« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年4月

2014年4月30日 (水)

 「明日はメーデー」

 「間島パルチザンの歌」で知られる槇村浩(まきむら・こう、本名吉田豊道)の詩に、「明日はメーデー」がある。高知の革命的詩人で活動家である槇村が、製糸女子労働者たちと共に、工場からの闘いを組織しながら、メーデーへの登場に心躍らせながら工作を行うさまを綴ったものである。五月晴れの5月1日までに、あらゆる工作を行い、職制どもを驚かす85mayday ような登場を非公然に組織していく。その心のおどりを詩に託し、最後に、「明日はメーデーだ」と歌う。創った日は当然にも4月30日なわけだ。
 しかしそれから約90年。明日はメーデーの日はいつかと問われれば、連合中央メーデーの時は4月25日であるし、4月27日にした所も、4月29日にした所もある。どこがMAY・DAYなのか理解に苦しむ。
 そんな中当然にも、明日5月1日にメーデーを行う所もたくさんある。関西では大阪中の島メーデーであり、尼崎地区労のメーデーは18時から阪神尼崎駅前の中央公園で行われる。
 5月の爽やかな空に、全世界・全地域の労働者の団結を高らかにうたいあげていこう。
(「万国の労働者」の万国も、「国」という概念にとらわれた日本独自の言葉ではないかと思い、ここでは少し変えてみました。歌には申し訳ないが。)

☆☆

下の赤マークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも
応援していただくことができるようになりました。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

☆☆

宝塚市議会意見書可決6周年集会

宝塚市議会意見書可決6周年集会の報告

 

 

 

 去る4月26日宝塚市西公民館で映画「終わらない戦争」と師岡康子さんの講演会が80名の参加で開催された。映画の後、師岡さんの講演に入った、「ヘイトスピーチと法規制」という演題にそって話されました。要約すればヘイトスピーチとは80年代にアメリカで誕生した経緯から、憎悪一般ではなくマイノリティに対する差別に基ずく強い否定的感情を指すことで、国際人権法上は違法である。人種差別撤廃条約第2条と第4条、自由権規約第20条2項に該当するということです。

 

 師岡さんの話を聞いて、前から「在特会」などの暴言に感情的に怒っていましたがすっきりしました。彼らの行為は差別と同時に犯罪だということです。犯罪であれば行政は取り締まる義務があるのです。この日「在特会」や「右翼」は来ませんでしたが、もし来ても、弁護士・師岡さんは「あなたたちの暴言はヘイトスピーチで欧米では逮捕されますよ」と明言されたと思う。一時間半の講演でしたが大いに勉強になりました。

☆☆

下の赤マークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも
応援していただくことができるようになりました。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

☆☆

気になるニュース部門でついに首位


 

Photo


このブログをはじめさせていただいて、2年半ほどになります。ブログ村ランキングに参加させていただいて2年。こういうことには「素人裸足」の数人(常任的編集委員3人、投稿者約10人)で工夫しながら頑張ってきたのは事実ですが、それほど高度な内容でもないのに、この半月、急激に応援クリックが増えて、ついに昨夜遅 く、「気になるニュース」1166サイト中の首位に躍り出てしまいました。この半月で2位に定着していたので将来は首位も目指せるよう頑張ろうと編集長が考えていた矢先にこの思わぬ朗報、椅子から転げ落ちてしまいました。(新婚さんいらっしゃーい、の三枝師匠のように)
 もちろん競合する「しろくま」様など面白いサイトが一杯あるから、
順位が落ちることも大いにあり得るでしょう。韓国・中国の悪口を口汚く言い続ければ日本が「美しく」見えるWomenpicと誤解しまくっているサイトも多数あるので、厳しい切磋琢磨が続きます。
 しかし、瞬間とは言え、私達の「真実の情報」をトップに押し上げるよう愛読
・応援してくださった皆様に感謝を申し上げます。これからも市民の穏やかな良識に寄り添い、「敵を見つけるのではなく、味方を敵対勢力の中にも見出すよう、市民が主体となって・平和で・心豊かになれる・日本の創造へ努力したいと考えます。日本人の民族性を磨くにはアジアの声に耳を傾けると共に、麗しくない個性の同胞の様子にもしっかり気を配り、他山の石として活用することが大事と思うのですが、いかがでしょうか。
 これからもよろしくお願いいたします。ありがとうございます。

 なお、今日か明日には通算閲覧数15万人を突破しそうで、こちらにも御礼申し上げます

☆☆

下の赤マークを強く押してくださいませ。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

☆☆

2014年4月29日 (火)

RENTAI FESTA で受けた依頼~真田幸村博(5月4日・天王寺公園)での自衛隊展示に抗議を

 4月27日、万博公園で開かれたRENTAI・FESTAでは、沖縄意見広告の店を出したが、そこでは多くの人と出会い、さざまな情報交換を行うことができた。戸田門真市議の「ザイトク」との闘いや、山下茨木市議の奨学金問題での大内裕和講演会など、いま現在第一線で闘う人からの報告で、大いに考えさせられた。その中である方から情報を広めてほしいと言われたのが、5月4日、天王寺公園で行われる真田幸村博に自衛隊がブースをだし、体験試乗などを行うことへの抗議行動の依頼だ。
 2014年・15年は大阪冬の陣・夏の陣から400年ということで、各種イベントが、とりわけ人気のある真田幸村をメインに行われようだ。そのことはする人の自由だろうが、その一角に自衛隊車両が展示され、装備品体験などができるという。横ではチャンバラ合戦「天王寺の戦い」も行われ、宣伝文句に曰く「武者の皆さんと写真撮影、気分は映画の世界」とあるが、気分は「戦争体験」ということだろう。
  いたずらにアジア近隣諸国を敵視するような言動が平然と行われたり、JAPANESE・ONLYという表示が出回ったりする時、市内ど真ん中に戦車や装甲車が展示され、その横で戦国時代の衣装でコスプレがあり、チャンバラ合戦が行われるという。ほとんど「戦意発揚」ではないか。主催者はそのような意図はないというだろうが、浦和レッズのようにその与える影響を考えるべきと思う。
 抗議の意味も込めて、天王寺区役所市民協同課に問いただしてみよう。TEL 06-6774-9734  FAX 06‐6774‐9692

☆☆

下の赤マークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも
応援していただくことができるようになりました。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

☆☆

あらかじめ有罪の結論~証拠・証言はつまみ食い、法廷にはもう一人検事がいる

 昨日の関電前第二次弾圧の判決は、時間がたつにつれあまりにもひどい判決であることが判ってきました。
 結論的にいえば、あらかじめ有罪判決があり、判決文は証言・証拠をそのためにつまみ食いしただけのものでした。そのため警察官の証言でつじつまの合わないことなど(ミラーを「壊す」時間が、影山は1分、濱は2~3秒と証言し、濱の証言を採用など)は一切言及しませんでした。9割がた検察側の証拠・証言は潰したものの(林にミラーを「捨てた」と証言させたなど)、潰せなかった(はっきりしないことは、それぞれある)1割に依拠して裁判官は、公務執行妨害も器物損壊も有罪の根拠にするわけで、これでは「法廷には、もう一人の検察官がいる」といわれても仕方ありません。このもう一人の検察官=裁判官の有罪判決文を予測して、この論拠を粉砕して初めて無罪となるわけで、『絶望の裁判所』(元エリート裁判官・衝撃の告発! 講談社現代新書)が結構売れているのも、そういう認識が広まっているからでしょうか。
 要するに裁判所は、「疑わしきは被告人の利益に」ではなくて、「それでも君はやっている」と結論付ける所だということです。
 その上で皮肉で言うわけではありませんが、Mtさんは「ミラーが外れ、それを警察官に返した」ことは認めていますが、それでは1785円のミラーの器物損壊(捨てた)をした林警察官は罪に問われないのでしょうか。1785円のミラーが外れ、それを現場で返しても、10か月の懲役刑を受けたり、7か月の勾留を受けねばならないのに、実際壊した人間は何の罪も問われないのでしょうか。これも適正な公務というのでしょうか。
 また現場検証で、裁判官と検察事務官はそれぞれ1785円のミラーを割ってしまいましたが、これは裁判官や検察事務官が弁償したのでしょうか。弁償したとしても公務員ですからアルバイトで得た金ではありえず、私たちの税金から出ているはずです。どこまでダブルスタンダードを裁判所は執行すれば気が済むのでしょうか。
 また、アンダーミラーがはずされ、前部下方を見る効用が壊されたと、器物損壊を認定しましたが、それでは警察はその重要な機能の回復のために翌日にミラーを取り付けたのでしょうか。それはしてなく、修理は1週間以上たってからです。つまり、警察にとってアンダーミラーの効用などどうでもよく、裁判官の言っていることは有罪にするためのこじつけなのです。
 ことほどさように、初めに有罪ありきの今回の判決は、絶対に認めることができないということです。(他にもたくさんありますが、また後日。)

☆☆

下の赤マークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも
応援していただくことができるようになりました。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

☆☆

年金納付率が上昇? その背景は・・・

 国民年金の納付率はかねてから政府の悩みの種だ。一生懸命、掛金を払い続けても支給されるのは5万から6万円程度が多い。若年層になると、将来もらえるかどうかわからないから「そんなもの払う気にならない」という人、生活苦から毎月15,800円が払えない人など事情が様々である。民主党への政権交代により、手が付きかけた「消えた年金」探しも、自民党への再「政権交代」でその後どうなったか、知っている人があるだろうか?そして、年金は過去10年分、追加納付ができるようになった。知人が年金事務所からその制度の説明をされ、納付を勧められたが断ったらしい。5年分ほど追納したら1千円、支給額が増えるというのだ。ところがよく聞くとそれは年額だった! 
 一方で、厚労大臣の命令で2年分の未納分は「びしびし取立てせよ」と方針が変わっているのをご存じだろうか。過去2年分は差し押さえをしてでも取り立てるようになっている。だから30万円の分割納付に応じない人には給料や貯金への差し押さえ、本人に資力がなければ配偶者に差し押さえが行くようになっている。これを実際に全国の年金事務所がやり出しており、「年金取立て事務所」になっていると言うのだ。納付率がアップしたのは、国民の生活が向上したのではない。わずかな支給額増で釣って10年追納できる制度を作ったのと、強制力を伴う取立てを強化したことによるものだと推察できる。

☆☆

下の赤マークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも
応援していただくことができるようになりました。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

☆☆

2014年4月28日 (月)

関電前第二でっち上げ「事件」に不当な有罪判決

 大阪地裁は関電前抗議行動に参加していて逮捕された人=Aさんの身柄拘束に抗議しただけのMtさんに懲役10ヶ月執行猶予3年の不当な判決を下しました。Aさんが警官に暴行して屈強で武道や逮捕術にたけたベテラン刑事二人をわずか15分ほどのあいだにあいついで倒したというような荒唐無稽なでっち上げを否認し、Aさんに無罪を出したのと同じ裁判長が出したとは思えない、不当な判決です。連行されていく人を乗せた車に抗議したことが公務執行妨害、その過程でたまたま軽く触れたミラーが外れたのは器物損壊だというのです。Photo_3でっち上げ捜査・弾圧がまかり通る下地を作ったと言える不当な判決に、Mtさん、弁護団は控訴し、闘うことになります。数々の無罪立証を跳ね返して「それでもとにかく有罪だ」と言っているに過ぎない不当判決にくじけることなく、一層のご支援をお願いします。なお、傍聴には定員の1.5倍以上の人が駆けつけて、3人に一人は抽選に落ちて、入廷できない状態でした。市民の大きな関心が集まっていることの現れです。 
 ブログで見て来たのか、在特会くずれ=通称海坊主が傍聴抽選に介入してきて、民族差別・障害者差別の暴言の数々、人権無視・職員への罵りなど聞くにたえない罵詈雑言を発し続けて、居合わせた人々全てのヒンシュクを買っていました。

☆☆

下の赤マークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも
応援していただくことができるようになりました。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村


☆☆

考えさせられる3つの選挙結果

 このかん、3つの選挙でよろしくない結果が出ている。
 西宮の市長選挙で、現職に対抗して、かねて維新的と見られていた若手が挑んで、そこへいわゆる市民派も女性候補を擁立。現職が票を食われて惜敗した。市民派女性市議は全く票が伸びず、しかしファシストになる可能性(心配が杞憂に終わるなら幸いだが)のある若手市議の市長進出に手を貸した格好になった。
 鹿児島2区では自民党候補がかろうじて投票総数の半分を少し超える得票で辛勝。元民主の候補は脱原発を打ち出さず、「既成野党」カラー(要するに野田的民主カラー)
Auto_p9rytcでみすみす敗北した。川内原発が選挙区内にあるわけではないが、事故一発で鹿児島2区も壊滅するというのに。山本太郎参議院議員が公募で決めた有川さんは供託金没収ラインにはるか届かなかった。相当頑張られたが、戦略を立て、勝利をつかむことに習熟できるかどうかが「新党ひとりひとり」にも問われるだろう。 しかし、だからダメだと思ってはダメ! 
 沖縄市長選挙は東門美津子革新市政2期の後継者が自民党に惜敗した。2200票という僅差の敗北である。ここはとんでもないことに、民主党が自民党についている。民主党は辺野古埋め立てに反対していなかったが、1100票が寝返る事で勝利した安倍は大喜びだろう。沖縄県民の願いを切り捨てる許しがたい裏切りだ。

いずれも安倍政権や極右勢力を喜ばせる結果となった。統一戦線を構築できなければ負ける確率が高い事ははっきりしている。しかし、一喜一憂せず、結果を分析し、今後の政治選択のために教訓を生かさねばならない。細川護照氏も、緑の長城計画の新たな展開を発表し、本格的活動を再開した。

☆☆

下の赤マークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも
応援していただくことができるようになりました。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村


☆☆

 読者投稿 大統領閣下訪日に思う   M・I 生

Photo  安倍ソーリーが今年も幕張メッセの『ニコニコ超会議』に登場して、首脳会談でのオバマ大統領の印象や「安倍日本」の要望に応えて、ロシアもアジアもチカラを背景にする現状変更は許さないと決めたそうだ。そうか、特定秘密法の通過は権力によるチカラの背景ではなかったのか(笑)…国民不在の密室閣議で根回しされた法案に、国民多数が不安・反対を表明しても権力を背景に現状変更しようと押し通したのではないのか〓外向きと内向きは言う事が逆さまで、どうも納得出来ない。 代々木の メーデーに初めて行ってノドカだったらしいが、そんな時間あるなら滅びかけのお仲間→罪悪会、いや、ザイトク会のご心配でもされた方がまだしも潔い。この期に及んで私達はダメノミクスの教祖に騙されたら未来が危ない !
 現象は逆さに見えるもの。実は歴史上、危ない人物ほど平和のムード作
Thca54vyg9りと市民の機嫌取りには重ねて時間を費やし、真逆に心底平和な地上を求める者ほど、平和の演出に時間は裂かないもの。
 昔、確か自然界の不思議現象をテーマにしたTV番組で、あらゆる生命には意志があり、何と水も生命と意志を持つ事が判明したと報告されていた。コップの水の分子はマザー・テレサの写真を見たら整列し、その後ヒトラーの写真Photo_2 を見せると、分子の配列が滅茶苦茶に乱れてしまう事が電子顕微鏡で確認されていた。写真からにじみ出る人格を瞬時にキャッチするとしか考えられないとの結論だったが、体の成分の7割がその水からなる人間も、正常な人体機能を持つなら総理に拒絶反応を起こすのかも知れない。先日の「朝まで生TV」 で、集団的自衛権行使を優しくソフトに語る容認推進論客を見ていたら、身体内部がむず痒くなった。自分はまだかろうじて、正常機能?しているようである。

☆☆

下の赤マークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも
応援していただくことができるようになりました。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村


☆☆

2014年4月27日 (日)

ストップ!原発再稼働 関西のつどい&全国交流会 川内原発再稼働阻止へ全力決起へ

 ストップ!原発再稼働 関西のつどい&全国交流会は、京都に全国から200名が集まり、今夏にも迫った川内原発再稼働を全国の力で阻止していくことを最大の課題に、各地の報告・二つの講演など盛りだくさんの充実した会合として大成功した。P1010800_2

 集会は、13時半に地元・京都の長谷川羽衣子さんの開会のあいさつから始まり、再稼働阻止全国ネットワーク共同代表の鎌田慧さん(ルポライター)と中嶌哲演さん(小浜・明通寺住職)から講演を受けた。
 鎌田さんは、まだまだ運動に入っていない人への働きかけもふくめ、函館市長らの提訴に見られる、原発・放射能への怒り・恐怖という当然の感覚をも背景に、原子力帝国の再稼働の欲望を粉砕していこうと訴えられた。中嶌さんは、大阪・京都など電力消費地の運動を大きく作り出し、福井現地の運動と繋がっていこうと訴えられた。
 

 二人の講演をはさんでP1010801_2、北海道・泊、四国・伊方(四国ネット=松山、伊方の家=八幡浜)、鹿児島・川内(川内の家、姶良市民)、福島から黒田節子さんと京都に避難してきている方、福井、大阪・京都からは、前衆議院議員の服部良一さん、再稼働阻止現地アクションの新開純也さんから、報告と提起を受けた。
 伊方ではこれまでの運動のうえに、松山の運動と伊方の家の運動が結びつきはじめていることが報告された。川内でも現地に「川内の家」ができ、3・16の6000人集会の高揚とあわせて、30キロ圏内や鹿児島市内などの運動の活性化が報告された。服部さんからは国会内外の動き、新開さんからは現地闘争と消費地の闘い、政治の変革が語られた。一部のまとめとして、たんぽぽ舎P1010803の柳田さんから、再稼働阻止!川内へ、規制委員会を批判しよう、避難できない30k圏内の自治体への働きかけ、の3点の必要性がまとめられた。

 18時前からは、規制委・田中委員長と同期の研究者・木原壮林さんの原子力行政批判の報告をうけ、つづいて全国の原発立地からの報告と、質疑・討論がなされた。報告では、青森・大間、新潟・柏崎刈羽、北陸・志賀、島根・松江、九州佐賀・玄海、北海道泊・岩内から現地情勢や、さまざまな具体的取り組みが報告され、活発な討論・やりとりがあった。消費地ということで、大阪からと最後に経産省テントひろばの渕上さんから報告がなされた。
 つづいて再稼働阻止全国ネットの会計から、伊方の家、仙台の家の維持、現地闘争への費用をはじめ、膨大な金が必要なことが報告された。共同代表の柳田さんからは改めて当面の最大の課題として、川内原発再稼働阻止の闘いの必要性(7月にも再度現地で全国集会)が訴えられた。
 さいごに、京都造形大の仲尾宏さんから、全国のつながりで再稼働を阻止しようと、集会全体のまとめがなされた。飲食も伴っての交流会、翌日曜日の会議のスケジュールを残して、京都を離れた。

☆☆

下の赤マークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも
応援していただくことができるようになりました。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村


☆☆

高年齢派遣社員ルポ(3)

 深夜勤務明けに2時間寝たらもう出勤時刻の30分前になっていた。昼まで4時間だけで楽な仕事と、営業くんが言ってたな。自転車で行けるところだし、しめしめ。朝8時からだが15分も前に到着。偶然にも昔、総評が健在の頃に日本を代表する労組があって、政治共闘の打ち合わせや選挙応援の依頼に何度か行ったことのあるビルだ。懐かしい。ところが今はセキュリティが厳しく、専用IDカードがないと入れない。腕章をもらって入った。ところがここで事態発生。またもや相方が現れない。電話を知っていたのでかけてみるが、お客様の都合で通話ができません、というアナウンス。会社に緊急連絡入れるも、朝早いからか誰も出ない。
 えーーい、また一人で持ちこたえるしかないのか。そのうちに遅刻してでも現れてくれることだけを期待して、一人でやりだす。廊下にはいつくばってシートとベニヤ板をキレイに敷き詰めて養生テープで固定していく。その長さは200mにもならないが、早くも夏の気配。汗がダラダラ流れる。途中で頭がクラクラ、吐き気までしてきた。熱中症に気をつけねば。幸いにも自動販売機が沢山有り、時々水分補給。結局、次々買っているうちに時間給1時間分くらいの小銭が消えてしまった。40歳代と思しき元請け社員、同じく雇われてきたガードマン氏も手伝ってくれて4時間きっかりで作業は終了したが高年齢の身には
なかなかこたえる4時間であった。
 相方くんは結局駆けつけも連絡もなかった。これを派遣業界用語「とぶ」と言う。出勤のゆっくりな本社に昼前に電話がやっと通じたら「えっ、本当ですか?」の一言で終わり。なお、ビル内にあった旧総評の組合事務所は、もちろん既になく、その「会社」のオフィスに占領されていた。その日、東京の連合メーデーには安倍首相と公明党代表が招かれていた・・・えーい、三重にいまいましい日だ!脱水症状で倒れなかったのが不幸中の幸いか・・・余談ながら、帰宅・食事・洗濯を終えたら布団にダッシュしてしまい、目が覚めたら夜。行こうと思っていた集会参加が全てボツ。今度はこちらが「とぶ」ことになってしまった、トホホ・・・
 派遣法改悪が通れば、間違いなく仕事環境は厳しくなるだろう。

Photo_2 Photo







☆☆

下の赤マークを強く押してくださいませ。

愛読ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも
応援していただくことができるようになりました。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村


☆☆

2014年4月26日 (土)

首相が大統領におごったお寿司は一カン2000円!訪日を勝手に総括する。

 我が国民Photo_3は豪快な首相を持って幸せだ。まず、世界一の軍事超大国の大統領をファーストネーム「バラク!」で呼んだ。それに応えて、「シンゾー」と答えて欲しかった首相だが、帰ってきたのは「安倍首相」と普通の呼び方だった。これは我が首相の方が目上である事の証明だ! レーガン中曽根の時の「ロン・ヤス」という右翼どうしの連帯感を自分も実現できると思うこの超楽観主義は全国民上げて賞賛するべき事だ。
 次が首相行きつけの銀座一高級寿司 屋(値段はひとり様3
Photo_5万円以上、予約をキャンセルしたお客に店員が「何でそうなるの!」と言い放って電話をガチャンしたというほど態度も高級)に大統領を連れ込んだ。大統領は寿司を半分食べ残したというが、首相は腹具合が回復していると見えて20カン完食。貧乏性の筆者はすぐ値段を計 算してしまった。二人で最低6万円。半分だけ食べたバラク!の分と合わせて30カンで悪ると、もとい割ると1カン2000円だ。消費税が上がってから足が遠のいた我ら貧乏人の行きつけの回る寿司は1カン50円。鼻クソみたいな値段だ。あ、下品で申し訳ない、ケシ粒みたいな値段だ。貧乏性の悲しいさが、しつこく言うが、このお寿司一つ=2000円で我々の行きつけの回るお寿司を食べきれないほどいただける。 まあ、金持ち特権階級が400倍の値段の寿司を大統領におごっても、干渉できないが・・・!待てよ!首相の財布から勘定払ったのか? 接待費かも? すると!我々の金じPhoto_6ゃないか。財布からとしても首相の給料は元はといえば我々が払っている。
 科学技術館へ招待された大統領、首相が自慢する日本のロボット=アシモ君とサッカーをした。しかし、これは不評だったらしい
大事なTPPで日本を王手詰めしに行ったはずなのにロボットと遊んでるとアメリカで言われていると、米国誌が紹介していた。バラク!も「人間の形をしたロボットってちょっと不気味だね」と言ったと、同誌が書いているらしい。

 さて、日本訪問をそそくさと切り上げて次に飛Photo_4んでいった韓国では大統領は「従軍慰安婦(日本が仕立てた)は重大な人権侵害、恐ろしい犯罪」と言ったが、首相が唯一手柄にした「尖閣は日米安保の対象」発言もアメリカではほとんど報道されていないらしい。携帯電話を中国がいっぱい買ってくれたおかげでアップルの経営が持ち直して超上向きになっている時だ。当然だろう。
 意地と極右的思い込みでA級戦犯参拝を強行して、日本経済が、ひいては国民生活がどうなっても構わないという剛毅な首相を持つ日本国民は本当に幸せだ。ただし、麻薬中毒的幸せだが・・・・

いい加減に目覚めなければ。

☆☆

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。 ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができるようになりました。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

☆☆

あす27日はRENTAI・FESTA  あさって28日はMtさんの判決日

 今日26日(土)は、本当にたくさ4261img002_2んの集会・行動がある。二つ三つハシゴの人も多いのではないか。とともにゴールデンウイークの幕開け。5月連休後は安保法制懇の報告がなされ、いよいよ集団的自衛権問題が社会的争点となる。この過程、闘い、読書や学習を行い、また旅行なども含め英気を養い、連休明けの「本格的論戦」にはいっていこう。

 そのための楽しい行事の一つは、あす27日のRENTAI・FESTA 。連帯労組や全港湾、関西合同労組などのお店も出るし、楽しいアトラクションもある。天気もよさそうなので、家族連れで新緑のまぶしい万博公園に出かけるのも一つの手。午前10時からで、観覧は無料。安田大サーカスや森脇健児、青山テルマなども出演する。阪神社会運動情報資料センターは、沖縄意見広告の一員として、本部近くのテントで、沖縄意見広告を集めることになる。まだしてない方、郵便局に振り込みに行くのが面倒な方は、当日受付けているので、申し込んで下さい。

 そして28日(月)14時から、大阪地裁1004号法廷で関電前弾圧のMtさんに判決が出る。この間各種裁判で、勝利の判決がそれなりに出ている。それぞれ頑張ってきた成果だと思う。関電前弾圧もImg004_6被告・弁護団・救援会・支援者一体となり、無罪判決をめざして頑張ってきた。無罪判決以外ないと思うが、闘いの勝ち敗けは時に思い通りにいかないこともある。悔いることの無い努力をしたかどうかだ。
 ともあれ全力で闘ってきて、「判決」というひとつの結果がでる。階級闘争は司法権力に規定されるものではないが、この結果が被告を拘束のも事実である。この判決を「共有」すべく、時間のある方は傍聴に来てほしい。13時45分までに大阪地裁玄関前で傍聴券の抽選が行われる。

 裁判終了後の報告会は、通例の水晶橋ではなく、地裁南の堂島川北の公園で行われる。被告・弁護団・救援会などからそれぞれ発言がなされ、この弾圧の不当性と今後の闘いの決意がなされると思う。こちらにも参加願いたい。

   

 

☆☆

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。 ありがとうございます。スマホ、アイフォンからも応援していただくことができるようになりました。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

高年齢派遣社員ルポ(2)

 いま、我が家にたどりついた。今日は神戸の、明石海峡が見えそうな高台にある巨大スーパーの商品陳列し直しのお仕事。昨夜梅田に集合して、車に乗せられ、仕事を終えていま(午前3時)帰宅したところだ。冷凍ショーケース一面に並んでいるお馴染みの冷凍食品約100種類を一旦撤去し、冷凍庫に運び入れ、専門業者が清掃・霜取りし終わったら、順番に元通りの位置に美しく戻す仕事だ。零下25度だから指が凍傷になるのでは?と思うほどだし、食品を 触るから気も使う。何より、生ものだから溶けてしまわないよう手早くしなければいけない。予定では22時から翌朝5時まで。休憩も取らずに一心不乱に皆で頑張ったせいか、3時間半早く終わってしまった。
 粉塵もうもうで注意しないと釘を踏んだり、手を切ったりするような危険な仕事もあるが今日は、申し分のないお仕事環境。開けっ放しの冷凍庫の前で作業するからちょうどいい気温。しかも早く終わったから「今日は当たりやね」と小声で言いかわす。(その反対は当然「ハズレ」である。) 深夜は時間給が1200円程になる。
Photoしかし、移動時間は計算されないから結局、予定の7時間×1200円だ。
 で、いま帰宅してチーズトーストの夜食をとって明日に備えて寝るところ。ところが鬼のような営業担当が昨夜電話してきて「翌日はお仕事入ってないですよね。朝8時から正午まで事務所移転の床養生(台車などを転がしたり、資材を置くときに床や壁が痛まないようにクッションやシートを貼り付ける作業)に行ってくれませんか?」と言って来た。  えーーーっ深夜働いて翌 朝かいな、過労死したらどうしてくれるん?と笑いながら言うと「いやもう仕事は楽ですから。誰もいないのでお願いしますっ!」と泣き落とし。正社員時代に工場で鍛えた労働者魂が、若い営業の安っぽい泣き落としにこの瞬間、敗北してしまった。
 さて、私は帰宅できたが午前2時半に到着しても、遠くから通う二
Photo_2人は始発までの2時間半、どうしようと悩んでいた。ネットカフェで千円払うか、深夜の松屋か吉野家で牛丼で粘るか、駅のシャッターの前で座り込むかしかないのだ。もちろんタクシー代など出してくれる会社はほとんどない。
 とにかく「派遣はつらいよ」である。まあ、労働者はみんなつらい。
働く仲間よ、体を壊さないよう、頑張ろう!

上の表は派遣労働をしている理由のアンケート結果。
下の写真は派遣ユニオンの仲間。労働者の皆さん、ご相談先は派遣ユニオン、連帯労組、関西合同労組など、要望に応じてご紹介します。お気軽にご相談を! 派遣労働の法的な制約上、うまくいかない場合もありえることは、あらかじめご理解ください。

☆☆

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

 

ありがとうございます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

2014年4月25日 (金)

高年齢派遣社員ルポ

 ああ、眠い。一昨日は朝から昼過ぎまで、大阪で有名企業の引越しに伴う、廃材搬出の仕事をした。二人で行く予定だったのだが、待ち合わせ時間に相方が現れない。何回電話しても留守電の応答があるだけ。ついに仕事の始まり時間が来ても現れなかった。派遣依頼企業の担当者に頭を下げ、すみませんと言った。「すみませんじゃないでしょう。」それもそうだ、もう一度「すみません」  「もう!二人でどんどん廃材を出してもらわなあかんのに!あなたが大変やと思うで」と思いやってくれる。ともかくやるしかない。急遽応援の本社社員が駆けつけるまで1時間、一人で頑張ったが、腕はパンパン、足もクタクタ。さいわいにも予定より早く仕事が片付き、帰っていいよと言われた時には、とても嬉しかった。Images
 活動費確保と生活のために事情があって稼がねばならないのを会社に見透かされているかのように、その日の夜から徹夜勤務を拝命しているから、帰宅して3時間でも眠れるのがありがたかったのだ。ところが寝付いて40分後に携帯が鳴った。友人からの電話だ。結局、3時間の睡眠が5分の1に激減してしまった。まあ仕方が無い。普通の人は起きている時間なのだ。夕刻、活動の会議に出かけ、その足で百貨店に出向く。もちろんショッピングではない。催し場のレイアウト変更の工事手伝いで、夜9時から明け方7時まで、お仕事をした。50才を過ぎたら、会社は100%入れてくれない。その点、派遣会社は慢性的人手不足でいくらでも仕事があるのだ。結局、昨日は40分の睡眠時間で通勤時間も含むと24時間働いたことになる。これで1万円稼げる。しかし、慢性的睡眠不足は続くだろう。・・・50才台の派遣労働記、不定期でしばらく掲載させていただく。

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

 

ありがとうございます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

あす土曜日は、昼・夜、関西各地で重大な集会がめじろおし

 当ブImg010_4251ログでは適宜集会案内をおこなってきたが、明日4月26日(土)のように、同じ日に重要な集会がこれほど重なるのは初めてだ。簡単な案内を行うが、「どこの集会に行けっちゅーねん」とつっこみがはいりそうだ。確かにアベノボウソウは続いているが、民衆の反撃も、あらゆる課題をめぐって各地で続いていることの証左ではないかと思いながら、以下紹介していく。
 

 まず、午後は、宝塚で「慰安婦」問題で、6年前に議会で意見書が全国で初めて上がったのを記念する「映画と講演」のつどいがある。13時半から阪急・小林駅近くの西公民館で、『ヘイト・スピーチとは何か』の著者・師岡康子さんの講演と、映画『終わらない戦争』の上映がある。

 同じく大阪では13時半から、PLP会館(JR天満南5分)で、大内裕和中京大教授の「安倍政権の『教育再生』は何を目指すか」の講演がある。これは既に先日紹介したが、安倍の「教育再生」を撃つ集会で、教職員など関係者以外も参加し、「教育再生を通じて憲法体制を内部から破壊するため、次の世代の労働者の意識改造を図るもの」としての見方を広めてほしいと思う。

 また15時半からImg001_42517時まではJR大阪駅前で、辺野古に基地を絶対つくらせない会の、ビラまき・署名活動がある。「在特会」などの妨害も予想されるが、多くの参加者で整然と妨害をはねのけていこう。
 

 さらに昼・夜つづけて長時間にわたる「ストップ!原発再稼働 関西のつどい」が京都で開かれる。再稼働をどう止めるかをめぐって、中嶌哲演(若狭小浜・僧侶)さんと鎌田慧(ルポライター)さんの講演の後、鹿児島・川内、愛媛・伊方、北海道・泊などの現地住民からの報告があり、再稼働阻止に向け、活発な討論・交流が行われる。場所は、JR京都駅前のキャンパスプラザ京都・第3講義室。
 

 また18時半からは、5月1日からの公判を前に、「大阪駅でビラを撒いたら罪ですか???
4・26集会」がエル大阪709である。この間関西各地で、労働運動・街頭行動などに弾圧が続いているが、これら総体の反撃の集会でもある。裁判は5月1日、2日、7日に、大阪地裁で午前10時から午後5時まで長時間にわたり行われる。連日休んでの傍聴は大変だが、言論の自由・街頭宣伝の自由が公然と争われる重大な裁判だ。しっかり監視していきたい。

 ほかにもまだまだいろんImg018_4252な集会があり、とても紹介しきれないほどだ。とまあ、一人ではとても行ききれないし、サークルでもそれぞれ分散して参加し、それぞれの課題を持ち帰る必要があると思う。あなたははどの集会に参加しますか。
 で結局、仲間を増やそう、組織的につながっていこう、ということになる。貧乏暇なしという言葉もあるが、大いに仲間をふやし豊かになって、安倍に目にもの見せてやろう!

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

 

ありがとうございます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

2014年4月24日 (木)

海上自衛隊たちかぜ裁判、東京高裁で完全勝利

 4月23日東京高裁は、海上自衛隊護衛艦「たちかぜ」乗組員の自殺に関する裁判で、原因は先輩のいじめとし、また上官らが自殺を「予見できた」として、国などに7350万円の支払いをみとめる画期的判決を下した。
 この間自衛隊では、専守防衛を捨て海外派兵を常態化する変貌が急速に進んでいる。この中で当局は、「自国を守る」意識ではダメだと、はげしい訓練や、上官の命令には絶対服従など、を強めてきている。そのため隊員間で矛盾も激化し、若い隊員へのいじめや、女性隊員へのセクハラなどが横行し、自殺が相次いでいる。この中で勇気ある隊員や、元隊員、家族が次々と自衛隊当局の無責任な対応を批判する裁判を起こし、多くの裁判で自衛隊当局の敗北に終わりつつある。
 今回の「たちかぜ」裁判では、海自当局が実施したアンケートを隠ぺいしたが、これに対し現役3佐(旧軍隊では少佐)という幹部自衛官が、自衛隊当局を告発する陳述書をだし、この告発が決定的武器となり勝利へとつながった。
 これ以外にもイラク派兵現地で、自衛隊当局の極めて無責任な対応で重傷を負った池田さんが自衛隊当局を弾劾する裁判を闘っている。また北海道の女性自衛官の闘いなど、自衛隊当局の人権無視の対応にImg038も闘いが広がっている。
 PKOでの海外派兵が当たり前となり、専守防衛から動的防衛力に転換され、政治家は集団的自衛権解釈替えで「地球の裏側まで」自衛隊を派兵しようとしている。その際真っ先に死ぬのは、自衛隊を「公務員職場」として選ばざるを得なかった現場自衛隊員だ。彼らは戦争がしたくて自衛隊にはいったわけではない。伊丹駐屯地からのイラク派兵でも家族の苦しむ姿も見てきた。自衛隊を侵略軍隊にしてはならない。また自衛隊職場でも、おかしいことはおかしいと言え、隊員の人権が尊重される職場でなくてはならない。
 今回の「たちかぜ」裁判の勝利は、このことが全く可能なことを示した。池田さんの闘いを応援しよう。また伊丹自衛隊にたいし、「止めよう戦争ー兵庫・阪神連絡会」は毎月1回、海外派兵反対や人権尊重を求める申し入れ行動を行っている。この運動も大きくして、自衛隊の海外派兵を阻止していこう。


下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

 

ありがとうございます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

2014年4月23日 (水)

韓国憎ければ犠牲者や遺族・家族を冒涜してもいいのか?!極右ブログさんよ

 現在、当ブログは「気になるニュース」部門第2位である。これには浮き沈みもあって仕方がない。右翼のブログ(この3位以下に数ある)とわざわざ喧嘩することもないし、ある意味、切磋琢磨であろう。これら極右ブログにも言論の自由があることは認Photo_3めなければならない。中国・韓国を批判することでしか、憂さを晴らせない可哀想な人もあるのだ。
 しかし、例えば第3位にある、安倍ヨイショブログを見てほしい。これが人道にかなうものであるかどうか。例えば我々はアメリカの帝国主義的侵略・戦争行為は批判するが、アメリカの災害で多数の死者が出たからといって、毎日欠かさずそれを嘲笑ったりしない。ところがこ
Photo_4の安倍ヨイ ショブログは毎日欠かさず、死者行方不明多数の高校生を「反日教育を受けたエリート」などと見下げて報道した。だからその命がどうなってもいいというのか! 船会社も、救助に当たっている韓国の当局も、朴槿恵大統領も、家族も侮辱しているのだ。この手合いが他国の人権などを語る資格はゼロだ。
 このブログを見ても良いが、横にバケツか洗面器を置かれるようお勧めする。通常の人権感覚
Photo_5をお持ちの方なら、吐き気を催すこと確実だから。
 内容を読んでみて椅子から転げ落ちた。ほとんどが怪しげなどこかからの引用と、心ない読者達からの罵詈雑言を無批判に表示させ放題。その行間にエロ記事を挟む。見本は多分、御用週刊誌。こんなものが1163サイトの2位や3位を占めている事自体が「国辱」だ。
 極右は中国で事故や災害が起こった時もそれを大々的にやった。
 極右は愛国を掲げながら日本人の値打ちを自ら下げる行為を直ちに中止するべきだ。

救出の見通しは厳しいようだが、ともかく一日でも早く救出作業が進み、一人でも多く助かるよう、私たちは心から祈る。
 そもそも人殺しの軍備でなく、災害や大規模事故が起こった時に迅速・有効な作業で貴重な人命が救える技術と装備を持つ専門部隊を、どの国も至急に整備するべきなのだ。

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

 

ありがとうございます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

国全体がブラック企業=残業代ゼロへ

  安倍政権は4月22日の産業競争力会議で、解雇特区や、派遣の拡大、解雇の金銭解決などの上に、残業代ゼロをも目論む論議を開始した。長谷川経済同友会代表幹事や、榊原次期経団連会長などは、働き方の選択の問題、成果により賃金を払う、本人同意で残業代ゼロ批判はあたらないと言っているが、これは真っ赤な嘘だ。
 働き方の自由の選択としてフリーターという言葉がこの国に広まり、20年近くにわたり労働賃金は上がらず、派遣の賃金は正規の3分の1になり派遣労働者が3割を超え、その上労働法制公然と破る犯罪企業=ブラック企業がまかり通る。今回の「残業代ゼロ」は国全体がブラック企業となるものに他ならない。
 安倍政Img037_4231権の基本方針は、「企業が世界で一番活動しやすい国」であるが、何のことはない、経営者はどんどん儲け、労働者の賃金は下がり、大半が派遣・非正規になり、おまけに長時間残業しても、代わりはいくらでもいると言ってただ働きを強制される。過労死という言葉は世界に通用する日本語だが、この上さらに労働者から搾り取ろうというのか。
 

  集団的自衛権の見直し=憲法9条の実質破棄、フクシマ事故などまるでなかったかのように原発再稼働・輸出、そして今回の残業代ゼロに示される労働者からの極限的収奪。もはや我々は、一日たりとも安倍政権を長らえさせるわけにはいかない。
 国会後半、上記三つの課題をストップさせるために、国会包囲と全国・職場での決起を作り出そう。

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次いでいます。

ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

若狭の集会

読者のI・Aさんからの投稿を紹介する。
 こんにちは ご無沙汰しております。 3月1日に若狭つながり隊でお呼びした渡利さんが主催された集会が、4月19日に若狭・高浜でありました。「避けては通れない! 原発避難を考える 福島、避難の現実と現在Photo_2&地元防災問題」と言う集会です。 2・15相馬高校生の演劇「今、伝えたいこと(仮)」上映会に続いて、少しばかりお手伝いさせていただきました。 4月19日も受付をしましたので、感じたことをご報告します。 地元からもたくさんお越し頂けて、地元のメンバーのご尽力を感じました。 若狭ではないけれど、舞鶴や綾部の方もたくさんいらっしゃいました。距離的には地元と言っても過言でない地域です。 名前を書くのを拒まれる方が、4~5人いらっしゃいました。地元の方でしょうか。無理強いはしませんでした。
 全体で85名+アルファくらいでした。 一時に集中してこられてたので、カンパと資料代に分ける暇もなかったですが、500円の資料代に1000円を出して「おつりはカンパ」と言う方が多かったです。別個に1000円カンパして下さる方も幾人もいました。 受付の時印象に残った高齢のご夫婦がいらっしゃいます。 ご主人が「京都の住所の
Photo人が多いけど、この人たちが指導者?」「いえ、この人たちは参加されてるだけです」、奥さんが「なんで京都から参加するの」「こちらで作った電気をいただいているから、他人事ではないのだと思います」奥さん「そや、危険だけ押し付けられて、電気は関西、交付金は嶺北。腹立つわ」。スパッと本音を言って下さって、関西の私には耳の痛いことでしたが、すっとしました。
 こういう声が普通に上がるようになればいいのにな、と思いました。 また、お連れ合いが言われた「指導者」の話は、昔関西からやってきた人達が「反対、反対」と騒いで、引っ掻き回すだけ引っ掻き回して去って行ったことを心配と嫌悪なされてのことかな、と思いました。今回の集会に関西から20人くらい参加していますが、その人たちが、どう考えているのか、全員一辺倒ではないと思いますが、一度聞いてみたい気がしました。   
 若狭路に 危険押付け 知らぬ顔 都市は歓楽 謳歌する    
何のひねりもない歌ですが。 私は、渡利さんとご縁が出来て、渡利さんが「ここでもう一人一緒に動いてくれる人が欲しい」と嘆いておられる間は、できることをお手伝いしたいと思います。 小浜市民の会でずっと反対運動をされている中嶌哲演さんがいつも「消費地元で運動を作ってください」とおっしゃるように、京阪神でこそ再稼働阻止、廃炉をたたかっていきたいと思います。 若狭は本当に素晴らしいところです。観光でもまた、お邪魔したいと思います。若狭で知り合った方々も「集会ばっかりじゃなく、のんびりしにおいで」と言って下さいます。美しい若狭路を満喫し、この美しさとそこに住む人を守るために再稼働を阻止し続け、廃炉へと政策のかじを切らせ、安全な社会を作っていきましょう。

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次いでいます。

ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

2014年4月22日 (火)

本の紹介~『現代思想 4月号』 特集:ブラック化する教育

 久しぶりに本の紹介を行う。安倍政権の暴走が、集団的自衛権容認と激しく進もうとしている中、今一つの大きな攻撃が「共育再生」の名での教育破壊。「戦後レジーム打破」を教育・イデオロギー分野において行おうと、NHK・マスコミの占拠・制圧と並んで、戦後教育のあらゆる分野を総がかりで破壊しようとしている。安倍の教育攻撃は、新自由主義攻撃(教育の民営化)と保守主義(道徳教育など)が一体でなされており、これは単なる教育問題ではなく、国家改造計画(教育委員会の解体、政権と首長の教育支配)としてとらえなくてはならない。そのあまりもの激しさとImg035_3全面性にたじろぐ面もあるが、今回この問題を全面的に論じ論破する雑誌が発行された。それが『現代思想 4月号』である。特集のタイトルも「ブラック化する教育」と名付け、今日の教育破壊攻撃を全分野で反撃する論拠を与えている。
 

 出色は、「教育再生」の再生のためにと題した、佐藤学・大内裕和・斉藤貴男の三氏の鼎談。第二次安倍政権の「教育再生」攻撃を縦横に論じ、本当の教育再生を訴えている。ほかにも「教育商品化の現在」「教育委員会制度」「英語教育」「歴史教科書」「朝鮮学校の現在」「グローバル競争時代の人材養成論と内面統治の国家主義」「教育と生活」など、全分野に及んでいる。これらの識者の論及と、大阪・東京をはじめとする「日の丸・君が代」強制・処分攻撃と現場で闘う人々や、教育破壊に怒る膨大な人々との結Img036合があるとき、安倍の教育破壊は必ずや阻止でき、民衆の手に教育を取り戻すことができると思う。大きな書店でしか手に入らず、活字も小さな本だが、ぜひ買って、全編を活用してほしい。

 なお、4月26日(土)、13時半から、大阪・PLP会館(JR「天満」駅南、地下鉄「扇町」東南5分)で「安倍政権の『教育再生』は何を目指すか」と題して大内裕和中京大学教授の講演会が行われる。積極的に参加し、質問も行い、安倍政権に対する大衆的反撃の拠点を作り出していこう。

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次いでいます。

ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

10・5関電前弾圧Aさん控訴審、1回で結審。6月30日に判決。

 10・5関電前弾圧で、昨年8月26日大阪地裁で無罪判決の出ていたAさんに対し、無謀にも検察が控訴していたが、4月21日控訴審が開かれた。しかし、検察側の新たな証拠などなく、弁護側は控訴棄却を求めた。
 これに対し裁判所はごく一部の証拠を採用し、この日これに対する弁護側の反論証拠をビデオ上映し、太田弁護士から、Aさんが倒したのではないことが丁寧に解説された。傍聴者も改めて藤原商店自動販売機コーナーのビデオ映像を検証。早送りではAさんが押し倒したように見えなくはないが、コマ送りの映像を順番に見ていくと、影山警部がAさんの右腕を押さえ、続いて左腕の袖をしっかりつかみ、背後にいた女性の倒れるのに続いて倒れたのが、はっきりと分かった。第一現場(城戸警察官)については検察側も争わず、争った第二現場(影山警察官)も第一現場と同じ「転倒事故」であることが明らかとなり、わずか30分で審理を終え、結審となった。
 こうして、もはや争うべきことは存在しなくなった。あとは裁判官がそれぞれ出された証拠を見て判断するだけで、検察側の控訴審での全面審理計画(影山を再度証人尋問するなど)は破産した。Aさんには一審同様無罪以外ない。判決は6月30日、午前10時半、大阪高裁201号大法廷で。
 なおこの日、8カ月ぶりの裁判には、50名近くの仲間が駆けつけてくれた。裁判所は相変わらず多数の警備員を配置し、既に無罪の出ているAさんをあたかも極悪人であるかのように扱った。また公判廷のP1010797開始にあたっては、一部起立しない傍聴人がいることをもって、起立しないと公判を開かないと、脅した。実際には三度「警告」を発して、そのまま開廷したのだが、これまで何百回と裁判を傍聴したことのある人から、このようなことは東京地裁でもなく初めてのことだと指摘があった。また控訴審は「被告」の出席は義務付けらていないのに、人定の中で、本籍地まで言わせるのは、昨今ではあらゆる公的資料でも本籍地については言及しないのが普通であるに、それを言わせる裁判所の人権感覚の欠如ぶりを示してあまりあった。
 裁判の終了後、水晶橋に移り報告集会が開かれ、太田弁護士からこの日の裁判までのいきさつと、公判でのやりとりの意義が語られた。またAさんからは多数の傍聴への感謝の言葉が語られ、一審同様無罪をかちとため再度の支援願いがなされた。

 裁判長の訴訟指揮・裁判所の警備体制は許されないものがあるが、裁判はあくまで事実に基づいてなされるべきで、この日の映像では、Aさんが押したのではなく、影山警部がAさんを引っ張り、後ろにいた女性(と足がもつれたと思われる~足元の映像はないが)に続いて倒れた「転倒事故」であることが、唯物論的に証明された。もはや大阪高裁には、無罪判決を出す以外ない。6月30日、無罪判決をかちとろう。
 なお、4月28日には関電前事後弾圧のMtさんの判決公判が開かれる。
 つづいて、5月1日、2日、7日と、大阪駅前ビラまき弾圧の公判が開かれる。2012年秋の大阪での10名を超す反原発闘争への一連の弾圧事件が裁判的には一つの山場をむかえる。大阪府警・公安三課の不当弾圧を白日のもとににさらし、それぞれ勝利を実現していこう。

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次ぎ、
溜まってきています。ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

Xバンドレーダー基地反対4.20京丹後現地集会

  去る4月20日京丹後市のDscn0155x宇川農業会館で開催された「Xバンドレーダー基地建設着工反対!4.20京丹後集会」に兵庫の仲間31名マイクロバスで行って来ました。12時半に会場に着いた、小さな会館は直ぐに一杯になり、入れない人は外の駐車場で参加し、合計400人。

 集会はまず主催者の近畿連絡会代表世話人、大湾宗則さんが「Xバンドレーダー基地はけっして住民を守るためのものではなDscn0158い、むしろ最初に攻撃される標的の村になる」との挨拶で始まりまし。現地からの報告では「先日の説明会がひどい、有権者の 半数の反対署名が集まっているのに着工ありきで進められている、たった1時間の説明と30分の質問で9時には終わる小学校で開催された、近くに何時間も使える廃校の中学校があるのに」と怒りを表明された。

 この後、沖縄から山城博冶さん、岩国から田村順玄さん、神奈川県からそれぞれの 運動が報告された。また、近畿各県Dscn0159の参加者代表の発言の後、代表世話人である服部良一さんが「Xバンドレーダー地は安倍政権が進める集団的自衛権と深く関係し、舞鶴軍港のイージス艦、福知山の自衛隊、饗庭野のオスプレイと一体で東アジアに向けた(近畿の軍事要塞化)である」とまとめられた。集会終了して皆で元気にデモに出発した。

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次ぎ、
溜まってきています。ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

2014年4月21日 (月)

社会運動情報・阪神ブログ進撃中

 当ブログは、にほんブログ村の人気ランキングに参加している。動機は競争するためではなく、自分たちの主張を社会に明らかにし、一般市民の感覚に照らして受け入れられるかどうかを自己検証することである。いくらいい事を言っても聞いてもらえなければ、賛同していただけなければ独善となる。右も左もノンポリも参加しているこの幅広いランキングでどれほど読んでもらえるかを、実はドキドキしながらほぼ毎日記事をアップさせていただいている。幸いにもここのところ好評をいただき、「気になるニュース部門」では1161サイト中の2位が定着しつつある。総合でも76万3992サイト中6853位だ。素人丸出しの作りしか出来ていないのに、あり難いことである。ある読者の方から、それについてのご意見をいただいたので紹介する。Cci20140421

社会運動情報・阪神がこんなに人気が出ている理由は…私の分析では、人間も社会生活を営む共同体に依拠して生存する生物の一種であり、取り分け人間は、社会通念に外せない正義と秩序を頑なに追求する事に敏感であり、その共存共栄、有形無形の有識者同士の連帯を乱す勢力の介入を快く思わない心理の発動が噴出したと思われます。虐げる、蔑む等の負の感情から未来は生まれない人類史の絶対法則を遺伝子情報が読み取っている為、不穏な世情を感知した脳髄が、正義の怒りを炸裂させる時を待っていると言えます。正義を叫ぶ魂がウズウズしていて、来たるべきその時には、人生をかけて投げ出すはずです。人間はその為に生きているんじゃないのかという要求行動(生得性の発揚)であると思われます(・o・)ノ  
大阪市城東区在住・林さんより

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次ぎ、
溜まってきています。ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村



2014年4月20日 (日)

TPP、オバマ来日でとどめ刺される日本

Tpp  

Tpp01





日米TPP交渉が最終合意には至らなかった、という。しかし、よく見ればすでに多大なサービスをさせられていて、あとどれだけ、アメリカ寄りに歩みTpp2寄れるかという段階なのが実態だ。例えば農業。5項目のうち2つは大幅な関税縮小でほぼ決着させられている。アメリカ が一番売り込みたい牛肉は39%を20年かけて9%にしてしまうというのだ。豚肉も関税縮小でほぼ決着。合意に至らないと言うから甘利大臣が頑張ってるのかと思ったら、ほとんどやられてしまい、 あとは米・麦・サトウキビなどで合意(つまりはできるだけアメリカに擦り寄り)すればパーフェクトになる。もちろんアメリカから見てパーフェクトだ。
 そのために来週もう一度アメリカの次席代表が押し込みに来日。総仕上げは23日からのオバマ大統領の来日。今から、アメリカ大統領の高笑いが聞こえてきそうな雰囲気。最新のアメリカ・タイム誌で、靖国参拝や軍
Image59国主義傾向を厳しく指摘された安倍首相だが「まあまあ、怒らないで。お金で償うから」というところだろうか。もちろんそのツケは安倍首相が出すのではなく、日本の納税者・生産者・消費者つまり我々が代わりに払ってあげることになる。しかも日本農業も食の安全もアメリカ様に差し出さされる。当然、農業だけではなく医療・保険・投資・法律など21項目の行く末もここに述べた農業とどっこいどっこい。日本の国民は踏んだり蹴ったり!それなのに59%もの内閣支持率。異常事態としか言えない。
 極右の皆さん、本当の売国奴は一体どこにいるか、熟考されたい。

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次ぎ、
溜まってきています。ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

韓国船沈没への日本からの聞くに堪えない罵声の数々

Photo Photo_2  Photo_3


 


 韓国の船の転覆事故が痛ましい。一人でも多くの乗客が助かるよう願わずにはいられない。ところでこの事故についての日本の報道がひどい。「韓国だから起こった事故」みたいな報道の大合唱だ。船の構造が韓国では悪いとか、「韓国だから」欠陥改造をしたに違いないとか、船長が休んでいて若い航海士が操船していたとか、韓国だから原因が重なったような書き方になっている。インターネットではさらに吐き気がするほどの罵声の嵐だ。「反日韓国人は沈んで当然」とか「船は沈むのよ」などと替え歌を作ってみたり、日本の救援申し出を断ったのは反日だからだ、とか、もう無茶苦茶。こういう人でなしが同胞だと思うと日本人であることが嫌になるほどだ。
 自衛隊が船の転覆事故に対処できる能力を持っているとは思えない。軍隊の本来任務は武器で戦闘することであって災害救助の専門家ではない。「日本軍」が拒否されても驚くことはないし、海洋災害の専門部隊も日本は持っていない。。
 さて、マスコミは事故原因について微に入り細に入り、非難しているが、例の小保方さんの事と並んで、そこまで追及する100分の1でも我が国の原発と再稼働推進・輸出策動について指摘しているだろうか? 危険度から言うと、400人乗りの他国の客船の事故やSTAP細胞騒ぎの何百倍も危険をもたらす自国の原発について頬かむりしながら、こういう時に大はしゃぎするマスコミも極右も、人間の顔をしているだろうか? 

 

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次ぎ、
溜まってきています。ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

尼崎事故9周年集会開かれる

 尼崎脱線事故かPhoto_5ら間もなく9年になるが、4月19日に事故現場最寄りの尼崎小田公民館で、「ノーモア尼崎事故 生命と安全を守る4・19集会」が開かれた。

 集会は国労組合員の司会で、支援する会の主催者挨拶、国労兵庫の基調提案ののち、鉄道安全研究会の地脇聖考氏の講演が行われた。
 地脇さんは昨今のJR北海道の事故や元社長の自殺などが、分割民営化で最も経営的に困難に追いこまれた中での、安全軽視の結果だとあらゆる数字を引いて説明した。このことはJR北海道にとどまらず、JR九州や四国も同じ傾向にあり、分割民営化が本州三会社以外生き延びられず、また本P1010791_419州のなかでも西日本が追い詰められていたことも分析した。
 こうして本来公共交通の果たすべき役目が、新自由主義攻撃の中で、利益第一・安全軽視になっていることは、大阪市交通局の民営化攻撃なども含めて今日も続いており、JR尼崎事故を再び起こさないというなら、この道を拒否しなければならないと説いた。

 つづいて参加の労組や尼崎事故被害者遺族から発言が続いた。JALの労働者は間もなく高裁判決が迫る中で、絶対に負けられないと訴え、大阪市交通局のバス労働者は、橋下に屈服する組合執行部をのりこえる、公共交通の使命を果たすP1010795_4194当たり前の労働者の闘いが始まっていることを力強く訴えた。
 また遺族の藤崎さんは、裁判での経営陣の無罪への怒りと悔しさを、「人を殺せば犯罪だが、組織・会社は107人も殺しても誰も罪に問われない」と弾劾した。その上で組織の犯罪を刑法に書き込ませる「組織罰の会」の運動が進んでいることを報告し、必ずJR西日本経営陣に責任を取らせることを訴えた。
 集会ののち、久々知の踏切の現場までデモ行進を行い、献花を行った。

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次ぎ、
溜まってきています。ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

2014年4月19日 (土)

友人ブログの紹介ー坂本重雄(希望・豊かさ・安心の高知県政を)

 ほぼ毎日見る友人のブログに、『坂本重雄』(高知県議)がある。人口80万弱の高知県で、南海トラフー防災・減災の真剣な取り組みや、憲法改悪反対や脱原発の記事が毎日更新されている。
 その中で、昨日・今日は全国記事としても有用なので紹介する。
 一つは、韓国の修学旅行高校生を載せた船の転覆事故である。現在も多数の行方不明者がいるが、無事救出を望みたい。この修学旅行事故と言えば、高知県では1955年の宇高連絡船「紫雲丸」事故が思い出される。168名が犠牲となり、その中に28名の南海中学生が含まれていていて、涙を誘い、今日まで(今はもう宇高連絡船はないが)語り継がれている。その事故の原因、事故を拡大した原因が、2012年11月発行の『検証 紫雲丸事故』という冊子に掲載されているという。その中には、多分今回の事故にも通じると思われることがある。すなわち「国鉄当局の運行方針に事故を誘発する要因があった」「引率教諭、国鉄職員らの避難誘導の放棄が『犠牲を広げた原因』をつくったこと」とあるという。尼崎脱線事故にも通じるが、資本・経営者の無理な利益第一主義と、現場職員や引率教員がそれと立ち向かえいないような職場環境があるなら、犠牲を大きく拡大していくように思う。1980年代の同じ高知の学芸高校の上海列車事故でも、学校側の適切でない対応があったと言われている。時間の経過とともに忘れがちだが、関係者が「検証資料」を作り、それが県政に携わる人により広く世間に注意を喚起する。~このブログの役割は大きいと思う。
 

 またもう一つは、18日の朝日新聞全国版でも掲載されたが、高知の初夏の風物詩=土佐電鉄の「平和憲法電車」が、今年は運行されないということだ。はりImg034まや橋は全国に名だたる「がっかり名所」だが、ここを走る路面電車に大きく「守ろう9条・25条を」の看板があるのに遭遇すると、思わずびっくりし、「電車に護憲。スゲーなあ、さすが自由民権の高知」と、なんとなく納得してしまう。それが今年からは土佐電鉄資本が「おことわり」を言ってきたという。新聞の意見広告と違い電車の外看板だから、その取捨選択は経営陣の判断によるのだろうが、一方でその経営陣が暴力団との親近さで退陣に追い込まれたことも全国に名をはせたが、他方で「右傾化する社会の流れを推し量り、委縮する動きだとしたら残念」(坂本重雄・高知県議)である。
 ともあれ、高知という地方都市にあっても、右傾化とそれに敏感に反応し、様々な地に着いた反撃が展開されているさまは、大いに参考にしたい。ぜひhttp://www.sakamoto-shigeo.jp/main.htm  (坂本茂雄で検索しても可)にアクセスしてほしい。

p>下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

九州・鹿児島2区補欠選挙は原発選挙

 Photo 4月27日に投票が行われる鹿児島二区=鹿児島市(谷山支所管内・喜入支所管内)、指宿市、奄美市、南九州市(旧頴娃町)、大島郡=の補欠選挙は重要な選挙となる。再稼働一番乗りではないかと言われる川内原発をかかえる地域だからだ。活断層は一杯あるし、Photo_2 南海大地震の地震動や津波や桜島の噴火など危険要因満載であり、一旦大事故が起これば九州全域が壊滅する。その危機感から先Photo_3月の川内原発再稼働反対の集会には記録的な6千人が集まった。本当なPhoto_4 ら徳田毅議員(自民)の政治とお金による辞職を受けて、野党が一致してもぎ取らなければならない議席だが、残念にも分裂してしまった。民主党を離党して超党派で立った打越候補はどうも脱原発ではないようで、これではいけないと山本太郎参議院議員が立てたのが有川さんだ。共産党も意地で立つという愚かな選択をしてしまったのも残念だ。精一杯たたかうしかない。山本太郎さんが呼びかける「新党ひとりひとり」の初挑戦への支援を訴える。

ありかわ美子事務所

〒891-0114 鹿児島市小松原2-11-8千石ビル1階
電話番号:099-204-0767
FAX番号:099-204-0768

メールフォームでのお問い合わせはこちら

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次ぎ、
溜まってきています。ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

2014年4月18日 (金)

日勤教育と、ビラまき規制と監視カメラ~JR西日本尼崎事故体質は変わらない

Jr  4月25日のJR福知山線脱線事故から間もなく9年になる。日頃から使う路線だし、事故のあった尼崎市久々知(くくち)の踏切もよく通るし、また事故の当日は伊丹警察にイラク派兵反対のデモ申請に行っており、警察が慌てふためきながらも時々刻々と対応していた姿も見ており、事故を昨日のことのように覚えている。
 事故の原因は、運行の遅れを取り戻すためのスピード超過であったことは、あまりにもはっきりしている。直接的責任をだれが負うかは別にして、JR西日本の経営陣の責任は、道義的にも刑事的にも免れない。にも拘らず、経営陣にその態度が見えず、表面的には反省し、「二度と無いように取り組んでいる」ということを装う姿がありありのため、今日に至るもJRへの批判はやまない。
 毎年4月になるとJR尼崎駅を黒ずくめ、花束を持った新入社員と思しき人たちが徒党を組んで歩く姿に遭遇する。何の集団かと思えば、JR尼崎事故を追悼するJR西日本の社員たち、多分配置された職場ごとに、追悼行事・献花を行っているものと思われる。しかし一見追悼のように見えるが、自己の意思で参加していないことはその様子を短時間観察すればすぐわかる。関係者に「あなたたちは何をしようとしているのですか」と質問しようものなら、迷惑千万、あなたには関係ないとばかりの返事が返ってくる。自分たちはしっかり追悼している、それを他人にとやかく言われるいわれはない、という態度がありありだ。
 
 その現在も変わらぬJR西日本の体質を示して余りあるのが、JR大阪駅でのビラまき規制であり、駅全体に監視カメラをつけ乗降客・通行人を監視対象とするあり方。さらには1年半前にあったJR西日本執行役員の痴漢・自殺事件だ。
 前者は、この間このブログでも指摘してきたが、監視カメラは、防犯・安全というより、駅全体、通行人・乗降客をすべて監視対象とP1010780し、一方的に情報を独占し、何かあれば自己の都合のよいように操作する。ビラまき規制は、駅全体を開かれたコミュニケーションの場とするのではなく、これまた経営者にとって都合の悪いものは取締・規制対象とするという考えがありありだ。JR尼崎事故が社員に対する「日勤教育」「背面監視」という、根本のところで社員を信用しない、機械の一部品・ロボットのように扱ってきたことにあることは多くの識者が指摘してきた。それが今は、通行人・乗降客にも拡大し、管理を強めれば経営は安泰と思っている。 
 そこに勤める人間の労働条件や人権に対する配慮のない会社や社会は、短期日で見れば一見効率が上がるかに見えるが、長い目で見れば安全と働くモチベーションを阻害していく。
 この体質が会社全体を覆っていることは、JR西日本幹部・執行役員が電車内で痴漢をし逮捕され、会社は体面ばかりを重視し、短期日で釈放ののち、自殺に追い込まれたことの中にも示されている(痴漢が事実かどうか、なぜ短期日で釈放されたか、不明なところは多いが、「事件」そのものが執行役員にあるまじきとされ、自殺に追い込まれたことは想像に難くない。このことは相変わらずこの会社が、経営トップの顔色ばかりをうかがい、社員の責任性や自発性が生かされない会社であることを垣間見せたが、その体質が問題とされるのを恐れてブロックをかけたのか、マスコミ的にもほとんど追及されなかった。ここにも隠ぺい体質がある)
 

  今、ビラまきは違法というImg033看板を持ち、毎週市民の前に立つことを「仕事」としている姿と、日勤教育・背面監視、「儲け第一」「経営トップの君臨・無責任」と、事故当日の情報操作(当初は脱線でなく、一般車両による踏切事故と発表)と、事故・救援に無対応だった管理職たちの姿と、必死で救援に向かったNスピンドルをはじめとする事故現場周辺の会社・市民の対応の対比として、これからも語り継がれるだろう。

 このような中でも、「ノーモアJR尼崎事故 生命と安全を守る」ために奮闘するJR西日本の現場社員を中心とする人々が行う集いが19日にある。いつまでも責任を取らず、まるで事故などなかったかのようにする経営陣。福島原発事故にも通じるこの国と独占企業経営陣の無責任性には、現場に責任を持つ労働者の粘り強い闘いだけが救いとなる。
  4月19日、14時、尼崎・小田公民館(JR尼崎駅北東3分)へ。

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次ぎ、
溜まってきています。ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

読者寄稿 「集団的自衛権」断固反対  弁天島 徹

 問題提起をしたい!集団的自衛権行使容認とどう闘うか
 今、集団的自衛権の行使
容認に反対する闘いは、「戦争できる国」をキーワードに展開されていると思います。日本を「戦争できる国」にする集団的自衛権行使Photo容認に反対する ということです。これが戦争に反対する民意に応える威力あるキーワ  ードであるのは事実です。  しかし、ここで一つ考慮すべきだと思うのは、安倍政権が戦後日本のあり方、その基本路線を変えて、日本を「戦争できない国」から「できる国」に転換しようとしていることです。彼らは、戦後日本の基本路線が欺瞞に満ちているとしながら、それを変えようとしています。問題は、それが若者を中心に国民全般に広がる「日本を何とかしてくれ」、「変えてほしい」という民意に符合し、一定の力を持っているということです。  こ200541119623540sisatudeadれに対し、われわれ、集団的自衛権行使容認に反対する側はどうかと言えば、「戦争できない」戦後日本のあり方、その基本路線に対し ては、態度を明らかにしておらず、むしろそれを擁護するものになっているのではないかと思われます。
 今、問われているのは、憲法と安保という根本的に相矛盾する二大法体系が共存する欺瞞的な戦後日本のあり方を変え、憲法9条を全面的に実現して、「戦争できない日本」を確固と打ち立てることではないでしょうか。それが民意の要求だと思Photo_2います。ただ日本を「戦争できる国」にする集団的自衛権行使容認反対を言っているだけではだめです。そもそも戦争を放棄した憲法9条では集団的自衛権行使などあり得ない。脱覇権の憲法と覇権の安保が共存するという矛盾に満ちた欺瞞的戦後日本のあり方自体を見直し、憲法9条を全面的に実現して「戦争できない日本」をしっかりと確立しよう。日本を「戦争できない国」から「できる国」へ変えるのか、それとも「戦争できない国」として一層強固に打ち立てるのか。集団的自衛権行使容認の安倍政権との闘いは、戦後日本の基本路線をどう見直すかをめぐる闘いとして展開してこそ、より力強く推し進めていくことができるのではないでしょうか。

以上、投稿を紹介させていただきました。極右の田母神都知事候補が60万票も取る世相ですが、一方では日本国憲法特に9条をノーベル平和賞に推薦する事が受理されたという嬉しいニュースもあります。望みを捨てず、頑張れば必ず戦争を阻止できます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次ぎ、
溜まってきています。ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

2014年4月17日 (木)

『未来』直撃インタビューが面白い 今回は園良太さん

Th  革共同再建協(通称関西派)の機関紙『未来』の直撃インタビューがなかなか面白い。昨年末から、神田香織(講談師)さん、岩井健作(牧師)さん、服部良一(前衆議院議員)さんと、革共同(中核派)とはあまり縁のない人が続いていたが(もっとも、『前進』と違い、党派至上主義をとらない関西派は、かなりそういう「路線」で来たようだが)、今回(4月17日号)は、30歳代の東京の活動家・園良太さん。 そもそも、上記のような人たちが、党派の機関紙の1面を使って自己の主張を述べること自体が、その人にとっては中核派・関西派に近いとレッテルをはられるリスクが伴うし、関西派は内外から「社民・ 市民運動迎合」などと非難されることになる。しかしながら、月1回のペースで誌面を「他党派」に提供し続けることは、どうやらそれも一つの「編集方針」「基本路線」のようである。
 とまあ、党派的詮索はここまでとして、中身に入っていきたい。
 園良太さんと言えば、東京の反原発活動家として有名で、また2008年「麻生邸ツアー」で逮捕されて以降、竪川弾圧など、この間もっとも弾圧を受けている一人である。1981年生まれの彼が、なぜそのようなPhoto_6「過激な」活動家になったのか。もちろん父母が全共闘世代で、「そういう本」が結構あったということはある。しかしそれだけで活動家になるわけではない。この時代の少年らしく神戸連続児童殺傷「少年A」事件などを通じて、閉塞感や「横並び主義」と、就職にあたってはフリーターとして時代と格闘することになる。
 この世代に特有なのは2001年9・11とそれに対する「報復攻撃」。これに対し「どう考えてもおかしい」から行動が始まり、日比谷に5万人集まった行動にも参加している。 そして2011年3・11福島原発事故。権力Img032_2の隠ぺい・規制・計画停電に対し、直ちに行動を起こし「東電前に立った」ところが彼の行動派としての本領発揮。その後運動の高揚、弾圧、権力の壁、と活動家が誰しも通る過程の中で、運動をどう考えるか、本当に政治と社会を変える運動をどう作るのかを、真剣に考えていく過程にはいる。

 詳しくは『未来』を見てほしいが、いくつかのヒントを提供する。
 一つは「三里塚は以前から知っていたが、現地に行きその48年の積み重ねを知り、つながるべきと思った。つながらないと「シングルイッシュー」という弱さが現れる」。
 今一つは「闘ってきた事実、歴史、教訓は、世代間格差というよりきちんと継承し伝えてほしい。「左翼と党派」嫌いだけでは前へ進めない」~もちろん彼が30歳台の闘っている人々の代表・多数派であるかと言えば決してそうでもないことは、彼も判っている。しかし、運動の高揚や閉塞の中にも、沖縄の底力に学ぶ、オール沖縄の力で日本と社会を変革していく、そういう運動を全社会的に作り出していく、というのは全世代共同の基盤・考えではないのか。今無数の園良太が生れている。60年・70年安保世代も、彼らとつながっていこう。


下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次ぎ、溜まってきています。ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

戦艦大和 ~読者投稿~海原鎮

Photo  妻の親戚によし恵おばさんという人がいた。兵庫の漁村に住む人だが、こちらへ出てくると必ずうちの子どもを連れて買い物に出かける。結構高価なものでもお構いなし。まるで孫のように・・・親の私にももちろんご馳走してくださる。聞くと、全国、旅行で行ってないところはないらしい。お連れ合いは69年前に亡くなったという。ずっと独身を通しているからかえって気楽なのか。しかし、沖縄だけは行ったことがない、行けないと言う。何故ですか、と聞いてみた。 3 夫が鹿児島と済州島と沖縄本島の中間点の海中に眠っているらしい。つまり新婚の夫が戦艦大和に乗ったままだからその上を通って旅行にいけない!というのだ。軍人恩給で何不自由ない暮らしの彼女にそんな過去があったと聞いて、69年前に想いを馳せることになった。
 ご存知のように大日本帝国連合艦隊の旗艦、そしてたぶん当時世界最大最新鋭の戦艦だったろう。その乗組員だから「国の誉れ」と近所でももてはやされたらしい。華々しい進水のあと、しかし、大和はその大鑑巨砲の威力を「にPhoto_2 くき米英に」発揮することなく、1945年沖縄への片道出撃をさせられ、4月7日つまり69年と10日前、米軍の爆弾・魚雷・機銃の総攻撃に逃げ惑うしかなく、最後は千メートル上空にも届く爆煙を発して文字通り
Photo_3轟沈した。大和と運命を共にした将兵3千人の一人の妻であったよし恵おばさんも3年前、とうとう亡くなった。前途ある若者とアジア数千万の命を無残に奪ったのは「にくき米英」ではなく、安倍首相がこよなく愛する大日本帝国時代の日本である。戦争が利益になるとか、かっこいいものと誤解している人たちにも警告しよう。
 安倍首相や極右がすすめる戦争国家作りが成功したら当時の何倍もの悲劇として繰り返される。



下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次ぎ、溜まってきています。ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

                      
 

 

2014年4月16日 (水)

フェスタ・メーデー・映画会

硬派の闘争案内・評論が際立つわがブログ、本当はもう少し柔軟に行きたいのだが、アベノボーソー以来、ますます爪先立ちつつあるのではと自戒したい。その安倍だが、排外主義・愛国主義と反知性主義とネトウヨとお友達に助けられていると思いきや、世論も深い所ではアベノボーソーを必ずしも支えているわけではないことが、だんだん明らかになってきている。いよいよ本格・真っ向勝負の時が到来しようとしている。アベノボーソーが倒れるとするなら、100万のデモと再度の政権交代で、とりあえず中間政権だろうが、ある種疑似革命情勢でともなる。それに向かってあらゆる準備をしていくわけだが、ここは少し柔らかく芸能・文化の吸収もしたい。
 
 で、4月末・5月の少し柔らかい催しを案内しておこう。
201420  4月27日(日)は恒例のRENTAI・FESTA。http://www.renfes.jp/万博公園で午前10時からだが、今年のゲストは、青山テルマ、安田大サーカスと、少しメジャーなタレントが出演。また最近人気を盛り返してきた連帯労組のコマーシャルもしている「走る男=森脇健児」が、森脇健児陸上部女子部も連れて、ステージのMCを担う。がんばれ森脇!と合いの手を入れておこう。
 他には多くの団体の出店が所狭しと並ぶ。沖縄意見広告運動もブースの一角に署名コーナーを出す予定。ステージ・食べ物・バザー・また万博公園の緑と、連休初日に大いに英気を養ってほっしい。チラシをもっていけば入場無料。
 Img031

  5月1日はメーデー。昨今は4月にやるところもありどこがメーデーかと思うが、ただこの日は休日ではないため、昼間からの参加は休みを取ることが必要。大阪は中ノ島メーデーが戦闘的メーデーとして、午後から中之島剣先公園で。
 尼崎では夕方6時半から、阪神尼崎北側の中央公園の一角で、労働法制の規制緩和・派遣法の改悪反対をかかげ、メーデーが行われる。

 つづいて5月11日(日)は、尼崎女性センター・トレピエ(阪急「武庫之荘」南4分)で、映画『標的の村』の上映会。10時、13時、15時15分の3回行われるので、都合のいい時間帯に。チケットは1000円。
 以上、少し軽い、楽しめる催し案内でした。

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

読者投稿 いま大はやりの「嫌中憎韓」についての考察・分析

このところ、当ブログの人気ランキングが急上昇してしまった。追い越してしまったヘイトスピーチブログの方々には実に申し訳ないのだが、これも、意外と(失礼!)穏健な世論を反映しているのだろうか。下記の論文が大阪の方から寄せられたので掲載する。皆様からの投稿、お待ちしております。
 
 嫌中憎韓が「戦争で
Photoきる国」策動の追い風になっているが、それが演出されたものであるのは2012年8月の米国企業から資金援助を受けている香港の反体制活動家らによる尖閣上陸が嫌中憎韓の契機になったことを見ても明らかだ。  その翌日8月15日のアーミテージ・ナイ報告での「日本は強い国たれ」のメッセージ。それに応えるかのような安倍首相の再登場、その後の米国投 資機関による株式バブルによるアベノミクス演出など、安倍政権は米国の要求実現のため米国の手の平の上で繰られた政権だ。  最近、「今は19世紀に似ている」としながら、19世紀の日本の生き方を正当化することで、今の「戦争できる国」策動を正当化するような論が出ている。  その代表的なものである渡辺利夫拓大学長の「新・脱亜論」は言う。19世紀、欧米のアジア植民地化の動きに、日本は中国、韓国と力を合わせて対抗しようとした。しかし中華意識の清国、事大主義の韓国は聞く耳を持たず日本と対抗するばかりだった。そこで日本はアジアに見切りをつけ(脱亜)独力で欧米勢力に対抗する道を歩むことを決心し、日清、日露の戦い、その後の戦いもそのために行ったのだ、と。  だが覇権時代の全盛期であった当時、見Images なければならないのは、覇権の本家・欧米勢力の動きだ。例えば、日本による韓国の植民地化が始まったとされる1875年の雲揚号事件では、当時の米国大使が艦長にペリーの「日本遠征記」を手渡し「この通りにやれば旨くいく」と激励している。日露戦争も覇権国家・英国から見れば、ロシアの南下を阻止するために日本を利用したものだ。  覇権時代の全盛期に近代化の 道を歩み始めた日本は、欧米の覇権主義を見習って生きていこうとした。それを欧米覇権勢力に利用され、最後は太平洋戦争に引き込まれ破滅した。  似ているのは、暗愚で傲慢な中国、韓国に見切りをつけ自力で欧米勢力に対抗しようとしたなどということにあるのではない。19世紀に日本が欧米覇権勢力に繰られ覇権の道、戦争の道を歩み始めたことと、今、安倍政権が米国の手の平の上で繰られ日本を「戦争できる国」にしようとしていることが酷似しているということなのだ。  その上、米国覇権は崩壊し脱覇権の流れが時代の流れとして台頭している。この脱覇権の時代に、覇権時代でも失敗した道を再び歩めば、それは喜劇にもならない。  (永沼 博)

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

2014年4月15日 (火)

4・28大阪地裁はMtさんに無罪判決を! Mtさん最終意見陳述(2)

Photo_3  昨日に続き、10・5関電前事後弾圧被告Mtさんの最終意見陳述を掲載する。Mtさんには器物損壊も公務執行妨害も存在しない。4月28日、大阪地裁は無罪判決を出せ!

 
  四番目にこの裁判は本質的に原発の是非をめぐる裁判でもあります。関電前をはじめとする脱原発運動は、直接的には311福島原発事故を契機としています。この事故は大量生産・大量消費、自然破壊の現代文明に根底的な疑問を呈しました。事故が起これは数十万の人が故郷を失い、人類の手で制御できない放射能は10万年後の子孫にまで災厄を及ぼします。このため当然にも、「もう原発はいらない」の声がまきおこり、全国で数十万人のデモ、1000万人近くの署名が集まりました。関電への抗議は2012年の67月には、毎週金曜日に20003000人となり、本店前以外にも各地の支社・営業所にも抗議が広がりました。原発の存在、稼働・再稼働が人類にとり正当なのかどうかの判断が求められています。

 最後に、不当逮捕に抗議するのは、憲法21条に保障された表現の自由を守る行為であり、憲法12条のいう「自由及び権利は、国民の不断の努力によってこれを保持する」行為そのものです。目の前で友人が何の理由もなく警察権力に拘引されようとすることを黙って見過ごすことは、人類が長い歴史でかち取ってきた、また憲法で保障された基本的人権の放棄を意味します。 は引致車両の助手席にこの日の弾圧を指揮した張本人の影山警部が02313000950いることを見て、止まっている車両の右前方に触れて抗議し、次に影山警部の座っている助手席に近寄り窓に触り、至近距離から「お前が悪いんや」と明示の抗議の意思を表明しまし た。この過程でミラーが外れ、それを現場で警察官に返しているにもかかわらず、40日後に令状逮捕されたのです。

 私の行為は人権を守る行為であり、決して罪に問われるべきことではないと思います。かつて第二次大戦に至る過程で、ナチスドイツと日本の特高警察・思想検事は、罪なき人への迫害と弾圧を繰り返しました。今この国では偏狭なナショナリズムと、秘密保護法制定に見らPhoto_2れる治安弾圧が結合しようとしています。第一次大戦から100年の今年、「日本は世界で最も戦争を引き起こしかねない国」との警戒感が世界に広がっています。
 司法当局・裁判所も、戦前に特高と思想検事が小林多喜二を拷問で虐殺した歴史を繰り返さないと総括したはずで、憲法36条では拷問が「絶対」という言葉をわざわざ使って禁止されています。この憲法の立場に立つなら、この裁判でも、警察権力により、脱原発闘争への「初めの小さな治安弾圧」を見過ごすことなく、現在と未来を生きる私たちや子どもたちの生命と人権が守られる判決が出される以外ないと、私は確信します。

 あらためて私の行動は、原発とその再稼働の危険性を訴え、表現の自由を守り、憲法12条のいう「不断の努力」の具体的あらわれであり、問われるべき罪は存在しないと考えます。 よって私は無実で、当裁判所は無罪判決を出すことが求められていると思います。

 2014317

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

                      
 

 

 

 

 

 

2014年4月14日 (月)

10・5関電前弾圧、21日控訴審開始と、28日に事後弾圧判決

 2012年10・5関電前弾圧は、昨年8月無罪判決のAさんの控訴審が4月21日に始まり、また事後弾圧のMtさんの判決が28日に行われる。
 大阪府警による脱原発運動つぶしの不当弾圧の皮きりとなった10・5弾圧であったが、当日現場で逮捕されたAさんは、タクシーとの接触回避の単なる転倒事故を警官引き倒し事件にデッチ上げらPhotoれたもので、昨年8月26日大阪地裁で無罪判決が出ている。この取り戻しをかけての控訴審が4月21日から始まる。逆転有罪許さぬ闘争態勢を維持し、再び無罪に向け公判に結集しよう。4月21日、10時半、大阪高裁大法廷(201)へ。
 また10・5不当弾圧で事後逮捕・起訴されたMtさんは、9回の公判を終えて、4月28日に判決となる。Aさんの不当逮捕に抗議したことで公務執行妨害とされ、またAさんを引致し ようとした警察車両を損壊したという容疑であった。しかし、そもそもAさん逮捕が不当であったことは明白だ。また器物損壊も、外れた警察車両のアンダーミラーは、警察官にその場で返しており、元に戻せば使えたものを、その警察官がミラーを「捨てた」(林警察官証言)もので、器物損壊は林が負うべきで、Mtさんの無実は明らかだ。判決公判(4月28日、14時、1004号法廷)に結集しよう。
 Mtさんの最終意見陳述を、2回に分けて掲載する。

 

最終意見陳述                      

 被告である私の最終意見陳述を行います。
 今日の論告求刑を聞いて、私は怒りに堪えません。なぜなら、検事はこれまでの公判の証拠や証言によって論告求刑を行うのではなく、断片的な証言・ビデオ映像などをもとに、あとは推測にもとづいて新たに膨大な文章を作り、論告を行ったからです。私たちはこれまでの証拠・証言に対する反論として最終弁論を用意しました。これではわずかの休憩時間に、検事の「作文」を検討し反論せざるをえないわけで、被告人の防御権が著しく制限された不当な論告求刑と言わざるをえません。
 
 しかしその上でもなおかつ、私は無実で無罪です。このことは本日の車両検証のビデオ上映も含めて、裁判の全過程を通じて証明されたと考えます。何よりも影山警部をはじめとする警察官の証言は、事実ではなく信用できません。とくにアンダーミラーが「損壊」されたとする時、影山警部は車の助手席という私の至近距離にいました。その人が「1分間グリグリとひねり壊した」と証言したのです。しかし車両検証でも証拠とされたビデオ映像でも、この証言は事実と異なり、時間においても方法においても否定されました。またこのアンダーミラーは私の証言どおり左手で押しただけで外れ、私はそのミラーを警察官に返しました。元の所に戻せば直り使えるアンダーミラーを捨てて、その機能を損壊したのは林警察官であることも確定しました。
 
またこの日の関電前には警察の適正な公務は存在せず、私には公務執行を妨害していません。そもそも105関電前逮捕事件は、Aさんがタクシーに接触し警察官とともに転倒した偶発的な事故でした。それは、被害者と称する城戸警察官もふくめ、これを目撃したすべての警察官が逮捕行為に移っていないこと、2人の目撃証人の証言も事件性はないとしていることでも、証明されています。誰から見ても明白な偶発的な転倒事故を、影山警部は2人が倒れている姿を見て、「Aが引き倒した」として事件化し、逮捕・起訴したもので、適正な公務でないことは明らかです。

 さてそれではなぜ、このようなタクシーに接触し偶発的に転倒した市民や、この不当逮捕に抗議した市民が逮捕されたのか。それは大阪府警公安三課と天満警察署が脱原発闘争を犯罪視し、これを潰すための逮捕・弾圧を企図していたからです。大阪府警と天満警察は、毎週金曜日に関西電力本店前で行われる脱原発行動を犯罪視し、治安弾圧の対象と考え、105日には事あらば市民を逮捕する警備体制をしきました。その責任者である天満署警備課長補佐の影山警部は、公開空地に入り市民に威圧を加え、体当たりをするなど挑発し、事あら逮捕しようと何人かの市民を監視していました。そしてたまたまAさんがタクシーに接触し城戸警察官と一緒に倒れている姿を見て、「Aが引き倒した、これは暴力事件だ」と思い込み、逮捕したのです。またこの不当逮捕に抗議する市民の中から、警察官にミラーを返していることが明白な私を、40日後に器物損壊罪で令状逮捕したのです。 
 
 この関電前弾圧と一体で、1113日のガレキ説明会での逮捕、大阪駅前での宣伝行動に対する129日の事後逮捕など、2か月の間に10名もの市民が連続的に逮捕されたことでも、大阪府警が脱原発闘争を犯罪視し治安弾圧を加えたことは明らかです。この警察による犯罪は、この間の大阪府警の組織的犯罪の多発とも一致しています。大阪府警では堺北署の警察署ぐるみで証拠隠滅事件をはじめ、誤認逮捕・偽証などが頻発しています。上級警察官の主導にあわせ捜査段階で警察官同士が口裏をあわせたり、都合の悪い事実を隠ぺいしたり、あげくは証拠隠滅など捜査機関としてはあってはならない事件も発生しています。311福島原発事故以降大きくひろがった脱原発闘争が、原発が多くある福井現地と関西電力前が結びつき、また放射能拡散を許さない運動と結合し発展することを恐れ、大阪府警公安三課は所轄の天満署・此花署・曽根崎署と一体となり、105関電前、1113ガレキ、129大阪駅前事件事後逮捕の一連の弾圧をつくりだしたのです。

 この裁判で問われているのは、まず第一に、この大阪府警の脱原発闘争つぶしの不当弾圧、人権侵害事件を、裁判所が容認するかどうかです。
 
第二は、全国の原発が停止の中で、唯一原発を稼働させた関西電力の犯罪性です。311福島原発事故は、ひとたび原発事故が起これば、膨大な人々の生命が長期にわたって危機にさらされることを示しました。原因究明のないままの再稼働は、再びいつ事故が起こるかわかりません。にもかかわらず関西電力は市民の安全よりも経営を優先し再稼働を行いました。また関電経営陣はあらゆる政治工作・地元買収に、私たちの払う電気料金から膨大な金を使っています。また関西電力は関電ビル前の公開空地での市民の表現活動を犯罪視し、ビデオ映像を撮り続け、これが今回の裁判でも証拠として提出されています。目をつけた人物には、その都度映像が大きくズームアップされるなど、公安警察との連携すら感じさせます。この関西電力に抗議が集中するのは当然です。
 
その上で、日本の全原発は昨年9月から半年以上停止しています。このことは電力会社などの「電力不足キャンペーン」は嘘で、電気は足りており、原発なしでも社会は回ることを示しています。311原発事故直後に電力不足キャンペーンで計画停電がありましたが、これこそ電力会社による脅迫行為で、必要なかったことは既に明白です。実は2012年夏には、節電キャンペーンで大阪地裁も公判を延期しています。裁判所が関電の虚偽の情報で、市民の裁判を受ける権利を停滞させたのです。裁判所は、これまでも地域住民の、生活と生存を求めた原発建設の差し止め訴訟を、電力会社の安全宣伝に加担して却下してきました。その責任は、福島原発事故後の今だからこそ、改めて問われていることを自覚すべきです。三番目には裁判所・裁判官自身も、原発稼働・再稼働を認めてきた社会的責任が、問われているということです。(つづく)

 

 

 

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

新藤総務大臣がまたもや「靖国戦犯参拝」

 戦争で命を落とした人を追悼してはいけないなどとは誰も言っていない。中国も韓国も朝鮮も、東南アジア・太平洋諸国も、欧米もロシアも。
 何度も言うが靖国神社にA級戦犯14人が昭和天皇も含む各界の反対を押し切って合祀されたのだ。戦没者墓地にヒットラーが合祀され、それをドイツ国民が参拝するのと同じだ
Hqdefault。ヒットラーと同等かそれ以上の侵略・植民地支配をしたのが日本。アジア3千万の犠牲者の遺族は1億人になんなんとする。

 その恨みの元である日本の戦犯を参拝するなど全世界の戦争被害者にとっては我慢できないことぐらい、総理大臣や・総務大臣はわからないのか。新藤大臣は、硫黄島を始め、あまたの若い命を太平洋に散らさせた栗林忠道中将の孫だそうだ。無謀な戦で残酷な死を同胞にもアジア人民にも強制した反省もないのであろう。こういう連中が政府の要職にある限り、日本は全世界から抗議を受け続けざるを得ない。「いつまで謝ったら済むのか?」と極右は言うが、こういう連中が日本の政治・経済・社会の中心に居座るうちは、ずっとだ! そして安倍首相と一緒に、若い命を戦場に散らさせる陰謀を続けているのくせに「悲しいことが二度と起こらないように参拝」とうそぶく厚顔無恥はどうしたら良いものか。歴史のくずかごしか行き先は無い。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

2014年4月13日 (日)

妨害のための妨害集団=「在特会」の大阪駅前妨害行動、燃料切れ

 毎週土曜日、大阪駅前で行われている辺野古に基地を絶対作らせない大阪行動は、多くの支援者も参加P1010782して、ビラまき・署名・カンパ活動として4月12日も行われた。そして昨年来執拗な妨害活動を行ってきた「在特会」らの登場は最近は燃料・エネルギー切れのようで、引き続き登場しているのはJR西日本の社員と、遠巻きに眺めているのが曽根崎警察・大阪府警だ。

 で、監視のJR社員に聞いてみた。「最近は彼らは妨害に来ていないが、いつまでこのようなことをするのですか」と。答えたのは「また来るかもしれないから、警戒してしているのです。」と。なんとまあ、ふざけた回答か。彼らの給料は私たちの支払う乗車料金から成り立っているはずなのに、いつあるともわからない彼らの妨害行動を警戒Img029_3して、10人からの職員が1時間半にわたって毎週警戒しているのだというう。時間給は3000円くらいだろうから、5000円×10人=5万円が毎週浪費されているわけだ。
 また大阪府警も歩道橋から監視を繰り返し、何かあれば介入しようとしている。ちょうど関電前で監視活動を行い、自ら事件を作り出し不当逮捕したように、大阪駅前でも執拗な介入を狙っているわけだ。
 このような警察・JR西日本・在特会の一体となった妨害を許さず、沖縄の問題は自分たちの問題であることを粘り強く訴えていこう。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

山本太郎議員が原発反対の質問主意書を紹介

Photo  脱原発を目指す自治体議員・住民の皆さんが政府に質問主意書を出した。その内容を山本太郎議員がホームページで紹介している。また、広瀬隆さんのホームページでも詳しく見ることができるので、一読願いたい。とにかく、原発を遮二無二に推進したい、安全確保に努めるとしか答えない鉄面皮な政府の答弁書に呆れるし、読んでいる途中で気分の悪くなる方続出間違いなしだ。しかし、一度は読んでおいたほうが良い。山本太郎議員は、ますます心配になった、と率直な感想を発表している。例えば2008年の宮城内陸地震では、活断層も指摘されていなかった海域で世界最高の揺れを起こす地震動があった(マグニチュード七・二、揺れの最大加速度四千二十二ガル。)つまり、活断層がないところでも、一瞬で原発を破棄する巨大地震が、この日本でいつ起こっても不思議でないというのだ。それも恐ろしいが、もっと怖いのがその危険にひたすら目をそむけて、原発再稼働や輸出を強行しようとする政府だ。
 これから何十万、何百万の大量殺人やるぞと宣言する凶悪犯と一緒に我々は暮らしているのだ。その
凶悪犯は一市民ではなく、総理大臣や電力会社トップなのだから、なお、タチが悪い。

4月11日付け日本政府の回答(要点)  
「ひじょ~に残念な答弁書でした。」
「全国の140名の地方議員および立地自治体に暮らす住民をないがしろにするような答弁」といわれても仕方ないレベルです。
    ─  山本太郎
Pn2013080601002493ci0003(参議院議員)ホームページより ※
全文は下記よりご覧下さい  
 ⇒原発再稼働に関する質問主意書 (原発立地自治体住民連合)
    http://taro-file.net/archives/5043280.html   ⇒答弁書    
https://drive.google.com/file/d/0BzVo_zyseXFcTjIyNzFicEZabDg/edit?usp=sharing  

 

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

2014年4月12日 (土)

安倍政権のなし崩しの原発回帰閣議決定を弾劾する

 昨日安倍政権は、なし崩しの原発回帰を骨子とする、エネルギー基本計画を閣議決定した。3年前の福島原発事故の収束の目途も一切たっていないのに(いまだ燃料棒の状態すらわからない)、また今後の事故が起こった際の避難計画もできていないにも関わらず、原発の再稼働を決めた。さらには無謀極まりない核燃料サイクルは推進すると言い、何一つ「成果」のない金食い虫=「もんじゅ」すら維持するという。どこまでも無責任で、人々の命を軽んじ、自由な資本の 活動(金儲け)のみ保障する、人類の歴史でも稀代の恥ずべき決定であることか。
 改めて問う。これがこれが原発事故を起こした国が再出発する指針なのか。
 既に列島の全原発が停止して7ヶ月になろうとする。人々は原発なしで過ごせることを実感をもって生活している。計Img028画停電もウソだった。政府・電力会社の言っていることは、全部ウソだった。困っているのは電力会社や原発製造メーカーや、原発立地の利権企業だけで、この国のごく一握りの人だけなのだ。
 改めてはっきりさせよう。原発なしでも社会は回るのだ。7割方の人々が反対しても原発が無くならないのは、政治システムがおかしいからなのだ。
 10万年後の子孫に禍根を残すことを平然と選択する安倍政権をこれ以上存続させるわけにはいかない。再稼働阻止の大衆的決起から、安倍政権の独裁的政治システムそのものも含めて、社会の仕組みのおかしさを作り変え、この社会を私たち自身の手に取り戻そう。
 フクシマ原発事故は終わっていない!再稼働は認められない!もう原発は動かすな!原発依存にしがみつく安倍を退場させ、この社会を作り変えよう!今行動の時だ!

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

靖国参拝差し止め訴訟に注目

Photo_2  一昨日、546人が大阪地裁に「安倍首相の靖国参拝差し止め」の訴訟を起 こした。公正な審理が行われ、参拝差し止め判決が出ることを切に望む。
 アジア諸国・ヨーロッパ諸国・アメリカの一部による靖国参拝批判は内政干渉だという反論がよく聞かれる。それは「強盗の居直り」だ。日本が起こしたアジア侵略により多大な被害がアジア太平洋諸国にもたらされた。極右の皆さん、よく聞きなさい。安倍首相を含め歴代首相や天皇はこれを認め、「痛切な反省と謝罪」を表明している。侵略と植民地支配の実相は東京裁判・中国での裁判を通じて、日本人の証言から明らかになっており、今更争う余地がない。
 今になって「いや日本は悪くない」「侵略・植民地支配で良いこともしてあげた」「日本は投資もした」などと居直ることは東京裁判・サンフランシスコ条約を受け入れ、日本国憲法を作っ
Photoたことで国際社会に受け入れられ、経済と社会の発展をした日本の軌跡を70年前に振り戻す事になる。アジアだけでなく、欧米も昨年末の安倍首相靖国参拝に「失望し」「怒っている」理由はそこにある。
 「いや、国に命を捧げた戦没者に哀悼の誠を尽くしただけ」というのも詭弁であり、通用しない言い訳だ。その答えは故・昭和天皇が出している。戦前は白馬に軍服でまたがり、軍国日本の最高指導者だった昭和天皇は神道の最高信徒みたいなものだから靖国参拝を2 戦後もしていた。ところが東条英機らA級戦犯が靖国に無理矢理合祀されたあと、ぷっつりと参拝しなくなった。安倍首相のおじいさま=岸信介が中国侵略の先頭を切って、大臣を勤めていたあの時代に散々利用されてそういう役をさせられた事への怒り、アジア数千万、同胞300万の命を奪うひどいことをした大日本帝国時代を許せなかったと推察できる。これは昭和天皇をかばいすぎかもしれないが好意的にみればそうなる。
 69年間の平和の努力を一気にぶち壊した安倍首相の靖国参拝は左右の垣根を越えて、こぞって批判し、今後止めさせなければならない。
 皇室一家がそれぞれの言葉で「平和憲法遵守」の意思を続々と明言していることを極右の皆さんも認識しなさい。
 新しい憲法で平和な日本の再出発を誓ったことをひっくり返す「戦犯参拝」は明らかに違憲だ。速やかな「差し止め判決」を切に望む。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

2014年4月11日 (金)

4月中旬の行動案内 秘密保護法・JR尼崎事故・Xバンド現地行動

 あまり紹介していなかった4月中旬の行動を紹介する。
 一つは、大阪弁護士会主催の秘密保護法廃止のためのシンポジューム。
 4月12日(土)13時半から、大阪弁護士会館(大阪地裁東隣)で。メインパネラーはジャーナリストで秘密保護法に反対の鳥越俊太郎氏で、知名度からすると、早めに行かなければ、満杯になる可能性がある。大阪弁護士会の集会はこれまでも何度も開かれてきたが、昨年成立以降の本格的集会で、運動を持続させImg026る意気込みが問われている。広く一般市民の参加も呼びかけているので、どしどし参加しよう。
 

 もちろんこの日も土曜日のため、JR大阪駅前では、15時半~17時、辺野古に基地を絶対作らせない大阪行動が行われている。集会後駆け足で大阪駅前行動に参加するのも一つの手だ。
 

  二つは、4月19日(土)のJR尼崎脱線事故9周年を考える4・19集会。
 毎年この時期になると、JR尼崎駅周辺にはJR西日本の新入社員を引率した黒ずくめ集団が徘徊する。なんでもJR尼崎事故の追悼・献花のためらしいが、その集団がいかにも形式的で、「自分たちはしっかり追悼しています」という儀式として集団献花をしていることがありありとわかり、傍若無人の態度も含め、駅で遭遇すると腹立たしい。事故から9年たつがJR西日本経営陣が反省しているなどとは到底思えない。たとえばJR大阪駅前でのビラまきへの職員への対応、また大阪駅構内に膨大な監視カメラを設置し通行人を監視している様など、何かあれば自分たちが悪くない、責任がないことを論証するために、これまで以上に膨大な資金を投入していることが判る。どこまでいっても一般社員や乗客Img027は監視対象=日勤教育対象なのだ。
 
 このJRのありようを告発し続け、生命と安全を守るためJR西日本内の心ある社員を先頭に毎年尼崎小田公民館で開かれているのが、この集会。講演と現場からの数々の訴えがある。野坂昭生さん・小西純一郎さんなどを呼びかけ人に、14時から小田公民館1階ホールで開かれる。

 4月20日(日)は、米軍Xバンドレーダー基地設置反対京丹後現地闘争。関西各地からバスが11時から16時ま運行され、建設予定地の経ケ岬すぐ近くの宇川地区・農業会館で現地集会が開かれる。京都にも沖縄にも、どこにも米軍基地はいらないの声を上げよう。

 また同じ日神戸では、11時から16時まで勤労会館大ホール(「三宮」東すぐ)で、「電力会社に頼らない生活はできる!」をメインテーマに、「神戸でんでんフェス」が開かれる。
 それぞれの闘いに、新たな仲間の参加を呼びかけながら、運動のすそ野を大きくしていこう。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

映画「60万回のトライ」を見に行きましょう

Cci20140411_0001  先ごろ、駅前の飲み屋街が丸焼けになり、今も西出口が閉鎖されたままの阪急・十三駅。この十三にある映画館「七藝」で上映中の映画をご紹介する。ソウルの若い女性映画監督・朴思柔(パク・サユ)さんが朝鮮高校ラグビー部に3年間密着取材した映画だ。毎年・東大阪の花園ラグビー場において年末年始「全国高校ラグビー大会」が行われる。ここに強豪校を倒して大阪府代表として10年来出場しているのが大阪朝鮮高校。この高校は国や自治体の教育援助もなく、校舎・グランドも狭く、親たちがお金を出し合う厳しい環境の中にある。それでいて、全国の強豪校と互角のラグビー を見せて、全国大会ベスト4を2回、ベスト8を4回記録し続けている奇跡のような学校なのだ。その大阪朝鮮高校生ラガーを、飾り気なく、宣伝でもなく、ニュートラルに描いた秀作となって公開中である。音楽は「あまちゃん」を担当した大友良英さん。
 東京では大好評。大阪ではまずまずの入りと
Cci20140411か。そして神戸でも上映されることになっている。ラグビー関係者もたくさん見に行っている。対戦校の部員が見に行って感動して涙を流したらしい。そして「この学校にぼくらが負けた理由が初めてわかった!」と語ったそうだ。
 多言は無用。ぜひ、時間を作って
見に行かれたい。本日は大阪・十三のスケジュールをまず紹介する。

4月5日(土)~11日(金)  11:50

4月12日(土)~18日(金)  14:50

4月19日(土)~25日(金)  17:10

4月26日(土)~5月2日(金) 19:0

阪急十三駅下車 東口を降りて、地下道をくぐり、西側へ。

十三サカエマチ商店街を西へ。駅から徒歩3分

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

2014年4月10日 (木)

集団的自衛権反対東京5千人集会続報

 昨日紹介した集会の様子が読者から寄せられたので大江健三郎さんの発言を再度紹介させていただく。詳しくは下線入りの文字のところをクリックして読んで欲しい。886735p

「平和主義・民主主義」の時代精神守ろう!~大江健三郎氏「示威行動」を呼び かけ http://www.labornetjp.org/image/2014/0408-13 東京・日比谷野音で開かれた「解釈で憲法9条を壊すな!4・8大集会」に登壇した大 江健三郎さん。たった10分の演説だったが、ことのほか熱がこもったもの だった。「100年前に夏目漱石がデモンストレーションという英語を“示威行動”と 翻訳している」と前置きしたあと、「明治時代のあと1947年に新しい憲法ができて “戦争をしない・民主主義を守る”ということが新しい時代の精神となった。私の人 生にも重なるが、以来私たちはこの精神で67年間やってきた」「それを安倍政権は民主的方法でなく、いきなりぶっ壊して戦争ができる国に変えようとしている。平和主義・民主主義の原理がかつてない危機を迎えている。それに対して私たちが出来ることはなにか。それはデモンストレーション、示威行動しかない。しっかりやりましょ う!」。(M) → <http://youtu.be/EP0HHWZMBAM> 動画(大江健三郎発言 10分) ↓会場の外まで人があふれた。計5000人が結集。 http://www.labornetjp.org/image/2014/0408-15 http://www.labornetjp.org/image/2014/0408-11 http://www.labornetjp.org/image/2014/0408-12 http://www.labornetjp.org/image/2014/0408-14 <http://www3.nhk.or.jp/news/index.html>
NHKニュース 大江さんら集団的自衛権 容認に反対集会  1392952481_293x350           2014年(平成26年)4月9日[水曜日] 4時05分 大江さんら集団的自衛権容認に反対集会 集団的自衛権の行使容認に反対する集会が都内で開かれ、参加者たちは「行使を容認 すれば憲法9条という最高のブランドが消滅する」などと訴えました。 8日夜、開かれた集会には、作家の大江健三郎さんや弁護士や研究者など主催者の発 表で、およそ5000人が参加しました。 この中で、安倍総理大臣が意欲を示している集団的自衛権の行使を容認するための憲 法解釈の変更について、日弁連の憲法委員会で副委員長を務める伊藤真弁護士は、 「憲法9条は、経済や文化を超えて世界に誇れる最高のブランドだ。集団的自衛権を 例え限定
Photo_3的でも容認してしまえばこのブランドが消滅する」などと呼びかけました。 また、憲法が専門で日本体育大学の清水雅彦教授は、「集団的自衛権の行使容認は、 憲法を時の政権の解釈によって事実上、変更するもので、法で支配されるべき国を人 が支配する野蛮な国に変えてしまうことにほかならない」と訴えました。 参加した30代の男性は、「安倍総理には、もっと私たちの声に耳を傾けてほしい し、国民に信を問わずに変えることだけはやめてもらいたい」と話していました。


大江さんのお話を聞きに、

11月24日は「いたみホール」へ!!

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

2014年4月 9日 (水)

竪川弾圧・園良太さんへの終わりなき弾圧を許すな!

 東京の若手脱原発活動家として知られる園良太さんへの「終わりなき弾圧」が続いている。園さんは2・9竪川弾圧の被告としても知られてきたが、この弾圧は地裁・高裁で不当判決が続き、ひとまず終了しているにもかかわらず、江東区役所職員が負傷したとして、その治療費を「基金」から支出し、その「基金」が今度は園さんに「損害賠償」請求してきたのである。10・5関電前弾圧なら、負傷したと称する影山が治療費を被告に請求するようなもので(もっともAさんには無罪が出ているが)、前代未聞の暴挙と言わざるを得ない。  これに対し抗議声明が出され、署名運動が始まっている。4月26日(土)を締切に、個人・団体賛同を、solfeb9@gmail.com に集中しよう。
  呼びかけは、稲葉菜々子(茨城大)、上杉崇子(弁護士)、鵜飼哲(一橋大)、大口昭彦(弁護士)、川村理(弁護士)、下地真樹(阪南大)、山中幸男(救援連絡センター)、2・9竪川弾圧救援会

 なお、園良太さんは、麻生邸ツアーなどでも弾圧を受け、その後2・9竪川弾圧で起訴され、首都圏で最も公安警察から狙われてきた人物。このため関西での脱原発闘争への弾圧にもいち早く反応してくれ、全国に救援を呼びかけた人だ。三一書房から発行されている『ボクが東電前に立ったわけ 3・11原発事故に怒る若者たち』の著者でもある1。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

集団的自衛権容認に反対し、東京で5000人集会 大江健三郎さんアピール

     Img025_4                                                       昨日東京日比谷野外音楽堂で、集団的自衛権の容認に反対する集会が5000人規模で開催された。安倍政権の「戦争をする国つくり」の一つの決戦としての集団的自衛権の問題がいよいよ焦点化しようとしている。このことに対する危機感から100を超える市民団体がよびかけて、大結集したもの。
 

 集会では大江健三郎さんらが、アピール。とくに大江さんは、憲法世代・戦後民主主義世代の旗手として、「夏目漱石がデモンストレーションを示威行動と訳した」事実を紹介しながら、民主主義の破壊と憲法改悪=戦争への道にたいしては、今こそ示威行動が必要だと、集会・デモへの積極的参加を訴えた。
 間もなく80歳になる大江さんは、1960年以降小説を書きながらも、政治的発言も節々で行ってきたが、第一次安倍政権の改憲攻撃と、2011年3・11以降は、憲法改悪と原発=核の廃絶のためにも積極的に発言・行動してきた。この大江さんを先頭に、世代をこえて、戦争への道を阻止する行動に立ち上Photo_3がっていこう。
 大江さんの発言は、「レーバーネット日本」のページを検索ください。
 

 なお、大江さんが発言する集会は、東京ではそこそこあるようですが、関西ではめったにありません。まだ先ですが、11月24日(月・休)に、いたみホールでの集会で約1時間の講演が行われます。今から楽しみにしていてください。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

いつも御愛読ありがとうございます。このところ、おそらく過去最高の応援を頂いていることに感謝します。皆さまからも、良い記事をぜひお寄せください。

恥の上塗り=橋下「愛人の勧め」暴言

Photo  近頃おとなしいというか、誰からも相手にされないという時に必ずやると確信していた「橋下暴言」が炸裂した。大阪市内の高層マンションに愛人をかこうことを橋下市長が勧める暴言をまた行ったのである。人気を得るために暴言と言うのも許せないが、内容的にも天人共怒とはこの事だ。多言を要しない。女性だけでなく男性も怒るべき発言。この「勧め」で解決できる課題Photo_2_2は 無いし、男女共同参画の努力をぶっ飛ばして大阪市の発展という発想自体が許せないことである。来年春に改選を迎える維新府議・市議 たちと一緒に、政治の場から消え去るよう願うし、消えさせるよう、万全の努力を我々がするべきだろう。彼らが躍進したために激減した民主党議員・候補の落選者たちは特に今、総力で立ち上がる必要がある。他の党派の議員は頑張るだろうが、来年入れ替われるよう、たたかわなくては維新の議員と橋下を消し去ることが全然できないのだ。なのに・・・

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

いつも御愛読ありがとうございます。このところ、おそらく過去最高の応援を頂いていることに感謝します。皆さまからも、良い記事をぜひお寄せください。

2014年4月 8日 (火)

4/6秘密法ロックアクション写真集 一挙公開

いつも御愛読ありがとうございます。下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

集会の模様
P4067686 P4067688






ロックアクション1600+
平和人権センター2400=
合わせて4000人が扇町公園に参加


P4067696帯労組の特大プラカード

本気度2000%の力作








P4067691ライブペインティング

のべ20人ほどが協力し、
会場前で
約2時間かけて
完成させた。




全港湾大阪支部山元委員長のアピール
P4067695











辺野古米軍新基地建設
P4067690

反対意見広告のノボリも






阪神間
若手自治体議員のホープ
北上哲仁・川西市議会議員
P40676942









尼崎市からは武庫川ユニオンの旗も

P4067701

 





  












満開の桜と青空の中を

元気よくデモパレード出発P4067704

 P4067705_2

P4067682

P4067677

P4067679














すっかりおなじみになった関大校友連絡会の
頼もしい  人生の先輩方

連帯労組宣伝カーの勇姿   「日の君」グループも

P4067708 P4067706

いつも御愛読ありがとうございます。 

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

2014年4月 7日 (月)

下村文科大臣が「北海道の学力低下は教職員組合のせい」と妄言

 

下村氏は安倍首相の極右友達である。極右は何の根拠もなくデマを信じ、流布し、政策に無理やり反映させようとする性癖がある。下村氏のデマ癖はすごい。「EM菌」を「放射能除去能力がある」と言った。幸福の科学のデタラメ映画「ファイナルジャッジメント」を鑑賞して絶賛した。(その功績で幸福の科学信者から大層ほめられた。) 発達障害・適応障害は親の教育環境が原因と決め付ける「親学」の強烈な信者だ。外国のオカルト教祖が来日した時に絶賛した。こういう人物が文部科学を司Photoる政府機構のトップになっってしまった。第一にやった仕事は、朝鮮学校の子どもと親と教師を迫害すること。そして、昨日決定的なデマ流布をやってのけた。北海道の子どもたちの学力・体力の低下の原因が北海道教職員組合にあると妄言したのだ。極右が、そして極右を信じ込んだ一部国民が教育の低下は日教組のせいだと、無根拠に言うものだから、この文部非科学大臣(あるいは幸福科学大臣)はこういう妄言を平気で吐くのである。教育を握っているのは教職員組合ではない。文部省=文部科学省だ。問題があるとすれば一義的に責任があるのは下村さん、あなたではないか! この人の大臣寿命は長くない(ような気がする)

 極右だけあって、「従軍慰安婦に日本軍の関与はない」「日本軍が悪いことをしたというのはマルクスレーニン主義の自虐史観による日教組の教育」などの妄言歴も多い。マルクスレーニン主義に「自虐史観」の項目は無いぞ!

最近では沖縄の竹富町に極右教科書を使わせようと躍起になっている。

いつも御愛読ありがとうございます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

]

2014年4月 6日 (日)

寒さ吹きとばし、秘密法廃止求め4000人が集会・デモ

 秘密保護法の廃止を求める6の日行動=ロックアクションが定着する中、4月6日は労働組合なども参加する大集会が大阪・扇町公園で開かれた。本集会に先だったロックアクションの集会は、山下慶喜茨木市議の主催者あいさつのあと、ロックアクションの難波さんの司会で、有名・無名(?)のロック・ミュージシャンの演奏パフォーマンスが続いた。報告としては大阪弁護士会の太田健義弁護士、全港湾山元委員長、北上川西市議などから、それぞれ秘密保護法廃止に向け、闘いの報告やこれからの課題が語られた。
 15時半からは本集会が始まり、主催団体の一つである立憲フォーラムの横路孝弘前衆議院議長や辻元清美衆議院議員から挨拶をうけ、平和フォーラムからも廃止に向けての決意が語られた。ロックアクションを代表しては、服部良一さんが、毎月の行動をもり上げ廃止に追いこもうと訴えれた。Img022_2
 デモ行進は二コースに分かれ、ロックアクションは梅新から西梅田公園まで、終始戦闘的なコールの続くデモ行進で、道行く人々の注目を集めた。
 
 これに先立ち、関西の各地で行動が取り組まれた。とくに北摂6市の行動は、11時に豊中・箕面・池田・川西・宝塚・伊丹で独自行動を行った市民が池田に集まり、多彩なプラカード、ミニフラッグがもたれ、カラフルないでたちで、川西までパレードを行った。
 秘密保護法の廃止を求める声として、本日の朝日新聞朝刊にあるように、全国108の議会で意見書が上がっている。成立後にも決議・意見書がこんなに多く上がるのはかつてないことで、今年いっぱいの運動の力で、施行をストップさせ、秘密法の廃止をかちとっていこう。
 なお、あまり言いたくないが、本集会の一部発言は、労組動員に依存した旧来の運動のあり方をひきずるもので、3・11以降の新しい社会運動とは無縁で、決して新しい活力になるとは思えなかった。こういうスタイルが、労組・政党の影響力の低下を招いたことを、少しは反省してほしい、と思うのは私だけであろうか。

いつも御愛読ありがとうございます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

]

辺野古米軍基地建設やめさせる意見広告運動第5期

 普天間基地の即時閉鎖さIkenkoukoku_4th_lせ、辺野古への米軍新基地建設を阻止するための意見広告運動が五年目の活動として力強く展開されている。中国・四国地方へのオスプレイ飛行阻止を訴えるキャラバン行動も次々と実施されているがその活動を詳細に報告する力作ブログが作られている。まだまだその存在も知らない人が多い。ぜひご覧いただきたい。そして意見広告費集めも大詰めに来ているのでこちらへの参加も呼びかける。当ブログへ申し込んでいただいても良いので、ぜひともご協力いただくよう呼びかける。http://www.okinawaiken.org/1396/

写真は、昨年掲載された意見広告記事。


いつも御愛読ありがとうございます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

]

2014年4月 5日 (土)

いよいよ明日はロックアクション 大阪・扇町公園へ!

 秘密保護法の廃止を求めるロックアクションが1月から毎月6の日に行われてきたが、明日4月6日は、これまでの闘いの上に、本当に秘密保護法を稼働させず、法律そのものを廃止にもち込み、あわせて安倍政権の「戦争国家づくり」にストップをかけられるかどうかをめぐっての分岐点になる日だ。Img021ロックアクションを呼びかけた前衆議院議員の服部良一さんは、この日の行動の盛り上がりが今後の運動の帰趨を決めると、あらゆる団体・個人の総結集を呼びかけている。
 13時半からの前段集会・アピールには多くのバンドも参加し賑やかに秘密保護法廃止が訴えられる。15時半からの本集会では、共催団体の大阪平和人権センターと立憲フォーラムも参加し、横路孝弘前衆議院議長や、辻元清美衆議院議員も参加し発言する。辻元清美氏については違和感のある人も多いのは事実だろうが(民主党右派の代表的人物=前原元外相と近いなど)、しかしここは秘密法廃止を国会でも頑張ってもらわねばならず、安倍打倒の共同戦線から彼女が裏切らないようにするのも、われわれの課題と言わねばならない。要は、市民運動・大衆運動が主力で、議員はその槍の穂先であることを全体で確認しながら、本当に安倍を倒す力を形成していくことにある。
  さてこの集会に先立ち、既に知らせているが、北摂6市(豊中・池田・箕面・川西・宝塚・伊丹)ではワンデイアクションが行われ、終わってから扇町公園に結集となる。それぞれ各市の阪急のターミナルに10時に集合し、ビラまきなどの活動を始める。
 また尼崎でも「秘密蜜保護法の廃止を求める尼崎アクション」も行動を開始した。5日にJR尼崎駅前でビラまきを行ったが受け取り反応は上々で、6日は11時に阪急Photo塚口南でビラをまき、そのあと扇町公園に向かう。
 西宮では毎月行われているピースネットが、4月はこの日にあわせ、11時15分からJR西宮駅でビラをまき、終了後大阪へ向かう。
 このように各地でさまざまな取り組みが草の根のように起こるとともに、ある時点ではその全体の力を結集し、社会的・政治的な力へと結実させていくことが必要だ。また昨今は「河野談話見直し」などと称して、「幸福実現党」が各地でデマビラを撒いているが、駅前をこのような極右・ファシスト団体に制圧させてはならない。
 天気が心配されるが、寒さを吹き飛ばす熱い志で、4・6ロックアクションを成功させよう。

いつも御愛読ありがとうございます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

]

今年の満開の桜を見ずに逝った沢貞安さん

 竹内まりやの名曲に『人生の扉』がある。世代を積み重ねるうちに、時や自然の移ろいをいとおしく思い、あと何回見ることになるかを考えるというものだ。その2番の初めは「満開の桜や、色づく山の紅葉を、この先いったい何度、見ることになるのだろう」である。桜の命は短く、満開から緑の青葉がのぞくようになった。
 この満開の桜を見ずに、この春に黄泉路に旅立った人がいる(と言っても本人は花見など世俗的なことは嫌いだったが)。沢貞安さん(元神戸反戦事務局長、69年関西反戦被告団長)。兵庫高校から60年安保闘争を三重大で闘い、68年から神戸反戦事務局長、6931神戸大「リンチ」事件で知られ、6911月決戦で逮捕され71年に保釈となる。その後75年頃に運動世界から離れるが、革共同関西での2006314決起には支持を表明し、その後の歩みを暖かく見つめてくれていた。享年72歳、もう少し運動を見守っていてほしかった。

 筆者との付き合いは、69年夏ごろから数年。その後は会ってなかったが、最近筆者の書いた文章などに、常日頃は辛口なのだが、年をとったのか丸くなり暖かいコメントを加えてくれていたと聞く。69年に何回か集会に行くうちに、兵庫区小部大東の住所の彼の名で手紙が届くようになった。「スカイブルーの神戸反戦のもとに集まれ!」と。直接会うのは保釈後からだが、70年初夏の浦和地裁選挙闘争支持共闘結成時の、獄中からの熱いメッセージを今でも鮮明に覚えている。直接運動の指導を受けたわけではないが、大所高所からアドバイスしてくれ、「あだ名」も含め、いろんな出来事が記憶に残っている。
 彼のことを語るには、60年代末の反戦青年委員会運動の総括に深くかかわる。当時全共闘とならんで反戦青年委運動が全国的に大きく影響力を持ち始める。その中でも職場か街頭かなど激しい論争が続く。68年秋以降の革共同(中核派)は、6911月決戦に向かって、白ヘル反戦・党派反戦に大きく傾斜。この時神戸反戦事務局長として登場し、11月決戦の関西被告団長となる中に彼の存在が示されている。この党派反戦移行に対して、竹中明夫関西地方委議長は反対を唱え、革共同から排除されていく。
   75年ころに運動界から離れた事情は知らないが、対カクマル戦争と、そのもとでの運動・組織づくりをめぐってであることは想像に難くない(単純に賛成・反対という次元を超えて)。これも含め、要するに67108羽田闘争から75年に至る過程を今日的にどう総括するか、ということになるのだろう。彼自身は二度と運動には首はつっこまなかったが、自己総括も含め膨大な書籍を読み漁っていたと聞く。
  3月下旬のある日、49日の納骨ということで、何人かに交って私も初めて小部大東の実家を訪ねた。今は北区の小高い地で、古風な趣が残り、幕末期なら豪農・庄屋からの志士が生れそうに思えた。弟さんは神戸の事務所を訪ねたと語ってくれ、運動の話にもなり、高校の同級生は盛んに「彼は硬派だった」と語り、みんなは「下駄をはいてのステッカー貼り」を思い出し、膨大な蔵書のことも話題になった。 2012年末の吉岡さんと言い、今春の沢さんといい、まぎれもなく一時代を切り開いた革命家であった。志は半ばだが、私たちは彼らの思いを受け継ぎ、彼らは私たちを暖かく見守っていてくれると思う。(K・M)

いつも御愛読ありがとうございます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

]

2014年4月 4日 (金)

拘置所なう(3)

 このように、24時間監視の自由を奪われた身ながら、考えようによっては3食・昼寝付きで、時間をまったく自由に使えるのは拘置所ならではの生活だ(刑務所では作業がはいる)。で、ここぞとばかりに読書・学習に励むことができる。差し入れによる本・雑誌から、購読できる新聞・週刊誌もあり、たまった新聞は30センチ長の定規が買えるので、それを使い切り抜きもできる。またノート・ボールペンの購入も自由で、6年ほど収監されていたある弁護士は60冊のノートを作ったという。こうした精神的自由の場に立てば、ライトが灯っている時間は7時半から21時まで13時間半あるので、結構勉強に時間が取れるわけだ。
 
 もう一つの楽しみは食べる事だが、食事は本当に不味い。朝は、ふりかけ・小魚・味噌汁が大半。昼と夜は、カレーなどもたまにあるが、レトルトのハンバーグやおでん(これが本当に不味い)が大半で、最初は体力維持と思って食べるが、数カ月たつと本当に嫌になる。で、食べる楽しみは、コーヒーやドーナッツやお菓子が買えるのでそれに依存することになる。あと嬉しいのは、差し入れの果物などだ。といっても多種類あるわけではなく、ミカンやオレンジ、ゼリーなど。果物は季節もので、冬場を過ぎてもオレンジが差し入れられると、思わず嬉しくなる。お菓子は塩ケンピやチョコレートなど駄菓子の類い。肥えない程度に空腹を紛らわしながら食べることになる。

 新聞やノートなどの購入は、毎日1回の「願せん」に記入する。この「願せん」というのが拘置所の最大のしきたりで、何を買うにもすべてお上に「お願い」し、許可を得てから初めて支給されるわけだ。支給は午前10時ころ。するのは房担当の刑務官ではなく既決囚で、彼らが洗濯(一日3点)も散髪(2か月に1度)もしてくれる。いわば刑務官の補助役で、彼らから刑務官は「先生」と呼ばれている。他に刑務官は手紙の回収(午前・午後)、面会に連れていく係、風呂の監視係、運動の監視係(彼らが大声で一番威圧的な職員)、面会の立会人など、職種ごとに分かれているが、彼らも収容されている人間と同様「塀の中の生活」を毎日送るわけで、国家公務員(法務省職員)ながらただただ、圧倒的優位の立場から「人の監視」をするだけで、潰しの利かない(他の職業はまず勤まらないだろう)実につまらない「仕事」にほかない。ここらはホリエモンが『刑務所なう』で、パソコンや出獄まじかの囚人を活用すれば、はるかに人員が削減できると書いているが、彼らしい発想だろう。
 
 要するに、つまるところ、監視対象の人間の人権抑圧に応じて、そこに働く人間の待遇・人権意Photo識も規定されるわけで、人を人とも思わない圧倒的多数の刑務官にはその程度の職場環境しか与えられないのかもしれない。ただ一人だけ体のことを心配し、塗り薬をいろいろ考えてくれ、番号ではなく氏名で呼んでくれた刑務官がいた。どのような権力機構でも、人権意識を持ち合わせる人はいなくもないわけで、それはこの項の最後に記しておきたい。

 また、この獄中生活で励みになり心の支えになるのは、狭山の石川一雄さんの短歌。とりわけ「冬に耐え、春に燃え立つあれ草の、根強き力、われも学ばん」は、本当に実感のこもった歌で、窓ごしに見える雑草の日一日と芽吹いていく姿を見ながら、自己を石川さんになぞらえて、何度も何度も復唱した。
 その石川さんの再審を求める闘いも、いまが正念場だ。5日には芦屋で市民交流会がある。

いつも御愛読ありがとうございます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

]


 [m1]

2014年4月 3日 (木)

拘置所なう(2)

Photo  通例拘置所は既決囚のいる刑務所と違い、未決囚の施設と思いがちだが、袴田さんが収容されていたのは東京拘置所で、昨年2月小林死刑囚に刑が執行されたのは大阪拘置所である。ということで、2000人規模の収容をほこる巨大施設・大阪拘置所を見ていきたい。大拘は都島区の大川沿いにあり、周囲を何重にも囲まれていて、薄暗い廊下と居住空間しか移動しないので、中にいるとどのような造になっているかわかりにくい。ただおおむね国という字と思えばよい。つまり回りを建物(管理棟)で囲まれ、その中に三の字のような居住施設があり、その真ん中に南北に廊下があるということだ。
 拘置所は基本的に未決囚の施設だが、そこに収8d3230c115d4fb00e69bb4552bddaf14 容されている人(判決が下ってない)の人権は徹底的に無視し、ただただ従順にお上に逆らわない人間を作り上げる収容所である。まず、収容にあたり身体検査を受けるが、丸裸にされる。若い女性など屈辱以外の何物でもない。大拘ではこの時だけだが、いくつかの刑務所では、作業から帰るときに丸裸の身体検査がまだ残っているという。収容者には人権などなく、ただひたすら従順であれ、ということだろう。
 身体検査が終わると、収容者に番号が振られる。2145番などというように、以後は朝夕の点呼や面会時など名前ではなく、番号で呼ばれる。とはいえ差し入れの物品確認など名前でするわけだから、何ともちぐはぐではある。大声でどなり散らすように番号確認をし、人権意識を摩耗させるのだ。
 居住空間は、独居(個人室)と、雑居(共同室、6人くらい)に分かれる。独居は前回のイメージ図どおりなのだが、図ではトイレを含めると4帖のようだが、実際は畳の部分は2帖で、ここに布団を敷いて寝る。布団はシーツのない典型的なせんべい布団で、毛布は3枚あるが暖かくはない。ここで本当に薄っぺらの座布団をしき、座ったまま一日を過ごす。今一つ大阪拘置所の最大の難点は、「冬は冷房、夏は暖房と」言われるほどで、冬には手袋をしてなければならないほど寒く、本当に住環境は悪い。
 一日の時間配分は、イメージ図のようで、間に面会や運動や風呂がある。面会は30分のなだが実際は10分そこそこ。唯一社会との窓口で、ほかに人と話すことは無いので、この時間を勝手に制限(面会室の不足など)は許されない。接見禁止が7ヶ月ついたAさんは、すっかり言葉を忘れてしまったと言っていた。袴田さんは48年、家族に月1回の面会だったが、最後の3年半はその家族にも会わなかったという。アメリカの刑務所などはアクリル板越しの面会ではなく、同じ部屋で家族とも会うことも出来るようだが、この国の刑務所・拘置所はどこまでも、収容者を犯罪人として懲らしめるためにあるようだ。(つづく)

いつも御愛読ありがとうございます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

市民発電所、続々

 阪神間では宝塚すみれ発電所(1号機=宝塚市西谷・2号機=宝塚市大林寺)、尼崎・尼っ子発電所(1号機=尼崎市園田苑・2号機=善法寺保育園)がある。いずれも太陽光パネルをたDsc_75821くさん設置して発電して余剰分を関電に売っている。宝塚などは日照の多い5月は5万円以上も売電収入があるし、尼崎のほうも年間で10万程になるようだ。設置している保育園や福祉施設の電力をまかなっているから相当な発電量になる。いずれにしても「やる気になれば脱原発は可能」を、両市民の努力が証明している。政府、電力会社は九州の川内、四国の伊方、関電の大飯・美浜を手始めに原発再稼働を狙っているが、数百万円の投資で安全な発電ができるのであり、太陽光・地熱・風力・水力・波浪など、無尽蔵の自然エネルギーを活用すれば危険極まる原発は不要だ。断言する。忘れそうになるが今も日本は脱原発の状態が半年以上続いている。何の問題もない。


いつも御愛読ありがとうございます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

2014年4月 2日 (水)

消費増税開始は安倍独裁政治の終わりの始まり

Photo_3  Photo_2

(オードリー・ヘプバーン、グレゴリー・ペック主演「ローマの休日」で有名になった、イタリア・アッシジの「真実の口」

昨日、色々な値段表が切り替わった。 3%きっかり上がっているものから、便乗値上げしているものまで様々だ。景気が上がって、踏み切っても大丈夫という前提が実現されたかという検証も結局ないままの増税見切り発車という他ない。希に自社で増税分もかぶろうという会社、かぶらざるを得ない会社もある。一斉値上げに加わらず、逆に30円値下げした「すき家」に行ってみた。平日の2時頃というのに、満席である。「賃金も景気もあがっている、増税されても大丈夫」との生活実感は皆無なのだ。たとえ30円でも節約して生活を守ろうとするのが一般市民の生活実態。増税前セールの反動でこれからやってくる増税不況は、勤労者には生活破壊を、増税分をかぶった企業の勤労者には労働強化を、価格転嫁した企業には買い控え不況をもたらすのではないか? 心配が過ぎると言う方があるかもしれないが、当ブログの見立ては相当数的中してしまう事が多い。わるい事柄は特Photoに、よく当たる。3%増税は、安倍政治の終わりの始まりに必ずなるだろう。しかも増税分を社会保障に使うというのが真っ赤な嘘。福祉や教育は削り、アメリカの戦争政策協力と大企業への利益を生み出すために使うに決まっている。市民生活と平和を守るため安倍政治は終わりにしなければならない。
 日本共産党に近い
しんふじんという新聞に載った大傑作漫画をご紹介する。フェイスブックで「かくさんして下さい」とあったので。 気に入った人は購読してあげて欲しい。

いつも御愛読ありがとうございます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

2014年4月 1日 (火)

拘置所なう(1)

 無実の死刑囚・袴田巌さんの再審が決まり釈放された。しかし検察は即時抗告を行い、今は自由の身とはいえ、高裁の判断段階にある。48年の長きにわたり、無実の人間を獄に閉じ込め、毎日毎日死刑執行の恐怖を味あわせてきたこの国の司法行政に、改めて再考を促していかなくてはならない。死刑制度や、自白強要の取り調べ、人権無視の拘置制度などに批判が集まっている。刑務所についてはホリエモンの『刑務所なう』という本があるので、当ブログでは、警察の留置所と大阪拘置所の実態を暴露していきたい。
 
 周知のとおり、逮捕されれば起訴になるかどうか23日間、通常警察の留置所に入れられ、警Img019_412察・検察の取り調べを受け、23日で起訴かどうか決まる。しかしこの23日というのが諸外国に比して異常に長い(アメリカではヤクルトの選手の起訴までは数日だった)。この過程で、本来なら拘置所に移り、警察は拘置所に赴いて調べを行わなくてはならないのだが、警察の留置所で自白強要の取り調べが執拗に行われる。袴田事件では一日平均12時間の取り調べが昼夜を問わず行われ、この苦しみから逃れるため袴田さんは「自供」してしまう。警察の留置所に入ったことのある人はそこそこいるので、留置所の実態は今回はあまり触れない。
 
 
つづいて起訴されると、大阪では都島にある大阪拘置所に、兵庫では鵯越にある神戸拘置所に移る。ここで裁判に向け準備が始まり、また保釈申請も行われる。

 
 実は先般の朝日新聞に載った拘置所のイメージ図、というのがあるが、これは大阪拘置所の独房とも全く同じ構造だ。ここで24時間監視のもと、拘束生活が続くことになる。


いつも御愛読ありがとうございます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

 

 

第5回宝塚保養キャンプ、無事終了

 当センターもImg017_411協力している「宝塚保養キャンプ」が今年も3月22日から1週間行われ、無事終了したとの知らせが届いた。放射能に苦しむ福島の子どもたちの心と体の保養のために、有志で始めた運動だが、これで5回目になった。今回は福島・栃木から、子ども11名・保護者2名の参加で、これを担うスタッフはだんだん若い世代が多くなり、子どもたちとも楽しく1週間を過ごしたようだ。これからも保養キャンプが続き、フクシマ支援と放射能との闘いが持続していくことを願いたい。

いつも御愛読ありがとうございます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

4月・5月の3つの裁判

 4月、5月に大阪地裁・高裁で三つの裁判が開かれる。
 一つは、昨年8月26日に大阪地裁で無罪判決が出ている、10・5関電前弾圧Aさん控訴審だ。新証拠もなく、控訴自体が問題なのだが、検察は公安事件での無罪など認められないと、無理やり控訴。この4月21日(月)に第1回公判が、10時半から大阪地裁・高裁201大法廷で開かれる。弁護士は一審の太田・増田弁護士コンビで、検察・裁判所一体の無罪転覆を許さないため、全力をあげている。傍聴参加を訴えたい。
 つづいて、4月28日(月)は、いよいよ10・5事後弾圧Mtさんの判決公判。この公判でも影山警部の証言のデタラメさが随所にあばかれ、(タクシー越しに見えた。倒し方は巴投げ→逆時計回りにひねった。ミラーを1分にわたりグリグリひねり壊した。などなど)、公務執行妨害も器物損壊も存在しないのは明らか。14時、1004号法廷。13時45分から裁判所正面玄関で抽選が行われる。ぜひ傍聴を。
 
 

 さらに、5月1日(木)、2日(金)、7日(水)には、大阪駅前での街頭宣伝行動を犯罪行為とする「言論・表現の自由」を全面的に禁圧する大阪駅前ビラまき弾圧の公判が開かれる。午前10時から17時までのロングラン公判だが、傍聴席を埋め、弾圧を裁判所が追認することのないよう監視していこう。
 この裁判に先立ち、4Img018月26日には、「大阪駅前でビラをまいたら罪ですか?4・26集会」が、18時半からエルおおさか709で開かれる。ここにはこの間関西各地で弾圧を受けてきた当該や、大駅前で現在も妨害をはねのけ街頭宣伝を行っている団体も参加し、それぞれアピールを行う。
 裁判は、傍聴のためには職場を休まねばならず、また敵側が強大な国家権力を背景に、有罪にするためあらゆる力を行使してくる。被弾圧者は、この弾圧の不当性を訴えながら、広範な人民の危機感とつながり、勝利していかなくてはならない。大変な闘いだが、弾圧をはねのけ、団結を強め、前進していこう。

いつも御愛読ありがとうございます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

 

 

 

« 2014年3月 | トップページ | 2014年5月 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
フォト
無料ブログはココログ