« 当面の行動~8・6まで | トップページ | みずおか応援最終スケジュール »

2016年7月 4日 (月)

解説報道 参議院兵庫選挙区、大激戦 2~3位を3人で争う

 当初から言われていたことだが、兵庫選挙区(定数3)では、自民の末松には◎が付いており、2~3位を片山、伊藤、水岡が争う激戦とのことだった。
 最終版に入ってもこの傾向は変わらず、片山一歩リード、伊藤を水岡が半歩で追うという展開のようだ。(『週刊現代』7月16日付号)
 しかし片山=お維新は先日も父親である片山虎之助(お維新共同代表、参院比例区)が尼崎入りしたが、演説を聞く聴衆はほとんどおらず、橋下なきあとの維新がかつてのような勢いがあるとはとても思えない。ゆるやかな支持層はあるのだろうが、それがそのまま票になるかは疑問だ。
 伊藤はそれなりの支持基盤はあるのだが、安全でないとの見方は強く、自公共闘の強さを見せるため、安倍首相がわざわざ伊藤の応援演説に入るほど。自民の票をごそっと引き込めば安全圏なのだろうが、そうすると片山の方が3位になる。
 水岡は現職ながら知名度はなく、運動体も弱かったが、6月28日に蓮舫が神戸入りして2300人の集会をやり、ラストスパートがかかった。7月3日の宝塚では新たな事務所開きに150人が集まり、中川宝塚市長も応援に。毎日とNHKは3位と出ているが、他Img001_745の4マスコミは4位。あと当選圏に食い込むには、野党共闘でがんばる市民グループや新社会党が、5位無印の金田と水岡を半々で押す(自主投票)のではなく、「護憲派の1議席を守るために、4位に投票を集中しようと」となるなら、逆転の芽も大いにあるのではないだろうか。 

 となるとますます伊藤は自民党支持者からの票を求めることになり、他党・他グループからの票の見込めない片山と、文字通り三つ巴で1万票単位の票を争うきわどい闘いになるのではないか。
 あと5日間、最終盤に入った兵庫選挙区の動向から目が離せない。(図表はクリックすれば、大きくなります)

 

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
上 の
ークを強く押してくださいせ。

« 当面の行動~8・6まで | トップページ | みずおか応援最終スケジュール »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/66348142

この記事へのトラックバック一覧です: 解説報道 参議院兵庫選挙区、大激戦 2~3位を3人で争う:

« 当面の行動~8・6まで | トップページ | みずおか応援最終スケジュール »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ