« 俳優の石田純一、東京都知事選出馬か 「決めていないが気持ちはある」 | トップページ | みずおか俊一さんの動き~最終日、近くのスポットに駆けつけよう »

2016年7月 8日 (金)

なぜ出る宇都宮健児~せっかくの野党共闘を壊すつもりか

 都知事選の動向が激しい。これまで当ブログは、自民分裂の「小池の乱」と、松原仁民進党都連などのスカな動き、そして昨年戦争法反対の流れの石田純一を扱ってきたが、本日2度の知事選で敗北した宇都宮健児が出るとの報道に接し、「あんぐり」というのが率直な感想だ。石田純一は都政的には素人かもしれないが、マスゾエ退陣以降の情勢をみながら相を練っていた様子がうかがえ、本日の記者会見でも「野党四党」という言葉を使った。つまり15年戦争法反対闘争への参加と、それをひきつぐ参議院選・都知事選という流れの発展を願っての立候補への動きということがよく判る。
 それに比して宇都宮健児の動きは、「応援する市民団体」だけで「野党共闘」という言葉が使われない。
 前回の都知事選での野党分裂の乗り越えとしても15年安保闘争や今次参議院選の野党共闘はあり、せっかく民進党もこの流れに乗ってきたのに、前回都知事選の野党分裂の候補者が、またぞろ手をあげるということは、どういうことだろう。民進党サイドも右派で野党共闘の対象外の長島議員を候補から外したのに、今度は共産党系と目される宇都宮氏が立候補を表明する始末。
 分裂では勝てないこという前回都知事選の痛苦な教訓を、宇都宮氏や彼を推薦する人びとはどう考えているのだろう。ここは「野党共闘」を推進してきた志位委員長―小池書記長ラインの指導力が問われていると言って過言でない。志位委員長は勝てる野党共闘の候補選びに、全力をあげなくてはならない(その際は、石田純一も身を引くと言っている)。 そうではなくて、また宇都宮健児がいろいろ理由をつけて立候補することになるなら、「結局、あの人たちは、自分たちのことしか考えない人」という風評を、20年は消せなくなるだろう。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

« 俳優の石田純一、東京都知事選出馬か 「決めていないが気持ちはある」 | トップページ | みずおか俊一さんの動き~最終日、近くのスポットに駆けつけよう »

コメント

前回の時も、最初に宇都宮氏が手をあげていて、後で細川氏が出てきました。宇都宮氏が話し合いを求めたのに応じなかったのは細川氏の方です。
今回も、宇都宮氏は野党に推薦を求めていたのに野党は無視し、またぞろまったく準備もない鳥越氏を、宇都宮氏が立候補を表明した後に推薦しています。自民党反対派の票を分裂させた責任はどちらにあるのか。共産党も含めた野党、公約もないまま手を挙げた鳥越氏の方に責任があると私は思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/66411871

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ出る宇都宮健児~せっかくの野党共闘を壊すつもりか:

« 俳優の石田純一、東京都知事選出馬か 「決めていないが気持ちはある」 | トップページ | みずおか俊一さんの動き~最終日、近くのスポットに駆けつけよう »

2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    
フォト
無料ブログはココログ

最近のコメント