« 尼崎市長選挙に共産党が決起?! 読者投稿 | トップページ | 高齢者医療保険料値上げ ~詐欺の本領発揮 »

2014年10月16日 (木)

経産省前テントへの右翼の襲撃を弾劾する

 経産省前に脱原発テントができて3年になる。何度か泊り、多くの人が東京に行くと訪れる「脱原発の象徴」でもある。そのテントがこの10月12日に右翼分子に襲撃された。
 2010年には宝塚をかわきりに在特会の襲撃に毎月のように対峙した。山本駅前で、宝塚教会で、西公民館で、西北デッキで、そして梅田歩道橋で、罵声を浴びせられながらも戦闘的に対峙してきた。在特会や右翼は警察に逮捕されることはなく、またビデオで被害者シーンを撮るために巧妙に立ち回る。中でもチーム関西は最も凶悪であった。これらへの怒りが2010年4~5月に爆発し、5月末には扇町公園に2000名が集まり、先頭宣言=勝利宣言を発し、以降関西では在特会の大規模な襲撃は一定抑え込むことができた。
 経産省前テントでも右翼の襲撃に遭遇したことがある。街宣車が歩道まで乗り上げてきたが、多数の人の力で押し返した。
 それでも少人数の夜間などに襲撃することは、これまでにはなった。そういう中で、今回のような、テントの中に入り乱暴の狼藉を尽くした行為は初めてで、怒りが収まらない。関西でもひところのチーム関西のような行動は、そのあまりにもの乱暴狼藉ぶりに警察が動かざるをえなくなり、また内部からの批判もあって後退した。だが彼らの弱いと思えば牙をむいてくる本質は変わらない。関西での「慰安婦展示会」と称してまたぞろ蠢動を繰り返している。許してはならない。もっと彼らの正体を暴露し、反ファシズムの相言葉=「奴らをとおすな!」を、もっともっと広範な声にしていかなくてはならない。

声明 : 経産省前テントひろばはあらゆる攻撃に屈せず闘い続けます
10月12日午後5時半ごろ、経産省正門方向から接近した女1名を含む4名がテントを襲撃した。テント前の横幕などを引きはがし、特に第2テント の内部に侵入し、乱暴の限りをつくした。天幕を破り、備品を投げ、足の踏み場もないまでの狼藉を働いた。その間30分、途中から丸の内署の警官がかけつけるが、幸い居合わせた10人近いテント関係者に負傷はなかっ た。設置以来3年余、右翼の襲撃は何回もあったが、これだけの破壊行為は初めてである。襲撃の一部始終は、襲撃者の一人である女がツイキャスでネット上に流している。売名行為のつもりだろうが、自らの犯罪を証明し た。動画を通して続く女の低劣な「おしゃべり」が連中の正体をよく示している。(10.13声明から) 続き写真(右翼の襲 撃) *写真=テントを襲撃する右翼

 

下の赤マークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

ご意見もお寄せください shaj204@excite.co.jp

« 尼崎市長選挙に共産党が決起?! 読者投稿 | トップページ | 高齢者医療保険料値上げ ~詐欺の本領発揮 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 経産省前テントへの右翼の襲撃を弾劾する:

« 尼崎市長選挙に共産党が決起?! 読者投稿 | トップページ | 高齢者医療保険料値上げ ~詐欺の本領発揮 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村