« 二つの補欠選挙は安倍政治の終わりの始まり | トップページ | 橋下のいない維新なんて、コーヒーのないクリープのようなもの »

2016年4月25日 (月)

北海道5区の惜敗は残念だが、くじけず次のたたかいを準備しよう

Photo   きわめて残念な北海道5区の補欠選挙の結果であるが、負けは負けだ。候補はよく頑張ったが、応援するわが方の力が少し不足したのだ。
   一方向こうは、政権崩壊を防ぐために金と権力にまかせて大動員した自民、必死に期日前投票に信者を行かせた公明党、野党を裏切り政権亡者と化した鈴木宗男親子(何度でも罵ろう、見損なったぞ宗男!)などの「努力」が実を結んでしまったのだろう。
 しかし、池田まき候補と野党共闘はよくたたかった。自公の政党支持率は40%を超えるがその9割を和田候補は固めていた。安倍も必死だったのだろう。一方野党共闘は8割~9割が池田候補に投票した。しかし、その政党支持率は民・社・生・共を全て足しても20%ほどだ。頼みの綱の無党派層(実はこれが第一党)は6割以上が池田候補に投票し、これだけなら和田候補に倍の差をつけている。これらのプラスマイナスの差がわずかに自民を勝たせたとう冷厳な事実だ。
 これを教訓に、日本全国で野党共闘を力強く
Photo_2推し進め、参院選・衆院選で改憲勢力を激減させ、安倍極悪政権を退陣 に追い込むよう、各府県・各選挙区において早急に予定候補の確定・1人区での一本化を早急に進める努力を今日から進めよう。
 京都3区は自民党が不戦敗、「弱小民進」のはずの泉ケンタ氏が勝利した。本来、反戦をあからさまに訴えない泉氏だが各地でのデモにも結構出かけているようだ。感心感心。
 自民支持層の内でおおさか維新候補に入れた人は2割程度らしい。賢明だ。
安倍政権の第五列=おおさか維新、ファシスト勢力の絶滅の日が早からんことを祈る!


世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
下の
ークを強く押してくださいせ。


« 二つの補欠選挙は安倍政治の終わりの始まり | トップページ | 橋下のいない維新なんて、コーヒーのないクリープのようなもの »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/65150449

この記事へのトラックバック一覧です: 北海道5区の惜敗は残念だが、くじけず次のたたかいを準備しよう:

« 二つの補欠選挙は安倍政治の終わりの始まり | トップページ | 橋下のいない維新なんて、コーヒーのないクリープのようなもの »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ