« 花粉症にみかんの皮はやはり効いた! | トップページ | 雑誌の紹介 『世界』5月号と、『世界 別冊』 »

2016年4月12日 (火)

新社会党が、衆議院選挙兵庫9区(明石・淡路)で、菊地憲之県本部書記長の擁立決定

 参議院選挙にあわせて衆議院解散・総選挙が4・24補欠選挙で大敗しない限り必至の情勢にある。兵庫県下では参議院選挙にあわせて「野党は共闘、みんなで選挙」(ミナセン)の動きが活発になり、衆議院の選挙区ごとのミナセンの結成へ、既にある尼崎(8区)、丹波・但馬(5区)にくわえて、16日=西宮・芦屋(8区)、20日=神戸西区など(4区)、キックオフ集会が開かれようとしている。
 他方野党の方も、民進党・共産党だけでなく、新社会党・緑・社民党も候補者擁立を「ミナセン集会」でも発言していたが、ここにきて新社会党が9区での立候補を表明した。9区の明石は戦争法反対の共同闘争が県下で一番進んでおり、3月19日の行動には「アベ政治を許さない市民デモKOBE」もここに合流して、3グループで250人の集会デモとなった。ここで新社会党が名乗りを上げ、市民とも連携し「野党共同候補」になれば画期的だ。困難ななか名乗りを上げた菊地さんにエールを送りたい。
 とともに、さらにアベ政治を許さない、市民と政党のそれぞれの奮闘と連携を進めていこう。

■粟原新社会党県本部委員長のFBより引用 
(4月10日の)大会後、県民会館で新社会党兵庫県本部結党20周年のつどいを開きました。
20年間支えて頂いた支持者への感謝と安倍政権を倒すために衆参選挙を主体的に戦い、将来の展望を切り開くための出発の集いになりました。
特に、衆議院選挙9区で立候補が決まった菊地憲之さんの決意に参加者一同大きな感動を覚えました。新社会党としての衆議院議員選挙候補者は20年ぶりに擁立です。
野党統一候補に何としても押し上げたいと思います。
集いには大巻さんと春間げんさんがステージを飾っていただきました。

あわはら 富夫さんの写真
あわはら 富夫さんの写真
あわはら 富夫さんの写真
あわはら 富夫さんの写真

























世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。(画面をPC設定、デスクトップ設定などにしたら順位がわかります。)
下の
ークを強く押してくださいせ。

« 花粉症にみかんの皮はやはり効いた! | トップページ | 雑誌の紹介 『世界』5月号と、『世界 別冊』 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/64935803

この記事へのトラックバック一覧です: 新社会党が、衆議院選挙兵庫9区(明石・淡路)で、菊地憲之県本部書記長の擁立決定:

« 花粉症にみかんの皮はやはり効いた! | トップページ | 雑誌の紹介 『世界』5月号と、『世界 別冊』 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
フォト
無料ブログはココログ