« 秘密保全法反対デモに弁護士さんたちと一緒に参加しよう | トップページ | 天皇を政治利用してきた奴らが騒いでいる »

2013年11月 2日 (土)

10・28Mtさん公判報告 やはり主役は影山警部

 少し遅くなったが、10・5関電前事後弾圧(昨年11月16日逮捕)のMtさんの第2回公判が、10月28日14時から大阪地裁で開かれた。この日も70人近くが大阪地裁に集まり、抽選となり、40席弱の傍聴席で、代わる代わる公判を傍聴した。

 この日の公判は最近の公安事件ではつきものの「ビデオ上映会」。2時間半にわたり、関西電力本店ビルから取られた映像や、天2満署警備課採証班の撮った映像、さらにはUチューブで流れた映像などを、「鑑賞」。
  ビデオにもっとも頻繁に登場するのは、やはり当日の主役 の影山天満署警備課長補佐。最初はAさん逮捕に至るシーン。藤原商店の一角でAさんを追い詰めているが、なぜかそれ以前に城戸警部補への「暴行事件」がすでに発生しているにもかかわらず、逮捕行為に入らず、「名前と住所を言え」。
 つづいてAさんに押されて倒れ、全治3週間のケガをするのだが、ここではAさんの袖を引いて自分から倒れる姿が。そしてそれ以降は、全治3週間のケガにもかかわらず、元気・元気、先頭になって暴れまくり、最後は「ゲリラ対策車」の助手席に乗り、Aさんを天満署まで引致。
  ビデオの後半は、このAさん逮捕シーン。車両へ押し込み、さらに引致しようとする影山ら公安・警備の警察官に、関電前の市民が抗議するシーンが、延々と繰り広げられる。排除されても排除されても抗議はやまず、関電東通用門のコール参加者からも、「再稼働反対!」のコールとともに、「警察いらない!警察帰れ!」のコールがたたきつけられる。
 この中で「器物損壊」の容疑でMtさんが逮捕されようとするのだが、「器物損壊」のシーンはない。このMtさんを、1か月以上もたった11月16日に令状逮捕し、起訴したのが、10・5事後弾圧事件だ。
 
 

 次回の11月11日(月)の公判では、この10・5弾圧の主役=影山警部らの証人尋問・反対尋問が行われる。13時半から大阪地裁正面玄関前で抽選となるが、抽選に漏れた人、14時から参加の人も、交代で参加できるので、次回公判の参加・傍聴もお願いしたい。
 つづいて、11月25日は、被告・弁護側の証人への尋問・反対尋問。
 さらに12月9日には、「器物損壊」に係わる天満署警察官2名の証人尋問・反対尋問。
 いずれも月曜日の14時から、大阪地裁1004号法廷で。
 引き続きの監視・傍聴をよろしく、お願いします。

« 秘密保全法反対デモに弁護士さんたちと一緒に参加しよう | トップページ | 天皇を政治利用してきた奴らが騒いでいる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 10・28Mtさん公判報告 やはり主役は影山警部:

« 秘密保全法反対デモに弁護士さんたちと一緒に参加しよう | トップページ | 天皇を政治利用してきた奴らが騒いでいる »

2022年8月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村