« 高江で機動隊が新聞記者排除! | トップページ | 脱原発9.11怒りのフェスティバル~設立5周年~ »

2016年8月23日 (火)

相模原事件としょうがいしゃの問題を考える学習会の報告

21日の相模原事件としょうがいしゃの問題を考える学習会の報告です。(高見元博さんより)

 学習会は、定員30人の部屋に35人が参加。椅子がなくて「これ以上来たらどうしよう」と思う状況でした。

相模原事件後初めてしょうがい者が相模原事件をテーマに集会をやるということで、関心が集まったようです。日頃のお付き合いのある方がほとんどでしたが、日頃はお付き合いのない方もどこで聞いたのか来られていました。フェイスブックで宣伝していましたからそれを見たのかな。

学習会では怒りネット世話人の古賀さんからの詳細な報告があり、約1時間以上、活発な質疑討論がありました。

記憶に残っているものとしては、「国会議員にも働きかけてはどうか」「神戸でスタンディングを呼び掛けている人がいるので参加したい」「安倍との親和性があるというが、市民に特殊な人の特殊な事件ではないことを知らせる必要がある。街頭行動が大事だ」「岡山で大学准教授が障害を理由に不利益を受けた。しょうがい者作業所、学校での虐待や問題がある。この事件、彼を生み出す社会。福祉の中に優生思想がないか。地元での運動を作っていきたい」「措置ということがクローズアップされて誤解を生んでいる。しょうがい者による犯行と思わない方が良い。マスコミが被害者の名前を出さないことは第2のしょうがい者差別ではないか。名前が消えてしまうと忘れられてしまう。日航機事件のように毎年思い出されるべき事件だ」「ピープルファーストでも全国集会をする。介護保険問題で65歳になる友人がいるので教えてほしい」「作業所でも工賃加算など、市場原理に組み込まれる問題がある」などなど。

まだまだ書ききれないですが、「優生思想による事件であり許せない。被害者の名前が出てこないのは第2の差別ではないか。Uが措置と扱われることで新たな差別を生んでいる。810日の検討会で新法、精福法改悪、刑法改悪の流れが出てくる。院内集会や、1027大フォーラム、神戸の取り組みで迎え撃とう。」とまとめました。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

« 高江で機動隊が新聞記者排除! | トップページ | 脱原発9.11怒りのフェスティバル~設立5周年~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/67144565

この記事へのトラックバック一覧です: 相模原事件としょうがいしゃの問題を考える学習会の報告:

« 高江で機動隊が新聞記者排除! | トップページ | 脱原発9.11怒りのフェスティバル~設立5周年~ »

2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
フォト
無料ブログはココログ