« 12・1松山1万人行動へのバスツアー参加者募集 | トップページ | 追悼 島倉千代子さん ~ その歌を「変な歌」と決めつけて追放した橋下 »

2013年11月 9日 (土)

NHK人事と特定秘密保護法 安倍政権の憲法破壊・基本的人権破壊を許してはならない

 9条改憲や96条改憲や靖国参拝が困難を伴うことを知った安倍政権は、治安弾圧や言論統制により、「戦争ができる国づくり」に全力をあげてきている。その最たるものが特定秘密保護法制定である。これは治安弾圧と言論統制の両面を持つ、ある種ナチスの「全権委任法」に他ならない。麻生の言うところの「ナチスに見倣い」「気が付いたらものが言えない社会」にしてしまう攻撃だ。
 安倍政権は、前回の失敗の轍を踏むまいと、右翼・極右人物を人事権を使って政府審議会やマスコミ統制などに送り込み、言論統制・表現の自由圧殺に全力をあげている。この間発覚したNHK人事では、極右分子=長谷川三千子らを送り込んできた。今後は露骨に放送内容に介入してくるだろう。朝日の天声人語が「みな様のNHKから、あべ様のNHK」と揶揄したが、NHKへの信頼は視聴率を含め、急速に低下していくだろう。
 憲法21条が保障する、「集会・結社・表現の自由、検閲の禁止・通信の秘密」の破壊のため、あらゆる手段をつくしてきている安倍政権を許してはならない。
 

 だがこれらの権利は、人類の数百年にわたる抵抗闘争・階級闘争の中から生み出されたもので、たかが自民党の極右政権が数年がかりで転覆できるものでは決してない。一時的に全社会を制圧したかに見えたナチスとて、15年も続かなかったではないか。また中国東北部侵略ででっち上げた傀儡国家=偽満州国とて15年ももたなかった。その戦争犯罪人の追及が弱かったために、その反動的志を継ごうとするものが一時の勢いを得るかもしれないが、二度目は喜劇であることを知らしめなくてはならない。
 日本国憲法は「第十章 最高法規」のなかの、第97条「基本的人権の本質」の項で、「この憲法が日本国民に保障する基本的人権は、人類の多年にわたる自由獲得の努力の結果であって、これらの権利は、過去幾多の試練に堪へ、現在及び将来の国民に対し、侵すことのできない永久の権利として信託されたものである」とうたっている。
 この「人類の多年にわたる努力」で「侵すことのできない永久の権利」としてかちとったものを、今侵そうとする安倍政権には、本質的次元で未来があるはずはない。
 NHK人事を弾劾し、憲法違反の特定秘密保護法を葬り去り、安倍政権打倒の道を切り開こう。

下の赤マークを強く押してくださいませ。
世直し・社会変革 - 政治ブログ村

« 12・1松山1万人行動へのバスツアー参加者募集 | トップページ | 追悼 島倉千代子さん ~ その歌を「変な歌」と決めつけて追放した橋下 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

« 12・1松山1万人行動へのバスツアー参加者募集 | トップページ | 追悼 島倉千代子さん ~ その歌を「変な歌」と決めつけて追放した橋下 »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村