« フェスタ・メーデー・映画会 | トップページ | 『未来』直撃インタビューが面白い 今回は園良太さん »

2014年4月17日 (木)

戦艦大和 ~読者投稿~海原鎮

Photo  妻の親戚によし恵おばさんという人がいた。兵庫の漁村に住む人だが、こちらへ出てくると必ずうちの子どもを連れて買い物に出かける。結構高価なものでもお構いなし。まるで孫のように・・・親の私にももちろんご馳走してくださる。聞くと、全国、旅行で行ってないところはないらしい。お連れ合いは69年前に亡くなったという。ずっと独身を通しているからかえって気楽なのか。しかし、沖縄だけは行ったことがない、行けないと言う。何故ですか、と聞いてみた。 3 夫が鹿児島と済州島と沖縄本島の中間点の海中に眠っているらしい。つまり新婚の夫が戦艦大和に乗ったままだからその上を通って旅行にいけない!というのだ。軍人恩給で何不自由ない暮らしの彼女にそんな過去があったと聞いて、69年前に想いを馳せることになった。
 ご存知のように大日本帝国連合艦隊の旗艦、そしてたぶん当時世界最大最新鋭の戦艦だったろう。その乗組員だから「国の誉れ」と近所でももてはやされたらしい。華々しい進水のあと、しかし、大和はその大鑑巨砲の威力を「にPhoto_2 くき米英に」発揮することなく、1945年沖縄への片道出撃をさせられ、4月7日つまり69年と10日前、米軍の爆弾・魚雷・機銃の総攻撃に逃げ惑うしかなく、最後は千メートル上空にも届く爆煙を発して文字通り
Photo_3轟沈した。大和と運命を共にした将兵3千人の一人の妻であったよし恵おばさんも3年前、とうとう亡くなった。前途ある若者とアジア数千万の命を無残に奪ったのは「にくき米英」ではなく、安倍首相がこよなく愛する大日本帝国時代の日本である。戦争が利益になるとか、かっこいいものと誤解している人たちにも警告しよう。
 安倍首相や極右がすすめる戦争国家作りが成功したら当時の何倍もの悲劇として繰り返される。



下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次ぎ、溜まってきています。ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

                      
 

 

« フェスタ・メーデー・映画会 | トップページ | 『未来』直撃インタビューが面白い 今回は園良太さん »

コメント

海ゆかば 水漬く かばね~ ♪ ですなー(><)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/55812272

この記事へのトラックバック一覧です: 戦艦大和 ~読者投稿~海原鎮:

« フェスタ・メーデー・映画会 | トップページ | 『未来』直撃インタビューが面白い 今回は園良太さん »

2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ