた。一部与党議員の間には法務省が検討中という法案の資料がすでに流布している。
ところが、政府は新法案の内容を公式には一切発表せず、菅官房長官も26日昼の記者会見で「懸念が根強いことも踏まえて法案の国会への提出は慎重に検討する」と述べるだけだ。法務省は新法案の内容が広く知られて批判にさらされることを恐れている。議論を封じたまま抜打ち的に国会提出して成立させようとしている。
法務省はなぜ批判を恐れているのか。それは名称と要件を変えたと言っても、その実質は新法案も旧法案と何ら変わりがないことを、法務省自身がよく知っているからだ。
法務省がまとめたとされる資料では、新法案を組織犯罪準備罪と呼んでいるが、その要件を次のように整理している。
「(1)対象となる犯罪は限定されている
①『組織的犯罪集団である団体』の活動として行われる犯罪であること
②犯罪の実行のための『組織』により行われる犯罪についての計画であること
③重大な犯罪(懲役・禁固4年以上の刑を科すことができる犯罪)であること
(2)計画は具体的・現実的な計画でなければならない
(3)計画に加えて、計画した犯罪の準備行為が行われることが必要」
そして「今回新たに『団体』を組織的犯罪集団に限定し、(3)の要件を付加」と説明している。
しかし、法務省の説明にしたがっても、「組織的犯罪集団である団体」が限定になっておらず、「犯罪の準備行為が行われること」が新たな要件になっていないなら、旧法案にたいする批判がそのまま新法案に妥当することになる。

「共謀」を「計画」と言い換え

旧法案では「共謀」と表現されていたものが、新法案では「計画」と表現されているが、ただの言い換えだ。「組織」によりおこなわれる犯罪の計画だけを処罰すると言っても、2人以上の間で行為の共謀があるとされれば、そこには行為に向けた「組織」が存在することにされてしまうから、「組織」は何のしばりにもならない。これは旧法案のままだ。
法務省のいう「重大な犯罪(懲役・禁固4年以上の刑を科すことができる犯罪)」も旧法案のままだ。公衆便所の落書き(建造物損壊)や万引き(窃盗)をはじめとして、旧法案当時で600以上、現在では700近くに及ぶ行為の相談に共謀罪が成立することになる。
また、「計画は具体的・現実的な計画でなければならない」というけれど、「漠然とした相談」「意気投合した程度」と「具体的・現実的な計画」は程度の問題だ。前者と後者をはっきりと区別することなど不可能だ。さらに、法務省自身が、旧法案当時、目くばせでも十分共謀が成立する場合があると国会で答弁している。

「組織犯罪者集団」とは

新しい要件という「組織的犯罪集団である団体」は何かの限定になっているか。「組織的犯罪集団」とは、その結合関係の基礎としての共同の目的が死刑若しくは無期若しくは長期4年以上の懲役若しくは禁固の刑が定められている罪等を実行することにある団体だ。
目的が4年以上の懲役・禁固の罪は前記のとおり600を越える。
そして、これらの行為を共謀すれば、その計画によって「その罪を実行することになる団体」が成立したと解することが可能だ。つまり、「組織的犯罪集団」も「団体」の言い換えにすぎないのだ。
では「犯罪の準備行為が行われること」は新たな要件として意味があるか。新法案でも犯罪は共謀それじたいによって成立している。準備行為は犯罪成立後の処罰の条件にすぎない。準備行為について共犯者同士の合意はいらないし、ほかの共謀者が知らなくても誰か一人が準備行為とみなされる行為をするだけで処罰できる。
朝日新聞が新法案を「組織的犯罪集団に係る実行準備行為を伴う犯罪遂行の計画罪」と報じて「組織的犯罪集団に係る犯罪の実行準備罪」と表現していないのはその意味だ。準備行為は犯罪の構成要件ではなく、だからこそ新法案も「計画(共謀)」罪であり、新法案を「準備罪」と呼ばせることは法務省のミスリードだ。また、何をもって準備行為とするかについて,何の限定もない。当該犯罪が現実に実行される可能性が高まったと捜査機関が認めれば足りる。
結局、旧法案も新法案も法律的にはその内容に変わりはない。新法案も名前を変えた共謀罪だ。新法案は、旧法案と同じように公衆便所の落書きの相談、万引きの相談、キセル乗車の相談等々をテロ対策として処罰する。反原発抗議行動の相談、新基地建設阻止の相談等々、広範な市民運動、労働運動をテロ対策として処罰する。

共謀罪は治安法制の要

治安維持法は国体の変革と私有財産の否認の思想を処罰した。では共謀罪はどのような思想を処罰するのか。共謀罪が処罰するのは「思想」ですらない。処罰されるのは「危険な相談」だ。いや、相談が危険なのだ。
今では、旧法案の国会提出当時にはなかった、大改悪された盗聴法や司法取引制度がある。与党は改憲発議可能の議席を手にして、この秋から改憲に向けて動き出す。共謀罪が成立すれば、改憲反対運動の弾圧に猛威をふるうだろう。
さらに、共謀罪は、単なる弾圧のひとつの装置や政策にとどまらない、恐怖と不安を基軸とする国民統合と治安法制の要となるかもしれない。戦争に向かう社会に投げ入れられた共謀罪は、人々の政治的自由や団結を抑圧することによってだけではなく、あるいはそれ以上に、張り巡らされた監視システムのもと、コミュニケーションの監視・分断・抑圧をもたらすものとして人と人との関係そのものに働きかけることで、社会のありかたを変え、そして社会をさらに大きく戦争へと進めてしまうかもしれない。
共謀罪新法案を国会に提出させてはならない。新法案の国会提出を狙う法務省と与党に抗議の集中を。

 

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

辺野古訴訟、国側勝訴を弾劾!~闘うあるみさんのブログより

辺野古訴訟、国側勝訴を弾劾!

 沖縄県が辺野古埋立許可を「瑕疵がある」として取り下げたことは違法だとして、国が沖縄県を訴えた裁判の判決が、昨日あった。予想どおりの「反動判決」である。沖縄タイムスより…
裁判長「普天間の被害除去には辺野古しかない」 辺野古訴訟、県は上告へ
 沖縄県名護市辺野古の新基地建設を巡り、石井啓一国土交通相が翁長雄志知事を訴えた「辺野古違法確認訴訟」で福岡高裁那覇支部(多見谷寿郎裁判長)は16日、国側の請求を全面的に認め、県側敗訴の判決を言い渡した。多見谷裁判長は「普天間飛行場の騒音被害を除去するには、辺野古に新基地を建設するしかない」と指摘。翁長知事が下した辺野古の埋め立て承認取り消しの違法性を認め、国の是正指示に従わず違法に放置していると認定した。
 在沖海兵隊の地理的優位性や抑止力などを理由に埋め立ての必要性を認めるなど、国の主張に沿った内容であり、県民の反発が高まるのは必至だ。
 辺野古の埋め立て承認や取り消しを巡り、司法判断が下るのは初めて。県側は判決を不服として、23日までに最高裁へ上告する方針で、年度内にも判決が確定する。 訴訟では知事が取り消し権を行使できる裁量や、国が都道府県の事務に介入できる範囲が争点となった。
 判決は承認取り消しについて「処分の違法性を判断するには、仲井真弘多前知事の承認処分を審査する必要がある」と指摘。「前知事の判断に瑕疵(かし)はない」とし、翁長知事の取り消しは裁量を逸脱しているとした。 国交相の是正指示は「都道府県の法定受託事務の処理が違法であれば、指示が許可される」と述べ、適法と判断した。多見谷裁判長は、埋め立て承認の要件を定めた公有水面埋立法に、国防・外交に関わる事項も含まれると指摘。知事の審査権が及ぶとしながらも、「国が説明する国防・外交の必要性について、具体的に不合理な点がない限り、県は尊重するべきだ」と強調した。
 辺野古埋め立てによる新基地建設については「沖縄県の負担軽減に資する」と国側の主張を採用。沖縄の民意について「建設反対の民意に沿わないとしても、普天間飛行場などの負担の軽減を求める民意に反するとはいえない」とした。
 その上で「新基地建設は県民の民意に反し、地域振興の阻害となる」とする県側の主張を退けた。
 飛行場の騒音被害は「深刻な状況」と認定する一方、新基地建設をやめた場合は被害が続くと警告した。
「沖縄の声なぜ聞かない」判決受け集会
 名護市辺野古の新基地建設に反対する「オール沖縄会議」は16日、辺野古違法確認訴訟の判決を受けた集会を裁判所前の城岳公園で開き、参加した1500人(主催者発表)が「不当判決や政府、権力に屈せず新基地を阻止しよう」と翁長雄志知事を支え続けることを確認した。21日も午後6時半から県庁前県民広場で抗議集会を開く。 共同代表の高里鈴代氏は「不当判決に怒りを持って集会を開く」と呼び掛けた。登壇した県選出野党国会議員や市民団体の代表者からは「司法は沖縄の声を聞かない国と同じなのか」「民主主義の重要さを国内外に訴えよう」などの声が上がり、シュプレヒコールで辺野古阻止の継続を確認し合った。

 まったく、国側の「これまでの主張」を一方的に繰り返すだけの、醜い、そして内容の無い判決である。また県側が用意した代理人への尋問を一切していない、一方的なものだ。
 また本来であれば、県側が「埋立承認に瑕疵があったので、それを取り下げた」と主張しているわけだから、国側は「瑕疵はなかった」ということが争点にならないといけないハズだ。それがすっぽり抜けている。

 果たして国側は「瑕疵がなかった」ということを証明できたのであろうか…まぁ、出来る訳ないだろう。2013年の末に、当時の仲井間知事と東京で「密談」して決めた埋立承認だからな。

 もっともこの反動判決が出ることは大いに予想された。なにぶん裁判を担当した多見谷裁判官は、三里塚の市東さん農地取り上げ裁判 で「大活躍」したヤツである。そんなヤツがわざわざ沖縄に派遣されて、「国策」と闘っている沖縄を相手に判決を出したのだから、ある意味「当然の判決」とも言えよう。

 県側はさっそく上告し、最高裁で争われることになる・・・しかし、安保に関して法的判断をこれまで放棄してきた最高裁で、この判決がひっくり返るとはとても思えない。上告は棄却され、判決は確定するだろう。その間数ヶ月、辺野古の工事が止まるものの、確定判決後(いや、国の高江でのやり方を見ていたら、判決がでないうちから)工事を再開してくるに違いない。

 ただし、沖縄県側も「あらゆる手」をつかって、…工事のための保安林解除を認めないなど…工事着手できない方法を考えているだろう。また、今高江で闘っている人たちも含め、それ以上の人たちが辺野古にかけつけ(辺野古のほうが行きやすい)、工事の阻止行動をとるであろう。

 問題は「本土」の側である…本土世論が結局「多見谷判決」と同じ(「無関心を決め込む」ことは多見谷判決の論理を認めることになる)であれば、なにも変わらない。折しも選ばれた民進党新代表、蓮舫議員は「辺野古基地建設推進」を掲げている(なぜか対立候補の前原氏、玉木氏は違いをだすためか「辺野古見直し」を掲げていた)…このような野党第一党に頼るわけにはいかない。

 「本土」における沖縄の自己決定権を認めさせるための、「本土の人々」の闘いが求められているのだvirgo

 

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月17日 (土)

民進党代表選と蓮舫代表=野田幹事長体制に思う

 民進党代表選は、事前の予想通り蓮舫の圧勝に終わった。選挙制度そのものが、今回民進党に投票した人は反映できない仕組みのため、候補者はごく少数の議員・党員・サポーターズを意識して、右へ右へとウイングを広げた。蓮舫より右の対抗馬の前原の票は、党員サポーターズの票に比して国会議員票や候補者票が多いことの中に、この党は上に行くほど保守であるといううことが、投票構造でも示されたと言える。つまり7月参議院選挙で現場で奮闘した人々(党員、サポーター、党外の人々)の意向は、今後ますます反映されなくなるのだろうと思わざるを得なかった。
 やんぬるかな、蓮舫代表は幹事長に野田元代表を指名した。せっかく民主党政権時代の外務大臣として沖縄辺野古問題の責任にある人が、野党共闘という再生の道筋を残して退任したというのに、政権喪失の戦犯であり野党共闘に最も遠い人を幹事長に選ぶというセンスは、蓮舫という人そのものが「バリバリの保守」ということなのだろうか。
 それはそれで民進党内部の問題なので仕方ないにしても、野党共闘は野党間の共闘であるとともに、野党と市民との共闘でもあった。一方の軸である市民が機能しないと、野党あわせて260万の票があった東京都において、都知事選で出たのはその半分の130万で、人気の蓮舫が駆けずり回っても小池の半分にも及ばなかったことは、今後の国政選挙をうかがわせることではある。
 野党第一党が「バリバリの保守」を発揮するのか、ここで野党共闘が「野党の2・3・4党の共闘」として奮闘し一定の存在感を示すのかは、この国の政治の大きな分岐となる。
 今しばらくは民進党の行方ではなく、野党共闘の行方を見守りたい。

 

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

9・19兵庫集会講師の岡野八代さんはこんな人

岡野八代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

岡野 八代(おかの やよ、1967年 - )は日本政治学者同志社大学教授。専門は、政治思想フェミニズム思想。

三重県松阪市出身。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。同大学院政治学研究科修士課程修了。藤原保信に師事。トロント大学大学院博士課程留学を経て、大阪市立大学大学院法学研究科博士課程退学。立命館大学法学部助教授・教授を経て、2010年から同志社大学大学院グローバル・スタディーズ研究科アメリカ研究クラスター教授。

著書[編集]

単著[編集]

  • 『法の政治学――法と正義とフェミニズム』(青土社, 2002年)
  • 『シティズンシップの政治学――国民・国家主義批判』(現代書館, 2003年/増補版, 白澤社, 2009年)
  • 『フェミニズムの政治学 ケアの倫理をグローバル社会へ』みすず書房、2012

編著[編集]

  • 『自由への問い(7)家族――新しい「親密圏」を求めて』、岩波書店, 2010
  • 『政治の発見(1)生きる――間で育まれる生』、風行社, 2010

共編著[編集]

訳書[編集]

Img003_8251 

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月16日 (金)

当面、10・8までの集会・行動をきっちりやっていこう

916日(金) 日朝平壌宣言記念集会 18時半 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分)

917日(土) 宝塚再生カレッジ 第1回 なぜ再生可能エネルギー社会への転換は急務なのか
14
時 宝塚男女共同参画センター(ソリオ2 4階、阪急「宝塚」繋がり)

917日(土) さようなら原発1000人集会実行委 19時 いたみホール5階会議室

918日(日) 改憲阻止市民フォーラム 12時 JR梅田東南

918日(日) 第3師団申し入れ行動 11時半 第3師団西門(伊丹市千僧)

919日(月) 戦争法採決1周年伊丹宣伝行動 10時半 阪急伊丹  11時 三軒寺広場 
11
時半 JR伊丹

919日(月・休) 尼崎共同行動学習会 14時 尼崎中小企業センター(阪神「尼崎」北東4分)  講師:弘川欣絵弁護士

  ◎919日(月・休) 戦争法強行採決1周年 アベコベデモ総決起集会 13時半 私学会館大ホール(「元町」北2分) 講演:岡野八代(同志社大教授) 真喜志好一(沖縄・建築家) 終了後、三宮までデモ行進

919日(月・休) 原子力いいんかい?中山千夏講演会 13時半 生駒市コミュニティセンター(近鉄「生駒」東南3分)

922日(木・休) 神田香織講演 15時~ 茨木市福祉文化会館(オークシアター)5F文化ホール(阪急「茨木市」西7分)

922日(木・休) 灘憲法サロン 松尾匡(立命館大教授)講演会~安倍内閣に勝てる経済政策
14
時 灘勤労会館(JR「六甲道」南すぐ)

922日(木・休)さようなら原発・さようなら戦争大集会 12時 東京・代々木公園B地区

Img004_8215         ※924日(土) 松本ヒロ講演 宝塚市 14時 宝塚市・ソリオホール(阪急「宝塚」繋がり2分)

         ▲924日(土) ヘイトスピーチ・ヘイト犯罪に、自治体・議員・市民はどう立ち向かうべきか
14
時 東成区民センター(地下鉄「今里」西へ2分)

          ▲925日(日) 相模原事件アピール行動 16時 神戸・三宮マルイ前

          ▲925日(日) 連続講座 東北アジアの平和をつくる~「中国・朝鮮脅威論」に答える!
講師:康 宗憲(カン・ジョンホン)
1回 朝鮮半島の平和と統一 13時半 神戸・勤労会館
2回 1126日(土) 新長田勤労市民センター 以降隔月6回

         ※925日(日) 猪名川・藻川水辺祭り 9時 園田・中園橋周辺Img0038111

         ●926()  国会開会日闘争 ヨドバシ前街宣 反TPP

         ▲930日(金) 「障害」の今とこれから 18時半 エル・おおさか 主催:反貧困ネットワーク

           ※101日(土) 尼崎の公害を学ぶ② 13時半 塚口南地域学習館(阪急「塚口」南5分)
 
講師:辻川敦(尼崎地域資料館館長)

         101日(土) リニア学習会 14時 難波学習センター(OCATビル4階)

1       101日(土) もんじゅも原発もいらない! 関西集会 1240分 エルシアター
井戸謙一 雨宮処凛 小林圭二 中嶌哲演 服部良一

102日(日) 元自衛官が語る戦争と平和 14時 川西中央公民館(能勢電「滝山」南西7分) 講演:泥憲和

106日(木) 戦争あかん!ロックアクション 18時半 中之島公園水上ステージ

108日(土) 第6回さようなら原発1000人集会 13時半~ いたみホール 
福島事故は終わらない 帰還政策は何のため?
講演:海渡雄一弁護士  報告:うのさえこ 特別ゲスト:福島みずほ

 

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

9・19戦争法強行採決から1周年が迫った その一方で沖縄に対する無法は強まる 19日は私学会館集会へ

 昨年の9月19日の戦Img003_8251争法強行採決から、間もなく1年になり、憲法改悪への動きも急だ。他方で日米安保の最前線=沖縄では、憲法などまるでないかのような攻撃が強まっている。参議院選挙直後からの高江ヘリパッド工事の強行の動きは、本土からの機動隊の暴力を背景に日々すすむ。しかしこれに対する抵抗は激しく、工事の延滞にたいして、ついに自衛隊の大型ヘリコプターを動員し米軍基地建設予定地に建設資材を運ぶという、無法もまかりとうろうとしている。そして今日9月16日は、沖縄県と日本政府の間での係争に対する反動的判決が下されようとしている。
 沖縄には地方自治も民意もまるでないかのように、強権を発動する安倍政権。これが実は彼らが平和安全法制と呼ぶ戦争法の正体なのだ。
 この9月19日、神戸私学会館で、同志社の大岡野八代教授と、沖縄から建築家の真喜志好一さんを呼んでの集会が開かれる。ここから再び声をあげ、戦争法を廃止し、憲法改悪の動きを許さず、沖縄の辺野古・高江の工事強行を阻止していこう。

今日はそのメインゲストの一人、真喜志好一さんを紹介する。

真喜志 好一(まきし よしかず、1943年 - )は、日本の建築家構造家

経歴・人物[編集]

沖縄県那覇市出身。1968年神戸大学大学院修士課程修了後同大学工学部助手。大学在任中は構造エンジニアとして、当時関西の著名な建築家作品の構造をいくつか担当する。1972年に沖縄に戻り、沖縄開発庁沖縄総合事務局に勤務。1976年、同庁を退職し、那覇市に建築設計事務所有限会社建築研究室DIG and PILE(DAP)を設立。

1981年日本建築士連合会作品展優秀賞受賞。

1984年から1985年まで、琉球大学非常勤講師を勤めた。

一坪反戦地主会、白保の海と暮らしを守る会、SACO(en:Special Action Committee on Okinawa)究明委員会、意見広告を出す会、沖縄環境ネットワークなどの市民運動に深く関わる。

1998年、第25回ピースボートに水先案内人として参加する。2003年、第41回ピースボートにて、ふたたび水先案内人を務める。

主な建築作品[編集]

著作[編集]

 

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月15日 (木)

9月19日のステキな過ごし方。 午前中は地元・伊丹で一緒に街頭に立ちましょう。午後は神戸に集合し、市民の力を再確認しよう。

9月19日のステキな過ごし方。


テーマ:
2015年9月19日。

集団的自衛権を認める憲法違反の安保関連法、通称:戦争法が国会で成立した日。

超党派の伊丹市議会議員有志と市民は、毎月19日に戦争法反対の街宣活動を、粘り強く続けてきた。

そして、あれから1年。

まだ1年とも言えるかもしれない。

昨年の暑くて熱い夏を思い出す。
忘れてはいけない、ゼッタイ。

「声なき声」を受け止めて。2015年07月28日

すごかった「国会10万人大行動」2015年08月31日

安保関連法案の廃案を求める申し入れ 2015年09月06日

主催者発表より警察発表の方が多い、という珍事!?2015年09月08日

しなやかに、粘り強く。2015年09月15日

ボク達は忘れない、忘れたらダメ。2015年09月17日

マスコミでは伝わらない、伝えられない貴重な報告。2015年10月05日

大切なことを忘れないために。。2015年10月16日



2016年9月19日のステキな過ごし方のご提案。
午前中は地元・伊丹で一緒に街頭に立ちましょう。
午後は神戸に集合し、市民の力を再確認しよう。


忘れてはいけないことがある。
あの時の悔しさ、無力感。


だから、
来月19日から、また戦争法反対の街宣活動を続けていきます。

しなやかに、粘り強く。
~おおつる求伊丹市会議員のブログより

 

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

自衛隊による機材運搬は軍事訓練の一貫だ!~たたかうあるみさんのブログより

自衛隊による機材運搬は軍事訓練の一貫だ!

 昨日、高江のヘリパッド建設現場に、自衛隊のヘリが現れ、重機を吊り下げて機材搬入を行った。琉球新報WEBより
国、米軍着陸帯工事に自衛隊ヘリ投入 県道越え重機運搬
 【ヘリパッド取材班】東村と国頭村に広がる米軍北部訓練場での新たなヘリコプター着陸帯(ヘリパッド)建設で、沖縄防衛局は13日午前9時すぎから自衛隊のCH47輸送ヘリ2機による重機の輸送を始めた。午前11時現在、3回にわたって4トントラックやキャタピラのついた作業用車両などをG、H地区に運び込む様子が確認された。米軍施設建設のために自衛隊機が出動するのは異例。米軍北部訓練場のヘリパッド建設に絡む工事で自衛隊機による重機が輸送されるのは初めて。
 重機は新たにヘリパッドを建設するN1地区やG、H地区と県道70号を挟んだ場所にあるメインゲート内にあるヘリパッドから、重機などをつった状態で県道の上空を輸送している。県道では車両の通行もあり、安全上の観点から県民の批判が高まるのは必至だ。
 自衛隊機は13日午前6時すぎからN1付近の上空を旋回するのが確認された。その後、メインゲートそばのヘリパッドに着陸。同日午前9時前から重機の輸送準備が始まった。ヘリは陸自木更津駐屯地の中央即応集団第1ヘリコプター団に所属している。
 建設に反対する市民らはダンプカーによる砂利搬入の阻止行動を取ったが、午前11時30分現在、ダンプカーは確認されていない。
 メインゲートでは建設に反対する市民らが「県道の上空を飛ぶな」「自衛隊機まで使うのか」などと怒りの声を上げた。
 自衛隊機による重機搬入の様子を確認した沖縄平和運動センターの岸本喬事務局次長は「自衛隊機の使用だけでも考えられないが、県道70号を越えての輸送は許せない。まさに県民の頭越しで超法規的措置だ。これが法治国家と言えるのか」と憤っていた。
【琉球新報電子版】


 ここで、使用されたのが千葉県、木更津の中央即応集団 の第1ヘリコプター団であることに着目しよう。HPにもあるように、「ゲリラや特殊部隊による攻撃等が生起した場合に、各地に部隊を迅速に派遣します。」と書いてある。9年前に編成された、方面隊と同様の防衛大臣直轄の部隊である。司令部は神奈川県相模原市在間駐屯地にある。
 使用されたヘリコプターはCH47輸送ヘリで、武装こそないものの「非常に使い勝手の良い」ものらしく(ミリヲタさんのサイトを見ると、随時様々な改修を行っていて、いろんな種類がJとかJAとかいろんな種類があるようだ)2015年3月段階で陸上自衛隊は55機、航空自衛隊は15機保有している…沖縄の「工事」でわざわざ「中央即応集団」のヘリ部隊を使用したのは、それが防衛大臣直轄…すなわち防衛大臣が直接命令して動かした…ということだけではない。高江の住民や反対派市民を「ゲリラや特殊部隊」とみて「訓練」のために飛行したのである。

 これほど沖縄県民を愚弄した話はない…第一次安倍政権時の2007年、辺野古では違法な環境アセスメント工事が強行され、市民がカヌーや抗議船などで抗議行動を行っていたその時、海上自衛隊掃海母艦「ぶんご」が派遣された。「ぶんご」は76㎜単装速射砲、M2重機関銃数丁で武装している。「市民運動」・・・それも沖縄戦を経験し「反軍」意識の高い沖縄のものに自衛隊を派遣するなどとんでもないことなのであるが、今回の第1ヘリコプター団の派遣もそれに匹敵するものだ。断じて許されない。

 ちなみに自衛隊法には「米軍基地建設の手助けをする」という任務は無い…自衛隊は武装した権力そのものであり、人民の権利を直接おさえこむことが可能であるから、自衛隊法は「ポジティブリスト」…すなわち「やってよいこと」しか書いていないのである。当然、「米軍基地建設の手伝い」は法に書いていない。防衛省は防衛省設置法4条19号を根拠としているが、それは「条約に基づいて日本国にある外国軍隊(以下「駐留軍」という。)の使用に供する施設及び区域の決定、取得及び提供並びに駐留軍に提供した施設及び区域の使用条件の変更及び返還に関すること。」だそうである(参考 南山法律事務所 高江への自衛隊ヘリ投入は違法 )なんだこりゃ~…ここから「米軍基地建設への協力」を読み取ることは不可能である。

沖縄県民の民意を無視し、暴虐の限りをつくす安倍政権を打倒しようsign03高江ヘリパッド建設工事を止めようvirgo

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

米軍基地建設に自衛隊が~沖縄高江工事強行と、四国沖の演習エリア拡大 米軍・自衛隊のやりたい放題許すな

9月14日「米軍と一体のやりたい放題が横行」

 今朝の新聞報道に、沖縄・米軍北部訓練場の新規ヘリパッド建設をめぐり、防衛局は陸上自衛隊の輸送ヘリ「CH47」による工事用重機の輸送を始めたが、米軍基地建設のために自衛隊が出動するのは極めて異例のことだと報じられています。
 在日米軍基地建設のために日本の自衛隊を駆り出すというのは、まさに新安保法制の下で米軍の下請化が進む「自衛隊らしい」仕事とも言えるが、その運用には法的根拠はないとの批判があがっています。
 陸上自衛隊のヘリ投入については、稲田朋美防衛大臣が防衛省設置法に基づいて「民間ヘリで運べない重量のトラックなどを空輸するため、必要最小限に限って使う」として命令を出したとされています。
 このことについて、沖縄・高江でヘリパッド建設反対の闘いに参加している沖縄弁護士会の小口幸人弁護士が、「法治国家としてどうなのかというレベル」「このレベルで自衛隊が出動するなら、今後は何でも自衛隊が出てくるだろう」と、問題点を整理されて厳しく批判されていますが、長文となりますので、その内容を小口弁護士のブログにリンクを貼らせて頂きますので、是非、ご一読頂きたいと思います。
 また、もう一つの記事は、米軍厚木基地の空母艦載機59機が2017年をめどに岩国基地へ移駐するのに伴い、日本政府が本年11月10日から四国沖と山陰沖に、事前申請に基づく新たな米軍訓練空域を設定するとのことで、四国沖は、米軍も使用する自衛隊専用の「L空域」(高高度訓練空域)を囲むエリアになり、朝から同僚議員を通じて土佐清水市の漁業者の怒りの声が届けられています。
 これまでにも、リマ海域が軍事演習区域に指定されていることに対して、解除を求め続けてきているだけに、さらに新たな米軍訓練空域を拡大することに対して、憤りと怒りを覚えます。
 米軍と政府が一体となって行われるやりたい放題を看過しない取り組みを強化していきたいと思います。(坂本重雄高知県議のブログより)

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月14日 (水)

昨日、大阪大学で岸井成挌講演会、800 人で大盛況 次は10・8いたみホール1000人集会だ

  

 昨日大阪大学石橋キャンパスの大学会館で行われた「岸井成挌講演会」は、大学会館講堂をあふれる800人が参加し、大成功をおさめた。
 周知のとおり岸井成挌さんは毎日新聞の主筆をつとめ、この3月まで「ニュース23」のメインキャスターをしていた方。昨年の戦争法という「権力の暴走」に対し、ジャーナリズムの使命感をもって、これを批判してきた人物だ。そのため極右グループ・文化人たちが新聞に意見広告を出し、追い落としをはかった。この3月には報道ステーションの古舘一郎、クローズアップ現代の国谷裕子と、それぞれ退任に追い込まれたが、それでもジャーナリストとしての使命に燃えて、この日岸井成挌さんは「権力の執拗かつ系統的なジャーナリズム攻撃」を、身をもって明らかにした。

 会場の大阪大学会館の講堂は定員500弱のホールだが、客席は満杯、通路に人が溢れ、冷房は無く蒸し風呂のような状態だったが、約700人の参加者は熱心に岸井さんの講演に聞き入った。
 平日昼間に、ほImg007_8191とんどの人が行ったことのない大阪大キャンパスまで関西各地から足を運んだ。最寄駅の石橋の商店街おばちゃんは、「今日は何があるのですか、今朝から阪大に行く道を聞く人が絶えない」と言っていた。こうして昨年の戦争法反対闘争、今年の野党共闘を求めた人々の声は決してっ弱まることがない事を示した講演会だった。(写真は集会実行委関係者以外禁止だったため、掲載しません)
 つぎの1000人規模の市民集会で、戦争法や原発に反対の気概を示す集会は、10・8さようなら原発1000人集会だ。ここでは日本で最も有名な反原発カップルの、海渡雄一弁護士と福島みずほ参議院議員や、福島からの避難者の訴えが行われる。ぜひ昨日を上回る人が参加してほしい。
 なおこの集会の専用ブログも開始されている。「第6回さようなら原発1000人集会」でアクセスできる。こちらからの引用(海渡さんのプロフィール)も掲載する。

海渡雄一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
かいど ゆういち
海渡 雄一
Yuichi Kaido, Photographed by Ryota Nakanishi.JPG
講演中の海渡雄一
生誕1955年7月21日(61歳)
日本の旗 日本 兵庫県
出身校東京大学
職業弁護士
配偶者福島瑞穂
 

海渡 雄一(かいど ゆういち、男性、1955年昭和30年)7月21日- )は、日本弁護士第二東京弁護士会所属。東京共同法律事務所所属。日本弁護士連合会秘密保全法制対策本部副本部長、監獄人権センター事務局長、公害対策環境保全委員会委員。脱原発弁護団全国連絡会共同代表、脱原発法制定全国ネットワーク事務局長。『グリーンピース・ジャパン』元理事長。

 

弁護士で参議院議員福島瑞穂(元社会民主党党首)とは、夫婦別姓を実行するため婚姻届を提出しない事実婚関係にある[1]

 

 
 

 

人物[編集]

 

兵庫県伊丹市生まれ。灘中学校・高等学校では地学部天文班に所属し、科学者を志望していたが、高校2年の時、灘OBの東大理学部生と話すうちに「これはかなわない」と思い、文系に転向[2]

 

弁護士としては、早くから通信傍受法を問題視し、最近では共謀罪を批判している。また、監獄内の人権に関する活動をライフワークとしている。事務所は、東京共同法律事務所(東京都新宿区新宿1丁目)。

 

2011年平成23年)8月20日ニューヨーク・タイムズに「日本で最も有名な反原発カップル」と評された[1]

 

略歴[編集]

 

監獄内の人権に関する活動[編集]

監獄内の人権状況の改善のため、1995年(平成7年)に監獄人権センター(NPO法人)を設立し事務局長に就任。被拘禁者の人権侵害事件における損害賠償請求事件などを多数手がけた。1998年(平成10年)には、国連人権高等弁務官事務所主催の専門家会議「刑務官に対する人権教育」に招待された。監獄人権センターは、2003年(平成15年)、東京弁護士会人権賞を受賞している。

過去に係わった訴訟や事件[編集]

著作(共著含む)[編集]

  • 『刑事司法改革ヨーロッパと日本』(岩波ブックレット269、岩波書店)1992年
  • 『男が語る家族・家庭』(ドメス出版)1994年
  • 『監獄と人権』(明石書店)1995年
  • 『監獄と人権 2』(明石書店)2004年
  • 『共謀罪とは何か』(岩波ブックレット686)2006年
  • 『危ないぞ!共謀罪』(樹花舎)2006年
  • 『憲法の危機をこえて』(明石書店)2007年
  • 『刑務所改革』(日本評論社)2007年
  • 『刑事司法改革と刑事訴訟法 下』(日本評論社)2007年
  • 『国際社会が共有する人権と日本』(明石書店)2008年
  • 『刑罰に脅かされる表現の自由』(現代人文社)2009年
  • 『公害・環境訴訟と弁護士の挑戦』(法律文化社)2010年
  • 『講座国際人権法 3』(信山社)2011年
  • 『原発訴訟』(岩波書店)2011年
  •  

  • 『北海道電力<泊原発>の問題は何か』(寿郎社)2012年
  •  

  • 『福島原発で何が起きたか』(岩波書店)2012年
  •  

  • 『何のための秘密保全法か』(岩波ブックレット853)2012年
  •  

  • 『脱原発を実現する』(明石書店)2012年
  •  

  • 『原発の安全と行政・司法・学界の責任』(法律文化社)2013年
  •  

  • 『秘密法で戦争準備・原発推進』(創史社)2013年
  •  

  • 『反原発へのいやがらせ全記録――原子力ムラの品性を嗤う』(明石書店)2014年

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

きわめて危険な日米韓戦争準備

B1  朝鮮民主主義人民共和国の核実験に大騒ぎする日米韓だが今日、実に危険な事が「事後報告」された。アメリカから飛来した戦略爆撃機「B1」2機と自衛隊のF2戦闘機が九州上空で共同飛行訓練を行ったと言うのだ。よく考えなければならない。戦略爆撃機はアメリカ軍の最重要航空戦力だ。71年前まで日本に爆弾・焼夷弾を無数に落とし、民間人数十万人を殺戮したB29、30年前までベトナム人民の頭上に爆弾・焼夷弾・枯葉爆弾を無数に落とし、無辜のベトナム人推定100万人を殺戮したB52の後継最新機である。
 そしてB2が違うのは核爆弾を搭載している事。場合によっては38度線を突如超えてピョンヤンに核攻撃を行う体勢にある。
 
   二つの大問題がある。当然積んでいる核Bbpx511 兵器をどこかで一時降ろすことは事はあり得ず、日本領空に延々と核兵器を飛行させた。これは核兵器を「持たない、使用しない、持ち込ませない」の非核三原則を完全に明白に破ったことを意味する。他国の核実験を非難する資格などない。
 次にその最新鋭核爆撃機を「訓練」の名目で日本軍が護衛した事は明白な戦争参加行為だ。 ピョンヤン攻撃が行われたら戦争だ。国際法では攻撃された国は反撃する権利を持つ。アメリカに対すPhoto る大陸間弾道ミサイル、潜水艦発射長距離ミサイル攻撃がなされ、前線基地である韓国への大反撃でソウルなどが火の海となり、アメリカ軍が中継基地とする在日米軍基地を含む日本が報復対象となる事は「国際法の範疇」の事なのだ。阪神間にいる人で「関係ない」と思う人は、無知の極み。阪神間の中心に位置する伊丹の自衛隊基地や滋賀県のあいばので毎年のように日米共同戦争訓練が行われている。これは朝鮮を含む全世界が知っている。当然それは「侵略戦争」拠点なのだから日米韓から軍事攻撃された国はそこへ反撃する権利を主張し、実行すると見なければならない。
 
   さて、実際の見通しは、誰にもわからない。しかし、答えは簡単だ。朝鮮が求める条件は一つだけ。
朝鮮へ攻めてきてくれるな、その担保は朝米平和条約を締結する事。たったそれだけなのだ! 北方領土の帰属をめぐる対ロシア交渉、いつまでも水かけ論でしかない、釣魚台(尖閣)、独島(竹島)、南中国海領有権問題と比べても極めて簡単な答えが用意されているのに、戦争に突き進む日米韓は阿呆としか言えない。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月13日 (火)

わたしは19人のひとりだ!~大阪で「相模原施設障碍者大虐殺追悼アクション」

わたしは19人のひとりだ!~大阪で「相模原施設障碍者大虐殺追悼アクション」
9月12日(月)夕刻、梅田ヨドバシカメラ前で「相模原施設障碍者大虐殺追悼アクション」が開催されました。「身体障碍者にしか演じられない身体表現を追究するパフォーマンスグループ」劇団態変と有志たちが呼びかけ人となり、亡くなられた19人の四十九日にあたるこの日に開催されました。追悼の場には、約160名の人々が集まりました。最初に、呼びかけ人の1人であり、劇団態変の主宰者である金滿里さんが、今回のあまりに残酷かつ卑劣な事件に対する思いと、このアクションを企画した思いを語りました。その後、集まった人々によるリレートークが始まりました。誰に話してもらうか、事前に一切決めていませんでしたが、それぞれの思いを語る人々は途切れることがありませんでした。障害のある当事者、地域で暮らしている人、施設で暮らした経験のある人、障害のある家族がいる人々、社会福祉を学んでいる学生など、それぞれの立場から、この事件に対する思いを語り、参加者だけでなく沿道を行き交う人々も立ち止まってその言葉に耳を傾けていました。(レイバーネット関西報道部) 報告共同通信

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

もんじゅ廃炉で政府が最終調整~廃炉が決まればみんなで乾杯しよう

もんじゅ廃炉で政府が最終調整 核燃料サイクル政策見直し必至

福井新聞ONLINE 9月13日(火)7時55分配信    

     

 政府は12日、原子力規制委員会が運営主体の変更を求めている日本原子力研究開発機構の高速増殖炉もんじゅ(福井県敦賀市)を廃炉にする方向で最終調整に入った。政府関係者が明らかにした。再稼働には数千億円の追加費用が必要となり、国民の理解が得られないとの判断に傾いた。核燃料サイクル政策の枠組みの見直しは必至で、関係省庁で対応を急ぐ。

 所管の文部科学省は、規制委から運営主体の変更勧告を受け、原子力機構からもんじゅ関連部門を分離し、新法人を設置して存続させる案を今月に入り、内閣官房に伝えた。しかし、電力会社やプラントメーカーは協力に難色を示しており、新たな受け皿の設立は困難な情勢。政府内では、通常の原発の再稼働を優先すべきだとの考えから経済産業省を中心に廃炉論が強まっていた。

 政府は、もんじゅ廃炉後も高速炉の研究開発は継続する方向。実験炉の常陽(茨城県)の活用やフランスとの共同研究などの案が浮上している。

 原子力機構は2012年、もんじゅを廃炉にする場合、原子炉の解体など30年間で約3千億円の費用がかかるとの試算をまとめている。もんじゅは核燃料の冷却にナトリウムを利用する特殊な原子炉のため、一般の原発の廃炉費用より割高となる。

 一方、再稼働するには、長期の運転停止中に変質した燃料を新しいものに交換する必要がある。

 もんじゅ本体の施設の維持管理に年間約200億円かかり、茨城県東海村にある燃料製造工場を新規制基準に対応させる工事費も大幅に必要となる。もんじゅ本体の新基準対応費も含めると、再稼働させるためには数千億円の追加負担が見込まれる。

 規制委は昨年11月、原子力機構に代わる組織を特定するか、できなければ施設の在り方を抜本的に見直すよう求め、半年をめどに回答するよう馳浩文科相(当時)に勧告していた。

 敦賀市の渕上隆信市長は今月8日、松野博一文部科学相と面談し、「一定の成果が上げられないまま撤退という判断になれば、30年の協力は何だったということになりかねない。地元の期待を裏切らないでほしい」と存続を強く求めた。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

脱原発9.11怒りのフェスティバル

なくなったテントがはっきり見えた!~脱原発9.11怒りのフェスティバル

    

報告=笠原眞弓 写真=shinya

 雨模様の9月11日午後、私が行かないと雨になっちゃう(究極の晴れ女)と危機感を持って、それなのに15時の開始に遅れること1時間以上、テントひろばに到着すると、「アレ? テントってなくなったんじゃなかったのかな」と思えるほどのいつもと変わらないテントひろば!!! 飲み物も、さつま芋、じゃが芋、里芋の蒸かしたてを振るまっている。ホクホクでどれもおいしい。もちろんバッチや扇子などのグッズもある。

 そして、なんといってもいつもの人たちに加えて、いつもの福島など遠方からの人たちや友人・仲間たち、ここで顔見知りになった人たちがそろっていてうれしい。もちろん、初めてお会いする方たちも大勢いらっしゃる。経産省正門前の特設ステージでは、「制服向上委員会」のお姉さん橋本美香さんが、その透明な声を響かせて、反原発の歌を唄っている。

◆牛をかついでデモ行進

 そのうちプンムル仲間(韓国の民俗芸能)に促され、日比谷公園出発のデモに参加する。吉沢正巳さんのまさに怒りのほとばしるような、永遠に続くかと思われるアッピールを「時間です」という言葉が遮る。神輿に仕立てた吉沢さんの電飾の牛を先頭に、デモは経産省別館の前を通り一周する。その間、私服警察官の多かったこと。制服ばかりか、彼らまで「前に詰めろ」とかうるさいのには、辟易した。

◆テントはどこにでも建てられる

 正門前ではテントひろばの責任者の渕上太郎さんの挨拶がはじまる。東電は廃炉費用も自分たちで工面できなくなり、もう終わったと締めくくった。福島の武藤類子さんの、詩のような訴えが続く。私たちのテントは「闇討ちをして強制撤去しなければならない怖いものなのでしょう」と、指摘した。

 原発いらない福島の女たちの会の黒田節子さんは、事故後5年を経て作られたチェルノブイリ法を紹介し、いかに国家が責任を負っているか、それに比べわが国ではと、嘆く。鹿児島から「ストップ原発3.11鹿児島実行委員会」の川畑さんは11月にある川内市長選を三反園知事も支えて小田原氏で闘うと報告。3800万円の占拠代もみんなで出し合って支えようと提案された。

 沖縄からの大城悟さんは私たちへのエールと共に、辺野古は高裁判決後の国の出方に注目したい。地方自治を問われた民主主義の危機を乗り越えていきましょうと結んだ。スピーチは続き、テントひろばは第2の故郷と言い続けている亀屋さん、連日テント前に座っている斉藤美智子さん、第2テントを脱検発テント美術館にした映画監督の早川由美子さんは、今もテントを引き取り、全国でテント美術展をしようという。

 最後に高瀬晴久さんが、テントはなくなったけれどひろばはあった。そして、みんなの心が一つになった。「テントひろばは永遠だ」としめ、カンショ踊りがはじまった。

◆大好評だった「脱原発川柳瓦版」

 レイバーネット日本川柳班の「脱原発川柳瓦版」は大好評だった。私たちは、この集会に向けて「脱原発川柳瓦版」を作った。それは、仲間の一人、ドイツ在住のドイツ人・独狼さんがテント撤去のニュースにいち早く反応して短歌1首を送ってきた。「臆病の群れ真夜中に襲い来てテント潰しても心は生きる」というもの。それに呼応して笑い茸「潰しても心にテント廃炉まで」と続き、仲間が次々川柳をアップした。そこでそれをまとめて「瓦版」にして、みんなにも配ろうということになったのだ。差し出すとすべての方が受け取ってくださる。中には、催促の手までのびて瞬く間に手持ちがなくなるほどだった。薄暗い中で、さっそく読んでくださる方もいて、私たちの闘いのツールの一つとして、このような言葉のプロテストの効果を実感したしだいだ。

共謀罪法案は臨時国会に出すな いや永久に廃案だ

Pk2016091102100050_size0 
2016082799070111

  

 共謀罪法案が提出されようとしている。名前を「テロ準備罪」にするとか、適用対象を「団体」から「組織的犯罪集団」にするとか、わずかな化粧直しで今月下旬召集の臨時国会に提出したいのが安倍政権の腹積もりらしい。「一億総犯罪者化」を狙うこんな危険な法律にはさすがの政権腰巾着・公明党も腰が引けて、臨時国会で出さなくても」と言い出した。自民党の二階幹事長も同調する様子でこの臨時国会提出は見送られるかもしれない。しかし! こんな市民にとって危険極まる法律案は廃案しかない。そもそも欧米の同種の法律はマフィアのマネーロンダリング(資金洗浄)を防ぐものであり、市民運動の15162一網打尽を狙う日本政府の案とはまったく違う。こんな法律案は永久に廃案しかない。
 大分で野党選挙事務所に隠しカメラを取り付けて弾圧しようとした警察にこそ「組織的犯罪処罰」を適用せよ!
 
(図表は経過を報道する東京新聞。やっぱり東京新聞はよりマトモだ。)
 あ、大事なことを書き忘れる所だった。本物のテロリストはこんな法律に全く引っかかるものか。
 そして戦前の「治安維持法」で捕まった大部分の人は「治安を崩壊させるテロリスト」ではなく、戦争に反対する普通の市民だった。その内の多くが処刑され、獄死・拷問死させられた事を忘れてはならない。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月12日 (月)

10・8さようなら原発1000人集会までの、当面のスケジュール

912日(月) 市民選挙を考える会 18時半 神戸勤労会館(JR「三宮」東南3分)

913日(火) 岸井成格講演会 13時 大阪大学・大学会館(阪急「石橋」東15分 阪大構内)

914日(水) 阪神社会運動情報資料センター ブログ50万突破記念 交流会
南塚口事務所(阪急「塚口」南6分)

915日(木) 靖国違憲訴訟控訴審 14時 大阪地裁202号法廷

        講演会&弁論報告会 18時半 エルおおさか708 講演:木戸衛一大阪大教員

916日(金) 日朝ピョンヤン宣言記念集会 18時半 エルおおさか(地下鉄「天満橋」西5分)

917日(土) 松井友さん講演会 14時 高槻市民会館(阪急「高槻」南5分)

917日(土) 宝塚再生カレッジ 第1回 なぜ再生可能エネルギー社会への転換は急務なのか
14
時 宝塚男女共同参画センター(ソリオ2 4階、阪急「宝塚」繋がり)

917日(土) さようなら原発1000人集会実行委 19時 いたみホール5階会議室

918日(日) 改憲阻止市民フォーラム 12時 JR梅田東南

918日(日) 第3師団申し入れ行動 11時半 第3師団西門(伊丹市千僧)

919日(月) 戦争法採決1周年伊丹宣伝行動 10時半 阪急伊丹  11時 三軒寺広場 
11
時半 JR伊丹

919日(月・休) 尼崎共同行動学習会 14時 尼崎中小企業センター(阪神「尼崎」北東4分)  講師:弘川欣絵弁護士 

9月19日(月・休) 戦争法強行採決1周年 アベコベデモ総決起集会 13時半 私学会館大ホール(「元町」北2分) 講演:岡野八代(同志社大教授) 真喜志好一(沖縄・建築家) 終了後、三宮までデモ行進

922日(木・休) 灘憲法サロン 松尾匡(立命館大教授)講演会~安倍内閣に勝てる経済政策
14
時 灘勤労会館(JR「六甲道」南すぐ)

9月22日(木・休)さようなら原発・さようなら戦争大集会 12時 東京・代々木公園B地区

9月24日(土) 松本ヒロ講演 宝塚市 14時 宝塚市・ソリオホール(阪急「宝塚」2分)

924日(土) ヘイトスピーチ・ヘイト犯罪に、自治体・議員・市民はどう立ち向かうべきか
14
時 東成区民センター(地下鉄「今里」西へ2分)

Img003_8251 

          925日(日) 相模原事件アピール行動 16時 神戸・三宮マルイ前

          925日(日) 連続講座 東北アジアの平和をつくる~「中国・朝鮮脅威論」に答える!
講師:康 宗憲(カン・ジョンホン)
1回 朝鮮半島の平和と統一 13時半 神戸・勤労会館
2回 1126日(土) 新長田勤労市民センター 以降隔月6回

         925日(日) 猪名川・藻川水辺祭り 9時 園田・中園橋周辺

         101日(土) 尼崎の公害を学ぶ② 13時半 塚口南地域学習館(阪急「塚口」南5分)
講師:辻川敦(尼崎地域資料館館長)

         101日(土) 阪神センター10月交流意見交換会 16時 阪神センター事務所

         101日(土) リニア学習会 14時 難波学習センター(OCATビル4階)

         101日(土) もんじゅも原発もいらない! 関西集会 1240分 エルシアター
井戸謙一 雨宮処凛 小林圭二 中嶌哲演 服部良一

102日(日) 元自衛官が語る戦争と平和 14時 川西中央公民館(能勢電「滝山」南西7分) 講演:泥憲和

106日(木) 戦争あかん!ロックアクション 18時半 中之島公園水上ステージ

107日(金) 全港湾大阪支部40周年記念大会 来賓:安次富浩ほか

108日(土) 第6回さようなら原発1000人集会 13時半~ いたみホール 
福島事故は終わらない 帰還政策は何のため?
講演:海渡雄一弁護士  報告:うのさえこ 特別ゲスト:福島みずほImg007_8191_2


 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc




核実験は制裁でも米韓軍事演習でも止められない~編集委員投稿

Is  朝鮮民主主義人民共和国がまた核実験をしたので大騒ぎだ。さて、これまで10数か国が合計100や1000できかないぐらい核実験をしてきたが、日本政府がどれぐらい抗議し、制裁をして来ただろうか。ハッキリ言ってゼロだ。それもそのはず、アメリカの核の傘を容認して、日本への核持ち込みも黙認してきているのだから、朝鮮の核実験に「強く抗議」「新たな制裁を検討」したところで説得力はゼロなのだ。制裁の効果も、在日朝鮮人を迫害し、在日朝鮮人児童・学生を迫害するだけの事だ。小池百合子都知事が朝鮮学校を迫害する意思を表明したが、核実験とも拉致問題とも関係が無い朝鮮学校や在日朝鮮人を迫害するのは「人道への罪」に他ならない。これまでの制裁も効果はゼロだし、迫害されたほうはより意思を固くする。そんなこともわからない政治的に無知な人間が政府や自治体を握っているのは日本の不幸を倍増する。
Photo  ましてや米韓が来月行う軍事演習はピョンヤンの一部を精密に攻撃し、指導部を殲滅するのだそうだ。今年はすでに何カ月も米韓
日戦争演習が行われているから、1年の半分近くは朝鮮へ攻め込む訓練をしているのだ。
 そんな恐ろしい事を宣言された朝鮮が「すみません。もうしません」などと言うはずはなく、新たな核実験とアメリカ本
Photo_2土にまで届く「報復用大陸間弾道弾」を新たに 配備する結果しかもたらさない。日米韓政府と軍が阿呆な不幸状態が続くと言うわけだ。よく聞くと朝鮮側は「日本の一県やアメリカの一州をくれ、さもないと核兵器・ミサイルをお見舞いするぞ」と脅しているのではない。
 アメリカ軍が朝鮮に再び攻めてくることが無いように、と言っているだけだ。事は簡単、米朝が平和条約を結び、日本・韓国・ロシア・中国がそれを援護すれば良いだけなのだ。実に恐ろしいISIL(ダーイシュ)と違って答えはごく簡単な事だ。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

三里塚闘争、市東さんの農地取り上げ反対!最高裁へ署名提出とデモ~関実ブログより

最高裁へデモ。農地署名の第3次提出と申し入れ

1697_2
 昨日、市東孝雄さんの農地取り上げ判決を強行した東京高裁の決定の取り消しを求める、1697_3最高裁へのデモと、署名の提出、申し入れ行動が行われました。

 デモ態勢で星陵会館を出発し、すぐ近くにある最高裁へ。異様な「城郭」のような最高裁が見えてくる(私は実は初めて。しかし、後の写真の後景に見えるように裏側は貧弱なうらぶれたとしか言いようのないビル。1697_4安倍政権の正体を見るようで面白かった)。
1697_5 最高裁西側通用門前の歩道で、代表団が申し入れに入る前に「打ち合わせ」。動労千葉、関西実行委員会の安藤さん、市東さんの会の小川さん、沖縄の市東さんの会のキムさんなど、1697_810人余りが続々と挨拶と、1697_9高裁判決への怒りの表明。福島から椎名さんも。
 最後に、萩原富夫さんが、7.3の50周年集会を振り返りつつ、三里塚の現在の闘いを語る中で、とりわけ沖縄・高江で繰り広げられている国家権力の暴虐と高江住民を先頭とした非暴力の闘いの重要性、1697_10沖縄、福島、三里塚が一緒に闘っていくことの意義を訴えた。

1697_11 いよいよ署名の提出と申し入れ行動。10数人が代表団に。関西からは安藤さんが入り、私は外で写真班。
 右が署名の束。それを市東さんが持ち、申し入れ書(「16.9.7最高裁への申し入れ.pdf」をダウンロード)は萩原さんが。1697_12左下写真で、萩原さんがひらひらさせているのが申し入れ書。

 30分余りの申し入れ行動を終わって、出てきた代表団を代表して一瀬弁護士から報告のあったあと、市東孝雄さんからの挨拶。

―  みなさん。今日はご苦労様です。今日で3回目ですけれども、1697_13今日で20593筆、みなさんのお蔭で無事に提出することができました。みなさんのいろんな想いが裁判長に少しでも届けばいいなとそう思っています。
 
国策としては成田空港、国策であれば何をしていいという、農地法でも農家のこと全部デタラメなんですね。ですから、法律を曲げてでも絶対に通すというやりかたを絶対に認めることはできません。
 
これからも皆さんと一緒に天神峰の地で闘っていきますんでどうかよろしくお願いいたします。

 さあ、10・9三里塚へ、全力で集まろう!最高裁に高裁判決の棄却を迫っていこう!

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月11日 (日)

昨日は日米共同軍事演習反対あいば野現地闘争~アソシエ・トモより

滋賀県饗庭野日米共同軍事演習反対

2016年09月10日(土)
 安倍政権を倒すには選挙で、安倍政権の多数派を凋落させること、そして大衆運動を盛り上げることだ。
 今日は北朝鮮の核実験報道が熱を帯びている。核開発、核実験をすることは絶対許されない。しかし、北朝鮮がこのようになるのは日米の共同軍事演習などをして北朝鮮脅迫路線をとっているからだ。
 戦争法廃止2000万人署名運動の署名が9月現在で1400万筆になっている。11月にも提出する予定だ。アベは支持されていると思いますか。安倍政権は強くない。衆議院選挙に向かって60選挙区で野党共闘が勝利する可能性がある。そして、14000万筆の署名などの大衆運動だ、と関東から訪れた総行動の代表のアピールは説得力があった。
 伊波洋一さんは沖縄を訴えた。本土と沖縄の温度差の認識と沖縄のように闘うことを訴えた。高江オスプレイパッドはアメリカのみならず、日本も自衛隊に17機オスプレイを持とうとしていることから、日米ともオスプレイパッドは喉から手が出るほど欲しいというものだ。日米の思惑が重なって高江でのオスプレイパッド建設強行となっている。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

武庫川ユニオンのブログが新しくなった

 日頃から何かとお世話になっている武庫川ユニオンのホームページが全面的に改変され、すっきり見やすくなった。以下紹介する。ぜひアクセスを。

         

武庫川ユニオンは、誰でも、一人から、加入出来る労働組合です


       

ユニオン事務所は、駅(阪神本線出屋敷駅:写真左側)と直結するビル(リベル:写真右側建物)の3階です。解雇、パワハラ、労働災害、賃金未払い、サービス残業などの労働問題は解決できる問題です。悩まずにまずは相談。


【ニュース】

2016年9月6日 武庫川ユニオンのホームページを一新しました。

いろいろな労働問題の解決に向けて、役に立つ情報をアップしていきます。ご意見ご要望ありましたらお寄せください

武庫川ユニオン第29回定期大会を開催しました。

金田組裁判勝利おめでとうございます!解雇撤回・職場復帰が決まりました!

  2016年9月の尼崎市議会に公共調達基本条例案が提案されます。

  2016年10月8日に、第6回さようなら原発1000人集会がいたみホールで開催されます。チケットは武庫川ユニオンでも購入できます。


【事例はこちら】

見過ごすことの多いNHKドキュメント番組

 昨晩は11時からペシャワール会の中村哲医師を扱ったドキュメンタリーが放映されていた。SONGSの吉田拓郎とかぶり、半分見ながらひとまず録画したが、なかなかの番組だった。ついつい見過ごしてしまいがちなNHKのドキュメンタリー番組。ある人からメールで以下の番組が知らされたので、9月に放送される番組をここでも紹介する。

917日(土)Eテレ 000100(再放送)  
「武器ではなく命の水を-医師・中村哲とアフガニスタン」
 

924日(土)Eテレ  000100(再放送)  
「アンコール 忘れられた人々の肖像~画家・諏訪敦“満州難民”を描く」 

NHKスペシャル 放送予定(910日~102日)http://www6.nhk.or.jp/special/program/index.html  

919日(月)総合1時45分~234分(再放送)   
 「沖縄 空白の1年~基地の島はこうして生まれた~」   
(注)本放送(822日)を視ました。今日の沖縄の基地問題の原点を伝えようとする意欲的な番組でした。当時の貴重な映像も駆使した内容でした。今年の6月、基地反対闘争を盛り上げた伊江島に出かけて見聞したことを思い浮かべました(写真を添付します)。ただ、あの1年を「原点」と捉えるなら、その後の沖縄の71年間をどう縛ったかを考える素材をどれほど提供したか、疑問が残りました。時間の制約から、無いものねだりかも知れませんが、NHK沖縄放送局の西銘記者の言葉を借りれば、「71年前
の出来事で終わらず、戦後71年間の沖縄につなげる視点」が欲しかったと思えました。 

919日(月)総合1930分~2043分(本放送)   
「私たちのこれから~健康格差~」

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

 

 

 

 

 

 

 

投稿~戸田ひさよし門真市議特別講演=ヘイトスピーチ阻止実践編

0924
Toda




















 添付のビラの通り、ヘイト絶滅への講演会が行われます。
講師は反ヘイトの第一人者=
戸田ひさよし門真市議
9月24日土曜日午後2時、
東成区民センターです。
多数のご参加をお待ち申し上げます。
前回は水戸喜世子さんで、たいへん好評でしたが、 今回も、具体的に役立つ反ヘイト実践編です。参加費は500円。
お越しになれそうな方はshaj204@excite.co.jpまでお気軽にどうぞ。
事前申し込み無しでも参加できますが、会場があまり広くないので、
満席になりましたら立ち見もあり得ますのであらかじめご了承ください。

 

 世直し・社会変革 - 政治ブログ村愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月10日 (土)

アキヒト天皇のビデオメッセージ=生前退位で、窮地に陥る日本会議・男系維持派

 8月8日の天皇ビデオメッセージにより、日本会議・男系維持派が窮地に陥っている。そもそも今回の天皇メッセージは、象徴天皇制を積極的に維持しようというもので、本質的には現在的な天皇制の延命のための巧妙な政治的レトリックに他ならない。
 しかしアキヒト天皇は、自民党改憲案にあるような、「天皇を元首として戴く」という、右翼連中が自己の支配のためImg008_992に天皇制を利用する考えに極めて否定的だ。そして安倍や日本会議に連なる勢力は、アキヒト天皇の「天皇一族の持続」を願う「女系天皇・女性宮家」にも否定的で、この点でアキヒト天皇との間には激しい対立を生み出して来た。
 アキヒトの今回のメッセージは、自己のこれまでの考えを「生前退位」=皇室典範改正として押し出したもので、安倍や日本会議の摂政論にダメージを与え、やむなく特別措置法の検討に入らざるを得なくなっている。しかしアキヒトは象徴天皇制に永遠性・持続を望み、特別措置法にも反対している。
 このようの本来なら「元首とし頂く」べき存在が、自己の主張とまったく違う見解を示したことで困惑を広げているのが、安倍や日本会議・男系維持派に他ならない。
 今後彼らは自己の主張に忠実で、「アキヒトに生前退位を飲ませた宮内庁」を悪者にして、戦前軍部のように「尊皇討奸」を叫び2・26クーデターを起こした道を選ぶ勇気があるのかどうかは知らないが、窮地に陥っていることは、今週発売の『文藝春秋』や『AERA』はじめ各種雑誌が言及している。さあどうする、安倍さん、櫻井よしこさんはじめ日本会議のみなさん、という事か。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

毎週木曜日はマルイ前行動~いまは沖縄・高江がメインテーマ


■9月8日、マルイ前のアベ政治を許さない市民デモKOBEの仲間と、恒例の街頭宣伝を行いました。私は、「自衛隊は南スーダンから撤退せよ!」「自衛隊の皆さん!死ぬな!撃つな!」「PKO5原則」は既になくなっている。「駆け付け警護」は戦闘行為                  等のステッカーをつくり貼りました。仲間は、アジテーション、ギターで反戦歌、スタンディング等10数名でおこないました。高江のビラと安保法制強行採決1周年の9月19日の集会デモのびらなどまきました。9・19集会・デモを大成功させよう!11月に派遣される青森の陸自部隊は駆け付け警護にいよいよはいる。自衛官を死なせてはならない!また自動小銃を撃たせてはならない。憲法改悪許さない市民デモの大きなうねりを造り出そう!(関西合同労組ブログより)

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月 9日 (金)

9・19集会―神戸・私学会館には退役米兵とともに闘う真喜志さんがやって来る

 9・19戦争法強行採Img003_8251決から、間もなく1年になる。この日は各地で集会・デモが行われるが、神戸・私学会館での集会には、沖縄で退役米兵とともに闘う真喜志好一さんがやって来る。
 
真喜志さんはアメリカの平和団体「平和を求める退役軍人の会」(VFP)の準会員。今VFPは真喜志さんの案内で高江現地に入り、工事の強行を体をはって阻止しるために闘っている。この模様が本日の朝日新聞33面に写真入りで大きく紹介されている。
 退役米兵も反対する高江のヘリパッド工事。この現地からの報告を9・19集会で聞き、高江工事反対の声をさらに大きくしていこう。Img007991


 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

2016年9月 8日 (木)

~高江現地レポート  ~レイバーネット日本より

女性運転手の不当逮捕をはね返す!~高江現地レポート    望月吉春

 

 9月5日(月)から沖縄に来ております。日ごろの行いがどれほど悪いのか、台風に当たってしまいました。飛行機代の高い時期だったので、なるべく安くなどとLCCを使ったこともあり、初日は名護市まで。

 2日目、6日(火)には、高江で工事が再開された7月11日から2ヶ月とたっていないのに3人目の逮捕者が出ました。しかも女性運転手、何かをやったというのではなく、低速で運転していただけなのです。それを警察が車から引きずり下ろして、5人がかりで押さえつけたというセクハラまがいの逮捕だったとのことでした。

 台風に向けて高江のテントを片づけた人たちが名護署に向かったとのことなので、私も名護署に行きました。そこでは、山城博治さんが本当に怒っていました。逮捕に関しては動画を見てもひどいものだということが明白です。小口弁護士などが3回の面会を行いましたが、釈放にはなりませんでした。しかし、逮捕された本人は元気で、「高江が手薄になるのは困る。私は大丈夫だからそちらに」と、何度も言っていたとのことです。抗議には来日中の米国帰還兵「ベテランズフォーピース」も参加していました。

 7日は水曜日で高江の集中行動日。砂利ダンプの南からの侵入は高江橋で止めました。大回りしての北側からはある程度入られましたが、行動としては大成功でした。しかし、ここで終わりというわけにはいかず再び名護署に。どこから聞きつけたか右翼と言う人が街宣車で「反日朝鮮人」なぞと口汚くののしりながら名護署の周りをまわっていました。

 

 しかし、抗議の声に押されたのか、女性は7時過ぎに釈放されました。近くの公園での集会には、車いすの島袋文子さんまで駆けつけ喜びあいました。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

☆cc

この1週間は大忙しだ 反TPP,共謀罪、日米演習に闘いの声を!

                              98日(木) 神戸三宮マルイ前市民デモ=街Img001_8211頭宣伝行動 16時~17時半

        99日(金) 憲法カフェ 19時~21時 アマナ・スペース(尼崎市立花町21310 公文式教室の西となり) 講師:弘川欣絵弁護士

            9月9日(金) ストップ!TPP緊急行動!発足集会 18時 学働館関生(地下鉄「阿波座」西7分)

         910日(土) うずみび講座 14時 福島区民センター(地下鉄「野田阪神」西南5分)山口正紀(ジャーナリスト)

         910日(土) 日米共同演習反対あいば野現地闘争 14時 高島市今津町・住吉公園(JR「近江今津」駅北東2分) ゲスト:伊波洋一参議院議員  128JR尼崎発新快速

         910日(土) 伊波洋一(参議院議員)さんと語る会 18時半 大阪大正会館(大正区役所南)

911日(日) 経産省テント設立5周年 怒りのテント前集会

                                     9月11日(日) 大内裕和講演会 14Img004_8121 新長田勤労市民センター(JR「新長田」西南3分)

         9月11日(日) 共謀罪反対兵庫弁護士会集会 14時 兵庫県弁護士会館(「高速神戸」北東5分) 講演:斎藤貴男 パネルディスカッション ほか

        911日(日) 憲法を考えよう!高作正博講演会 14時 よつ葉ビル(阪急「茨木市」駅東南5分)

912日(月) 市民選挙を考える会 18時半 神戸勤労会館(JR「三宮」東南3分)

913日(火) 岸井成格講演会 13時 大阪大学・大学会館(阪急「石橋」東15分 阪大構内)

914日(水) 阪神社会運動情報資料センター ブログ50万突破記念 交流会

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。



重ねて杉田ミオの奇妙な「論理」~「コミンテルンは息を吹き返しつつある」(ハア?)

参議院選挙前にブログに載った、意味不明・論旨不明の文章(そのまま掲載)

前述の「朝まで生テレビ」において、多くの女性論客は「保育所を義務化すべきだ」と主張しました。残念ながらこの主張は多くの日本人女性に支持されています。その背後に潜む大きな危険に誰も気づいていないからです。子供を家庭から引き離し、保育所などの施設で洗脳教育をする。旧ソ連が共産主義体制の中で取り組み、失敗したモデルを21世紀の日本で実践しようとしているわけです。

 労働組合に牛耳られたごく一部の特殊な学童保育所などでそういった保育が行われていることを公務員時代に目の当たりにして問題意識を強く持っていましたが、それが数年でここまで一般的な思想に変わってしまうとは本当に驚きです。

 旧ソ連崩壊後、弱体化したと思われていたコミンテルンは息を吹き返しつつあります。その活動の温床になっているのが日本であり、彼らの一番のターゲットが日本なのです。これまでも、夫婦別姓、ジェンダーフリー、LGBT支援-などの考えを広め、日本の一番コアな部分である「家族」を崩壊させようと仕掛けてきました。今回の保育所問題もその一環ではないでしょうか。

 7月10日には参議院選挙の投票日を迎えます。世論操作により、日本を貶めたい勢力により、国民がおかしな方向に導かれようとしている今こそ良識ある政治家の活躍が期待されています。 

■杉田水脈(すぎた・みお) 昭和42年4月生まれ。鳥取大農学部林学科卒。西宮市職員などを経て、平成24年に日本維新の会公認で衆院選に出馬し、初当選。平成26年に落選後は、民間国際NGOの一員として国際社会での日本の汚名を晴らすため活動を続けている。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

 

2016年9月 7日 (水)

NHK子どもの貧困に出た子を、嘘つき呼ばわりする、世界をかけめぐるヘイト「政治家」・杉田ミオ

  杉田ミオ(典型的なヘイトスピーカー・次世代の党・宝塚市在住)のブログと言えば、前後脈絡のないつなぎ合わせで論旨不明の文章が多いが、NHKの子どもの貧困問題では、少し長めの文章を発表している。論理的には、子どもの貧困はあるが、それは家庭のせい、子を持つ親は責任をもってちゃんと育てなさい、という事らしい。(下に発表のママ全文再録)
 これが維新の名を使えばだれでも国会議員になれた時に衆議院議員に比例近畿で復活当選し、その後も「政治家」を名乗って政治活動をしている人間の「見識」かと思うとあきれてしまう。
 「子どもの貧困はある」「しかしそれはなかなか言いづらく、表面化しない」ということを西宮市役所に勤めていて知っていたら、政治や行政がそれに対して施策を作り対応するよう働きかけるのが「政治家」の仕事ではないのか。そうではなく、貧困を訴えてテレビに出た子が、たまに美味しそうなな食事をしたら場面を見て、あの子は貧困ではないと勝手にきめつけ、あげくに「嘘をつけばどうなるか」と、ブログに書き拡散するなど、政治家でも産経新聞にコラム書く「識者」でもない。
 ちなみにこの杉田ミオという人物は、ずいぶん前に国会議員を落選したのに、家庭が裕福なのか、どこかから金が出ているのか知らないが、この夏には2週間にわたり海外旅行し(そんな金があれば、子ども食堂に回してほしいが)、「慰安婦は捏造」ということを訴えて回ったようだ。そして相変わらず、わずかの進歩でしかないが、ヘイトスピーチ規制法ができたり、障がい者差別禁止の歩みが最も遅れた政治の世界でも進んでいるにもかかわらず、「在日特権はない」と言っているようである。
  このような言説はあまり取り上げたくはないが、宝塚に住んで、世界を飛び回るヘイトスピーカー「政治家」に対する、久方ぶりの批判としたい。

子供の貧困〜NHK報道の問題点 (杉田ブログ 8・21)

NHKの子供の貧困を特集した報道番組が問題になっているようです。「子どもたちの6人に1人が貧困状態にある」その代表として登場した高校生が貧困とは程遠い生活をしていたとのことですが、この少女は「嘘をつけばどうなるか」ということについてとても貴重な体験をしたのではないかと思います。
それより問題なのは、子供の貧困を訴えて、自治体や国からの補助金目当てに会議や団体を立ち上げ、被害者ビジネスを行っている団体があるということです。
本当に子供の貧困はあります。行政の立場でいくつも現状を見てきました。その人たちは自分たちでそんな会議に出たり団体に参加したりできません。学校にすら行けません。だから、行政マンや専門家が必死で地域を歩いて探して探してしても見つからないのです。
生活保護の受け方やその生活保護の存在すら知らず、わが子を餓死させたり、わが子とともに餓死したりする事例が残念ながら毎年発生します。生活保護といえば不正受給のことばかりがクローズアップされますが、一番問題なのは、本当に必要な人のところに必要な支援が届かないことです。
そういった意味で、今回のような被害者ビジネス団体が大きな障害になっています。こんな団体があると行政は対応をしないといけません。その分労力が割かれますし、自治体によってはこれらの団体と一緒に行動することで「やったつもりになっている」ところも少なからず存在するでしょう。
今回の問題でNHKの責任は重大です。捏造番組であったのならば、きちんと視聴者にそれを説明すべきです。それをしない限り、テレビでしか情報を得ていない大部分の日本人(「NHKが言っていることは正しい」と思い込んでいる人が未だ多く存在します)はあの報道番組の内容をそのまま信じてしまいます。
残念ながら、「真実の貧困」をテレビ番組にして流すのは至難の業でしょう。私たちが見ることができるのはしょせん上辺だけなのです。
だからこそ、今子育て中の、またこれから子育てする方々にお願いしたい。
「せめて自分の子供だけはしっかり育てる。ちゃんと責任を持ってちゃんとした大人に育てる。」そんな気概を持ってほしい。
貧困の子供たちがかわいそうだと思うのなら、私たちにできることはただただそれだけではないかと思います。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

「改革」を唱えながら、ロゴを無断改変し(明白な著作権違反)使用した維新議員の「維新スピリッツ」って何だ

維新市議 尼崎市制100周年ロゴ 無断使用 無断改変 ― 丸尾牧県会議員のブログより

 尼崎市が、100周年を記念し、100周年のロゴを作りました。ロゴには著作権があり、ロゴの使用時には許可が必要です。また、ガイドラインがあり、尼崎市のイメージを損なう使い方はできず、ロゴが使える事業は、政治、宗教団体の利害に関しないものに限定しています。
 しかし、維新の会の光本けいすけ議員は、市に無断で、ロゴを使用し、無断改変をしました。光本議員は、朝日新聞の報道に対し「指摘を受けるまでガイドラインの存在を知らなかった。」と答えています。しかし、ガイドラインは常識の範囲内のことしか書かれていませんし、著作権について、市議が知らないはずはなく、軽率な行為であったことは明らかです。

 もしも光本議員に、良識があるのであれば、ロゴを使用したビラやHP、ブログで「無断使用、無断改変」したことを報告し、そこで自分の見解を述べるべきでしょう。

 前回の尼崎市議選前に、市議選に出馬予定の久保たかあきさん(維新の会)が、緑のかけはしの議員が作成したビラの記事を、自分のビラに無断転載したことがありました。改革を訴えながら、度を越したルール違反を平気で行う「維新スピリッツ」は理解ができません。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

いよいよ明後日(9日)は反TPP集会

 

今秋国会での大きImg001_8211_2な争点として、憲法改悪にむけた憲法審査会の問題があるが、今一つの争点は「テロ対策」に名を借りた共謀罪であり、TPPの国会批准である。「テロ対策」に名を借りてあらゆる政治活動を根絶やしにする共謀罪は9月11日の兵庫弁護士会の集会などが準備されているが、TPPの国会批准情勢に対応しては、反TPP集会が9日、大阪西区の学働館関生で開かれる。
 TPPは農業破壊だけでなく保険制度の破壊や、医薬品などのグローバル資本の制圧に道を開き、この国の枠組みを根本から破壊する。アジア太平洋全域の農林畜産業を破壊し、日本資本を含むグローバル資本がこの地域を制圧・破壊・収奪することになるのだ。講演は同志社大の田淵太一教授。この集会から関西での反TPP・国会批准阻止の運動を広げていこう

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

この国の農政=農業破壊を断じて許すな!~半世紀にわたり闘う三里塚とTPP

農地を奪い、農民からくらしを奪う
この国の農政=農業破壊を断じて許すな!

 三里塚闘争50年

 三里塚闘争は50年の長きにわたり闘いぬき、先日、50周年の集会が成功した。その詳しい報告は、当ニュースの他の稿に譲るが、そこで関西実行委員会からの挨拶や決意表明がなかったことが、関実内外から問われた。また批判の声も聞く。永井代表、山本世話人、そして安藤、私の両事務局次長がそろって参加していたこともあり、その人々には奇異に映ったのだろう。

 3月27日のあの成田市での集会で萩原富夫さんが反対同盟を代表して「50年を期して、分裂などの過去の壁を乗り越え、新たなうねりの中から市東さんへの農地強奪の攻撃をはねかえそう」という趣旨の提起を行った。

 この鮮烈な提起を聞いた時、私は、50周年の集会に「従来の枠組み」にこだわる必要はないと思った。残念ながら「7・3東京集会」はそうした準備の時間も討論もなく行われたために、基本的には「従来の枠組み」を引きずりながら、しかし、萩原さん、反対同盟の想いを反映したものとなった。それを支えるために、「時間もない」こともあり、私は関西実行委員会の発言を配慮することはないことを関実事務局会議の決定とし、反対同盟に事前に申し入れていたのです。私たちは、3・27の反対同盟の決意を反映し、新たなうねりを生み出すことをもって、私たちの三里塚闘争への新たな決意、反対同盟への連帯の想いとしようと決断したのです。

 市東さんの農地を守ろう
 今、三里塚闘争は、市東さんの農地をめぐり農地法裁判の最高裁決定がいつ出されるか、また、それに引きずられる形で耕作権裁判、あるいは新やぐら裁判がどう進むか、まさに重大な決戦局面にある。同時に「東京オリンピック」を口実とした成田空港の増便、規制の緩和が目論まれており、さらには第
3滑走路の建設、暫定滑走路のさらなる北延伸までもが具体的な過程に入ってきた。

 参議院選挙の結果としての安倍政権による沖縄・高江、辺野古への襲撃的工事強行、あるいは原発再稼働への前かがみな突入。そして改憲攻撃。こうした反動的な安倍政権の攻撃の中の一つとして、三里塚への攻撃が強まっていることをみなければならないだろう。

 その敵の攻撃を前に、三里塚が、従来のままの枠組みにしがみつき、あるいは「スローガン」を徒に叫んでいるだけのものでは、どうにもならないことは余りにも明らかだろう。

 今、私たちは改めて三里塚闘争を多くの人々に訴えることが必要となっているのではないか。

 農民殺しの農政

 三里塚への1966年閣議決定の攻撃は、そのまえの富里空港攻撃と一体のものです。

自民党政権は、1961年の農業基本法で、第1に農家戸数を減らし、農家一戸当たりの経営規模の拡大。第2に「選択的拡大」、単作化への方向付け。第3に生産性の向上を打ち出した。農地法の改悪により農業への企業、法人の参加への道を開いてさらに悪化したとはいえ、この流れは基本的には今日のTPP攻撃に至るまで一つの流れです。それは今日あけすけに語られている「もう農民はいらない」「儲かるものをつくればいい」という流れとして、1960年代に開始された農業切り捨ての流れなのです。だからこそあの機動隊を前面に出した攻撃が起こったのです。

今日、沖縄・高江に全国の機動隊が500人という規模であれ襲い掛かっている。当時、三里塚には全国から1万人を超える機動隊が集められ、傍若無人の襲撃を行った。今も、空港警備隊は全国からの1500人の動員で維持されていると聞く。このことの異常さを今、私たちは沖縄・高江の皆さんの怒りの声で改めて教わっているのではないか。

農民切り捨て、農業切り捨て、そして農地強奪。このことの決定的理不尽さ、暴虐を今一度問わなければならないのではないだろうか。今回の参議院選挙でも、TPPをめぐって争われた東北各県と北海道などでは自民党を打倒したではないか。

TPPの国会批准を許すな

今、三里塚で、萩原さんと市東さんが、柳川さん、島村さん、小泉さん、石井さんなどが農業を続けて行けるかどうか。北総の豊かな大地に、土に魅せられた若い人たちの農業への新たな参入があるとも聞く。こうしたさまざまな農民が生きて行く、農業の新しい在り方が、実は必要とされているのではないだろうか。三里塚闘争とは、そうした本来あるべき農業、農民の生き方を潰そうとしてきた国家権力との闘いではなかったのか。もちろん、ベトナム戦争の時代として「戦争反対」「軍事空港反対」の流れが強く反映した闘いとなったのも事実だが。

もちろんTPP反対がもはや農業だけではなく、医療や労使関係など様々な分野での新自由主義との闘いとなっている。しかし、農業、食糧の問題として非常に重要であることにはかわりはない。少なくとも「農民はいらない」「食糧は輸入すればいい」などという論理がまかり通るようなことがあってはならないことは自明の問題ではないのか。

TPPの国会批准が叫ばれるこの重大な局面でこそ、