« MSNニュースのサンケイ度はひどすぎる | トップページ | 2014教育講座② 「いま、どうなっているの?学校、教育」 あす開催 »

2014年5月23日 (金)

派遣労働と企業 そのおいしい関係

Photo  派遣労働と企業の関係について今日は大阪市内の電機製造会社の実例を紹介しよう。従業員約2千人の会社に25年前勤めていた。新卒採用だけでは足りず、私も中途採用に応募したら合格してしまった。会社は増産に次ぐ増産で人手が足らず 、やってきたのがブラジル・ペルーの日系人。海外工場のあるタイ・中国からの研修生。しかし、いずれもビザの関係もあるのか、数ヶ月するといなくなる。次に派遣会社に依頼をかけ、やって来たのが日本人の派遣労働者。全体で20人ほどだったから、1%。仲良くなって話を聞くと給料は我々正社員の9割ほどである。責任持たなくてその給料ならええな、と誰かが言ったが、よく聞くと税金も保険料も自分もち。我々にある福利厚生は無し。もちろん組合もないし、うちの組合にも入れない。全然ええことない。「派遣さん」達は長く勤めていた。しかし、やはり、1年するといなくなり、別の人が来る。Genteiそれを繰り返すうちに人数が見る見る増えてきた。会社にとっても正社員の5割の出費で雇えるし、いらなくなったら退職金も不要ですぐ整理できるからメリットは大きいのだろう。私が早期退職するころには50人以上になっていた。それから数年して残った同僚に聞くと倍以上に増えたという。そして正社員は案の定、半分以下になったらしい。正社員も50歳になると退職か、給料が7割になる子会社出向・転籍を選ばされる。要するに派遣労働者の増加と、正社員の減少、労働強化が進行し、人件費の減少と、生産性の向上で会社はウハウハ。正社員の派遣化かもしれない。
 労働組合? 新聞に春闘記事が載る組合だが、雇用を守ると称して全て同意しているから現状を追認というか、積極協力だ。
ある日、委員長に道でばったり会ったら、「おう元気にしてるかい、組合大会でいい意見を出してくれてたな。最近はそんな人がいなくなって、寂しいで」と精一杯のおべんちゃらを言ってくれた。
 うーん、そういえばいつも発言をしてはガス抜きに使われていたなあ。私「労働者の立場で、こうするべきでは?」 委員長「貴重なご意見ありがとうございます」  議長「他に意見ありませんか。はい質疑終わります。」  
終わってから委員長「今日のは食いつきがもう少しほしかったで」 
私「・・・・・・」
 …終…


下の赤マークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも

応援していただくことができます

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

☆☆

« MSNニュースのサンケイ度はひどすぎる | トップページ | 2014教育講座② 「いま、どうなっているの?学校、教育」 あす開催 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/56283050

この記事へのトラックバック一覧です: 派遣労働と企業 そのおいしい関係:

« MSNニュースのサンケイ度はひどすぎる | トップページ | 2014教育講座② 「いま、どうなっているの?学校、教育」 あす開催 »

2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フォト
無料ブログはココログ