« いよいよ明日は、尼崎女性センター・トレピエで、『戦場ぬ止み』の上映会 | トップページ | 二つの補欠選挙は安倍政治の終わりの始まり »

2016年4月24日 (日)

月末の月曜日は、日本ドイツ現代史研究会

 当センターの新たな企画として、研究・学習活動を長年考えてきたが、その一つの現代史研究会がいよいよ4月25日から始まる。現代史と言っても一般的ではなく、ひとまず日本とドイツの150年の歴史の研究で、最初は1930年代を中心にということで、「日本ドイツ現代史研究会」と名付けた。以下、その案内を添付する。

 

阪神社会運動情報資料センターからのお知らせ

日本ドイツ現代史研究会に参加しませんか
     4月25日()から、月1回の研究会を西宮で開催

  憲法改正の道をひた走る安倍政権の副総理・麻生太郎は、2013年に次のように発言した。「昔はみな静かに(靖国神社に)行っておられましたよ。各総理大臣もみな行っておられたんですよ。これは、いつからかマスコミ騒ぎにしたんですよ。・・・騒がれたら中国も騒ぐ、韓国も騒ぎますよ。だから静かにやろうというんです。憲法も、ある日気がついたら、ドイツのワイマール憲法がいつのまにか変わってナチス憲法に変わっていた。だれも気がつかないで変わった。あの手口学んだらどうかね」(要旨)と。

「ナチスの手口を学んだら」という麻生の発言を憤慨するだけではすませられない。ナチスのおこなったホロコーストなどは『アンネの日記』や『夜と霧』などの本や映画で知っている。しかし世界で最も民主的な憲法といわれた「ワイマール憲法」と「ドイツの戦後民主主義」がなぜナチス政権になったのか。その成立過程や内容について知っているだろうか。またヒトラーの『わが闘争』も。219日の朝日新聞「『わが闘争』で学ぶドイツ」では次のように言う。「ナチスの独裁者ヒトラーが、自らの半生や反ユダヤ思想をうたった著書『わが闘争』は、戦後はナチスの聖典と忌み嫌われ、長く禁書扱いされたが、著作権消滅を受け、教材化の動きが広がる。難民の大量流入で排外主義が強まるなか、独裁者を「反面教師」にしようという狙いだ。」「10代の教え子たちがヒトラーについてほとんど何も知らないことに衝撃をうけ、ヒトラー伝記の出版を決意した。現在の難民危機や排他主義の問題はヒトラーの思想と無縁ではない。歴史は続いている。」

  いまドイツでナチスの歴史を学ぼうという動きが進んでいる。日本でも麻生以上に、くりかえさなために「ナチスの手口」を学び、また自国の歴史も学ぼう。「皇紀年号」や「八紘一宇」(三原じゅん子参議院議員の質問)が国会に登場してくるなかで、安倍の憲法改正後の日本がとる姿を考えていかねばならない。

日独の1930年代の歴史を学ぶことは喫緊の課題である。多くの方の研究会への参加を呼びかける。

1回研究会 425() 18時半 西宮男女共同参画センター・ウエーブ
                                                   
(阪急「西宮北口」南2分 プレラ西宮4階) 

 
テキスト 石田勇治『ヒトラーとナチ・ドイツ』(講談社現代新書 20156月刊)231


●ビデオ『NHKスペシャル 新映像の20世紀 時代は独裁者を求めた』 の1部分=30分を上映 または『報道ステーション 3月18日~緊急事態法から独裁政治へ』

●講師(元高校社会科教員)の報告と討論 第1回テーマはテキスト「2章ナチ党の台頭 3章ヒトラー政権の成立」
○第一クールは、このテキストで4月・5月・6月の3回   第二クールは日本の1930年代を3回  第三クールは、日独近現代史比較研究   その後、時代とテーマごとに深めていく予定です。

今後、研究会を重ねて、研究テーマ設定や、会の役員・事務機能などを整備していきます。講師=報告者は、元高校教員、社会運動家、大学名誉教授など。報告と討論を重ねていきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
下の
ークを強く押してくださいせ。


 

« いよいよ明日は、尼崎女性センター・トレピエで、『戦場ぬ止み』の上映会 | トップページ | 二つの補欠選挙は安倍政治の終わりの始まり »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/65137101

この記事へのトラックバック一覧です: 月末の月曜日は、日本ドイツ現代史研究会:

« いよいよ明日は、尼崎女性センター・トレピエで、『戦場ぬ止み』の上映会 | トップページ | 二つの補欠選挙は安倍政治の終わりの始まり »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ