« 文科省は極右教科書の押しつけをやめよ | トップページ | 4・6ロックアクション、扇町公園集会と、各地で前段行動 »

2014年3月27日 (木)

袴田事件の再審決定 証拠捏造・拘置を続けることは耐え難いほど正義に反する

 本日午前、静岡地裁は袴田死刑囚に対する再審開始を決定した。裁判長は「重要な証拠が捜査機関にねつ造されたうたがいがある」とし、刑と拘置の執行停止も決定し、「拘置を続けることは耐え難いほど正義に反する」とした、画期的決定である。
 捜査機関の証拠捏造・偽証・口裏合わせは、これまでも多くの冤罪をうみ、また公安事件などでも頻発し、この権力犯罪を暴くことは本当に困難であった。
 しかし今回の袴田事件の再審開始は、48年という気の遠くなるような、そして日々死刑執行におびえるという非人間性の極致のこの国の刑事罰に対しても、重大な警鐘を鳴らしている。先日はテレビ番組で代用監獄の酷さ、捜査時間が23日という長さ(欧米諸国は2・3日)も冤罪・権力犯罪をうむ温床になっているとの報道もあった。さらに留置所・拘置所での人権無視・非人間的扱いも、世界でも最悪の部類に入るのではないか。冤罪の多発や人権無視の捜査は、単に捜査状況を可視化すれば済むというものでをはなく、この国の警察・検察、さらには裁判所も含め、人権感覚が根本のところで確立されていないこと抜本的に改めることから始めるべきだ。すなわち、証拠捏造・偽証・口裏合わせに走る権力犯罪者の処罰であり、控訴権の乱用の禁止である。
 逮捕されただけで犯罪人とされ、捜査機関の証拠捏造で死刑とされ、48年間もの間絶望の淵に追い込まれれてきた袴田死刑囚。しかし彼の人となりを知る姉とボクサー仲間をはじめとする友人・知人・支援者の本当に粘り強い闘いに心から敬意を表したい。
 検察は即時抗告をやめ、直ちに袴田さんを釈放せよ!

いつも御愛読ありがとうございます。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

« 文科省は極右教科書の押しつけをやめよ | トップページ | 4・6ロックアクション、扇町公園集会と、各地で前段行動 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 文科省は極右教科書の押しつけをやめよ | トップページ | 4・6ロックアクション、扇町公園集会と、各地で前段行動 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村