« 秋の本格的闘いに向け、週末は好企画集会、ぞくぞくと | トップページ | テント続報:跡地前で抗議つづく「原発なくなるまであきらめない」~レーバーネット日本より »

2016年8月21日 (日)

本日早朝の経産省前テントの撤去を弾劾する

「われわれがテント!負けないで続ける!」~脱原発テント強制撤去される

Home 検索

 
 



User    Guest   
ログイン
情報提供
News Item           0821shasin      
            Status: published
View

            
Share

「われわれがテント!負けないで続ける!」~脱原発テント強制撤去される

動画準備中

 それは8月21日の未明、午前3時40分だった。5人の泊まり番のうち起きていたのは2人。そこに、裁判所執行官・経産省職員・警察の人間があらわれ「10分以内に私物をもって退去せよ」と通告した。すでに周辺の地下鉄出口3か所と周辺道路はバリケードで封鎖されていた。5人が退去すると「テント撤去」作業が開始され、約1時間で撤去が終わった。一部マスコミは事前に知らされていたようで、三脚をたてて撤去の様子を撮影していた。未明に電話やメールで知った支援者らが駆け付けたが、すでに作業は終わっていた。


 *テントがあった場所

 続いて午前6時半に抗議集会、9時から記者会見、13時から抗議集会と、テント跡地では断続的に抗議行動が取り組まれた。「撤去すべきは原発でテントじゃない」「今度はわれわれ一人ひとりがテント」「負けないで続ける」。怒りと新たな決意の声が聞かれた。脱原発テントは約5年、この日は1807日目だった。

 警官隊に守られて経産省職員が何度もやってきた。「国有地」の看板を付け直したり、台座に腰掛ける市民を恫喝したり、市民に座らせないようにベニヤ貼り作業をしたりしていた。そのたびに小競り合いがあった。そうした混乱のなか、1名が逮捕された。


 *台座に座らせないために急遽つくった造作物

 記者は、テントを支えてきた人に話を聞いた。毎週一日来ていたという女性(写真下)は「テントは消えたけど気持ちは変わらない。行動を続ける。このクニはひどくなるばかりで、その責任は私たちにある。これから大変な若い世代のためにも頑張りたい」と語っていた。

 車イスでテント通っていた男性(写真下)は、「とにかくよく5年間頑張った。私は64歳でかかわりいま69歳になった。その間、亡くなった人もいた。テントの反原発闘争の意義は大きい。続けていきたい」と誇らしく述べた。

 市民が跡地前にプラカードを並べ、折りたたみイスを出して座り始めると、警察の幹部があわてて「座り込みは禁止されている。道交法違反だ」と盛んに警告し「強制排除する」と脅かしていた。しかし、市民らは当然のように座り込み、抗議行動をつづけた。

 火炎瓶テツさん(写真)は、ラップ調のコールで「今度はわれわれ一人ひとりがテントになろう。テントになって歩いて声をあげよう」と元気に呼びかけた。テント跡地から、また新たなたたかいがはじまる。(M)

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

« 秋の本格的闘いに向け、週末は好企画集会、ぞくぞくと | トップページ | テント続報:跡地前で抗議つづく「原発なくなるまであきらめない」~レーバーネット日本より »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/67115393

この記事へのトラックバック一覧です: 本日早朝の経産省前テントの撤去を弾劾する:

« 秋の本格的闘いに向け、週末は好企画集会、ぞくぞくと | トップページ | テント続報:跡地前で抗議つづく「原発なくなるまであきらめない」~レーバーネット日本より »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ