« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2015年11月

2015年11月30日 (月)

引越社がブラック企業ネット投票1位。おめでとう勇猛な副社長!(その1)

 Mqdefault 今年、超有名になった企業が「アリさんマークの引越社」だろう。タレントを使い、超高額のテレビコマーシャルを打つよりも遥かに社名を上げてくれたのが井ノ口副社長だ。社前抗議街宣というごく普通の労働組合活動に立ちはだかって「こら、誰にモノ言うとんのじゃ!」「われ、いま足踏んだやろ、何踏んどるんじゃ、こら!」「こら、何やっとんじゃお前!」などと蛮勇を振るった副社長。動画で見るとわずかな時間に延べ10回以上も「こら!」「お前!」を連発している。今時のやーさんでさえ(チンピラ以外は)こんな乱暴な言葉は使わない。ビデオを見た第三者の私でさえ、今にも井ノ口さんにドツカレるのではないかと思って怖かった。
 しかし、世の中は最近の選挙を見てもわかるように、乱暴な言葉を使って相手を罵倒し、恐怖を与えたり、相手の意欲をくじく人物が勝利するのが流行りだから、ネットで一番人気に選ばれたのもうなずける。

 ところがこれで井ノ口副社長は焦って週刊誌に反論を載せた。「乱暴な言葉を使ったのは事実で、反省するが、足を踏まれたら誰でも怒るでしょう。」と言い訳をしている。

いやいや、仮に足を踏まれたり、ちょっと肩がぶつかったりしたくらいで「尋常な人」は「なに踏んどるんじゃ、こら!」などと怒鳴ったりしない。上場企業の副社長ならなおさらそうだろう。大音量で街宣したからなどとも言っているが、動画は正直だ、副社長。全然大音量じゃない。落ち着いた声、適正な音量、穏やかな表現で引越社の不当労働行為を批判しているだけだ。これだけでも副社長の弁明がおかしいことは明らかだ。第一、反省など口先だけであり、組合と労働者が悪いと居直っているので、反省ゼロだ。
 引越社は役員が揃って靖国参拝をするらしい。類は友を呼ぶという。反省のない軍国主義教団とヘイト勢力と同じで「反省なし・傲慢会社」と言うことだ。ブラック企業ネット投票1位の引越社さん、おめでとう!

次回は引越社の差別実態を物証により明らかにする。「待て、次号!」

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してくださいせ。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

4月から電力自由化 関西電力から電気を買う必要はない~広瀬隆さんの講演から

原発の電気」とはさようなら~「電力自由化」で広瀬隆さん講演
来年4月から電力自由化によって、私たち消費者が電力会社を選べるようになる。11月28日、東京・水道橋の「スペースたんぽぽ」で広瀬隆さん(写真)が「電力自由化で原発と電力会社を葬る!!」と題した講演を行った。会場は80名完全予約制でぎっしり。広瀬氏は、豊富なデータと資料をもとにマスコミでは知ることのできない電力をめぐる実態を明らかにした。「安倍がホルムズ海峡問題で騒いでいるが、2014年度の火力電力の原料の90%は石炭と天然ガスで石油は10%にすぎない。石油エネルギー危機は大ウソだ」。「電力会社の経営が厳しいのは原材料のせいではなく、原発を抱えているから。原発は動かさなくても維持費だけで数兆円かかる」とその具体的数字を示した。一方、安くて安定した電力を確保するため、企業は電力会社から購入せず、自社で発電機をもつようになり、その比率は年々増加している。大きく様変わりしている電力業界。そして来年4月から「電力自由化」である。(M) 続き     (レイバーネット日本より)

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

ヘイト反対に立ち上がる市民。難民拒否をわめきたてるヘイト派。

2848e4ce610575e5242db968deec3f6b_1  人権Dsc_0036意識のカケラもない人達が「難民受け入れ反対」を叫んでいるのは悲しいことだ。困ったときはお互い様という「日本人の美徳」を忘れたと見える。 日本で食い扶持が無かった時に、地球の裏側まで日本人移民が渡っていった。受け入れてくれたハワイ、ブラジル、ペルー、アメリカはじめ、世界の人々の暖かい心で日本人社会が世界で根付いた。中国や朝鮮はじめアジア や太平洋諸国へ日本人が「移民」して行った時に、軍隊の力で現地の人々の土地や資源や食料を強奪せず、平和に平等にお付き合いすればそれらの地域でも受け入れられただろう。 
 Dsc_0035 今や世界中にチャイナタウン・コリアタウンがある。「困ったときはお互い様」は日本だけではないのだ。その「移民・難民」を排斥することで日本が豊かになれるはずがない。むしろ世界の人々を受け入れることで多様性のある文化・食生活・宗教・道徳・芸術を取り入れて、生活をより良くしてきた2千年の日本の歴史を振り返ってみようではないか、ヘイトな諸君! そもそも極右の人たちが「敬愛」をさけぶ皇室は、朝鮮半島での攻防に敗れた勢力つまり難民の頭領が来日して形成した可能性が強い。
この1週間、各地で難民受け入れ反対デモがあったが、極めて少数であったことは喜ばしい。さらにうれしいことにはそういうヘイトを強く諌めるデモがいずれの地でも、ヘイト勢力の何倍も集まったようだ。日本人も捨てたものではない。「仲良くしよう」「心を広く」の意思表示がとても「美しい」

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月29日 (日)

いよいよ明後日から12月 12月も熱い闘いが続く

121日(火) 池田浩士さん講演会 1710分~ 神戸大学文学部B331教室

 124日(金) 伊井孝雄さんの話を聞く会 18時半 アステ6回(阪急「川西能勢口」南1分)   

125日(土) 政党と市民の討論集会 安保法の廃止へ、連携の輪をどう作るか  
13
時半 神戸市教育会館(JR・阪神「元町」北7分)   

125日(土) 連続市民講座④ 14時 いたみホール会議室 在間秀和(弁護士)

125日(土)  ■ストップ日米共同Img002_1181演習(ヤマサクラ69)大集会 13時半 伊丹市・昆陽池公園

        125日(土) 不忘南京集会 13時半 PLP館 証言:陳徳寿さん

        125日(土) 池田浩さん講演会 14時 エルおおさか5F視聴覚室 主催:グループZAZA

        125日(土) 共謀罪を考える兵庫県集会 14時 兵庫弁護士会館(「高速神戸」北東5分)
江川紹子 山下幸夫

              125日(土)  辺野古基地建設強行糾弾 緊急集会 18時 エルおおさか南館5階ホール
講演 伊波洋一(元宜野湾市長)  主催: 沖縄意見広告他3団体

        125日(土) 15もんじゅを廃炉へ!全国集会&高浜原発再稼働阻止全国集会
12
時 福井市文化会館 福井市西公園

126日(日)  大阪ロックアクション 13時 新阿波座公園(地下鉄四つ橋線「本町」西南2分)

          126日(日) NHKの罪と受信料義務化 13時半 神戸・婦人会館5F(「高速神戸」北5分)
    
        醍醐 聰(東大名誉教授)

126日(日) 阪神Img001_92813_2ルクス主義原典を読む会 14時 宝塚・大林寺(阪急「清荒神」北15分)

 129日(水) 「戦争法」違憲訴訟開始集会 18時半 エルおおさか 半田滋・泥憲和・西谷文和

 

                 1212日(土) 連続市民講座⑤ 14時 西宮勤労会館 ちょっと変わった障がい者支援

                 1212日(土) 水平社宣言を読む講演会 14 宝塚西公民館 友永健三 主催:宝塚宗平会議

 

                 1214日(月) オール沖縄県民会議結成大会

 

                           1219日(土)  脱原発県庁包囲行動 1314時半

                           1219日(土)  連続市民講座⑥ 14時 神戸私学会館  知花昌一(真宗大谷派僧侶) 新田宜明(沖縄県議)  終了後・私学会館で交流会(17時より)

                  1219日(土) はだしのゲン映画会 14時 高槻市民会館305(阪急「高槻」南5分)

                1219日(土) 関西学生平和フォーラム                  18時半 難波学習市民センター 講演:内田樹

1220日(日) 知花昌一さんを囲む会 13時半 大阪市立港近隣センター(地下鉄「朝潮橋」南西5分)

1220日(日) 第3師団申し入れ行動 11時半 3師団西門

1221日(月) 「君が代不起立」処分撤回裁判 判決 1310分 大阪地裁809

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

連続市民講座・農業問題 60人の参加で盛況 山下惣一(農民・作家)さんはコミュニスト

 「市民の手で社会をImg_20151128_141152_12291変えよう連続市民講座」第3講座は、11月28日に尼崎中小企業センターで山下惣一さんを迎え60人の参加で盛況であった。
 佐賀県唐津市在住の山下さんは、田んぼと畑とミカンを作る農民で、また作家活動でも多くの本を出している。この日の講演は、戦後の自民党農政批判の上に、現在のTPP大筋合意と農業への株式会社参入が農業そのものを壊滅させる暴挙であることを批判した。特に「儲かる農業」・大規模農業という考えそのものが間違っていることを訴えた。農業は家と土Img001_11292地を軸に、代々受け継ぎながら、自然を相手に自分たちの生活を営み、また作物を通じて消費者と繋がる生産行為である。それは利潤を媒介にする資本主義生産とは違って、働くことそのものが喜びである、と縦横に論じた。そしてその行為がいま破壊されようとしている新自由主義を批判した。
 また政府の農政に対して、さまざまな提案を求められることがあるが、反対はしても提案はしない。提案すれば大規模農業のようなものの手助けになる。そうでなくて1町5反(1・5ha)くらいで食べていけるようにするのが国の仕事であり、山下さんの生き方そのものが自民党農政批判であると語った。
 質疑応答・交流会では、関西各地から参加した参加した人たちから、農村・地方の消滅の危機、Iターン・Uターンの話や、都市住民と農家の連携、定年後の半農生活など次々に質問が飛び、農の危機・食の危機を真剣に考える集会となった。自民党農政に反対しながら専業農家を貫き、多数の著作を持ち各地で講演も行い、息子さんは今はサラリーマンながら定年後は後を継ぐという生き方は、存在そのものが自民党農政・資本主義批判になっており、思わず「山下さんはコミュニストですね」と言ってしまうと、否定はされなかった。
 連続市民講座はこれで半分が終了。来週は多くの集会が重なり大変だが、14時からいたみホールで、労働問題に詳しい在間秀和弁護士の「長時間労働と低賃金批判」の講演会がある。ここでも活発な討論が行われることを期待したい。

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

自公政権は「金持ち優遇・庶民増税政権」だ

Photo  昨日、企業献金が23億円に増えたことを紹介した。それもそのはず、安倍政権はますます大企業を肥え太らせ、中小企業と市民のフトコロをいじめる税制改正をさらに進めようとしているのである。自公が決めた来年度の税制改正大綱は、呆れるほど露骨なものだ。主なものだけ見てみよう。
 まずNISA減税。NISAとは少額投資非課税制度。機関投資家や富裕層だけでなく小金を持った層、そして地道に貯金をしている小児にいたるまで「非課税枠」を充実させると言うのだ。非課税枠が増
Photo_2えるからイイのでは?などと騙されてはいけない。少額のうちは儲けさせて、ある程度まで手持ち金が貯まってきたらがっぽり巻き上げるのは博打の胴元の常套手段なのだ。NISA非課税で、100万円程度の余裕資金を持つ人を対象に、喜ばせておいて、のちのちは・・・というわけだ。 
 次が結婚などの資金を親が贈与してあげる非課税限度を1千万にする。住宅購入資金は1500万円贈与まで非課税になる。中間層の非課税を増やすことが名目になっているが、1千万単位のお金を子どもにポンと贈与できるのはプチ富裕層。 
Photo_3  こういう小手先軽減をしておいて、企業には念願の法人税減税3.29%をプレゼント! もちろん大企業ほどパイが大きいから恩恵も特大になる。自動車税も燃費基準を厳しくして、新基準をクリアする新車を買わないと増税になるように仕組んである。より税率が安い新車はもちろん高いのだ。トヨタが企業献金ダントツトップなのも当然だろう。ちゃんと軽自動車の減税が用意されているが、もともと軽は税金が安いから、多分何百円の減税にしかならない、しかも1年限りなのだ。
 もちろん消費増税がガツンと用意されている。
 とかく政治や外交のニュースばかりに目を奪われるが、経済のニュースもちゃんと目を通して、なおかつ、しっかりした分析力をもっておかねばならないことを痛感した。
このお返しはあと7ヶ月後に始まる参議院選挙できっちりしなければ。その時になってからでは遅い。今から取り組まなければならない!

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月28日 (土)

アベノミクス→大企業ボロ儲け→献金23億円

 Photo 庶民の生活には何ら恩恵がないアベノミクスだが、大企業には莫大な利益が転がり込んでいる。そのうえ企業減税(大衆増税とセット)が実現すると大企業の社長たちは笑いが止まらないほど儲かる。血税や年金引当金などを使い込んで行う株価吊り上げ工作でPhoto_2 見せかけの株価上昇を行い、原発推進と軍需産業で大企業はさらにボロ儲けすることになる。その膨大な利益から自民党への企業献金がドッと流れ込むのだがついにそれが昨年は23億円になった。トヨタの6500万円から東レ、キヤノン、住友化学、日産、新日鉄住金、三菱重工、野村、東芝、日立などの200011920万円台まで上位10社、他にもパナソニックはじめ大企業がガバガバ献金しているのだ。これは安倍も麻生も、その子分たちも笑いが止まらない だろう。アベノミクス→大企業ボロ儲け→企業献金の「越後屋と悪代官の三角関係」と言ってさしつかえない。こういう安倍自民を一般庶民が投票で支えるのだから、何をか言わんや!愚か者と言われないようにするには、来年の参議院選挙で、自民党安倍とその手先を通さない事が決定的に重要だ。

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月27日 (金)

大阪W選総括~改めて民衆運動の力で、現代のファシスト集団=おおさか維新打倒を決意しよう~その①

 11・22投開票の大阪W選は、既にいくつかの優れた記事が出ており、それ自体が総括になっている面があるが、あらためて総括を深めなくてはならない。結果については既に報道の通りで、おおさか維新が勝利し、ある種彼らの言うように、しばらく橋下不在のおおさか維新は「第二ステージ」に入ったということだ。
 それはこれまでの維新の選挙は、稀代のデマゴーグ橋下の弁舌による「ふわーっとした民意」をつかむ選挙から、議会制民主主義での選挙戦術を徹底的に駆使した組織戦による勝利であったことを、厳しく見すえることだ。今回維新の選挙は議員・党員が徹底したどぶ板選挙をやった。電話かけ・ビラ撒き・握手戦術にノルマを課すという、古典的ながらオーソドックスな選挙戦術を徹底してやり、またその反応の中から、候補者の演説や辻立ちの内容を決めていくという、「橋下なきあとを見こした」徹底した組織選挙を行ったということである。その内容は「沈むゆく大阪を救うには、大阪を副首都にする」「公務員や二重行政や無駄をなくす」「(橋下のような強引なやり方はやめ)市民と膝詰て話し合う」という戦術を、電話は1日600件などノルマを決めて、号令一下徹底してやったということである。
 これに対して維新反対派は、5月の僅差の勝利をさらに発展させ、橋下の息の根を止めるため反維新の全政党・全勢力を結集させる必要があったが、5月を上回る運動はつくれず、その結果自民党の候補しかなく、しかもその自民党は大阪府連会長・中山泰秀(安倍内閣の外務副大臣だった)を先頭に安倍の意向で動き、他の政党を近づけず、「負けるべくして負けた」という事だ。実際最終日のヨドバシ前には、自民党中央の大臣・三役は誰一人応援にこなかった。最も応援でがんばった共産党の宮本岳士衆議院議員は、ヨドバシカメラ前の歩道をうろうろしていた。誰一人大物のいない車上で、「自民党・官邸が全力で応援」という中山のウソには、ヤジが飛んだほどだ。そしてなぜか栗原候補は「まだ24時間ある」と言いながら、7時57分に演説会は終わった。また民主党の辻元清美衆議院議員の姿は、この選挙期間中、どこでも見ることはできなかった。
 その上で左派は「柳本投票」を徹底できず、自己の「左派性」を確認するだけ集団でしかなかった。ヨドバシ前で柳本の勝利のため奮闘する人々はごくわずかだった。政治的にはいったん挫折しかかりながら、巻き返しを図るファシスト勢力の猛然たる再登場を前に、相変わらずの「左翼主義」のままで敗北した。5月の勝利をひきつぎ、戦争法反対の8・30扇町公園3万結集の力を倍加させ大阪で維新を打倒して「民主主義革命」を実現するという方針を誰も出せなかった。
 橋下とおおさか維新を打倒寸前まで追い詰めながら、勝利できなかったことは痛苦の極みである。これは階級闘争の数年の遅れとなる可能性がある。
 とはいえ、われわれに立ち止まる余裕はない。
 あらためて、「民主主義=選挙」を駆使して「合法的に権力を奪取する」(じつは権力を奪取するまでのナチス・ヒトラーも同様だった)安倍の別働隊である橋下とおおさか維新を打倒するまでの「永続革命」を宣言しなくてはならない。(つづく)

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

記事紹介 ニュース23岸井成格キャスターの降板許すな

 TBSの看板ニュース番組である「ニュース23」に異変が起ころうとしている。今夏戦争法案で、ジャーナリストとしてその問題性を的確に指摘し続けた岸井成格キャスターが降板させられようとしているとのことだ。

【情報紹介】

『NEWS23』でキャスター岸井成格の降板が決定の情報!「安保法制批判は放送法違反」の意見広告にTBSが屈服?

 愕然とするようなニュースが飛び込んできた。TBSの看板ニュース番組『NEWS23』で、アンカーの岸井成格氏(毎日新聞特別編集委員)を降板させることが決まったというのだ。

「TBS はすでに後任の人選に入っていて、内々に打診もしているようです。後任として名前が上がっているのは、朝日新聞特別編集委員の星浩氏。星氏は朝日では保守派寄りの政治部記者ですが、今年、朝日を定年になるので、退職後の就任をオファーしているようです。岸井さんが契約切れになる3月をめどに、交代させる方向で進めていると聞いていましたが、場合によってはもっと早まるかもしれません」(TBS関係者)

 この突然の人事の背景には、もちろん例の右派勢力による『NEWS23』と岸井攻撃がある。
〈私達は、違法な報道を見逃しません〉──。今月14日の産経新聞、翌15日の読売新聞に、こんな異様なタイトルの全面の意見広告が掲載されたことをご存知の読者も多いだろう。

 この広告の出稿主は「放送法遵守を求める視聴者の会」なる聞いたこともない団体だが、呼びかけ人には、作曲家のすぎやまこういち氏や評論家の渡部昇一氏、SEALDsメンバーへの個人攻撃を行っていた経済評論家の上念司氏、ケント・ギルバート氏、事務局長には、安倍首相の復活のきっかけをつくった安倍ヨイショ本『約束の日 安倍晋三試論』(幻冬舎)の著者・小川榮太郎氏など、安倍政権応援団の極右人脈が名前を連ねている。

 そして、この広告が〈違法な報道〉と名指ししたのが、岸井氏と『NEWS23』だった。9月16日の同番組で岸井氏が「メディアとしても(安保法案の)廃案に向けて声をずっと上げ続けるべきだ」という発言を取り上げ、「放送法」第4条をもち出して〈岸井氏の発言は、この放送法第四条の規定に対する重大な違法行為〉としたのである。しかも、『放送法遵守を求める視聴者の会』は意見広告だけでなく、TBSと岸井氏、さらには総務省にまで公開質問状を送りつけたという。
 「これに、TBS幹部が真っ青になったようなんです。もともと、局内に岸井氏を交代させるという計画はあったようなんですが、この抗議を受けて、計画が一気に早まったようなんです」(前出・TBS関係者)

 しかし、この意見広告はそんな過剰に反応しなければならないものなのか。たしかに放送法第4条では放送事業者に対して《政治的に公平であること》を求めてはいるが、それは政権批判や特定の法律批判を禁ずるものではまったくない。
 また、岸井氏の「メディアとしても廃案に向けて声をずっと上げ続けるべきだ」という発言にしても、安保法制に単純に反対ということではなく、国民に対して説明不足のまま強行採決したことへの批判の延長線上に出てきたものだ。もしこれが政治的に不公平な発言というなら、たとえば、安倍政権の外交成果を評価するようなNHKやフジテレビ、日本テレビの報道もすべて放送法違反になってしまうだろう。
 しかも、これは別稿で検証するつもりだが、この意見広告を出した「放送法遵守を求める視聴者の会」自体が実体のよくわからない、きわめて政治的な意図をもった集団なのだ。

 どうしてこの程度のものに、TBSは神経質になっているのか。その背景には、官邸と自民党が『NEWS23』を標的にしているという問題がある。
 昨年末、安倍首相が『NEWS23』に生出演した際、街頭インタビューのVTRに「厳しい意見を意図的に選んでいる」と難癖をつけ、その後、自民党が在京テレビキー局に「報道圧力」文書を送りつけるという問題が起きたが、その後も自民党や官邸はさまざまな形で、同番組に圧力をかけ続けていた。
 安保法制審議中は例の文化芸術懇話会の弾圧発言が問題になったこともあって、一時、おさまっていたが、同法が成立した直後から、自民党「放送法の改正に関する小委員会」の佐藤勉委員長が、テレビの安保法制報道は問題だとして、「公平・公正・中立は壊れた。放送法も改正したほうがいい」と露骨な恫喝発言をするなど、再びTBS やテレビ朝日への圧力を強め始めた。

 実際、こうした動きに、TBSの武田信二社長が9月の定例会見で、安全保障関連法案をめぐる同局の一連の報道について、「弊社の報道が『一方に偏っていた』というご指摘があることも存じ上げているが、われわれは公平・公正に報道していると思っている」と弁明する事態になっている。
 「とくに、官邸と自民党が問題にしていたのが、岸井さんの発言だった。岸井さんはもともと政治部記者で、小泉政権時代は小泉改革を支持するなど、いわゆる毎日新聞でも保守色の強い記者だった。それが安保法制に厳しい姿勢を貫いたことで官邸や自民党は『裏切りだ』と怒り倍増だったようです。政治部を通じて『岸井をなんとかしろ』という声がTBS幹部に再三届けられたと聞いています。そんなところに、今回の岸井さんをバッシングする意見広告が出たことにより、TBSも動かざるを得なくなった。総務省にまで抗議、質問状を送りつけられたことで、TBS は非常にナーバスになっている。総務大臣はあの高市早苗さんですからね。これを口実にどんな圧力をかけられるかわからない。大事になる前に岸井さんを切ろうということでしょう」(全国紙政治部記者)

 いや、岸井氏だけでなく、これを機にメインキャスターの膳場貴子氏も降板させ、『NEWS23』を解体させる計画もあるといわれている。
 「膳場さんは今週から産休に入りましたが、そのまま復帰させずフェードアウトさせるという計画もあるようです。しかも、岸井さんの降板、星さんの起用とあわせて、放送時間を現在の1時間から短縮させ、番組自体もストレートニュースに変更するプランももち上がっています」(前出・TBS関係者)
 放送法を歪曲した今回の“報道圧力”である意見広告に、本来、TBSは強く抗議すべきである。それが何をか言わんや、相手の攻撃に屈し、ジャーナリズムとして当然の発言をしただけの岸井氏を降板させるとは──。以前、オウム真理教に絡んだビデオ事件の際に、筑紫哲也氏は『NEWS23』の番組内で「TBSはきょう、死んだに等しいと思います」と発言した。しかし、今度こそほんとうにTBSは「死のう」としているのではないか。圧力に萎縮し、服従すること。それは報道の自殺行為にほかならない。
(田部祥太)

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

いよいよ明日は連続市民講座・農業問題 山下惣一さん(農民・作家)の話を聞こう

 第4期連続Img004_10271市民講座もいよいよ佳境に入ってきて明日は、農民で作家の山下惣一さんの講演となる。安倍政権の新自由主義・社会再編の攻撃は、TPPを「大筋合意」し、農業特区・株式会社の農業参入で、日本の農業は壊滅寸前の危機にある。
 これは一人農民・地方の問題ではなく、遺伝子組み換え食品や、農薬と化学的肥料にまみれた野菜があふれ、食の安全が根底から破壊されることになる点では、むしろ都市住民の問題であるのだ。
 この列島に人々が住んで以来、自然と共生しながら生活を営んできたが、このままでは農村・地方は壊滅し、食料も自給できない都市部だけが残り、ごく身近に農地・畑があるのに、外国から農産物を大量に買うような社会になってしまう。
  民主党の前原などという人間は、GDPにわずか5%しか占めない農業より、95%の製造業の方が大事で農業など壊滅してよいというが、国土の大半が荒廃していって、都市住民だけでになり、その都市でも少子高齢化が進む社会に展望があるはずがない。
 山下さんは、元々農業は自然とともにあり、家族経営を基礎とし、それが成り立つような社会の仕組みを維持する事、地方と自然が都市と人間を支えるような仕組みが、社会全体をバランスよく発展させることを日頃から訴えている。
 資本の弱肉強食でない社会生活は・社会の運営は可能であることを、山下さんとともに考えていきたい。
 11月28日(土) 14時~16時 尼崎中小企業センター(阪神「尼崎」北東4分 2号線南)
           参加費:500円 
           終了後、中小企業センター別室で講師を囲む懇談会 参加費:1500円程度

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

南京虐殺ドキュメンタリー映画祭いよいよ明日、エル大阪で開催

Photo  南京虐殺を取り上げた企画は多いが、ドキュメンタリー映画はなかなか無いとのことだ。これは数十年にわたり、半生をかけて元教師の松岡環さん達が丁寧に証言と証拠を拾い集め制作した映画である。DVDにはしないとのことなので、ぜひ明日9時50分から夕方16時10分まで色々な企画があり、長丁場であるが足を運んでいただきたい。歴史の事実を知り、反省と不戦の誓いを確立することこそ日本の地位を向上させる。「国の名誉を重んじる」というならますます、この作業は必要であり、思想信条・立場の違いを超えて経験するべき行事だ。
なお、歴史否定派の皆さん、もし妨害などあれば厳しい措置(刑事・民事責任追及)が用意されるので、お覚悟を!

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

 

沖縄県知事の命令を無視する機動隊と海保こそ逮捕されるべきだ

860643046de8962663ea02544c7131d8 Bdf72d7cec60e559bba55e573bd199c8  沖縄・辺野古では陸上・海上ともに激しい攻防が続いている。今週は座り込みの人数が最大1200人にまで増えて工事車両の進入を止めた。ところが国・防衛局は卑怯にも一瞬のすきと人が減る時を狙って車両を進入させている。また海上での攻防も熾烈であり、抗議船の船長が海保(愛称海猿だそうE004c40433d8c1e210374cbdeebd88e8 だが少しも可愛くない)の暴力で意識不明になるなど殺人的弾圧を繰り返している。そもそも権限を持つおなが県知事の決定こそ県民の意思であり、法的にも一番の当事者・主権者である県民が選挙で正当に選んだ知事の命令は公務員が聞かなければならないはずだ。政府がそれを打ち消す申し立てをしたとしても、それに対する司法などの最終的判断が出る前は、知事の判断が優先するはずだ。従って知事の決定に違反するALSOCの社長や沖縄県警本部長や機動隊を派遣している警視総監こそ逮捕されるべきではないか!

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

 

2015年11月26日 (木)

直近の4つの学習会 11・27高作正博さん、11・28山下惣一さん、12・1池田浩士さん、12・4伊井孝雄さん

Img_20140726_191727  安倍や橋下との激しい闘いのさなか、この現代のファシストとその政策との闘いの中身をあらゆる角度から深めるための学習が、各地でなされている。また中道部分からの彼らの極右的主張に対する批判も各種著作で出されている。
 きょうは、いくつかの学習会と、5つの著作を紹介する。

1127日(金) 
高作正博先生(関西大教授)と学ぶ会 
18時  神戸学生青年センター(阪急「六甲」北東3分) 日米協定について

                              1128日(土)   連続市民講座③ 14時 尼崎中小企業センター 
講演:山下惣一(農民・作家)さん 終了後、交流会アリ

1128日(土) 水島朝穂講演会 18時半 大阪中央会館

 1129日(日) 西宮ピースネット 1115分 JR西宮駅前

1129日(日) いたみマダン20周年事業 『60万回のトライ』 1350分 伊丹市中央公民館

121日(月) 池田浩士さん講演会 1710分~ 
神戸大学文学部B331教室(阪急「六甲」
東北10分)

124日(金) 伊井孝雄さんの話を聞く会 18時半 
        川西アステ6階(阪急「川西能勢口」南1分)  


■本の紹介

  池田浩士 『ヴァイマール憲法とヒトラー』(岩波現代全書)

  石田勇治 『ヒトラーとナチスドイツ』(講談社現代新書)

  柿﨑明二 『検証 安倍イズム』(岩波新書)

  日本再建イニシアティブ 『「保守政治」は終わったか』(角川新書)
  
  琉球新報社・新垣毅 『沖縄の自己決定権』(高文研)

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

 

2015年11月25日 (水)

大阪W選挙考察~お二人の意見紹介

   昨日、一昨日と当ブログへの応援クリPhoto_2クが激増し、多分過去最高の順位=87万サイト中の3312位=に達した。W選挙の維新勝利に対する悔しさと、一方での注目度上昇や「危機感から、各種活動への参加意欲を持って今後の活動を知りたい読者の意識」もあるだろう。
 今日は市民の方二人の率直なご意見を紹介する。もちろん、先般の通信員投稿と同じく、当ブ
ログの見解ではないが鋭い問題提起が含まれている。皆さんのご意見もお待ちする。(双方向ブログ編集部より)

Nさんのご意見
維新の府・市議員たちは橋下維新が否定されたら次の自分はない、と
Photo必死になったのだろう。一方、自民の議員たちは支持者たちが橋下を支持していることを知っているがゆえに反維新に立ち切って後援会をフル回転しなかったのだろう。今日の新聞を見ると、菅官房長官は自党の候補が敗北したにもかかわらず維新のダブル勝利を喜んでいる。棄権した人、白票を入れた人は結果として橋下維新を支持し、安倍政権をフォローしていることとなる。

11231909_475835792568038_7141409193
Aさんのご意見

都構想(大阪市解体)の賛否を問う住民投票は市民側が勝利しました。
けれども直後からわたしの周辺には、結果に納得していない賛成派の声がたくさん。
都構想について、維新について、いろんな人ともっとじっくり対話をすすめていかないと、これはまずいことになりそうだという印象はその時からありました。そうは感じたものの直後から戦争法反対の運動で手一杯になり、結局都構想については僅差で勝ちっぱなしのままフォローなしの放置状態となりました。

 

今回維新人気が以前にくらべ衰えたにもかかわらず、維新に負けたのは反対する市民側がきちんと運動を作れていなかったことにも、もしかしたら責任の一端1920283_740875959334114_71548379851があるかもしれないと思いました。あくまで一端ですよ。選挙は市民運動だけでどうにかできる問題だとは思いませんので。大阪で橋下維新に反対する活動をおこなっている団体はたくさんあります。 君が代不起立問題、慰安婦問題、WTC住民訴訟、入れ墨問題、教科書問題、朝鮮学校補助金問題、病院や大学の統廃合問題…他にも色々とあると思います。みなさん、それぞれたいへん精力的に活動されていると思います。ただ、わたしが知らないだけかもしれませんが、それぞれ奮闘しているこれらのグループ間であまり情報が共有されていな12241357_1513779898914820_563416251 いように感じます。11140320_419594941572659_7564689152
若者グループSADLは早くからW選挙の運動の方針を決めて動きだし、今回大活躍しましたが、その情報が橋下維新反対の活動を行っているグループにいきわたっていたかというと、たぶんほとんど共有されていなかったのではないかと思います。SNSを使いこなしていない人には、活動していることすら知られていなかったのではないかと。

 

これは市民運動側の問題だけではなく、在阪のマスコミの問題が大きいのでしょうが、周囲の一般のひとと話してみると、橋下維新のとんでも情報、数々の悪行が、一般にほとんど知られていない(あるいは問題にされていない)ことに愕然とします。 安倍自民はどうやらろくでもないことをやっているらしいというのはかなり一般に広がってきてますが、橋下維新については広がってないのですよね。安倍さんはアカン!自民はアカン!という人も、橋下維新のことは悪くいわなかったりする。結局なにが言いたいかというと、橋下維新のやっていることをもっと普段から地道に広める運動が必要なのではないか。(個別にそういう活動しているグループはあるのでしょうが)
その際、個別に維新と対決しているグループが、ふだんからもっと連携をとりあうことが必要なのではないかということです。たとえば今年の夏、中学の公民に育鵬社の教科書が採択されてしまいましたが、教科書問題という超重要な問題について、もし、さまざまな団体間で情報共有ができていれば、もっと大きな反対運動ができたのではないかと非常に残念に思いました。選挙結果が来年の参院選に大きくかかわること、そして何より市民側の動きが見えないことに焦って緊急にアクションを提起しましたが、スタートが大きく出遅れた上に、しっかりした組織もマンパワーもほとんどなく(^_^;)、十分なことができなかったことは言うまでもありません。これではとてもとても…。電話ボランティアが足りないという情報があっても、人を送ることすらできず…という状態でした。

 

ともあれ、今後の動きが大事になりますね。具体的にどう動いたらいいのかわからないのですが、最近ずっと感じていたことを書いてみました。

 


愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月24日 (火)

11月もあと1週間 維新への敗北を乗り越える闘いを地域からつくりだそう 年内のスケジュール一覧

11月もあと1週間 11・22W選挙の敗北乗り越える運動の波を闘いを地域からつくりだしていこう(■は阪神地域の催し)

11
27日(金) 高作先生と学ぶ会 18時 神戸学生青年センター 日米協定について

1128日(土)  ■連続市民講座③ 14時 尼崎中小企業センター 山下惣一(農民・作家) 
終了後、交流会アリ

1128日(土) 水島朝穂講演会 18時半 大阪中央会館

112829日  岩国現地闘争

1129日(日) ■西宮ピースネット 1115分 JR西宮駅前

1129日(日) ■いたみマダン20周年事業 『60万回のトライ』 1350分 伊丹市中央公民館

121日(月) 池田浩士さん講演会 1710分~ 神戸大学文学部B331教室

 124日(金) ■伊井孝雄(元尼崎北高校教員・部落解放川西市民共闘議長)さんの話を聞く会 18時半 アステ6階(阪急「川西能勢口」南1分)   

125日(土) 政党と市民の討論集会 安保法の廃止へ、連携の輪をどう作るか  
13
時半 神戸市教育会館(JR・阪神「元町」北7分)   

125日(土) ■連続市民講座④ 14時 いたみホール会議室 在間秀和(弁護士)ブラック企業

125日(土)  ■ストップ日米共同演習(ヤマサクラ6Img002_11819)大集会 13時半 伊丹市・昆陽池公園

        125日(土) 不忘南京集会 13時半 PLP会館 証言:陳徳寿さん

        125日(土) 池田浩さん講演会 14時 エルおおさか5F視聴覚室 主催:グループZAZA

        125日(土) 共謀罪を考える兵庫県集会 14時 兵庫弁護士会館(「高速神戸」北東5分)
江川紹子
 山下幸夫 

        125日(土) 第7期沖縄意見広告運動全国会議 午後 協同会館・アソシエ

              125日(土)  辺野古基地建設強行糾弾 緊急集会 18時 エルおおさか南館5階ホール
講演 伊波洋一(元宜野湾
市長)  主催: 沖縄意見広告他3団体

        125日(土) 15もんじゅを廃炉へ!全国集会&高浜原発再稼働阻止全国集会
12
時 福井市文化会館 福井市西公園

126日(日)  大阪ロックアクション 13時 新阿波座公園(地下鉄四つ橋線「本町」西南2分)

         126日(日) NHKの罪と受信料義務化 13時半 神戸・婦人会館5F(「高速神戸」北5分)
           醍醐 聰(東大名誉教授)

126日(日) ■阪神マルクス主義原典を読む会 
         14時 
宝塚・大林寺(阪急「清荒神」北15分)

129日(水) 「戦争法」違憲訴訟開Img001_92813始集会 18時半 エルおおさか 
         半田滋・泥憲和・西谷文和

         1212日(土) ■連続市民講座⑤ 14 西宮勤労会館(JR「西宮」南西5分 阪神「西宮」東5分) ちょっと変わった障がい者支援

         1212日(土) ■水平社宣言を読む講演会14時 宝塚西公民館(阪急「小林」北東3分) 友永健三 主催:宝塚宗教者市民平和会議

             1219日(土)  脱原発県庁包囲行動 13時半~14時半(JR・阪神「元町」北7分)

              1219日(土)  連続市民講座⑥ 14時~15時 神戸私学会館 JR・阪神「元町」北3分 講演:知花昌一(真宗大谷派僧侶) 新田宜明(沖縄県議会議員)

         1219日(土) はだしのゲン映画会 14時 高槻市民会館305(阪急「高槻」南5分)

         1219日(土) 関西学生平和フォーラム 18時半 難波学習市民センター 講演:内田樹

                    

1220日(日) 知花昌一講演&市民フォーラム討論会 14時 大阪市立港近隣セター(地下鉄「朝潮橋」東南6分)

1220日(日) 第3師団申し入れ行動 11時半 3師団西門

1221日(月) 「君が代不起立」処分撤回!奥野さん判決 1310分 大阪地裁809

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

投稿 11・20子どもの貧困集会

 11月20日は、高浜―関電リレーデモの最終日で関電包囲行動の日だったので、集まりが危惧された連続市民講座第2講座=子どもの貧困だったが、予定を上回る40人の参加で、資料が足りなくなりコピーに行ったとか。参加者から投稿があったので、紹介する。

 20日夜は川西市文化会館で連続市民講座「教育の現場から見る子どもの貧困にかかわる課題」に行きました。

 まず一人目の講師・前兵庫県教職員組合副委員長の池田啓子さんから子どもの貧困の現状について話がありました。池田さんによると90年中頃から経済状況が悪くなり、学校の雰囲気が変わっていった、失業や離婚によるひとり親家庭が増加していった。また仕事があっても非正規労働者は年収200万以下が2000万もいるとのこと。相対的貧困率で日本は主要35か国中25位と韓国より下でギリシャより少し上となっている。6人に一人が貧困家庭でくらしているのだ。

 続いて二人目の講師の畑中通夫さんは、元西宮市の中学校の教師を長年務めた経験かPhotoら様々な苦労話をされました。畑中さんは「教師は世間知らずであり、自身の出発点は同和教育で字の読めない親がいること知ってから始まった」と語られました。私が一番印象に残った話は、ある児童養護施設の教え子が色々苦労してやっと中学を卒業させて高校に入学したのにたった10日で辞めると言い出した事だ、理由を聞くと友達に電話番号を聞かれたが、当時は携帯電話がなかったので、施設の番号が言えなかったから学校に行きたくなくなったのだ。さっそく会って説得したがなかなか簡単ではない。施設の児童は高校を辞めると奨学金を返済し、施設も出なければならなくなるのです。結局彼は何とか高校に戻ってくれたので良かったとのこと。畑中先生はこういう話は幾らでもあるようでした、ほんとにすごい実践をされている人でした。

 二人の話を聞いて、私も教師ではないが学校に勤めていた時のことを色々思い出した。子どもの貧困を解決するためには、現場で日々努力するには限界がある、何とかこの社会を変えなければならないとつくづく思いました。今の政権は数十億・数百億という税金を無駄なことにじゃんじゃん使っている。一日でも早くこの政権を交代させたいと思った。

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

 

2015年11月23日 (月)

運動は連日高揚、森達也講演会に450人 W選挙は敗北~なぜだろう

 アベ政治を許さないを共通スローガンとする運動は連日高揚している。20日の高浜ー関電リレーデモ・関電包囲集会、21日の共謀罪反対集会、辺野古行動、そして昨日22日は、阿倍野区民センターで「森達也講演会」がそれぞれ多くの人、新しい人、毎日会う人を結集して、大いに盛り上がった。その上で大阪ダブル選は敗北。なぜだろう。この件については既に通信員から報告が出ているが、別途論究したい。
 昨日の集会は、4種類のビラを入れてもらう必要があったので、8時半過ぎに家を出て、9時45分に阿倍野区民センタImg005_9233ーへ。なかなか大きな本格的ホールで500人は入る。「埋まるかなー」と心配しながら、持ち込みのビラを帳合いしプログラム作り。メインの講演者を変えなが(第1回は鎌田慧さん、その後知花昌一さんや中山千夏さんら、前回5月は辛淑玉さん)既に8回目のこの講演会もすっかり定着し、固定客も多く、いろんなチラシが持ち込まれる。今回も約20種類チラシだから×450枚で、9000枚を20人ほどで帳合いした。
 1時間少しで帳合いもでき、舞台・音響もでき、ホールの中での食事は禁止のため、ホール外で何人かで車座で食事。『人民新聞』の記者がいたので、在特会との闘いの情報交換などいろいろな話をしていると、そこに某大学准教授もくわわり、いわく「せこい情報操作やな~」。

 そうこうしているうちに、集会参加者がぞくぞくやって来る。司会は浪速の歌う巨人=趙博さんと久方ぶりの和服姿の難波希美子さん。
   まずは「ナオユキ」さん。「うらぶれたビルの4階の居酒屋で、酒焼けした……」と同じパターンながら延々と笑わせる話が続く。彼には近くに住む某小学6年生のフアンがおり、この日も一家4人で来ていたが、ナオユキさんが終わるとさっさと帰ってしまったとか。ついで趙博さんと春馬元さんの演奏と歌。
 続いておしどりケン&マコさん。この日はいつにもましてケンちゃんがいじられていた(トミーズの健ちゃん以上にImg_20151122_131100_11232)が、原発事故・取材報告はいつ にもまして判りやすく、ためになった。来年年明け1月末か2月初旬に阪神間に呼ぼうという計画もあるので、その時は阪神間の人もたくさん来てほしい。ついで在特会と闘う李信愛さんのビデオレター。そのあとは、沖縄の彫刻家・金城実さんと、さらにリニア新幹線、君が代不起立闘争、福島支援活動報告など延々と濃い話が続く。
 30分の休憩中には、三里塚の野菜や、夜間中学の本や各種グッズの販売に人だかり。三里塚の無農薬野菜も売り切れてしまった。Img_20151122_140545_12231
 
  3時半すぎからはメインの森達也講演会。森さんはオウム真理教を追った映画『A』を作った人で、また朝日論壇時評にも時おり鋭い論究をしているが、話を聞くのは初めて。この日はオウムの話から始まり、凶悪犯罪は減っているのに刑の重罰化が進む日本と、休暇があるスウェーデンの刑務所の話。オウム以降、監視社会化・異物排除がどんどん進む日本社会を、羊の群れとヤギに例えながらの話は多くの人が納得したもよう。私は昨日の共謀罪シンポジームImg_20151122_150606_11234で北海道警の元警察官から「警察の肥大化」の話を聞いていただけに、監視カメラがイギリスをぬいて世界一になっている話なども、伊丹市に新たに1000個の監視カメラが付けられてしようとしており、マイナンバーともあわせて、恐るべき監視社会になりつつあると実感した。
 しかし、それでいいのか。スウェーデンでは厳罰化とは全く逆の開放的な刑務所で休暇が認められているが、休暇中に逃亡する人は一人もいないという。このことのなかに、人間に対する「信頼」を基礎におく社会と、重罰・監視社会を対比し、前者の中に人類の未来があることを多くの人に確信してもわわなくてはならない。
 最後のシンポジームはそこらのことがみんなで話されたと思う。集会後も人々の会話・交流は尽きず、玄関先で元衆議院議員の女性とも偶然会い近況を語りあうと、お互い「かつての対立」など何であったのかと言い合ってしまった。参加者をそこまで思わせる生きた交流の場を作ってくださった、趙博さんとスッタフの方々に感謝したい。

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

大阪W選挙 通信員投稿2~噴飯物の自民幹部・民主幹部コメント~

 大阪W選挙の維新勝利が確定した。 12088313_772525136191088_9189090807 現時点で最終結果は出ていないが、府知事選挙は160万票対80万票のダブルスコアで負け。勝てるのでは、と言われていた大阪市長選挙も60万対40万で大敗と言える。府知事候補栗原さんは地元の豊中でも大きく引き離されている。府下の行政区で勝っているところはないだろう。柳本さんは健闘だが現時点で地元の西成区で互角。当然、他の区で勝てているところがY見当たらないから大変厳しい結果だ。
 
 これについて松井は「民意だから大阪都はもう一回やる」という。とんでもない!大阪都は5月17日の大阪市住民投票と、大阪市に次ぐ規模の堺市長選挙できっぱり否決されているのだ。二つの首長選挙で勝ったのを尊重する事と、大阪都を蒸し返す事とは絶対別である。
 ところが自民党大阪府議団の花谷
幹事長は「結果を尊重しなければならず、大阪都構想に反対できない」という意味のコメントを発表した。厳しく維新の大阪都妄想と対決する姿勢を見せていた花谷幹事長の姿勢を信じて、多大な協力をした共産党や市民団体、12241357_1513779898914820_563416251平松邦夫さんの努力を踏みにじる、とんでもない裏切りではないか! さらに「命がけでたたかう」と宣言した二人の候補が気の毒だ。
 
早速抗議があるとは思うがまずは、ここに上記の見解を発表しておく。


 情けないことに民主党大阪府連・尾立氏(参議院議員)も「民意を尊重しなければならない」というコメントを発表した。報道が誤りあるいは一部だけを切り取ったという可能性も無くはないが、実に気の抜けるコメントだ。告示直前の数日だけ街宣をしていたが、そこで大阪都と維新政治に痛烈な批判をしていたのは誰か。喝采の拍手をした身としては、今すぐその拍手と声援を返していただきたい。このような腰抜けぶりでは、ますます7ヶ月後の参院選改選の可能性を更にゼロにする大暴挙発言と言わねばならない。コメントするなら「我が党の支援の決定的不足から、勝利をさせることができず申し訳ない。今後は私が訴えた事を実行できるよう死力を尽くしたい」と言うべきではないか。
 武田鉄也ふうに言おう(ちょっと古いが)

「あーほんとに、情けなか~!」

情勢は厳しいが当ブログはおかげさまで全国人気ランキング「気になるニュース」で2位、「社会変革」部門で3位となりました。ありがとうございます。引き続き下記をよろしくお願い申し上げます。

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月22日 (日)

きわめて残念な大阪W選挙の結果~通信員投稿~

Dsc_0028  W選挙が終わった。残念な結果だがこれも「民意」だ。ウソと対立だけの中身なしにもかかわらず有権者を巧妙にだまし、「橋下さんは何かがんばってはる」「何か変えてくれそう」という虚しい期待を与え続けることに成功したと言える。さすがは政治詐欺師の技術は一流、そして市民に政治参加の意欲を持たせたことだけは評価しておかねばならないかも知れない。
 しかし、W選挙に勝ったのは現職府知事と、自分の傀儡市長候補だからこれまでと状況は変わらない。大阪府議会・市会ともおおさか維新は過半数割れしているし、5月17日の住民投票で示された 民意「NO」を覆すことは許されない。

 問題は、反維新の側が真剣に総括を行うかどうかだ。その点、全力で誠実に精力的にたたかった共産党は評価されていいだろう。また中央の意向に反してまで反維新の候補を立てた大阪の自民党は偉い。
Dsc_0078 しかし、各地域の実態はどうかというと、栗原さんの地元の豊中や、柳本さんの地元西成を除くと、自民党の実力の数十分の一しか、ポスターさえ貼られていなかった。街宣車で一日八尾を回った鶯さんが「告示直前なのに一枚もポスターを見なかった」と言っている。他の行政区も現職市議・府議が結構いるので各地に維新と張り合うくらいのポスターが見られていいはずなのに寂しい限りであり、共産党系のポスターより少ない印象のところが多かった。首相から推薦状を直々に手渡された人の選挙とは到底見えないありさまである。安倍と公明党議員が応援に行かなかった事で理由は容易に推測できよう。
 さらに悲惨だったのが民主党だ。いくら春の地方選で惨敗した直後とは言っても、事前期間に行動を起こし
12226973_419595018239318_2584635033ていたのは一部の支部だけであった。党名も全く出さず「府民の力」の名で本番だけ地声行動しても市民の目にはほとんど止まらず、「何もしていない」としか認識されない。W選挙で維新が勝てば来年の参院選(あと7ヶ月したら始まってしまう)は自民・維新・公明・共産で椅子取り競争がたたかう前から決まってしまうのに、実質の運動をしなかったのは決定的に痛い。頑張って欲しい私としては非常に残念だが、党幹部には何か考えがあったのだろうから仕方がない。

 ひるがえって、市民派はなかなか健闘したと言えるだろう。9月までは戦争法反対運動に全力を挙げて、休む間もなく「今回だけは自民党栗原さん、柳本さん!」と自主的に行動した。平松邦夫前市長もまるで自分の選挙のように全力を傾けられた。本当に頭が下がる。

さて、負けてしまったのは事実であるからこれからが大事。はっきり言って、どうせたたかいは続くのである。安倍が目論む自衛隊派兵阻止、憲法改悪阻止へ、そしてファシスト集団橋下維新打倒のたたかいはこれからなのだ。落ち込んでいる暇がない。これからも、統一戦線を維持し、仲良くがんばろうではないか! 
 民主党さん、唯一の活路はあらゆる野党と手をしっかり組んで参議院選挙をたたかうしかない。「国民連合政府はうちが引っ張る」位のことを言って、全国規模の選挙協力を共産党・松野維新・生活の党・社民党などと早急に大規模に組み立てるしか、滅亡を逃れる道はなくなった。さあ、岡田代表の指導力が問われる日が来た。

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

ヘイト犯罪勢力が当ブログに殺人予告!

Photo_2 前代未聞のメールが18日~19日に連続12本届いた。殺人予告も含む悪質なものなので、全文紹介させていただく。
実はその「tokiwagi」なる人物に「投稿の御礼」を送信したのだが「アドレスが見当たりません」として2回も返送されて来た。偽のアドレスを知らせたのか、一方通行で送りつけておいて着信拒否してるのか、わからないが、卑劣な人物と見える。特別手段で送信者の特定をするつもりであるが
298bacc3まずは、読んでいただきたい。自称愛国者のお粗末な中身が随所に見れて興味深い。黒字が原文、青字が当方の見解だ。

日本国は日本人の手で防衛する何が「戦争法案」だ。

最初から認識が間違っている。アメリカのために戦争の先棒を担ぐのが「戦争法」の中身であり、戦争法の呼称は間違っていない。

日本国の伝統にそぐわない憲法は即時破棄だ。

憲法は所定の手続きを経てしか改正・改悪できない。即時廃棄しようとすると内乱罪で極刑になるぞ。

Isワガママなお前らのような「主権者」国民がのさばり国を滅ぼす。
覚悟のない輩は日本国から出ていけ

国を滅ぼしかけたのはtokiwagi氏のような思想を持つ軍国主義者。気に入らないものをすぐ「出て行け」と怒鳴るのはDVオヤジ丸出しだ。

怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨

わあこわい。

京都 朝鮮学校による公園不法占拠にたまりかねた市民が、行政や警察に相談しても無視さ
れ、最終的に在特会に頼った。
初耳の珍見解だ。裁判所が在特会に刑事・民事とも有罪を言い渡している
。多分tokiwagi氏は在特会の関係者なのだろう
 
201407090519056f6

朝鮮学校による不法行為が不問なのはなぜ?おかしくないか??

公園を占拠などしていない。学校行事で公園に行くことはあっても占拠などしていない。第一、すでに司法の場で学校側の責任は決着済み。


自称 強制連行されたというのも朝鮮人のうそ 大韓民国軍政時
代に、弾圧を逃れた朝鮮人が九州に逃れた。それがそのまま居座りごね続け、ついには特別永住権なる利権を獲得したこんなことは調べれば分かること日本人が逆差別を受けてるようなもの
おやおや、でたらめな歴史認識も大概にしなさい。朝鮮を植民地支配したことにより在日が生まれた事は安倍でも否定できない「事実」だ。


いい加減バカも休み休み言え 日本人のくせに祖国を貶める反日日本人め

歴史の事実を否認し、ヘイトスピーチを撒き散らす者こそ、わが日本の国際的評価を落とす最低の「反日日本人」だ。

フランスでは、政府の空爆がテロの原因などとは誰も言わないひたすら国民と政府が一致してテロの撲滅にあたるそれが成熟した民主主義
そのフランスでテロ勃発を防ぐ何の対応も成し得なかった。


そもそも日本は皇室をいただく国柄だ

天照大御神の勅のまにまに天皇陛下がお治めになる国柄
京都御所を見よ平民と同じ平面に土塀一つの隔てしかない
西洋の君主は堅牢な城に住む何故なら革命で君主は国民に殺されるような圧政を敷くから 
日本の天皇陛下はひたすら国安かれ民安かれ、風雨順調でお米も豊かに実りますようにとお祈りになり民に御仁慈を垂れたまう
だから国民は天皇陛下を神と仰ぎお慕いする。

いやいや、歴代天皇はそんな平和主義者ではなく軍服に身を包み、軍馬にまたがるアジア侵略の最高責任者だった。その天皇の意を受けて兵士も中国・朝鮮そしてアジア太平洋で残虐行為に走った。今の天皇はそれについてかなり反省をしているが、その反省が間違っているとでも言うのか。この不心得者が!と今上陛下に怒られるよ、tokiwagiさん。
Photo
D37f51df









Image








日本では西洋の民主主義と違い、民は統治の客体であり権利主体ではない でもだからこそ君主は国民に慈愛を持って、おおみたから大御宝と慈しむ 民のために責任を持って仁政を敷くこれを踏まえた議論もせず、ひたすらワガママに自己の権利ばかり主張するやつは日本には要らない
民が主権者であるというのが現憲法。何を血迷ってる?!


お前らアカ反日偏向左翼だけが国民だとは思い上がりも甚だしい

そんな暴論を吐くtokiwagi氏の見解を現天皇や首相が支持してくれると思うの?

70
支持者関係者一同親族係累に至るまで殲滅させるから覚悟せよ
叩き潰してやるお前らに皇國の未来は託せない
出た!殺害予告だね。「皇國」なんてどこにあるの?!

怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨怨

 tokiwagi氏にそんなに「怨まれる覚え」ないけど?!

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

そして今日は長時間のコラボ集会

 

  昨日は怒涛の3連Img005_9233戦。そして今日22日は、朝からビラの差し込みがあるため、10時前集合から17時過ぎまでの、超多時間集会。
 講演・演奏なども、森達也氏に始まり、金城実氏、おしどりマコ&ケンさん、さらには趙博さん、なおゆきさんなどと、超多才。
 疲れるやろうなー、と思いつつも、ひとまず大阪W選を終えて、今日は歌と漫才を聴きに行きたい。
 それにしても集会プログラムに、4種類×500枚のビラ挟んでもらうために持っていくなんて、情報を収集し拡散する阪神社会運動情報資料センターも辛いのう、と思わず自分で自分慰めるブログであった。

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月21日 (土)

共謀罪、辺野古行動、維新打倒へ、怒涛の3連戦

 今日21日は大阪W選最Img_20151121_144632_21226終日であるとともに、昼過ぎからの大阪弁護士会の集会・シンポジームと、夕方からの辺野古行動、そして夜はヨドバシ前での反維新集会と、怒涛の3連戦だった。

 午後のシンポジームは、永嶋靖久弁護士の短時間での共謀罪・司法取引の判りやすい話と、元北海道警察の原田宏二さんの警察権力拡大の話と、司会の太田健義弁護士のリードがうまくかみ合った、なかなかの集会・シンポジームであった。それにしても恐ろしきは警察権力の肥大化であり、それとImg_20151121_165137_21225検察・裁判所が一体となった治安弾圧である。戦後70年一度は政権交代したものの、再び従前以上の極悪政権の中、警察・治安機構の焼け太りが大きく進んでいる。あらためて全戦線にわたる安倍打倒・社会の根本的作り変えの必要さを痛感させられた。

 集会を終えて夕方の大阪駅前の辺野古行動に合流。この間辺野古行動は短時間も含め多くの人が参加し、今日は35名くらいか。署名も130を超えたようで、また音楽も終始ながれ、なかなか賑やかな辺野古行動Img_20151121_195850_21221だった。

 つづいてヨドバシ前での栗原・柳本演説会。19時過ぎ、ヨドバシ前も、JR大阪駅前側も、2階遊歩道も既に超満員。御堂筋側には黒字白抜きの「橋下いらない」の大横断幕。JR側にはシールズの横断幕。
 青ジャンバーの自民党支持者とみられる人が多かったが、赤ジャンバーの人たちや、われわれロックアクションも柳本カラーの青ジャンバーを着て、さらに竹山堺市長の演説や、平松前大阪市長や共産党の宮本岳志衆議院議員もかけImg_20151121_191440_21224つけ、オール大阪の大連合だ。
 柳本候補の教育問題での維新批判は、民間校長批判など現場に迫るもので、大拍手。応援団竹山堺市長の、維新市会議員の水準の低さ、橋下の操り人形ぶり批判も大うけだった。応援弁士はみんな、シールズばりの「橋下維新から民主主義をとり戻そう」と演説。
 渦中の栗を拾った栗原候補の背信維新批判も大うけ。それぞれアキラコール、タカココールが起こり、夫婦ではないがImg_20151121_193332_2122211・22の良い夫婦の日に良い結果が得られるように、残りの電話作戦などを確認し、頑張ろう三唱で演説会を終えた。 Img_20151121_192304_21223_2

 

愛読ありがとうございます

スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。
下のマークを押してください

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

 

11・20同時刻に連続市民講座が川西で おおつる求ブログより

NEW !
テーマ:
11月20日、第4期連続市民講座(全7回)の第2講座「教育現場から見る子どもの貧困にかかわる課題」のテーマで学習会が川西文化会館で開催された。

講師は前兵教組副執行委員長の池田啓子さんと、元西宮市立中学校教員の畑中通夫さん。
貧困が親子関係を切り裂いている現実や、児童養護施設で暮らす子どもの想い・葛藤などの話を聞いた。
                                      池田さん

【18歳未満の子どもの貧困現状】
①日本の相対的貧困率(*)は、12.1%(94年)→15.7%(09年)→16.3%(12年)。
 OECD(経済開発協力機構)加盟34か国ではワースト10位。

②ひとり親世帯では50.8%。中でも母子世帯は66%。
 非正規労働者が40%を占めるため『働いているのに貧困』現象が日本の特徴。

相対的貧困率(*)・・所得順に世帯を並べ、中央値の所得の50%未満が所得となる世帯に属する割合。2012年度では所得122万円未満。

③就学援助(学用品・修学旅行費・給食費)割合。
 兵庫県の場合10.74%(02年)→17.31%(12年)

④日本は教育への私費負担割合が、OECD平均の2倍と高いため、
 家庭の経済状況が、子どもの教育に影響する。
 その結果、「貧困の連鎖・固定化」が起こりやすい。

                               畑中さん
【県内児童相談所の相談件数】
*昨年度の相談件数は12,549件。
 内訳・・知的障害相談が約60%、児童虐待相談が約15%。

*伊丹の場合、昨年度相談件数は684件。(川西こども家庭センター調べ)
 内訳・・知的障害相談が約64%、児童虐待相談が約13%。

現場の生の声を聞いた2時間。
私たちに出来ることを、少しずつでも始めていくしかない、と心を新たにしました。

愛読ありがとうござい ます。
スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。

下のマークを強く押してくださいませ。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

19日、東京では9000人 レイバーネット日本より

 

戦争法廃止!国会正門前集会に9000人~「あきらめてはいない」一色
11月19日、戦争法強行採決から2か月目のこの日、2回目の国会正門前集会が行われ9000人が集まった。集会の雰囲気は、「あきらめてはいない」一色であった。参加者にマイクを向けると、元教員の方は、「平和」と大きく書かれた手作りのむしろ旗をかかえ「今のままでいいのかというのが強い気持ちだ」と答えた。日本共産党の井上哲士参議院議員は、民主党の呼びかけで野党5党との2回目の懇談会が行われたことを報告した。社民党の照屋寛徳衆議院議員は沖縄辺野古の闘いの報告をし「戦争法と辺野古の基地建設の根っこは同じだ」と発言した。集会のまとめは、主催者を代表して高田健さんから今後の闘いの方針が提起された。。その中で高田さんは「戦争法廃止を求める2000万人統一署名」について、「来年の参議院選挙で与党を引きずりおろすための野党共闘に向けた私たちの意思表明でもある」と署名の意義を強く訴えた。(湯本雅典) 報告動画(3分28秒)感想(佐々木有美)動画(ノーマ・フィールド発言)渡部通信

愛読ありがとうござい ます。
スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。

下のマークを強く押してくださいませ。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

 

高浜―関電リレーデモ 13日間にのべ1000人参加 最後は関電本店を1000人で包囲

 11月8日、福井県Img_20151120_15485111215高浜原発を出発し関電本店まで200キロのリレーデモは、福井・滋賀・京都・大阪を通り、11月20日関電本店前に到着した。20日は午前中に吹田を出発、榎橋を経て大阪市内に入り、新大阪へ。午後は天六から大阪府庁・大阪市役所を経て4時半過ぎに関電本店前へ。しばらく休憩ののち参加者のリレーアピール。
 そのころから続々人が集まり始め、18時半から関電本店包囲集会。開会あいさつは小林圭二さん。中嶌哲演さん・宮下正一さん(福井県民会議)、水戸喜Img_20151120_161515_11216世子さん(高浜原発差し止め訴訟原告)、石田さん(京都実行委)、和田さん(高槻実行委)、古橋さん(茨木実行委)、岩下さん(川内の家)、福島から避難されている方、連帯労組、学生団体、原発ゼロの会などが次々と発言。みんなこの200キロにおよぶ、現代の田中正造の渡良瀬川から東京へ至る行進をほうふつとさせる大行進に確信をもっての発言だった。途中何回か関電に対するシュプレヒコールをおこない、行進主導者の木原壯林さんの、高浜原発の再稼働を何として止めるより広大な陣形を作ろうというまとめで締めくくった。 Img_20151120_183224_112110
 包囲行動参加者は午後から8時まで、早く帰る人も含めると1000人になり、カンパも15万円を超えた。さらに終了後特別アピールとして、連日激烈に闘われてい大阪ダブル選で、おおさか維新雄候補を落とそうと訴えられ、参加者はあと2日、ウソツキ橋下打倒のために総力決起する事を確認して散会した。
(写真は、上は北浜あたりを行進するデモ隊。中は、大阪市役所横で「ウソツキ橋下、財政破綻」のコール。下は、関電本店前であいさつする小林圭二京大原子炉研究所元講師)

愛読ありがとうござい ます。
スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。

下のマークを強く押してくださいませ。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

橋下維新打倒へ Sealds呼びかけ演説会 京橋駅前をうめる 

 Dsc_0028 いよいよ泣いても笑っても最終日が来た。昨夜はJR京橋駅前にSealds呼びかけの集会が開かれた。かなりの人々が関電前1千人集会に参加していたと思うので報告記事を!

  京橋駅にはちょっと数えるのが不可能な老Dsc_0033若男女が集まった。姿はそれぞれバラバラ、ビラまき部隊も自民党風、民主党風、いかにも共産党系、平松さん系、そして若者隊、じつに色とりどりであった。
 開始時刻には分厚い人
Dsc_0040垣で連絡通路がだんだん狭まり、スタッフが声をからして交通整理に当たっていた。司会のSealdsの青年・女性は「こんなんするのん初めてなんです(!)」と言ったが、いやいや、なかなかの運び方で、我々の青年時代はあんなにしっかりしていなかったぞ!  
 さて集会は全く戦争法反対集会のノリで、若者(男女)が理路整然と「今回は自民党の二人を応援する理由」をてきぱきと述べ、聴衆の大きな声援を浴びていた。ヨドバシ前などでお馴染みの光景だ。
 そこからがちょっと違う。
弁士が豪華だ。平松邦夫前大阪市長、竹山おさみ堺市長が次々と立ち、非常に力のこもった応援演説、というより「維新政治を倒Dsc_0055すぞ!皆さん付いてきてください」という気迫のこもったアジテーションとも言えるものであった。その間、だんだん膨れ上がる聴衆で通路が半分埋まる状態になる頃、万雷の拍手に包まれて、府知事候補栗原貴子さん、大阪市長候補柳本顕さんが必勝の意気込み満載の演説で大変盛り上がった。 
 最後にもう一度若者たちからのアピールで、あと一日あらゆる行動に力を出し切って、逆転勝利を!との訴えで1時間の集会を締めくくった。
Dsc_0078 電話・街頭・ポスティングの最終日行動により維新撃滅の22日を迎えようではないか!  
 21日23時59分までホームページ・ブログ・フェイスブックを使った依頼行動はできます。しかし、メールでの依頼はダメです。

※予告 当ブログの専用メールアドレスにヘイト犯罪書き込みが12連発で送られてきた。明日、まとめて報告するので「待て次号!」です。

愛読ありがとうござい ます。
スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。

下のマークを強く押してくださいませ。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月20日 (金)

昨日は神戸で、150人でABEKOBEデモ 今日は大阪であかんで関電包囲デモ そしてサヨナラ維新へ総決起

 9月19日の強行採決から2か月、当面来年7月参議院選挙にむけて、19日行動が本格的に始まった。昨日は神戸花時計前で、35団体ネットワークで150名の集会。久方ぶりに多くの人が集まり、ゼッケンやボード、横断幕なども新しいバージョンのものがふえ、新しい歌もながれ、安倍打倒の勢Img_20151119_184803_11201いはまったく衰えてない。集会ではこの間の経過報告ののち、沖縄辺野古行動や神戸大学の取り組みや、おおさか維新との闘いなどが報告された。
 デモ行進は、三宮センター街から元町3丁目まで。センター街には多くの人がおり、注目度も高かった。大丸前では別のグループが署名集めを行っており、元町商店街ではやや人が少なかったため大きく広がって行進。解散点では35団体のどの団体もどの顔も晴れやかに、それぞれの闘いを展開しまた19の日には集まろうという気分で、散会した。Img002_11151
 次は12月19日だ。この日は脱原発・再稼働反対を掲げ13時半から兵庫県庁を包囲する。また14時からは私学会館で連続市民行動の「オール沖縄の闘いに学ぼう」があり、県庁行動は14時半までなので、こちらにも十分参加できる。12月19日は土曜日なので、今回を倍する結集が可能だ。

 そしていよいよ今日20日は、8日に高浜を出発した関電本店までのリレーデモが、吹田から大阪に入り、府庁・市役所を経て関電本店まで到着する。18時半からは1000人で関電本店を包囲する。この力で、この間1基の原発も動かせてなくても黒字の関西電力に、再稼働断念を迫っていこう。

 最後に、大阪ダブル選まであと2日。維新打倒の総力戦だ。関電包囲の部隊も維新打倒にたつ。21日は最後まで大阪市内を駆け巡ろう。

愛読ありがとうござい ます。
スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。

下のマークを強く押してくださいませ。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

橋下維新打倒へ 総がかり行動参加の要請

12239580_787914244668936_1681576589  あと2日になってしまった大阪W選挙。SADL、SEALDSも参戦し、市民派も続々立ち上がってきた。反維新の劣勢という情勢調査に危機感を持って、自主的に立ち上がっているのだ。自民党は「共産・民主と一緒にやれるか」とPhoto_2 いう頑迷な層を説得しなければならない。

Photo 反維新派は「戦争法と原発推進の 自民党応援はちょっと・・・」という声を克服しなければならない。迷っている無党派層を反維新候補に投票してもらうようあらゆるチャンネルを動かそう。
 桶狭間奇襲戦の瞬間まで誰もが「今川義元の大軍に織田信長が踏み潰される」と信じていた。それに流されていたら織田信長の勝利はなかっただろう。大阪のみならず周辺各県の皆さん、大阪の知人友人親戚に電話をかけ続けていただきたい。ご本人はもとより、周囲への働きかけも厚かましくお願いしていただきたい。 
 SNS=ホームページ・ブログ・フェイスブック・ツイッターでの発信は公選法上、解禁になっている。ただし、メールでの依頼は従来通りダメであることにご注意を!

愛読ありがとうござい ます。
スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。

下のマークを強く押してくださいませ。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月19日 (木)

犠牲者にとっては空爆もテロだ

 PhotoGazaairstrikeprc300x163

  テレビで古館一郎氏が、「欧米の空爆で亡くなった人の遺族からすれば、空爆もテロに見えるのではないでしょうか、と発言した。同席した同志社大学院の教授も同調した。さっそく右のほうから非難する声が起こっている。何を言う14430594280003 てるねん、である。全くまともなことをPhoto_2 両氏は言ったに過ぎない。
 シリアでもイラクでもアフガニスタンでもリビアでも欧米の空爆で何千人の犠牲者が出ている。イスラエルの空爆で2千人以上がパレスチナ・ガザ地区で亡くなっている。理不尽な欧米のダブルスタンダードは、しかし歴史の真実を覆い隠すことはできない。
 古館氏らには今後、バッシングが予想される。しかし当ブログは古館氏の発言を大いに支持する。

 もちろん、「IS」によるテロ行為は許されない。
(そもそもは前回にも触れたように
欧米が中東支配のために養成した反政府勢力から生まれたのがISだが)
 一方谷垣は「こういうテロを防ぐため」「国内過激派の監視強化」「共謀罪の推進が必要」などと暴言を吐いた。テロ事件に便乗して、自国の各種市民運動を弾圧しようとする超問題発言だ。

愛読ありがとうござい ます。
スマホ、アイフォンからも応援していただくことができます。

下のマークを強く押してくださいませ。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月18日 (水)

今週末は、激闘の4連戦 19日アベコベ、20日関電包囲、21日維新を落とせ、22日コラボ集会

Img004_1281 22日の大阪ダブル選を前に、週末は決定的行動が目白押しだ。
 
 19日は神戸・花時計前から戦争法廃案の デモを、9月強行採決以降はじめてする。アベ政治を許さない市民デモKOBEは、35団体ネ ットワークとして、当面来年7月参議い選挙まで、兵庫県下における戦争法廃止闘争を牽引していく。5時半、神戸市役所北の花時計前に集まろ う。

 続いて20日は、8日に福井県高浜を出発した再稼働阻止リレーデモが関電本店前に到着し、関電本店

Img002_11151

大包囲行動となる。これまでも関電包囲行動はあったが、休日などで、関電経営陣を脅かす 行動は2012年11月以来久方ぶりだ。
 
 そして21日は、大阪府市ダブル選の最終日。激しい競り合いが続いている中で、一部棄権・白紙投票の動きがあるが、それは維新を利するだけ。維新を落とすには対立候補に投票する以外ないのだ。このことを広く訴えてい こう。13時半、JR天王寺駅南の 「ごちそうビル」前に集合し、最後の宣伝活動を展開し よう。
  また大阪弁護士会館では13時半から共謀罪・治安弾圧反 対の集会もある。こちらも重要だ。

 最後は22日。12時45分から天王寺区民センターで、森達也や金城 実、おしどりケン&マコのたちの出演するコラボ集会へ。




118日(日)~20日(金)高浜原発から大阪関電本店までのリレーデモ

  18日 長岡京~島本町~高槻市   19日 高槻~茨木~吹田市      

  20日 吹田~新大阪…天六~府庁~市役所~関電本店前

1119日(木)  アベ政治を許さないKOBEデモ  17時半~19時 花時計前(神戸市役所北)

1120日(金)  関電包囲大集会 18時 関電本店前 高浜~関電リレーデモ最終日(吹田~関電)

1120日(金)連続市民講座②Img007_11161 18時半 川西文化会館(能勢電「滝山」西南7) 
            
  子どもの貧困 

         1121日(土) 共謀罪、司法取引、通信傍受で刑事司法はどう変わる 13時半 大阪弁護士会ホール
 原田宏二(元北海道警察) 永嶋靖久(弁護士) ほか      

 

1121日(土) 大阪ダブル選 前日行動  13時半 JR「天王寺」駅南東 
                 ご
ちそうビル前

1122日(日) 大阪市長選挙・府知事選挙

1122日(日) 森達也講演会 1245分 阿倍野区民センター (地下鉄谷町線「阿倍野」西3分)

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうござい

 

ます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

 Img005_9233

2015年11月17日 (火)

「万策尽きたら夫婦で座り込む」~翁長樹子沖縄県知事夫人の発言

 11月4日、沖縄辺野古新基地建設に警視庁機動隊が投入された。キャンプシュワブゲート前の攻防で、沖縄県警機動隊は、座り込みの人の排除に弱腰だからというのが、その理由だ。はたせるかな、警視庁機動隊は、座り込みの人々を「オリの中」に囲い込み、抵抗が出来ないようにしているという。
 そんな中、『AERA』11・23Img008_11175号の、佐藤優の「実践ニュース塾」によれば、11月7日には、翁長剛志知事夫人の樹子さんが、辺野古の座り込みに参加し、次のような発言をしたという。「(夫は)何が何でも辺野古に基地は造らせない。万策尽きたら夫婦一緒に座り込むことを約束している」「まだまだ万策は尽きてない」「心を一つにしてがんばろう」と。
 翁長樹子さんの発言は「万策尽きた」場合、沖縄側は翁長知事を先頭に工事を阻止するために「実力行使」に出ることを示唆している。その過程で、万単位の人が集まり、数千人が工事現場を占拠する動きに出た場合、通常の警察力では足りなくなる。警察もしくは米軍が発砲し、流血の事態になれば、沖縄の日本からの分離運動は本格化する。警視庁機動隊の投入は、沖縄対日本の対立構図が鮮明になる。政府は沖縄の状況を全く理解していない。~というのが、佐藤優の「実践ニュース塾」だ。

 そうなった場合、佐藤優も「知の巨人」などと言って、物書きでいる場合ではなかろう。
 阪神間の私たちは、佐藤優の叔父=故上江洲久沖縄県人会兵庫県本部会長・兵庫県議会議員に、三里塚闘争実行委運動はじめ多くの課題で多大なお世話になり、長洲・金楽寺の家にも何度も足を運んび薫陶を受け闘ったことを伝え、そして言わねばまらない。「ともに、辺野古にいき、座り込み行こう」と。
 この11月・12月、阪神センターは、関西の4つの沖縄集会に関わる。上江洲さんの優しかった人柄を思い起こし、4つの集会を成功させ、われわれもまた 沖縄にかけつけ全力で闘う。

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうござい

 

ます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

またまた他人のブログから 今回はわたせ和人尼崎市議のブログ


テーマ:

沖縄での戦いは続いています。

民主主義、法治国家として戦後70年守られてきた日本の平和ですが、沖縄では県民の民意を無視した横暴な行動が行われています。

我々の住む日本は、本当に民主主義の国なのか?

疑問に思う時があります。

下記のアドレスの動画に出てくる山城博治さんは、少し前まで生死の狭間を行き来した入院療養でしたが、今は退院され沖縄の辺野古の座り込みに再び参加されています。

まさに命をかけた闘いをしています。

私たち本土のに住む人たちは、遠い沖縄のことだからと沖縄の基地問題に対して無関心でいいのでしょうか?

同じ日本人が、日本政府から受けている差別ともいうべき横暴を直視し、抗議の声をあげていかなければならないと思います。

ぜひ、下記の動画をご覧ください。

http://www.magazine9.jp/article/mikami/23970/

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうござい

 

ます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

 

 

2015年11月16日 (月)

おおさか維新打倒へ、燃える1週間を 今週も超忙しいが、大阪へどんどん駆けつけよう

 昨日は、午前中は伊丹市議・おおつる求さんの報告会に行き、12時からJR大阪駅前での「憲法改悪に反対する市民フォーラム」の定例街頭宣伝に参加。そのあとは今後の運動をどうするかのミーティングもあった。
 午前中の市政報告会では、例の監視カメラの問題点が、設置の利点より、次々膨大な費用がかかることの問題性のほうが浮き彫りになった。災害防止のための堤防などを監視するのは結構だが、それ以外の「犯罪防止」や、ましてや徘徊老人や子どもの位置を確認するビーコンとの接続など、どんな効果があるのかと思ってしまう。特に、ビーコンは伊丹市内だけのもので、尼崎や宝塚に入れば位置確認は当然にもできない。どこに徘徊するかわからないから心配なわけで、「これならスマホのアプリ=月額500円の補助をしてくれた方がはるかにいい」という、ママの声も。「国民の不穏な動向監視大国」である、アメリカCIAや、中国政府当局の予算はどんどん膨らんで、今や国防軍と同じだけの人員・費用が掛かるという。伊丹市でも「徘徊や犯罪が起これば即対応」が必要となると、センターで24時間監視する人員と、その情報をもとに事故・事件にすぐ対応する人員がどれだけ必要か。カメラのいたずらや悪用も当然考えられる中で、市職員では対応しきれないので、途中からは情報は警察と直結する以外ない(警察が24時間監視)というのが、既に実験済みの箕面市の職員の「笑えない」見解という。この国は、そして伊丹市は、いつから中国やアメリカCIA(他国の大統領の電話も盗聴している)のように、絶えず国民・市民の動向を監視しなくては「治安」が保てなくなったのだろうか。それよりももっと地域コミュニティの力をボトムアップすることに12208661_914902868600674_6513710108、市の予算を使うべきではないのか。

 さてさて、今週末の22日はいよいよ、大阪W選挙。厳しい情勢ながら、5月住民投票で発揮したオール大阪の力が復活しつつある。最後の1週間が勝負を決めたのは、5月でも経験済み。この1週間、可能な限り大阪にいり、おおさか維新を落とせ、サヨナラ維新にエールを送ろう。(写真はヨドバシ前)

 この1週間の行動を紹介する。

 

118日(日)~20日(金)高浜原発から大阪関電本店までのリレーデモ

 16日 大津市~京都市  17日 京都市~長岡京市  18日 長岡京市~高槻市

 18日は10時にJR長岡京駅出発 11時50分に阪急大山崎近くの関戸明神 府道67号線を南下

  16時 JR高槻駅前で街頭宣伝 

                              19日は10時JR高槻駅(南)集合 高Img003_11162槻市役所から府道132号線を南下 12時40分中央公園で昼食

16時半 JR吹田駅前(ポケットパーク)にて解散

 

             1119日(木)  アベ政治を許さなKOBEデモ  17時半~19時 花時計前(神戸市役所北)

1120日(金)  関電包囲大集会 18時 関電本店前 高浜~関電リレーデモ
 最終日(吹田~関電)

1121日(土)共謀罪、司法取引、通信傍受で刑事司法はどう変わる 13時半大阪弁護士会館原田宏二(元北海道警察) 永嶋靖久(弁護士) ほか   

1121日(土)Img007_11161 大阪市長選挙・府知事選挙にむけ、梅田・ヨドバシカメラ前などで街頭演説などがある模様
11月22日(日) 大阪W選挙 投票日

1122日(日) 森達也講演会 1245
 阿倍野区民センター (地下鉄谷町線「阿倍野」西3分)

Img005_9233

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうござい

 

ます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

 

盛り上がってきたW選挙 関西SADLも参戦

12243595_419743178224502_4367738280  一昨日のヨドバシカメラ前はまた人で埋まったらしい。柳本・栗原両候補の演説だから自民党・民主党・共産党など既成政党かと思いきや、若者が多かったらしい。関西SADLがいよいよ決起してきたのだ。戦争法反対集会12226973_419595018239318_2584635033のノリだったとも聞こえてきた。情勢はまだ逆転出来ているとは言えないようだが、おおさか維新・橋下一派撃滅へ続々結集と言うところだろう。
   柳本大阪市長候補の演説は「もう自民党を超えていた」と聴衆が語ってくれた。 別の日には石破茂氏と共産党参議院議員が共に登壇したり、市民派も詰めかける街頭演説にあの稲田朋美・自民党政調会長が来るなど、常識では考えられない展開になってきた。
   これに危機感を燃やす橋下の口調がまた下品な攻撃になって来た。その意志に忠犬ぶりを発揮しようと伊藤よしか・大阪市議も「共産党事務所に反
12246830_419595171572636_2663900254安倍と書いてあるけど矛盾では?」などと、いらぬお節介をかけて怒りを買っている。伊藤よしか議員と言えば政務活動費(政無活動費)で超高級車レクサスを買った議員だ。することも下品なら言うことも下品なのだ。
   彼らの焦りが22日、おおさか維新・橋下一派の葬送行進曲になるよう、一心団結でがんばろう。しかし、終盤に安倍が来て、菅や公明党議員団と一緒に壇上に立った時、どんな顔をしたら良いのか、今からイメージトレーニングしておかねば!

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月15日 (日)

他人のブログの紹介 丸尾牧さん、もんじゅを廃炉へ、と訴える

「もんじゅ」は運転主体の変更ではなく廃炉に2015-11-14 15:19

 もんじゅの運転管理を行っている日本原子力開発機構が「運転に必要な資質を有していない」として、原子力規制委員会が、運転主体の変更を指示しました。
 もんじゅは、高速増殖炉の研究段階の炉ですが、この間、事故続きで運転はほとんどしていません。このもんじゅのために、既に1兆円が投入され、年200億円の維持管理費用がかかっています。
 理論上は、発電で消費する以上のプルトニウムを増やせるとされていますが、実用化が難しく、コスト面を含め、研究開発から撤退する国が複数あります。
 今回、日本原子力開発機構が、「運転に必要な資質を有していない」と指摘されましたが、天下り職員を抱え、プラントメーカーとも連携し、電力会社からの出向を受けている国丸抱えの会社であり、これ以上、どうしようもないのではないかと思います。
 多額の公費を投入し、浪費しているだけの施設であり、速やかに廃炉するのが現実的だと思います。
文部科学省 
日本原子力研究開発機構改革の基本的とりまとめについて
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kaihatu/018/houkoku/1338627.htm

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

11月後半から12月初旬までの行動

 11月8日に高浜を週発したリレーデモは、今日大津につく。20日は吹田市から関電前にいたり、18 時半から関電本店包囲行動となる。リレーデモのように、闘いは人と人を繋ぎながら広がり、権力中枢に迫っていく。寒くなってきたが、頑張ろう。

118日(日)~20日(金)高浜原発から大阪関電本店までのリレーデモ

  15日 大津まで  16日 京都  17日 長岡京  18日 高槻市

 19日 吹田市まで 20日 吹田~関電本店前 18時半 関電本店包囲行動

1115日(日) 大津留求市政報告会  10時半 伊丹稲野センター  15時 いたみホール

1115日(日) 憲法改悪に反対する市民フォーラム 12時 JR大阪駅南

1115日(日) 原発再稼働を止める集会PARTⅡ 13時 あすてっぷセミナー室

 

1119日(木)  アImg002_11151ベ政治を許さないKOBEデモ  17時半~19時 花時計前(神戸市役所北)

1120日(金)  高浜~関電リレーデモ最終日(吹田~関電)
 関電包囲大集会 18時半 関電本店前 

11月20日(金) 連続市民講座② 18時半 川西文化会館(能勢電「滝山」西南7) 
子どもの貧困問題 

田啓子さん(前兵教組副委員長)
畑中通夫さん(元西宮中学教員)
 

                    1121日(土) 共謀罪、司法取引、通信傍受で刑事司法はどう変わる
13
時半 大阪弁護士会ホール 原田
宏二(元北海道警察)永嶋靖久(弁護士) 

 

1122日(日) 大阪市長選挙・府知事選挙

 

1122日(日) 森達也講演会 1245分 阿倍野区民センター(地下鉄谷町線「阿倍野」西3分)

1123(月・休)Img005_9233 パレスチナ援農報告会 14時 高槻市民会館

 1127日(金) 高作先生と学ぶ会 18時 神戸学生青年センター 日米地位協定

1             1128日(土)  連続市民講座③ 14時 尼崎中小企業センター(「阪神尼崎」北東4分)
 山下惣一さん(農民・作家) 

 

         1129日(日) いたみマダン20周年事業 『60万回のトライ』 1350分 伊丹市中央公民館

          124日(金) 伊井孝雄さんの話を聞く会 18時半 アステ6階(阪急「川西能勢口」南1分)   

         125日(土) 政党と市民の討論集会 安保法の廃止へ、連携の輪をどう作るか  
13
時半 神戸市教育会館(JR・阪神「元町」北7分)

125日(土) 連続市民講座④ 14時 いたみホール会議室 在間秀和さん(弁護士)ブラック企業問題

125日(土)  ストップ日米共同演習(ヤマサクラ69)大集会 13時半 伊丹市・昆陽池公園

 

125日(土) 共謀罪を考える兵庫県集会 14時 兵庫弁護士会館(「高速神戸」北東5分)
江川紹子 山下幸夫 

125日(土)  辺野古基地建設強行糾弾 緊急集会 18時 エルおおさか南館5階ホール
講演 伊波洋一さん(元宜野湾市長)

125日(土) 15もんじゅを廃炉へ!全国集会&高浜原発再稼働阻止全国集会
12
時 福井市文化会館 福井市西公園

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

不養生者闘病記3 病床編

Stone01

 さて今日は労働者同志の皆さんに実例の紹介で少しでもより良い情報をと文章にしてみた。当ブログは活動日程紹介、時事解説、報告と並んで「読んでタメになる」記事も心がけているからだ。
 前回のあらすじをおさらいすると、腹痛で病院に駆け込み、思いもかけなかった尿管結石という病名をもらった経験から、
1 高くつきそうな医療を受けるときはあらかじめ役所の健保窓口で医療費限度額認定証をもらって病院受付に提出すれば、限度額までの支払いで済む(低所得者は特に推奨) 
2 入院・手術で補償が出る全労済(医療補償追加で一日7千円出るのが最低ライン)などに入っておくこと、
3 特定検診(無料)を受けておくことの3つをご紹介した。
 
今日は病床編

1 尿管結石は実は多い。男性なら7人に一人はなると言われているくらいだ。そして症状が腹痛・下腹痛・腰痛と変化したり、2つが同時に来たり、3つ一遍もあるなど複雑だ。七転八倒の激痛だが、ある時期にすーっと痛みが消えたりする。治ったのかと勘違いするところが怖い。そのあいだに尿管に完全に詰まると石の下はカラカラ、上は水溜りが永続してやがて片方の腎臓が水没して機能低下、放置すると腎臓にダメージがたまる。激痛に襲われたら、あらゆる科目のある大病院で見てもらうのが賢明だ。このイラストでは「腎臓結石が見つかったら」とあるが、素人では何の病気かまずわからない。激痛が来たらすぐ大病院で見てもらったほうがいいのだ。いきなり大病院へ行くと5千円くらい取られるかもしれないが(町の医院で紹介状書いてもらうと数千円必要、うまくできている。医は仁術であるが算術でもある)それもやむを得ない。


2 薬で痛みを散らし続けるのは良くない。下手したら腎臓が死ぬ。すると人工透析になり、週3回は通わ
なくてはならず、透析中止が生命の危機に直結する。透析をしていては労働もままならない。早期発見なら石を溶かす薬で済んだり、衝撃波で砕くこともできるが、ある程度の大きさになると局部から「内視鏡とレーザー銃とマジックハンド」のセットを挿入して破砕することになる。うまく割れたら破片をマジックハンドが回収して来るが、これがまた初期の激痛の再来で、術後2日はそれで傷ついた管からの出血とその固まりが膀胱に次々蓄積し、排尿を妨げ、激痛も起こる。私の場合は30分に一度排尿発作の激痛に襲われた。激痛があると大にも影響してしまう。泣き面に蜂!
心配は、しかしご無用。大は導尿管入れられてるあいだはベッドの上にポータブル「おまる」を持って来てくれる。とうていする気にはならないが・・・

I3203 傷は数日で治り始めるがその間、血尿の収束が鍵だ。安静と、血の塊の排出が不可欠となる。酒は出血が止まるまで厳禁。退院後も控えめにしておいたほうが賢明だ。出血再来はありがたくない。入院中は安静にしつつ、たくさん水を飲んで、少しだけ体を揺らせて膀胱に挿入されている管から血と尿をじわじわ排出し、その色が赤ワインから生ビール色に変わる事を祈るだけだ。この変化を24時間観察するのは、ベッド縛り付けのあいだの密かな楽しみだ。その間は平和ではない。膀胱に蓄積した大量の血塊を時々浣腸のような注射器で吸い出し、生理食塩水で洗われるときはまるで拷問だ。しかし、拷問と違って必ず快方に向かうので頑張るしかない。
写真の色を私は全部体験した。一方通行ではなく、時々左へ逆戻りする。左傾化右傾化を繰り返してだんだん、色が薄くなる。まるで何かみたい(~~)
 血尿が収まったら導尿管が外される。パンパカパーン!!←古い。しかしこれは実感。 その瞬間、普通にトイレに行ける幸せを「痛」感するはずだ。おかげさまで私は今、一番右の生ビール色まで来た。(色の判定もやっぱり、アルコールが基準か)
 さて、副作用があった。高血圧だったのが術後に正常になったのだ(^^)多分、左の腎臓が孤軍奮闘していたのが、右腎臓も正常化して体全体への負担が解消されたのではないか、と素人考えで推測しているところである。

 連載は一旦終了し、後日続編を書くかもしれない。皆さん、ご安全に。

 12122706_421746671347710_6497871056さて、今日のコマーシャル。宝塚市長選、堺市長選、大阪市住民投票いずれも最初は橋下維新に勝てているとは思えなかったが、あきらめず必死に皆で頑張って、終盤でひっくり返した。今回も勝って維新を終了に追い込まなければ大阪も関西も日本も未来は無い。関西SADLの若者たちも立ち上がっている。電話・ポスティングでこの1週間、ご協力を。ネット発信は選挙法の関係で「おおさか維新・橋下のインチキ暴露」にとどめたほうが無難と思われる。街頭での拡声器宣伝は制限されるが、地声で反維新候補の「名前を」「連呼にならないよう」、「単呼で」叫ぶのはOKだ。自民党の人を応援したくないけど22日までは仕方ない!

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月14日 (土)

テロ・軍事介入の連鎖で悲劇がエスカレートする

 K10010305641_1511141226_1511141234_ フランスでの同時テロは犠牲者が120人を越した。本当に痛ましい事件であり、哀悼の意を表したい。同時に、このような卑劣で残忍な虐殺を行った集団に未来がない事も断言しておきたい。フランスの行ったシリア内政干渉・マリ侵攻などは許せない帝国主義的暴挙であるが、それに対して不屈に立ち上がる中東・アフリカ人民のたたかNews2306936_6 いを極度に妨害するテロ行為も許せない。こういう市民へのテロはさらなる暴虐を行なう口実を帝国主義者に与えるだけであり、人民に利益も平和ももたらさない。
 この前提のもとに、しかし、反テロの叫びを欧米や日本の支配者が上げる事に賛成はできない。そもそもアフリカのマリや、中東のシリアに国家主権を侵す軍事介入をしたところにフランスの大きな非がある。空爆をされたほうは
100人、千人と犠牲が出る。その遺族や家族が復讐の念でフランスに立ち向かおうとして、正規軍に突入する自爆テロか、フランスへ乗り込んで殺しまくる報復を考えてしまうのを誰が非難できようか。
 Photo_2

「テロを断
固非難」と叫ぶ安倍首相!「イスラム国と戦う諸国に2億ドルあげます」と宣言して日本人人質2人を無残な死に追いやったのはわずか9ヶ月前だ。「集団的自衛権」と称するPhoto戦争









参加を強行してアメリカの軍事行動を手伝ったら次は、東京・大阪が標的になるこ
とぐらい想像できるでしょうが・・・!その時犠牲にされるのは一般市民だ。安全な官邸にいる首相や、自公の議員たちではない。
 テロを防ぐことは不可能だ。市民の皆さん、怯えて暮らすのが嫌なら安倍政権を支持してはいけない。大阪の皆さん、その安倍や菅と裏でつながる橋下・松井おおさか維新を支持してはいけない。

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp


『つなぐぜよ!PIECE』~坂本龍馬生誕180年にあたって

11月13日「生誕180年、戦後70年に龍馬と『つなぐぜよ!PEACE』

 坂本龍馬(1835~67年)の生誕180年を明後日の11月15日に控えて、様々な催しがあります。
 今年に入って、坂本家の子孫が龍馬の関連史料を記念館に寄贈したり、行方不明だった龍馬の愛刀が86年ぶりに公開されたりと新史料の発見が続くというのも、節目の年らしいのかもしれません。
 そして、県立龍馬記念館が15日に主催する「レッツゴー!ハンド イン ハンド2015」も、大きな高まりを見せています。
記念館前に立つシェイクハンド龍馬像と、桂浜の龍馬像までの540メートルを握手の鎖でつなぐイベント「レッツゴー!ハンド イン ハンド」も今回で4回目ですが、龍馬生誕180年の節目の年で、しかも、誕生日11月15日が日曜日と数年に1回のめぐり合わせで特別な日となっています。
 今年の合言葉は『つなぐぜよ!PEACE』ということですが、戦後70年に戦争法が強行成立させられただけに、その思いもひとしおです。
 さらに、この準備中に11月2日に森健志郎館長が急逝され、多くの皆さんから惜しまれながらお別れをされました。そんな状況の中で迎えるイベントでもあり何としても成功させたいものです。
 しかし、今朝から雨が降り続いています。館長の涙雨なのかと思ったりしますが、明後日には、雨も止んで、あの館長の笑顔で参加者を出迎えてもらいたいものです。
 当日の桂浜は、龍馬三昧です。(坂本重雄ブログより)

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

維新完全消滅へ1週間の死闘を!

12219439_1017204384997820_281947382 11260689_1017204398331152_616606230  ファシズムが民主主義の中から生まれるというが、大阪がその典型だ。橋下維新が市政・府政を牛耳ってロクなことがなく、ロクでもないことだらけだったというのに、まだ橋下の子分に過ぎない松井一郎知事を支持する府民がたくさんいて、橋下市長の後継者も空っぽ丸出しなのに、柳本氏と接戦だという。ヒトラーを熱狂支持した70年前のドイツ国民みたいだ。これで維新が1勝でもしたら大阪が全国・全世界に恥をさらすことになる。しかし、諦めても白けてもいけない。あと8日間、大阪の知人友人親戚に電話をかけ、反維新への支持を訴えよう! それがひいては安倍・菅の傲慢政治を打ち砕くことにつながる。

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月13日 (金)

高浜―関電本店リレーデモ 連日奮闘中 11日には滋賀県にはいる

 11月8日に始Img006_11132まった高浜―関電本店前リレーデモは、福井県高浜町から出発し、小浜を経て順調に行進をつづけ、4日目には滋賀県に入った。

 1日目は高浜原発の見える展望台に関西各地から100人が結集。代表の木原壯林さんから、点を線に替え、再稼働をとめ、原発のない社会を作ろうと提起があった。その後、中嶌哲演さんや福井の人たち、元宇宙飛行士の秋山豊寛さん、関西生コンなどの挨拶を受け、デモに出発した。関電高浜原発北門前で関電への申し入れを行い、海岸通りを通って高浜町役場までデモ行進。1日目はここで終了。

 2日目は、高浜町役場で町長への申し入れ。福井の人を先頭に22名が役場会議室へ。この日も雨の中、おおい町までデモ。

 3日目は、小浜市・若桜町を元気にデモ行進。小浜市役所、若狭町役場でそれぞれ申し入れ行動し、宿泊は福井県南端の鯖街道の熊川宿。ここは古い街並みの残るところで、若狭に原発ができる最初の頃に反対運動に立ち上った掛谷さんの所で宿泊となった。

 4日目は福井県境Img00511131からいよいよ滋賀県入り。トンネルは危険なので車で通過。そしていよいよ高島市に入った。今後は琵琶湖を望みながら湖西を一路南下。
 15日の日曜日には大津市に入る。ここでリレーデモの前半が終わり、後半は京都・大阪へ。18日(金)の関電包囲を目指し、これからも行進は続く。

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

不養生者闘病記2 事務編

2  突如、腹部が激しく痛んでから約4週間経った。ようやく各種市民運動や、おおさか維新撃滅の活動に復帰できたのでその間の体験を紹介したい。
 今日は事務編。 労働者は体が資本であり、体が壊れてしまっては生活も活動もままならないし、少しでも読者諸兄姉のお役に立てれば幸いだ。最初に痛んで病名が尿管結石と確定してから16日後に入院・手術となった。
 日程に余裕があったので用意が比較的スムーズに行った。まず、第一のポイントは昔と違って高額療養費が後日還付ではなく、事前に役所からの限度額認定書を保険窓口で交付してもらう事になっているのを友人から教えてもらった(所得によりランクがあるので窓口へ行けばすぐわかる)入院・手術費をどうしようとお先真っ暗だったがこれで随分光がさした。
 第二番目に入院・手術で給付金が出る保険が必要であることを痛感した。宣伝するわけではないが(宣伝しているが)私は全労済の共済に永年入っている。昨年保障を増額して2千円ほど保険料がアップしているのをうっかり忘れていた。これはうれしいウッカリで、そこそこの入院・手術保険金が出るとのことであり、しばらく仕事ができないので大いに助かる。ちょうど来年の新プラン提案書が届いたのでもう少し(保険料千円ほど)増額しておくことにした。労働者の皆さん、自分だけは病気や怪我をしないなんて全くの幻想なのである。コマーシャルや巨大な社屋に使う経費を加入者に還元している全労済などの、掛金が比較的安い、入院・手術補償がある程度手厚いタイプに入っておく事を強くおすすめしたい。 
 第三番目には、痛くなって駆け込んでは費用が大きく要る。かと言って人間ドックは数万円必要だからついパスしてしまう。そこで熟年世代は行政から特定検診無料券が来ているので行っておいたほうが良い。私はついつい無視してしまったが、痛くなる前に、石が大きくなり、詰まる前に手を打てたかもしれないのでこの無料検診もお勧めしておきたい。  (次回は病床編を)

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月12日 (木)

辺野古工事、500人の市民が機動隊を押し返す=最新情報紹介

市民ら500人車両止め、 機動隊を押し返す 辺野古Okinawataimusu

 【辺野古問題取材班】米軍普天間飛行場の移設に伴う名護市辺野古への新基地建設で、反対する市民らが11日早朝、米軍キャンプ・シュワブゲート前に約500人以上集まり座り込んだ。午前7時ごろから機動隊が市民らに対し排除や隔離を繰り返したが、市民が一時、機動隊を押し返し抵抗、再びゲート前に座り込む場面もあった。

 市民らは座り込みながら「暴力やめろ」と訴えた。市民らと機動隊の激しい攻防で、新基地建設関連とみられる工事車両が立ち往生した。約1時間半後、基地に入った。周囲では渋滞が発生した。

 大浦湾海上では大型クレーン船が湾内で移動したほか、シュワブの海浜では2基目のスパット台船が組み立てられている。移設に反対する市民らは抗議船とカヌーに乗って、海上で工事をやめるよう訴えている。

 市民らは旧ゲートに続く国道329号でも工事関係車両を止めるため座り込んだ。その間、女性2人が腰や首の痛みを訴え、救急車で搬送された。国道329号も数十分渋滞した。

 平和運動センターの山城博治議長は、機動隊を押し返したことを「座り込んで以来初めてだ」とし、「市民が結集すればできることが証明された。暴力的なことはせず、座り抜いて闘おう」と拳を突き上げた。
【琉球新報電子版】

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

南沙諸島の真実~領有権争いに介入して利益はない

6d327e89  Photo


阿呆な首相(個人名は控える) 馬鹿なことを今日も参議院で言った。自衛隊の南沙派遣も選択肢に入れる、そうだ。日本の領有権に関係がなく、国連などから依頼もないのに。莫大な費用を使って、5カ国が領有権を主張する南中国海・南沙諸島に自衛隊を派遣することも選択肢にするらしい。まずその費用は安倍首相や自公が出すのではなく、我々納税者だ。
 次にアメリカ軍も10月27日からイージス艦を1隻だけ出した。この時は中国艦も接近したが、所属や目的を尋ね
673dcb40る通信の後、「一路平安(イールーピンアン=良い旅を)」「再見(ツァイチェン=またあいましょう)」と言って去ったそうだ。米艦「ラッセン」も「Thank YOU」とか「Good Luck」とか言ったのだろう。軍事緊張を起こす意図など米中ともに持っていない。
 なのにそこへ我がKY首
相は介入しようというのだ。さて別表の通り、南沙諸島は島ごとに何カ国もが領有権を主張している。KY首相はその内のどの国の肩を持つというのだろう。さて、この表はインターネット辞書WIKIPEDIAから引っ張ったのだが、20の島の内、ベトナムが8、フィリピンが7、マレーシアが2を実効支配している。台湾も1。これらは平和的にではなく領有を主張する他国を押しのけて「実力で支配」しているのだ。中国は2つの岩礁を支配しているに過ぎない。日本のマスコミ報道では、中国が他国を押しのけて南沙を独占支配しているように聞こえるが、これが実態なのだ。ここへ一日何億円ものお金をかけて、自衛隊が行く意味は「永遠のゼロ」だ!オバマの本心は「またいらん事してくれなければいいが」だろう。

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月11日 (水)

11・8柳澤協二さん講演会、報告

11111 8日の柳澤さん講演は80人が参加し、交流会にも15人が残り、議論がはずんだ。会員より投稿があったので、少し遅れたが掲載する。

 8日は宝塚市のピピアめふでの「市民の力で社会を変えよう!連続市民講座」の第1回目として元防衛庁運用局長の柳澤協二さんの講演会に行った。バリバリの高級官僚であった柳澤さんは安倍政権による安保法制改正があまりにも防衛現場を無視していることに怒り、最近はいろんな集会でこの問題に言及している

 まずはじめに柳澤さんは、今年起こったシールズなどの学生運動と自分が東大生だった60年代末の学生運動について「昔の学生はイデオロギーが先にあり皆同じことを叫んでたが、今の若い学生は自分の言葉で分かりやすく語っている」と称賛。また私が企業の人事担当なら元気の良いシールズメンバーを採用するとも。

 次に本題に入って、「私が一番安保法制で疑問を感じることは、国会で議論されたことはすべて集団的自衛権ではなく個別的自衛権で十分やっていけるし、テロのことを考えるとその方が安全だ」ということと「安倍首相の思いは集団的自衛権は日本防衛のためでなく、ひたすらアメリカ軍に奉仕すれば何とかしてくれると期待しているだけ」と語られた。

 講演後の質問で、最近の中国の南沙諸島などの行動があるから集団的自衛権は必要なのではとの質問に、「中国もアメリカも本気で戦争することは考えていないから、艦船を何隻も出さずイージス艦一隻しか出していない。日本が余計なことをするともっとややこしいことになる」また「現場自衛隊員は尖閣だけで精いっぱいで、遠い南シナ海まで行く予算もないし、中国と軍拡競争するなら、どれだけ金がかかるかわからない。南シナ海は日本近隣でもなく、そこまでする膨大な金を税金で負担しますか」と答えた。

 柳澤氏の話は、自衛隊をイラクに派遣した時の経験から防衛現場を知り尽くしたリアリティがあり、説得力がある。専守防衛の憲法9条の立場を守りつつ、できる限り自衛隊員の命を大切にしようとしている。今回の安保法制改正では曖昧すぎて部下に命令することができないということだ。隊員を指揮したことがない安倍首相らは現場を知らないからこんな法律を作った、ということがよく分かった。(宝塚・IZ)

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

22日を橋下維新完全終了の日にしよう

12189017_1017204381664487_73571128511260689_1017204398331152_616606230

  首相官邸が画策しているのではと言われている「大阪市長は自民、府知事は維新」などとんでもない。ましてや維新の2勝などは悪夢としか言い様がない。
 政治詐欺集団である維新の政治は2連敗できっぱり終わらせなければならない。世論調査の数字はよくないが、落胆することも、諦めることもダメである。22日へ、あらゆる行動に立ち上がろう。
 労働運動敵視、解放運動破壊、市民生活無視と「維新のために奉仕する府市財政」しか生み出さない橋下維新政治の実態をあらゆる手段で市民・府民に浸透させよう。他府県の住民も知らぬ顔をしていては、大阪で復活したゾンビにまたもや侵略される危険が増すのだから・・・

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月10日 (火)

賢明なおつるさんや民族右翼が公演妨害で牢屋入りを志願する馬鹿だとは思わないが

Photo  多文化共生を熱烈に支持し、日本で同じ地に住む他国籍のかけがえのない友人を支援する心ある日本人から投稿があったので紹介する。

   おつるさんや右翼が妨害?などと心配がされています。過去(集会への妨害は4ヶ月ほど前。おつるさんの場合は数年前まで)そういうこともあったのですが、今回の金剛山歌劇団公演への妨害に及べば、
刑事罰・損害賠償請求でひどいことになるくらいは賢明なおつるさんや民族右翼の皆さんは理解しているでしょう。 しかし何があるか分からないのが現代社会の複雑なところ。そこで有志の防衛隊がまた組織されます。観客として静穏に鑑賞する権利を奪われないよう、またもやビデオカメラ・集音器・警告文などを持って当日会場で待ち受けるとの事です。妨害行為があれば告訴するのはもちろんです。義を見てせざるは勇なきなり、という真の日本武士道を体現する立派で真っ当な日本人ここにあり!
 いや、でも、
おつるさん、民族右翼の人たちはほんとは賢いからみすみすそんな犯罪を犯すことはない!と断言する人もいます。たしかに。次、事件を起こせばおつるさんは実刑の可能性大ですから。

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

11月12日(木)は、金剛山歌劇団阪神地区公演がいたみホールで ヘイトのオツルの妨害を許すな

 オツルのヘイト攻撃がやまない。以前にも当ブログで紹介したが、在日朝鮮人の関連するものはすべて敵だとばかりに、音楽や演劇の公演会まで攻撃してくる。11月12日の金剛山歌舞団の公演に当たっては、この催しに各地の自治体が後援を行わないようにと執拗な「申し入れ」を行い、尼崎・伊丹・宝塚市などほとんどの自治体が当然にもオツルの「申し入れ」を拒否したが、オツルの地元=川西市だけは後援から降りてしまった。川西市は多文化共生などをうたっているが、たった一人のクレイマーのヘイト攻撃に屈してしまって情けない限りで、この他市とは違うヘイト攻撃に弱い市政の在り方は、当然にも多くの批判を生んでおり、議会でも追及されるだろう。
 オツルの攻撃はこれにとどまらず、この公演に賛同し、賛同広告を出しているすべての団体の名をブログ上にあげ、ここにも「要望書」と称する嫌がらせをおこなったが、1団体を除いてヘイト・クレーマー攻撃を当然にも拒否している。しかもこの1団体の丁寧な返答に対して、オツルは再攻撃できずにいる。さすがに数百におよぶ団体への攻撃にはオツル一人では疲れたのか、ブログの更新もここで止まっている。
 11月12日にはいたみホールで金剛山歌舞団の『100年の夢』と題する公演が昼・夜2回開かれ、2000人以上の人が参加するだろう。当ブログ関係者もチケットが手に入り参加するが、オツルはここに一人で、あるいは在特会や右翼団体を伴って、警察に守られて妨害行動に来るのだろうか。絶対に許してはならない。
 当ブログの友好ブログによると、10月25日の京都の在特会の30人の行動には、これに抗議する300~400人が、デモの出発点から解散地まで抗議し続けたが、京都府警の警察官が、この抗議行動から在特会を守ったという。
 ヘイト攻撃には、各地でカウンター行動が拡大し、オツルをはじめ在特会の行動は裁判所でも有罪が確定して、在特会の行動は縮小していっている。ヘイトの盟友=宝塚の杉田ミオは次世代の党をさっさと解散し、地元での活動はやめてしまった。一人気を吐くオツルも、広範な反レイシズムの動きに、青息吐息だが、11月12日の公演会には当ブログ関係者も参加するので、この種の妨害があるなら、毅然と立ち向かいたい。

オツルの「酒薔薇日記」より

このたび、兵庫県伊丹や岡山倉敷市で行われる北朝鮮・朝鮮総連の金剛山歌劇団の公演について神戸・岡山・姫路の昨年度、一昨年度などのパンフレットを入手しましたので、神戸 70カ所 、姫路 90カ所、 岡山 200カ所の 広告を出された企業や個人、団体などに要望書をお送りしました。
返信は一通のみ



反ヘイト京都行動報告
10
25日午後は京都の円山公園へ。
在特会が「日韓国交断絶in京都」なるデモをやると聞いたからだ。
私が円山公園に着いたのは2時半頃。

在特会はどこにいるのか?と探せば、警官隊に分厚く守られて、78人が歩道の角にいた。軍艦旗を掲げて。あるいは、「七生報国」のハチマキをしめて。
「不逞鮮人国外追放」のプラカードを出して。
イメージ 1
 
対して、彼ら在特会を取りまくカウンター側は、3~400人。「レイシストは帰れ」「差別はやめろ」のコールが円山公園入り口に鳴り響く。

在特会がデモに出発するとなると、警官隊が円山公園入り口の車道を臨時の柵で封鎖し、

歩道も警官隊の人垣で通さない。在特会に抗議する人々に対して警官隊が阻止線を張る。在特会はといえば、どこからともなく集まって先ほどの78人に加えて総勢30人ほど。

彼らのデタラメな主張に、怒りが倍加する。ありもしない「在日特権」に加えて、またウソをまき散らすな!差別と排外主義をまき散らして暴れているのはお前らではないか!

祇園石段下から四条河原町へ、彼らの行くところ3~400人のカウンターによる「レイシスト帰れ」のコールが響く。カウンターに来ている人は、プラカードを掲げ、ハンドマイクをもって、それぞれ叫ぶ。「帰れ、帰れ」のコールが彼らを圧倒する。
イメージ 3
 
彼ら在特会は三条から京都市役所前を左折し、烏丸御池駅まで向かった。御池通の歩道は広い。広い歩道はカウンター側でいっぱいだ。御池駅で解散した彼らを守るために、
またまた警官隊が人垣を作り、分厚い阻止線を張る。市民の通行もストップさせて警官隊が在特会を守った。
 かくて、日本人の恥さらしであり、差別と排外主義をまきちらす
在特会を許さないカウンターが大きく燃えあがったのです。

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

ずっと元気な反戦高校生

12189981_776928002453400_7680441556

Ctrlw8buyaaxinjpg_large



 そういえば一番こわいものがなく、一番元気だったのは高校生の時だな、とすぎし日々を振り返りながら昨日のテレビニュースを見ていた。言うまでもなく戦争反対を掲げて原宿パレードを敢行した高校生グループ「ティーンズ・ソウル」だ。とにかく輝いている。少々シリアスな一面も見せるシールズともまた違い、とにかく一直線の感じが素晴らしい。雨など気にせず、原宿を練り歩き、沿道の視線がとても好意的だったと聞く関
東だけでなく、関西をはじめ全国各地から集まったとか。報道管制に熱心なテレビ局も朝のニュース番組でトップに取り上げていた。がんばれ、おっちゃんたちは応援する。彼らのブログ、フェイスブックには極右のいやらしいオヤジどもが絡みついているが、そんなもので屈するような高校生ではない。これからも大人は彼ら・彼女らを応援しよう。妨害者は実力排除あるのみだ。もし何かされたら相談しなさい、法律家などが立ち上がるからと言ってある。実際専門家は手ぐすね引いている。Ctrozuuucaintdzjpg_large


←激励に駆け付けた共産党・志位委員長と民主党・蓮紡参議院議員

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月 9日 (月)

15年安保闘争中間総括その②~『未来』187号

 『未来』紙に前回載せた続きがアップされたので紹介する。

“浮かんだ舟は進む”
2015年安保闘争取材記(下)

  安倍政権は強権的に戦争法制を進めたが支持率低下で、政策はジグザグをくり返した。「経済復興」のシンボルである東京五輪・新国立競技場プランは無責任と利権がからみ、白紙撤回に追い込まれた。衆議院で可決した盗聴法改悪などは、戦争法審議と重なった参議院では採決に持ち込めず継続審議となった。
しかし、マイナンバー制やTPPを強行し、「1カ月休戦」を装った辺野古新基地建設の工事が再開された。川内原発を8月12日に1号機、その後も2号機の再稼働が続き、伊方・高浜が狙われている。派遣法改悪による労働法制破壊が進む。教育の市場化、歴史修正主義の教科書採択やマスコミの統制も進んだ。「一億総活躍」とは、「一億火の玉」の国民総動員そのもの。戦争法と一体の戦争をする国づくりと、社会全分野での闘いが求められている。
(上)に続き、兵庫・関西を中心に報告する。

国会前と全国がつながる

 8・30、解放区となった国会正門前の闘いは、全国に伝わった。9月初めから連日の国会闘争が取り組まれ、全国の中小都市にも集会・デモが次々と広がった。兵庫県では8月29日に県下5地域(神戸・尼崎・姫路・豊岡・淡路)で集会とデモ、9月に入ると加古川・明石・芦屋・伊丹と連日、数百人が立ち上がった。9・6伊丹行動は自衛隊の町(中部方面総監部がある)で、71人の自治体議員が呼びかけ人となり雨天をついて500人の集会となった。この71議員の行動は、保守系を含む県下4市長(宝塚・尼崎・芦屋・篠山)の反対声明につながった。
 自公与党が予定した9月10日までの強行採決は、全国の闘いの高揚で中旬に追い込まれた。7月の26団体から35団体に広がった「アベKOBEデモ」ネットワークは、労組や既成団体の動きが少ないなか人々の結集軸となり、9月12日の第3弾は1000人の集会・デモとなった(写真上)。シールズの学生やママの会、沖縄辺野古行動の人々、国会議員が廃案をアピールした。
9・13川西ママ・パパ有志の会呼びかけ行動には、教組支部や生協が組織的に参加した。 9・13大阪では

左派系労組と市民1300人が合流し中之島公会堂を埋め、西梅田までデモ行進した。

写真上)

横浜公聴会から、連日連夜の国会闘争

  国会前は連日数万人がつめかけ怒りの声を上げ続けた。しかし、国会内では警察権力の壁に守られ審議が強行された。アリバイだけの中央公聴会と地方公聴会に、人々の怒りが沸騰。16日、横浜公聴会場前には3000人の市民が集まり、警察の規制を突破し車道に座り込んだ。安保特別委員会の委員らは国会に戻ることができず、審議は大幅に遅れた。
この市民の力に後押しされ、国会内では野党議員の身体を張った闘いが始まった。連日連夜の集会は国会前を埋めつくし、人があふれた。阻止線を張る警察と激突を繰り返しながら国会内と呼応し「野党がんばれ」「福山がんばれ」「廃案、廃案」の声がこだまする。
警察の規制に実力対峙し「柵、堤防」は押し倒され、再び解放区が出現した。これらと一体で全国各地の主要ターミナルで抗議、宣伝行動がおこなわれる。神戸では35団体ネットワークが16日~19日と4日連日の抗議行動。毎日40人から70人、のべ200人以上が「アベ政治を許さない」とアピール、連日数百枚のチラシが配られた。
国会前では19日未明まで、抗議のコールがやまなかった。

9・24「不当逮捕を許さない」声明

9月16日深夜、警察との激しい攻防により、国会前でハンストを闘った学生をはじめ13人が不当に逮捕された。最前線で抗議していた若者や市民が警察に、そこにいただけで理由もなく「連れ去られた」。これにたいし、一部の人々が「逮捕者は過激派の○○派なんだって。自業自得」などとネットや口コミで流布した。警察の規制や弾圧には抗議せず、「安全な国会前行動」という名で自主規制をはかる人々との攻防も続いた。しかし、戦前の治安弾圧の歴史を知り60年・70年安保闘争の弾圧を経験してきた人たちの怒りは「警察の弾圧を許すな」として拡大し、9月24日、総がかり行動が「不当逮捕を許さない」声明を発表する。25日までに全員が奪還された。「警察の規制に感謝する」という一部グループの言動は、連日の国会前実力行動と全員奪還で乗り越えられた。
2016年5月の伊勢・志摩サミットと7月参議院選をめぐり、今後も治安弾圧が強まるだろう。9月24日の不当逮捕弾劾声明は、これらを許さない基礎となる。

闘いは終わらない

  強行採決後も全国各地で反対運動は続く。9・20宝塚集会では、海渡雄一弁護士が「戦争法の危険」「政権交代のリアル」「脱原発闘争との結合」を語り、質問に答え沖縄闘争との結びつきに言及した。9・26大阪最北端、人口1万人の能勢町に沖縄から知花昌一さんが来た。70年安保時に勝利した能勢ナイキ闘争のリーダーたちと改めて沖縄との連帯・結合が確認された。
 10・1関西学院大では200人以上の教授たちの声明とシールズの学生が合流した集会が開かれた。教授や学生の発言とともに、Mr.関学というべき黄金期のアメラグ部監督で、学長・理事長も勤めた武田建さんの参加、発言に参加者は意を強くした。(写真左)
 10・6大阪ロック・アクションには250人が集まり、秘密保護法以降の毎月行動が「戦争あかん! ロック・アクション」として継続されると決まった。兵庫35団体ネットも「毎月19日」に行動を続け、5・3憲法集会と参議院選挙にむけ、運動を継続する。10月以降の関西各地の脱原発集会は、「原発も戦争もない社会」を掲げ、学生や若い世代が合流した。
翁長知事と沖縄・辺野古の闘いは辺野古埋め立て取消しを決定し、工事強行の政府との本格的対決に入った。
  戦争法反対は、安倍政権の強権政治にたいする社会全体の闘いとして後戻りすることはない。「浮んだ舟は進む」(故・古波津英興さん=沖縄民権の会=のことば)。(久保井健三・写真も筆者)

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

防衛庁元高官・柳沢協二さん講演、大盛況

 

Dsc_0019柳沢協二さん講演、
連続市民講座好調な滑り出し

 

 118日、会場の「ぴぴあめふ」(宝塚市、売布神社駅前)で始まった連続市民講座の第一回目は元防衛庁運用局長の柳沢協二さんの講演。各地での好評も反映されているのか、開始時刻にはほぼ満席となった。
  経歴がすごい。東大法学部卒はともかくとして、39年にわたり防衛庁の文官を務めている。運用局長と言えば、旧軍の軍務局長・作戦局長に当たるのではないか。そして小泉内閣のイラク派遣の実務責任者、第一次安倍内閣、福田内閣、麻生内閣では内閣官房副長官補佐として、首相官邸で安保の実務を5年にわたって取り仕切った人である。
   とても親しみやすく、また官僚の本音も交えての語り口は穏やかながら、自衛隊員のことと国防をリアルに考える立場からして、安倍政権の「戦争法」強行採決が危険極まる間違いであることを理路整然と指摘するものであった。賛成派国会議員もたぶん読んでないと思うと前置きしながら、法律のでたらめぶりに、元防衛庁官僚として完全落第を宣告する内容であった。政府は間違えるものであるし、ましてや法的安定性を欠く政権はより危険というところに深くうなずきたい。
  アメリカとの関係も明快に捉えておられ、この法成立でアメリカに貢献のメッセージを送っても、アメリカが日本の要請に動かされることなどなく、米中関係に基づいてアメリカは独自判断で行動するときっぱり言われた。またこれまで戦闘に加わらず、犠牲が出ないよう努力してきたのでイラク派遣隊が現地部族から「アメリカ軍とは違う自衛隊を守る」と言われてきたのを、今後は覆して隊員に巨大なリスクを負わせる「戦争法」の実体を安倍内閣の閣僚は分かっていないとの事だった。
 言葉の随所に自衛隊員への思いやりが感じられる講演であった。
 Cff40081381f7e8de7554d749766337f201そしてシールズとの対話、野党共闘にも触れて、今後の展望も指し示す講演となった。全国で評判が高いのも十分にうなずける内容であった。
 受付で勧められてつい、あと6回入場できる通し券を買ってしまったので、希望の方にお貸しする。次回以降参加希望の方は、お気軽に申し出てほしい。次回は11月20日(金)の川西での子どもの貧困問題、次々回が11月29日(土)の尼崎での農業問題、たぶん、11月20日は行けないので、この日いきたい方は、通し券をお貸ししたい。

 

 

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月 8日 (日)

次々と行動がはいって大変だが、仲間を増やし、決定的な時の勝負に備えよう

 11月に入っても次々行動が呼びかけられる。一つの集会に行けば、何種類かのビラをもらい、その中には新たな重要な行動もあり、当ブログはそのたびに新たな行動を付け加えなければならない。あまり行動が多いので、行動に強弱をつけるつもりはないのだが、単にスケジュール一覧ではメリハリがつかないと思い、一部をゴチック標記にしてみる。以下のスケジュールを参考に、11月の行動を組み立ててほしい。

118日(日)~20日(金)高浜原発から大阪関電本店までのリレーデモ 

118()  高浜原発前で出発 集会 高浜町役場までデモ

119日(月) 大阪W選挙直前集会 18 御堂会館5F  小林節 白井聡 香山リカ 辻恵

1111日(水) 16年3・27反弾圧集会実行委 18時半 エルおおさか 
永嶋靖久弁
護士のミニ講演会も

1112日(木) 朝鮮学校裁判支援集会 18半 北区民センター

 1113()  第7期沖縄意見広告  関西事務局会議 13時 協同会館アソシエ

 1115日(日) 大津留求市政報告会 10半 稲野センター(阪急「稲野」西南5分)  
 15時 いたみ
ホール・会議室(阪急「伊丹」北3分)

 Img004_1281               1115日(日) 憲法改悪に反対する市民フォーラム 12時 JR大阪駅南

                 1115日(日) 原稼働を止める集会PARTⅡ 13時 あすてっぷセミナー室

1119日(木) アベ政治を許 さないKOBEデモ  17時半~19時 花時計前(神戸市役所北)

1120日(金) 関電包囲大集会 18時 関電本店前 高浜~関電リレーデモ最終日(吹田~関電)

11月20日(金) 連続市民講座 18Img005_9233時半 川西文化会館(能勢電「滝山」西南7)  子どもの貧困問題 池田啓子(元兵教組副委員長) 

          1121日(土) 共謀罪、司法取引、通信傍受で刑事司法はどう変わるか13時半 大阪弁護士会ホール 原田宏二(元北海道警察) 永嶋靖久(弁護士) ほか

1122日(日) 大阪市長選挙・府知事選挙

1122日(日) 森達也講演会 1245分 阿倍野区民C(地下鉄谷町線「阿倍野」西3分)

1123(月・休) パレスチナ援農報告会 14時 高槻市民会館

          1125日(水) 『展望』研究会 島袋論文を読む 
18
時半 市民交流センターひがしよどがわ(JR「新大阪」北東5分)

         1127日(金) 高作先生と学ぶ会 18時 神戸学生青年センター 日米協

                          1128日(土) 連続市民講座③ 14時 尼崎中小企業センター(阪神「尼崎」北東4分)
 山下惣一(農民・作家)

                  11月28日(土)  南京ドキュメンタリー 9時                    半~ エルおおさか南館5

1128日(土) 水島朝穂講演会 18時半 大阪                       中央会館(地下鉄「心斎橋」東10分)

                                            112829日  岩国現地闘争

                                            1129日(日) 伊方原発再稼働阻止!高松
                           行動 14時 琴電瓦町駅前

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

戦争法案廃止は、沖縄と派兵阻止と、参議院選挙勝利から

 

 いよいよ今日は、宝Img003塚で元防衛庁最高幹部だった柳沢協二さんの講演会がある。戦争法案が成立しても、元防衛庁最高幹部が各地で講演に飛び回っている中に、戦争法の破綻性がある。
 14時、阪急「売布神社」駅に隣接した「ピピアめふ」4階が会場だ。多くの人に来てほしい。

 そしてもう一つの闘いの方向は、沖縄辺野古基地建設強行に反対する闘いだ。すでに今夏活躍したシールズもこの課題に取り組むことを表明し、13・14日には街頭行動を行うとか。
 またアベ政治を許さない市民デモKOBEは、19日の毎月行動を決めているが、11月のテーマは沖縄になる。
  そして12月5日(土)には沖縄意見広告運動などの主催で、緊急関西集会がエルおおさかで開かれる。また12月19日(土)には連続市民講座が神戸・私学会館で、知花昌一さんを招いて講演会が開かれる。
 もちろん、毎週土
Img002_1181曜日には、13時から神戸マルイ前で、15時半からはJR大阪駅前で辺野古行動が取り組まれている。この一連の闘いで、オール沖縄の自己決定権行使の闘いに応えていこう。

 そして今一つ、自衛隊派兵反対の闘いもこれから。8日11時半から、伊丹第3師団西門で、自衛隊派兵に反対する申し入れ行動がある。南スーダン派兵で駆けつけ警護を行い、戦闘に突入しようとしている安倍政権に対し、自衛隊員とともに、反対していこう。

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

戦争法賛成した同志社村田学長、若い現職なのに学長選挙で大敗

Dsc_0011_2戦争法賛成した同志社村田学長、若い現職なのに学長選挙で大敗

(写真は昨日の毎日新聞)

 同志社と言えば昔より権力追随をよしとしないリベラルな学風があり、田畑忍先生(のちに学長)に師事した土井たか子さんが講師として活躍した事でも有名だ。学生運動も大変盛んで、社会主義学生同盟=社学同=赤ヘルの全国最大拠点校で、加藤登紀子の連れ合い=藤本敏夫反帝全学連委員長を出したことでも知られる。中には日航機を乗っ取ってピョンヤンへ飛んで行ってしまった学生もいる。社学同も赤軍派も先鋭な活動で社会的には相当迷惑や被害を与えたにも関わらず、大学が学生を弾圧したことはほとんど無かった。

 ブルジョア的規範で画一的に処断するより、思想と科学と社会性の探求を目指そうとする進歩的学風からだろうか。しかし同志社もキャンパスの田辺移転でカエルの鳴き声の中をデモしなければならなくなる中で今風に変わってしまったと見える。
 そんななか、戦争法の公聴会で村田晃嗣治学長(51歳と若い)が賛成の意見を述べた事には世間が大いに驚いた。学内でも批判の声が沸き起こり、100人もの教職員が抗議声明を出した。その内の一人の松岡敬・工学部教授(60歳)が、今回の学長選で大差で現職を破って勝利し、戦争法賛成学長は見事に敗者となった。当然の報いだろう。

 

 

☆☆

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月 7日 (土)

15年安保闘争中間総括その②~『未来』186号・187号

 15年安保闘争の各種中間総括をアトランダムに紹介する。2回目は『未来』(革共同再建協機関紙)の「取材記」と称する「中間総括」のようなものである。186号・187号と2回連載のようだが、187号はまだアップされていないので、186号分だけをとりあえず紹介する。(革共同再建協ホームページより)

自由と尊厳を取り戻す闘い
2015年安保闘争取材記(上)

60年・70年安保闘争にならぶ大衆的決起

2015年戦争法反対闘争は、60年安保、70年安保・沖縄闘争とならぶ全国数十万の大衆的決起のたたかいとして、法案強行採決後の今日も続いている。
70年安保闘争以降、長きにわたる社会運動の後退局面が続いたが、3・11大震災・原発事故後、社会のあり方を問い直すたたかいが蓄積されてきた。そして今回、戦争法強行による「平和主義」と「国民主権」の破壊に対して、あらゆる世代が人間の尊厳をかけて立ち上がった。とりわけ「戦後70年、『政治の禁止』というくびきから解放された若者たち」(雨宮処凛)はシールズなどの新たな運動形態で登場し、戦争法反対闘争を牽引した。筆者が主に活動している兵庫県を中心に闘いの経過をレポートする。

転機は3憲法学者の違憲証言

たたかいの転機は6月4日の衆院憲法審査会での3憲法学者の発言だった。改憲論者の小林節氏や秘密保護法に賛成した長谷部恭男氏が「集団的自衛権の行使は憲法違反」と発言した。それまでは弁護士会や立憲デモクラシーを唱える一部の学者らが、学問的蓄積を否定する安倍強権政治と自民党改憲案を批判してきたが、ここで大きく運動と結合した。
学生と研究者たちの戦争法反対運動は急拡大した。短期間で1万人を超えた学者・研究者の声明運動は、新自由主義攻撃の下で「大学の自治」や「学問・研究の自由」を奪われかけた大学人による「自由をとり戻す」運動でもあった。
格差・貧困が拡大し、「奨学金」という名のローンを卒業時に500万円も背負わされる学生たちにとっては、戦争法と経済的徴兵制はストレートに結びつく。彼らは今後の人生をかけて戦争法反対運動に立ち上がり、その勢いはまたたく間に高校生へも広がり、全国各地で自主的な運動を呼び起こした。

「アベ政治を許さない」全国一斉行動

内閣法制局長官を都合のいい人物に勝手にすげかえ、「米艦船の邦人を守る」や「ホルムズ海峡機雷除去」という立法事実が消滅しても強硬姿勢を変えない安倍政権の姿に、「もはや理をつくしても戦争法案は止まらない」と民衆が感じた時、3・11以降生みだされてきたさまざまな運動が一つにつながった。澤地久枝さんの「アベ政治を許さない」が合言葉となり、7月18日の全国一斉行動となった。
6月21日、神戸では70年安保以来の9千人が集まり、復活した「ベ平連」の旗もひるがえった。7月18日には兵庫県下の26市民団体がネットワークを作り400人でデモ行進をした。「組織動員」にたよらない、誰でもはいれる自主的な運動だ。
衆議院での強行採決は、たたかいの火に油を注ぐだけだった。強行採決の日、シールズ関西が呼びかけた大阪・梅田の行動には、JR大阪駅周辺の歩道が鈴なりとなる2700人が参加した。内田樹氏と関西学院大の寺田ともかさんが感動的なアピールをおこない、それがネットで全国に拡散された。

解放区となった国会正門前(8月30日)
デモ後、東遊園地にせいぞろい
(7月18日 神戸)

衆議院採決後も闘いは終わらない

7月後半から8月にかけて、運動は収束するどころか、新たなたたかいへの準備期間となった。各地で毎週のビラまきがおこなわれ、若手弁護士や元自衛官を呼んで学習会が開かれた。
8月23日の神戸市の私学会館での集会は、元自衛官の泥憲和さんの講演、戦争体験者の山本善偉さん、ママの会、水岡俊一参議院議員の報告がおこなわれ、後半戦へたたかいの火ぶたが切られた。
元自衛官の泥さん(姫路市在住)や井筒高雄さん(元加古川市議)の講演は各地で開かれ、そこで語られる「戦争のリアル」によって運動に深みが加わった。自治体議員の反対運動も広がり、地方議会で反対あるいは慎重審議を求める決議が上がった。公明党が反対に回れば「政権交代」となる地方都市も出てきた。
小さな子どもを持つママたちの「だれの子どもも殺させない」という運動も全国に広がった。運動は地方都市から過疎の村まで全国津々浦々におよんだ。

8・30国会正門前は解放区に

新幹線の窓に「戦争反対」の文字が

後半戦の焦点は8・30国会包囲10万人・全国100万人行動だった。8月30日、全国から12万人が国会前に集まった。上京する新幹線に登場した「戦争反対」の窓文字がネット上で話題となった。大阪では扇町公園に2万5千人が集まり、創価学会員の発言もおこなわれた。
8月30日当日、国会前とその周辺の歩道は参加者で一杯となり身うごきができない中で集会が始まった。ついに2時前には、警察の規制線を突破して車道に人があふれ、「堤防が決壊」した。しかしなぜか「主催者の男性」は「その場を動かないでください」と訴えた(TBS報道番組)。「堤防決壊」の現場にいた大阪の弁護士は、「そんなことをしたら敵の思うつぼだ」と叫ぶ人の声を聴いた。
しかし人々の闘いは国会前を解放区とし、ついに戦争法反対闘争は、60年や70年とならぶ巨大な国会闘争として爆発した。(つづく)(久保井健三・写真も筆者)

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年第三次安保闘争の中間総括(①)

 

戦争法反対の闘いのこれから~自発的個人の動きは今に始まったわけではない      

土田宏樹   『伝送便』11月1日号より転載
 *写真=1960年6月15日、日比谷公園から国会に向かう労組のデモ

2015年の熱い7~9月の闘いを「第三次安保闘争」と呼びたい。そしてその闘いは、沖縄・派兵と繋がっており、総括というのはまだ早く、闘いは継続中である。が11月に入り、この闘いを今一度捉えようと、中間総括が各方面から出始めた。昨日夜のNHK「関西熱視線」でも、この夏を闘ったシールズの学生たちのその後も含めての模様が報道された。一人ひとりが自分の言葉で課題に向かう姿は、60年安保時の学生、70年安保時の学生とも共通する。その規模と内容が「社会を変える」どれだけの力になるかは、60年の人たちも70年の人たちもいまだ闘っており、早計に結論を出すべきではないと思う。そして今朝の新聞に

はそのシールズが沖縄辺野古闘争を闘うと出ていた。大いに歓迎したい。

 さて「中間総括」だが、昨今の風潮は60年安保との比較はあっても70年については意図的に消し去ろうとしている。また今回の闘いを高く評価するために、60年闘争も国会周辺・中央だけだったかのような言説が小森陽一・渡辺治といった人たちから出されている(『現代思想』増刊号)のも、いただけない。70年闘争は前後5年に5万人の人が逮捕されている空前の大衆闘争だったし、60年安保闘争は今回以上に地方まで広がり、田舎の子どもも「安保デモごっこ」をしていた。
 今一つ今回の闘争が、自発的な個人による行動を評価するあまり、60年は労組、70年は学生というのも事実と違う。60年には「声なき声の会」が生れているし、労組動員も下からの突き上げでなされている。また、70年の「全共闘・ベ平連」は極めて自主的で、時にアナーキーな組織であった。要するに、今回と60年・70年の違いは、今回の闘いを労働組合がほとんど取り組まなかったということになるにではではないのか。労組の幹部の反動性は60年も70年もあまり変わらなかったという証言もあるが、それを突き抜けて現場からに闘いがあった。今回「総がかり行動」の中の「1000人委」という労組中心の組織が一定の役割を果たしたとあるが、そこはきっちり検証してみる必要がある。何しろ、兵庫県下では、この過程で100回以上の集会・デモ行進があったにも関わらず、かれらはただの一度もデモを呼びかけることがなかった(何回か街頭宣伝は行ったが、街頭宣伝の数なら県下で1000以上は行われているだろう)のだから。
 このような意味から、労働組合が今後どうするのか、その視点を与える「中間総括」を紹介する。(出所は例によって「レイバーネット日本」)

 戦争法案が参院特別委員会で採決された九月一七日、私は国会正門前にいた。総がかり行動を主催するひとり高田健氏がスピーチで「豪雨」と表現したほど強い雨の降った日だが、夕方は雨脚がやや弱くなっていた。朝から続いていた座り込みは五時にいったん終わる。四時半、その総括集会が始まり、国会議事堂に対峙して設けられた小さな演壇に民主党の阿部ともこ衆院議員が立った。「強行採決!」という知らせが走ったのはそのときである。

 その前後数日(参院本会議での強行採決は一九日未明)についての臨場感あふれる報告は本誌前号に池田実さんが書いている。また〈小次郎の姉〉なるペン・ネームで本誌に何度か寄稿している米丸かさねさんは、一七日の雨の中でマイクを握ってコールしている写真が東京新聞の一面に掲載された。各地の本誌読者も、それぞれの場で奮闘されたことと思います。お疲れさまでした。

 ●六〇年安保当時と

 闘いは終わってはいない。しかし、これまでを振り返ってみる。

 たとえば六〇年安保と比較して、あのときは労組や政党による組織動員すなわち「上からの指導」が主であったけれども、今回は自発的個人が中心になったという評価が、戦争法に反対する運動に対して好意的な立場から寄せられている。その好意には感謝するし、状況を前向きに捉えるのは大事なことである。その上で、そうした評価のやや一面的であることを思う。
 というのは、六〇年安保反対運動にしたところで、もっぱら組織的動員に頼ってあれほどの高揚を実現したわけではなかろうと思うからである。歴史家・色川大吉さんの手記(『若者が主役だったころ』岩波書店)を参考にしよう。一九二五年生まれの色川さんは当時三五歳。私立大学で非常勤講師として週に一時間の授業を持つだけの半失業者で、職業安定所(今日のハローワーク)に通いながら、毎日おにぎりを自分でこしらえて国会デモに参加したという。
 「・・私は六〇年五月の危機からほとんど毎日、国会周辺に日参していたが、無所属の私が参加したデモは、あるときは官公労や総評系大単産労組の隊列であったり、あるときは大田区や品川区、江東区などから駆けつけてきた中小企業や零細工場の者たちの列であった。私はそれらに自由に出入りした。そうしたことができるほど、このときのデモは開放的で寛容であった」
 「・・・国民的な大デモンストレーションには社共・総評系の国民共闘会議の指揮からはみだした、さまざまな人びとが参加していた。とくに五月一九日(新安保条約承認の強行採決があった日=引用者注)以降、雪だるま式にふくれあがっている。ノンポリ学生の大群がそうだったし、零細企業の労働者・職人たちがそうだった。・・・それに家庭の主婦まで、いわゆる市民としかいいようのない個人も参加していた」

 労働組合の内部については、故丸山真男のいささかシニカルなこんな証言がある。
 「組合幹部より組合員大衆のほうが素朴に立ち上がったということも、ある意味では当然である。ということは、社会・労働運動の内部では強行採決的なことを至るところでやってきたのが、今までの革新陣営のまずい点ではないか」(著作集第八巻)

 そういえば我が『伝送便』の大先輩で去年亡くなられた大塚正立さんの職場(都内王子郵便局)からは、都電に人民電車のように満載になって国会に向かったという。現場からの自発性ぬきには起きえないことである。

 言いたいのは、自発的個人の動きは今になって始まったわけではないということだ。六〇年安保の時点においては、彼らは労組の中にあっては戦闘的活動家として指導部を突き上げ、六月四日にはゼネラル・ストライキを決行するところまでもっていった。当時の指導部も、その突き上げを受け止めるだけの戦闘性をまだ保持していた。そうして組織外の自発的個人と組織の運動とが綯(な)い合わさって、新安保条約可決はゆるすも岸内閣は退陣させるだけの大闘争を作ったのである。

 そう考えると、今回「組織ではなく個人が自発的に立ち上がったから良かった」というのとは違う評価に導かれることになる。組織が動かなかったのが問題なのである。たとえばJP労組は六月の全国大会で戦争法案に「断固反対」と特別決議したはずだ。その背景には沖縄選出の代議員などの突き上げがあったろうし、その努力には敬意を持つ。だが、労働組合が断固として反対するなら、やるべきことはストライキであるのに、そういう志向は無かった。他の単産でも同様の事態が進んでいるのだろう。組織の中で個人が身動きできなくなっている。だから組織を出て個人として街頭へ、ではなく、そんな組織の在り方をどう変えていくかだ。

 ●加害性を見すえよう

 それにしても、丸山真男などの当時の言説を目にすると今日との類似性に驚かされる。これは竹内好だったか「民主か独裁か」という問題提起は、そのまま今日の「立憲主義を守れ」に繋がるだろう。 安保条約(集団的自衛権)の賛否はどうあれ、政権のあんな非民主的なやり方を許していいのか。その提起が六〇年当時も今日も運動の裾野を拡げたのは事実。しかしこれは、視野を国内の民主主義の問題に限定してしまう危うさも孕んではいまいか。

 安保でいえば、あのとき定められた第六条によって米軍は「日本国において施設及び区域を使用することを許され」ている。これはアジアの人民に向けられた牙だ。ベトナム戦争のときこの第六条にもとづいて在日米軍基地から飛び立った爆撃機がベトナムの人々の頭上に爆弾をばら撒いたのだ。ところが、国会での採決にいたる手続きだけを問題にしていたのでは、アジアへの加害責任は見失われてしまう。他国に戦争を仕掛けに行く集団的自衛権において、私たちはその轍を踏んではならぬ。

 かつて二〇〇五年に郵政民営化法が成立した後、民主党中心政権への一時的交代を経て二〇〇九年、民営化はいったんは凍結された。それが二〇一二年の改正民営化法成立によって今秋の株式上場となったのである。この軌跡が教えるのは二つ。一つは悪法は成立してもひっくり返せること。二つ目は、しかし手続き問題にだけ目を奪われていては、似たようなものがまた出てきてしまうことだ。

 当面、アベ政治に怒る全ての人々と手を携えつつ、集団的自衛権の意味するものを見すえ、その危険を明らかにする活動を強めよう。

*この記事は『伝送便』から転載させていただきました。サブ見出しはレイバーネット編集部。pdfファイルでもご覧いただけます。『伝送便』ホームページ

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

明日から始まる高浜ー関電リレーデモ 20日は関電包囲大行動

 いよいよ明日から、高浜原発再稼働阻止をかかげて、高浜ー関電本店を13日にわたるリレーデモが始まる。Img0011171
 明日8日は、12時から高浜原発前で出発集会。翌9日には高浜町役場への申し入れ行動の後、小浜駅までデモ。こうして福井・若狭から、滋賀・湖西を経て、京都に入る。18日は長岡京から高槻までの行進。そして19日はJR高槻駅からJR吹田駅まで。そして最終日20日は、JR吹田駅前から関電本店までのデモ行進となり、18時半から関電本店を包囲する関電本店包囲大集会となる。
 想起するに、3年前の11月11日、関電本店を数千人で包囲した。これを前後し、関電前とガレキ焼却をめぐって、逮捕が相次ぐ。今回のリレーデモは、この弾圧をはさみ、4年以上にわたり再稼働阻止を求める声が継続していることを示している。
 今現在、関電管内では一基の原発も動いていない。一時期「節電、節電」が言われたが、今夏は誰も言わなかった。その上、関電は黒字という。1回の原発事故で、数十万人が逃げまどい、10兆を超える被害(既に福島原発事故被害額は10兆円を超えている。この先廃炉までいくらかかるかわからない)を起こす原発事故。原発ナシでも生活できることが実証されている今こそ、再稼働阻止の声を大きく上げていこう。リレーデモに参加しよう。

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月 6日 (金)

長島一茂氏はきっぱり拒否~マイナンバーは要らない

 朝の「モーニングバード」で、マイナンバーの認知率が進んでいるかどうかも含めて、特集番組をやっていたが、ほとんど認知が進んでいないという現実が暴露された。100人を調査したところ、いまだにいらないという人が過半数で、ごく一部(26人)通知カードが届いている人でも、開封した人はわずかに2人。これにはコメンテーターで反対派の長島一茂氏が、わが意を得たりということで思わず笑ってしまうシーンも。要するにメリットは何もなく、プライバシーが限りなく行政・国・国家・最終的には警察に握られていく直観的危機感を持っていることの表れだと思う。
 対応をどうするかも長島一茂氏は「(通知カードで)番号だけ記憶し、その後は一切かかわらない」と明言。「そもそも総研」の玉川氏は「脱税防止と言っていたが、そうではないようなので、もう一度特集をしたい」と言うほど。
 その上で、1分以内で判る対応編がレイバーネットに出ているので、紹介する。

 

53秒でわかるマイナンバーへの対処法~動画を緊急アップ

千葉や神奈川、東京多摩地区でも「マイナンバー」(個人番号)の付番通知(通知カード)の配達が始まった。その書類には個人番号カードの申請書も添付され、スマホでの申請も可能で、何の気なしに申請する人が出かねない。そこで、持ってても意味ない、将来は全員所持で管理や監視に使われるカードは普及させない、というキャンペーン運動を始めている。制作した53秒の動画は、政府広報のパロディ版で監督・土屋トカチ、プライバシー・アクション企画・制作。ネット拡散を呼びかける。また、12月12日(土)午後、新御茶ノ水の連合会館で「マイナンバーはいらない!大集会」を開催する予定だ。(白石孝) 記事動画「マイナンバー/個人番号カード申請書/カンタン無視!篇」(53秒) *写真=動画より

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月 5日 (木)

おつるさんを金剛山歌劇団公演に招待したい 読者投稿

Top_main02

 

Top_main01
中曽ちづ子「姐ご」ファンクラブ員よりの投稿

 当ブログ愛読者であるらしい中曽ちづ子姐さんの偽狭心は有名であるが、(強きをくじくのが義侠心。彼女は常に権力を擁護し、庶民を攻撃するので偽狭心) 彼女は在日朝鮮人、中華人民共和国を支持する中国人、日本の植民地支配を追及する台湾民衆、日本の戦争犯罪を認定する全ての欧米・アジア・ロシア・オーストラリアなどの外国人、左翼一般、まともな戦闘的労組、社民党・民主党を激しく憎み、ヘイト集団は擁護する極右根性旺盛な烈女である。
   最近のブログから拾うと興味深い。金剛山歌劇団という在日コリアンの歌舞公演に後援や寄付をする自治体・団体につぎつぎイチャモンを付けるクレーマーが最近の趣味らしい。私もこの歌舞はよく鑑賞させてもらうが、朝鮮の体制を称賛する出し物などなく、むしろ民族の伝統と文化、教育振興に最重点をおいた内容で、音楽・舞踊などきわめて美しく、韓国の人や日本人もたくさん観覧する文化交流の見本のようなものだ。
   朝鮮高校の吹奏楽が日本のコンクールでよく入賞するのは、レベルの高さとともに、それが日本の高校生たちの励みや我が国のコンクールのレベルアップに貢献している証だろう。金剛山公演では日本の唱歌や最近の歌などもよく取り入れて、子どもたちが美しい日本語で斉唱してくれるのを聞くと日本民族の一人として感涙さえ覚える。日の丸を林立させて在特会と一緒に日本の唱歌デモをする中曽さんはぜひ、来賓席で鑑賞してほしい。何なら用意しまっせ。そんなに憎んで自治体や団体に後援打ち切りを強要しなくてもいいだろうに。
   そこへこのたび川西の朝鮮女性同盟からの回答が中曽姐さんに届いたらしい。「内容はともかく、回答には感謝します」と先週の記事で述べていた。極右の女王にも雪解けが来るよう祈りたい。当ブログ
の連携先でありながらはるかに順位が低いおつるさんのブログも応援しよう。http://blog.zaq.ne.jp/otsuru/

 

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

11・5大阪ロックアクション集会 破天荒なり小林節(慶応大名誉教授)

 大阪の戦争法廃止行動は、秘密法にロックをかけるロックアクションをひきつぎ、今日から衣替え。その手始めにクレオ大阪西でシンポジーム集会。500人ほど入るホールがほぼ満杯。それというのも今はImg_20151105_184300_1251「小林節人気」がスゴイ。本人も言っていたが、各地の講演会が満杯になるので(高知でも県内最大規模の1500席ある屋内ホールが満席になったとか)「戦争法廃止闘争は持続している」と実感するのだそうだ。
 そして話も破天荒。とにかくアベをやっつけるためなら、共産党と民主党は手を組みなさいと、共産党でも民主党でもない集会(一部民主、社民、無党派…どちらかと言えば共産党嫌い)で言うのだから、怖い者知らず。Img_20151105_193446_1152
 要するに、安倍政権というのは、それなりに学問などを真面目にしてきた人たちをお払い箱にしようという政権であることが、学者たちに知れ渡ってしまったことが、国会では300議席を持っていても、今後長く反対される人たちをつくってしまったという大失敗という訳。小林節のような改憲論者を敵に回したことのつけは大きいと言わねばならない。
 あと一つ。井筒高雄さんもこれまたひきつづき面白い。ネトウヨなどが「レンジャー所属はウソ」などの情報を流すようで、ますます張り切って、レンジャー部隊の時の旗まで持ってきて、熱いスピーチ。このような井筒さんのような人と一体となって、南スーダンPKO派兵阻止闘争を爆発させ、自衛隊の中に反戦の仲間を作っていけば、「自衛隊が最大の抵抗勢力」になるのは間違いない。
 労働組合の人々もかなり来ていたようで(教組・自治労)、戦争法廃止・改憲阻止闘争の中から、自信を取り戻し、労働組合も頑張ってほしい。スピーチあり、音楽ありの元気の出る集会であった。

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

こちらはまだまだ空席があります 11・8柳沢協二(元防衛省運用局長)講演会

 今回で4回目を迎Img005_10271える連続市民講座のトップを切って、柳沢協二講演会が11月8日(日)、2時から宝塚で開かれる。

 周知のとおり柳沢さんは元防衛官僚で、小泉政権時には首相官邸に官房補佐官としても勤務していた。最近刊の『自衛隊の転機~政治と軍事の矛盾を問う』(NHK出版新書)によれば、防衛庁時代は運用局長という最枢要のポストにあり、官邸時代は「イラク派遣」の計画を策定したようだ。その防衛官僚トップをつとめた人が、集団的自衛権行使に反対している。
  また同書では、冨沢暉氏という元陸上自衛隊総監という昔の軍隊のくらいで言えば「陸軍大将」という「位人臣を極めた」人物(「後輩に迷惑をかけるから発言を慎んだら」という妻の声も出てくる)も、別の角度から反対論を展開している。
 自衛隊の実質的機関紙でもある『朝雲』紙上でも、「人質奪還作戦」(アメリカの特殊部隊でも成功することは無い)に自衛隊を派兵することに反対する意見も出た。また元自衛官の泥憲和さんや、井筒高雄さんも発言・行動していることは、当ブログでも何回も報告してきた。

 いずれも、自分たちは戦場に行くことなく、勇ましい事を言う政治家Img001_92813に多々ある、自衛官の生命を軽んじ、政治の道具として使うことへの反対意見に他ならない。戦前、「満州事変」から始まる15年戦争は、他国の領土に出かけ、軍事作戦を展開し、数多くのアジア人民を殺戮した侵略戦争であった。その中で「徴兵」下の日本軍人も戦闘死より飢餓で死んだ方がはるかに多かった。

 今また「政治の道具」として、自衛隊を戦場に派兵する、「新たな戦前」が始まろうとしている。それを阻止するのは、市民の継続的な反戦の闘いであるとともに、自衛隊内部からの派兵拒否の動きに他ならない。現職自衛官の気持ちを代弁する、元防衛庁幹部の柳沢協二さんの話を、ぜひ聞きに行こう。

 11月8日(日) 14時 ピピアめふ和室ホール(阪急宝塚線「売布神社」駅すぐ隣)

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

10・8山﨑博昭プロジェクト、11・7山本義隆講演会、満員受付終了とのこと

 

11月7日(土)に当プロジェクト初の大阪講演会を開催。

 ※この講演会は、参加予約(座席)、立ち見予約ともに一杯となりましたので、恐れ入りますが、受付を終了しました(11月2日記)。
 
 11月7日(土)に講演会「【大阪発】あかんで、日本!―理工系にとっての戦争―」を開催します。13:30開場、御堂会館(大阪市中央区)です。

 この講演会は、2014年に発足した「10・8山﨑博昭プロジェクト」の大阪での最初の講演会です。1967年10月8日に戦争に反対して死んだ山﨑博昭(大阪府立大手前高校卒。当時、京都大学1回生)を追悼し、半世紀後の現在、ますます戦争への道を歩んでいる日本に対して、関西弁で戦争に反対する声を上げたい、関西弁で考え、語りたいという講演会です。

 戦前・戦中にかけて、理工系の専門家たちはどのように戦争を迎え、戦後どのように反省したのか、しなかったのか。現在の日本の「科学技術立国」という思想は、戦時下の総力戦体制の中で生まれています。その歴史をふり返り、3・11以降の現在、原発に反対し、戦争に反対するほんとうの声を新たに求めたい。世代を超えて、その展望を見つけるための講演会です。


【大阪発】あかんで、日本!―理工系にとっての戦争―

講師

  • 山本義隆(科学史家、元東大全共闘議長)

「日本の科学技術―理工系にとっての戦争」

  • 白井 聡(政治学者、京都精華大学専任講師)

「ネオリベラリズムと反知性主義」

日時:11月7日(土)13:30開場、14:00開演
場所:御堂会館・南館5階ホール

 当ブログでも何回も紹介してきた、11・7講演会だが、満員で予約締切になったとのこと。集会予約など縁のない、当方も残念ながら参加できない。で、またの機会を待つことにしたい。とともに、最後の広報として、水戸喜代子さんの訴えを紹介しておく。また講演の2氏については、山本義隆『私の1960年代』(金曜日発刊)、白井聡『「戦後」の墓碑銘』(金曜日発刊)の著作の話が講演内容と重なると思うので、購読を勧めたい。

11・7「アカンで、日本!――理工系にとっての戦争――」を聴いてみよう

 1967年10月8日、佐藤栄作首相(当時)はアメリカの要請でベトナム戦争に加担すべく、羽田空港からベトナムに飛び立つことになっていました。それを何としても阻止しなければ、と立ち上がったのが、後に「羽田10・8」と呼ばれる、青年学生の決起でした。

 もちろん、当時ベトナム反戦運動は市民運動の中で大きな広がりを見せていましたが、私たちは、大衆運動としては集会、デモ、座り込みしか方法を知りませんでした。私などは、この年、神戸アメリカ領事館前で座り込みが始まったので(のちの神戸べ平連)、3人の小さな子どもを連れて、ご近所の主婦たちと座り込みに参加していました。
しかし年半ば、東京に転勤になって、まだ引っ越しも片付かない頃に、羽田10・8が起きたのです。翌朝の新聞を見てその激しさに本当に驚きました。

 死者1名とおびただしいけが人。
「暴徒と化した学生」が新聞の見出しでした。一市民の感想として、即座に「それは違う!」というのが実感でした。何とむごいことを~。過剰警備を問題にしなければ、と。
金属の盾と棍棒、朝から晩まで訓練に明け暮れている職業的治安部隊を相手に、たかが角材とヘルメットだけで、向き合おうとした学生は、まるで素手と同じです。非暴力直接行動そのものだと、多くの市民は思いました。

 鶴見俊輔、羽仁五郎、日高六郎、大江健三郎、小田実、岩田宏、鈴木道彦、海老坂武など多くの文学者、詩人、学者が続々と名乗りを上げて、大きな支持声明となり、救援の呼び掛けに結実しました。

「アメリカの大義のない戦争に加担するな」「過剰警備を糾弾する」

 私と夫・水戸巌で事務局を引き受けた「羽田10・8救援会」では、空港周辺の病院を歩いて診断書をとり、治療費を払って歩きました。逮捕者には差し入れに通いました。
 国会の法務委員会で過剰警備であることを佐々木静子議員が証拠の写真と共に、追及してくださいました。
 その活動を支えたのは多くの名もない市民でした。世論を背景に、この事件では重罪になった被告はほとんどいませんでした。

 不幸にして山崎博昭君は若い命を落としました。享年18。戦争に反対するということは、私の中では「若い命をなげうった山崎君の遺志をを引き継ぐこと」と重なります。

 山崎君を忘れないために、モニュメントを作ろうという声が2年前、高校時代の同窓生を中心に挙がりました。
 関西では今回が初めての集会です。関西の市民が「山崎博昭」をもう一つの新たなキーワードとして 安保法制廃棄、命を脅かす核発電所廃棄へと結ばれることを願います。
山崎博昭の喜ぶ顔が目に浮かびます。
 11月7日は、同世代に近い山本義隆氏が講演します。その発言を、もう一人の講演者の若い白井聡氏がどうバトンタッチされるか、それもこの会の楽しみの一つです。
 ぜひお越しください。
 11月7日、「アカンで、日本!――理工系にとっての戦争――」を聴いてみよう。

2015年10月8日
水戸喜世子

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月 4日 (水)

11・3沖縄連帯緊急行動 神戸で100人でデモ

 

  昨日3日は、神戸市役所北の花時計前で「辺野古の新基地建設に反対する緊急行動」がありました。急な行動にもかかわらず100名の参加でした。

 まず、主催者の1141「辺野古の海に基地を作らせない神戸行動」の代表が「今、沖縄では怒りが渦巻いています、10月13日に翁長沖縄県知事が辺野古埋め立ての承認を取り消しました。埋め立て工事の法的根拠は失いました、しかし政府は先日工事を再開し、警視庁の機動隊まで派遣して作業に抗議する住民を暴力的に排除しています。これは法治国家としてあるまじき蛮行である、断固抗議します。」と激しく語った。

 次に最近沖縄に行って来た人から「沖縄は負けていない、ゲート前は朝の1、2時間は騒然としていますが、後はわりとまったりと歌や踊りで楽しいです、ぜひ行ける人は辺野古に行きましょう」と発言された。短い集会の後、皆で元気にセンター街をデモしました、休日なのでたくさんの人に辺野古の問題をアピールできました。

 今、安倍政権が弱い国民を守る目的の不服審査法を使って、さも被害者面して沖縄県知事の決定を取り消そうとしていることに本当に腹がたつ。沖縄の民意はこの間の何回もの選挙で明らかになっているとおり、「辺野古に米軍基地は建設反対」である、政府はこれ以上沖縄を踏みにじることは許されない。

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

維新打倒最終決戦街宣日記

Dsc_0002   選挙法は窮屈であり、告示されると候補者カーか政党車しか走れなくなる。ハンドマイクも基本は1台だけしか使えなくなるので、告示直前は逆に賑やかである。昨日も「超党派・市民街宣車」は走り回った。午前中、大阪市内を流したあと、天王寺で「府民の力」(民主党中心)に合流。約50以上の労組・民主党党員・支持者が青いジャンDsc_0007 パーで大街宣。わが勝手連もビラまきや、国会前でおなじみになったプラカードで応援。
 すると維新の部隊が来た。離れた場所でヒッソリとビラまき。果敢に当方の女性支持者が寄って行って維新運動員に質問。「政務活動費不正とか迂回献金とか政党交付金で借金返済とか、どうなってるの?!」とちょっと意地悪に質問攻め。するとなんでも「兵庫から来た議員です。そういう事はよく知らないです」との返答。都合の悪いことは知らないふりをするのか!! でも本当に知らない様子だったとか。うーーん、新聞を読まず、テレビは「そこまで言って委員会」しか見ないのか。  
Dsc_0051   街宣が終わって生野区、東成区、浪速区と転戦。公明参院議員と柳本・栗原ポスターの同時貼りを見つけ、つい記念撮影。
 中央区の維新事務所前では鬼の形相で議員らしいのが睨みつける。しかし維新のスキャンダルを分かりやすくアナウンスしているので、嫌がるのも
無理はない。
 難波では若者たちがシール投票や路上アピールで元気に活動していた。情勢調査で維新松井がリードしているらしいので若者の立ち上がりは、心強い。
 そこからいわゆるミナミを回ると各地で、平松前市長が大型街宣車で数百メートルおきに停まって大演説。素晴らしい。自分の選挙のつもりで栗原たか子さんを応援している。 さて、当街宣車は通天閣周辺へ。
 気持ちよくアピールしているとさすが超下町。アルコール臭プンプンのお父さんが4箇所中2箇所で計3人絡んでくる。訳のわからない怒鳴り声を上げるのが一人、橋下を必死に擁護して暴力的に突進してくるのが二人。昔なら「・・・」しているのだが、昨今はそうもいかず、あの手この手でお引き取り願おうとするが、理性的な話ができない維新的高ぶりで無駄に終わって早々に引き上げた。しかし、応援は半日で100件以上あった。午後8時前、天王寺で街宣マイク収めとなった。明日、いいや今日はドライバー、マイク係り交代の上、最終行動だ。

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp


2015年11月 3日 (火)

戦争法の廃止を求める2000万人署名運動始まる

 先日の「アベ政治を許さないKOBEデモ35団体」の事務局会議デモ討論し、取り組むことになったのが、戦争法の廃止を求める2000万人署名。これまで各種の署名運動が取り組まれてきたが、これを一本化し、来年5月3日までに2000万人集めるというもの。
 さっそく「レイバーネット日本」に出ているので、紹介する。

2000万人「戦争法の廃止を求める統一署名」始まる~総がかり行動実行委員会
「戦争させない・9条壊すな!総がかり行動実行委員会」が呼びかける「戦争法の廃止を求める統一署名」運動が11月3日からはじまる。目標数は2000万人。「従来はともすると別々に取り組まれていた署名運動を1本化するという画期的な試みで、参院選での野党の協力と勝利にも大きな弾みとなると確信しております」としている。署名用紙は、総がかり行動実行委員会のサイトからダウンロードできる。期間は2016年4月25日まで。半年で2000万という短期決戦だ。どれだけ集めて安倍政権に突きつけることができるのか、私たちの力量が試されている。 記事総がかりHP(ダウンロード)

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

 

11・1伊方再稼働阻止闘争、(イラ)菅(元総理)吼える 故郷の「道の駅」前の畑はコスモスと9条看板

 11・1伊方原発再稼働Img_20151101_140945_003_1133阻止!松山現地闘争は、地元愛媛や四国だけでなく、関西・中国・九州、そして福島・全国の原発立地からも参加し、4000人の大集会となった。
 司会・進行は、昨年伊丹集会でも30分の報告を行った「おしどり、マコ&ケン」。自己の体験も交えながら、司会をこなし、大きく集会をもりあげた。

 報告は各種あるが、初めてまじかで菅直人元総理を見た。3・11当時の最高責任者で、その責任は今日的にも問わImg_20151101_123609_1131れる面はあるが、原子力ムラがよってたかって菅を窮地に追い込もうとしていたのも事実で、政権喪失後は「脱原発」をかかげて行動するのは、良しとしたい。願うなら民主党を脱原発でまとめ、戦争法・沖縄とつなげ、安倍政権打倒の先頭に立ってほしい。
  また菅はその激しい気性で、イラ菅と言われ、首相をやめてから四国88か所巡りの土佐湾岸歩いたことが伝えられたが、その後も歩いたようで、今年1400キロの全行程を踏破したとか。これはなかなか出来ないことImg_20151101_154628_1134で、誉めてあげたい。特にわが田舎など60キロも寺がなく、山越えも大変。ひたすら世俗に欲望を捨てるしかない。この意気で無心になって、脱原発をかちとろう。

 デモは2コースに分かれたが、ほとんどが歩道で、これは2年前に続き評判が悪い。それを押しのけ、県庁前では、再稼働に「合意」を与えた中村知事弾劾のシュプレヒコール。
 高知から来ていた坂本県議や、国労闘争団で今は高知県の平和運Img_20151102_085550_1135動センターにいる中野さんにも会えた。

 デモ後はそのまま四国西南端の故郷へ。翌日道の駅に寄ると、駅に面したわが家の畑はコスモスが満開。その中でわが町の有権者の過半数が9条改憲に反対したことを記念しての大型看板がある。ここ以外にもわが町には、コスモス畑がそこかしこに。 戦争法反対の闘いは、四国西南端の町に数十万ノコスモスのようにしっかりと息づいている。

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

東のヘイト女王ジェリーが橋下応援に参戦。よし!分かりやすいぞ。

 関西でヘイト女性といえば元代議士落選者の杉田水脈さん、川西市議2回落選の中曽ちづ子さんが有名だ。ヘイト犯罪を犯して有罪が確定した、当ブログの愛読者(G20141020009137520_thum多分)のおつるさんと並んで、有罪が確定した(こちらは保険証使用詐欺)ジェリーこと中谷良子というヘイト女性がいる。何とこのジェリーが今「おおさか維新を応援する会」に入って大活躍なのだ。
 かねてより在特会など極右ヘイト犯罪集団と親密度や、メンバーの重複が暴露されて来た「おおさ
か維新」だが、これはいよいよ分かりやすい。もともと、先般、八百長対決ごっこを演じた橋下と桜井誠・在特会会長は、サラ金業界が開いた宴席で親しく同席していたらしいから、驚くには当たらない。この上は、ジェリー・おつるさん・桜井会長が堂々と、おおさか維新を応援するために、日の丸と、大日本帝国海軍旗、Z旗などを持ってパフォーマンスをして欲しい。

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

2015年11月 2日 (月)

ある日、異変が(読者投稿)

活動外伝「街宣車異変」 
(さようなら原発集会街宣に参加した一読者からの投稿)

Photo機嫌良く街宣車を運行中にその異変は起こった。おなかがシクシクとなった。朝晩は少々冷えるようになったので、寝冷えでもしたかな、という程度だった。それがみるみる痛くなり、冷や汗が出るくらいにひどくなってきた。あわてて駐車場に引き返し、家に駆け込み、なぜか嫌な予感がするので着替え一式をかばんに詰めて駅前の中堅クラスの病院へ、科目がいろいろあるので大丈夫かなと思い、前かがみになりながら受付をしてもらった。幸いにもすいていてすぐ診察。
 あ、その前に検尿・採血・CTスキャン・超音波・血圧測定。あまりに痛そうな様子に(実際、ものごく痛い。これで死ぬのかなと思うくらい)、看護師さんが医者に伺いを立てて点滴(あとで聞いたところでは麻薬並みの利き目の鎮痛剤)。眠くなる位だったがようやく激痛が和らぐ。医者の触診では、そけい部に腸がはみ出るヘルニアか、急性の虫垂炎かも、とのこと。しかし、CTと超音波による診断の結果は尿管結石。石が腎臓から落ちて膀胱の前で完全に詰まって、炎症を腎臓と周辺に起こしたとの事。この痛みが5日間続いた。薬も効かず、点滴の効果が切れた5時間後、夜中にまた走って行って筋肉注射を打ってもらう始末。3日後に再診の結果はレーザーで石を割るしかないとのこと。ところがその中堅病院はその手術ができない。泌尿器科を紹介してくれてそこへ。しかし、入院手術ができないので巨大病院に再紹介。あまりに患者が殺到していて手術は2週間後に決定。
 その後、痛みはおさまり、この騒動も小康状態となった。医者はしかし「これで治ったと思わないでください。手術しないと腎臓が機能を停止します」ひえーっ!  この尿管結石はけっこう経験者があるらしい。病気とは言えないと言う人もいる。とはいえ痛みは陣痛に匹敵するらしく、あなどれない。腹痛になったり、腰痛になったり、痛みが七変化し、時期が過ぎたら痛みが消えるのも厄介だ。 とにかくいい経験をさせていただいてありがたいが、ありがたくないのが医療費負担。最初の病院で3日間で二万円飛んだ。次の泌尿器科で5千円、巨大病院で6千円。1週間の病院通いで三万円以上必要だ。こりゃ、おカネが無くて命にかかわるほどひどくなるまで受診しない人がいるのもうなずける。さらに入院・手術・・・
 あー、社会主義社会が実現したら真っ先に、医療費無料を実施しなければ。

つまらない個人の日記を最後まで読んでくれてありがとうございます。



下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

 

2015年11月 1日 (日)

緊急沖縄連帯行動~11・3 13時 神戸市役所北・花時計前へ

Img_20150912_175353_91211政府は違法な基地建設をやめろ!辺野古の海を壊すな!
沖縄辺野古の新基地建設に反対する緊急抗議デモ 

113日(火・祭) 
13:00
三宮花時計前(神戸市役所北側。JR三宮駅南へ徒歩5分)集合 
14:00
15:00デモ行進(三宮センター街を東進し元町駅近辺で解散)

鳴り物歓迎。メッセージボードを持ち寄ってください。

 1013日、沖縄県翁長知事は辺野古埋め立ての承認を取り消しました。埋め立て作業は法的根拠を失い、政府は直ちに一切の作業を中止するべきです。しかし政府は、法律を無視して基地建設の作業を再開しました。警視庁の機動隊員が派遣され、作業中止を求める市民を暴力的に排除しています。

 「本体工事着工」とメディアは伝えますが、本体工事はまだ始まっていません。翁長知事が「国は余裕がなく浮き足立っている感じもする」と述べたように、違法な手続きだからこそ国は強権的に進めて、沖縄県や基地反対運動をあきらめさせようとしているのです。翁長知事が知事権限を行使すれば基地建設工事をストップできます。

 辺野古に基地を作るな!地方自治を守れ!の声を本土で広げましょう。辺野古現地に行ける人は行きましょう。地方議会で「国は民意を無視するな!地方自治を守ろう!」という決議を上げさせましょう。
 まずは、神戸で「政府は違法な基地建設をやめろ!辺野古の海を壊すな!」の声をあげましょう。(写真は9・12アベ政治を許さない神戸デモで、アピールする辺野古神戸行動)

よびかけ 辺野古の海に基地を作らせない神戸行動(Twitter&Facebook「辺野古神戸」で検索)   KOBEピースiネット 高橋 09036528652 saltshop@kobe.aq.jp

下のマークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

 

« 2015年10月 | トップページ | 2015年12月 »

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ