« 消費増税は賃上げを上回る | トップページ | 上野千鶴子さん講演会を山梨市長が中止に »

2014年3月15日 (土)

アベノシッソクの始まり~河野談話「見直さず」

 歴史認識・靖国参拝・「慰安婦」問題などで、極右やネトウヨなどの後押しを国民的支持と錯覚してボウソウを続けてきた安倍首相は、河野談話見直しにむけ検証をするとしてきたが、14日の参議院予算委員会で、「見直さず」と答弁した。安倍の靖国参拝に対して「失望」表明以来、歴史認識問題で強行姿勢を改めない安倍政権に対し、オバマ政権は4月訪日・訪韓を前に、日韓の対立にいら立ちを隠せない。アジア各国だけでなく、アメリカ以外の欧米各国も安倍政権を世界で一番戦争を起こしかねない国、東洋のイスラエル視し始めているImg010
 このような孤立の中で、河野談話見直しを安倍政権としてはせず、「慰安婦」問題では、「当時の軍の関与の下に、多数の女性の名誉と尊厳を深く傷つけた」とし、もと「慰安婦」に、「心からお詫びと反省の気持ち」を表明することを、安倍首相自身が表明せざるをえなかったのだ。この「心からのお詫びと反省の気持ち」を安倍首相を先頭に実行しなくてはならない。
 

 しかし、極右グループや、維新の極右派などは、中山成彬元文科相を先頭に「強制は無かった、『慰安婦』は商売、」など、口汚い人間の尊厳を踏みにじる暴言を吐き続けている。このきっかけは「河野談話見直し」であったが、それが今回安倍自身の手によって否定されたのだから、中山らは直ちに暴言を中止しなくてはならない。とくに中山は先般、「慰安婦」問題での市議会意見書を全国で初めて採択した宝塚市に乗り込み、右翼団体の街頭宣伝と呼応して「講演会」を行った。かつて暴言で大臣を辞任した男が、またぞろ「在特会」並の暴言を吐いているわけで、議員であることそのものにレッドカードを突きつけなくてはならない。
Img011_2
 その宝塚市では、4月26日に「意見書採択6周年の講演と映画のつどい」が、岩波新書『ヘイト・スピーチとは何か』の著者・師岡康子さんを招いて開かれる。中山やさまざまな右翼・排外主義、ヘイト・スピーチグループの妨害が予想されるが、宝塚・阪神間の市民の力で成功させよう。
 
   日本社会にはヘイト・スピーチが跋扈している中、国際的には法的規制も含めてヘイト・スピーチが弾劾されている。そんな折、サッカー浦和レッズの一部のサポーターたちの、差別的な横断幕掲示に対して、Jリーグは、そのサポーターたちへの無期限処分と、チームに対しても「無観客試合」という厳しい処分を課した。世界最大規模の国際的スポーツのサッカーにおいて、ヘイト・スピーチは絶対に許されない国際基準としてあるのだ。この人間を肌の色や使う言語や性別などで差別しないという、ごく当たり前のあり方を意識的に冒涜する人々に対しては、寛容であってはならない。
 日本の政権担当者と極右・ネトウヨたちにあおられて、排外主義の宣伝を行うことは、国際基準として許されず、国際的孤立しかないことを、この島国に住んできた私たちは、改めてはっきりと認識しなくてはならない。

いつも御愛読ありがとうございます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

« 消費増税は賃上げを上回る | トップページ | 上野千鶴子さん講演会を山梨市長が中止に »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アベノシッソクの始まり~河野談話「見直さず」:

« 消費増税は賃上げを上回る | トップページ | 上野千鶴子さん講演会を山梨市長が中止に »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村