« 今週は今秋一番のヒートアップ週間 | トップページ | 中之島テント8張りに増殖。ガレキ焼却阻止へ運動を拡大しよう 10・17大阪市役所包囲へ! »

2012年10月15日 (月)

関電金曜行動不当逮捕、勾留理由開示公判

 本日10時半から大阪地裁で、10月5日の関電金曜行動で不当逮捕された仲間が、なぜ勾留されているのかを裁判長に問いただす、勾留理由開示公判が行われた。平日昼間にもかかわらず、50名近くの人々が駆けつけてくれ、傍聴席に入りきらない事態となった。これに対し抽選を行わなかった裁判所の不手際を追求すると、座席をぎゅうぎゅうにつめ、立ち見も入れてひとまず全員が入場。その上で立ってる人に椅子を出させ、50名近くが全員入ることとなり、思わず裁判長に拍手。
 こうして少し遅れて裁判が始まると、被疑者も入廷。全員に歓呼の声で迎えられ、彼も手を高く上げて応えた。ヒゲも剃ってあり、こざっぱりした格好、色つやもよく元気な様子。裁判長からの人定にはきっぱり「黙秘します」。で、裁判長と弁護士とのやりあいとなった。途中ヤジも飛んだが、全体の迫力で退廷させられることももなく、弁護士・傍聴者のペースで、11時15分ころまで被疑者激励、裁判所追及の場となった。
 
 なぜ勾留を続ける必要があるかの問いには、罪状隠滅・逃亡などの理由を挙げたが、「現行犯」逮捕であり、理由にならない。居住もしっかりしていることは、先日の家宅捜索でも判明している。まったく不当な勾留といわざるをえない。
 また傷害をうたけたとされる影山(3週間)、城戸(1週間)は天満署で元気にしており、診断書はいい加減ではないのかの質問にも答えず。
 さらに、取り調べも雑談ばかりで、警察・検察としても、もう調べることもなく、これ以上拘束する必要は全くないことが判明した。
  
 それでも勾留を続けているわけだが、あす16日が満期で、再度10日間勾留がつくか、16日で釈放になるか、ぎりぎりの攻防と思えた。その前日に、大衆的な裁判所弾劾の声がたたきつけられたことは、大きな勝利だ。
 裁判を終えて、12時まで弁護士会館で、弁護士を交えて報告会。活発な質問が飛び、仲間の不等逮捕は絶対に許さないという気概があふれた集会となった。
 仲間の一日も早い釈放のため、さらなるご協力をお願いします。

 なお、この間、脱原発闘争や、生活保護の問題などをめぐって、警察権力の不当逮捕、家宅捜索などが相次いでいます。6・30~7・2の大飯闘争を闘いぬいた仲間が9月に逮捕され、全国に家宅捜索が行われ、10月に全く不当にも起訴されました。脱原発闘争などへの警察権力の介入を弾劾し、再稼働撤回・原発ゼロ、放射能ガレキ焼却阻止闘争の発展を勝ち取っていこう。

一日1回の応援クリックをお願いします。世直し・社会変革 - 政治ブログ村

« 今週は今秋一番のヒートアップ週間 | トップページ | 中之島テント8張りに増殖。ガレキ焼却阻止へ運動を拡大しよう 10・17大阪市役所包囲へ! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 関電金曜行動不当逮捕、勾留理由開示公判:

« 今週は今秋一番のヒートアップ週間 | トップページ | 中之島テント8張りに増殖。ガレキ焼却阻止へ運動を拡大しよう 10・17大阪市役所包囲へ! »

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
フォト
無料ブログはココログ

日本ブログ村