« 沖縄と原発~持続する民衆のこころざし | トップページ | 学習会案内 3・12服部良一「崖っぷちの政治状況から」 »

2014年3月11日 (火)

3・9さよなら原発関西行動

 3・11三周年を前に、3月9日全国各地で脱原発の行動が行われた。
 東京では国会周辺に35000人が集まり、終日の行動が行われた。関西では大阪扇町公園に、7000人が集まり、3コースに分かれてパレードが行われた。午前中は北区民センターで小出裕章さんの講演などが行われ、午後は公園での集会、デモ後は関電包囲行動も行われた。阪神センター関係者は、11・24第四回さよなら原発1000人集会(大江健三郎さんがメインスピーチ)や、4・6ロックアクションなどのビラを撒いたり、また沖縄意見広告運動の賛同とり、缶バッジ売り、さらにはアフターアクションとしての関電包囲に参加など、朝から晩まで忙しく動き回った。
 マスコミはImg008_2東京の行動は少し紹介したが、全体としてフクシマ事故三周年のこの動きをほとんど報道しなかった。NHK人事に表れているように、テレビ局だけでなく新聞社も含め、フクシマ事故などまるでなかったかのように、安倍の「アンダーコントロール」下での翼賛報道に終始している。しかし問題はそれほど簡単ではない。人類の手に負えない時限爆弾を抱えたままの状態であることは変わりなく、政府がその抜本的対策を取らない現在において、私たちに求めらているのは、政府・東電の責任を追及すること、再稼働阻止に向けさらに大きな運動を作っていくこと、さらには原子力に頼らない社会的在り方を市民の側から積極的に作っていくことだろう。
 当面安倍政権は、フクシマのことなどなかったことのようにふるまい、集団的自衛権解釈替え等につっこんでくるだろう。私たちは、集団的自衛権を許さないとともに、あくまで3・11にこだわり、間もなく半年になる「原発ゼロで維持できるこの社会」を、広く認識し、再稼働阻止の大きなうねりを作っていかなくてはならない。
 以下、扇町公園で手に入った3種類のビラを紹介する。Img009Img010

いつも御愛読ありがとうございます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村


« 沖縄と原発~持続する民衆のこころざし | トップページ | 学習会案内 3・12服部良一「崖っぷちの政治状況から」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 3・9さよなら原発関西行動:

« 沖縄と原発~持続する民衆のこころざし | トップページ | 学習会案内 3・12服部良一「崖っぷちの政治状況から」 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村