« 友人ブログの紹介ー坂本重雄(希望・豊かさ・安心の高知県政を) | トップページ | 韓国船沈没への日本からの聞くに堪えない罵声の数々 »

2014年4月20日 (日)

尼崎事故9周年集会開かれる

 尼崎脱線事故かPhoto_5ら間もなく9年になるが、4月19日に事故現場最寄りの尼崎小田公民館で、「ノーモア尼崎事故 生命と安全を守る4・19集会」が開かれた。

 集会は国労組合員の司会で、支援する会の主催者挨拶、国労兵庫の基調提案ののち、鉄道安全研究会の地脇聖考氏の講演が行われた。
 地脇さんは昨今のJR北海道の事故や元社長の自殺などが、分割民営化で最も経営的に困難に追いこまれた中での、安全軽視の結果だとあらゆる数字を引いて説明した。このことはJR北海道にとどまらず、JR九州や四国も同じ傾向にあり、分割民営化が本州三会社以外生き延びられず、また本P1010791_419州のなかでも西日本が追い詰められていたことも分析した。
 こうして本来公共交通の果たすべき役目が、新自由主義攻撃の中で、利益第一・安全軽視になっていることは、大阪市交通局の民営化攻撃なども含めて今日も続いており、JR尼崎事故を再び起こさないというなら、この道を拒否しなければならないと説いた。

 つづいて参加の労組や尼崎事故被害者遺族から発言が続いた。JALの労働者は間もなく高裁判決が迫る中で、絶対に負けられないと訴え、大阪市交通局のバス労働者は、橋下に屈服する組合執行部をのりこえる、公共交通の使命を果たすP1010795_4194当たり前の労働者の闘いが始まっていることを力強く訴えた。
 また遺族の藤崎さんは、裁判での経営陣の無罪への怒りと悔しさを、「人を殺せば犯罪だが、組織・会社は107人も殺しても誰も罪に問われない」と弾劾した。その上で組織の犯罪を刑法に書き込ませる「組織罰の会」の運動が進んでいることを報告し、必ずJR西日本経営陣に責任を取らせることを訴えた。
 集会ののち、久々知の踏切の現場までデモ行進を行い、献花を行った。

下の赤マークを強く押してくださいませ。

おかげさまで、今年一番の人気をいただいております。

在特会系も抜いてしまいました。人気の上昇に連れて、読者の方の投稿が相次ぎ、
溜まってきています。ありがとうございます。順次掲載させていただきます。

世直し・社会変革 - 政治ブログ村

« 友人ブログの紹介ー坂本重雄(希望・豊かさ・安心の高知県政を) | トップページ | 韓国船沈没への日本からの聞くに堪えない罵声の数々 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1545696/55851712

この記事へのトラックバック一覧です: 尼崎事故9周年集会開かれる:

« 友人ブログの紹介ー坂本重雄(希望・豊かさ・安心の高知県政を) | トップページ | 韓国船沈没への日本からの聞くに堪えない罵声の数々 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
フォト
無料ブログはココログ