« 都知事選、弟が鳥越候補を応援した石原伸晃都連会長は処分されないのか | トップページ | 高江への機動隊派遣に反対の声を! »

2016年7月20日 (水)

7月19日「伊方原発再稼働準備中に事故、再稼働断念へと追い込もう」

7月19日「伊方原発再稼働準備中に事故、再稼働断念へと追い込もう」

 四国電力伊方原発3号機は、7月26日に向けた再稼働準備中、1次冷却水ポンプの水漏れ事故による部品交換のため8月以降への再稼働延期となったことは、すでにご承知のことだと思います。 あれだけ規制委が審査を繰り返した上での事故であり、使用前検査もしている中での事故であることからも、長期間停止していた原発には、いかなる不具合が生じていても不思議でないことが明らかとなり、ますます伊方3号機への不安と危険性は高まっているとしかいいようがありません。
 そして、「みんなで止めよう伊方原発7.24全国集会」を準備中に、愛媛県警察本部が、伊方原発3号機の再稼働にともなって、7月下旬に伊方原発ゲートに通じる県道と町道で検問を実施し、車両の通行規制を行う方針であることが明らかになっていたが、これに対しても極めて不当な措置であると県内外から怒りの声が上がっていました。
 伊方原発再稼働阻止実行委員会や愛媛県議5名が、「伊方原発周辺で集会が予定されていることを理由に、数キロ手前の周辺道路で検問をかけ、職務質問や免許証の提示、車両の通行止めを一斉に行うことは、憲法第21条ですべての個人に保障されている集会の自由、表現の自由などの基本的人権を制限・侵害するものであり、警察権の濫用と考えられる。」として、この措置を批判し、通行規制の撤回を求めて申し入れを県警本部と県公安委員会に行っています。
 警察権力も巻き込んだ再稼働が8月以降へと延期されたことを機会に、再稼働断念へとつなげていくよう闘いを強化していこうではありませんか。
 今夕、19日行動もあります。さらには、20日16時30分~、22日17時30分~からビラ配布、25日16時45分~四電高知支店への抗議申し入れも行われます。県内の行動です、たくさんの皆さんのご参加をお待ちしています。
 そして、何よりも24日の全国行動に参加可能な方は、是非、参加申し込みをして頂きたいと思います。9時県民文化ホール出発。バス利用料4000円(連絡先:平和運動センター℡088-875-7274)
 私は、24日は理事を務めている自治研究センターシンポ「どうなる?どうする?高知の介護と高齢者の暮らし」のため、あいにく参加できませんが、参加者の皆さんに思いを託させて頂きたいと思います。

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

« 都知事選、弟が鳥越候補を応援した石原伸晃都連会長は処分されないのか | トップページ | 高江への機動隊派遣に反対の声を! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/66594334

この記事へのトラックバック一覧です: 7月19日「伊方原発再稼働準備中に事故、再稼働断念へと追い込もう」:

« 都知事選、弟が鳥越候補を応援した石原伸晃都連会長は処分されないのか | トップページ | 高江への機動隊派遣に反対の声を! »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ